2017年9月7日9:40
2017年9月7日、私は所用があって福岡市へ行くことになった。
千葉県茂原市の自宅を朝7:30に出て東京に着いたのが、9:17。それから浜松町へ出て羽田空港行きのモノレールに乗り込んだ!

浜松町では満員だったモノレールも羽田空港国際線ビル駅を過ぎた時には、乗客もまばらになった!
ふと前方の座席の下に目をやった瞬間、凍りついた!

①dsc_2324-2

① 「爆発物かも知れないっ!」
② 「ひょっとしたら北朝鮮の工作員が置いたのかもっ!?」

北朝鮮のICBM等々で世界中が大騒ぎをしている最中でもある!
そんな気になって周りを見渡しても、皆さんといっても横の席の方達、2~3人だが、気が付いてもおられる様子だったが、案外冷静だった!

②DSC_2323-2
③DSC_2323-3
④DSC_2323-4
⑥DSC_2323-5

後でパソコン処理してみても、紙袋の文字は判読出来ない!

terrorism_03.gif
出典:https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/kanren/terrorism.html

公共の乗り物には、こんな注意書きがあるのは承知済みなのだが、10時までにはカウンターで航空券購入処理をしなければならない!

時刻を見ると、‘9:40’である。

乗務員も廻っては来ないし、駅係員に知らせる、と言ったって余裕は10分間位しかない!
「時間がありませんから・・」と言ってみても、案外疑われるかも知れないと思ったので、そのままにしてモノレールを降りた!

その後、‘事件’にはなっていなかったようだから、胸をなでおろした!

モノレール会社にお願いしたいのは、こんな場面に乗客が会わないように、頻繁に社内巡回を徹底してやって欲しいと言う事だ!
これは、新幹線でも長距離電車にでも言えることである!

あの紙袋はあの後どうなったのだろうか?

単なる忘れ物だったのだろうが、それにしても人騒がせな‘事件’だった!

(つづく)
スポンサーサイト
[2017/09/17 16:42] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
槍ヶ岳を‘ドローン’で撮る!(その1)
槍ヶ岳

yariho7.jpg
出典:http://www.kamoshikanagai.jp/yari-hotaka.htm

日本で有名な名山の筆頭は、当然富士山であるが、「次は?」と言われるとそれぞれの人が自分自身の経験から勝手なことを言い出す!つまり、人によって評価が違うということになる。

一般に有名な日本百名山は、‘深田久弥の日本百名山’と言われる・・。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%A
C%E7%99%BE%E5%90%8D%E5%B1%B1
深田久弥の日本百名山の選定基準
[編集]

日本の多くの山を踏破した本人の経験から、「品格・歴史・個性」を兼ね備え、かつ原則として標高1,500 m以上の山[3]という基準を設け、『日本百名山』を選定した。1961年(昭和36年)に上高地で開山祭である「ウェストン祭」の講演で日本百名山の選定基準を披露している[4]。

山の品格 - 人には人格があるように、山には『山格』のようなものがあるとし、誰が見ても立派な山だと感嘆する山であることを、第一の基準とした[5]。

山の歴史 - 昔から人間との関わりが深く、崇拝され山頂に祠が祀られている山であるというような山の歴史を尊重し、第二の基準とした[5]。

個性のある山 - 芸術作品と同様に、山容・現象・伝統など他には無いような顕著な個性をもっていることを、第三の基準とした[5]。

また「本人が登頂した山であること」が、絶対条件となっている。少年の頃から約50年の間に相当数の山に登っていて、多くの山を知っている点に自信を持っていた[5]。


私に「富士山の次は?」と問われると‘槍ヶ岳’と答えることにしている!

実は、深田久弥も次のように述べていると言う。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A7%8D%E3%83%B6%E5%B2%B3
槍ヶ岳・概要[編集]

名前の如く天に槍を衝く形が特徴的な高山であり、その形から「日本のマッターホルン」とも言われる。登山者でにぎわい、穂高岳などと共に多くの登山者の憧れの的となっている。深田久弥は、『日本百名山』の中で

富士山と槍ヶ岳は、日本の山を代表する2つのタイプである。(中略)一生に一度は富士山に登りたいというのが庶民の願いであるように、いやしくも登山に興味を持ち始めた人で、まず槍ヶ岳の頂上に立ってみたいと願わない者はないだろう。

すなわち、登山をしない者にとって日本を代表する山は富士山だが、登山を愛好する者にとってのそれは槍ヶ岳である、と述べている。


さて、前置きが長くなったが、2017年8月26日の午前中のNHK・TVで、この、その‘槍ヶ岳’を‘ドローン’で撮ろうという番組を見た!

‘ドローン’の技術開発は、周辺技術の応用で、あっと言う間に高度化された!
このドローンで撮られた映像がまた実に素晴らしい!

(以下の画像は、NHK・TVの番組をカメラで撮影したものである)

こんな槍ヶ岳の映像を今まで見たことがなかった!

DSC_2214-4_20170906211719fb2.jpg
DSC_2208-3.jpg
DSC_2193-2_2017090621172219a.jpg

次回もっと沢山の映像を!

(つづく)
[2017/09/06 21:29] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
懐かしい朝日!
人間は勝手な生き物である!

暑さが続けば、早く涼しくならないかと願う!
その逆もしかりである・・。

2017年、ここのところの関東地方は、8月の終わりから9月の今日(3日)まで、‘寒さ’が続いている!
我が家のある茂原市では、何せ、最高気温が、25℃にも達さず、最低気温は、20℃を切っているという‘寒さ’なのである!

9月4日の今朝は、何と何日振りかで朝日が射したのである!

久し振りに玄関のドアを開けて朝日を入れた!

①DSC_2303-2
②DSC_2299-2
③DSC_2298-2

玄関が眩しい!冷え切ったいた廊下に温もりが戻った!

一方、ベランダも朝日に輝いて見えた!
どうやら、温かい朝日を待ち兼ねていたのは、人間様だけではなかったようだ・・。

④DSC_2300-2
⑤DSC_2301-2
⑥DSC_2302-2

‘成長光線(育成光線)’というのは、太陽光線の中で、およそ‘4μm~14μm’の波長の光線で、いわゆる‘遠赤外線’と言われる範囲内の電磁波である。

この光線を享受出来る生物・植物だけが、地球上で‘大繁栄’して生きて行けると言っても過言ではない!
勿論、例外は沢山ある!例えば、深海に住んでいるエビや魚達である。しかし、これらは例外であって地球を制覇するとは考えにくい!

さて、その‘成長光線(育成光線)’とは?
これは次回に・・・。

(つづく)
[2017/09/03 21:33] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
サンパチェンス!
2017年8月27日、この日も関東地方は猛暑だった!
千葉県茂原市の我が家付近も朝から暑い暑い・・・。

今年の異常気象は、いつもの異常気象とは違う異常気象である。
日本国中が悩まされたのはご存知の通り・・・。

梅雨時期には雨は降らずで、水源地は危機状態だったが、梅雨明けと共に土砂降りが各地を襲った!
しかし、何故かしら我が家の方には被害がない!

ただし、住宅の周りの草は、どんどん伸びるばかり・・・。

この日8月27日も暑かったのだが、草刈りをしなければ、またまた草が背丈よりも伸びてしまう!
こうなったら、個人用の草刈り機では全く歯が立たなくなってしまう・・・。

じゃあ、じゃあ、草刈りでも、そう思いながら、夕刻になって玄関を出てみると、何と何と玄関先の‘サンパチェンス’がぐったりとうなだれてしまっている!

①DSC_2230-2
②DSC_2230-3
③DSC_2231-2
④DSC_2231-3
⑤DSC_2232 (1)-2
⑥DSC_2232 (1)-3

と言う訳で、早速水をたっぷりと・・・。

⑦DSC_2236-2

この時、15:56!

さてどのくらい経ったら‘回復’するのだろうか?

ひとまず、団地の入り口の草苅を始めた…。

一時間程度でサンパチェンスはどのくらい持ち直してくれるだろうか?と思いながら・・・。

サンパチェンス
https://minhana.net/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E
3%83%91%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B9

花言葉|優しい気持ち 

誕生花|―

花の特徴 花径は5~6センチで、花の色は白、赤、橙色、赤紫色などである。

葉の特徴 葉は卵形で、車軸状につく(輪生)。

実の特徴 ―

この花について

その他 インパチェンスやニューギニアインパチェンスなど、インパチェンスの仲間の交配種である。
直射日光にも耐えられるように改良された品種群である。
二酸化炭素、二酸化窒素、ホルムアルデヒドなどの吸収能力が高く、環境浄化植物として注目されている。

開花時期 6~10月

花の色   白、橙、赤、紫

名前の読み さんぱちぇんす

分布 園芸品種
インパチェンスやニューギニアインパチェンスなど、インパチェンスの仲間の交配種

生育地 庭植え

植物のタイプ 多年草

大きさ・高さ 40~80センチ

学名 Impatiens hybrida Sun Patience

分類 ツリフネソウ科 ツリフネソウ属



さて、草刈りもこの歳になると、一時間がやっとである!
一段落して戻ってきたのが、17:46だったから、‘50分間の草刈り’だったが、何と何と、サンパチェンスは見事に回復していた!

⑧DSC_2248-2
⑨DSC_2247-2
⑩DSC_2247-3
⑫DSC_2246-2

紫陽花もこんな傾向、つまり水分が不足すると、直ぐにしな垂れてしまうのだが、このサンパチェンスはもっとその傾向が強い!

でもでも回復してくれて良かった!

(つづく)
[2017/08/29 18:43] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
珍客の訪問!
2017年8月14日の深夜というか、15日の早朝というか、正確には、8月15日01:02、我が家の2階の階段付近に、見慣れない‘バッタ’風の虫がいるとかみさんが‘小声’でいう!
抜き足差し足で、近づいてみると初めて見る綺麗な虫である!

こんな真夜中に外の虫は別として、家の中に侵入して来た虫もまだ眠っていない、というわけ!

①1DSC_2083-2
②DSC_2083-3
③DSC_2088 (1)-2
④DSC_2085-2
⑤DSC_2084 (1)-2
⑥DSC_2089-3
⑦DSC_2086-2
⑧DSC_2086-2 (3)-2
⑨DSC_2087-2
⑩DSC_2087-3

おっと、余り近づき過ぎたとみえて、いきなり寝室の方へ・・・・。

⑪DSC_2096-2
⑫DSC_2097-2
⑬DSC_2097-3

お、おっと、また階段の方へ・・・。

⑭DSC_2093-1
⑮DSC_2093-2

と言う訳で、真夜中の‘撮影合戦’になってしまったが、これがまた、この‘虫の名前’が判らない!

調べてみると、‘馬追’という虫らしい!


<ウマオイ(馬追)>
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%9E%E3%82%AA%E3%82%A4

『 ウマオイ(馬追)は、バッタ目キリギリス科に属するハヤシノウマオイ(林の馬追、Hexacentrus japonicus)あるいはハタケノウマオイ(畑の馬追、H. unicolor)を指す。鳴き声が、馬子が馬を追う声のように聞こえることから名づけられた。

ハヤシノウマオイとハタケノウマオイ[編集]

外見上の違いはほとんどないが、鳴き声が異なる。
ハヤシノウマオイ H. japonicus Karny
「スィーーーッ・チョン」と長くのばして鳴く。
ハタケノウマオイ H. unicolor Serville
「シッチョン・シッチョン……」と短く鳴く。
前者は下草の多い林に棲むが、林といっても屋敷の庭程度の量の樹木さえあれば生息条件を満足する。後者は名の通り畑の片隅や小河川沿いの草原によく見られる。
生態は両者ともさほど変わらない。華奢な姿に似合わず肉食性が大変強く、他の小昆虫を捕らえて食べる。複数の個体を同じ容器に入れると共食いが頻発する。
キリギリスやヤブキリ、各種コオロギと異なり、人工飼料にあまり餌付かない。与えても少し口を付ける程度である。一方、生きた昆虫や死んで間もない新鮮な死骸を与えると喜んで食べる。 』

何だか、ど素人には区別がつかない!
鳴き声も聞かなかった!

(つづく)
[2017/08/18 11:29] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
美味しい´いわし´が、こんなに安い❗
数年前、いわしの価格が鯛並になった事がある❗

いわしの本当の美味しさを充分知り尽くしている我々千葉県人は、その時さほど驚きはしなかった❗

因みに、いわしの漁獲量日本一は、千葉県で、次いで茨城県が第二位である❗

´いわし´とは、真いわし、片口いわし及びうるめいわしの総称だそうだ。

先日(2017・07・16)、千葉県茂原市の或るスーパーで魚売り場を覗いて見たら、なんと活きの良い´真いわし´が、な、な、何と、こんなに格安で…!100g が、40円❗

201707231059301b9.jpg
201707231056458f9.jpg

おや?´岩手県産´とは?
まあまあ、それは獲れたいわしを岩手県の漁港に水揚げしたってこと?

20170723105651419.jpg
2017072310565317c.jpg

4匹で163円ってことは、どうやら、1匹当たり41円❗ってとこは、1匹が、約100g って事でしょう❗お刺身用ですよ🎵

安い❗

それにしても、お隣さんの´金目鯛´さんのお高いこと❗

201707231056533aa.jpg
20170723105655264.jpg

お安くない❗

これじゃあ、´キンメダイ´ではなくて´カネメダイ´って、´振り仮名´でもつけて戴きましょうか❗

(つづく)
[2017/07/23 11:21] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
結合双生児?
結合双生児と言われて思い出すのは、1981年初頭に話題になった

´ベトちゃん´と´ドクちゃん´というベトナム生まれの結合双生児のことである❗

ベトナム戦争時に米軍が大量に散布したという´枯葉剤´の被害の可能性があると指摘報道された悲劇である❗

そんな思い出が、今回入手した´トマト´で甦った❗

縦にしてぶら下げても、横にして振ってみても、´繋がって´いる❗

まだ疑う人のために、包丁で切って見ようということになった❗

20170721104637022.jpg
20170721104641b88.jpg
2017072110464414d.jpg
20170721104652958.jpg
20170721104659394.jpg
201707211046586c6.jpg
20170721104647a5f.jpg
20170721104658a30.jpg
2017072110465509d.jpg
2017072110465892f.jpg
20170721105239797.jpg
20170721105242759.jpg

これで、´結合双生児´ということが´証明´されたが、さてその理由は?

まさか、今頃枯葉剤の所以でもあるまいが。

直ぐに食べてみたが、何とも言えない旨さが…。

(つづく)
[2017/07/21 11:04] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
龍雲丸だろうか?
今年2017年のNHK大河ドラマに出て来る´雲´、つまり´龍雲丸´の雲は御承知の通り…。

2017071822174410f.jpg
出典:NHK大河ドラマ・おんな城主直虎

この雲は、多分CGに違いあるまいが、今年2017年7月11日15:16、場所は千葉県茂原市・外房線本納駅構内プラットホームから見た東側の空に現れた雲が以下の写真❗

2017071822325418c.jpg

「何ですか、この雲は?」
「龍雲丸の雲❗」

20170718223257368.jpg

「鴨かも?」
「おや?珍しく、駄洒落ですか?」

201707182232580ef.jpg

「まだ、まだ…!」
「じゃあ、これじゃあ⁉️」

20170718223259347.jpg

「まあねぇ❗センス(扇子)がなくて内輪(団扇)揉め、ってとこ?」

(つづく)
[2017/07/18 22:48] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
不思議な出逢い!
2017年04月05日の午後、都内某所で、或る会社との打ち合わせのためその会社の駐車場へ車を止めて振り返った瞬間、ドキリとした❗

こんな偶然があるのだろうか?と思ったからである❗

201706181345312c4.jpg

それが、上の写真である❗

ただし、この写真のままでは、ハッキリしないので、赤い矢印の車の番号に注目をして戴きたい❗

ドキリとしたのは、左右の2台であって、真ん中の車の番号は、´オマケ´という位置付け❗

2017061813453158c.jpg

左端の車の番号右端の車の番号が…!

20170618134533316.jpg
20170618134535f9f.jpg

こんな偶然がやはりあるのである❗

こんな場合の実現確率を計算するには、色々条件を仮定しなければならないだろうが、それにしても珍しい場面に遭遇した❗

真ん中の番号は、単なる語呂合わせ?に過ぎない❗


20170618134536321.jpg

(つづく)
[2017/06/18 14:15] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
可哀想な樹
可哀想な樹を見た!

これらの樹が、そう思っているかどうかは知らないが、そんな気がした❗

201705261633052ad.jpg

この駐車場は、千葉県長生郡長生村本郷にある尼ヶ台総合公園内にある❗

20170526163306bfb.jpg

この写真を撮ったのは、ご覧の通り、車の向こうに見える樹々の様子が、一寸変だなぁと感じたからである。

2017052616330733a.jpg

直ぐ側に近づいて見ると、やはりおかしい❗
樹の半分が、バッサリとカットされているのである❗

201705261633094e4.jpg
20170526163310a48.jpg

カットされている正面から見ると、無惨にも…

201705261633138fa.jpg

本来は、緑の葉っぱの内部に隠れている筈の樹の枝の`大群`が剥き出しになっている❗

20170526163329ce7.jpg
201705261633365b7.jpg
20170526163331a5d.jpg
20170526163336108.jpg

こうやって、伐採の跡を見て見ると、つい最近に切られた、と言う気配が、残っている❗

では、何故樹の半分が、切り取られたのだろうか?

多分、これは、樹が大きくなり過ぎて、駐車に支障をきたす恐れがあったからなのだろう❗

これらの樹を植える際に、いい加減な推定で樹が大きくなるのを計算の中に入れなかった為に違いない❗

正に人害以外の何物でもない❗
迷惑なのは、これらの樹達である❗

こう大きくなっては、植え替えも効かなかったのだろうか?

(つづく)
[2017/05/26 18:40] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
デフォルメ富士山
今日(2017年5月24日)不思議な光景に出くわしました❗

201705250701465f1.jpg

どうですか?
まるでデフォルメされた富士山を背景にした草原から、´イナゴ´の大群が、四方八方に飛び出した風景のように見えませんか?

20170525070147aa1.jpg
デフォルメされた富士山
出典:翔芳窯 呉須染付・赤絵富士山図飯碗(青・赤)

いやいや、本当は、ご覧の通り田圃に映っている`雲`と少し成長し始めた稲苗なんですが……。

20170525070148734.jpg
201705250701497b7.jpg
20170525070151cb6.jpg
20170525070152e80.jpg

この頃の田植えは、田植え機に頼る為に、まだまだ成長していない苗を植える事になったようです❗

私達が子供だった、そう、もう60年以上も前には、田植え機はなかった時代ですから、みな人間様が植えていたので、もう少し成長した苗を植えていたのです❗

だから、最近の田植えの風景を見ると、この苗で上手く育つのだろうか、といつも心配したくなるのです❗

でも、もうこんなに成長しました❗もう安心で〜す!

(つづく)
[2017/05/24 23:57] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ワンちゃんの眼
先日(2017年5月7日)の夕方、田植えが終わったいつもの田圃道を散歩していたところ、ご近所のAさんご夫婦にお会いした❗

まだまだ産まれてそんなに何ヵ月も経っていないというワンちゃんもご一緒である❗

ご主人様の言う事に素直にお座りを…。

という訳で、スマホでパチリ❗

そのワンちゃんの眼に……。

20170511152813f17.jpg
20170511152816752.jpg
201705111528184b5.jpg
20170511152820251.jpg
201705111528200a3.jpg

このワンちゃんの眼に映っているのは、私とかみさん夫婦である❗

スマホの画素数が大きいと、こんな事になって、例えば、テロ集団に捕まってその画像が送られて来た際に、分析をキチンとすれば、撮影している犯人の顔やその周りの環境の画像が解ったりする事もあるらしい❗

20170511152821ace.jpg
2017051115282168e.jpg

ワンちゃんも元気に……。

(つづく)
[2017/05/11 15:41] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
1枚の写真(その1):JR外房線本納駅
今回から新たに、`1枚の写真´シリーズを始めることにしたい!

その理由は、何枚もの写真を掲載して、その状況を把握するのも良いが、1枚の写真を拡大して行くと、案外気付かない事が見えてきたりするので、余り面白くもない企画かも知れないが、'オタク'の人にとっては、堪らなく…ってこともあるかも?という次第!

という訳で、(その1)は、私がいつも乗り降りに利用させて戴いている、JR外房線の本納駅の1枚の写真から!

🎵今はもう秋、誰もいない海🌊…🎶という名曲がある❗

これをもじって言うなら、

🎵今はもう春、誰もいない駅…🎶ってことになりそう❗

今年、2017年4月22日12:48の本納駅の様子が以下の写真☀

201704261143338fd.jpg
20170426114348009.jpg
201704261144185fb.jpg
20170426114422b58.jpg
20170426114424add.jpg

どうですか?だ〜れもいないでしょう❗私以外は…!

この後、12:54に外房線&京葉線経由東京駅行き快速電車が来ると言うのに🎵

(つづく)
[2017/04/26 11:54] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
早咲き梅の実!
早咲き梅の実❗

千葉県長生郡長柄町上野521-4に'リソル生命の森`という施設がある。

宿泊施設もあれば、スポーツ設備も充実しており、梅林も素晴らしい❗

今年(2017年)3月30日に訪れて見た。
勿論梅の時期は終わっていたが、既に'梅の実'が小さいながら立派に育っていたのには、一寸驚いた❗

2017040801370786f.jpg
20170408013708758.jpg
201704080136572d2.jpg
201704080136594fc.jpg
20170408013701a10.jpg
20170408013702ce7.jpg
201704080137031b7.jpg
20170408013109bec.jpg
2017040801314580b.jpg
20170408013649c55.jpg
2017040801365023a.jpg
2017040801365231e.jpg
20170408013653826.jpg
201704080136554f2.jpg

今年の異常気象には驚かされる❗
桜前線は、既に北上を始めているらしいが、気温の乱高下で、戸惑っている植物が多い❗

ご承知の通り、もう4月に入ったのに、タケノコは一ヶ月も遅れているらしい❗

この梅の実も今年初めてお目にかかった❗

(つづく)
[2017/04/07 23:58] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
念願の銅メダル❗
念願の銅メダル❗

「おや?ご機嫌がヨロシイようでげすナ!」
「えツ!判ります?🎵」

「判る、判る❗」
「そうなんです、ヨ!」

「なにが、何が?」
「銅メダル❗」

「なにが、何が?」
「ランキング、初めての銅メダル❗」

「まるで、子供だな❗」
「そうなんです、ヨ!」

「下らね〜!いい歳こいてっ!」

20170405014232069.jpg


201704050142348df.jpg


20170405014235f94.jpg


201704050142379cb.jpg

さて、明日は?

(つづく)
[2017/04/04 23:56] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
汚川におしどり!
汚川におしどり!

‘掃き溜めに鶴’という言葉がある!
それに準えて、‘汚川におしどり’と言ってみた!

我が家の真下を流れる、まあ少々薄汚れた小(汚)川に、久々に‘おしどり’が現れたのである!

201703029 春の庭 067-2

こんな小川に突然‘おしどり’が現れた!
2017年3月22日の16時過ぎのことである!

それから、今日(3/30)まで毎日のように現れる。
どこか近くに‘巣’があるのだろうか?

201703022 春の小川にオシドリが・・・ 192-2
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 193-2
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 195-2
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 007-1-2
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 027-1-2
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 110-3
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 110-4
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 110-5
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 149-2
201703022 春の小川にオシドリが・・・ 113-2

‘おしどり’とは、一体どんな鳥?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%
82%B7%E3%83%89%E3%83%AA


250px-Aix_galericulata_(wild_living_in_Warsaw).jpg
オシドリ(オス生殖羽) Aix galericulata

250px-Female_Mandarin_Duck_800.jpg
オシドリ(メス) Aix galericulata

オシドリ(鴛鴦[1]、学名:Aix galericulata)は、鳥綱カモ目カモ科オシドリ属に分類される鳥類。

分布[編集]
東アジア(ロシア南東部、朝鮮半島、日本、台湾、中華人民共和国など)に分布する[a 1]。

日本では北海道や本州中部以北で繁殖し[2]、冬季になると本州以南(主に西日本)へ南下し越冬する[3]。オシドリは一般的に漂鳥であるが、冬鳥のように冬期に国外から渡って来ることもある。イギリスなどへ移入・定着[4][a 1]。

形態[編集]
全長オス48センチメートル、メス41センチメートル[5]。翼長はオス21-24.5センチメートル、メス21.7-23.5センチメートル[4]。翼開張は68-74センチメートル[3]。体重0.6キログラム、メス0.5キログラム[5]。

嘴の先端は白い[3]。卵は長径5.3センチメートル、短径3.7センチメートル[2]。

オスの嘴は赤く[3][6]。繁殖期のオスは後頭(冠羽)、頬から頸部にかけての羽毛が伸長し、顔の羽衣が白や淡黄色[3][6]。胸部の羽衣は紫で、頸部側面には白い筋模様が左右に2本ずつ入る[3][6]。腹部の羽衣や尾羽基部の下面を被う羽毛は白い[6]第1三列風切が銀杏状(思羽、銀杏羽)で[4]、橙色[2][3][5][6]。メスは嘴が灰黒色[3][6]。非繁殖期のオス(エクリプス)やメスは全身の羽衣が灰褐色、眼の周囲から後頭にかけて白い筋模様が入る。また体側面に白い斑紋が入るが、オスのエクリプスでは不明瞭[3][6]。足は橙色で指に水かきがある[7]。

生態[編集]
渓流、湖沼などに生息する[2][3][6]。上高地周辺の水辺でも見られる[7]。水辺の木陰を好み、開けた水面にはあまり出ない[8]。木の枝に留まることもある[8]。

食性は植物食傾向の強い雑食で、水生植物、果実、種子、昆虫、陸棲の貝類などを食べる[2][4][5]。陸上でも水面でも採食を行う[2]。

繁殖形態は卵生。4-7月に山地の渓流や湖沼の周辺にある地表から10メートル以上の高さにある大木の樹洞(あるいはまれに地表)に巣を作り、9-12個の卵を産む[2][4][5]。メスのみが抱卵し、抱卵期間は28-30日[2][5]。雛は孵化してから40-45日で飛翔できるようになる[5]。厳冬期には数十羽から数百羽の群れをつくることもある[8]。


また、綺麗な写真が撮れたら、このブログに!

(つづく)
[2017/03/30 23:55] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
‘蚊’の続き!
‘蚊’の続き!

昨日(2017年2月23日)のこの弊ブログに掲載した、これまで自身で撮影した‘蚊’の写真の続き・・・。

DSC_2249-7-2_201702250940377b7.jpg
DSC_2249-7-3_20170225094038d8d.jpg
DSC_2249-7-4_2017022509404093e.jpg
DSC_2249-7-5_201702250940420be.jpg
DSC_2253-7-2_20150922234243f5e_20170225094035337.jpg
DSC_2253-7-3_20150922234245e96_20170225094443cf6.jpg
DSC_2254-7-2_2017022509444556c.jpg
DSC_2254-7-3_20170225094442ab7.jpg
DSC_7162-2_20170225095804273.jpg
DSC_7162-3_20170225095806d23.jpg
DSC_7171-2_201702250958071de.jpg
DSC_7171-3_2017022509580948a.jpg
DSC_6725-2_201702251002337a7.jpg
DSC_7183-2_2017022510023968c.jpg
DSC_6739-2_2017022510023567e.jpg
DSC_6755-2_20170225100237aa0.jpg

「おや、おや、こりゃあ大変だ!」
「しかし、‘蚊’だって、何か地球にとって‘貢献’しているのじゃあないの?」

「一寸考えても我々凡人には、中々判り難いけど、‘プロの人’はこんな風に答えているらしい!」
「ほ、ほっ~!」

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1327094848
害虫としてばかり有名な蚊ですが、生態系にどのような形で貢献しているのでしょう...
deleusienさん
2009/6/1007:08:11
Q:害虫としてばかり有名な蚊ですが、生態系にどのような形で貢献しているのでしょうか?

恐竜の時代から生き続けているということは、きっと生態系のバランスを保つのに多かれ少なかれ役に立っているのでは思うのですが、具体的にまるで思いつきません。
誰か御教授下さい。

共感した 0
閲覧数:1,093回答数:2お礼:25枚違反報告
..ベストアンサーに選ばれた回答
aldde1489さん
.2009/6/1102:38:40

A:どの生物も生態系に貢献するために生きているわけではありません。
捕食者、被食者または生産者の関係から自然と生物の数は限られてしまうのです(^^)
環境の変化や生物自体に変化がない限りバランスが崩れることはないのです。

さて、蚊の食物連鎖における立場ですが、ほとんどと言って良い程ピラミッドの下の方にいます。
幼虫(ボウフラ)時代には、藻類を含む微生物を食べて育っています。
そしてボウフラは他の水生昆虫や小さな魚などによって捕食されます。

蚊になってからはさらに周りは捕食者ばかりです。蚊のメスは血を吸いますが、人間を捕食しているわけではありません。
多くの昆虫(トンボ,クモ,カマキリなど)や鳥などにも食べられてしまう事があり、ついでに人間にはバチン!!とやられます。
こうして蚊も周りの生物に食べられることで一定の数を保っています。

一定のバランスを保っているとはいえ、蚊もゴキブリと同じように人間と共に数が増えてしまった事は認めざる得ないかもしれませんね。


「‘蚊’ってさ、恐竜の時代から生きていたなんて、知らなかったなあ!」
「だからさ、どなたからの‘コメント’にもあったように、‘先輩’を人間が滅多やたらに‘パシリッ!’なんて、とんでもないってこと!」

「反省してますっ!」
「よろしい、今度から気をつけたまえ!」

(つづく)
[2017/02/24 23:57] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今年の異常気象
今年の異常気象

今年(2017年)のこのところの‘異常気象’は、近年にない‘異常気象’である!

急に寒くなったり、急に暑くなったり、その差は、一日で‘10℃’以上にもなったりした!

① 2月の中旬に‘車の冷房’!

今年(2017年)2月16日、関東地方での‘春一番’の前日、我々は、房総半島・千葉県・安房郡・鋸南町の‘頼朝桜(河津桜)’が満開に近いと言う情報を確かめるため(?)に自宅から約85km以上もある鋸南町へおよそ2時間半かけて車で参上仕った次第!
その様子は、後日弊ブログに掲載の予定・・・。

以下の3枚の写真こそ、噂の頼朝桜!

20170206 借景梅満開! 171-2
20170206 借景梅満開! 171-3
20170206 借景梅満開! 171-4

この日の気温は、約17℃!
しかし、車の中は、‘冷房ヴァージョン’にしなければ、あつくて、暑くて・・・・。

DSC_1660-2_20170221000125dea.jpg
DSC_1660-3.jpg

22℃に‘冷房’して・・・。
おっと、待った!外気温は17℃なのに、車内の温度を22℃にして、どうして‘冷房’?
でも、そうなんですよっ!

② 2月に‘春二番’が吹いた!

春一番は、2月17日、そして今日2月20日が関東地方では、‘春二番!’だそうだ・・・。
風の影響を受け易い‘竹’が、ふんぞり返っているし、もっと驚いたことに杉の木までが・・・・!

DSC_1676-2_201702210004001ab.jpg
DSC_1676-3_201702210004027e3.jpg
DSC_1676-4.jpg


③ 2月20日に、今年初の‘蚊’が発生!

本日(2107年2月20日)の19時過ぎに、PCの前に現れて、私の顔の前を‘プ~ン’と飛んだ!
可哀想だが、‘ぱちりっ!’とやってしまった!

20170219 ニコン 037-2
20170219 ニコン 038-2
20170219 ニコン 038-3

同じ‘蚊’だが、つまんでひっくり返すと・・・・

DSC_1689-6_201702210038022e8.jpg
DSC_1689-2_20170221000810d54.jpg
DSC_1689-10_20170221002438e01.jpg

蚊は、越冬するのかも????

(つづく)
[2017/02/20 23:29] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
やっぱり、車のナンバー!
やっぱり、車のナンバー!

「やっぱり、車のナンバーってさ、例の?」
「そっ!そうなんですよっ!」

「それで、今日のは?」
「凄いですよっ~!」

DSC_1273-2.jpg
DSC_1273-3.jpg
DSC_1273-4.jpg
DSC_1273-5.jpg
DSC_1273-6.jpg

この前後の車の後ろの・・・

この車

「この後ろの⇒の車のナンバーが、きっと、『へ・・ ・8』ではないかと・・・?」
「そりゃあ、ひょっとして・・???」

「それに、もう一つ?」
「そっ!そうなんで・・・」

DSC_1274-2.jpg

「この車で、なに?」
「語呂合わせっ!」

DSC_1274-3.jpg

「ほ、ほ~っ!‘ご苦労さん’、ですかっ!」
「珍しいでしょっ!」

(つづく)

[2017/01/29 22:54] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
凍てる日!
凍てる日!

今日(2017年1月16日)は、房総半島・千葉県・茂原市千沢では、今期最も寒い日だった!

Screenshot_20170116-084010-2.jpg
出典/ドコモスマホのアプリ

車は、天井のある車庫に入っていたのだが、ボンネットに霜が降りていたし、郵便受けにも霜が・・・。
そして、そして、TVドアホンも凍ていついていたのである!

DSC_1103-2_20170117002536a7a.jpg
DSC_1096-2_201701170025389bc.jpg
DSC_1096-3.jpg
DSC_1096-4.jpg
DSC_1096-5.jpg
DSC_1099-2_2017011700280003b.jpg
DSC_1099-3.jpg

DSC_1088-2_20170117002944b1e.jpg

DSC_1091-2_201701170030533a1.jpg
DSC_1091-3.jpg
DSC_1091-4.jpg
DSC_1091-5.jpg
DSC_1091-6.jpg

このカメラで見た‘映像’は?

DSC_1101-2_20170117003312c4c.jpg

この寒さのお陰で、きれいな、綺麗な‘氷の結晶’が見られた!

(つづく)
[2017/01/16 23:55] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アクセス数が・・・
アクセス数が・・・

今年ももう終わりそうになった今日(2016年12月30日)の23:24の、弊ブログへのアクセス数が、‘277,777’になった!

Screenshot_20161230-234253-2.jpg
Screenshot_20161230-234253-3.jpg

約5年間でのアクセス数である!

平均一日のアクセス数は、

277,777 ÷( 5×365)=277,777÷1,825≒152.2

つまり一日に平均152人強の方達から、アクセスがあるということになる!
‘大感激’で~す!

アクセスをして頂いた皆様、有難うございます。 
今後とも何卒よろしくお願い致します。

(つづく)
[2016/12/30 23:58] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
糸魚川市の大火事と同じ?!
糸魚川市の大火事と同じ?!

2016年12月23日にわが街、千葉県茂原市で、昨日起こった‘糸魚川市’での大火災を思わせる‘光景’に出会ったのである!

「えっ?それ本当?」
「え~、そっ!」

「‘え~、そっ!’じゃあ、ありませんぜっ!22日に起こった‘糸魚川の大火災’って、こんなんですよっ!」」

WS000189糸魚川の火事
出典/http://mera.red/%E7%B3%B8%E9%AD%9A%E5%B7%9
D%E3%80%81%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E8%BB%92
%E3%81%8B%E3%82%89%E5%87%BA%E7%81%AB


fire-298097_640.jpg
出典/http://aqua-journal.com/6366.html

「わかっとりまっ!」

「えっ?どんなんでしたっ?」
「こんなんです!」

DSC_0631-2_20161227021211304.jpg
DSC_0631-3.jpg
DSC_0632-2_201612270212155b3.jpg
DSC_0632-3.jpg
DSC_0632-4.jpg
DSC_0632-5.jpg

「こっ、これが、何ですのんっ?」
「まあ、こんな風景も少々異常でしょっ!コントラストが異常に強いっ!?」

「でも・・・」
「まあ、まあ、次の写真を!」

DSC_0633-2_201612270216406d0.jpg
DSC_0634-2_2016122702164194f.jpg
DSC_0634-3.jpg

「わ~、‘カインズ’が燃えとります、なっ!」
「そう、みえるでしょっ!?」

「ほんとっ!」

DSC_0639-2_201612270216360aa.jpg

‘カインズ’から我が家に戻ったのは、あれから約30分後だったのだが、その日の‘夕日’の状態は正に‘異常’だった!(以上)

(つづく) 
[2016/12/26 23:58] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
南国の豪華結婚式!(その5):結婚式<その1>
南国の豪華結婚式!(その5):結婚式<その1>

DSC_9148-2_2016111701191852a.jpg

2016年10月30日(日)に私の尊敬する友人が、還暦のお祝いを兼ねて(?)結婚式をやるという。
彼は、単身何の伝もなく(と聞いている)30年前にフィリピンへ渡り、苦労に苦労を重ねて、今日の‘栄光’を勝ち取ったのである!

そんな訳であるから、集団で責任を取る有名企業の営業とは違って、全責任を自ら取らざるを得ない立場で事業展開をして来たために、即断即決が彼の身上であるから信頼される!

今では、マニラから東北方面に約100km程離れたパンパンガ州のクラーク経済特区の中に会社を構えて地道ではあるが素晴らしい事業を展開しつつある!

そのいくつかの事業の内の一つを我々が日本で展開させて貰う事になったのである!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%8
3%91%E3%83%B3%E3%82%AC%E5%B7%9E

Ph_locator_map_pampanga.png

パンパンガ州(フィリピン語: Lalawigan ng Pampanga; パンパンガ語: Lalawigan ning Pampanga; 英語: Province of Pampanga)は、フィリピン北部のルソン島にある州で、中部ルソン地方(Gitnang Luzón, Rehyon III)に属する。南にバターン州、西にサンバレス州、北にタルラック州とヌエヴァ・エシハ州、東にブラカン州と接している。面積は2,180.7km²、人口は1,882,730人(2000年)、州都はサンフェルナンド。州内にはかつて北部のアンヘレス(Lakanbalen ning Ángeles)に米軍のクラーク空軍基地があったが、冷戦の終結、1991年のピナトゥボ山の大噴火、フィリピン国民の激しい撤退要求などにより、スービック海軍基地などと共にフィリピン政府に返還、現在はクラーク経済特別区として再開発されている。


そんな訳で、10月の終わりに、成田空港→韓国・インチョン空港→フィリピン・クラーク空港へ関係者4人で結婚式に参列させて戴いたのであるが、この結婚式・ご披露宴の豪華さに度肝を抜かれたのである!

宿泊したホテルまでのことは、何回かに分けてこのブログに掲載させて頂いた。
今回は、いよいよキリスト教会での結婚式の紹介(その1)である!

日本では異常気象の事もあって、今年の10月の下旬には、最高気温が15℃を下回る日もあったのだが、流石にフィリピンでは、連日32℃を下ることはない夏日であった!

ホテルから車で約25分、結婚式が行われる教会へ到着した!
15時(頃)から挙式と聞いていた。到着したのは、丁度15:00だったのだが、教会の中では、まだ飾りつけが完了してはいなかった!

「な~るほど、‘フィリピン時間’かもしれない!」
有名な教会らしく流石にご立派である!
‘天井絵’だって、素晴らしいではないか!

DSC_9082-2.jpg
DSC_9084-2.jpg
DSC_9085-2.jpg
DSC_9087-2.jpg
DSC_9088-2.jpg
DSC_9088-3.jpg
DSC_9090-2.jpg

主役のご登場!

DSC_9091-2.jpg
DSC_9091-3.jpg
DSC_9092-2.jpg
DSC_9092-3.jpg
DSC_9093-2.jpg
DSC_9094-2.jpg
DSC_9094-3.jpg
DSC_9096-2.jpg
DSC_9096-3.jpg
DSC_9096-4.jpg

今日の主役、新郎の‘Kさん’である!
緊張されることはあるまいが、少々お疲れのようである!
この一月大忙しだったようで、それに準備にかなりの時間が取られたそうで、新郎だけに‘心労’が・・・。

DSC_9097-2.jpg
DSC_9098-2.jpg
DSC_9099-2.jpg
DSC_9101-2.jpg
DSC_9102-2.jpg
DSC_9102-4.jpg
DSC_9103-2.jpg
DSC_9103-3.jpg
DSC_9104-2.jpg
DSC_9104-3.jpg
DSC_9105-2.jpg
DSC_9106-2.jpg

新郎は、家族(子供さん3人)と花嫁さんの入場を待っている!

DSC_9107-2.jpg
DSC_9108-2.jpg

突然‘事件’が起こった!
3人の子供さんの一番下の愛娘(3歳?)さんが、一人で‘バージンロード’をやって来れなくなったのである!

DSC_9109-2.jpg
DSC_9109-3.jpg
DSC_9110-2.jpg

新郎は、‘すっ飛んで’行った!愛娘を抱き抱えて来たのである!

DSC_9111-2.jpg
DSC_9111-3.jpg
DSC_9111-4.jpg
DSC_9111-5.jpg
DSC_9112-3.jpg
DSC_9112-4.jpg

さあ、さあ、花嫁さんのご到着である!

DSC_9113-2.jpg
DSC_9113-3.jpg
DSC_9113-4.jpg
DSC_9114-2.jpg
DSC_9114-3.jpg
DSC_9115-2.jpg
DSC_9115-3.jpg
DSC_9115-4.jpg
DSC_9115-5.jpg
DSC_9116-2.jpg
DSC_9116-3.jpg
DSC_9116-4.jpg
DSC_9117-2.jpg
DSC_9117-3.jpg
DSC_9117-5.jpg
DSC_9118-2.jpg
DSC_9119-2.jpg

主役は揃った!

(つづく)
[2016/11/17 02:23] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ガソリンの価格
ガソリンの価格

2016年11月のアメリカ大統領選挙の結果が出た瞬間から1~2日で、世界中の為替・株価に大きな‘乱高下’が起こった!
アメリカの大統領の権限がこれだけ大きいことを示している!

選挙結果に一番驚いているのは、クリントンや世界各国の首脳ではなく、‘トランプ氏’、その人及び応援の人達であるに違いない!
それにしても、評論家様もジャーナリスト様もだらしがない!

それはそれとして、ガソリンの価格に大きな変化があるのかな?と思ったが、ほとんど影響なしのようである!
それにしても、日本の都道府県の中で、一番の安値は、千葉県であるが、その千葉県内でも茂原市の我が家の近辺のスタンドが大安売りを実行している!

2016年11月10日(アメリカ大統領結果が発表された日)のガソリンの‘すべて’の価格(会員価格ではない!)は、以下の通りである!

注) ‘すべて’の価格とは、‘ セルフスタンド | フルサービス | 石油元売 | その他ブランド’の平均値のこと(?)。‘セルフスタンド価格は、‘すべて’の価格より、約1円安く、‘セルフスタンド’の会員価格は、‘すべて’の価格より、約3円/L 安いと思ってよいらしい(?)!

ガソリンの値段0001-2
出典/https://gogo.gs/rank/ave/self.html 
ガソリンの値段0001-3
出典/https://gogo.gs/rank/ave/self.html 

<レギュラー‘1リッター’当りの価格(全ての平均値)>

① 全国平均の価格: 123.3円/L 
② 最安値は、千葉県:117.7円/L
③ 最高値は、高知県:128.4円/L


1リッター当りの最高値と最安値の開き:(128.4円ー117.7円=10.7円)
50Lを一回に入れる車では、10.7円×50=535円 !

ところが、ところが、上述の通り、我が家の茂原市近辺のセルフスタンドでは、リッター当り、何と‘115円/L’というから、千葉県ガソリンスタンドの‘すべて’の平均値の117.7円/L よりも、2.7円/L も安いのである!

更に、会員価格(ザ・カード価格)であれば、その‘2円引き’であるから、以下に示す通り、 ‘113円/L ’とかなりの安さである!

DSC_9550-2.jpg
DSC_9550-3.jpg
DSC_9549-2.jpg

(つづく)
[2016/11/12 23:55] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
南国の豪華結婚式!(その3):インチョン空港からフィリピン・クラーク空港へ
南国の豪華結婚式!(その3):インチョン空港からフィリピン・クラーク空港へ

DSC_9148-2.jpg

韓国・ソウル・インチョン空港で5時間ほどの待ち時間があって、いよいよフィリピンへ!

フィリピンへ行くと言えば、通常は‘マニラ空港’へ行くのだが、結婚式場が、‘クラーク経済特区’の中にあるということで、日本からの‘クラーク空港’直行便がないため、わざわざ‘インチョン空港’経由にしたのである!

さて、フィリピンのクラーク経済特区及びクラーク国際空港とはどんな所で、日本との深い関係とは?

<1> フィリピンのクラーク経済特区 

クラーク経済特別区
(-けいざいとくべつく、英語: Clark Special Economic Zone, CSEZ)とは、フィリピンのルソン島パンパンガ州にある経済特別区である。1991年にアメリカ空軍のクラーク空軍基地が返還された後、1993年に経済特別区と指定され、空港、ホテル、ゴルフ場、カジノ、免税店、国際会議場などがある。

その後、経済特別区は、同じくアメリカ軍から返還された地域であるスービック経済特別区(スービック・ベイ・フリーポート)と同様、2007年に「クラーク・フリーポート・ゾーン(Clark Freeport Zone)」と名付けられた。



<2> クラーク国際空港

クラーク国際空港(クラークこくさいくうこう、英語: Clark International Airport)は、フィリピンのルソン島パンパンガ州アンヘレス市のクラーク経済特別区 (CSEZ) 内にある国際空港である。旧称は、ディオスダド・マカパガル国際空港 (Diosdado Macapagal International Airport) であった。

概要[編集]
2本のメイン滑走路を有している。東側に平行してオムニ・アビエーションが所有する小型機用の滑走路(02/20 640m×15m)も存在する。ここでフィリピン航空の初等訓練も行われている。

貨物航空会社 UPS のアジア地域ハブ空港でもあったが、2010年に深圳宝安国際空港に機能を移転した。

歴史[編集]
1919年 - アメリカによってクラーク飛行場として建設された。
1942年 - 大日本帝国海軍が占領した。
1944年10月 - 最初の神風特別攻撃隊が飛び立つ。
1945年 - アメリカ軍が再占領した。
1947年 - アメリカとフィリピンの協定により、アメリカ空軍クラーク空軍基地となる。
1991年11月 - ピナトゥボ山の噴火の影響を受け、米軍は施設をフィリピンに返還した。
1993年 - クラーク国際空港として開港。
2003年 - ディオスダド・マカパガル国際空港へ改称。(当時、フィリピン共和国大統領を務めていたグロリア・アロヨの父親の名称を冠した)
2007年10月 - エアバスA380がデモフライトで飛来した。


韓国・ソウル・インチョン空港は、その規模において世界に誇る‘ハブ空港’として夙に有名である!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%81%E5%B7%9D
%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF

仁川国際空港(インチョンこくさいくうこう、朝鮮語:인천국제공항)は、大韓民国仁川広域市中区にある国際空港である。永宗島と龍遊島の間にあった干潟を埋め立て、2001年3月29日開港した。大韓航空及びアシアナ航空のハブ空港でもある。

当空港開港と同時に、金浦国際空港の国際線が全て当空港に移転した。ソウルへの国際線空港として機能していることから、前述した通りソウル市外の仁川市内に所在しながら飛行機の行き先では単に「ソウル」と案内されることが多い。現在、3本の滑走路が供用中である。

詳しい内容は後述するが、日本行き国際線は成田国際空港・東京国際空港・関西国際空港・中部国際空港・福岡空港だけではなく、日本各地の地方空港と当空港を結ぶ便が多数就航している。このため、日本の地方空港から当空港の国際線各都市への乗り継ぎ空港(事実上、日本のハブ空港)として、よく利用されている[2]。また、韓国国内線は釜山・済州・大邱の各路線がある。


407px-Yeongjong_location_svg-2.jpg
仁川国際空港の位置。濃いピンク色の箇所が永宗島(北東部)と龍遊島(南西部)
出典/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%81%E5%B7%9D
%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF


799px-Incheon_International_Airport_flom_Airplane-2.jpg
出典/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%81%E5%B7%9D
%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF


o0550036611992421856.jpg
出典/http://ameblo.jp/anabakorea/entry-11260197744.html

o0600040311992421857.jpg
出典/http://ameblo.jp/anabakorea/entry-11260197744.html

先日のこのブログで、インチョン空港には、無料の携帯・スマホ・タブレット等々の充電装置ポールがあると書いたが、これは便利である!

20161029インチョン空港 002-2
20161029インチョン空港 002-3
20161029インチョン空港 003-2
DSC_9047-2.jpg
DSC_9047-3.jpg
DSC_9047-4.jpg
DSC_9047-5.jpg

さあ、この16番ゲートから、フィリピン・クラーク空港へ向けて、下の小さな飛行機で出発だ!

DSC_9052-2.jpg
DSC_9052-3.jpg

クラーク空港到着予定時刻は、現地時間で、‘23:55’という真夜中である!(日本との時差は、1時間)

(つづく)
[2016/11/07 13:56] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
スマホで撮った150km以上離れた富士山
スマホで撮った150km以上離れた富士山

我が家から富士山までの距離を地図上で測ると、およそ‘150km’程度である・・・。

如何に富士山が大きいからと言っても、150kmも離れると、それはそれは小さくしか見えない!
従って、あの方向に確かにあるはずだという確信がない限り、「あの山が富士山だ!」と判断することは不可能である!

また、ご存知の通り、今や誰でも‘スマホ’を持っている!
そんな訳で、対象物が何であろうと、みんな、何でもスマホで撮りたがる!

ただし、スマホには‘望遠機能’がないから、小さいものは小さくしか撮れない!
しかし、しかしである!
スマホに望遠機能を持たせるには、‘ハード的には’一寸無理だから、‘ソフト’で勝負すれば、何とか望遠機能と同じ効果が得られるのではないか?

つまり、‘解像度’を極端に大きくすることが出来れば、PCで拡大していけば、遠くのものが近くに見える状況が作り出せるに違いない!

つまり、つまり、超解像度の研究を推進して行けば、スマホに、望遠鏡と顕微鏡の機能を同時に持たせることが可能になるに違いない!

実は、この研究の成果は、色々なことに応用が考えられる!

極端な例を示せば、その「カサブランカ」というイングリッド・バーグマンが主演した‘モノクロ’が‘カラー’で再現出来る!
今、我々はこの超解像度技術について、‘画期的な’方法で高度化に取り組んでおり、これが成功すれば、世界中の画像が、この技術を使いたがるに違いないと考えている!

まあ、この成果については、ぼちぼち解説は試みるが、現時点での、私が持っている‘SONY'のスマホの実力を示しておきたい!

2016年11月5日(土)の夕刻の富士山を、上述の通り、直線距離で150km以上離れた千葉県茂原市の我が家近傍から撮影してみた・・・。

DSC_9526-2.jpg

この上の画像では、余程眼の良い人でないと、どこに富士山があるかも認識出来ないに違いない!
それでは、PCで段々拡大していくと、「これが富士山?」とことになって来る!

DSC_9526-3.jpg
DSC_9526-4.jpg
富士山ー3

‘⇒’の先端が富士山である!

富士山が見えるもう一つの場所から見たのが以下の画像!

DSC_9535-2.jpg
DSC_9535-3.jpg
富士山ー2

この程度の解像度では、‘望遠’の機能があるとは言い難い!
さて、いつ頃望遠機能を持たせることが出来るのだろうか?
目下検討中である!

以下の2枚の画像は、ふつ~のカメラで撮影し、PCで処理した、上述のスマホでの撮影場所と同じ場所から撮影したもの。

2016010121194687b_201611070218031b8.jpg
20160101211944b23_201611070218044d2.jpg

なお、この方向に、‘その位置’から150km以上も離れた場所の富士山が見えた!と大発見をされたのは、‘Mさんご夫婦’である!
今の所、‘その位置’は、近所には、数スポットしかないのだが・・・・。

(つづく)
[2016/11/06 23:55] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
南国の豪華結婚式!(その2):日本出発
南国の豪華結婚式!(その2):日本出発

DSC_9154-2.jpg

十数年来の私の友人が、今年還暦を迎えたというのに、フィリピンでの事業に成功して、フィリピンで結婚式を挙げることとなった!
そんな訳で、私にも招待状が来た!
夫婦で参加して欲しいと言うので、躊躇することなくお引き受けすることにしたのである!

彼は、たった一人でフィリピンへ渡り、何の‘伝(つて)’も無く、裸一貫から約30年を掛けて、努力と我慢を重ねて今日の会社を興した猛者(もさ)である!
何故、フィリピンへ単身で渡ったか? これはお聞きしたに違いないが、その理由は覚えていない・・・。

勿論、現地の‘タガログ語’は、完璧にマスターしなければ、商談は出来ない!
多分、挫けそうになったことは何度もあったに違いないが、上述の通り、我慢と努力の男である!
彼の事業をお手伝いするために、私はもう何度もフィリピンを訪れているのだが、行く度に彼の‘凄さ’に舌を巻いている!

少しでも彼に肖(あやか)りたいという気持ちと彼が築き上げた事業を世界的規模に拡大するために、私は日本人の友人と諮(はか)ってこれから人生最後の大事業に取り組もうという訳である!

その事業が何であるかは、現時点では‘秘密保持契約’を結んでいるために明らかに出来ないが、‘世の中がひっくり返る’ほどの素晴らしい大発明である!

「‘ノーベル賞’? そんなの‘目’じゃない!」

と言わせるほどの大仕事である!

まあ、そんな和気清麻呂で、2016年10月29日の朝結婚式参列のため出発することになった!
成田空港へは、私が住んでいる千葉県・茂原市からは、車で行けばほんの一時間足らずなのだが、電車で行くとなると千葉市へ出なければならない!

東京発成田空港行きのJR特急電車は、何故かは知らないが、‘千葉駅’には‘停車しない’のである!
千葉駅からは、京成線もあるが、JRに乗るとなると、千葉駅で、一時間に一本しかない快速電車に乗らなければならいから、外房線との時間調整が必要で、家を出てから約2時間も掛けてようやく成田空港に到着したのだが、これも待ち合わせ時刻の1時間20分も前である!

JRさんにも理由はあるのだろうが、千葉県に住んでいる住民が成田空港に行くのにもっと便利な‘ダイヤ’は組めないのだろうか?

さて、今回のフィリピン行きは、結婚式場がマニラ市内ではないために、いつもの羽田空港からマニラ空港への直行便ではなく、成田からソウル・インチョン空港経由でフィリピン・クラーク空港行きに乗ることとなった!

フィリピン-01-2
フィリピン-01-3
フィリピン-01-4

スケジュール表をご覧戴ければお解かりの通り、到着や出発が、‘深夜’である!
しかし、飛行機に乗れば、眠ればいいし、遅く着けばホテルで眠ればいいからそんなに大騒ぎをすることではないと割り切って出発することにした!

結婚式などの‘イベント’の場合、誰しも‘縁起を担ぎ’たくなるのは、‘人情’ってな訳!

家を出て直ぐに、前を走る車のナンバーが、‘末広がり’という気持ちの良い出発となった!

DSC_9042-2.jpg
DSC_9042-3.jpg
DSC_9042-4.jpg

<成田空港での情景>

DSC_9043-2.jpg
DSC_9044-2.jpg
DSC_9044-3.jpg
DSC_9045-2.jpg
DSC_9045-3.jpg

ここが、インチョン空港行きのゲートである!
その周りを見たら、日本に相応しい‘浮世絵’が‘高精細’で印刷されて壁を彩っている!

DSC_9046-2_20161105021751066.jpg
DSC_9046-3_20161105021752fe0.jpg
DSC_9046-4_201611050217546a1.jpg
DSC_9046-5_20161105021750d71.jpg

そんな訳で、家を8:30に出て、13:55に出発だから、その間約5時間半、ようやく飛行機が動き始めたのである!

(つづく)
[2016/11/04 23:50] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
南国の豪華結婚式!(その1)
南国の豪華結婚式!(その1)

南国・フィリピンでの結婚式に招かれた!
フィリピンの大切な会社の社長さんが、フィリピン国・パンパンガー州・クラーク市で挙式されるというので、かみさんと出席することとなった!

① 経路は、成田空港→韓国インチョン空港→クラーク空港である。マニラ空港経由ではない。
② 宿泊ホテルは、今年開業の新品(?)ホテル
③ 結婚式は、大きな大き教会
④ 花嫁入場は、豪華な‘リムジン’に乗って
⑤ 披露宴は、教会近くの豪華な大宴会場で!
⑥ その前に、打ち上げ花火が、‘100連発!’
⑦ まあまあ、豪華なデコレーションケーキに、初めての共同作業!
⑧ フルバンド付
⑨ 余興に、日本から漫才師と落語家が・・・。
⑩ 翌日は、車でリゾート海岸へ

という訳で、豪華尽くし!
本日は、その概略だけ・・・・。
 
DSC_9050-2.jpg
DSC_9333-2.jpg
DSC_9083-2.jpg
DSC_9154-2.jpg
DSC_9196-2.jpg
DSC_9219-2.jpg
DSC_9227-2.jpg
DSC_9240-2.jpg
DSC_9249-2.jpg
DSC_9252-2.jpg
DSC_9258-2.jpg
DSC_9262-2.jpg
DSC_9275-2.jpg
DSC_9393-2.jpg
DSC_9420-2.jpg

まあまあ、豪華尽くし!

(つづく)
[2016/11/02 23:55] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
‘アオダイショウ’も餌を探して
‘アオダイショウ’も餌を探して

2016年9月9日のお昼、かみさんが怖がっている!

先日草刈り・草むしりをやった我が家の南側の崖っぷちのコンクリートに

「‘小さなアオダイショウ’がいる!」

と騒いでいる!

私は、ブログの‘ねた’にと思って、ぼろカメラを取りに家の中へ!

20160910 水戸 001-2
20160910 水戸 002-2
20160910 水戸 004-2
20160910 水戸 004-3
20160910 水戸 004-4
20160910 水戸 004-5

よ~く見ても、‘蛇にはやはり‘足’はついていない!

20160910 水戸 004-6

「蛇は、何故‘舌’をちょろちょろ出すのか?」

その答えは、随分昔にこのブログで書かせて貰っている!

出典http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-1550.html

2015040501383462f_201604020143195d5_20160912005713849.jpg

Q: なぜヘビの舌の形は、二股に分かれているのか?あるいは、なぜヘビは舌をチロチロ出し入れしているのか?という質問です。

A:鼻の穴が2つあるからです

詳しくは、上記出典をクリックして下さい!

こんなところへ、‘お出まし’とは、一体何故?

多分、大雨の影響?

① 大雨で、餌が流されたか隠れたか?
② 少々気温が下がったので、崖のコンクリートで体を温める為?

先日の草刈り・草取りの最中にこんなことが起こったら、きっと ‘小川にどっぶ~ん!’だったに違いない!
くわばら、くわばら!

(つづく)
[2016/09/11 23:49] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
あと一歩で‘奇跡’!
あと一歩で‘奇跡’!

「また大袈裟な!」
「えっ!?」

「本当かも?と思ってやって来たンだけどサ・・・」
「本当に、ホント!」

「また、車のナンバー?」
「卓球!いやいや、ピンポ~ン!」

DSC_8229-2.jpg

「広~い駐車場に、うちの車と、あとは上の写真の車2台だけ!」
「それが、どうしたっ?!」

「この上の写真だけだと、あと一歩で‘奇跡’!とは思えないでしょう!」
「そ、そうっ!」

「じゃあ、下の写真では?」

DSC_8229-3.jpg
DSC_8229-4.jpg

「何?これ?ナンバーが‘12-24’がどうしたっ?」
「それが、それがっ!」

「何よっ!」
「次の写真をよ~くご覧あれっ!」

DSC_8229-5.jpg
DSC_8229-6.jpg

「お~!おっ!」
「凄いでしょっ!」

「な~るほどっ!もしも左の車のナンバーが、‘12-34’だったとしたら、2台しかいない車のナンバーが、‘12-34’&‘56-78’と繋がるってこと?!」
「そう!そう!案外回転いいじゃんっ!」

「な~るほど、あと一歩で‘奇跡’!って訳だっ!あんた、よくこんな詰まらんことに気付くね~、感心するよっ!」
「・・・・・・!」

(つづく)
[2016/08/27 23:59] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
designated by FC2