FC2ブログ
千葉県・茂原市が「水の都」になった?
千葉県・茂原市が「水の都」になった?

今年(2019年)の台風は、15号、19号そして21号の余波は、わが町千葉県・茂原市を襲った!

21号の余波の大雨は、茂原市の中心部を総なめにして、茂原市を全国的に有名にしてしまったのである。

私は、10月26日(土)の朝、東京での打ち合わせのためにどうしても出かけなくてはいけなかったのであるが、外房線は全く動かない!

千葉から東京へは曲がりなりにも混乱しているとはいえ電車は動いている。

一計を案じたのは、千葉までタクシーを使って、ということだった!

朝7時頃には、車で家を出て大網駅へ向かった。そこからタクシーでという作戦だった。
その途中に、すっかり晴れ上がった国道128号線を走っている時に見た風景は、茂原市が「水の都」に変身しているのではないかと思わせる光景だった!

DSC_1162-2.jpg
DSC_1162-3.jpg
DSC_1162-5.jpg
DSC_1162-6.jpg
DSC_1163-2.jpg
DSC_1163-3.jpg

罹災された方々には申し訳ないが、こうやって見てみると茂原市も捨てたものではない、のかもしれない!と思った次第・・。

ところで、東京行の大作戦は、見事に成功して予定よりも30分前にちゃんと打ち合わせ場所に到着した。
勿論、普段の2倍の時間は掛かったのだが・・・。

(つづく)
スポンサーサイト



[2019/11/08 15:24] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
暴風雨に耐えた蜘蛛!
暴風雨に耐えた蜘蛛!

今年(2019年)の台風は、日本列島に甚大な被害を残して行った!

19号の風雨は、千葉県茂原市でも、それはそれは凄かった!

10月12日の夜には、その蜘蛛は見ていたのだが、まあまあ何処かへ避難するだろうと思っていてカメラには収めていなかったのだが・・・。

10月13日の朝、見てみたら頑張っていた事が解った!

①DSCN1218-2
②DSCN1218-3
③DSCN1216-2
④DSCN1215-2
⑤DSCN1215-3

上の写真で見えるように、普通の蜘蛛の巣とは違って、密に張り巡らされているようにも見えるのだが・・・。

但し、風雨に耐えるには、密の方が良いのかどうか?こんな疑問も残るのだが・・・。

この蜘蛛には、そんなことは既に解っていたのだろうか?

(つづく)

[2019/10/20 10:52] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アゲハチョウが何時間も!
アゲハチョウが何時間も!

驚いた!

我が家の玄関の網戸に「アゲハチョウ」が、およそ3時間も居続けたのである!

「熱中症かしら?」
「そうかもねっ!」

蝶が熱中症に罹るかどうかは知らないが、ここのところの暑さは、「半端っじゃね~!」

さて、この「アゲハチョウ」の種類・名前は,何というのだろうか?

DSCN0969-2.jpg
DSCN0970-2.jpg
DSCN0970-3.jpg
DSCN0970-4.jpg

逆光だから、蝶の模様などが見えない!
という訳で、玄関の網戸を開ける訳にはいかないので、今から外へ出て、玄関へ・・・。

そして、そして、そ~と近づいて・・・。

DSCN0972-2_201908121034437f2.jpg
DSCN0972-3.jpg
DSCN0972-4.jpg
DSCN0979-2.jpg
DSCN0979-3.jpg
DSCN0979-4.jpg
DSCN0979-5.jpg
DSCN0988-2.jpg
DSCN0988-3.jpg
DSCN0993-2.jpg
DSCN0993-3.jpg


昆虫の場合、表、裏をどう表現するのか知らない・・。「背中側」「腹側」と言うべきなのかもしれないが、玄関の網戸に止まったのだから、玄関側から見た画像は「背中側」に違いない!

もう一度部屋側に戻って撮影して、PCでコントラストを十分に落として「腹側」を見てみようとしたが、失敗に終わった!

DSCN0997-1-2.jpg
DSCN0997-1-3.jpg
DSCN0997-1-4.jpg
DSCN0997-1-5.jpg

しかし、何となくデザイン的には面白い画像にはなった!

さて、さて、ところで前述の通り、「アゲハチョウ」であることは間違いなさそうでsるが、この蝶の名前が、判明しない!

頼みの綱の「Sさん」大先生のご意見をお伺いしようと思ったが、先ずはネットで・・。

どうやら「クロアゲハチョウ」らしいのだが、果たして???

https://www.insects.jp/kon-tyokuroa.htm
クロアゲハ
チョウ目 アゲハチョウ科 アゲハチョウ亜科
Papilio protenor
大きさ (前翅長)45-70mm
時 期 4-9月
分 布 本州・四国・九州・沖縄
黒っぽい大きなアゲハチョウ。
樹木が茂ったところなど、やや暗い場所をフワフワゆったりと飛ぶ。街なかから山地まで、黒いアゲハの中では一番普通に見られる。山道では湿った地面で吸水するのをよく見かける。


kuroageha1406192449.jpg
kuroageha1406233929.jpg

ご覧の通り、「クロアゲハ」と言っても、「腹側」は黒いのだろうが、「背中側」は、青みがかっている・・・。

(つづく)
[2019/08/12 11:20] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
まるで‘真珠の首飾り’!
まるで‘真珠の首飾り’!

DSC_0026-7.jpg

「これって、何に見えますか?」
「そうさねえ、やはり‘真珠の首飾り’ってこと?」

「実は・・・」

DSC_0026-2_20190704175749694.jpg
DSC_0026-3_20190704175751d81.jpg
DSC_0026-4.jpg
DSC_0026-5.jpg
DSC_0026-6.jpg
DSC_0026-8.jpg
DSC_0026-9.jpg

「梅雨の合間の出来事]でした!

(つづく)
[2019/07/05 07:30] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
蜘蛛の気味悪さ!
蜘蛛の気味悪さ!

蜘蛛は、家の中の至る所にいる!

種類も沢山いるのだろうが、出会った蜘蛛はいずれも気味が悪い!

Screenshot_20190617-190310.png
出典:http://spider-lobo.com/archives/515

昨日(2019年6月17日)の朝、我が家の玄関先に数週間前から巣を張っているのは、「コガネグモ」である・・・。

「コガネグモ」に似た蜘蛛は以下の通り!

kmo.jpg
出典:https://namamono-moratorium.com/kumo-mawakekata-1857

下の画面のほど中央に、その蜘蛛が・・・。

DSCN0383-2.jpg
DSCN0383-3.jpg

望遠に切り替えて撮影してみると・・・

DSCN0403-2_20190617222808e92.jpg
DSCN0403-3_201906172228108fb.jpg
DSCN0403-4.jpg
DSCN0403-5.jpg
DSCN0403-6.jpg
DSCN0403-7.jpg
DSCN0403-8.jpg
DSCN0403-9.jpg
DSCN0403-10.jpg
DSCN0403-11.jpg
DSCN0403-12.jpg

最後に「歳をとって疲れ切った白熊の顔」みたいな画像で・・・

DSCN0403-13.jpg

(つづく)
[2019/06/18 06:28] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ジュンベリーの収穫!(その2)
ジュンベリーの収穫!(その2)

(その2)

ジュンベリーの花や実には、どうやら特別な昆虫が着くのだろうと思われるが・・・。

DSC_0207-2.jpg
DSC_0210-2.jpg
DSC_0210-3.jpg
DSC_0211-2.jpg
DSC_0212-3.jpg
⑩-1DSC_0212-2
DSC_0212-4.jpg
DSC_0212-5.jpg
DSC_0212-6.jpg
DSC_0213-2.jpg
DSC_0213-3.jpg
DSC_0213-4.jpg
DSC_0214-2.jpg
DSCN0073-2_201906041301459d2.jpg
DSCN0073-3.jpg
DSCN0074-2.jpg
DSCN0074-3.jpg
DSCN0076-2.jpg
DSCN0076-3.jpg
DSCN0077-2_201906041303282dd.jpg
DSCN0077-3.jpg
DSCN0101-2.jpg

ジュンベリーの実は、実に美味そうに見えるし、実際に食べてみて本当に美味かった!

しかし、この昆虫の名前が、また解からない!
この昆虫は、ジュンベリーの樹には沢山いた!

(つづく)
[2019/06/06 01:03] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ジュンベリーの収穫!(その1)
ジュンベリーの収穫!(その1)

我が家の庭での、今期(2019年春)の「サクランボ」収穫は見込みがない!

丁度桜の花が咲いて実を結びそうな時期に、多分風の影響なのだろう、花が散ってしまって実を結ぶことが出来なかったのだと思われる。樹全体に影響があったと見えて、サクランボになるyぷな傾向は全く見られない!

その代わりに「ジュンベリー」が、近年稀にみる豊作となった!

画像を見て判るように「商品」としての価値は余りないに違いないが、自分ちで消費するには何ら問題がない!

①DSC_0201-2
②DSC_0201-3
③DSC_0201-4
④DSC_0202-2
⑤DSC_0204-2
⑥DSC_0206-2
⑦DSC_0206-3
⑧DSCN0085-2
⑨DSCN0086-2
⑩-1DSC_0212-2
⑩-2DSCN0080-2
⑪DSCN0096-2
⑫DSCN0096-3
⑬DSCN0096-4

(つづく)
[2019/06/05 10:57] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
トランプ大統領が我が町・茂原市へ!(2019年5月26日)
トランプ大統領が我が町・茂原市へ!(2019年5月26日)

これは、これは、茂原市及び我々茂原市の住民にとっては、史上最大の仰天ニュースであ~る!

何と、何と、トランプ大統領と安倍首相が、今日(2019年5月26日)茂原市の「茂原カントリー倶楽部」で只今(11:06)ゴルフ中だというから、正に寝耳に水の仰天ニュースである!

昨日から今朝になっても、茂原市の上空は「ヘリコプター」が飛び交っているのであ~る!

(以下の画面は、全てTBSのテレビ画面をカメラで撮ったものである)

DSC_0162-2.jpg
DSC_0165-2.jpg
DSCPDC_0002_BURST20190526090802274_COVER-2.jpg
DSCN4548-2.jpg
DSCN4587-2.jpg
DSCN4553-2.jpg
DSCN4584-2.jpg
DSCN4585-2.jpg

「茂原カントリー倶楽部」のオフィシャルホームページは、何故か、今現在「Not FoundThe requested URL /index.html was not found on this server.」となっている!

したがって、「ゴルフ場ランキング倶楽部」のHPで・・・。

https://www.100yardage.com/golfcourse-index/%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9
C%8C%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E5%A0%B4%E4%B8%80%E
8%A6%A7/%E8%8C%82%E5%8E%9F%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%8
8%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%80%B6%E6%A5%BD%E9%83%A8-%E5%8
F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E4%BA%88%E7%B4%84/

茂原カントリー倶楽部
MOBARA COUNTRY CLUB - 一流の設計家が関わったレイアウト

完全プライベートコース、メンバーの満足度が非常に高い、茂原カントリー倶楽部 (千葉県茂原市のゴルフ場)。予約比較、クチコミ評価リンク、ゴルフ場ランキング、ルート検索地図、コースレート・スロープレートの難易度指標、設計者などのコースガイド。茂原市近郊、フラットな地形に展開する18ホール。三菱系のプライベートコースで、完全プライベートコース、競技性を追求したアウトからの1ウェイ18ホールスループレー、最高のメンテナンスの3つがクラブコンセプトとなっている。和泉一介設計、安田幸吉&川村四郎監修、アドバイザーに青木功と、一流の設計家による考え抜かれたレイアウトで、バンカーや池の配置など戦略性が高い。

ゴルフ場設計者
設計者 : 和泉一介 設計。安田幸吉、川村四郎 監修。青木功 アドバイザー

>> 和泉一介 設計ゴルフ場一覧

茂原CC 口コミ評価
茂原CCの主な口コミ評は「なかなかラウンド出来ないプライベートコース。平坦、広めで、2グリーンのオーソドックスなレイアウト。」。口コミ総合評価の平均は ★★★★☆。


今後このゴルフ場の価値は上がるのだろうか?

(つづく)
[2019/05/26 11:38] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近所の火事!<速報>
近所の火事!<速報>

本日(2019年5月19日)の午後、いつもの田んぼ道での散歩の途中に消防車&救急車のけたたましい音を直ぐ近くで聞いた!

<16:51>
DSC_0089-2_20190519232554925.jpg
DSC_0089-3.jpg

<17:01>
DSC_0097-2.jpg
DSC_0097-3.jpg

ツイッター等によれば、以下の通り!

我が家から車で6分、約3.5kmのところである!

Screenshot_20190519-230431 (1)
Screenshot_20190519-231131 (2)
Screenshot_20190519-175253.png
Screenshot_20190519-175306.png
Screenshot_20190519-175320.png

火事の原因等は、まだ公表されていない!

(つづく)
[2019/05/19 23:51] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
水仙の花に産まれたての蜘蛛が・・・
水仙の花に産まれたての蜘蛛が・・・

今朝(2019年3月27日)方、何気なしに「水仙の花」を見ていると、そこに「産まれたて」の子蜘蛛がいるのに気付いた!

①DSCN2531-2
②DSCN2531-3
③DSCN2527-2
④DSCN2527-3
⑤DSCN2530-2
⑥DSCN2584-2
⑦DSCN2587-2
⑧DSCN2591-2
⑨DSCN2591-3
⓾DSCN2591-4
⑫DSCN2591-6
⑬DSCN2599-2
⑭DSCN2601-2
⑮DSCN2589-2

この蜘蛛は一体

① どうやってここへ来たのか?
② どうやって「餌」を確保しようというのか?

こんな疑問が起こったのは「蜘蛛は生きた動物(昆虫が主)が餌」という認識しかないからである・・。

蜘蛛の「食性」について、「Wikipedia」には次のように書かれている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF
%E3%83%A2#%E9%A3%9F%E6%80%A7

蜘蛛の食性

ほぼ全てが肉食性で、自分とほぼ同じ大きさの動物まで捕食する。オオヒメグモなど網を張るクモの一部は、自分の数倍もある大きさの獲物を網に捕らえて食べることもある。捕食対象は昆虫類から他のクモガタ類などの節足動物、軟体動物、小型の脊椎動物まで多岐にわたる。日本国内においても沖縄県石垣島では日本最大のクモであるジョロウグモがツバメを、同じく沖縄県糸満市ではシジュウカラを[4]捕食していたのが観察されている。また、オオツチグモ類はかつて、鳥を捕食するというのでトリトリグモあるいはトリクイグモ(バードイーター)と呼ばれていた。この話そのものは伝説めいているが、実際にカエルやネズミはよく捕食するようである。

捕食行動としては、細い糸で巣や網をつくって捕らえる・徘徊して捕らえるの2つに大別できる。網を張るものを造網性、張らないものを徘徊性という。

原始的な種、例えばハラフシグモ亜目やトタテグモ科は、地中にトンネル状の巣を作り、入り口に捕虫のための仕掛けを糸で作る。網はこれを起源として発達したと考えられる。クモの網は様々な形をしており、数本の糸を引いただけの簡単なものから、極めて複雑なものまである。約半数のクモが、網を張らずに待ち伏せたり、飛びかかったりして餌を捕らえる。いずれの場合にも、餌に食いつくには直接に噛み付く場合と糸を絡めてから噛み付く場合がある。

「生き血を吸う」という風にもいわれるが、実際には消化液を獲物の体内に注入して、液体にして飲み込む(体外消化)ので、食べ終わると獲物は干からびるのではなく、空っぽになっている。小さいものは噛み潰して粉々にしてしまうこともある。

他にアシブトヒメグモが花粉を食べる例やアリグモがアリマキの甘露を食べるなど、非肉食性の習性もいくつか知られている。ハエトリグモ類の仲間であるバギーラ・キプリンギは、アカシアの芽を小動物より多く食べることが知られている[5][6]。


この蜘蛛の名前もましてや種類も知らないが、ひょっとして「水仙の花の花粉」を狙っているのだろうか?

(つづく)
[2019/03/27 22:34] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
この花、何?
この花、何?

2019年3月19~22日に我が家の庭で撮った画像であ~る!

DSCN2262-0.jpg

この画像だけで、何の花かお判り?

もうちょっと引いてみると・・・

DSCN2262-2.jpg
DSCN2262-3.jpg

もうお判りだろうが、そう、「雪柳」!

こんな画像も!

DSCN2265-0.jpg
DSCN2265-1.jpg
DSCN2265-2.jpg
DSCN2265-3.jpg

一寸成長した?

DSCN2306-2.jpg

‘蕾’から・・・・

DSCN2308-2.jpg
DSCN2341-2.jpg
DSCN2342-2.jpg
DSCN2343-2.jpg
DSCN2343-3.jpg
DSCN2346-2.jpg

雪柳(ユキヤナギ)とは?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%82%
AD%E3%83%A4%E3%83%8A%E3%82%AE

ユキヤナギ(雪柳、学名:Spiraea thunbergii)
分類
界 : 植物界 Plantae
門 : 被子植物門 Magnoliophyta
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 : バラ目 Rosales
科 : バラ科 Rosaceae
亜科 : シモツケ亜科 Spiraeoideae
属 : シモツケ属 Spiraea
種 : ユキヤナギ S. thunbergii
学名
Spiraea thunbergii
和名
ユキヤナギ(雪柳)
英名
Thunberg's meadowsweet

ユキヤナギ(雪柳、学名:Spiraea thunbergii)は、バラ科シモツケ属の落葉低木。別名にコゴメバナ、コゴメヤナギなど。

春に小さい白い花を咲かせる。中国原産という説もあるが、日本原産であると考えられている。

特徴
手を掛けなくても成長し、大きくなると1.5mほどの高さになる。地面の際から枝がいく本にも枝垂れて、細く、ぎざぎざのある葉をつける。花は、3月から5月にかけて、5弁で雪白の小さなものを枝全体につける。そのさまから和名がついた。

公園や庭先でよく見かけるが、自生種は石川県で絶滅危惧I類に指定されているなど、地域的には絶滅が危惧されている。


名前の付け方も‘優雅’であ~る!

(つづく)
[2019/03/23 11:16] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
この季節に霧が出た!
この季節に霧が出た!

霧が発生する季節は、滅多に冬にはないと思っていたが、昨日(2019年2月7日)の朝、房総半島・千葉県・茂原市の我が家付近にも霧が発生した!

情報機関が伝えるところによると、どうやら日本国中のあちこちでその現象が見られたらしい!

DSC_3256.jpg
出典:Nスタ(TBS)

我が家から見た茂原市の2019年2月7日の霧の状況!

DSC_3226-2.jpg
DSC_3226-3.jpg
DSC_3228-2.jpg
DSC_3228-3.jpg
DSC_3231-2.jpg
DSC_3232-2.jpg
DSC_3233-2.jpg
DSC_3234-2.jpg
DSC_3235-2.jpg
DSC_3235-3.jpg

「まるで、夏の軽井沢って感じでしょう?」
「まあ、まあ、そんな風に見えないでもないねえ・・・・」

「ところで、‘雲’と‘霧’の違いって、知ってる?」
「‘雲霧仁左衛門’なら知っていますが・・」

「おや?おや!」
「違いは何です?」


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%A7

霧(きり)とは、水蒸気を含んだ大気の温度が何らかの理由で下がり露点温度に達した際に、含まれていた水蒸気が小さな水粒となって空中に浮かんだ状態。

雲との違い
水粒は雨粒に比べて非常に小さいが、通常、根本的な発生原因は大気中の水分が飽和状態に達したものなので、その意味で言えば雲と同じであると考えてよい。

雲との一番大きな違いは水滴の大きさなどではなく、両者の定義の違いである。すなわち、当現象は、大気中に浮かんでいて、地面に接しているものと定義され、地面に接していないものを雲と定義している。例えば、山に雲がかかっているとき、地上にいる人からはそれは雲だが、実際雲がかかっている部分にいる人からは霧なのである。なお、山の地面に接する霧または雲のことをガスと呼ぶことがある。

外部から観察すれば、層雲であることが多く、標高の低い地域ではほとんどが層雲であるが、山や高地では層積雲、乱層雲、高層雲などである場合もある。<中略>
日本式の気象通報においては、霧は、「微小な浮遊水滴により視程が1km未満の状態」と定義している。また、陸上において視程が約100m未満、海上において視程が500m未満のときは「濃霧」ともいう。


「と、言うことらしいよ!」
「よ~く解りやした!」

(つづく)
[2019/02/08 11:26] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
初雪!(その1)
初雪!

今朝(2019年2月1日)起きてみてびっくりした!

昨夜の天気予報を真剣に見ていなかったからである・・・。

初雪である!

雪国の人にとっては「何てぼんやり生きているの?」と言われるかも知れないが、ここ千葉県茂原市では、雪が降るのは年に数回だから、雪が降ると嬉しいのである!

DSCN0061-2.jpg

「おや?何で虹が?」

DSCN0061-3.jpg

この理由は後日・・・。

DSCN0062-2.jpg
DSCN0062-3.jpg
DSCN0063-2.jpg
DSCN0063-3.jpg
DSCN0064-2.jpg
DSCN0065-2.jpg

雪も気温がそんなに低くないために「シャーベット」状態!

DSCN0065-3.jpg
DSCN0066-2.jpg
DSCN0066-3.jpg
DSCN0067-2.jpg
DSCN0069-2.jpg
DSCN0070-2.jpg

かなり汚れているところも、真っ白な雪で覆い隠されて・・・。

DSCN0073-2.jpg
DSCN0077-2.jpg
DSCN0078-2.jpg

(つづく)
[2019/02/01 23:31] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今季初の薄氷とそれに3度目の霜
今季初の薄氷とそれに3度目の霜

2018年12月16日<日>の朝である・・・。

今季初めて朝の気温が氷点下になった!

そして初めて我が家傍の小川に「薄氷」が・・・。
そして、そして空地の草むらには強烈な霜が・・・。

Screenshot_20181216-073127.png
DSCN2672-2.jpg
DSCN2673-2.jpg
DSCN2673-3.jpg

霜が凄かった!

DSCN2727-2.jpg
DSCN2727-3.jpg
DSCN2727-4.jpg
DSCN2727-5.jpg
DSCN2727-7.jpg
DSCN2727-8.jpg

(つづく)
[2018/12/16 22:46] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
初冬の朝霜の一枚の写真から・・・
初冬の朝霜の一枚の写真から・・・

今朝(2018年12月15日)は今季2度目の霜が観察された!

場所は、千葉県茂原市千沢地区である。

眼には氷の結晶は感じられないが、PCで拡大してみると・・・・

DSCN2618-2.jpg
DSCN2618-3.jpg
DSCN2618-4.jpg
DSCN2618-5.jpg
DSCN2618-6.jpg
DSCN2618-7.jpg


明らかに「氷の結晶」である!

(つづく)
[2018/12/15 21:23] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
季節外れの植物!:アカツメクサ( red clover )
季節外れの植物!:アカツメクサ( red clover )

今年(2018年)は、正に「異常気象」の年である!

この弊ブログでも紹介したが、全国的には「ソメイヨシノ」が、台風24号による「葉っぱ落とし」の影響で、秋に開花する例があったし、我が家の庭に11月に「雪柳」が咲いたりした!

この所目につくのは、散歩の途中に、自棄に元気よく「アカツメクサ(赤詰草)」が咲いていて、葉っぱが瑞々しいのである!

<2018年11月20日午後>

場所:千葉県茂原市の「赤目川土手」

① 季節外れ(通常は5月~8月)の「アカツメクサ」が勢いよく咲いている!
② このクローバーの緑も鮮やかである!
③ 秋の象徴の「ススキ」などとと同居している!

DSC_1361-2_20181122112820f12.jpg
DSC_1361-3_2018112211282333f.jpg
DSC_1358 (1)-2
DSC_1359-2_201811221128185e6.jpg
DSC_1360-2_2018112211281906b.jpg
DSC_1362-2_201811221128243ed.jpg
DSC_1362-3.jpg
DSC_1363-2_20181122112827b6c.jpg
DSC_1363-3_20181122112829f7b.jpg
DSC_1367-2_20181122112830204.jpg
DSC_1370-2_20181122112831c03.jpg

<豆知識>

(1) クローバーの中に「シロツメクサ」と「アカツメクサ」がある.。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%B
8%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%A6%E5%B1%9E

シャジクソウ属(車軸草属、トリフォリウム属、Trifolium)はマメ亜科の属の一つ。英語ではクローバー(Clover)と総称される[1]。約260種が全世界に分布する。シャジクソウ属の多様性は北半球において最も高いが、南アメリカやアフリカにも多くの種が分布している。<中略>
和名の「ツメクサ」の由来は、江戸時代にオランダから輸入されたガラス器の梱包の際に本草が詰め物として使われていたことから「詰草」と呼ばれるようになった。<中略>
日本に分布する在来種はシャジクソウのみであるが、シロツメクサをはじめとする多くの種が牧草、園芸、緑肥などの目的で導入され、帰化植物となった種類も多い。
約260種が属し、次の亜属・節に分類されている[2][3]。



(2) 「シロツメクサ」と「アカツメクサ」の違い

https://frytiger.com/archives/7429.html
アカツメクサでは冠が作れない
よく似た種類でアカツメクサがありますが、アカツメクサでは冠がきれいにできません。
何故なら、花のすぐ下に葉っぱがくっついているので、邪魔になるのです。

作れないわけではありませんが、美しくないのです。
下の模式図を見れば、その違いは一目瞭然でしょう。

20160528a.jpg

白いアカツメクサがある。
赤いシロツメクサもある。


私が撮影した「アカツメクサ」には、花の下に直ぐ「葉っぱ」がある!

DSCN2131-2.jpg
DSCN2133-2.jpg

(つづく)
[2018/11/24 11:14] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
狂い咲き!:雪柳
狂い咲き!:雪柳

一昨日(2018年11月21日)になってやっと気づいたが、「狂い咲き」が桜だけではなく「雪柳」にも・・・。勿論、ほんの「チラホラ」ではあるが・・・。

DSC_1384 (1)-2
DSC_1384 (1)-3
DSC_1384 (1)-4
DSC_1379-2_20181122082627ac6.jpg
DSC_1379-3_201811220826287c4.jpg
DSC_1379-4_20181122082629387.jpg
DSC_1380-2_20181122082631cfc.jpg
DSC_1380-3_20181122082632d88.jpg
DSC_1382-2_20181122082634395.jpg
DSC_1382-3_2018112208263552c.jpg
DSC_1383-2_20181122082637cf2.jpg
DSC_1383-3.jpg

その他にも、いろいろ「狂い咲き」や、「季節外れの新芽」などなど・・・。

やはり今年・2018年は異常気象である・・。原因は?

それにしても、植物がこんなに気象異常に敏感とは・・・。

(つづく)
[2018/11/23 08:52] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
異様な風景?(その3)
異様な風景?(その3)

「まだあるって?」
「そ、そう嫌がらずに・・・」

先ずは、「まともな画像」から・・・

DSC_1248-2_20181118122740d3d.jpg

これを逆さまにすると・・・

DSC_1248-3.jpg

異様な風景に早変わり・・・

DSC_1248-4.jpg
DSC_1248-5.jpg
DSC_1248-6.jpg

次に一寸工夫(?)をして、90°回転してみると、頭が可笑しくなるような・・・

DSC_1248-7.jpg
DSC_1248-8.jpg

「まだあるの?」
「あるけど、美しいまともな‘丑ケ池’の晩秋の風景を・・」

(つづく)
[2018/11/20 08:43] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
異様な風景?(その2)
異様な風景?(その2)

逆さまの画像に騙されないように、というより、騙されてみると案外嬉しい発見があるかも??

「或る池」というのは、「丑ケ池」のことである!

DSC_1268-2.jpg
DSC_1269-2_20181118120906c68.jpg
DSC_1270-2_20181118120908bba.jpg
DSC_1270-3.jpg
DSC_1270-4.jpg

DSC_1223-2.jpg

この上の画像が「まともな」フツーの画像!

これを逆さにすると・・・

DSC_1223-3.jpg

こうなって、少々見にくいので、下方部分をカットすれば、「騙し絵」になってしまうという訳!

DSC_1223-4.jpg
DSC_1223-5.jpg
DSC_1223-6.jpg
DSC_1223-7.jpg

「どうですか?素晴らしいでしょ!」
「何だか、脳の方が可笑しくなって来て・・・」

「常識が潜在意識で出来ていることが解りますか?」
「余り解らないっ?!」

「まだまだあるんですよっ!」
「もういいよっ!」

(つづく)
[2018/11/19 07:01] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
異様な風景?(その1)
異様な風景?(その1)

秋の風景は、やはり美しい!

先日も暇に任せて、自宅から約16~17km程の郷里にある「或る池」へ行った・・・。

そこで見た風景とは?

DSC_1263-3-2.jpg

この空に浮かんでいる「異様な物質」は,一体何?

拡大して見ると・・・

DSC_1263-4_20181118105625044.jpg
DSC_1263-5.jpg

「ナニコレ?」
「ここまで拡大すると解るでしょ!」

「解らないっ!」
「えっ?」

実は、この池の水面が無風状態と重なって「鏡」状態になっていて、以上の画像は「虚像」なのであ~る・・・。
実像部分共々の「フツーの画像は、以下の通り!

DSC_1263-2_20181118104426d18.jpg

上の画像を部分拡大した画像がこの下の画像!

DSC_1263-3-1.jpg

この上の画像を「逆さま」にしたのが下の画像って訳!

DSC_1263-3_20181118104427735.jpg

この画像の下の部分をカットしたのが、最初の画像!

DSC_1263-3-2.jpg

「こんなに澄み切っている池の水面も凄~い、ねえ!」
「そ、ま~だ沢山あるよ、この池・・」

「見せて、見せて!」
「つづく・・・」

(つづく)
[2018/11/18 11:20] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
生木(いきき)地蔵尊?
生木(いきき)地蔵尊という地蔵尊がある。

生きた木に地蔵尊を「彫り込む」という手法である。

先日(2018年11月01日)の午後、いつもの散歩道から少々外れてみるといつもとは違った「新しい発見」があった!

ここで出会ったのは、いわゆる「生き木地蔵尊」ではなかったのであるが、中々の 「珍物」 である!

何となく「地蔵」ではなくて「キリストを抱いたマリア様」かも?とさえ思われる「珍品」である!

DSC_0524-2.jpg
DSC_0522-2.jpg
DSC_0522-3.jpg
DSC_0522-4.jpg

「え?、えっ?本当にマリア様とキリストかも?」
「ね、ネッ!そうでしょう!」

「こりゃあ、国宝クラスかも?」
「え?またそんな大袈裟なっ・・・」

「いわゆる‘生き木地蔵尊’ってサ、どんなものなの?」
「以下の通り!」

生木地蔵尊
出展:https://blogs.yahoo.co.jp/takamaturocky/GALLERY/show_image.html?id=36702169&no=4

img_0_201811021152266ac.jpg
img_1_2018110211522726c.jpg
img_2_201811021152288ab.jpg
img_5_2018110211523042d.jpg
img_6.jpg

「な~るほど、こちらの‘生き木地蔵尊’、こりゃあ素晴らしい!」
「・・・でしょ!」

「あんたが撮影した‘生木マリア様&キリスト像’も凄いねえ!」
「数十m離れたところに‘猫’が居て・・・」

「それがどうかしたの?」
「え、この生木‘マリア様&キリスト像’を守っているみたい?」

「へっ~!」
「・・・・」

DSC_0525-2.jpg
DSC_0526-2_20181102120317657.jpg
DSC_0526-3.jpg
DSC_0527-2.jpg
DSC_0527-3.jpg

「ず~と、あんた達を見てるねえ!」
「そうでしょ!」

「やはり‘墓守’かもねっ?」
「そうかもねっ?」

(つづく)
[2018/11/04 10:18] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
凄い夕焼けに遭遇!(その2)
凄い夕焼けに遭遇!(その2)

一昨日(2018年10月29日)の夕刻、我が家近くの千葉県長生郡白子町の田んぼ散歩道で遭遇した珍しいだけでなく

「恐ろしいほどのど迫力夕焼け!」

DSC_0381-2.jpg
DSC_0384-2.jpg
DSC_0386-2.jpg
DSC_0387-2.jpg
DSC_0389-2.jpg
DSC_0405-2.jpg
DSC_0412-2.jpg
DSC_0420-2.jpg
DSC_0422-2.jpg
DSC_0424-2.jpg
DSC_0427-2.jpg
DSC_0433-2_201810301104147be.jpg
DSC_0434-2.jpg

前述の通り、今にも‘炎’が降って来そうな 「ど迫力」 の夕焼け!

只々、唖然としてシャッターボタンを押すだけ・・・。 とうとう 「100枚超え」 の画像が・・・。

(つづく)
[2018/10/31 08:07] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
凄い夕焼けに遭遇!(その1)
昨日(2018年10月29日)の夕方、「凄い夕焼けに遭遇」しました!

こんな夕焼けは、「素晴らしい!」を通り越して「恐ろしいほどの凄さ!」だった・・。
今日は、その前哨戦を・・・。

場所は、房総半島、千葉県長生郡白子町の田んぼの散歩道・・・。

DSC_0328-2_20181030101921dca.jpg

この雲は、どうやら 「ひつじ雲」 というらしい!

詳細は、
logo_kumo.gif
出展:http://www.nahaken-okn.ed.jp/naha-c/kumo/kumo.htm をご覧あれ!

DSC_0329-2.jpg

つい最近竣工なった 「南日向橋」 へ

DSC_0336-2.jpg
DSC_0336-3.jpg
DSC_0337-2_201810301019263a1.jpg
DSC_0338-2_20181030101928d95.jpg
DSC_0339-2_2018103010193043f.jpg

川面に映る雲

DSC_0344-2_2018103010193134f.jpg
DSC_0373-2.jpg

さて、さて、これから始まる 「恐ろしいほどの凄さ!」 の夕焼け!

(つづく)
[2018/10/30 10:52] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
プラムの花の狂い咲き!(第2弾)
先日(2018年10月20日)のこの弊具ログで 「プラムの花の狂い咲き!」を紹介させて貰ったが、曇り空の中での望遠撮影だったために画像が余り鮮明ではなかった!

10月21日は快晴だったために「プラムの花の狂い咲き!」の第2弾を撮ってみた!

DSCN0857-2.jpg
DSCN0857-3.jpg
DSCN0858-2.jpg
DSCN0859-2.jpg
DSCN0859-3.jpg
DSCN0859-4.jpg
DSCN0859-5.jpg
DSCN0862-2.jpg
DSCN0862-3.jpg
DSCN0862-4.jpg
DSCN0862-5.jpg
DSCN0864-2.jpg
DSCN0866-2.jpg
DSCN0866-3.jpg
DSCN0867-2.jpg
DSCN0867-3.jpg
DSCN0868-2.jpg
DSCN0867-3.jpg
DSCN0868-2.jpg
DSCN0869-2.jpg
DSCN0870-2.jpg
DSCN0872-2.jpg
DSCN0873-2.jpg
DSCN0873-3.jpg
DSCN0877-2.jpg
DSCN0878-2.jpg
DSCN0878-3.jpg
DSCN0880-2.jpg

画像の通り、「ちらほら」であるが、いわゆる「狂い咲き」なのだろう!
原因は「ソメイヨシノの場合」と同じなのだろうか?

DSC_9724-2.jpg
出展:TV・日テレ

確かに「葉っぱ」はほとんど落ちている!

心配事はただ一つ!来年の春に「プラム」はこの樹から収穫出来るだろうか?

2018年06月10日の弊ブログ(http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-2105.html)の写真抜粋!

DSC_7928-2_20181025102308e89.jpg
DSC_7927-3_201810251021209da.jpg
DSC_7950-2_201810251021210fd.jpg

(つづく)
[2018/10/26 10:39] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
プラムの花の狂い咲き!
今年(2018年)の異常気象、特に台風24号による「ソメイヨシノ」の勘違い・狂い咲きが話題となっていることは、前回の弊ブログで紹介させて貰った!

「おやおや、お隣のプラムの樹の花」が狂い咲き?

<2018年10月20日撮影>
DSCN0800-2.jpg
DSCN0800-3.jpg
DSCN0800-4.jpg
DSCN0824-2.jpg

DSCN0817-2.jpg
DSCN0817-3.jpg
DSCN0821-2.jpg
DSCN0821-3.jpg
DSCN0822-2.jpg
DSCN0826-2.jpg
DSCN0826-3_20181020121857cdb.jpg

このように「ソメイヨシノ」以外にも狂い咲きはあるのだろうか?

(つづく)
[2018/10/21 16:02] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
飛び跳ねる魚!
飛び跳ねる魚って「ボラ」かも知れない!

「当たっていなけりゃあ、大ボラ?」
「そ、そ~ね!」

房総半島・千葉県・茂原市の川、我が家のすぐ傍の「赤目川」は、毎年この秋口になると「魚が飛び跳ねる!」光景が見られる!

DSC_9601-2.jpg
DSC_9603-2.jpg
DSC_9603-3.jpg
DSC_9603-4.jpg
DSC_9610-2.jpg
DSC_9625-2.jpg
DSC_9625-3.jpg
DSC_9625-4.jpg
DSC_9625-5.jpg
DSC_9629-2.jpg
DSC_9631-3.jpg
DSC_9634-2.jpg
DSC_9634-3.jpg
DSC_9634-4.jpg

「うん、うん、こりゃあ、やっぱり‘ボラ’だぜっ!」
「ほんまっ?」

http://www.forest1000.fujikura.jp/kids/kid04/2037964_9493.html
Q:魚(さかな)がジャンプするのは なぜ?

:水(みず)からジャンプをする魚(さかな)としては、ボラやコアジなどがよく知(し)られているんだよ。魚(さかな)が、ジャンプをするのには、いくつかの理由(りゆう)があるようなんだ。その理由(りゆう)のひとつは、魚(さかな)の習性(しゅうせい)によるものだ。これは、魚(さかな)たちの「くせ」といえるものだね。ふたつめの理由(りゆう)は、水(みず)の下(した)からおそってくる敵(てき)からにげるときだ。みっつめの理由(りゆう)は、わるい寄生虫(きせいちゅう)をからだから落(お)とすためジャンプする。よっつめの理由(りゆう)は、水面(すめいん)から飛(とび)たとうとする 蚊(カ)などの小さな虫(むし)などをたべるとき などがあるんだよ。

川(かわ)が海(うみ)に流(なが)れこむあたりにすむボラは、よくジャンプをする魚(さかな)として 有名(ゆうめい)なんだよ。ボラは、体(からだ)の長(なが)さの 2ばいから3ばい ジャンプをするから、よく目立(めだ)つんだね。なぜ、ジャンプをするのかは、わかっていないんだけど、「ボラが遊(あそ)んでいるんだ」という人もいるんだ。


土手は夕日がさして、ススキが勢いを増してきた!

DSC_9616-2.jpg
DSC_9617-2.jpg
DSC_9617-3.jpg
DSC_9617-4.jpg

房総半島の秋は、こうやって暮れて行くのであ~る!

(つづく)
[2018/10/16 11:17] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
カラタネオガタマの花が10月に咲いた!(その2)
「カラタネオガタマの花」が10月に咲いた!

例年は、4~5月に咲くのに・・・。
場所は、房総半島・千葉県茂原市である・・・。

2018年10月4日は、ただ一輪だけ!

DSCN0464-2.jpg
DSCN0464-3.jpg

しかし、予備軍の蕾は沢山!

DSCN0470-2.jpg
DSCN0470-3.jpg
DSCN0471-2.jpg
DSCN0471-3.jpg
DSCN0473-2.jpg
DSCN0473-3.jpg
DSCN0473-4.jpg
DSCN0481-2.jpg

実もつけている!

DSCN0475-2.jpg
DSCN0475-3.jpg

今年2018年の異常気象には、植物も戸惑っているのだろうか?
例年は、4~5月に咲く花なのに・・・。

果たして来年の春にこの花は咲くのだろうか?

(つづく)
[2018/10/08 08:06] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
カラタネオガタマの花が10月に咲いた!(その1)
今年2018年は、異常気象の年である!

10月になって、通常は春の4~5月に咲くはずの「カラタネオガタマの花」が咲いた!

<2018年10月4日・朝>

この日はまだ「一輪だけ」なのだが・・・。

DSCN0477-2.jpg
DSCN0478-2.jpg
DSCN0478-3.jpg
DSCN0479-2.jpg
DSCN0479-3.jpg

ちょっと角度を変えてみて撮影!

DSCN0463-2.jpg
DSCN0463-3.jpg
DSCN0464-2.jpg
DSCN0464-3.jpg
DSCN0465-2.jpg
DSCN0465-3.jpg

(つづく)
[2018/10/07 07:37] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自動販売機の憂鬱!(その2)
「自動販売機の憂鬱」 というタイトルで、2018年9月2日にこの弊ブログに掲載させて戴いた!

あれから、今日で10日間が経過したが、「‘売切’ランプの表示」は、増々多くなっている!

私が「売切」表示に気づいたのは、今年(2018年)の8月30日である!

以下の写真でお判りの通り、購入ボタンは「24個」である!〈 )の(O/24)の「O」の数字が、「売切」の数字である。


<2018年8月30日>/24)
DSC_9106 (1)-2

<2018年8月31日>12/24)
DSC_9109-2_201809121019500f0.jpg

<2018年9月2日>16/24)
DSC_9138-2.jpg

<2018年9月7日>18/24)
DSC_9173-2.jpg

<2018年9月9日>21/24)
DSC_9187-2.jpg

<2018年9月11日>21/24)
DSC_9196-2_20180912101956ab0.jpg

9月9日から、(21/24)の状態が続いている!

一般的な常識では、「自動販売機」の補充については、「I oT」という今はやりの技術の浸透で、こんなに時間が掛かるものではないことは確かである!

vending-machine-management-system.jpg
出典:http://nttd-mse.com/bizprism/vending-machine-management-introduction.html

この自販機の持ち主は誰なのかは、知る由もないが、この「自販機の事業」を何れ止めようとしているのだろうか?
辺鄙な我々の団地においては、「唯一無二」の「夜中の灯りと目印」であると同時に「緊急時のオアシス」であるために続けて欲しいと思うのは私だけでもあるまいと思う今日この頃である!

(つづく)
[2018/09/12 11:13] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
またまた「数字の話」!
「ま~だ、面白くも無い‘数字’にこだわっているの?」
「‘面白くも無い’とは、‘貴様’のセンスが無いからじゃ!」

「‘貴様’?!」
「CMじゃあねえっ!」

「それでサ、どんなの?」
「こんなの!」

Screenshot_20180809-224056-2.png
Screenshot_20180809-234013 (1)-2
Screenshot_20180813-160511 (1)-2
Screenshot_20180814-230835-2.png
Screenshot_20180816-234258-2.png
Screenshot_20180817-211230-2.png
Screenshot_20180818-093305-2.png
Screenshot_20180818-105241-2.png

「どれもいいんじゃない?」
「そ~でしょう!」

「今度のはいつもと違って‘工夫’がされているじゃん!」
「そうでしょう!‘貴様’もやってみる?」

「やらないっ!」
「・・・・・・・」

(つづく)
[2018/08/22 23:51] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
designated by FC2