夜の歌舞伎座、外から拝見!
歌舞伎座で、歌舞伎を見たことがない!

外人はみんな不思議がる。日本人ならみんな誰でも一年に一度くらいは歌舞伎を見ていると思っているからだ。

昔は、日本人ならみんな‘柔道’や‘空手’の達人と思っていたことと同じである。

歌舞伎は、一つの外題を通しで見たことなどない。
名場面だけをTVで見るだけである。
或いは、梨園の稽古の苦しさ・素晴しさを‘ドキュメンタリー’等で見るだけである。

でも一度くらいは、‘本物’を見てみたいという‘願望’は持っている!

2013年12月12日、忘年会が銀座であると言うので参加することとなった。
忘年会なんて、ここ2,3年やったことがない!

18:00からというのに、ここ千葉県茂原市に住んでいると、どうしても電車の遅延やその他のことを考慮して1時間以上のゆとりを持って家を出る習慣が見に付いてしまっている。これは勿論‘歳の所為’でもあるのだろう。

そん訳で、新装なった歌舞伎座を見てみようと思い立ったのである。

歌舞伎座に到着したのは、17:20頃であった。30分は十分見れる!

DSC_0898-2.jpg
2013年12月12日17:24
空はスッキリと晴れ、上弦過ぎの月が懸かっていた!

DSC_0898-3.jpg
拡大してみた。

DSC_0898-4.jpg
更に・・・。

DSC_0899-2_201312182326304be.jpg
‘歌舞伎座’の大垂れ幕。此の垂れ幕の色はこの色に決まっているのだろうか?

DSC_0900-2.jpg

DSC_0902-2.jpg

DSC_0901-2.jpg
歌舞伎座の色を見てみると、上の大垂れ幕の色は別として、‘白’、‘赤’、‘黒’の3色である。これは役者さんの色の3色と同じなのだろう!

o0314045011766512989.jpg
http://ameblo.jp/koto8888/day-20120201.html
やはり3色で出来ている!

DSC_0903-2.jpg

DSC_0904-2.jpg

DSC_0905-2_20131218232631aac.jpg

DSC_0906-2.jpg

DSC_0907-2.jpg

DSC_0908-2_20131218232628bba.jpg

DSC00002-847a5.jpg
http://ichie-inc.blog.so-net.ne.jp/2013-04-15
これが昼間の歌舞伎座

DSC00005-402b4.jpg
http://ichie-inc.blog.so-net.ne.jp/2013-04-15

DSC00006-a4601.jpg
http://ichie-inc.blog.so-net.ne.jp/2013-04-15

歌舞伎座の紋章は、‘鳳凰丸’

http://www.kabuki-za.co.jp/sya/vol46.html
今回は歌舞伎座の座紋「鳳凰丸(ほうおうまる)」の紹介です。「鳳凰丸」は歌舞伎座の創設者の一人、福地桜痴が、新築した自宅の釘かくしに用いたこの紋をいたく気に入り歌舞伎座の紋に採用したのです。

 「鳳凰丸」の原形となったのは法隆寺の宝物「鳳凰円文螺鈿唐櫃(ほうおうえんもんらでんからひつ)」に使われた紋様です。さて、皆さんが一番よく目にするのは上の写真・正面玄関の紫の幕に白く染め抜かれ、いつもお客様を出迎えているものでしょう。この他歌舞伎座内には提灯・座席・瓦などいたるところに「鳳凰丸」が描かれています。

鳳凰は古来中国では、麟・亀・竜と共に四端として尊ばれた想像上の鳥で、とてもめでたいとされています。この様にたくさんの鳳凰が、この歌舞伎座とお客様をいつも温かく見守ってくれているのですね。


DSC_0911-2.jpg
17:34
今回は、ほんの数十分、夜の歌舞伎座を外から見ただけ。でも何だか純日本風な雰囲気が歌舞伎座の周りには漂っていた! 気が落ち着くと同時に高貴な文化に触れた感じがした!

戻って来た銀座4丁目の交差点は、廻りもリニューアル化され、流石に気品に溢れていた!

さあ、これから何年か振りの‘忘年会’!

(つづく)
スポンサーサイト
[2013/12/17 23:09] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
お富さんの墓
昨日は、‘切られ与三郎’の墓についての記事だった。この与三郎のモデルは、今年の1月1日から市へ昇格した大網白里市の出身である。そして、‘お富さん’のモデルが我が市・茂原の出身という訳である。ここまでは、昨日の弊ブログに、その詳細を書いておいた。
 

http://www.city.oamishirasato.lg.jp/contents_
detail.php?co=cat&frmId=7&frmCd=52-1-0-0-0

千葉県・大網白里市(おおあみしらさとし)は、歴史的にみると、古くからの遺跡等が存在しています。

 明治2年2月には、 宮谷みやざく の 本国寺ほんごくじ に庁舎が置かれ、木更津県が設置されるまでの2年9ケ月の間、宮谷県庁として千葉県近代史の一端を担いました。

 昭和29年には2町1村の合併により大網白里町が誕生し、丘陵(旧 大網町おおあみまち )・田園(旧 増穂村ますほむら )・海岸(旧 白里町しらさとまち )の3つの特徴ある風土をもつまちが形成されました。

 その後も豊かな海や自然を背景とした、第一次産業を中心とする地域でしたが、高度経済成長期に入り、千葉市や東京都心部からの郊外型ベットタウンとして注目され、昭和50年代からは、町西部の丘陵地を中心に宅地開発が進み、さらにJR京葉線の外房線乗り入れ等の交通アクセス向上によって急速に人口が増加し、平成25年1月1日に市制施行しました。


‘切られ与三郎’の墓は、これは‘拝み墓’なのだが、東金市の最福寺境内にあり、与三郎のモデルとなった‘中村大吉’の生まれ故郷が大網白里市で、‘お富さん’のモデル‘きちさん’の生まれ故郷が我が市・茂原であるという訳である。地図上の位置関係は、以下の通りである。

千葉県大網白里市 - Google マップ0001-3
‘Google’マップ。ピンク色で囲まれたところが、2013年01月01日に市となった大網白里市。その北側が東金市で、南側が茂原市である。

さあ、それで、肝心の‘お富さん’の墓が見つからない!

http://ginjo.fc2web.com/173otomi_yosaburou/otomi.htm
別格山天妙国寺(品川区南品川2-7)

 品川区立城南小学校の南側にあり旧東海道から山門をくぐります。ここに与三郎の墓があります。

 墓の左面に「四代目伊三郎」と大きく刻まれ、正面には弘化四丁未年(吟醸注1847)六月十六日 「勇猛院徳翁日進信士」 行年四拾六才。

彼と並んで女性の戒名 「操立院妙精日護信女」 明治十一年八月二十九日 が並んで刻まれています。

 四代目伊三郎は芳村伊三郎で切られの与三郎のモデルです。隣に彫られた明治まで生きた女性はお富のモデル、きちさんだったのでしょうか。だとすれば、二人仲良くここに眠っている事になります。

 お富さんの墓は千葉県茂原の藻原寺にも有ったが、墓地の改修工事で最近分からなくなってしまった。


そこで、この上の文献にある「別格山天妙国寺」のHPを見てみると以下の情報が載せられている。

base1_r1_c1.gifbase1_r1_c4.gif
顕本法華宗・鳳凰山天妙国寺は、弘安8年(1285年)に、日蓮大聖人の直弟子である天目上人により創建されました。堂宇建立の時、天より鳳凰の羽が舞い下りてきところから山号を「鳳凰山」と名づけ、また、本宗所依の経典である『妙法蓮華経』により国家安穏を祈る精舎として寺号を「妙国寺」と名づけましたが、現在は天妙国寺と改称しています。
http://tenmyokokuji.jp/history/index.html
境内施設のご案内
p01.gif
05 (1)

http://tenmyokokuji.jp/bohimei/index.html
芳村伊三郎の名は、江戸長唄の名家で、現代まで襲名され続けています。
4代目伊三郎は、清名幸谷の紺屋の中村家の二男として寛政十二年(1800年)に生まれました。名を中村大吉といい若い頃から長唄に親しみ、その美声と男ぶりは近隣でも有名だったようです。大吉は長じて木更津で型付職人として腕を磨き、年季が明けて清名幸谷に帰り兄の紺屋を手伝けしておりました。根が好きな長唄を唄うために家から1キロほどの東金と大網の中程の新堀の茶屋に足しげく通っておりました。そこで見そめたのが茂原生まれのきち(お富のモデル)でした。「お富・与三郎」で知られる歌舞伎狂言与話情浮名横櫛(よはなさけうきなのよこぐし)なのです。


このすぐ上の写真の右側のお墓が与三郎とお富さんのお墓だという!
sinagawa_yosaburouhaka.jpg
sinagawa_yosaburouhaka-2.jpg
一つ上の写真のトリミング拡大。正面の文字は、明確には判らない! 
TVドラマ「科捜研の女」や「相棒」に出て来るPC処理のようには、現実は上手くは行かないのである! 勿論特別誂えのソフトがあれば出来るのかも??

http://ginjo.fc2web.com/173otomi_yosaburou/otomi.htm
品川区の天妙国寺を訪ねました。
 旧東海道品川宿の一角にあり、品川は北と呼ばれた吉原に対して南と呼ばれ女郎(飯盛り女)が男達を遊ばせていました。その投げ込み寺が天妙国寺で、本堂裏に無縁仏の塚があります。

 与三郎の墓は墓所に入って、突き当たり少し手前の右側に二つ並んだ墓石の一つがそうです。

「勇猛院徳翁日進信士」(右の行)と
「操立院妙精日護信女」(左の行)の

二人の名が並んで刻まれています。お富(きち)さんだとすれば、彼が亡くなって約30年生きていたことになります。その後合祀されたのでしょう。また、墓石左面には四代目芳村伊三郎の名があります。


こうなった以上は、次に東京へ出る際に時間を作って天妙国寺へ出かけて行きこのお墓の写真を撮影してお二人の‘戒名’をハッキリさせたい!

(つづく)
[2013/05/20 19:03] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2