FC2ブログ
束の間の「小春日和」
束の間の「小春日和」

「日和」とは書いたものの、ほんの20分程度のことだった!

この所の気象状況は、2018年12月の初旬に関東地方での状況とは全く違っていて、春から一挙に真冬に、といった感さえする・・。

昨日(2018年12月12日)の夕刻のほんの一瞬、15:00~15:20の間だけ、関東・千葉県茂原市千沢では以下のような「小春」を思わせる天候となった! いやいや、「小春」というより「初夏」と言った方が良いかも知れない!

DSC_2522-2.jpg
DSC_2523-2_201812131104451ae.jpg
DSC_2524-2_20181213110446736.jpg
DSC_2524-3.jpg
DSC_2525-2.jpg
DSC_2526-2.jpg
DSC_2527-2_20181213110452086.jpg
DSC_2527-3.jpg
DSC_2527-4.jpg
DSC_2527-5.jpg
DSC_2527-6.jpg

片隅に偶然写し込まれた鳥の拡大である!勿論、この周辺を飛び回る「シロサギ」である!

小川を見れば、ここだって、初夏の様相で・・・。

DSC_2521-2_20181213110443a00.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
[2018/12/14 08:15] | 気象 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その13):ふる里村の紅葉(13)
近くの紅葉を求めて(その13):ふる里村の紅葉(13)

2018年11月26日にご近所の紅葉を見に、ということで我が家から車で「25~30分」のところにある

「千葉県長生郡・長柄町の‘長柄ふる里村」

の紅葉を見に行った!このシリーズを今日まで13回に亘って掲載して来た。今回でこのシリーズは終わりにしたい・・・。

誠に見事な紅葉だった!

駐車場の付近には「狂い咲きのつつじ」さえ見られた!

201502022002062d3_20181212105302c32.jpg
出典:https://kotobank.jp/word/%E9%95%B7%E6%9F%84(%E7%94%BA)-1572095

DSC_1844-2_20181212110029e25.jpg
DSC_1845-2.jpg
DSC_1845-3.jpg
DSC_1846-2.jpg
DSC_1847-2.jpg
DSC_1848-2.jpg
DSC_1848-3.jpg
DSC_1850-2_201812121100393c9.jpg
DSC_1852-2.jpg
DSC_1852-3.jpg
DSC_1852-4.jpg
DSC_1853-2.jpg
DSC_1854-2.jpg
DSC_1854-3.jpg
DSC_1855-2.jpg
DSC_1856-2_201812121100517a2.jpg
DSC_1857-2.jpg

駐車場におさらばをして帰路についたが、そのあちこちでも紅葉が見られた!

DSC_1860-2.jpg
DSC_1863-2.jpg
DSC_1864-2.jpg

最後に、繰り返しになるが、凄~い紅葉をもう一度・・・。

DSC_1709-2.jpg
DSC_1690-2_201811281446581dd.jpg
DSC_1690-4.jpg
DSC_1690-5.jpg
DSC_1748-2_20181130085415c60.jpg
DSC_1814-2 - コピー
DSC_1824-3_201812080707338e1.jpg
DSC_1763-2.jpg


(つづく)
[2018/12/12 11:15] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
東京・虎ノ門金刀比羅宮・神楽殿
昨日2018年12月10日(月)、所用があって東京・虎ノ門にある「虎ノ門琴平タワー」へ行った・・・。

DSC_2440-2.jpg

このビルは、名前から想像がつく通り、「金刀比羅宮」とのご縁があるに違いない!

都会の正に「ど真ん中」に新旧のバランス・調和が考慮された「近代ビルとお宮さん」が並立しているのである・・・。

<虎ノ門琴平タワー>

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%8E%E3%83%8E%E9%9
6%80%E7%90%B4%E5%B9%B3%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC

虎ノ門琴平タワー(とらのもんことひらタワー)は、東京都港区虎ノ門一丁目の超高層ビルである。

歴史
金刀比羅宮の敷地には、株式会社虎門琴平会館ビルにより1965年に「虎門琴平会館ビル」が建設されたが、OA化や耐震性改善に対処するため三井不動産と共同で建て替えることとなった。2002年8月8日に起工式を実施[2]、約2年3ヶ月の工期ののち、2004年11月25日に竣工式が執り行われた。事業比率は三井不動産65.75%、株式会社虎門琴平会館ビル27.16%、宗教法人金刀比羅宮7.09%で[1]、竣工後に日本ビルファンド投資法人が虎門琴平会館ビルの持分を取得[3]。同投資法人は、2006年には千代田区丸の内のJFEビルディング(後年に解体され、現在は三井住友銀行本店ビルディング)と交換する形で三井不動産の持ち分を追加取得した[4]。

構造

ピロティの参道
鉄骨構造(一部鉄骨鉄筋コンクリート構造)の 地上26階、地下3階建で、最高部の高さは115.2m。総合設計制度を活用するとともに金刀比羅宮の余剰容積率を活用している[2]。下層部は高さ10.5mのピロティで、正面の桜田通りから金刀比羅宮への参道となる。その脇に高さ3.5mのガラス張りのロビーが設けられた[5]。建物のうち1階、3階、26階は宗教法人金刀比羅宮、4階から25階にかけてのオフィス部分は日本ビルファンド投資法人が所有し[3]、日経ラジオ社(16・17階)[6]ほか複数のテナントが入居する。最寄駅は東京メトロ銀座線虎ノ門駅で、桜田通り地下を走る東京メトロ日比谷線にも本ビル近くに駅が建設中である。



<虎ノ門金刀比羅宮>

http://www.kotohira.or.jp/
虎ノ門金刀比羅宮・由緒 [History]

創始
当宮は万治三年(1660年)に讃岐国丸亀藩主であった京極高和が、その藩領内である象頭山に鎮座する、金刀比羅宮(本宮)の御分霊を当時藩邸があった芝・三田の地に勧請し、延宝七年(1679年)、京極高豊の代に現在の虎ノ門(江戸城の裏鬼門にあたる)に遷座致しました。爾来江戸市民の熱烈なる要請に応え、毎月十日に限り邸内を開き、参拝を許可しました。
当時は“金毘羅大権現”と称されていましたが、明治二年(1869年)、神仏分離の神祇官の沙汰により事比羅神社に、明治二十二年(1889年)には金刀比羅宮に社号を改称し現在に至ります
ご神徳は海上守護、大漁満足は勿論のこと、五穀豊穣・殖産興業・招福除災の神として広く庶民に尊信され、東国名社の一つとして知られています。

大物主神オオモノヌシノカミ
大国主神と少名彦神が国造りの際、事を為す前に少名彦神が海の彼方の常世の国に渡ってしまい大国主神が嘆いていたところ、遠い沖合いから海原を照らして光り輝きながら近寄ってきた、その神様が大物主神です。大和の三諸山(三輪山)にお祀りされた神様で、後に 和光同塵わこうどうじんの御神意をもって讃岐国の金刀比羅宮(本宮)に顕現されました。『日本書紀』では大国主神の異称として、『古事記』では大国主神の和魂にぎみたまとして記されています。
大物主神とは「大いなるモノ(神霊)」、すなわち「神々の中でも最も偉大なる力を持つ神」という意味の神名であり、海陸安穏・五穀豊穣・万民泰平、国や人々に平安をもたらしてくださる神様です。また、一説に運を掌る神とも伝承されております。

崇徳天皇ストクテンノウ
崇徳天皇は鳥羽天皇の皇子で、保安四年(1123年)に第75代の天皇として即位され、永治元年(1141年)に上皇となられました。
保元元年(1156年)の保元の乱の厄により讃岐国へ遷られ、その後も讃岐国で過ごされた崇徳天皇は、象頭山中腹に鎮座する金刀比羅宮(本宮)を日夜崇敬なさっていました。長寛二年(1164年)に崩御される前年には参籠し、荒行をなされたと伝えられております。
46歳で崩御された翌年の永万元年(1165年)、その不遇な生涯と崇敬の篤さを偲び、金刀比羅宮(本宮)の相殿にお祀りされることとなりました。


さて、長々と前置きをしたのは、初めて「神楽殿」での舞いをこの日見たからである!

Screenshot_20181211-121622.png
出典:http://www.kotohira.or.jp/

DSC_2339-2_20181211134704564.jpg
DSC_2340-2_20181211134705ee5.jpg
DSC_2438-2_201812111347265ef.jpg
DSC_2437-2.jpg
DSC_2371-2_20181211134717f03.jpg

DSC_2346-2_201812111347073d2.jpg
DSC_2359-2_20181211134713894.jpg
DSC_2364-2_20181211134714bd1.jpg
DSC_2369-2_201812111347168fd.jpg
DSC_2377-2_20181211134720050.jpg
DSC_2373-2_20181211134719bda.jpg
DSC_2356-2_2018121113471154a.jpg
DSC_2350-2_2018121113470911c.jpg
DSC_2350-3_201812111347105a7.jpg
DSC_2380-2_201812111356415de.jpg
DSC_2414-2_20181211135643a9a.jpg

この神楽は・・・

https://okumiya-jinja.com/interview/interview003/
毎月10日の縁日で神楽に親しむ
都内で一番神楽が身近な神社
毎月10日の縁日では、露店が境内に並びいつも以上の賑わいを見せる。そんな中で特に目を引くのは、神楽殿で奉納される神楽だ。

里神楽で日本の神々に触れる
神楽は大きく分けて、宮中で奉納される「御神楽」と、庶民が楽しむ「里神楽」があるそう。虎ノ門金刀比羅宮で奉納されている里神楽は、10時~15時頃の間で4回ほど行われ、にこやかなお面や威厳のあるお面の神様たちの物語が奉納される。「福徳舞」の演目では最後に、恵の穀物(お菓子)が配られたくさんの観客が集まってくる。ここが都会の真ん中とは忘れてしまう光景だ。都内で一番神楽を身近に感じられる神社と言っても過言ではないだろう。
(神楽は毎月10日の平日・土曜に奉納。1月と10月は日曜でも奉納される。)


昨日はたまたま10日であったために、偶然にも「神楽」に遭遇した!

こいつは暮れから縁起が良いかも?

(つづく)
[2018/12/11 14:14] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その12):ふる里村の紅葉(12)
近くの紅葉を求めて(その12):ふる里村の紅葉(12)

だまだ続く「長柄ふる里村」の紅葉・・。
こんな近くにこんなに素晴らしい紅葉があることに気付かない人が多い!

有名なところにはそれなりの素晴らしさがあるが、‘新鮮さ’が余りない!それは何故か?
TVやその他の画像で見慣れているからである・・・。
人間は、そいう意味では贅沢である。

201502022002062d3_20181211103906e43.jpg
出典:https://kotobank.jp/word/%E9%95%B7%E6%9F%84(%E7%94%BA)-1572095

DSC_1830-2.jpg
DSC_1830-3.jpg
DSC_1831-2_20181211103910acd.jpg
DSC_1831-3_20181211103911fff.jpg
DSC_1832-2.jpg
DSC_1832-3.jpg
DSC_1834-2_20181211103916ac1.jpg
DSC_1835-2_20181211103917837.jpg
DSC_1836-2_20181211103918e24.jpg
DSC_1837-2_201812111039206d7.jpg
DSC_1838-2_2018121110392138b.jpg
DSC_1839-2_20181211103923957.jpg
DSC_1840-2_20181211103924527.jpg
DSC_1841-2_20181211103926658.jpg
DSC_1842-2_201812111039286f2.jpg
DSC_1844-2_201812111039309d0.jpg
DSC_1843-2_20181211103929dcc.jpg

新鮮な紅葉は、見れば見るほど美しい!

(つづく)
[2018/12/10 23:49] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その11):ふる里村の紅葉(11)
近くの紅葉を求めて(その11):ふる里村の紅葉(11)

続けて「長柄ふる里村」の紅葉について

201502022002062d3_20181209085341693.jpg
出典:https://kotobank.jp/word/%E9%95%B7%E6%9F%84(%E7%94%BA)-1572095

正に別世界である!

DSC_1825-2.jpg
DSC_1826-2.jpg
DSC_1825-4.jpg
DSC_1826-3.jpg
DSC_1826-4.jpg
DSC_1827-2.jpg
DSC_1827-3.jpg
DSC_1827-4.jpg
DSC_1827-5.jpg
DSC_1828-2.jpg
DSC_1828-3.jpg

(つづく)
[2018/12/09 09:00] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その10):ふる里村の紅葉(10)
近くの紅葉を求めて(その10):ふる里村の紅葉(10)

今年の初冬の異常気象、つまりこの‘温暖性’はこれぞ正にこれまでにあまり経験したことのない程の‘異常さ’である。
中々寒くならない!

これには、人間様だけではなく、動物・昆虫や植物も、きっと驚いているに違いない!
桜が狂い咲きしたり、オタマジャクシが小川でちょろちょろしたり、生き物が季節の変化に戸惑っているように思える・・。

そんな中、紅葉の見頃がこのところず~と続いている・・。

千葉県長生郡・長柄町の「長柄ふる里村」の紅葉も例年になく「アッと息を呑む」ほどの鮮やかさである!

201502022002062d3_20181129172937d8d.jpg
出典:https://kotobank.jp/word/%E9%95%B7%E6%9F%84(%E7%94%BA)-1572095

メタセコイアが沢山ある!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%B
F%E3%82%BB%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%82%A2

メタセコイア(学名: Metasequoia glyptostroboides)は、ヒノキ科(またはスギ科)メタセコイア属の落葉樹。1属1種。和名はアケボノスギ[2](曙杉)、イチイヒノキ。和名のアケボノスギは、英名 dawn redwood(または、学名 Metasequoia)を訳したもの(ただし、化石種と現生種を別種とする学説もある[要出典])。

後述のように、日本を含む北半球で化石として発見されるのみで、絶滅した植物と考えられていたが、1945年に中国四川省(現在の湖北省利川市)で現存していることが確認された。


メタセコイアの詳細は別途・・。

DSC_1810-2 - コピー
DSC_1811-2 - コピー
DSC_1812-3 - コピー
DSC_1814-2 - コピー
DSC_1815-2 - コピー
DSC_1816-2 - コピー
DSC_1817-2 - コピー
DSC_1818-2 - コピー
DSC_1818-3 - コピー
DSC_1819-2 - コピー
DSC_1819-3 - コピー
DSC_1821-2 - コピー
DSC_1821-3_2018120807073039d.jpg
DSC_1823-2_20181208070730f27.jpg
DSC_1824-2_201812080707323db.jpg
DSC_1824-3_201812080707338e1.jpg

[2018/12/07 23:50] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その9):ふる里村の紅葉(9)
近くの紅葉を求めて(その9):ふる里村の紅葉(9)

千葉県長生郡・長柄町の「長柄ふる里村」の紅葉風景は、まだまだ続く・・。

201502022002062d3_20181129172937d8d.jpg
出典:https://kotobank.jp/word/%E9%95%B7%E6%9F%84(%E7%94%BA)-1572095

ホテルの周りにも紅葉が・・・。

DSC_1791-2_201811301140261b7.jpg
DSC_1794-2.jpg
DSC_1795-2_20181130114031007.jpg
DSC_1795-3.jpg
DSC_1797-2.jpg
DSC_1797-3.jpg
DSC_1798-2_201812061831405f8.jpg
DSC_1798-3_20181206183143241.jpg
DSC_1799-2_201812061831444aa.jpg
DSC_1800-2_20181206183145418.jpg
DSC_1801-2_201812061831466a0.jpg
DSC_1801-3_20181206183148d85.jpg
DSC_1802-2.jpg
DSC_1802-3.jpg
DSC_1803-2.jpg
DSC_1804-2.jpg
DSC_1804-3.jpg
DSC_1805-2.jpg
DSC_1806-2.jpg

まだまだ続く・・・。

(つづく)
[2018/12/06 18:42] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その8):ふる里村の紅葉(8)
近くの紅葉を求めて(その8):ふる里村の紅葉(8)

まだまだ続く、千葉県長生郡・長柄町の「長柄ふる里村」の紅葉の風景・・・。

Screenshot_20181128-094433.png
出典:Google Map

DSC_1775-2.jpg
DSC_1775-4.jpg
DSC_1777-2_20181130114002c3f.jpg
DSC_1777-3.jpg
DSC_1777-4.jpg
DSC_1778-2_20181130114006665.jpg
DSC_1778-3.jpg
DSC_1779-2_20181130114009147.jpg
DSC_1780-2.jpg
DSC_1780-3.jpg
DSC_1781-2.jpg
DSC_1784-2_20181130114015a46.jpg
DSC_1785-2_20181130114017450.jpg
DSC_1787-2.jpg
DSC_1787-3.jpg
DSC_1788-2.jpg
DSC_1788-3.jpg
DSC_1790-2.jpg
DSC_1791-2_201811301140261b7.jpg

ホテルの前までやって来ました!

https://www.seimei-no-mori.com/accommodation
ホテルトリニティ書斎
リソル生命の森のシンボルタワー。
16階建ての『トリニティ書斎』は、多くの方が活動拠点としてご利用されるホテルタイプの宿泊施設です。お部屋は全室イタリア製の家具で統一されています。


(つづく)
[2018/12/04 08:46] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その7):ふる里村の紅葉(7)
近くの紅葉を求めて(その7):ふる里村の紅葉(7)

昨日に続いて、千葉県長生郡・長柄町の「長柄ふる里村」の紅葉の風景を・・・

DSC_1761-2.jpg
DSC_1761-3.jpg
DSC_1762-2.jpg
DSC_1762-3.jpg
DSC_1762-4.jpg
DSC_1763-2.jpg
DSC_1763-3.jpg
DSC_1764-2.jpg
DSC_1766-2_20181130105158d4f.jpg
DSC_1766-3_201811301052004f5.jpg
DSC_1768-2_20181130105201561.jpg
DSC_1769-2_201811301052033fc.jpg
DSC_1770-2_20181130105204c7b.jpg
DSC_1771-2_201811301052064aa.jpg
DSC_1771-3.jpg
DSC_1772-2.jpg
DSC_1772-3.jpg
DSC_1772-4.jpg
DSC_1773-2.jpg

この直ぐ上の写真は、ふる里村からの‘下界’の眺望・・・。

この風景を見て散策する間に出会った人は、ほんの2~3人と猫一匹!

正に「自分の庭」の如く、素晴らしい!

(つづく)
[2018/12/03 07:23] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その6):ふる里村の紅葉(6)
近くの紅葉を求めて(その6):ふる里村の紅葉(6)


続けて、千葉県長生郡・長柄町の「長柄ふる里村」の紅葉の風景・・・。

201502022002062d3_20181129172937d8d.jpg
出典:https://kotobank.jp/word/%E9%95%B7%E6%9F%84(%E7%94%BA)-1572095

DSC_1749-2_20181130103835ea2.jpg
DSC_1749-3_2018113010383671d.jpg
DSC_1750-2_20181130103838a35.jpg
DSC_1750-3_201811301038390bd.jpg
DSC_1751-2_20181130103841d79.jpg
DSC_1752-2_20181130103842913.jpg
DSC_1752-3.jpg
DSC_1753-2_20181130103845dfb.jpg
DSC_1754-2_201811301038472a8.jpg
DSC_1755-2.jpg
DSC_1755-3.jpg
DSC_1756-2_201811301038510b5.jpg
DSC_1756-3.jpg
DSC_1757-2_20181130103854fb0.jpg
DSC_1757-3.jpg
DSC_1758-2_20181130103857df9.jpg
DSC_1759-2.jpg
DSC_1759-3.jpg
DSC_1760-2.jpg
DSC_1760-3.jpg

この場所の紅葉の見頃は、その年によって異なるのかも知れないが、今年は11月の中旬が最も良かった!

こんな素晴らしい場所に、ほとんど人がいない、というのも最高である!

(つづく)
[2018/12/02 06:52] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その5):ふる里村の紅葉(5)
近くの紅葉を求めて(その5):ふる里村の紅葉(5)

続けて、「長柄ふる里村」の紅葉の画像である!

DSC_1732-2_20181130085347fc9.jpg
DSC_1732-3.jpg
DSC_1733-2_20181130085349620.jpg
DSC_1734-2_20181130085351cf2.jpg
DSC_1734-3.jpg
DSC_1735-2_201811300853542fe.jpg
DSC_1736-2_20181130085355dc7.jpg
DSC_1737-2_201811300853574dc.jpg
DSC_1738-2_20181130085358948.jpg
DSC_1738-3_20181130085400f9a.jpg
DSC_1740-2_201811300854016ac.jpg
DSC_1741-2_20181130085403db6.jpg
DSC_1741-3.jpg
DSC_1741-4.jpg
DSC_1744-2_20181130085407dfb.jpg
DSC_1744-3.jpg
DSC_1745-2_2018113008541080b.jpg
DSC_1745-3_20181130085412dde.jpg
DSC_1747-2_201811300854138f1.jpg
DSC_1748-2_20181130085415c60.jpg

こんな静かな紅葉の場所が、この鄙びた「千葉県長生郡・長柄町」にあるのであ~る!

201502022002062d3_20181129172937d8d.jpg
出典:https://kotobank.jp/word/%E9%95%B7%E6%9F%84(%E7%94%BA)-1572095

(つづく)
[2018/12/01 07:57] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その4):ふる里村の紅葉(4)
近くの紅葉を求めて(その4):ふる里村の紅葉(4)


我が家からこんな近いところに京都にも勝る紅葉の名所がある!

千葉県長生郡長柄町にある「長柄ふる里村」である。

201502022002062d3_20181129172937d8d.jpg
出典:https://kotobank.jp/word/%E9%95%B7%E6%9F%84(%E7%94%BA)-1572095

DSC_1699-2.jpg
DSC_1700-2.jpg
DSC_1701-2.jpg
DSC_1701-3.jpg
DSC_1707-2.jpg
DSC_1709-2.jpg
DSC_1710-2.jpg
DSC_1713-2_20181129175105dc5.jpg
DSC_1715-2_2018112917510777f.jpg
DSC_1715-3_20181129175645d9e.jpg
DSC_1716-2.jpg
DSC_1716-3.jpg
DSC_1716-4.jpg
DSC_1718-2_2018112917590140b.jpg
DSC_1718-3.jpg
DSC_1720-2.jpg
DSC_1720-3.jpg
DSC_1721-2_20181129175906dc1.jpg
DSC_1721-3.jpg
DSC_1722-2_20181129175909e8d.jpg
DSC_1722-3_20181129175911b21.jpg
DSC_1724-2_20181129175913a24.jpg
DSC_1724-3_20181129175915ffc.jpg

この「長柄ふる里村」には、まだまだ沢山紅葉の場面がある!

(つづく)
[2018/11/30 06:39] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その3):ふる里村の紅葉(3)
近くの紅葉を求めて(その3):ふる里村の紅葉(3)

Screenshot_20181128-094433.png
出典:Google Map

房総半島は千葉県・長生郡・長柄町の「長柄ふる里村」には、‘鄙には稀な’素晴らしい設備と景勝地がある!

特に運動施設としては、あの有名な「カールルイス」も合宿して走ったというグラウンドやエアロビクスセンター、それに「真名カントリークラブ」やロッジまで揃っている!

20150202220500389_2018112812084963b.jpg

map-1.jpg
出典:https://www.seimei-no-mori.com/area

さて、この静かなリゾートの紅葉は・・・

DSC_1689-2_20181128144655c52.jpg
DSC_1689-3_20181128144656bc2.jpg
DSC_1690-2_201811281446581dd.jpg
DSC_1690-3.jpg
DSC_1690-4.jpg
DSC_1690-5.jpg
DSC_1692-2_201811281447042b3.jpg
DSC_1692-3.jpg
DSC_1692-4.jpg
DSC_1693-2_20181128144708684.jpg
DSC_1695-2_20181128144710d13.jpg
DSC_1695-3_20181128144711bfb.jpg
DSC_1696-2.jpg
DSC_1696-3.jpg
DSC_1697-2.jpg
DSC_1697-3.jpg
DSC_1698-2.jpg
DSC_1698-3.jpg

(つづく)
[2018/11/29 08:57] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その2):ふるさと村の紅葉(2)
近くの紅葉を求めて(その2):ふる里村の紅葉(2)

千葉県の紅葉もそんなに捨てたものでもない、と実感しました!

我が家から車で25~30分のところです!

Screenshot_20181128-094433.png
出典:Google Map

一番よろしいのは、宣伝が行き届いていないので、「人の混雑が全くない」ということでしょう!

2018年11月の下旬の「千葉県・長生郡・長柄町」の「長柄ふる里村」の紅葉の様子を何回かに分けて・・。

DSC_1687-2.jpg
DSC_1687-3.jpg
DSC_1687-4.jpg
DSC_1687-5.jpg
DSC_1682-2_20181128092651ecd.jpg
DSC_1682-3.jpg
DSC_1683-2_20181128092653667.jpg
DSC_1683-3.jpg
DSC_1684-2.jpg
DSC_1686-2_201811280927046cd.jpg
DSC_1686-3.jpg
DSC_1684-3.jpg
DSC_1684-4.jpg
DSC_1685-2_20181128092701696.jpg
DSC_1685-3.jpg

(つづく)
[2018/11/28 11:01] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その1):ふる里村の紅葉(1)
近くの紅葉を求めて(その1):ふる里村の紅葉(1)

ふるさと村に久し振りに行った!

https://iko-yo.net/facilities/42440
長柄ふる里村
千葉県長生郡長柄町上野471-5
長柄ふる里村の施設紹介
自然の中、リゾートや居住するのに適した最高の場所!
千葉県の長生郡長柄町に「長柄ふる里村」はあります。房総半島の中央に開発された複合リゾート施設です。「生命の森リゾート」施設を併設しています。人間と自然が共生できるユートピアを目指した理想郷です。自然豊かな敷地内には「日本メディカルトレーニングセンター」や、「プール」、「大浴場」の施設などと、スポーツ施設も完備しています。敷地面積は約330平方メートル、500名が収容できる宿泊施設も建設されています。環境を重視した住居としても利用されています。


cont_access01.png
出典:https://www.seimei-no-mori.com/location

紅葉が素晴らしいことは解ってはいたが、本当の紅葉は今回初めて・・・

その中で‘素晴らしいもの’をいくつか‘予告編’の格好で・・。

DSC_1713-2.jpg
DSC_1748-2_20181127130826ecc.jpg
DSC_1756-2_201811271308270de.jpg
DSC_1834-2.jpg
DSC_1835-2_20181127130830afc.jpg
DSC_1838-2.jpg

紅葉狩りは、別に京都や鎌倉に行かなくても、静かな「千葉県長生郡長柄町のふるさと村」で、如何でしょうか?

今後素晴らしい画像をこの弊ブログで・・・。

(つづく)
[2018/11/27 13:13] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
晩秋に活発な昆虫(その1):アブの活動<1>と蜂との区別
晩秋に活発な昆虫(その1):アブの活動<1>と蜂との区別

晩秋は、つわぶき(石蕗)の花が真っ盛りである!

この黄色い花を目指して、「アブ」が寄って来る!

「アブと蜂って区別がつく?」
「はっきりは、解らないが、黄色黒の縞模様が蜂?」

「まあ、半分正解かナ!」
「どういうこと?」

「蜂にはその縞模様がほとんどあるらしいが、アブの仲間にもその縞模様があるのがいるので、一概には言えない」
「昆虫の分類方法は、とにかく難しいらしいってこと?」

「そ、そういうこと」
「で、今日の話題は?」

つわぶき(石蕗)に群がる「アブ?」の様子がこちら・・・。

<2018年11月>
DSCN2164-2.jpg
DSCN2164-3.jpg
DSCN2158-2.jpg
DSCN2158-3.jpg
DSCN2160-2.jpg
DSCN2160-3.jpg
DSCN2160-4.jpg
DSCN2160-5.jpg

DSCN2162-2.jpg
DSCN2162-3.jpg
DSCN2162-4.jpg
DSCN2162-5.jpg

「蜂とアブの見分け方」は色々あるらしいが、研究者や学者さんの判別方法はさて置くとして、簡便な見分け方法は・・・。

https://richlife100.com/4126.html
蜂とアブ 姿の違い

蜂は、頭・胸・腹の間が細くくびれています(アリと同じ)
触角は長めでハッキリ見えており、眼が顔の中で占める割合が少ないです。
毒針を持っているのはメスだけでお尻に小さな針があります。
これは元々産卵管だったものが変化したためです。
花の蜜を吸いにくる働き蜂は全て毒針を持ったメスなのです。

蜂の色は黄色(オレンジ色)と黒色が多いのですが、これは自分が危険な生物だと
周囲の動物に警告するためです。

アブは、頭・胸・腹の差が無く、殆どくびれがありません(ハエと同じ)
触角は短い種類が多く、よく見ないと気づかないほどで、
眼が異常なくらい大きく、顔の半分以上を占める種類が多いです。
アブには毒針はありませんが、口で血を吸ったり噛んだりする種類もあります。
蜂に姿が似ているのは天敵から身を守るための擬態です。



「ところで、上の写真の‘アブ’は何という名前のアブなの?」
「只今検討中!どうやら、‘ナミハナアブ’という名前の昆虫だが、アブでも蜂でもない昆虫らしい?http://shizensanpo.seesaa.net/article/376707757.html

「えっ?そんな~」
「???」

(つづく)
[2018/11/26 10:15] | 昆虫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今朝(20181123)の富士山!
一昨日(2118年11月23日)の関東地方は、天気予報の通り、「快晴」となった!

富士山と我が家との直線距離は、「約150km 」もあるから、写真を撮ると言ったって、そう簡単ではない!
先ず、春から秋の入り口までの間では、「水蒸気」が邪魔をして富士山が拝めない!

Screenshot_20181124-103817.png
出典:Google Map

今朝の空気は「低温」と「快晴」のために、撮影の条件が整った!
こんな場合でも、午前10時を過ぎると「水蒸気」が増えて来て、ぼんやりとしか見えない・・・。

朝、ぎりぎりの「10:06 」赤目川の土手からの、晩秋朝の富士山が・・・

DSCN2108-2.jpg
DSCN2109-2.jpg
DSCN2120-2.jpg
DSCN2111-3.jpg
DSCN2120-3.jpg

さて、この快晴が夕方まで続けば、夕焼けの中の富士山が拝めるのだが・・・。

この所の夕方の天候では富士山は見えなかった!

2018年10月21日の夕暮れの富士山・・。

DSCN0995-2_20181125100749ba2.jpg
DSCN0995-3_20181125100749dbd.jpg

(つづく)
[2018/11/25 10:09] | 富士山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
季節外れの植物!:アカツメクサ( red clover )
季節外れの植物!:アカツメクサ( red clover )

今年(2018年)は、正に「異常気象」の年である!

この弊ブログでも紹介したが、全国的には「ソメイヨシノ」が、台風24号による「葉っぱ落とし」の影響で、秋に開花する例があったし、我が家の庭に11月に「雪柳」が咲いたりした!

この所目につくのは、散歩の途中に、自棄に元気よく「アカツメクサ(赤詰草)」が咲いていて、葉っぱが瑞々しいのである!

<2018年11月20日午後>

場所:千葉県茂原市の「赤目川土手」

① 季節外れ(通常は5月~8月)の「アカツメクサ」が勢いよく咲いている!
② このクローバーの緑も鮮やかである!
③ 秋の象徴の「ススキ」などとと同居している!

DSC_1361-2_20181122112820f12.jpg
DSC_1361-3_2018112211282333f.jpg
DSC_1358 (1)-2
DSC_1359-2_201811221128185e6.jpg
DSC_1360-2_2018112211281906b.jpg
DSC_1362-2_201811221128243ed.jpg
DSC_1362-3.jpg
DSC_1363-2_20181122112827b6c.jpg
DSC_1363-3_20181122112829f7b.jpg
DSC_1367-2_20181122112830204.jpg
DSC_1370-2_20181122112831c03.jpg

<豆知識>

(1) クローバーの中に「シロツメクサ」と「アカツメクサ」がある.。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%B
8%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%A6%E5%B1%9E

シャジクソウ属(車軸草属、トリフォリウム属、Trifolium)はマメ亜科の属の一つ。英語ではクローバー(Clover)と総称される[1]。約260種が全世界に分布する。シャジクソウ属の多様性は北半球において最も高いが、南アメリカやアフリカにも多くの種が分布している。<中略>
和名の「ツメクサ」の由来は、江戸時代にオランダから輸入されたガラス器の梱包の際に本草が詰め物として使われていたことから「詰草」と呼ばれるようになった。<中略>
日本に分布する在来種はシャジクソウのみであるが、シロツメクサをはじめとする多くの種が牧草、園芸、緑肥などの目的で導入され、帰化植物となった種類も多い。
約260種が属し、次の亜属・節に分類されている[2][3]。



(2) 「シロツメクサ」と「アカツメクサ」の違い

https://frytiger.com/archives/7429.html
アカツメクサでは冠が作れない
よく似た種類でアカツメクサがありますが、アカツメクサでは冠がきれいにできません。
何故なら、花のすぐ下に葉っぱがくっついているので、邪魔になるのです。

作れないわけではありませんが、美しくないのです。
下の模式図を見れば、その違いは一目瞭然でしょう。

20160528a.jpg

白いアカツメクサがある。
赤いシロツメクサもある。


私が撮影した「アカツメクサ」には、花の下に直ぐ「葉っぱ」がある!

DSCN2131-2.jpg
DSCN2133-2.jpg

(つづく)
[2018/11/24 11:14] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
狂い咲き!:雪柳
狂い咲き!:雪柳

一昨日(2018年11月21日)になってやっと気づいたが、「狂い咲き」が桜だけではなく「雪柳」にも・・・。勿論、ほんの「チラホラ」ではあるが・・・。

DSC_1384 (1)-2
DSC_1384 (1)-3
DSC_1384 (1)-4
DSC_1379-2_20181122082627ac6.jpg
DSC_1379-3_201811220826287c4.jpg
DSC_1379-4_20181122082629387.jpg
DSC_1380-2_20181122082631cfc.jpg
DSC_1380-3_20181122082632d88.jpg
DSC_1382-2_20181122082634395.jpg
DSC_1382-3_2018112208263552c.jpg
DSC_1383-2_20181122082637cf2.jpg
DSC_1383-3.jpg

その他にも、いろいろ「狂い咲き」や、「季節外れの新芽」などなど・・・。

やはり今年・2018年は異常気象である・・。原因は?

それにしても、植物がこんなに気象異常に敏感とは・・・。

(つづく)
[2018/11/23 08:52] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
最近の茂原公園とその周辺(その2)
最近の茂原公園とその周辺(その2)

<茂原公園の銀杏黄葉>

2018年11月10日午後、茂原公園を訪れた!
既に銀杏は黄葉しているではないか!

DSC_0883-2.jpg
DSC_0883-3.jpg
DSC_0883-4.jpg
DSC_0886-2.jpg
DSC_0887-2.jpg
DSC_0888-2.jpg
DSC_0889-2.jpg
DSC_0891-2.jpg
DSC_0891-3.jpg
DSC_0891-4.jpg
DSC_0892-2.jpg
DSC_0892-3.jpg
DSC_0911-2_20181120130717193.jpg
DSC_0913-2_20181120130719cd5.jpg
DSC_0913-3.jpg
DSC_0915-2.jpg
DSC_0917-2.jpg
DSC_0920-2_2018112013072494b.jpg
DSC_0920-3.jpg

黄葉のメカニズムについては、別途・・・。

(つづく)
[2018/11/22 07:44] | 秋深し | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
最近の茂原公園とその周辺(その1)
最近の茂原公園とその周辺(その1)

秋深し」と言えば、「隣は何をする人ぞ」というくらいこの句は有名である!

これがなぜ有名なのだろうか?
何故、優れた句なのだろうか?

実は、この「秋深」は、「秋深」だったのだそうだ!

はせをの亡くなる2週間ほど前の句である!<http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/basho/haikusyu/aki2.htm

この

「秋深き 隣は何を する人ぞ」

の松尾芭蕉の句についてのことは後日この弊ブログでご紹介する予定!

さて、我が町、千葉県茂原市にも立派な公園がある。その名も単純に「茂原公園」

茂原公園
出典:http://www.city.mobara.chiba.jp/0000001554.html
mobaraimage1.jpg
mobarakanban.jpg
DSC04347.jpg
SANY0063.jpg

面積:160,829平方メートル
この公園は茂原市のほぼ中央に位置し、山や湖水などの自然の地形を利用し、展望広場や散策道、多目的広場、美術館、郷土資料館(別ウインドウで開く)などを取り込んで造られております。

 公園内には春の桜をはじめ梅、ツツジ、アジサイ、もみじ等の四季を通じて楽しめるさまざまな樹木が植えられており、憩いの場、自然との触れ合いの場として市民に親しまれております。
皆さんのご来園をお待ちしております。<後略>


今年(2018年)11月10日午後、「秋深し」を見つけるために、この茂原公園へ行ってみた・・・。

① 予想以上の人出で、銀杏の黄葉が素晴らしかった!

② その人出を見ていると、何とほとんどの「老若男女」がスマホを弄っている!

先ずは、「弁天池」 から・・・。

DSC_0856-2.jpg
DSC_0857-2.jpg
DSC_0857-3.jpg
DSC_0858-2.jpg
DSC_0858-3.jpg
DSC_0858-4.jpg
DSC_0859-2.jpg
DSC_0859-3.jpg
DSC_0859-4.jpg
DSC_0860-2.jpg
DSC_0860-3.jpg
DSC_0861-2.jpg
DSC_0861-3.jpg
DSC_0862-2.jpg
DSC_0862-3.jpg
DSC_0863-2.jpg
DSC_0863-3.jpg
DSC_0867-2.jpg
DSC_0867-3.jpg
DSC_0868-2.jpg
DSC_0868-3.jpg

(つづく)
[2018/11/21 07:31] | 秋深し | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
晩秋の夕焼け
晩秋の夕焼け

秋に日は「つるべ落とし」という!

今日(2018年11月20日)の夕焼けを撮ってみた・・。

<16:57>
場所:千葉県茂原市千沢

DSCN2062-2.jpg
DSCN2064-2.jpg
DSCN2063-2.jpg
DSCN2060-2.jpg
DSCN2066-2.jpg

こんな夕日も都会では、なかなか・・・。

(つづく)
[2018/11/20 18:39] | その瞬間! | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
異様な風景?(その3)
異様な風景?(その3)

「まだあるって?」
「そ、そう嫌がらずに・・・」

先ずは、「まともな画像」から・・・

DSC_1248-2_20181118122740d3d.jpg

これを逆さまにすると・・・

DSC_1248-3.jpg

異様な風景に早変わり・・・

DSC_1248-4.jpg
DSC_1248-5.jpg
DSC_1248-6.jpg

次に一寸工夫(?)をして、90°回転してみると、頭が可笑しくなるような・・・

DSC_1248-7.jpg
DSC_1248-8.jpg

「まだあるの?」
「あるけど、美しいまともな‘丑ケ池’の晩秋の風景を・・」

(つづく)
[2018/11/20 08:43] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
異様な風景?(その2)
異様な風景?(その2)

逆さまの画像に騙されないように、というより、騙されてみると案外嬉しい発見があるかも??

「或る池」というのは、「丑ケ池」のことである!

DSC_1268-2.jpg
DSC_1269-2_20181118120906c68.jpg
DSC_1270-2_20181118120908bba.jpg
DSC_1270-3.jpg
DSC_1270-4.jpg

DSC_1223-2.jpg

この上の画像が「まともな」フツーの画像!

これを逆さにすると・・・

DSC_1223-3.jpg

こうなって、少々見にくいので、下方部分をカットすれば、「騙し絵」になってしまうという訳!

DSC_1223-4.jpg
DSC_1223-5.jpg
DSC_1223-6.jpg
DSC_1223-7.jpg

「どうですか?素晴らしいでしょ!」
「何だか、脳の方が可笑しくなって来て・・・」

「常識が潜在意識で出来ていることが解りますか?」
「余り解らないっ?!」

「まだまだあるんですよっ!」
「もういいよっ!」

(つづく)
[2018/11/19 07:01] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
異様な風景?(その1)
異様な風景?(その1)

秋の風景は、やはり美しい!

先日も暇に任せて、自宅から約16~17km程の郷里にある「或る池」へ行った・・・。

そこで見た風景とは?

DSC_1263-3-2.jpg

この空に浮かんでいる「異様な物質」は,一体何?

拡大して見ると・・・

DSC_1263-4_20181118105625044.jpg
DSC_1263-5.jpg

「ナニコレ?」
「ここまで拡大すると解るでしょ!」

「解らないっ!」
「えっ?」

実は、この池の水面が無風状態と重なって「鏡」状態になっていて、以上の画像は「虚像」なのであ~る・・・。
実像部分共々の「フツーの画像は、以下の通り!

DSC_1263-2_20181118104426d18.jpg

上の画像を部分拡大した画像がこの下の画像!

DSC_1263-3-1.jpg

この上の画像を「逆さま」にしたのが下の画像って訳!

DSC_1263-3_20181118104427735.jpg

この画像の下の部分をカットしたのが、最初の画像!

DSC_1263-3-2.jpg

「こんなに澄み切っている池の水面も凄~い、ねえ!」
「そ、ま~だ沢山あるよ、この池・・」

「見せて、見せて!」
「つづく・・・」

(つづく)
[2018/11/18 11:20] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長柄ダム(市津湖)の近況(その4):観光
長柄ダム(市津湖)の近況(その4):観光
『‘観光’とは、何か?』という題名の記事をおよそ30年くたい前の「文芸春秋」で読んだことがある!

「観光とは何か?」「文芸春秋」で検索して見たが、ヒットしない!作者も覚えていないし、題名そのものも怪しい!

その記事で「話題」にされたのが、「観光」の‘光’で、何故‘観行’ではないのか?ということとは違ったように思う。この記事は、きっと段ボール箱の中にしまい込まれている文芸春秋の中に・・・。

「観光」とは何か?

https://kotobank.jp/word/%E8%A6%B3%E5%85%89-469729#
E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
観光
かんこう
一般的には「日常の生活では見ることのできない風景や風俗、習慣などを見て回る旅行」を意味したが、旅行の安全性や快適性が進むにつれて、遊覧や保養のための旅行など「楽しみのための旅」全般をさすことばとして広く使用されるようになった。[小谷達男]
語源と概念目次を見る

日本で観光という語が使用されたのは、1855年(安政2)にオランダより徳川幕府に寄贈された木造蒸気船を幕府が軍艦として「観光丸」と名づけたのが最初である。

その意図は、国の威光を海外に示す意味が込められていたといわれる。ちなみに「観光」の語源は中国の『易経』の「観」の卦(か)(観察についての項)に由来している。「観国之光 利用賓于王」(国の光を観(み)るは、もって王の賓たるによろし)から生まれた語で、その本来の語義は「他国の制度や文物を視察する」から転じて「他国を旅して見聞を広める」の意味となる。また同時に「観」には「示す」意味もあり、外国の要人に国の光を誇らかに示す意味も含まれているという説もある。(井上萬壽藏(ますぞう)著『観光と観光事業』1967)

 日本で観光の語が現代的な意味で使用されるようになったのは、英語のツーリズムtourismの訳語としてあてられるようになった明治なかば以降である。とくに一般化したのは大正に入ってからで、とりわけ1923~1924年(大正12~13)ごろ、アメリカ移住団の祖国訪問に際して新聞紙上で「母国観光団」として華々しく報道されたためだといわれる。しかし、日常的な語として広く使用されるようになったのは昭和初期以降であり、世界的な観光黄金時代を背景にして鉄道省に国際観光局が設置(1930)されたのを契機に民間機関も設立され、国内観光の気運が高まりをみせ始めたころからである。ただ、現代用語としての観光の概念は、英語のツアーとは語源、語義を異にするため、かならずしも概念的に合致しているわけではない。すなわち、ツアーはラテン語のターナスtornus(ろくろの意)を語源としており、巡回旅行を意味する用語として生まれた語である。したがって、語意的には旅行の内容や目的には関係なく、旅行の態様に意味づけられた用語といえる。これに対して観光は、その語源から旅行の内容や目的によって意味づけられている面が強い。観光の状況に対して、そのあり方やあるべき姿について絶えず強い関心がもたれるのはそのためでもある。そこで観光とはごく一般的には「人々が気晴らしや休息ならびに見聞を広めるために、日常生活では体験不可能な文化や自然に接する余暇行動である」と規定することができる。なお、これは観光行動についての規定であるが、このような観光行動によって生起する社会現象としての観光を対象にする視点もある。この場合、前者を狭義の概念とし、後者を広義の概念としている。観光問題とか観光対策という場合の観光は広義の立場からの使用である。
 世界の各国が国策として観光振興に乗り出したのは20世紀に入ってからであり、ヨーロッパ諸国では第一次世界大戦後の経済復興に国際観光を積極的に振興した。同時に西欧諸国では国内観光政策にも努め、とくに北欧諸国やスイスで推進された、観光旅行に出かけにくい国民層を対象とした施策(ソシアル・ツーリズムsocial tourism)は注目に値する。[小谷達男]


さて、さて、また前置きが長くなったが、関東・房総半島に「水」を供給する目的で作られた「房総導水路」の一つである長柄ダム(市津湖)の散歩コースの風景を見て歩く、正に「観光」である。

s0200tt_2018111511251777a.gif
s0200t01_20181115112707e46.gif

房総半島の九十九里地域や南房総地域では、その昔、多くの家々が不安定な井戸水をくんで暮らしていました。人口の増加や都市化が進み、水道水の要望が高まってきました。一方、千葉市から君津市にいたる京葉臨海工業地帯では、安定した工業用水が必要とされていました。

ところが房総半島には、これらの水への要求を充分に満たすだけの大きな水源はありませんでした。そこで、これらの地域に利根川の水を運ぶ「房総導水路」がつくられたのです。 今では、利根川の水を南房総にある大多喜町まで、約100キロメートルもの長い距離を運び、必要な地域での水不足の心配をなくし、人々の暮らしを支えているのです。

<長柄ダム>

s02081_20181113115717822.jpg

房総導水路にある2つのダムのうちの1つです。

長柄ダムは、昭和60年(1985年)に完成しました。このダムはコンクリートではなく土を盛り上げて作られたアースダムです。

房総導水路を流れてきた水はこの長柄ダムで貯えられるのです。

ダムの高さは52m、長さは250mで、満水になった時には、水面は海抜75.1mに達します。  
総貯水量は1,000万m3で、このタイプでは国内最大級のダムとなります。


DSC_9814-3.jpg
DSC_9815-2.jpg
DSC_9815-3.jpg
DSC_9817-2.jpg
DSC_9817-3.jpg
DSC_9817-4.jpg

下の数枚の画像が、房総導水路を通ってきた「利根川」の水が市津湖に流れ込んでいる様子!

DSC_9818-2_20181115113622787.jpg
DSC_9818-3_20181115113624ae6.jpg
DSC_9818-4_20181115113626c68.jpg

何という亀かは知らないが、亀も沢山生息しているらしい!

DSC_9820-2.jpg
DSC_9821-2.jpg
DSC_9821-3.jpg

「今はもう秋、誰もいない湖(うみ)!?」

DSC_9823-2.jpg
DSC_9823-3.jpg
DSC_9823-4.jpg
DSC_9833-2.jpg
DSC_9835-2.jpg
DSC_9835-3.jpg

正に「観光」に値する見事な風景である!

(つづく)
[2018/11/17 07:35] | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2018年11月15日深夜の夜空から16日の朝までの気温変化など・・。
2018年11月15日深夜の夜空から16日の朝までの気温変化など・・。

場所:房総半島、千葉県は茂原市・千沢地区

今年(2018年)も今日(11月16日)でとうとう後残すところ「40日」となった!

急に冷え込んで来て、この千葉県の中央部付近でも、最低気温が「10℃」を切るようになった!
その代わり、「夜空」は綺麗である・・・。

冬の星座の王様である「オリオン座」が綺麗に見え始めた!
月は昨夜(11月15日)で「上弦」である・・。

<1> 気温(場所:千葉県茂原市・千沢) <画像は、docomo スマホアプリ(Weather)から>

昨夜(2018年11月15日)の22:56の時点で「7℃」が、今朝(2018年11月16日)は、「5℃」まで下がって、10:40には、「16℃」まで11℃も上昇した!

Screenshot_20181115-225651.png
Screenshot_20181116-065542.png
Screenshot_20181116-070736.png
Screenshot_20181116-095038.png
Screenshot_20181116-104048.png

<2> 夜空

上述の通り、2018年11月15日は、「上弦」である。

<2018年11月15日17:05>
1811mooncal.png
出典:http://turupura.com/new/2018/cal_moon/18_mooncal.html

DSCN1818-2.jpg
DSCN1825-4.jpg
DSCN1818-3.jpg

<2018年11月15日22:24> 外灯の右横が上弦の月
DSC_1300-2_20181116111145d16.jpg
DSC_1300-3.jpg

<2018年11月15日22:23> オリオン座が我が家の上空に!スマホで撮影。
DSC_1294-2_2018111611114062d.jpg
DSC_1294-3.jpg
DSC_1294-4.jpg

オリオン座の「ベテルギウス」は、もう超新星爆発を起こしているのだろうか?

「ベテルギウス」については別途この弊ブログで・・・。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82
%AE%E3%82%A6%E3%82%B9

距離
2008年になり、定説となっていた約427光年という推定距離が大幅に改められ約642光年となった[6]。


ということは、

2018-642=1376

「1376年」と言えば、日本では、南北朝時代、だそうである。
この時に「超新星爆発」を起こしていれば、今年何らかの兆候が見られるかも???

(つづく)
[2018/11/16 12:07] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長柄ダム(市津湖)の近況(その4):アオコの発生!
長柄ダム(市津湖)の近況(その4):アオコの発生!

q03.jpg

http://www.nies.go.jp/nieskids/qa/project2/kosyou/q03.html#
湖や沼で、水面が緑色のペンキを流したようになっているのを、見たことがありませんか? これがアオコです。アオコの正体(しょうたい)は、大量に発生(はっせい)した植物プランクトンです。アオコが発生すると、やがてほとんどが死んでくさり、とてもいやなにおいを出します。ダムなどに発生すると、そのダムの水を利用した水道の水がくさくなるほどです。
 また、アオコの死がいがくさるときには、水中の酸素(さんそ)をたくさん使うので、魚などの生き物が、酸素不足で死んでしまうことがあります。

 じつは、アオコの発生は、人間のくらしが原因(げんいん)だといわれています。生活排水(せいかつはいすい)・肥料(ひりょう)などにふくまれる、チッ素やリンという物質(ぶっしつ)が、川から湖や沼に流れこみ、水中の植物プランクトンたちのよい栄養(えいよう)になって、アオコが大発生するのです。
 このように栄養となるものが増(ふ)えすぎてしまった状態(じょうたい)を「富栄養化(ふえいようか)」といいます。



2018年10月25日、千葉県長生郡・長柄町の長柄ダム(市津湖)を訪れた・・・。
「アオコ」の発生の現場である!

DSC_9798-2.jpg
DSC_9798-3.jpg
DSC_9800-2.jpg
DSC_9800-3.jpg
DSC_9800-4.jpg
DSC_9801-2_201811140647507c0.jpg
DSC_9801-3_201811140647527af.jpg
DSC_9801-4.jpg
DSC_9803-2.jpg
DSC_9803-3.jpg
DSC_9804-2.jpg
DSC_9804-3.jpg
DSC_9804-4.jpg
DSC_9804-5.jpg
DSC_9805-2.jpg
DSC_9805-3.jpg
DSC_9807-2.jpg
DSC_9807-3.jpg
DSC_9809-2.jpg
DSC_9809-3.jpg
DSC_9810-2.jpg
DSC_9810-3.jpg
DSC_9822-2.jpg
DSC_9822-3.jpg
DSC_9822-4.jpg

我々が住んでいる千葉県・茂原市の水道の水源の一部が、この長柄ダム(市津湖)というから、正に他人ごとではない!

有効な対策は無いのだろうか?

(つづく)
[2018/11/16 09:32] | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長柄ダム(市津湖)の近況(その3)
長柄ダム(市津湖)の近況(その3)

2018年10月25日の長柄ダム(市津子湖)の遊歩道で・・・。

DSC_9788-2.jpg
DSC_9789-2.jpg
DSC_9789-3.jpg
DSC_9791-2.jpg
DSC_9791-3.jpg
DSC_9792-2.jpg
DSC_9792-3.jpg
DSC_9794-2.jpg
DSC_9794-3.jpg

こんな場所で、「イノシシ様」が・・・

DSC_9794-4.jpg

「ご用心、ご用心!」

DSC_9795-2.jpg
DSC_9796-2.jpg
DSC_9796-3.jpg
DSC_9796-4.jpg
DSC_9797-2.jpg
DSC_9797-3.jpg

この後、まだまだ続く・・・。

(つづく)
[2018/11/15 10:45] | 散歩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長柄ダム(市津湖)の近況(その2)
長柄ダム(市津湖)の近況(その2)

DSC_9771-2.jpg
DSC_9772-2.jpg

長柄ダム(市津湖)のデータは以下の通り・・・。

Screenshot_20181026-071842.png
出展:グーグルマップ

0679ZM01A.jpg
出典:http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=0679

s02081_20181113115717822.jpg
出典:https://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s0208.htm

nagagaramap_20181113115716547.gif
出典:https://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s0208.htm


https://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s0208.htm
長柄ダム:房総導水路にある2つのダムのうちの1つです。

長柄ダムは、昭和60年(1985年)に完成しました。このダムはコンクリートではなく土を盛り上げて作られたアースダムです。

房総導水路を流れてきた水はこの長柄ダムで貯えられるのです。

ダムの高さは52m、長さは250mで、満水になった時には、水面は海抜75.1mに達します。  
  総貯水量は1,000万m3で、このタイプでは国内最大級のダムとなります。  
         
  ● ダム周辺案内 ●  
     
  長柄ダムによって生まれた湖は「市津湖(しづこ)」と名付けられ、周りに4.4キロメートルの周遊道や、「杉の子」「竹の子」「どんぐり子」という3つの遊びのステーションがあります。

139676544960617060227_nagae2_20181113121348933.jpg
出典:https://hakuzou.at.webry.info/201404/article_3.html

また、湖のほとりには長柄自然休養村があり、観光農園、キャンプ場、小動物園、プール、テニスコートなどがあります。緑いっぱいの自然の中で、気分をリフレッシュできます。




さて、最も大事な「インフラ」としての長柄ダムに関して、

その「房総導水路」の外観とその断面が以下の通り!

dousuimap_20181114061502f29.gif
出典:http://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s02.htm

dousuiani2_20181113121349af5.gif
出典:https://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s0208.htm

さて、これから「4.4キロメートルの周遊道」を歩いて・・・。

果たして「狂い咲きの桜」は?

DSC_9773-2.jpg

「あった、あった!」

DSC_9775-2.jpg
DSC_9775-3.jpg
DSC_9776-2.jpg
DSC_9777-2.jpg
DSC_9779-2.jpg
DSC_9779-3.jpg
DSC_9779-4.jpg
DSC_9782-2.jpg
DSC_9783-2.jpg
DSC_9784-2.jpg
DSC_9785-2.jpg
DSC_9785-3.jpg
DSC_9785-4.jpg

ちらほらであるが、「狂い咲きの桜」が、あった!

(つづく)
[2018/11/14 06:01] | 国土改造 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
designated by FC2