花盗鳥は、許すべきや?
花盗鳥は、許すべきや?

‘花盗人(花ぬすっと)’という有名な‘狂言’がある!

http://spn.ozmall.co.jp/entertainment/performance/224/
狂言『花盗人』
屋敷の桜の枝が折られているのを見つけた男は、盗人の再来を待ち構える。そこへ花盗人がまた盗みにやってきたので、捕えて桜の幹に縛り付けるが、盗人が古詩を口ずさみ、和歌を引用して花を盗んでも罪にならないと語る教養のある人物だったので、盗みを許し、酒をふるまい、別れ際に桜を一枝折って渡してやる。


この場合、盗まれた方より、盗んだ方が‘教養’があったため、またそれを聞いて盗まれた方も‘見識’があったため、‘狂言物語’として残った!

この場合、‘花(=桜)’の価値は、双方において同じだから、事無きを得ている!

先般、我が家においても、‘花(=姫こぶし)’が‘ヒヨドリ’に何度も食べられた!

201703028 春の小川 023-2
201703028 春の小川 023-3
201703028 春の小川 031-2
201703028 春の小川 031-3
201703028 春の小川 032-2

ヒヨドリはくちばしと足が黒っぽいのに対し、ムクドリはくちばし全体、足が黄色。体の大きさや色は似ていても見分けがつくのだそうだ!

201703022 春の小川にオシドリが・・・ 038-2
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 041-2
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 041-3
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 042-2
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 042-3
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 053-2
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 053-3
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 053-4
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 053-5
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 056-2
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 056-3
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 056-4
201703028 春の小川 012-2
201703028 春の小川 012-3
201703028 春の小川 012-4

さて、首題の‘花盗鳥は、許すべきや?’については、花が咲いても

20160309003118369_20170328213808e54.jpg

となってしまって、‘きちんとした’花になってくれない!

しかし、しかし、このヒヨドリが生きていくために、少しでも役に立っているのであれば、それは、それは、嬉しいことである!

ということは、 ‘花盗鳥は、許すべき!’という結論となる!

ヒヨドリさん、いつでもどうぞ!

(つづく)
スポンサーサイト
[2017/03/28 17:34] | 観察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今年の異常気象の本性!
今年の異常気象の本性!

「まあ、びっくりですナ!」
「そっ、そうですねえ!」

「地球温暖化って、本当ですかねぇ?」
「いやいや、こう‘寒くなる’のも、温暖化の現われだとかっ!」

「へ~っ!何でも異常気象は‘温暖化’で説明出来るのですか?」
「そうのようで・・・」

という訳で、何が何かは解らないが、今日(2017年3月27日)朝から、ここ、房総半島は千葉県茂原市で雪が舞ったのである!

201703027 春の異常 001-2
201703027 春の異常 001-3
201703027 春の異常 002-2
201703027 春の異常 003-2
201703027 春の異常 008-2
201703027 春の異常 009-2
201703027 春の異常 009-3
201703027 春の異常 010-2
201703027 春の異常 016-2
201703027 春の異常 016-3
201703027 春の異常 017-2
201703027 春の異常 017-3
201703027 春の異常 017-4
201703027 春の異常 012-2
201703027 春の異常 012-3
201703027 春の異常 018-2
201703027 春の異常 019-2
201703027 春の異常 019-3
201703027 春の異常 020-2
201703027 春の異常 020-3
201703027 春の異常 021-3
201703027 春の異常 022-2
201703027 春の異常 022-3
201703027 春の異常 022-4
201703027 春の異常 023-2
201703027 春の異常 024-2
201703027 春の異常 026-2
201703027 春の異常 026-3
201703027 春の異常 027-3
201703027 春の異常 027-4
201703027 春の異常 028-2
201703027 春の異常 028-3
201703027 春の異常 032-2

咲いたばかりの‘さくらんぼ桜’も、咲いてみて吃驚しているに違いない!

「本当にこの異常現象は、‘地球温暖化現象’で説明出来る人、おんのっ?」
「まあ、何とでも言う人、此処のとこ多いかん、ねっ!」

(つづく)
[2017/03/27 22:20] | 気象 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
本日(2017年3月26日)のランキング
本日(2017年3月26日)のランキング

この‘FC2 BLOG’は、毎日ランキングが発表される!
私のブログは、サブジャンルで、‘創作日記’に属している!

書かせて貰っている内容が、真実がほとんどではあるが、中には‘予想・想像’で独断している部分があるから‘創作’というジャンルが適当だと思ったからである!

今日は、久し振りに、サブジャンルで、‘第4位’にランクされた!

この‘FC2 BLOG’全体でのランクは、‘第127位’である!

‘母数’等は、それぞれ以下の通りである・・・。

① 127位/421,943( ≒ 1位/3,322)
②   4位/13,419 ( ≒ 1位/3,354)

Screenshot_20170326-080255-3.jpg

Screenshot_20170326-080210-2.jpg

Screenshot_20170326-080140-2.jpg

(つづく)
[2017/03/26 23:20] | 統計処理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今年も本当に‘春が来た!’
今年も本当に‘春が来た!’

何だか今年はおかしい!
春が本当に来たのか?
こんな疑問が今年はあるのだが、それは、コートを今日は着て明日は着ないということが続くからである!

ところが、ところが、これは‘体温’を持っている‘動物’が感じると言うことが前提になっているからだろうと思われる。
自分の体温と比べて、高い低いで感じるからである・・・。

勿論、草木の体温は、動物ほどに敏感には反応することはない。このことは別途議論の対象としてみたい!

さて、我が家の周りの植物にも、この頃大いに変化が見られる!
動物は、気温の変化によって‘体の形’がそんなには変化しないが、植物は極端に変化するから、この変化で‘季節’を感じることが出来る!

以下の写真は、いずれも今日(2017年3月24日)撮影したものである!

<1> さくらんぼ桜

201703024 春の息吹ー2 001-2
201703024 春の息吹ー2 001-3
201703024 春の息吹ー2 002-2
201703024 春の息吹ー2 002-3
201703024 春の息吹ー2 002-4
201703024 春の息吹ー2 002-6
201703024 春の息吹ー2 002-5

これで‘八分咲き’ってところ?
今年も‘さくらんぼ’頼みますぞ!

<2> これは、‘ローズマリー’

201703024 春の息吹ー2 004-2
201703024 春の息吹ー2 005-2
201703024 春の息吹ー2 006-2
201703024 春の息吹ー2 006-3
201703024 春の息吹ー2 006-4
201703024 春の息吹ー2 006-5
201703024 春の息吹ー2 007-1
201703024 春の息吹ー2 007-2
201703024 春の息吹ー2 007-3
201703024 春の息吹ー2 007-4

参考までに、ネットで調べた‘ローズマリー’!

rosema_8.jpg
出典/http://www.weblio.jp/content/%E3%83%AD%E3%83%BC%
E3%82%BA%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC


<3> アジサイ

201703024 春の息吹ー2 008-2
201703024 春の息吹ー2 008-3
201703024 春の息吹ー2 009-2
201703024 春の息吹ー2 009-3
201703024 春の息吹ー2 009-4

背景は、私の掌(手のひら)である!
年齢は‘77歳’であるが、人間の新陳代謝は、たんぱく質の場合、約1年らしい?から、77年前のものではない!

本格的な春は、もう直ぐである!

(つづく)
[2017/03/24 23:44] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
旧芝離宮恩賜庭園(その2)
旧芝離宮恩賜庭園(その2)

800px-Shiba-Rikyu-Garden-01.jpg
出典/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E8%8A%9D%E9%9B%A
2%E5%AE%AE%E6%81%A9%E8%B3%9C%E5%BA%AD%E5%9C%92


‘離宮’とは、以下の引用文献に書かれている・・・。
‘御用邸’とは、離宮の小規模のものらしい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A2%E5%AE%AE
離宮(りきゅう)とは、皇居や王宮とは別に設けられた宮殿のことである。

一般的には王族・皇族等が居住するために建設された宮殿とは別の敷地に建設される。例えば皇太子などが成人・結婚し、天皇・皇帝と別に住居を構える場合などが当たる。また、避暑・避寒、静養のために建てられるものもある。日本では一定規模の建造物と敷地を有するものを離宮とし、小規模のものを御用邸と称している。また、明治以前には上皇や法皇の退位後の離宮として「後院」と呼ばれる離宮が築かれて専属の役人が置かれた。なお、平安時代の天皇の追号には後院の名称に由来するものが多い。

日本の離宮[ソースを編集]

現存する離宮[ソースを編集]

桂離宮:京都府京都市

修学院離宮:京都府京都市

かつて存在した離宮[ソースを編集]

赤坂離宮:東京都港区 - 明治時代に皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)の東宮御所として建てられた。大東亜戦争後は国立国会図書館、裁判官弾劾裁判所として利用された後に迎賓館に改装され現在に至る。

霞関離宮(現在の国会前庭南地区) :東京都千代田区 - もともとはジョサイア・コンドルの設計により1884年(明治17年)に竣工した有栖川宮邸であったが、1896年(明治29年)11月24日、宮内省の懇望により買い上げられ、以後「霞関離宮」と称した。おもに外国王族使臣の旅舎として使用され、大正時代には摂政となった皇太子裕仁親王(のちの昭和天皇)の東宮仮御所としても用いられた。1945年(昭和20年)5月、東京大空襲により被弾炎上し、戦後取り壊された。

芝離宮(現在の旧芝離宮恩賜庭園) :東京都港区

鳥羽離宮:京都府京都市 - 12世紀から14世紀頃まで使用された。

名古屋離宮(名古屋城) :愛知県名古屋市

二条離宮(二条城) :京都府京都市

函根(箱根)離宮(現在の神奈川県立恩賜箱根公園) :神奈川県箱根町

浜離宮(現在の浜離宮恩賜庭園) :東京都中央区

武庫離宮(現在の須磨離宮公園) :兵庫県神戸市

吉野離宮(宮滝遺跡) :奈良県吉野町 - 飛鳥時代の離宮。

設置が決まったものの実現に至らなかった離宮[ソースを編集]

上川離宮:北海道旭川市


では、 ‘恩賜公園(庭園)’とは?

先ず、‘恩賜’とは、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%A9%E8%B3%9C
恩賜(おんし)とは、君主から臣下などに対して、これまでの忠節や功労を感謝するために与える物品やその行為を指す。日本では「恩賜」と単に言えば天皇から賜ったものを指す。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%A9%E8%B3%9
C%E5%85%AC%E5%9C%92

‘恩賜公園(庭園)’とは?恩賜公園(おんしこうえん)は、第二次世界大戦前に宮内省が御料地として所有していた土地が、公に下賜(恩賜)され、整備された公園である。なお、同様に庭園が下賜された場合には、恩賜庭園と呼ばれる。一覧[編集]

恩賜公園[編集]
上野恩賜公園(東京都台東区) 1924年、東京市へ下賜

井の頭恩賜公園(東京都武蔵野市・三鷹市) 1924年、東京市へ下賜

猿江恩賜公園(東京都江東区) 1924年、東京市へ下賜。ここまでの3公園は皇太子裕仁親王(のちの昭和天皇)の成婚を記念した下賜。

有栖川宮記念公園(東京都港区) 1934年、高松宮より東京市に下賜。下賜の経緯は当該項目を参照。

恩賜箱根公園(神奈川県箱根町) 函根離宮跡地(関東大震災にて倒壊)。1946年に神奈川県に下賜

恩賜庭園 [編集]
浜離宮恩賜庭園(東京都中央区、有料) 1945年、GHQの要求により東京都に下賜

旧芝離宮恩賜庭園(東京都港区、有料) 1924年、東京都に下賜。上記と同様、皇太子裕仁親王の成婚記念。


‘離宮’と‘恩賜公園(庭園)’の説明は、以上の文献で様子が掴めた!

私が今度訪れた‘旧芝離宮恩賜庭園’では、パンフレットで次のように説明されている。

芝恩賜公園-2
芝恩賜公園-3
芝恩賜公園-4
芝恩賜公園-5
芝恩賜公園-6
芝離宮-2
芝離宮-3

DSC_1831-2_20170324125508c46.jpg
DSC_1831-6_20170324125501ec5.jpg
DSC_1831-1-2_20170324125505908.jpg
DSC_1831-1-3_20170324125507621.jpg

この鯉の年齢は?
ひょとして、下賜された大正13年(1924年)から生きていた???

(つづく)
[2017/03/23 23:56] | 歴史 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
雨の中の遅咲き梅!
雨の中の遅咲き梅!

今年(2017年)の異常現象は、至るところに出ている!

3月の下旬になっても、まだまだ秋田県でも雪が降るという予報が出ている!
‘つくし’の出方も悪いし、桜と同時に梅がやっと咲いたりで、季節の変わり目で異変が起こっている・・・。

我が家の遅咲き梅が、例年に比べて10日間も遅くやっと咲きだした!

今朝(3月21日)は、朝から雨模様だったが、一寸した合間を縫って、小雨の中で撮ってみた!

201703021 桜とこぶし 026-2
201703021 桜とこぶし 027-2
201703021 桜とこぶし 028-2
201703021 桜とこぶし 028-9
201703021 桜とこぶし 028-9
201703021 桜とこぶし 028-3
201703021 桜とこぶし 028-4
201703021 桜とこぶし 028-7

この梅の花に付いている‘蚊に似た’虫は一体何という虫なのだろうか?

はっきりとはしないが、この虫は、梅だけに付く虫のようで、桜には付かないようだが、果たして?

(つづく)


[2017/03/21 23:53] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
旧芝離宮恩賜庭園(その1)
旧芝離宮恩賜庭園(その1)

800px-Shiba-Rikyu-Garden-01.jpg
出典/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E8%8A%9D%E9%9B%A
2%E5%AE%AE%E6%81%A9%E8%B3%9C%E5%BA%AD%E5%9C%92


‘離宮’だとか‘恩賜’だのという言葉は、知っていても‘どんな価値’があるのか?については、からきし関心もなければ知識もない!

貧乏人の倅では、正に別世界だから、先ずは‘興味’が湧かない!

そもそも‘貧富の差’が気に入らないから、‘離宮’や‘恩賜’などということに思いを馳せたこともなかった!

しかし、しかし、文化、例えば、‘高度な’音楽や絵画などの芸術等々においては、皮肉にも‘貧富の差’がなかったら産まれてこなかったという現実は、残念ながら‘否定’することは出来ない!

その音楽や芸術を志す人達にとっては、‘スポンサー’なしには、‘高度化’は望めなかったというのは真実に違いない!
と、なると、絞り取られて‘貧’になった人達のお陰で、‘富’の人達が、‘高度化’を進めたと言うことであって、高度な文化は、やはり、その集団全体で創り上げたことになる!

ということは、最も寄与した人は、‘貧’になった人達である!という見方が出来る!
ということは、‘富’の人達が最も感謝しなければならないのは、己が‘搾取した’その相手、つまり、‘貧’と言われる人達に対してであろう!

ってな事を考えながら、今年(2017年)3月10日の午前中、打ち合わせの時間が一寸空いたので、東京のJR浜松町駅から歩いて数分のところにある‘旧芝離宮恩賜庭園’へ行ってみた!

ここは、もう何度か訪れたことがある・・・。
いつもいつでも‘庭師’の方達が懸命に働いておられる姿を見受けるから、それはそれは、見事に管理された日本庭園である!
しかし、しかし、その近傍に林立する都心の高層ビルのお陰で、昔の面影・雰囲気は‘ぶち壊し’に違いないが、上手い具合に‘コラボレーション’などという現象を人間様の頭脳は受け入れることが出来るので、そう真っ向から‘否定’しなくても済むという感情が湧いてくるから不思議である!

DSC_1836-2.jpg
DSC_1836-3.jpg
DSC_1850-2.jpg
DSC_1850-3.jpg
DSC_1850-4.jpg
DSC_1850-5.jpg
DSC_1856-2.jpg

もう少し詳しく知るために、入り口の看板を撮影してきた!

DSC_1859-1-2.jpg
DSC_1859-1-3.jpg
DSC_1859-1-5.jpg
DSC_1860-1-2_20170320122007bb6.jpg
DSC_1860-1-3_20170320122005f2d.jpg
DSC_1860-1-4_20170320121731df4.jpg

この看板をよ~く読んでから入場すると、その歴史が解る!

ナ、な、何と‘65歳以上’は、入場料が、‘70円’だそうだ・・・。

芝恩賜公園0001-2
芝恩賜公園0002-2

この庭園を作り上げるのに‘莫大な’費用と労働力が使われたに違いないが、それが良かったのか、そうでなかったのか?
奇妙な気持ちで園内を見て回ったのだが・・・・。

(つづく)
[2017/03/20 12:37] | 歴史 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今年の‘つくし’!
今年の‘つくし’!

‘つくし’を食べたことのない人が多い!

我々のように、戦前・戦中に生まれた人達は、みんながみんな‘つくし’はご馳走だったから、食べたことがない人は一人も居なかった!

今年(2017年)が、‘異常気象’であることは、このつくしの出方を見ても直ぐに解る!

今年は例年になく‘出方’が悪い!
そうとは言うものの、今日(3月19日)は少々気温も上がってきたし、遅出とは言えど、もう‘秘密の場所’ではきっと沢山収穫があるに違いないと午後から出かけた!

結果は、以下の通りである!

① ‘秘密の場所’にさえも、‘出方’が遅い!
② 気温の乱高下で、頭が黒くなっているものが多い!
③ 得意の‘卵とじ’は例年と同じ素晴らしい味がした!
④ 明日は、もう一つの‘秘密の場所’へ!

‘秘密の場所’は、千葉県茂原市を流れる‘赤目川’沿いの土手或いはその周辺である!

DSC_0271-2.jpg
DSC_0271-3.jpg
DSC_0271-4.jpg
DSC_0273-2.jpg
DSC_0270-2.jpg
DSC_1717-4_20170320010936876.jpg
201703012 家周りとつくし 050-2
201703012 家周りとつくし 054-2
201703012 家周りとつくし 055-2
201703012 家周りとつくし 056-2
201703012 家周りとつくし 059-2

今年も異常気象ながら、やっと、やっと、本物の春が到来した!

(つづく)
[2017/03/19 23:52] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アジアンタムの魅力!
アジアンタムの魅力!

今日(2017年3月14日)は、‘円周率の日’の一つというらしい!

それは、2017年には無関係で、3月14日であるからである!

円周率≒3.1415926536

と言うことからすると、‘3月14日15時9分26秒’辺りに、‘円周率’に想いを馳せたなら何か意義があるのかも知れないのだが・・・。

まあ、これとは何の関係もないのだが、‘アジアンタム’が面白い!
ず~と見ていても‘飽き’が来ない!

従って、観葉植物としては、‘上位’の部に入るのではないのだろうか?

何故なのだろうか?

DSC_9697-3.jpg
DSC_9697-4.jpg
DSC_2917-3_201703150020260ce.jpg

透き通る状態、つまり太陽の光を向こう側にして見てみると、その面白さが倍増する!

DSC_9704-2.jpg
DSC_9704-3.jpg
DSC_9704-5.jpg
DSC_9704-4.jpg

https://lovegreen.net/growing/p39127/
アジアンタムの基本情報イノモトソウ(ワラビ)科の多年草です。世界の熱帯から亜熱帯にかけて200種が分布するシダ植物で、日本にも8種が自生しています。アジアンタムの名前は、ギリシャ語の濡れない「adiantos」からで、葉が水をはじいて濡れない事からつけられました。科・属 イノモトソウ科・ホウライシダ属
英名 adiantum
学名 adiantum
原産地 世界の熱帯~温帯
育てやすさ ★★★


(つづく)
[2017/03/14 23:55] | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新横綱・稀勢の里の初日・完勝!
新横綱・稀勢の里の初日・完勝!

今日(2017年3月12日)は、日本の大相撲にとって歴史に残る大事な日であった!

c5af78fd845c90fd92e1e58942f44a6c.jpg
出典/http://blog.goo.ne.jp/chuka-champ/e/b59a4af45710b0957
6cd30cb2f3e7a98

P1020090-e1389917209356.jpg
出典/http://www.komei.or.jp/km/meguro-iijima-kazuyo/2014/01
/17/%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E9%A7%85%E3%80%8C%E3%82%
B9%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B
0%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%80%8D/


「稀勢の里さ~ん!そんなところで、何をしておれれますかっ~?」
「いや~、‘スモーキング・エリア’と書いてありますから、‘横綱(相撲キング)が居る場所’かと思って、さっきから・・・」

まあこんな冗談が言える状態だったら、こりゃあ、本物の‘大横綱’に違いない!

今日から始まった大相撲春場所での一番のお目当ては、勿論‘新横綱・稀勢の里’の一番である!
日本中の大相撲ファンが何年も待ち望んでいた‘日本国出身’の横綱!

<以下の写真は全てNHK・TVの画面をカメラで撮影したものである>

① 稀勢の里は、予想に反して‘緊張’は見られなかった!
② 緊張というより、いつもの‘無愛想’面だったから、落ち着いて見えた!
③ 目つきの鋭さは、やはり‘横綱’の鋭さに見えた!
④ 優勝5回でも横綱になれなかった‘魁皇’は、羨ましそう(?)で、稀勢の里よりも緊張していた!
⑤ 『軍配を‘新横綱に一番最初に挙げた’のは、この俺様だゾ!』とこの行事さんは、一生言い続けるに違いない!
⑥ 二横綱が、初日に敗れるなんて、今場所も稀勢の里の優勝??

<1>取り組み前
DSC_0011-2.jpg
DSC_0012-2_201703130121420f6.jpg
DSC_0013-2.jpg
DSC_0026-2_2017031301214558c.jpg
DSC_0026-3.jpg

<2>土俵に上がって、時間前の仕切り>DSC_0031-2.jpg
DSC_0028-1-2.jpg
DSC_0028-1-3.jpg
DSC_0033-2.jpg
DSC_0033-3.jpg

<3>さて、取り組みは!
DSC_0045-2_20170313013338dc9.jpg
DSC_0046-2_201703130133408c0.jpg
DSC_0047-2_201703130133413d4.jpg
DSC_0047-3_201703130133431b5.jpg
DSC_0048-2_201703130133376f6.jpg
DSC_0068-2_201703130138074a0.jpg
DSC_0065-2_201703130138051c8.jpg
DSC_0049-2_201703130143117a3.jpg
DSC_0049-3.jpg
DSC_0049-4.jpg

この行事さんの‘顔の表情’は、何とも言えないではないか!
‘緊張と感激’がこの表情を造らせた!

DSC_0069-2_201703130138042e5.jpg
<3>戦い済んで・・
DSC_0076-1-2.jpg

勝った力士が、この様に‘表情を変えない’ところが大相撲の最大の‘美点’なのである!
‘ガッツポーズ’も‘サァー!’も、本来の本当の意味での‘スポーツ精神’とは言えないのではないか?

おっと、初日に白鵬に‘土’が着くなんて!

DSC_0078-10-2_2017031301524518b.jpg
Screenshot_20170312-211854-2.jpg

こりゃあ、今場所も新横綱が優勝かも??

(つづく)
[2017/03/12 23:51] | 大相撲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
有難う、借景梅さん!
有難う、借景梅さん!

梅の種類がどの位あるのかは、後日調査するとして、我が家の借景の役目をしてくれた‘Kさんち’の梅がそろそろ花の終わりを迎えた!

20170305 富士山(F)-3 018-2
20170305 富士山(F)-3 018-3
20170305 富士山(F)-3 023-2
20170305 富士山(F)-3 024-2
20170305 富士山(F)-3 025-2
20170305 富士山(F)-3 025-3
20170305 富士山(F)-3 025-4
20170305 富士山(F)-3 026-2
20170305 富士山(F)-3 027-2
20170305 富士山(F)-3 026-3
20170305 富士山(F)-3 027-3
20170305 富士山(F)-2 128-2
20170305 富士山(F)-2 128-3
20170305 富士山(F)-2 129-2
20170305 富士山(F)-2 129-3
20170305 富士山(F)-2 130-2
20170305 富士山(F)-3 030-2
20170305 富士山(F)-3 030-3
20170305 富士山(F)-3 030-4
20170305 富士山(F)-3 030-5
20170305 富士山(F)-3 032-2
20170305 富士山(F)-3 032-3

有難う!
また、来年よろしく!

(つづく)
[2017/03/11 23:55] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
これは、‘プリムラ・マラコイデス’です!
これは、‘プリムラ・マラコイデス’です!

花の名前は、難しい!
そして、無数にあるから大変だ!
ゆるい‘認知症’が自然に出てくる年齢になると、‘余程の感激’か‘強烈な印象’等が無い限り、草花の名前は覚えられない!

20170305 富士山(F)-3 004-2
20170305 富士山(F)-3 005-2
20170305 富士山(F)-3 040-2
20170305 富士山(F)-3 007-2
20170305 富士山(F)-3 007-4
20170305 富士山(F)-3 007-3
20170305 富士山(F)-3 012-2
20170305 富士山(F)-3 012-6
20170305 富士山(F)-3 012-7
20170305 富士山(F)-3 012-8
20170305 富士山(F)-3 012-3
20170305 富士山(F)-3 012-4
20170305 富士山(F)-3 012-5
20170305 富士山(F)-3 012-9
20170305 富士山(F)-3 013-2

と言う訳で、‘プリムラ・マラコイデス’が今や我が家の玄関先で、‘ぐんぐん’成長している!

ところで、この花の名前の‘プリムラ’と言うのは、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%8
3%A0%E3%83%A9_(%E5%B0%8F%E6%83%91%E6%98%9F)

プリムラ (小惑星)

プリムラ (970 Primula) は小惑星帯に位置する小惑星である。ハイデルベルクのケーニッヒシュトゥール天文台でカール・ラインムートによって発見された。
サクラソウ科のサクラソウ属 (Primula) にちなんで命名された。


さて、この花が、‘先にあって’小惑星のことをこの花の名前にしたと言うから、花の名前が‘由緒ある名前’になった!

そして、そして、花の種類は以下のように沢山あるという!
正に‘小惑星’のように・・・。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%83%A9
プリムラ (Primula)

サクラソウ科サクラソウ属の園芸植物で、日本では生産園芸、観賞園芸の園芸ジャンルにより、包括する範囲が多少異なる。主にヨーロッパで品種改良されたものが多い。この意味での「プリムラ」が多く、本記事で説明する。
このプリムラの他に、サクラソウ属に属する園芸植物として、日本の古典園芸植物である日本桜草(にほんさくらそう、植物学上の和名はサクラソウ)がある。
サクラソウ属のラテン名Primula(本来の意味)。プリムラ (小惑星)

--------------------------------------------------------------------------------

プリムラとは、ヨーロッパやアジアに自生するサクラソウ属 (Primula) の原種やその変種、品種、またそれらを交配して作られた品種群である。主要なものを以下に記載する。

プリムラ・ポリアンサ (P. polyantha)
ヨーロッパ原産でクリンザクラともいう。イギリス産の野生植物から園芸化されたものとしてほとんど唯一のもので、17世紀にはすでにいくつもの品種があり、19世紀はじめには「ゴールドレースド・ポリアンサス」が生まれフローリスツ・フラワーの一つとなった[要出典]。これは鉢植え、展示会用だが、19世紀後半から庭園用の系統が育種され、20世紀、第二次大戦後にはアメリカで巨大輪の「パシフィック系」が生まれ、そこから更に多くの系統が生まれて、花壇用営利種として広く流通している。趣味家、マニア向けにはバーンヘヴンの「カウチン系」、ダブル・プリムローズなどがある。

プリムラ・ジュリアン (P. × juliana)
プリムラ・ポリアンサとプリムラ・ジュリエ (P. juriae) との交配種。草野総一作出。1972年(昭和47年)に坂田種苗(現サカタのタネ)より発売。また、プリムラ・ポリアンサとプリムラ・ジュリアンをあわせてプリムラ・プルホニケンシス・ハイブリッド (P. pruhonicensis hybrids) とすることもある。

プリムラ・マラコイデス (P. malacoides)
中国原産でケショウザクラ、オトメザクラともいう。

プリムラ・オブコニカ (P. obconica)
中国西部原産でトキワザクラともいう。
以上は、生産園芸でいう「プリムラ」である。このほか、観賞園芸の世界では次の種なども知られている。

プリムラ・アリオニイ (P. allionii)
ヨーロッパアルプス南部に自生する小型の種。多くの品種があり、ヨーロッパの山草園芸界で現在もっとも人気が高い。

プリムラ・マルギナタ (P. marginata)
上種に近いところに分布する。藤色が中心で葉に鋸歯があり、縁に白い粉が着く美しい種で、アリオニイとの種間雑種もある。

プリムラ・アウリクラ (P. auricula)
白い粉に覆われた葉に、明るい黄色い花を咲かせる。ヨーロッパの山岳に広く分布。オーリキュラの原種の1つ。和名アツバサクラソウ。

プリムラ・アルピコラ (P. alpicola)
ヒマラヤから中国雲南省にかけて自生する種。ロックガーデン等で栽培される。

プリムラ・プルウェルレンタ (P. pulverulenta)
日本に自生するクリンソウの近縁種。中国産。

プリムラ・デンティクラタ (P. denticulata)
ヒマラヤに産する、花が手まり状に集まって咲く種。日本でも比較的ポピュラー。

プリムラ・ロセア (P. rosea)
ヒマラヤ産。バラ色の花を咲かせるやや小型の種。

プリムラ・ファリノサ (P. farinosa)
ヨーロッパ産。日本のユキワリコザクラに近縁。
園芸上、日本にも自生し江戸時代以降育種されているサクラソウ (P. sieboldii) は古典園芸植物として[要出典]別に取り扱われ、普通はプリムラとは言わないことが多い。

花言葉は永続する愛情、富貴、神秘な心、運命を開く、可憐、うぬぼれ。


さあ、もう直ぐ春!

日本中が‘花’で埋まってしまう日が、もうそこまで!

(つづく)
[2017/03/09 21:03] | 観察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
みんなが‘春’を待っている!(その2):田圃に川に溝に富士山!
みんなが‘春’を待っている!(その2):田圃に川に溝に富士山!

既にとうとう今年も3月に入った!

‘皆が’と言うのが不適切なら、‘ほとんどの人達が’、‘春’を待っている!
昨日は、サギと鵜の‘現状’を掲載させて戴いた・・・。

今日は、‘田圃’に‘川’に‘溝’に‘富士山’!

① 田圃

水さえ入れれば、直ぐにでも‘田植え’が出来る状態だと思われる!

20170305 富士山(N) 082-2
20170305 富士山(N) 084-2
20170305 富士山(N) 084-3
20170305 富士山(N) 083-2

② 川

この川は、‘赤目川’という素晴らしい名前がついているが、今現在‘赤目魚’がいる訳ではないらしい!
今は、この‘水鳥’が・・・。

20170305 富士山(N) 098-2
20170305 富士山(N) 098-3
20170305 富士山(N) 103-3
20170305 富士山(N) 103-2


③ 溝

この‘水草’は何と言う名前かは知らないが、此処では既に‘春’が始まっている!

20170305 富士山(N) 085-2
20170305 富士山(N) 086-2
20170305 富士山(N) 087-3
20170305 富士山(N) 087-4

④ 富士山

この場所から、富士山が見えるのは、‘厳冬’の期間帯だけである!
‘厳冬’と言うのは、‘象徴的’な言い方で、約150kmも離れているのだから、‘水分や埃’が少ない状態でないと富士山は見えない!

という訳で、昨日(2017年3月5日)の朝は、撮影した写真をどんなにPCで処理しても‘うっすらとした’影さえ見えなかった!
これこそ既に‘春’が始まっていることを物語っている???

20170305 富士山(N) 088-2
20170305 富士山(N) 089-2
20170305 富士山(N) 089-3
20170305 富士山(N) 091-2
20170305 富士山(N) 091-3

真冬の朝(2016年12月02日)には、こんな風に見えていた!

20161202富士山 051-3

おまけに‘白鷺’の写真を!この白鷺も春を待っている!

20170305 富士山(N) 111-2
20170305 富士山(N) 111-3
20170305 富士山(N) 111-4

さあさあ、まだまだ、これからだっ!

(つづく)
[2017/03/06 12:10] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
みんなが‘春’を待っている!(その1):サギと鵜
みんなが‘春’を待っている!(その1):サギと鵜

‘三寒四温’と言う言葉がある・・・。
今年に限り、かどうかは知らないが、今年はこれに当て嵌まらない!

それでも、‘日本’において、生きとし生けるもの全てが‘春’を待っている(ように思える)!
先日の‘TV’では、温暖化の影響で、‘南極のペンギン’が暖かくなって困っているという映像を流していたから、全ての生き物が早く春が来て暖かくなるのを待っている、という訳ではないらしい!

まあ、それはそれとして、近辺を見渡すと早く暖かくなって欲しいと熱望しているように見える!
ご挨拶にも 「早く暖かくなって欲しいですねえっ!」と言っているようだから・・・。
これも‘但し書き’がいるようで、‘暖房器具や防寒衣類など’で収入を得ている人達はそうではないらしいから・・・。

そんな訳で、今日(2017年3月5日)、いつもとは‘30分’早起きをして、いつもの散歩道で‘春’を探してみたが、簡単には見つからなかった・・・。

ただ、画素数がこれまでのカメラの2倍のカメラを購入したので、‘青サギ’と‘河鵜’のいい写真が撮れた!

20170305 富士山(N) 046-2
20170305 富士山(N) 046-3
20170305 富士山(N) 047-2
20170305 富士山(N) 052-2
20170305 富士山(N) 052-3
20170305 富士山(N) 052-5
20170305 富士山(N) 053-3
20170305 富士山(N) 053-4
20170305 富士山(N) 060-4
20170305 富士山(N) 061-4

青サギは直ぐに飛んで行った!

20170305 富士山(N) 064-2
20170305 富士山(N) 070-3
20170305 富士山(N) 073-3
20170305 富士山(N) 080-3
20170305 富士山(N) 075-3
20170305 富士山(N) 075-4
20170305 富士山(N) 075-6
20170305 富士山(N) 075-7
20170305 富士山(N) 078-2

サギも鵜も、早く春になって‘餌’の稚魚やドジョウやかえるが動き出すのを待っているに違いない!

(つづく)
[2017/03/05 18:18] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
‘真っ赤な’太陽!
‘真っ赤な’太陽!

今日(2017年3月4日)の夕方は、早春のお陰で(多分!)気温が上がり、水蒸気がかなりあったのか(でも湿度は低かった?)それとも湿度が低くて、風があったため砂埃に代表される‘埃’が舞ったのか夕日が写真に撮るには‘適した’状態になっていた!

つまり、普通の場合、夕日も朝日も空気が澄んでいると、太陽の猛烈な‘明るさ’のために、‘コントラスト’が強過ぎて、太陽の‘輪郭’を写真に撮ることは難しい!

sunshine-1024x683.jpg
出典/http://depression-note.com/health/sunshine

ところが、ところがである!今日の夕日を見て、直ぐに‘カメラ’を取り出したのである!

<17:27>
20170304 富士山 020-2

<17:28>
20170304 富士山 021-2

<17:28>
20170304 富士山 023-2

場所を20mほど変えた場所からは・・・。

<17:29>
20170304 富士山 024-2

<17:29>
20170304 富士山 029-2

<17:30>
20170304 富士山 037-2

<17:31>
20170304 富士山 041-2

<17:32>
20170304 富士山 047-2

「いやいや、大変美しいのだが、‘表題’が、<‘真っ赤な’太陽!>となっているが、太陽は‘赤くない’ジャン?」
「そうそう、太陽の表面温度は、小学校で習ったように、約6,000℃もあるから、赤くは無いよねえ!」

「それじゃあ、‘真っ白な’とか‘真っ黄色な’となぜ言わないのだろうか?」
「そうは判らんが、‘太陽の周り’が赤くなるからだろうか?」

「じゃあさ、美空ひばりが唄う‘真っ赤な太陽’の場合は、朝か夕方?」
「いやいや、あれは‘真昼間’だぜっ!」

「‘真っ赤な太陽’は、‘真っ赤な嘘’?」
「‘赤の他人’の赤は?」

「赤は、明るい’の意味や‘アクア’の‘水’の意味も!」
「また、‘アクア'が水の意味を示す語源は、梵語の‘閼伽(あか)=水’だそうでして・・・」

こりゃあ、一寸ややこしいから、又の機会に!

その時の富士山は!

<17:37>
20170304 富士山 080-2

この時の富士山は、‘赤富士’ではなかった!

(つづく)
[2017/03/04 23:56] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
晩冬の尼ケ台総合公園2017(その1)
晩冬の尼ケ台総合公園2017(その1)

‘晩春’、‘晩夏’、‘晩秋’ とは言うものの‘晩冬’とは中々言わない!
何故か?
それは、① 発音が良くない!‘番頭’と間違えやすいので、‘趣(おもむき)’が無いから・・。
② 季節感からして、‘早春’の方が歓迎されやすいからかも知れない!

千葉県・長生郡・長生村にある‘尼ケ台総合公園’に先日の‘晩冬’に行ってみた!

‘Google’の地図と航空写真から引用すると次のような格好をしている・・。

201302220039304d9_20170302235340308.jpg
201302220039312ab_20170302235341c40.jpg
20130222003931e3d_201703022353386a3.jpg
2013022200393017e_2017030223533693c.jpg

最後のこの写真が、高さおよそ10mの築山である!

公園に行ったのは、2017年2月26日(日)である・・・。

20170226 白子桜 035-2
20170226 白子桜 035-3

この左右の端っこの車のナンバーが・・・

20170226 白子桜 035-720170226 白子桜 035-6

先ずは、駐車場で出会った‘同じナンバー’(:88)の車!

そして、‘遊園地’では、子供達が嬉しそうに遊んでいる!

20170226 白子桜 037-2
20170226 白子桜 037-3
20170226 白子桜 038-2
20170226 白子桜 038-3
20170226 白子桜 038-4
20170226 白子桜 038-5
20170226 白子桜 038-3

一方、築山の方角では・・・

20170226 白子桜 036-2
20170226 白子桜 036-3
20170226 白子桜 039-2
20170226 白子桜 039-3
20170226 白子桜 040-2
20170226 白子桜 040-3
20170226 白子桜 040-4
20170226 白子桜 045-2

この上の写真が、望遠をかけていない写真で、これ以降の写真が、望遠×PC処理の写真である❗

20170226 白子桜 045-3
20170226 白子桜 045-4
20170226 白子桜 046-2
20170226 白子桜 047-2
20170226 白子桜 047-3
20170226 白子桜 047-4

最近のカメラの望遠機能は素晴らしい!
肉眼では、‘豆粒’や‘米粒’にも見えない100m以上先の‘女の子’の表情まで写せるのである!

どこから自分を狙ってシャッターが切られているか、これじゃあ知る術(すべ)もない!

(つづく)
[2017/03/02 23:57] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
満開過ぎた‘白子桜’!
満開過ぎた‘白子桜’!

今日(2017年2月28日)で、2017年の2月が終わりである!
「今年も後わずか10ケ月を残すだけとなりました!皆さんお正月の準備は出来ましたでしょうか?」というのは落語家さんである・・。

さて、この弊ブログでは、何度もご紹介しているが、千葉県・長生郡・白子町の‘白子桜(実は河津桜)’は、今年は、異常気象のために、例年よりも一週間~10日も早く満開を迎えたという!

先日(2017年2月26日)午後3時過ぎに満開を過ぎたという白子桜を見に行った!
駐車場は、満車だった為に、この‘白子桜通り(というかどうかは知らないが)’を車で、そう約4kmくらいを走った!

20170226 白子桜 009-2
20170226 白子桜 009-3
20170226 白子桜 010-2
20170226 白子桜 010-3
20170226 白子桜 011-2
20170226 白子桜 012-2
20170226 白子桜 012-3
20170226 白子桜 013-2
20170226 白子桜 013-3
20170226 白子桜 013-4
20170226 白子桜 014-2
20170226 白子桜 015-2
20170226 白子桜 022-2
20170226 白子桜 026-2
20170226 白子桜 034-2

同じこの街道通りに植わっている白子桜なのに、早咲き・遅咲きがある!
‘染井吉野’とは、少々趣きが違うが、この白子桜が咲けば、もう房総半島は春である!

「遊ぼう!外房!皆呼ぼう!」

この‘キャッチフレーズ’が意味の重さを増す季節が、又今年もやって来た!
明日からは、暦の上でも‘春’3月である!

(つづく)
[2017/02/28 23:56] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
錦糸町界隈は、今!
錦糸町界隈は、今!

東京都墨田区錦糸町は、スカイツリーの‘出現’と高層マンションの完成で、駅前の表情は一変した!
私は、十数年前に短期間であったが、錦糸公園の直ぐ北側の、例の高層マンションの直ぐ北側にあるビルにあった或る会社に勤めていたことがあった!

勿論、その時にはスカイツリーもなければ、高層マンションもなかった!
夜遅くなって外房の茂原市に帰るための電車がなくなってしまう23時を過ぎると、JR錦糸町駅の南側にあるサウナに泊まる事が多かった!

その当時のことと比較すると、まあよくもこんなに変わったもんだ!

一昨日(2017年2月23日)、久し振りに学生時代の友人と会うことになった!
何処が良いだろうと考えた末、彼の電車の乗換えが少ないし、私も千葉からは乗り換えなしなので、この錦糸町を選んだのである!

少々早めに自宅を出て、懐かしい錦糸町を探索してみた!

やっぱり、JR錦糸町駅を出れば、直ぐに目立つのが、スカイツリーである!

DSC_1715-2.jpg
DSC_1715-3.jpg
DSC_1715-4.jpg

それに、もう一つ、高層マンション!

DSC_1718-2_2017022517334411f.jpg
DSC_1719-2.jpg
DSC_1719-3.jpg
DSC_1721-2_201702251739195cf.jpg

この画面の向かって右側が、‘錦糸公園’の入り口である!
この前はいつも通っていたが、此処に‘河津桜’があるとは気付かなかった!
それとも、‘最近’植樹されたのだろうか?

DSC_1722-2.jpg
DSC_1722-3.jpg
DSC_1722-4.jpg

「何だか、ばかりで、‘禁止’、‘禁止’ばかり!」
「そりゃあ、そうでしょう!だって、‘きんし’公園ですゾ!」

DSC_1723-2.jpg
DSC_1724-2_20170225174126422.jpg
DSC_1724-3_20170225174128cb8.jpg
DSC_1725-2.jpg
DSC_1726-2.jpg
DSC_1726-3.jpg
DSC_1726-4.jpg
DSC_1726-5.jpg
DSC_1727-2.jpg
DSC_1727-3.jpg
DSC_1727-4.jpg
DSC_1729-2_2017022519524454b.jpg
DSC_1729-3.jpg
DSC_1729-4.jpg
DSC_1730-2_201702251954481c0.jpg
DSC_1731-3_2017022519544976b.jpg
DSC_1731-4_20170225195451418.jpg
DSC_1731-5.jpg
DSC_1732-2_20170225195649562.jpg
DSC_1733-2_20170225195651818.jpg
DSC_1735-2.jpg
DSC_1735-3.jpg
DSC_1736-2_20170225195648b53.jpg
DSC_1738-2_20170225195852aa6.jpg
DSC_1738-3_2017022519584984c.jpg

JR錦糸町駅は、長年利用させて貰っていて、この‘モニュメント’或いは‘オブジェ’はよ~く見ていたのだが、何の形で、どんな意味があるかは知らなかった!

http://www.city.sumida.lg.jp/sangyo_matidukuri/matizukuri/
matizukuri_suisin/keikan_matizukuri/monument/jr_kinsi_
monument.html

JR錦糸町北口モニュメント更新日:2005年3月26日
..
経緯:墨田区は、1987年「音楽都市」をめざして街づくりをすることを宣言し、錦糸町駅北口再開発事業で交通広場の吸気・排気塔の利用によるモニュメント計画を策定し、音楽都市すみだを象徴する作品をテーマに、専門業者5社のコンペで選ばれた作品が設置されることになった。

名称:ECHO
曲玉の部分は、楽譜のへ音記号をモチーフにデザインし、左右5本ずつのワイヤーは五線譜を表している。
設置年:1997年9月
作者:ローレン・マドソン(米国)
アメリカ国内の銀行、病院、警察などの公共施設に多くの作品を展示している。ニューヨーク、イスラエル、バンクーバーなど世界各地の美術館に作品が所蔵されている。


な~んだ!そういうことか・・・・!

(つづく)
[2017/02/25 20:19] | 散策 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
‘蚊’の続き!
‘蚊’の続き!

昨日(2017年2月23日)のこの弊ブログに掲載した、これまで自身で撮影した‘蚊’の写真の続き・・・。

DSC_2249-7-2_201702250940377b7.jpg
DSC_2249-7-3_20170225094038d8d.jpg
DSC_2249-7-4_2017022509404093e.jpg
DSC_2249-7-5_201702250940420be.jpg
DSC_2253-7-2_20150922234243f5e_20170225094035337.jpg
DSC_2253-7-3_20150922234245e96_20170225094443cf6.jpg
DSC_2254-7-2_2017022509444556c.jpg
DSC_2254-7-3_20170225094442ab7.jpg
DSC_7162-2_20170225095804273.jpg
DSC_7162-3_20170225095806d23.jpg
DSC_7171-2_201702250958071de.jpg
DSC_7171-3_2017022509580948a.jpg
DSC_6725-2_201702251002337a7.jpg
DSC_7183-2_2017022510023968c.jpg
DSC_6739-2_2017022510023567e.jpg
DSC_6755-2_20170225100237aa0.jpg

「おや、おや、こりゃあ大変だ!」
「しかし、‘蚊’だって、何か地球にとって‘貢献’しているのじゃあないの?」

「一寸考えても我々凡人には、中々判り難いけど、‘プロの人’はこんな風に答えているらしい!」
「ほ、ほっ~!」

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1327094848
害虫としてばかり有名な蚊ですが、生態系にどのような形で貢献しているのでしょう...
deleusienさん
2009/6/1007:08:11
Q:害虫としてばかり有名な蚊ですが、生態系にどのような形で貢献しているのでしょうか?

恐竜の時代から生き続けているということは、きっと生態系のバランスを保つのに多かれ少なかれ役に立っているのでは思うのですが、具体的にまるで思いつきません。
誰か御教授下さい。

共感した 0
閲覧数:1,093回答数:2お礼:25枚違反報告
..ベストアンサーに選ばれた回答
aldde1489さん
.2009/6/1102:38:40

A:どの生物も生態系に貢献するために生きているわけではありません。
捕食者、被食者または生産者の関係から自然と生物の数は限られてしまうのです(^^)
環境の変化や生物自体に変化がない限りバランスが崩れることはないのです。

さて、蚊の食物連鎖における立場ですが、ほとんどと言って良い程ピラミッドの下の方にいます。
幼虫(ボウフラ)時代には、藻類を含む微生物を食べて育っています。
そしてボウフラは他の水生昆虫や小さな魚などによって捕食されます。

蚊になってからはさらに周りは捕食者ばかりです。蚊のメスは血を吸いますが、人間を捕食しているわけではありません。
多くの昆虫(トンボ,クモ,カマキリなど)や鳥などにも食べられてしまう事があり、ついでに人間にはバチン!!とやられます。
こうして蚊も周りの生物に食べられることで一定の数を保っています。

一定のバランスを保っているとはいえ、蚊もゴキブリと同じように人間と共に数が増えてしまった事は認めざる得ないかもしれませんね。


「‘蚊’ってさ、恐竜の時代から生きていたなんて、知らなかったなあ!」
「だからさ、どなたからの‘コメント’にもあったように、‘先輩’を人間が滅多やたらに‘パシリッ!’なんて、とんでもないってこと!」

「反省してますっ!」
「よろしい、今度から気をつけたまえ!」

(つづく)
[2017/02/24 23:57] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
越冬する‘蚊’!
越冬する‘蚊’!

一昨日(2017年2月20日)の弊ブログで、‘今年初の蚊’が飛んだという趣旨の記事を書かせて貰った。
しかし、その結びは、「蚊は、越冬するのかも???」で終わらせてある!
何故?当のご本人に知識が無いからである!

DSC_1689-2_20170221000810d54.jpg

「‘蚊’って、越冬するの知ってた?」
「えっ、そうなの?」

どこかの‘CM’のようだが、‘卵’で越冬するのが普通であるが、成虫のまま越冬する‘蚊’の種類があるという!
次の文献に詳しい!

http://hiiaj.org/vermins/mosquitoes.html

Screenshot_20170222-084341-2_2017022310085999c.jpg
Screenshot_20170222-084300-2.png
Screenshot_20170222-084300-3.jpg
Screenshot_20170222-084300-4.jpg
Screenshot_20170222-084812-2.jpg
Screenshot_20170222-084839-2.jpg

「やっぱり、越冬する蚊はいるんだっ!」
「その間に、何を食べているのかねえ?」

「ところで、‘蚊’の字は、どうして‘虫’偏に‘文’と書くのか、知ってる?」
「うんにゃ、知らねぇ!」

「蚊の‘羽音は?」
「‘ブ~ン’でしょっ!」

「だから、だから、‘文’」
「えっ、そうなのっ?」

「この弊ブログに、‘私が撮影して掲載した蚊’のオンパレードと行きますか!?」
「勝手にやれば・・・」

20160611023408b0b_20170223101953b32.jpg
201606110234131f1_201702231019485bf.jpg

20160611023409b02_20170223101954a81.jpg
20160611023410f67_2017022310195672e.jpg

DSC_2138-7-2_2017022310235735f.jpg
DSC_2138-7-3_201702231023590b4.jpg

DSC_6731-2_20170223102401b6a.jpg
DSC_6733-2_2017022310235698a.jpg

「ま~だあるの?」
「まだ、まだっ!」

(つづく)
[2017/02/23 10:27] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
今年の異常気象
今年の異常気象

今年(2017年)のこのところの‘異常気象’は、近年にない‘異常気象’である!

急に寒くなったり、急に暑くなったり、その差は、一日で‘10℃’以上にもなったりした!

① 2月の中旬に‘車の冷房’!

今年(2017年)2月16日、関東地方での‘春一番’の前日、我々は、房総半島・千葉県・安房郡・鋸南町の‘頼朝桜(河津桜)’が満開に近いと言う情報を確かめるため(?)に自宅から約85km以上もある鋸南町へおよそ2時間半かけて車で参上仕った次第!
その様子は、後日弊ブログに掲載の予定・・・。

以下の3枚の写真こそ、噂の頼朝桜!

20170206 借景梅満開! 171-2
20170206 借景梅満開! 171-3
20170206 借景梅満開! 171-4

この日の気温は、約17℃!
しかし、車の中は、‘冷房ヴァージョン’にしなければ、あつくて、暑くて・・・・。

DSC_1660-2_20170221000125dea.jpg
DSC_1660-3.jpg

22℃に‘冷房’して・・・。
おっと、待った!外気温は17℃なのに、車内の温度を22℃にして、どうして‘冷房’?
でも、そうなんですよっ!

② 2月に‘春二番’が吹いた!

春一番は、2月17日、そして今日2月20日が関東地方では、‘春二番!’だそうだ・・・。
風の影響を受け易い‘竹’が、ふんぞり返っているし、もっと驚いたことに杉の木までが・・・・!

DSC_1676-2_201702210004001ab.jpg
DSC_1676-3_201702210004027e3.jpg
DSC_1676-4.jpg


③ 2月20日に、今年初の‘蚊’が発生!

本日(2107年2月20日)の19時過ぎに、PCの前に現れて、私の顔の前を‘プ~ン’と飛んだ!
可哀想だが、‘ぱちりっ!’とやってしまった!

20170219 ニコン 037-2
20170219 ニコン 038-2
20170219 ニコン 038-3

同じ‘蚊’だが、つまんでひっくり返すと・・・・

DSC_1689-6_201702210038022e8.jpg
DSC_1689-2_20170221000810d54.jpg
DSC_1689-10_20170221002438e01.jpg

蚊は、越冬するのかも????

(つづく)
[2017/02/20 23:29] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
春の息吹(その5):白子桜<その2>
春の息吹(その5):白子桜<その2>

千葉県・長生郡・白子町の‘白子桜’は、元々‘河津桜’である!
千葉県にも、‘河津桜’は沢山あるらしいが、その名前を自分の行政地の名前を付けたのは、多分‘白子町’だけだろうと思われる!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A
F%E3%83%85%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%83%A9

カワヅザクラ(河津桜) は、日本にあるサクラの一種である。オオシマザクラ (Cerasus speciosa (Koidz.) H.Ohba, 1992 ) とカンヒザクラ (Cerasus campanulata (Maxim.) A.N. Vassiljeva, 1957 )の自然交雑種であると推定されている。
カワヅザクラの学名は 『Cerasus lannesiana Carrière, 1872 ‘Kawazu-zakura’』

由来[編集]
1955年に飯田勝美が静岡県賀茂郡河津町田中で原木を偶然発見したことが由来である[1]。当初、発見者の飯田氏の屋号から「小峰桜」と地元で言われてきたが[1]、その後の学術調査で今までに無かった雑種起源の園芸品種であると判明し、1974年に「カワヅザクラ(河津桜)」と命名され[1]、1975年に河津町の木に指定された[1]。現在も原木はこの地に存在し、2007年現在で樹齢50~60年である。また、1968年頃からこのサクラが増殖されるようになった。


http://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/5899
「しらこ桜」は、伊豆半島の河津町にある原木を白子町に植樹したもの で、一重咲きで紅紫色の早咲きの桜です。
規模:2地区で約400本(桜の種類:カワヅザクラ


まあ、議論は色々あるのだろうが、美しい桜だから、議論はどっちでも構わないのでは?

さて、今日は‘白子桜第二弾’!
今年(2017年)の気候を反映して、何と1,2週間早く咲いたのだそうだ!

以下の写真は、2017年2月14日午後の白子桜の状況である!

DSC_1612-2_20170218003347f1b.jpg
DSC_1614-2_201702180033492f8.jpg
DSC_1615-2.jpg
DSC_1615-3.jpg
DSC_1615-4.jpg
DSC_1616-2_201702180037145b7.jpg
DSC_1617-2_20170218003715d13.jpg
DSC_1617-3.jpg
DSC_1617-4.jpg
DSC_1617-5.jpg
DSC_1617-6.jpg
DSC_1618-2_20170218003956c3b.jpg
DSC_1618-4.jpg
DSC_1619-2_20170218004002aa3.jpg
DSC_1619-3.jpg
DSC_1621-2_20170218004209980.jpg
DSC_1622-2_201702180049280cc.jpg
DSC_1622-3_20170218004929027.jpg
DSC_1622-4_20170218004926a28.jpg
DSC_1623-2_20170218004207b28.jpg
DSC_1623-3_20170218005136dde.jpg
DSC_1623-4.jpg
DSC_1623-5_201702180051401ca.jpg
DSC_1624-2_20170218005142090.jpg
DSC_1625-4.jpg
DSC_1626-2.jpg
DSC_1627-2.jpg
DSC_1627-3.jpg
DSC_1628-2.jpg
DSC_1628-3.jpg

さあ、今日(2017年2月17日)は、この白子町の気温も20℃を越しただろうから、今年の‘白子桜’は、満開になったに違いない!

いつまで持つのだろうか?

(つづく).
[2017/02/17 23:58] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
春の息吹(その4):白子桜<その1>
春の息吹(その4):白子桜<その1>

つい先日、千葉県安房郡鋸南町では‘頼朝桜(河津桜)’が満開という情報がラジオ・TVで流れた!

それなら、同じ‘河津桜’だから、鋸南町ほど暖かくは無いだろうが、我が家の茂原市のお隣の‘千葉県長生郡白子町’の‘白子桜’もそろそろ咲き始めただろう、という訳で買い物帰りに寄ってみることにした!

一昨日(2017年2月14日)のことである・・・。

DSC_1602-2_20170217010247a24.jpg

おうおう、咲いてる!咲いてる!

DSC_1602-3.jpg
DSC_1603-2.jpg
DSC_1603-3.jpg
DSC_1604-2_2017021701024555a.jpg

もうこんなに咲いているとは思わなかった!
昨年から見ると、きっと一週間は早いに違いない・・・。

DSC_1606-2_2017021701071640d.jpg
DSC_1606-3_20170217010718dbe.jpg
DSC_1607-2_2017021701072098f.jpg
DSC_1607-3_201702170107223f7.jpg
DSC_1608-2_201702170107143da.jpg
DSC_1609-2.jpg
DSC_1609-3.jpg
DSC_1609-4.jpg
DSC_1610-2_20170217011010005.jpg
DSC_1611-2_2017021701100282a.jpg

明日(2017年2月17日)は、関東地方は、17℃~18℃にもなるらしいから、週末にはきっと‘八分咲き’位には?

春はいい、花があるから!

(つづく)
[2017/02/16 23:54] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
春の息吹(その3):つくしの坊や!
春の息吹(その3):つくしの坊や!

今年に入ってから、‘株の乱高下’とどうやら同じように‘気温の乱高下’もあると報道されている!
2月も半ばになると、動物も昆虫も植物も‘蠢き’出す!

一昨日(2017年2月13日)の午後、散歩に出かけたのだが、いつもの田圃の散歩道とは違うところに行って見ようと思った!
少々気温も上がっていたし、何と言っても‘風’がそんなに気にならなかったからである・・・。

タイトルにある通り、そして、そして田圃の散歩道とは違う場所で、今年初めて‘つくしの坊や’を見つけたのである!
千葉県・外房の経緯でほぼ中央の北緯に当たる茂原市&そのお隣の‘長生郡・白子町’は、房総半島でも温暖の地域でもある!

これまでの20数年の経験からして、半径2,3kmの範囲内でも、‘つくしの出方’に違いがある!
一番早いところと一番遅いところとの時期的‘差’は、恐らく‘一ヶ月’にも及ぶかもしれない!

そんな訳で、10日も前に茂原市が、沖縄を除く日本で、今期最も高温・21.5℃を示した茂原市近辺の影響とでも言って酔いのだろうか?

今期初めての‘つくしの坊や’である!

DSC_1575-2.jpg

まだまだ、こんなに寒そうな場所である!

DSC_1569-2.jpg
DSC_1571-2.jpg
DSC_1571-3.jpg
DSC_1571-4.jpg
DSC_1574-2.jpg
DSC_1574-3.jpg

もう少し、日当たりの良さそうな場所でも・・・・。

DSC_1580-2.jpg
つくし
DSC_1578-2.jpg
DSC_1578-3.jpg

明後日(2月17日)には、またこの関東地方では、18℃にもなりそうだから、次は‘ぐんぐん育った’つくしが・・・・。

(つづく)
[2017/02/15 11:33] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
バレンタインデーとチョコレート:(その3)その起源と海外での習慣
バレンタインデーとチョコレート:(その3)その起源と海外での習慣

24077-02.jpg
出典/http://tabizine.jp/2014/11/14/24077/

毎年、毎年、この季節になると‘何故、バレンタインデーにチョコレートを?’をネットで調べて、‘あっ、そうか!’と納得するが、もう一週間もしない内に忘れてしまう!

まあ、今回も同じかもしれないが・・・。

201321419261ZUH6T.jpg
出典/http://hakodate.areablog.jp/blog/1000009822/p10824441c.html

http://www.thedadbod.jp/special/valentine-day/#reserve
2017.01.16Tweet
バレンタインデーとチョコレートの関係

2月といえば・・・バレンタインデー!デパートや、色々な所でたくさんのチョコが並び、女性は誰にどんなチョコをあげるか悩んだり、男性はいくつ貰えるか、誰から貰えるかでドキドキする季節ですね!
そこで、日本以外の国ではどういう風にバレンタインデーを過ごしているのか、紹介していきます♪

そもそもバレンタインの由来は?

「バレンタイン」という言葉の起源は、聖徒の名前からきています。

時はローマにさかのぼり、3世紀当時のローマ皇帝「クラウディウス2世」は、士気をさげるとして兵士達の結婚を禁止していたと言われています。バレンタインは若者達を哀れに思い、密かに結婚させていたが、皇帝がそれを知り、バレンタインにローマ国教への改宗を迫りました.しかし、それを拒否したため、バレンタインは投獄され処刑されてしまいました。


そのバレンタインが処刑された日が、2月14日だったのです。

そして時は流れ、同じくローマでは、2月14日に、独身の男女性が名前を紙に書き、それを集めて翌日に独身の男性がくじのように引いて、出てきた名前の女性とつきあうというお祭りが行われていました。風紀の乱れを懸念したキリスト教は、このお祭りを廃止し、様々な聖人を奉る行事と改変したのです。そして、200年前の同じ日に恋人達のために殉教した聖バレンタインを祭る行事となったそうです。

なぜチョコレートを渡すようになったの?

「女性が好きな男性にチョコレートをあげる」というイメージがあるバレンタインデーですが、なぜたくさんある食べ物の中からチョコレートになったのでしょうか?
実は、チョコレート業者が、1958年に都内のデパートで「バレンタインセール」と称し行ったキャンペーンがきっかけだそう。
そして昭和50年代以降は、日本では独自に今のバレンタインデーの形が定着していったそうです。
ちなみに、海外ではバレンタインは『愛の日』として認識されていて、男性から女性に贈り物をするのが主流なんだとか!
日本では3月14日のホワイトデーがそれに近いですね。

海外ではバレンタインデーに何をプレゼントしているの?

アメリカ
バレンタインは何らかの方法で、愛を表現する日とされていて、メッセージカード、花束、アクセサリー、ハート型のバルーン、豪華ディナーとプレゼントも様々です。
中には、プロポーズをする男性や、結婚式をするカップルなどもいるそう。

台湾
2月14日だけでなく、旧暦の7月7日にもバレンタインがあるらしいですよ。
バラの花をあげる男性も少なくないみたいで、1本なら「あなただけを愛している」、11本なら「1番好き」、99本なら「一生好き」、108本なら「結婚して」と本数によって意味がきまっているそう。ロマンチックですね!

フランス
「恋人たちのお祭りの日」で男性から女性にプレゼントするのが一般的。
当日、お花屋さんには「あなたを愛します」という花言葉をもつ真っ赤なバラを買い求める男性が殺到するそう。男性が愛しの人に真っ赤なバラを贈り、2人でラブラブなディナーをするのがよくあるパターンらしいですよ。さすが「アムール(愛)の国」!

イタリア
プレゼントでもっともポピュラーなものが、バラの花。その次に下着。しかも赤色が人気なんだとか。その次くらいにジュエリーやアクセサリー、チョコレートはおまけ的な位置でした。
そのほかに、付き合っている彼女や奥さんなど愛する人のために、素敵なデートプランを練り、オシャレなレストランを予約して、バラの花束を買って、プレゼントを買ってとたくさん用意するそう。この日が、最もレストランの予約が取れにくい日なんだって!

ドイツ
交際しているカップルや夫婦だけのイベントで、主に花束を贈るそう。まだ付き合ってない相手に贈るのはおかしなことらしいので気をつけて!

韓国
日本と同じように、女性が好きな男性にチョコを贈ります。しかし、手作りはせず、市販のもの!バスケットにチョコレートをたくさん詰めて、豪華にラッピングして本命の彼に贈ることが多くなっているらしいです。とにかく派手に祝うみたい!さすが記念日を大切にする韓国らしいです。


201321419284372Nc1.jpg
出典/http://hakodate.areablog.jp/blog/1000009822/p10824441c.html

やはり気になるのは、‘経済効果’である!
ネットで見ると次のようなデータがある・・・。

Screenshot_20170213-133134-2.jpg
Screenshot_20170213-132957-2.jpg
出典/http://wakarukoto.com/?p=7721

少しデータは古いのかもしれないが、それにしても‘500億円以上’とは、驚きである!
国民一人当たりに直すと、一人が‘400円’近くも消費していることになる!

良く考えたもんだ!

(つづく)
[2017/02/13 14:09] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
バレンタインデーとチョコレート:(その2)‘チョコレート’の語源は?
バレンタインデーとチョコレート:(その2)‘チョコレート’の語源は?

osaka_cho.jpg
出典/http://happy-trendy.com/osaka-chocolate-2129

チョコレートの語源は、‘組み合わせ’語等々ではないと言う!

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/
question_detail/q1210123712


kmkr69217さん
2006/11/2921:56:28
Q:.「チョコレート」という名の由来を詳しく教えてください。

共感した 0
閲覧数:1,227回答数:3違反報告

..ベストアンサーに選ばれた回答
miestastaniさん
.2006/11/2923:33:10

A: .「ヨーロッパ人との接触当初、中央アメリカ人たちはココアのことをカカワトルと呼んだ。1579年までに、彼らは同じものをショコラテと呼ぶようになり、これがチョコレートの語源とされるが、何故カカワトルがショコラテになったのかは不明であり、従って語源も不明である。」

これは日本語版Wikipediaの文ですが間違っています。語源は不明ではなく、ナワトル語です。Wikipediaを見るなら、他言語版も見て比較しましょう。一番情報が多く正確なのは英語版です。

Wikipedia英語版(参考URL1)、スペイン語版(参考URL2)には、ちゃんと「チョコレート」の正しい語源が記されています。まだ一行しか説明がありませんが、語源のナワトル語版Wikipediaの「チョコレート」のページもあります(参考URL3)。

両者その他をまとめると、

日本語「チョコレート」は英語 chocolate からですが、英語 chocolate はスペイン語 chocolate(チョコラテ)から(フランス語 chocolat ショコラ もスペイン語から)です。

このスペイン語 chocolate は、中央アメリカのアステカ諸語の一つであるナワトル語(Nahuatl)の xocolatl(ショコラートル)からで、この xocolatlは、ナワトル語の xocolli「苦い」+atl「水」からできた言葉です。

スペイン語には「xo ショ」音がないので「cho チョ」になりました(フランス語で cho が再び「ショ」音になった)。

日本語Wikipediaの「カカワトル」が「ショコラテ」になったというのは誤りで、「カカワトル」はナワトル語 cacahuatl で、これはカカオの木/豆のことです。ナワトル語は今もメキシコを中心に、150万人が使用する言語です。

チョコレート(ココア)は、本来は、砂糖は入れずに、むしろバニラやチリペパーをいれた苦く辛いスパイシードリンクであり、アステカでは豊壌の女神への供え物だったのです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Chocolate
http://es.wikipedia.org/wiki/Chocolate
http://nah.wikipedia.org/wiki/Xocolatl


どうやら、‘チョコレート’の本来の意味は、‘苦い’+‘水’だったようだ!

(つづく)
[2017/02/12 19:43] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
バレンタインデーとチョコレート:(その1)チョコレートとは、何か?
バレンタインデーとチョコレート:(その1)チョコレートとは、何か?

バレンタインデーが、2月14日であることは知っている!
しかし、その由来や、何故チョコレートと結びつくのかの説明を毎年毎年聞かされるが、直ぐに頭からすっ飛んでしまう!
何故かと言うと、我々が一番関心を持つ時代には、こんな横文字の習慣は無かったからなのだろう!

まあ、「我々年寄りにとっては、関わりの無いこと」と初めから決めて掛かっているから、記憶に残らない!

さて、そのことは別途‘研究(?)させて’戴くことにして、先ずは、

「チョコレートとは、何か?」

から始めたい!

Sweets_Candy_Chocolate_459669.jpg
出典/http://www.1zoom.me/ja/wallpaper/459669/z5573.1/

今、特別のものを除けば、‘口に入れるもの’のほとんどは、‘原料&その製造方法’は大体想像出来る!
私が想像出来ないものの代表の一つが、この‘チョコレート’である!

‘チョコレート’という樹がある訳ではない、ぐらいのことは判っているのだが・・・・。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A7%E3
%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

チョコレート(英: chocolate)は、カカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスを主原料とし、これに砂糖、ココアバター、粉乳などを混ぜて練り固めた食品である。略してチョコともいう[3][注 1]。ショコラ(フランス語: chocolat)と呼ばれることもある。

明治時代の独和辞典『袖珍獨和新辭林』によれば、Schokolateに楂古聿(ショコラ、チョコレート、日本語読みでサコイツ、サコイチ)という訳を当てている。

近年の工業生産チョコレートでは、カカオマス、砂糖、ココアバター、粉乳といった主要材料以外に、原料コスト削減や加工性[5]を上げる目的で植物性の油脂などを加えたり、加工コスト削減の目的で乳化剤などを加えたり、風味の向上の目的で香料や甘味料などを加えるなど、様々な添加物が配合されることも多い


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%AB%E3%8
2%AA%E3%83%9E%E3%82%B9

カカオマス(cocoa mass、まれにcacaomas)とは、カカオ豆の胚乳を発酵、乾燥、焙煎、磨砕したもの。外皮と胚芽は工程中で除去される。液体のものをカカオリカー、冷却・固化したものをカカオマスと呼ぶ。主にココアパウダー、チョコレートの原料として利用される。


それでは‘カカオ’とは?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%AB%E3%82%AA
カカオ(学名:Theobroma cacao)は、アオイ科(クロンキスト体系や新エングラー体系ではアオギリ科)の常緑樹である。カカオノキ、ココアノキとも呼ばれる。学名の Theobroma はギリシャ語で「神 (theos)の食べ物 (broma)」を意味する[1]。

800px-Theobroma_cacao_MHNT_BOT_2004_0_204.jpg

概要[編集]
樹高は4.5 - 10メートル程度。本種の生育には、規則的な降雨と排水のよい土壌、湿潤な気候が必要である。標高約300メートル程度の丘陵地に自生する。中央アメリカから南アメリカの熱帯地域を原産とする。 樹齢4年程度で開花し、直径3センチメートル程度の白い(品種によって赤~黄色味を帯びる)幹生花を房状に着ける。結実率は1%未満。花期は原産地では周年、栽培地では気温による。日本では5月以降に開花することが多い。

果実は約6か月で熟し、長さ15 - 30センチメートル、直径8 - 10センチメートルで幹から直接ぶら下がる幹生果で、カカオポッドと呼ばれる。形は卵型が多いが、品種によって長楕円形、偏卵型、三角形などで、外皮の色も赤・黄・緑など多様である。中に20から60個ほどの種子を持ち、これがカカオ豆 (cacao beans)となる。種子は40 - 50%の脂肪分を含む。果肉はパルプと呼ばれる。

収穫期は産地によって異なるが、概ね年2回で乾期と雨期に行われ、収穫された果実は果皮を除いて一週間ほど発酵させ、取り出されたカカオ豆は、ココアやチョコレートの原料とされる


ここで‘カカオの実’の画像を、ど~ぞ!

P1090765.jpg
大きさに「わぁ~~~!!!」と歓声があがります。ついに見たカカオを前に大喜びのショコラティエ達。
出典/http://www.dari-k.com/blog_post/%E8%A8%AA%
E5%95%8F%E8%A8%98part-3/

P1090821.jpg
出典/http://www.dari-k.com/blog_post/%E8%A8%AA%
E5%95%8F%E8%A8%98part-3/

P1090820.jpg
出典/http://www.dari-k.com/blog_post/%E8%A8%AA%
E5%95%8F%E8%A8%98part-3/

P1090807.jpg
出典/http://www.dari-k.com/blog_post/%E8%A8%AA%
E5%95%8F%E8%A8%98part-3/


「どうです?チョコレートの原料の‘カカオ’の様子が少しは、お判りになりました?」
「え~え、私は前から存じておりましたのよっ!ご存知無かったのは、あなただけじゃぁ、ござ~ませんこと!?」

「あへ~っ!、そ~なんすかっ!?」
「そっ!」

(つづく)
[2017/02/11 11:52] | 歴史 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
梅の花の解体!
梅の花の解体!

「‘かいたいしんしょ’というと、最近の若いのは、何、それ?と言うらしい!」
「へ~っ?」

「そして、どんな字を書くか知っているか?と聞くと・・・」
「どんな答え?」

「‘買いたい、新書’って言うらしいから、驚きだねっ!」
「その話って、ほ・ん・と・に?」

梅の花は、この弊ブログでも何度も紹介してきた・・・。

DSC_1420-3_201702101050225cb.jpg
20170206 借景梅満開! 009-3
20170206 借景梅満開! 006-5
DSC_1414-4.jpg
DSC_1414-6_20170210105019bd6.jpg

この梅の花を、自分自身で‘解体’してみたいのだが、少々手間の掛かることだし、これこそインターネットを利用して、等と不届きなことを考えた次第!

自分で‘解体’しなければ、本当の知識にはならないし、本当の‘楽しみ’は解らないのだが・・・・。

あった、あった!

梅の花を解剖
出典/http://www.minabe.net/gaku/hana/kaibou.html

普段じっくり見る機会のない梅の花。ここではじっくり観察しよう!

n01.jpg

これが、南高梅(なんこううめ)の花だよ。うしろから見ると↓こんな感じ 。

n02.jpg

花を分解してみよう。まずは、花びらをむしって・・・花びらは全部で5枚あるよ。

n03.jpg

花びらって、本当に可愛いね!

n04.jpg

これが花びらを取っちゃった後。

n09.jpg

なんだか、とっても神秘的!海の底の生き物みたい。

n05.jpg

さらにおしべを取りました。先っぽの黄色いのが花粉だよ!数えてみると48本あったよ。

n06.jpg

後には、めしべとガクが残りました。

n07.jpg

このめしべが、言わずと知れた「梅の実」になるんだよ!

n08.jpg

この解剖(解体)には時間が掛かったに違いないし、それぞれを写真に撮って、この文章化までには相当の時間と努力が必要だったに相違ない!

しかし、私の場合は、たったの‘15~20分’!
しかし、しかし、自分の実力にはなっていない!
申し訳ないが、‘インターネット’と言うのは、そんなことのようですなぁ~!

DSC_1408-2_20170207151105455.jpg

(つづく)
[2017/02/10 11:37] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
借景の梅(その2)
借景の梅(その2)

今年の梅は、虫もつかず、見事な白梅で~す!

20170206 借景梅満開! 010-2
20170206 借景梅満開! 011-2
20170206 借景梅満開! 012-2
20170206 借景梅満開! 013-2
20170206 借景梅満開! 013-3
20170206 借景梅満開! 014-2
20170206 借景梅満開! 015-2
20170206 借景梅満開! 016-2
20170206 借景梅満開! 016-3
20170206 借景梅満開! 017-2
20170206 借景梅満開! 017-3
20170206 借景梅満開! 017-4
DSC_1342-2.jpg
DSC_1349-2.jpg
DSC_1414-2_20170207151107d9e.jpg
DSC_1414-3.jpg
DSC_1414-4.jpg
DSC_1408-2_20170207151105455.jpg
DSC_1406-1-2_2017020715110338e.jpg

さあ、この白梅が咲いたら、もう春はそこまで!
来年も頼みますよ~っ!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A1
日本における梅の文化[編集]

別名に好文木(こうぶんぼく)、春告草(はるつげぐさ)、木の花(このはな)、初名草(はつなぐさ)、香散見草(かざみぐさ)、風待草(かぜまちぐさ)、匂草(においぐさ)などがある。

古く「花」といえば桜であったものが、奈良時代あたりからウメを指すことの方が多かった。これは中国から梅が輸入されたことに由来する。平安の貴族は初春に人知れず咲く梅の花に魅了された。ところが江戸以降は花見の影響から、花といえば桜となった。例として花を扱う歌は以下である。[18]。そしてウメは古里(ふるさと=奈良平城京)の静かな美しさと文化的郷愁の花となり[19]、和歌や能に取り上げられることになる[20]。

天文14年(1545年)4月17日に当時の天皇が、京都の賀茂神社に梅を奉納したと『御湯殿上日記』にあることにちなみ、「紀州梅の会」が新暦の6月6日を梅の日に定めている[21][22]。 また、古来より梅の名所として「梅は岡本、桜は吉野、みかん紀の国、栗丹波」と唄われた岡本梅林(兵庫県神戸市東灘区岡本)は、起源は明確ではないが山本梅崖の『岡本梅林記』に羽柴秀吉の来訪が記されており、寛政10年(1798年)には摂津名所図会に岡本梅林の図が登場するほどの名所であった[23][24]。

平安時代の碩学菅原道真が梅をこよなく愛したことから、道真およびその神格化である学問の神天神のシンボルとして使用されることが多い。たとえば、江戸時代の禅僧で禅画を多く描いた白隠の代表作の一つ「渡唐天神図」には、「唐衣(からころも)おらで北野の神ぞとは そでに持ちたる梅にても知れ」(意訳:これが天衣無縫の唐衣を着た北野天満宮の神であることを、彼が袖に持っている梅によっても知りなさい)の賛が残されている(古くは『菅神入宋授衣記』にほぼ同様の和歌が記載されている)[25]。

語源[編集]
「ウメ」の語源には諸説ある。ひとつは中国語の「梅」(マイあるいはメイ)[26]の転という説で、伝来当時の日本人は、鼻音の前に軽い鼻音を重ねていた(現在[いつ?]も東北方言などにその名残りがある)ため、meを/mme/(ンメ)のように発音していた。馬を(ンマ)と発音していたのと同じ。これが「ムメ」のように表記され、さらに読まれることで/mume/となり/ume/へと転訛した、というものである。今日[いつ?]でも「ンメ」のように発音する方言もまた残っている。


(つづく)
[2017/02/08 01:27] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
借景の梅(その1)
借景の梅(その1)

借景は、手間も掛からずいい時だけ‘利用’すれば良いから極めて都合が良い!
考えてみれば、‘孫’みたいなものである!

我が家の‘トイメン’の‘Kさんち’にある白梅は、我が家にとっては、極めて嬉しい‘借景’である!
毎年、毎年、季節の変わり目を‘己の姿の変化’で見せてくれる・・・。

それが、遅咲きであろうと、早咲きであろうと、我が家の周りには、大きな白梅はこれしかないから、問題にならない!
この借景の白梅、そのものが、季節の移り変わりを人間様に教えてくれるのである!

さて、前置きは、これくらいにして、いつもお世話になっている白梅が、このところの暖かさで、8分咲きとなった!

DSC_1420-2_201702071439315d7.jpg
DSC_1420-3.jpg
20170206 借景梅満開! 001-2
20170206 借景梅満開! 002-2
20170206 借景梅満開! 003-2
20170206 借景梅満開! 003-3
20170206 借景梅満開! 003-4
20170206 借景梅満開! 004-2
20170206 借景梅満開! 004-3
20170206 借景梅満開! 005-2
20170206 借景梅満開! 006-2
20170206 借景梅満開! 006-3
20170206 借景梅満開! 006-4
20170206 借景梅満開! 006-5
20170206 借景梅満開! 008-2
20170206 借景梅満開! 009-2
20170206 借景梅満開! 009-3

桜には、‘香り’が少ないが、梅には‘香り’がある!
画面からも‘い~い香り’が・・・・。

(つづく)
[2017/02/07 14:58] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
designated by FC2