FC2ブログ
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の生態(その5)<最終回>
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の生態(その5)<最終回>

この「ナミアゲハ」は、このシリーズの最初にも書かせて貰ったが、何という大胆さかは知らないが、カメラを構えている私の目の前、約50cmのところで自分の体全体が私に見えるように数秒間に一度飛び立っては止まりを繰り返してくれたのであ~る!

この蝶が鈍感なのか?、
私に‘殺気’がなかったのか?

お陰でこの蝶の「生態」の一部を垣間見ることが出来た!

「本当に‘生態’って言葉が当たってるの?」
「まあ、ネ!」

DSCN0216-2.jpg
DSCN0216-3.jpg
DSCN0216-4.jpg
DSCN0216-5.jpg
DSCN0216-6.jpg

もう一度、頭の部分を!

DSCN0216-7.jpg

これまでの全体が解かる画像を、ど~ぞ!

DSCN0211-3.jpg
DSCN0212-3.jpg
DSCN0213-3.jpg
DSCN0214-3.jpg
DSCN0216-3.jpg

次は‘蜘蛛’かも?

(つづく)
スポンサーサイト



[2019/06/17 12:18] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の生態(その4)
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の生態(その4)

この「ナミアゲハ」は、まるでファッションモデルのように、何度も何度も飛び立っては止まりを繰り返しをしてくれたのであ~る!

DSCN0214-2.jpg
DSCN0214-3.jpg
DSCN0214-4.jpg
DSCN0214-5.jpg
DSCN0214-6.jpg
DSCN0214-7.jpg

足の先端が、掴まり易いように「カギ状」になっている事が判る!

さて、もう一度頭の部分を!

DSCN0214-9.jpg

この「毛」の役割は何なのだろうか?

(つづく)
[2019/06/16 23:08] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の生態(その3)
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の生態(その3)

今回も、また「ナミアゲハ」を別の角度から・・・。

DSCN0213-2.jpg
DSCN0213-3.jpg
DSCN0213-4.jpg
DSCN0213-5.jpg
DSCN0213-6.jpg

もう一度、頭の部分を・・・。

DSCN0213-7.jpg
DSCN0213-8.jpg

次回もまた別の角度からの画像を!

(つづく)
[2019/06/14 08:44] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の生態(その2)
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の生態(その2)

タイトルに「生態」などという偉そうな言葉を使わせて貰っているが、そんな大袈裟なことをしようというのではない、勿論。

ボキャブラリー不足から、使わせて貰っただけで、この「ナミアゲハ」が一寸止まっては直ぐに飛び始め、またすぐに紫陽花に停まっては蜜を吸うのを繰り返し行ったがために、色々な角度から撮影出来たことを掲載しようとしただけである!

勿論、それも「生態」の何%に当たるだろうという、いい加減な軽い気持ちでタイトルにしただけである!

https://dictionary.goo.ne.jp/jn/122175/meaning/m0u/
せい‐たい【生態】の意味
意味

出典:デジタル大辞泉(小学館)

生物が自然界に生活しているありさま。「アリの生態」

2 人間の、社会生活におけるありのままの姿。「サラリーマンの生態」


さて、前置きはこれくらいにして・・・。

DSCN0212-2.jpg
DSCN0212-3.jpg
DSCN0212-4.jpg
DSCN0212-5.jpg
DSCN0212-6.jpg

このチョウは、私が目の前でカメラを構えているのを知っていて、「ハイッ、ど~ぞ!」と言わんばかりのポーズをとってくれたから不思議である!

多分猛烈にお腹がすいていたのだろうか?

(つづく)
[2019/06/13 10:23] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
棚田の美!
「薫風の棚田へ ~千葉県嶺岡山地~」<小さな旅>というNHKの番組を見た・・・。(2019年6月2日放映)

千葉県に住んでいながら、この場所に行ったことはなかった!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B6%BA%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E5%9C%B0
嶺岡山地(みねおかさんち、英:Mineoka Mountains)とは、千葉県南部の房総半島にある房総丘陵のうち、加茂川以南の嶺岡愛宕山・嶺岡浅間などの山々を指す。嶺岡山系(みねおかさんけい)とも呼ばれている。県立嶺岡山系自然公園に指定されている。

一般に嶺岡山(みねおかやま、峯岡山)と呼ばれるのは嶺岡愛宕山を中心とした連峰を指し、特定の山を指す呼称ではない。

概要
行政区域においては千葉県鴨川市・南房総市・鋸南町の一部にあたる。

現在は県立嶺岡山系自然公園(けんりつみねおかさんけいしぜんこうえん、1935年8月9日千葉県条例指定・1964年6月9日自然公園法による指定)に含まれている。


DSCN0102.jpg
DSCN0103.jpg
DSCN0104.jpg
DSCN0106.jpg
DSCN0107.jpg
DSCN0108.jpg
DSCN0109.jpg
DSCN0110.jpg
DSCN0112.jpg
DSCN0113.jpg

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/nhk/55/1267813/
小さな旅 (バラエティ/情報)
08:01~
千葉県にある嶺岡山地は房総半島にある。5月に訪れると、山の中腹には棚田が広がっていた。その中で農作業を行っていた男性に密着した。男性は稲作農家で、家は代々米作りをしてきたという。

千葉県にある嶺岡山地で、稲作農家の男性に密着した。男性は高校卒業後、隣町で会社勤めをしながら家族の棚田を大切に守ってきた。男性は、「土がある程度粘度系含んでるから水もちも良い」などと語った。

千葉県にある嶺岡山地で、稲作農家の男性に密着した。5月の大型連休に嶺岡の集落には首都圏各地から田植え体験をしたいと沢山の人たちがやってきた。男性は田植えの先生役で人々に田植えの方法を教えていた。

千葉県にある嶺岡山地で、湧き水を利用する男性に密着した。男性によると昔は水が足りなく湧き水を引いていなかったため、子どもが頑張って運んでいたという。60年前に村の有志たちが山に分け入り、水源探しが行われ、今使われている湧き水が引かれた。

千葉県にある嶺岡山地で、牛を飼っている男性に密着した。この地で牛を飼ってきたのは米作りの農家達で、山の湧き水を使ってきた。どの家にも1~2頭は必ず牛がいた。不作の年にも牛の乳を売って生活の足しにしていたという。

千葉県にある嶺岡山地で、牛を飼っている男性に密着した。男性と奥さんは近所でも評判のおしどり夫婦である。この日は、出産を終えたばかりの雌牛の濃い乳を酢で固めた「チッコカタメターノ」だった。


場所は、以下の通り・・・。

Screenshot_20190609-105543.png
出典;Googleマップ

が私の自宅だから、およそ車で2時間で行ける?

(つづく)
[2019/06/09 11:09] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
情報を戴きました!
昨日(2019年6月6日)19:02に貴重で有難い情報を頂戴しました!
いつもいつも、弊ブログにアクセスを戴く「Sさま」からである!

有難うございました!

『カメムシだと思います。たぶん、チャバネアオカメムシだと思います。』

というコメントで~す!

弊ブログの一昨日(2019/06/05)の「ジュンベリーの収穫(その2)」の記事で、「この昆虫の名前が解からない!」と書かせて貰ったのところ、上述の通りの有難い、嬉しいコメントを頂戴したのである!

弊ブログに掲載させてもらった、ジュンベリーに集まる昆虫の画像は以下の通り・・・。

DSCN0074-2.jpg
DSCN0074-3.jpg
DSCN0076-2.jpg
DSCN0076-3.jpg
DSCN0077-2_201906041303282dd.jpg
DSCN0077-3.jpg
DSC_0212-4.jpg
DSC_0212-6.jpg

とうとうであったのだが、この昆虫の名前が解からない!昆虫図鑑等々で少しは探してみたが、昆虫音痴の私には「カメムシ」にもたどり着かなかったのである!

早速ご指摘頂いた「チャバネアオカメムシ」をネットで検索した・・・。

https://www.insects.jp/kon-kametyabane.htm
チャバネアオカメムシ
カメムシ目 カメムシ亜目 カメムシ科 カメムシ亜科
Plautia stali
大きさ 11mm前後
時 期 4-10月
分 布 北海道・本州・四国・九州・沖縄
美しい黄緑色で、その名のとおり翅の部分が茶色いカメムシ。
雑木林の周辺で見られ、サクラやクワの実の汁を吸う。カキ、ナシなど、果樹園の果実を食害するので嫌われる。夜、灯火にも良く飛んでくる。


tyabanea1006068417.jpg
070824tyabaneao875.jpg
990529tyabaneao1.jpg

正に、正に、仰せの通り「チャバネアオカメムシ」でした!

有難うございました!
今後とも何卒よろしくご指導を戴きますように・・・。

(つづく)
[2019/06/07 07:50] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
嬉しいコメントを戴きました!
嬉しいコメントを戴きました!

本弊ブログ、2019年5月7日掲載の記事「ナニワイバラが満開!群がる昆虫(その3)」に関して、5月9日に嬉しいコメントを戴きました!有難うございました!

5月7日の弊ブログの後半には、以下の通り、この昆虫の名前が判らないので・・・・

DSCN3535-2.jpg
DSCN3535-3.jpg
DSCN3537-2.jpg
DSCN3538-2.jpg

いや、いや、、困った!

次の3種類のカミキリムシのどれなのだろうか?
それとも別の・・?

<ミドリカミキリムシ>
ミドリカミキリムシ
出典:https://www.insects.jp/kon-kamimidori.htm

<アカアシオオアオカミキリ>
アカアシオオアオカミキリ
出典:https://www.insects.jp/kon-kamiakaasiooao.htm

<アオカミキリ>
アオカミキリ
出典:http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibu
tsu/doubutsu/09kochu/kamikiri/ao/index.html


(つづく)

ということで、ド素人なりの検索結果を掲載させて戴いておりましたところ、上述の通り、「5月9日」に或る方(S様)から

『 もしかするとモモブトカミキリモドキ(メス)かもしれません 』

という嬉しい、嬉しいコメントを頂戴することが出来ました!

そこで、ネットで検索してみると、次の記事が見つかりました!

https://blogs.yahoo.co.jp/taabouman/32628479.html
春に出現するモモブトカミキリモドキは、タンポポなど黄色い花に集まることが多いカミキリムシの仲間。和名のモモブトというのは、雄の後脚腿節部が太いところに由来し、雌は太くならない。

これと姿形がよく似たアオグロカミキリモドキは、分布・時期・環境もほとんど同じで間違えやすいが、本種の上翅が半開きであるのに対し、アオグロカミキリモドキはピッタリ閉じているので識別は容易でしょう。


img_0_m.jpg
img_2_m.jpg

さて、上述の通り、雄は、

img_1_m.jpg

https://blogs.yahoo.co.jp/taabouman/32633109.html
モモブトカミキリモドキ() [学名 Oedemera lucidicollis] 甲虫目カミキリモドキ科カミキリモドキ亜科
 全体は藍色で無光沢、上翅に三本の稜筋がある。
 胸背面の中央と左右にくぼみがある。
 上翅の先端が開き完全に閉じない形状。
 触角は体長の0.7倍ほどある。
 腿が太いのは雄だけで雌は普通。


 体 長: 5.5~8mm
 時 期: 4-6月
 分 布: 北・本・四・九
 環 境: 平地、林縁、草原、郊外
 食 餌: 各種の花粉や蜜


こうやって調べてみると、コメントを頂戴した(S様)は、全てお見通し済みでのコメントであったことが判ります!
どうもありがとうございました!

実は、この(S様)は、先般の「ゴミ蜘蛛」についてもご指導を戴いた方でした!有難うございました!今後共何卒よろしくご指導戴きますように・・・。

因みに、上記の「モモブトカミキリモドキ」の文献の「補足資料」には、次の様なデータも記載されております!驚き以外の何物でもありません!上には上の・・・。

https://blogs.yahoo.co.jp/taabouman/32633109.html
※補足資料・カミキリ科(アイウエオ順)
アイヌホソコバネカミキリ/アオカミキリ/アオカミキリモドキ/アオキクスイカミキリ/アオグロカミキリモドキ/アオスジカミキリ/アオバホソハナカミキリ/アオヒメコバネカミキリ/アオヒメスギカミキリ/アカアシオオアオカミキリ/アカイロニセハムシハナカミキリ/アカオニアメイロカミキリ/アカガネカミキリ/アカジマトラカミキリ/アカネカミキリ/アカネキスジトラカミキリ/アカネトラカミキリ/アカハナカミキリ/アカムネハナカミキリ/アサカミキリ/アサマヒメハナカミキリ/アシナガゴマフカミキリ/アトジロサビカミキリ/アトモンサビカミキリ/アトモンチビカミキリ/アトモンマルケシカミキリ/アナバネヒゲナガカミキリ/アマミアカハネハナカミキリ/アマミアヤモンチビカミキリ/アマミアラカワシロへリトラカミキリ/アマミウスグロトラカミキリ/アマミウスフタモンサビカミキリ/アマミカギモンミドリホソトラカミキリ/アマミキイロトラカミキリ/アマミキボシカミキリ/アマミクスベニカミキリ/アマミクロオビトゲムネカミキリ/アマミコウノゴマフカミキリ/アマミコブヒゲカミキリ/アマミシロオビチビカミキリ/アマミズマルトラカミキリ/アマミセンノカミキリ/アマミチビトラカミキリ/アマミドイカミキリ/アマミトゲウスバカミキリ/アマミトゲヒゲトラカミキリ/アマミトビイロカミキリ/アマミニセクワガタカミキリ/アマミノブオケシカミキリ/アマミハリムネモモブトカミキリ/アマミヒメヒゲナガカミキリ/アマミビロウドカミキリ/アマミホソコバネカミキリ/アマミモモブトコバネカミキリ/アマミモンキカミキリ/アマミヨツスジハナカミキリ/アマミリンゴカミキリ/アマミルリホソヒゲカミキリ/アメイロカミキリ/アヤモンチビカミキリ/アラカワシロへリトラカミキリ/アラゲオガサワラカミキリ/アラメハナカミキリ/イエカミキリ/イオウジマケシカミキリ/イガブチヒゲハナカミキリ/イシガキイトヒゲカミキリ/イシガキウスアヤカミキリ/イシガキオオキバノコギリカミキリ/イシガキキボシカミキリ/イシガキキマダラミヤマカミキリ/イシガキクワカミキリ/イシガキケブトハナカミキリ/イシガキシロオビサビカミキリ/イシガキシロスジドウボソカミキリ/イシガキスジシロカミキリ/イシガキタイワンチビカミキリ/イシガキツツクビカミキリ/イシガキトガリバサビカミキリ/イシガキトゲウスバカミキリ/イシガキヒメビロウドカミキリ/イシガキビロウドカミキリ/イシガキフトカミキリ/イシガキヨナグニゴマフカミキリ/イシガキリンゴカミキリ/イシヅチヒメハナカミキリ/イズクモノスモンサビカミキリ/イズシラホシカミキリ/イスチビトラカミキリ/イズドイカミキリ/イズトカラコブヒゲカミキリ/イズニセビロウドカミキリ/イタヤカミキリ/イチジクカミキリ/イチョウヒゲビロウドカミキリ/イッシキモンキカミキリ/イツホシシロカミキリ/イヘヤオキナワフトカミキリ/イボタサビカミキリ/イマサカドウボソカミキリ/イヨヒメハナカミキリ/イリエシラホシサビカミキリ/イリオモテコブバネサビカミキリ/イリオモテトラカミキリ/イワサキキンスジカミキリ/イワワキセダカコブヤハズカミキリ/ウスアヤカミキリ/ウスイロトラカミキリ/ウスイロヒメハナカミキリ/ウスイロフトカミキリ/ウスグロアメイロカミキリ/ウスグロトラカミキリ/ウスグロホソバネカミキリ/ウスゲアメイロカミキリ/ウスバカミキリ/ウスフタモンサビカミキリ/ウスモンメダカカミキリ/ウスリーオオカミキリ/エグリトラカミキリ/エゾアメイロカミキリ/エゾカミキリ/エゾサビカミキリ/エゾシロオビドイカミキリ/エゾスミイロハナカミキリ/エゾトゲムネカミキリ/エゾトラカミキリ/エゾナガヒゲカミキリ/エゾハイイロハナカミキリ/エトロフハナカミキリ/エラブカスリドウボソカミキリ/エラブシロスシドウボソカミキリ/エラブモモブトトゲバカミキリ/オオアオカミキリ/オオキハネナシサビカミキリ/オオクボカミキリ/オオクロカミキリ/オオシマウスアヤカミキリ/オオシマゴマダラカミキリ/オオシマサキシマトゲムネカミキリ/オオシマドウボソカミキリ/オオシマハネナシサビカミキリ/オオシマビロウドカミキリ/オオシマホソハナカミキリ/オオシマミドリカミキリ/オオシマヤハズカミキリ/オオシロカミキリ/オオスミヒゲナガカミキリ/オオスミミドリカミキリ/オオトラカミキリ/オオハナカミキリ/オオバヤシトゲヒゲトラカミキリ/オオバヤシヒメハナカミキリ/オオヒメハナカミキリ/オオホソコバネカミキリ/オオマルクビヒラタカミキリ/オオミネヒメハナカミキリ/オオムラサキカミキリ/オオヨツスジハナカミキリ/オガサワライカリモントラカミキリ/オガサワラオオシロカミキリ/オガサワラカミキリ/オガサワラキイロトラカミキリ/オガサワラコバネカミキリ/オガサワラゴマダラカミキリ/オガサワラゴマフカミキリ/オガサワラチビトラカミキリ/オガサワラチャイロカミキリ/オガサワラトビイロカミキリ/オガサワラトラカミキリ/オガサワラヒラタカミキリ/オガサワラビロウドカミキリ/オガサワラムネスジウスバカミキリ/オガサワラモモブトコバネカミキリ/オキナワアヤモンチビカミキリ/オキナワウスアヤカミキリ/オキナワカスリドウボソカミキリ/オキナワカノコサビカミキリ/オキナワキボシカミキリ/オキナワキンケチャイロカミキリ/オキナワキンケビロウドカミキリ/オキナワクビジロカミキリ/オキナワクロオビトゲムネカミキリ/オキナワクワカミキリ/オキナワコウノゴマフカミキリ/オキナワコブバネサビカミキリ/オキナワコブヒゲカミキリ/オキナワゴマフカミキリ/オキナワサビカミキリ/オキナワジャノメカミキリ/オキナワスジシロカミキリ/オキナワズマルトラカミキリ/オキナワセンノカミキリ/オキナワタイワンチビカミキリ/オキナワチビトラカミキリ/オキナワチャボハナカミキリ/オキナワトゲヒゲトラカミキリ/オキナワノブオケシカミキリ/オキナワハネナシサビカミキリ/オキナワヒゲナガコバネカミキリ/オキナワビロウドカミキリ/オキナワフトカミキリ/オキナワホソバネカミキリ/オキナワミドリカミキリ/オキナワモモブトコバネカミキリ/オキナワモンキカミキリ/オキナワヨスジシラホシサビカミキリ/オキナワヨツスジハナカミキリ/オキナワリンゴカミキリ/オキナワルリボシカミキリ/オキノエラブアヤモンチビカミキリ/オキノエラブカノコサビカミキリ/オキノエラブキボシカミキリ/オキノエラブコウノゴマフカミキリ/オキノエラブコブヒゲカミキリ/オキノエラブリンゴカミキリ/オクエゾトラカミキリ/オダヒゲナガコバネカミキリ/オトメクビアカハナカミキリ/オニグルミキモンカミキリ/オニヒゲナガコバネカミキリ/オニホソコバネカミキリ/オビレカミキリ/オモトウスアヤカミキリ/オモロビロウドカミキリ/オヤマヒメハナカミキリ/カエデノへリグロハナカミキリ/カエデヒゲナガコバネカミキリ/カクムネヒメハナカミキリ/カサハラツヤケシハナカミキリ/カスガエゾトラカミキリ/カスガキモンカミキリ/カスリチビカミキリ/カスリドウボソカミキリ/カタキカタビロハナカミキリ/カタキハナカミキリ/カタシロゴマフカミキリ/カタモンビロウドカミキリ/カッコウカミキリ/カッコウメダカカミキリ/カノコサビカミキリ/カノミドリトラカミキリ/カラカネハナカミキリ/カラフトトホシハナカミキリ/カラフトヒゲナガカミキリ/カラフトホソコバネカミキリ/カラフトモモブトカミキリ/カラフトヨツスジハナカミキリ/カラマツカミキリ/ガロアケシカミキリ/カンボウトラカミキリ/キアシカミキリモドキ/キイロアラゲカミキリ/キイロイトヒゲカミキリ/キイロカミキリモドキ/キイロトラカミキリ/キイロミヤマカミキリ/キイロメダカカミキリ/キカイジマノブオケシカミキリ/キクスイカミキリ/キクスイモドキカミキリ/キジマトラカミキリ/キスジトラカミキリ/キソコマベニハナカミキリ/キタクニハナカミキリ/キタジマモモブトカミキリ/キタセスジヒメハナカミキリ/キッコウモンケシカミキリ/キヌツヤハナカミキリ/キバネアラゲカミキリ/キバネニセハムシハナカミキリ/キバネニセリンゴカミキリ/キベリカタビロハナカミキリ/キベリクロヒメハナカミキリ/キボシカミキリ/キボシチビカミキリ/キボシマダラカミキリ/キマダラヒメヒゲナガカミキリ/キマダラヒメミヤマカミキリ/キマダラミヤマカミキリ/キモンカミキリ/キモンハナカミキリ/キュウシュウオオクボカミキリ/キュウシュウシナカミキリ/キュウシュウチビトラカミキリ/キュウシュウトゲバカミキリ/キュウシュウヌバタマハナカミキリ/キュウシュウハネナシサビカミキリ/キュウシュウヒメコブハナカミキリ/キュウシュウヒメハナカミキリ/キュウシュウへリグロホソハナカミキリ/キョクトウトラカミキリ/キリシマゴマフカミキリ/キリシマヒメサビカミキリ/キンケチャイロカミキリ/キンケトラカミキリ/キンケビロウドカミキリ/クサマサビカミキリ/クスベニカミキリ/クスモモブトカミキリモドキ/クチノエラブトカラコブヒゲカミキリ/クビアカアメイロカミキリ/クビアカトラカミキリ/クビアカハナカミキリ/クビアカモモブトホソカミキリ/クビジジロカミキリ/クビナガケシカミキリ/クビボソハナカミキリ/クマゲアラカワシロへリトラカミキリ/クマゲカノコサビカミキリ/クマゲヒメヒゲナガカミキリ/クマゲヨツスジハナカミキリ/クマタヒメコバネカミキリ/クメジマコウノゴマフカミキリ/クモガタケシカミキリ/クモノスモンサビカミキリ/クモマハナカミキリ/クリイロシラホシカミキリ/クリイロチビケブカカミキリ/クリサビカミキリ/クリストフコトラカミキリ/クリチビカミキリ/クロオオハナカミキリ/クロオビトゲムネカミキリ/クロカミキリ/クロキクスイカミキリ/クロキモンカミキリ/クロコバネカミキリ/クロサワヒメコバネカミキリ/クロサワへリグロハナカミキリ/クロセンノカミキリ/クロソンホソハナカミキリ/クロチャボハナカミキリ/クロツヤアラゲカミキリ/クロツヤヒゲナガコバネカミキリ/クロトラカミキリ/クロニセリンゴカミキリ/クロハナカミキリ/クロヒゲビロウドカミキリ/クロヒラタカミキリ/クロホソコバネカミキリ/クロモンキイロイエカミキリ/クロモンゴマフカミキリ/クロモンヒゲナガヒメルリカミキリ/クロモンヒメカミキリ/クロヨコモンヒメハナカミキリ/クロルリハナカミキリ/クワカミキリ/クワサビカミキリ/クワヤマトラカミキリ/ケシカミキリ/ケズネオガサワラカミキリ/ケズネケシカミキリ/ケズネチビトラカミキリ/ケナガカミキリ/ケハラゴマフカミキリ/ケブカトラカミキリ/ケブカヒラタカミキリ/ケブカマルクビカミキリ/ケブトハナカミキリ/ケマダラカミキリ/コアオハナカミキリ/ゴイシモモブトカミキリ/コウザンドウボソカミキリ/コウノゴマフカミキリ/コウノニセリンゴカミキリ/コウヤホソハナカミキリ/コゲチャサビカミキリ/コゲチャトゲフチオオウスバカミキリ/コゲチャヒラタカミキリ/コゲチャフタモンヒゲナガカミキリ/コシキジマセミスジコブヒゲカミキリ/コシキハネナシサビカミキリ/コジマクロオビヒメカミキリ/コジマヒゲナガコバネカミキリ/コジマベニスジカミキリ/コトヒメハナカミキリ/コトラカミキリ/コバネカミキリ/コバルトヒゲナガコバネカミキリ/コブスジサビカミキリ/コブバネゴマフカミキリ/コブバネサビカミキリ/コブヤハズカミキリ/コボトケヒゲナガコバネカミキリ/ゴマダラカミキリ/ゴマダラモモブトカミキリ/ゴマフカミキリ/ゴマフキマダラカミキリ/ゴマフサビカミキリ/サイゴクヒメハナカミキリ/サキシマアトモンチビカミキリ/サキシマウスアヤカミキリ/サキシマコブヒゲカミキリ/サキシマトゲヒゲトラカミキリ/サキシマトゲムネカミキリ/サキシマニセクワガタカミキリ/サキシマヒメカミキリ/サタサビカミキリ/サツマスギノアカネトラカミキリ/サツマヒメコバネカミキリ/サツマヒメヒゲナガカミキリ/サツマリンゴカミキリ/サトウオガサワラカミキリ/サトウケシカミキリ/サトウビロウドカミキリ/サドコブヤハズカミキリ/サドセスジヒメハナカミキリ/サドチビアメイロカミキリ/サドチャイロヒメハナカミキリ/サドミヤマチビコブカミキリ/サヌキセダカコブヤハズカミキリ/サビアヤカミキリ/サビカミキリ/シコクヒメコブハナカミキリ/シコクヒメハナカミキリ/シコクヒメヒゲナガカミキリ/シコクヨツスジハナカミキリ/シナカミキリ/シナノエゾハイイロハナカミキリ/シナノクロフカミキリ/シナノサビカミキリ/シナノヒメハナカミキリ/シバタアラゲサビカミキリ/シバタヒゲナガコバネカミキリ/シマトゲバカミキリ/シモフリナガヒゲカミキリ/ジャコウカミキリ/ジャコウホソハナカミキリ/ジュウジクロカミキリ/ジュウニキボシカミキリ/ジュウモンジニセリンゴカミキリ/シラオビゴマフケシカミキリ/シラケトラカミキリ/シラネヒメハナカミキリ/シラハタリンゴカミキリ/シラフヒゲナガカミキリ/シラフヨツボシヒゲナガカミキリ/シラホシカミキリ/シラホシキクスイカミキリ/シラホシヒゲナガコバネカミキリ/シラユキヒメハナカミキリ/シララカハナカミキリ/シリナガカミキリモドキ/シロアラゲカミキリ/シロオビゴマフカミキリ/シロオビチビカミキリ/シロオビチビヒラタカミキリ/シロオビドイカミキリ/シロオビトラカミキリ/シロスジカミキリ/シロスジドウボソカミキリ/シロスジトゲバカミキリ/シロトラカミキリ/シロへリトラカミキリ/シンシュウヒメハナカミキリ/シンシュウヒメハナカミキリ/スギカミキリ/スギノアカネトラカミキリ/スギノズマルトラカミキリ/スジカミキリモドキ/スジシロカミキリ/スジダカサビカミキリ/ススキサビカミキリ/ススキハネナシチビカミキリ/スネケブカヒロコバネカミキリ/ズマルトラカミキリ/スミイロハナカミキリ/スモモブトカミキリモドキ/セスジヒメハナカミキリ/セダカコブヤハズカミキリ/セミスジコブヒゲカミキリ/セミスジニセリンゴカミキリ/センカクキラホシカミキリ/センノカミキリ/ソボセダカコブヤハズカミキリ/ソボリンゴカミキリ/ダイセンセダカコブヤハズ/タイリクカンボウトラカミキリ/タイリクフタホシサビカミキリ/タイワンゴマダラカミキリ/タイワンチビカミキリ/タイワンメダカカミキリ/タカオメダカカミキリ/タカサゴシロカミキリ/タカネヒメハナカミキリ/タキグチモモブトホソカミキリ/タケウチヒゲナガコバネカミキリ/タケウチホソハナカミキリ/タケトラカミキリ/タコサビカミキリ/タテジマカミキリタテジマホソハナカミキリ/タテスジゴマフカミキリ/タテスジドウボソカミキリ/タニグチコブヤハズカミキリ/タネクロモンゴマフカミキリ/ダンジョニセビロウドカミキリ/ダンジョヤハズカミキリ/チチジマオガサワラコバネカミキリ/チチブニセリンゴカミキリ/チビコブカミキリ/チビハナカミキリ/チャイロチビヒラタカミキリ/チャイロヒゲビロウドカミキリ/チャイロヒメカミキリ/チャイロヒメコブハナカミキリ/チャイロヒメハナカミキリ/チャイロホソヒラタカミキリ/チャゴマフカミキリ/チャバネクロツツカミキリ/チャボハナカミキリ/チャボヒゲナガカミキリ/チュウジョウクビアカモモブトホソカミキリ/チュウジョウトラカミキリ/チュウジョウヒメハナカミキリ/チュウブマヤサンコブヤハズカミキリ/チョウセンシロカミキリ/ツジヒゲナガコバネカミキリ/ツシマアメイロカミキリ/ツシマケシカミキリ/ツシマゴマフチビカミキリ/ツシマサビカミキリ/ツシマセダカコブヤハズカミキリ/ツシマドウボソカミキリ/ツシマナカジロサビカミキリ/ツシマニイジマチビカミキリ/ツシマニセビロウドカミキリ/ツシマハネナシサビカミキリ/ツシマヒメハナカミキリ/ツシマホソキリンゴカミキリ/ツシマムナクボカミキリ/ツシマヨツスジハナカミキリ/ツチイロフトヒゲカミキリ/ツマキトラカミキリ/ツマグロアメイロカミキリ/ツマグロカミキリモドキ/ツマグロハナカミキリ/ツマグロヒメハナカミキリ/ツヤアラゲサビカミキリ/ツヤケシハナカミキリ/ツヤケシヒゲナガコバネカミキリ/ツヤナシトドマツカミキリ/ツルギセダカコブヤハズカミキリ/テツイロハナカミキリ/テツイロヒメカミキリ/ドイカミキリ/トウカイヒメハナカミキリ/トウキョウトラカミキリ/トウホクトラカミキリ/トウホクヒメハナカミキリ/ドウボソカミキリ/トガクシフサヒゲアオカミキリ/トカラアヤモンチビカミキリ/トカラウスフタモンサビカミキリ/トカラオキナワゴマフカミキリ/トカラカノコサビカミキリ/トカラキボシカミキリ/トカラケシカミキリ/トカラコブヒゲカミキリ/トカラニセビロウドカミキリ/トカラハネナシチビカミキリ/トカラヤハズカミキリ/トガリシロオビサビカミキリ/トガリバアカネトラカミキリ/トガリバホソコバネカミキリ/トキサカミセダカコブヤハズ/トクノシマキマダラミヤマカミキリ/トクノシマケシカミキリ/トクノシマゴマダラカミキリ/トゲウスバカミキリ/トゲナシモモブトカミキリ/トゲバカミキリ/トゲヒゲトビイロカミキリ/トゲヒゲトラカミキリ/トゲムネアラゲカミキリ/トゲムネホソヒゲカミキリ/トゲムネミヤマカミキリ/トサヒメハナカミキリ/トドマツカミキリ/トビイロカミキリ/トホシカミキリ/トホシハナカミキリ/トラフカミキリ/トラフホソバネカミキリ/トワダムモンメダカカミキリ/ナガカミキリモドキ/ナガゴマフカミキリ/ナカジロサビカミキリ/ナカネアメイロカミキリ/ナカネケシカミキリ/ナガバヒメハナカミキリ/ナカバヤシモモブトカミキリ/ナンキセダカコブヤハズカミキリ/ニイジマチビカミキリ/ニイジマトラカミキリ/ニイタカハナカミキリ/ニジモンサビカミキリ/ニセコゲチャサビカミキリ/ニセゴマダラモモブトカミキリ/ニセシナノクロフカミキリ/ニセシラホシカミキリ/ニセノコギリカミキリ/ニセハイイロハナカミキリ/ニセハコネホソハナカミキリ/ニセハムシハナカミキリ/ニセビロウドカミキリ/ニセフタオビヒメハナカミリ/ニセフトガタヒメカミキリ/ニセヤツボシカミキリ/ニセヨコモンヒメハナカミキリ/ニセリンゴカミキリ/ニッコウヒメハナカミキリ/ニッポンムネヒダミヤマカミキリ/ニッポンモモブトコバネカミキリ/ニホンチャイロヒメカミキリ/ニョウホウホソハナカミキリ/ニンフホソハナカミキリ/ヌバタマハナカミキリ/ネクマチジヒオドシハナカミキリ/ネジロカミキリ/ノコギリカミキリ/ノコギリヒメコバネカミキリ/ノブオフトカミキリ/ハイイロツツクビカミキリ/ハイイロハナカミキリ/ハイイロホソキリンゴカミキリ/ハイイロヤハズカミキリ/ハクサンシラネヒメハナカミキリ/ハクバヒメハナカミキリ/ハコネホソハナカミキリ/ハスオビヒゲナガカミキリ/ハセガワトラカミキリ/ハチウジョウウスアヤカミキリ/ハチジョウチビコブカミキリ/ハチジョウトビイロカミキリ/ハチジョウハネナシチビカミキリ/ハチジョウビロウドカミキリ/ハチジョウヤハズカミキリ/ハチジョウルリボシカミキリ/ハッタアメイロカミキリ/ハテルマタテスジドウボソカミキリ/ハテルマヨナグニゴマフカミキリ/ハネビロハナカミキリ/ハハジマフタモンアメイロカミキリ/ハヤシケシカミキリ/ハヤシサビカミキリ/ハラアカコブカミキリ/ハンノアオカミキリ/ハンノオオルリカミキリ/ハンノキカミキリ/ヒゲシロアラゲカミキリ/ヒゲジロハナカミキリ/ヒゲジロホソコバネカミキリ/ヒゲナガアメイロカミキリ/ヒゲナガウスシロカミキリ/ヒゲナガカミキリ/ヒゲナガゴマフカミキリ/ヒゲナガシラホシカミキリ/ヒゲナガヒメカミキリ/ヒゲナガヒメルリカミキリ/ヒゲナガホソハナカミキリ/ヒゲナガモモブトカミキリ/ヒゲブトハナカミキリ/ヒコサンヒゲナガコバネカミキリ/ヒシカミキリ/ヒスイヒメハナカミキリ/ピックチビコブカミキリ/ピックニセハムシハナカミキリ/ヒトオビアラゲカミキリ/ヒトオビチビカミキリ/ヒナルリハナカミキリ/ヒミコヒメハナカミキリ/ヒメアカハナカミキリ/ヒメアヤモンチビカミキリ/ヒメオガサワラカミキリ/ヒメクロトラカミキリ/ヒメシラオビカミキリ/ヒメシラフヒゲナガカミキリ/ヒメスギカミキリ/ヒメスジシロカミキリ/ヒメナガサビカミキリ/ヒメヒゲナガカミキリ/ヒメビロウドカミキリ/ヒメマルクビヒラタカミキリ/ヒメヨツスジハナカミキリ/ヒメリンゴカミキリ/ビャクシンカミキリ/ヒラヤマコブハナカミキリ/ビロウドカミキリ/ヒロオビオオゴマフカミキリ/フイリヒメハナカミキリ/ブービエヒメハナカミキリ/フェリエビロウドカミキリ/フェリエベニボシカミキリ/フクケントラカミキリ/フクチセダカコブヤハズカミキリ/フサヒゲルリカミキリ/フジコブヤハズカミキリ/フジヒメハナカミキリ/フタイロカミキリモドキ/フタオビアラゲカミキリ/フタオビヒメサビカミキリ/フタオビヒメハナカミキリ/フタオビミドリトラカミキリ/フタコブルリハナカミキリ/フタスジカタビロハナカミキリ/フタスジゴマフカミキリ/フタスジハナカミキリ/フタツメイエカミキリ/フタツメケシカミキリ/フタホシサビカミキリ/フタモンアメイロカミキリ/フタモンアラゲカミキリ/フタモンサビカミキリ/フタモンヒメサビカミキリ/フチグロヤツボシカミキリ/ブチヒゲハナカミキリ/ブドウトラカミキリ/フトエリマキヒメハナカミキリ/フトガタヒメカミキリ/フトキクスイモドキカミキリ/フトヒゲアメイロカミキリ/ブロイニングカミキリ/ベーツヒラタカミキリ/ベーツヤサカミキリ/ベニカミキリ/ベニバハナカミキリ/ベニハンノキカミキリ/ベニボシカミキリ/ベニモンゴマフカミキリ/へリウスハナカミキリ/へリグロアオカミキリ/へリグロチビコブカミキリ/へリグロベニカミキリ/へリグロホソハナカミキリ/へリグロリンゴカミキリ/ホウノキトゲバカミキリ/ホクチチビハナカミキリ/ホクリクヒメハナカミキリ/ホシベニカミキリ/ホソガタヒメカミキリ/ホソガタヒメハナカミキリ/ホソカミキリ/ホソキリンゴカミキリ/ホソコバネカミキリ/ホソツツリンゴカミキリ/ホソツヤヒゲナガコバネカミキリ/ホソトドマツカミキリ/ホソトラカミキリ/ホソハナカミキリ/ホソヒゲケブカカミキリ/ホソムネシラホシヒゲナガコバネカミキリ/ホタルカミキリ/ホンドアオバホソハナカミキリ/ホンドアカガネカミキリ/ホンドニセハイイロハナカミキリ/ホンドヒゲナガモモブトカミキリ/ホンドヒメシラオビカミキリ/マダラゴマフカミキリ/マツシタトラカミキリ/マツシタヒメハナカミキリ/マツダクスベニカミキリ/マツノマダラカミキリ/マホロバヒメハナカミキリ/マヤサンコブヤハズカミキリ/マルオカホソハナカミキリ/マルガタハナカミキリ/マルクビケマダラカミキリ/マルクビヒメカミキリ/マルバネコブヒゲカミキリ/マルモンサビカミキリ/ミイロトラカミキリ/ミクラチビカミキリ/ミスジヒメハナカミキリ/ミセンヒメハナカミキリ/ミチノクケマダラカミキリ/ミチノクヒメハナカミキリ/ミドリカミキリ/ミドリヒメスギカミキリ/ミドリヒラタカミキリ/ミナミイオウトラカミキリ/ミヤケキボシカミキリ/ミヤコアヤモンチビカミキリ/ミヤコキボシカミキリ/ミヤコヨナグニゴマフカミキリ/ミヤコリンゴカミキリ/ミヤコルリボシカミキリ/ミヤマカミキリ/ミヤマクロハナカミキリ/ミヤマケシカミキリ/ミヤマチビコブカミキリ/ミヤマドウボソカミキリ/ミヤマヒメハナカミキリ/ミヤマホソハナカミキリ/ミヤマモモブトカミキリ/ミヤマルリハナカミキリ/ミワヒメハナカミキリ/ムコジマキイイロトラカミキリ/ムツボシアオコトラカミキリ/ムツボシシロカミキリ/ムナコブハナカミキリ/ムナミゾハナカミキリ/ムネアカクロハナカミキリ/ムネアカメダカカミキリ/ムネアカヨコモンヒメハナカミキリ/ムネグロリンゴカミキリ/ムネコブゴマフカミキリ/ムネスジウスバカミキリ/ムネツヤサビカミキリ/ムネホシシロカミキリ/ムネマダラトラカミキリ/ムネモンウスアオカミキリ/ムネモンチャイロトラカミキリ/ムネモンヤツボシカミキリ/ムモンアラゲサビカミキリ/ムモンチャイロホソバネカミキリ/ムモンベニカミキリ/ムラサキアオカミキリ/ムラヤマムネコブサビカミキリ/メシマカタシロゴマフカミキリ/メシマキイロトラカミキリ/メシマキンケカミキリ/メシマトガリシロオビサビカミキリ/メシマハネナシチビカミキリ/モウセンハナカミキリ/モモグロハナカミキリ/モモブトカミキリモド/モモブトトゲバカミキリ/モモブトハナカミキリ/モリヤシロオビチビカミキリ/モンクロベニカミキリ/ヤエヤマアヤモンチビカミキリ/ヤエヤマカスリドウボソカミキリ/ヤエヤマカノコサビカミキリ/ヤエヤマクロオビトゲムネカミキリ/ヤエヤマクロスジホソハナカミキリ/ヤエヤマケシカミキリ/ヤエヤマゴマフカミキリ/ヤエヤマタテスジドウボソカミキリ/ヤエヤマドイカミキリ/ヤエヤマトラカミキリ/ヤエヤマヒオドシハナカミキリ/ヤエヤマヒシカミキリ/ヤエヤマフトカミキリ/ヤエヤマホソバネカミキリ/ヤエヤマモモブトコバネカミキリ/ヤクオニホソコバネカミキリ/ヤクキボシカミキリ/ヤクシマカタシロゴマフカミキリ/ヤクシマキスジトラカミキリ/ヤクシマコブヤハズカミキリ/ヤクシマセミスジコブヒゲカミキリ/ヤクシマチャイロヒゲビロウドカミキリ/ヤクシマノコギリカミキリ/ヤクシマビロウドカミキリ/ヤクシマへリウスハナカミキリ/ヤクシマホソカミキリ/ヤクシマホソコバネカミキリ/ヤクシマミドリカミキリ/ヤクシマヨツスジハナカミキリ/ヤクチビコブカミキリ/ヤクマルバネコブヒゲカミキリ/ヤツボシカミキリ/ヤツボシシロカミキリ/ヤツボシハナカミキリ/ヤツメカミキリ/ヤナギトラカミキリ/ヤノトラカミキリ/ヤノヒメハナカミキリ/ヤノヤハズカミキリ/ヤハズカミキリ/ヤマトキモンハナカミキリ/ヤマトシロオビトラカミキリ/ヤマトチビコバネカミキリ/ヤマトトゲバカミキリ/ヤマトヒメハナカミキリ/ヤマトヨツスジハナカミキリ/ヤマナラシモモブトカミキリ/ヤマヒメハナカミキリ/ヤンバルアトモンチビカミキリ/ヨコグロケシカミキリ/ヨコグロハナカミキリ/ヨコスジサビカミキリ/ヨコモンヒメハナカミキリ/ヨコヤマトラカミキリ/ヨコヤマヒゲナガカミキリ/ヨコヤマヒメカミキリ/ヨスジアオカミキリ/ヨスジシラホシサビカミキリ/ヨスジホソハナカミキリ/ヨツオビハレギカミキリ/ヨツキボシカミキリ/ヨツスジカミキリ/ヨツスジトラカミキリ/ヨツスジハナカミキリ/ヨツボシカミキリ/ヨツボシシロオビゴマフカミキリ/ヨツボシチビヒラタカミキリ/ヨナグニウスアヤカミキリ/ヨナグニキボシカミキリ/ヨナグニキマダラミヤマカミキリ/ヨナグニゴマダラカミキリ/ヨナグニゴマフカミキリ/ヨナグニジュウジクロカミキリ/ヨナグニシロスジドウボソカミキリ/ラミーカミキリ/リュウキュウアメイロカミキリ/リュウキュウクモガタケシカミキリ/リュウキュウクリイロシラホシカミキリ/リュウキュウタケウチヒゲナガコバネカミキリ/リュウキュウチビカミキリ/リュウキュウチビコバネカミキリ/リュウキュウトビイロカミキリ/リュウキュウヒメアメイロカミキリ/リュウキュウヒメカミキリ/リュウキュウヒメクロトラカミキリ/リュウキュウムナクボカミキリ/リュウキュウメダカアメイロカミキリ/リュウキュウモウセンハナカミキリ/リュウキュウルリボシカミキリ/リョウブモモブトヒメコバネカミキリ/リンゴカミキリ/ルリカミキリ/ルリカミキリモドキ/ルリハナカミキリ/ルリヒゲナガコバネカミキリ/ルリヒラタカミキリ/ルリボシカミキリ/ワダカミキリモドキ/ワモンサビカミキリ/ワルサワダケヒメハナカミキリ/

[2019/05/13 11:06] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
つくしを食べる!(その1)
つくしを食べる!(その1)

このところの「異常気象」には、日本中の生きとし生けるものが、どうやら戸惑ってようにさえ見える。

「つくし(土筆)」もその一つで、例年に比べて顔を出すのfが大幅に遅れている。

例年は、もう2月中旬になれば顔を出し、3月の初旬には「鎌で刈り取る」くらいの状態になるのであるが、先日(3/15)にやっと見つけた事だった!

DSC_3575-2_201903201009337bf.jpg
DSC_3575-3_201903201009351fb.jpg
DSC_3579-2_2019032010093990a.jpg
DSC_3576-2_201903201009367b9.jpg
DSC_3576-3.jpg
DSC_3595-2_201903201009409c0.jpg
DSC_3595-3_20190320100942a41.jpg
DSC_3595-4_201903201009433c0.jpg
DSC_3597-2_20190320100945057.jpg
DSC_3597-3.jpg

「つくし料理」は色々あるに違いないが、我が家では「卵とじ」に決まっている!

勿論、ビールのあてに最高であることは言うまでもない!

DSC_3600-2_20190320100948eb5.jpg
DSC_3600-3.jpg

これで今年の春を一挙に感じることが出来た!

DSC_5239-2_2019032010202036d.jpg

この直上の画像は、2018年2月28日のものである。
その時のコメントが以下の通り!

http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-2032.html
『 今日(2018年2月28日)は、今月2月の最終日である!
例年なら、春の季節のシンボルとなっている‘土筆(つくし)’は、2月の半ばには顔を出しているのだが、ここ房総半島の千葉県でも感覚的には温暖化が叫ばれるのにもかかわらず、今年は「まだだろう!」と思っていた。』

さて今年の「つくしの満開?はいつなのだろうか?

(つづく)
[2019/03/20 10:30] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
初雪!(その2)
初雪!(その2)

今年(2019年)1月31日~2月1日にかけて、関東地方は霙ではない初雪(?)に見舞われた!

我が家のある千葉県茂原市には、年に3~4回しか雪が降らないので、新鮮味がある!

DSCN0078-2.jpg
DSCN0080-2.jpg
DSCN0080-3.jpg
DSCN0080-4.jpg
DSCN0084-2.jpg
DSCN0085-2.jpg
DSCN0085-3.jpg
DSCN0085-4.jpg
DSCN0085-5.jpg
DSCN0086-2.jpg
DSCN0086-3.jpg
DSCN0086-4.jpg
DSCN0089-2.jpg
DSCN0089-3.jpg
DSCN0089-4.jpg
DSCN0089-5.jpg

雪の白さで覆われると全てが美しく見えてしまう!

また、木々の枝々に積もった半溶けのシャービック雪も「芸術性」を与えてくれるので、じっと見て楽しい!

(つづく)
[2019/02/04 12:40] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「時之栖(ときのすみか)」のウインターイルミネーション(その3)
「時之栖(ときのすみか)」のウインターイルミネーション(その3)

「時之栖(ときのすみか)」、こんなフレーズは、今どきのチャラチャラ・ディテクターは思いつかないに違いない!

そう言えば、鳥栖(とす)という街がある。佐賀県にである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E6%A0%96%E5%B8%82
鳥栖市(とすし)は、佐賀県の東端に位置する市である。

歴史
古代から江戸時代まで
「魏志倭人伝」の「對蘇(ツサ)」は鳥栖を指す可能性が高い。[3][4]

鳥栖の歴史は古く、ヤマト政権には既に「鳥巣(とりのす)」と読まれていた。

古文書「肥前国風土記」によると「応神天皇の御代、この地に鳥屋が置かれた」とあり、この地で様々な鳥を飼育して献上していたことから「鳥巣」と称していたが、これが後に「鳥栖」に転化したという。

鳥屋が多かったことから、古くから養鶏の盛んな土地であった。


「栖」という漢字の意味が、「すみか」とは気づかなかった!

DSC_2917-2_20190114092439970.jpg
DSC_2921-2.jpg

こんなガラスの靴、いいですな~!

DSC_2920-2.jpg
DSC_2922-2.jpg
DSC_2922-3.jpg
DSC_2923-2.jpg
DSC_2923-3.jpg
DSC_2925-2.jpg
DSC_2930-2.jpg
DSC_2931-2_20190114092452435.jpg
DSC_2933-2.jpg
DSC_2935-2.jpg
DSC_2938-2.jpg
DSC_2938-3.jpg

入場して、約30分間、この幻想的なイルミネーションを堪能した!昨年(2018年)の12月30日のことである!

(つづく)
[2019/01/14 09:34] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「時之栖(ときのすみか)」のウインターイルミネーション(その2)
「時之栖(ときのすみか)」のウインターイルミネーション(その2)

知識がないというか、情報がないのは情けないことで、思い知らされた!

「時之栖」とは、‘会社名’なのだそうだ!
まさか、会社名に、こんなあり得ない名前を?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%82%E4%B9%8B%E6%A0%96
株式会社 時之栖
Tokinosumika Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地: 日本
〒412-0033  
静岡県御殿場市神山719
設立 平成6年3月4日
業種 サービス業
法人番号 9080101004198
事業内容 ホテル・レストランの経営、温浴施設の経営、スポーツ施設の経営
代表者 代表取締役 庄司清和
資本金 3,000万円
売上高 86億8100万円(2012年2月)
従業員数 930名
外部リンク http://www.tokinosumika.com/

株式会社時之栖(ときのすみか)は静岡県御殿場市にあるレジャー会社。御殿場高原時之栖のほか、静岡県内に多数の温泉施設やホテルを展開する。米久創業家が株主であることから、米久グループと関係が深い。


この代表取締役の「庄司清和」さんが凄い御仁らしい!

御人物のご紹介は別途!

DSC_2888-2.jpg
DSC_2889-2.jpg
DSC_2890-2.jpg
DSC_2892-2.jpg
DSC_2893-2.jpg
DSC_2895-2.jpg
DSC_2895-3.jpg
DSC_2896-2.jpg
DSC_2896-3.jpg
DSC_2897-2.jpg
DSC_2898-2.jpg
DSC_2899-2.jpg
DSC_2899-3.jpg
DSC_2901-2.jpg
DSC_2902-2.jpg
DSC_2902-4.jpg
DSC_2904-2.jpg
DSC_2905-2.jpg
DSC_2906-2.jpg
DSC_2906-3.jpg
DSC_2907-2.jpg
DSC_2907-3.jpg
DSC_2907-4.jpg

射的でゲットした賞品に満足なこの青年!
若者にも、この射的は新鮮なのだろうか?

(つづく)
[2019/01/13 08:21] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「時之栖(ときのすみか)」のウインターイルミネーション(その1)
「時之栖(ときのすみか)」のウインターイルミネーション(その1)

‘栖’という字は、‘すみか’と読むのだそうだ!

場所:静岡県御殿場市神山719 御殿場高原 時之栖

場所の名前ではなさそうだ!名前の由来も調べてみたい気がする!

さて、この場所を訪れたのは、昨年(2018年)12月29日である。
素晴らしい富士山を何時間も眺めた後、夕暮れを待って、このイルミネーションを見ようという計画だった!

DSC_2874-2.jpg
DSC_2874-4.jpg

こんな場所にこんな豪華なイルミネーションがあろうとは想像もしていなかっただけに、仰天&感激だった!

DSC_2875-2.jpg
DSC_2875-3.jpg
DSC_2877-2.jpg
DSC_2877-3.jpg
DSC_2878-2.jpg
DSC_2879-2.jpg
DSC_2879-3.jpg
DSC_2879-4.jpg
DSC_2880-2.jpg
DSC_2881-2.jpg
DSC_2882-2.jpg
DSC_2882-3.jpg
DSC_2884-2.jpg
DSC_2884-3.jpg
DSC_2886-2.jpg
DSC_2886-3.jpg
DSC_2887-2.jpg
DSC_2887-3.jpg
DSC_2887-4.jpg
DSC_2887-5.jpg

まだ、まだ、ま~だ!

(つづく)
[2019/01/12 09:15] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
台風一過の朝焼け(その2)
台風一過の朝焼け(その1)の続き・・・。

ここ房総半島・茂原市に越して来て、「朝焼け」を見るのは、そう何年ぶりかも知れない!
最近は、24時前には寝るような習慣に切り替えたが、ここ数カ月前までは、その日の03:30頃に就寝という習慣から抜け切れなかったために「朝焼け」を拝むことは余りというよりほとんどなかったのである!

「朝焼け」を見てみれば、誰だって「こんな爽やかさはない!」と思うのは当たり前である!

ご近所の「Mさんご夫婦」は、一年間365日毎朝05:30頃からと夕方16:30頃からの散歩を日課にされておられるようだから頭が下がるし、健康そのものでおられるらしい!

空には「海鵜」も飛ぶし、「鳩」も早起きだし、「かりん」も実をつけたし、トイメンの「Kさんちのかぼちゃ」も大きな実をつけた!

DSC_9149-2.jpg
DSC_9151-2.jpg
DSC_9152-2.jpg
DSC_9153-2.jpg
DSC_9154-2_20180908180510344.jpg
DSC_9155-2.jpg
DSC_9156-2.jpg
DSC_9157-2.jpg
DSC_9160-2.jpg
DSC_9160-3.jpg
DSC_9163-2.jpg
DSC_9163-3.jpg
DSC_9165-2.jpg
DSC_9168-2.jpg
DSC_9169-2.jpg
DSC_9169-3.jpg
DSC_9170-2.jpg
DSC_9170-3.jpg

また明日からも「朝焼け」を見てみたい!

(つづく)
[2018/09/09 22:30] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
台風一過の朝焼け(その1)
2018年9月4日に台風21号が関東地方にも少し影響を与えて5日には北海道を掠めて温帯低気圧に変わった!

large.png
出典:https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2018/09/05/1975.html

「台風一過」とは言い得て妙で、その後はまるで「台風なんて何だったのよっ!」という位穏やかになるものである、フツーは!

ところがところが、今年はちと様子が違う!
今年2018年9月6日の朝、03:08!

北海道は大揺れ!ナナ何と、「震度7」という大地震!

軟質地盤、揺れを増幅=台風21号の大雨影響-初の震度7、二次災害も・北海道地震(09月06日 19:16)


0180906atg8_p.jpg
出典:https://www.jiji.com/jc/v7?id=1809heqa

北海道胆振地方中東部を震源とする6日未明の地震は、経験したことのない激しい揺れをもたらし、震源近くの厚真町では大規模な土砂崩れが起きた。地震学者らは、平野部特有の軟質な地盤に加え、直近の台風21号による大雨により山間部の地盤が緩んだことで、災害規模が大きくなったとの見方を示す。


今日(2018年9月7日)現在も「停電・交通網マヒ etc.」が続いている!

そんな時に不謹慎かも知れないが、房総半島・千葉県は茂原市の我が家の朝は穏やかだった!

「朝焼け!」

本日(2018年9月7日)千葉県茂原市での「日の出、日の入り」時刻は以下の通り!

Screenshot_20180907-170008.png

と言う事は知らずに、目が覚めて外を見た時に「あっ、朝焼けだ!」と気付いてスマホで撮ったのが以下の写真!

<2018年9月7日05:15>

何と、「日の出の時刻」の1分後・・・。

DSC_9140-2.jpg
DSC_9143-2.jpg
DSC_9144-2.jpg
DSC_9144-3.jpg
DSC_9146-2.jpg
DSC_9146-3.jpg
DSC_9147-2.jpg
DSC_9147-3.jpg
DSC_9148-2_2018090716565924f.jpg

(つづく)
[2018/09/07 17:18] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
100円ショップの「蠅獲り紙」の効能は?
大昔も、大昔、昭和20年代だから、もう60年以上も前、戦後の日本の復興がまだまだという時代の事・・・。

「蠅トリガミ」が大流行した時代があった!

今年の異常気象のお陰だろうか?例年比べて「ハエ」が多いような気がする!

100円ショップで「ハエ取りテープ」なるものを買って来た!

「ハエ取りテープ」

http://gokiburi.dandyism.biz/?p=1006

IMG_3816-1024x768.jpg
IMG_3817-1024x768.jpg
IMG_3819-1024x768.jpg
IMG_3822-1024x768.jpg

実際に使ってみた!その結果は?

<2018年7月26日18:58>に設置
DSCN9648-2.jpg
DSCN9649-2.jpg
DSCN9651-2.jpg

設置後およそ‘20分後’のこと。
来た!来た!来た~~!

<2018年7月26日19:18>
DSCN9656-2.jpg
DSCN9657-2.jpg
DSCN9657-3.jpg
DSCN9657-4.jpg

ただし、4時間後も、まだ一匹だけ!

もともと部屋にそんなにいないのだから・・・・

(つづく)
[2018/07/26 23:35] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新鮮な「イワシの刺身」!
千葉県・房総半島の太平洋側の九十九里海岸は、大昔から「イワシ」の名産(?)地である!

年間の漁獲量が各都道府県毎に示されているが、平成26年度の統計によると、千葉県は第3位と言う事らしい!

Screenshot_20180710-004720.png
出典:https://region-case.com/rank-h26-product-sardine/

房総半島は外房の海岸沿いに「九十九里町」という漁師町がある。

九十九里町のHPにある町長さんのご挨拶には「次の表現」がある・・。

http://www.town.kujukuri.chiba.jp/0000002367.html
わが町は、九十九里浜のほぼ中央に位置し、都心から60キロメートルの首都圏に属しています。
イワシ漁とともに栄えてきた九十九里町。全国を測量し、日本地図を完成させた「伊能忠敬」生誕の地でもあります。
古来から気候温暖で、水と緑に囲まれた自然の恵み地として、多くの文人墨客(高村光太郎、竹久夢二、徳富蘆花など)が訪れており、夏には海水浴で賑わいを見せます。


何と言っても、この九十九里町片貝にあるお店

『「まるに」さんのイワシの刺身は、世界一である!』

と訪れて食した人は皆そう感想を漏らす!

先日、久し振りに行ってみたが、ますます美味しく感じられた!

これが、その「イワシの刺身」

DSC_8574-2.jpg
DSC_8572-2_20180710141740d8d.jpg

「どうですか!この新鮮さ!」
「う~、すっげ~!」

DSC_8572-3.jpg
DSC_8574-3.jpg

「こっちの右の奴、何だか判ります?」
「同じイワシでしょうが、一寸活きが良くない?」

「そ、そうですが、活きのいい奴の‘あぶり’ですよっ!」
「それで、お味は?」

「これが一番!」
「えっ?そうなの?」

「そうナンスよっ!」
「へ~・・・」

「その他に、イワシの天ぷらとアジのたたき、それにハマグリ焼きってとこ!」
「今度は、連れてって!」

DSC_8570-2.jpg
DSC_8569-2.jpg
150x150_square_14156232.jpg150x150_square_61540837.jpg
出典:http://maru2-99.com/shokuji-maruni/menu.html

DSC_8579-2.jpg

(つづく)
[2018/07/10 14:43] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
我が家の梅の実
今年(2018年)は、異常気象であることは、このブログでも何度も言い続けて来た。
日本人なら皆理解していることではあるが、我が家の周りでもその現象が起こっていることも報告した。
一番顕著だったのは、「サクランボ」である。

今年は例年に比べて、正に異常だった!少ないのではなくて多かったのである!

DSCN7504-2.jpg
DSCN7531-2.jpg

そして、そしてまた気付いてしまったのだが、我が家の痩せ細った一本の「梅の樹」に例年の何倍か、と言ってもほんの少しなのだが、梅の実が実ったのである!

これまでは、「梅酒」を造ることは何度もあったのだが、「他人様からの贈り物の梅の実」だったが、今年は「我が家の梅の実」と言う事に相成ったのである!

①DSC_7781-2
②DSC_7781-3

これが我が家の梅の樹・・・。
収穫は、以下の写真の通り!

③DSCN8620-2
④DSCN8619-2

計量してみると、何と「約1.1kg」も・・・。
大きさも特大で・・・・

⑤DSCN8623-2
⑥DSCN8625-2
⑦DSC_7764-2

準備万端!
今静かに熟成中!

⑧DSC_7779 (1)-2
⑨DSC_7786-2

(つづく)
[2018/06/07 09:12] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2018年4月30日・満月の夜
2018年4月30日の月齢は以下の通り。

Screenshot_20180505-212618.png

4月30日の満月の夜の様子をスマホとニコン・カメラで・・・。

DSC_6798-2_201805052138160fe.jpg
DSC_6800-2.jpg
DSC_6804-2.jpg
DSC_6806-2.jpg
DSC_6807-2.jpg
DSCN7713-2.jpg
DSCN7725-2.jpg
DSCN7719-2.jpg

上の写真と90°右へ傾いているかも?

満月の明るさは、スマホのフラッシュ無しで撮るとまた違った世界が見える!

(つづく)
[2018/05/09 10:00] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
蜂さんも懸命・賢明!
我が家の玄関先の「バラ」が10日頃前から咲き出して、そして散り始めた!

花が咲き出すと蜂が直ぐに飛んで来た・・・。
そして、蜜を吸うのにも懸命だが、十分開ききった花や散り始めた花には見向きもしない賢明さも見せている!

もっぱら、そろそろ咲き始めそうなバラに「潜り込んで」の奮闘ぶりである!

①DSC_6736-2
②DSC_6736-3

下の画像のような、こんな「伯母桜、オオっと「伯母バラ」には用はない、というのだろうか?

③DSC_6736-4
④DSCN7484-2
⑤DSCN7484-3
⑥DSCN7484-4

まだ、もぞもぞしている!

⑦DSC_6738-2
⑧DSC_6740-2
⑨DSC_6741-2

ここで一旦、バラから離れて、パンジーの方へ・・・

⑩DSC_6742-2
⑪DSC_6742-3
⑫DSC_6742-4

もう一度バラへ行って・・・

⑬DSC_6771-2
⑭DSC_6766-2

出て行ってしまいました!

⑮DSC_6773-2

この右前方の「ぼやけた」チョコレート色の物体が蜂殿(蜂様かも?)である!

春になると昆虫もここぞとばかりに活発になって来た!

(つづく)
[2018/04/29 23:49] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
玄関前で、‘生き物’!
先ずこの写真から!

DSCN7376-4.jpg

一体、何の一部でしょうか?

① 動物?
② 植物?

正解は、明日のこの弊ブログで・・・。

(つづく)
[2018/04/22 21:00] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
久々の常磐線(その2)
2018年4月12日に所用があって福島県へ行った。

昨日の弊ブログでもご紹介したが、随分前に約10年間水戸市に住んで、東海村へ通勤したことがある!
そんな訳で常磐線で、水戸市・赤塚駅から東海駅まで何千回も乗り降りしたのだから、自分の鉄道のような錯覚があってもおかしくない!

勿論、東海駅から北へも何度か行ったことがあるから、日立市周辺も懐かしい!
東海村から少し日立市の方へ行くと、大甕(おおみか)駅の付近だと思われるが、真っ白な日立の研究所( 〒319-1292 茨城県日立市大みか町七丁目1番1号)が山の上に見える。

DSC_5931-2.jpg
DSC_5931-3.jpg
DSC_5933-2.jpg
DSC_5933-3.jpg
DSC_5934-2.jpg
DSC_5934-3.jpg
DSC_5935-2.jpg
DSC_5936-2.jpg
DSC_5942-2.jpg
DSC_5942-3.jpg

「勿来の関」については、色々議論があるらしい。それは文学的な表現と実体とに何だか不明確なことがある事らしいから、本格的な研究者に聞かなければ難しいらしい!

さて、勿来駅を過ぎるとそろそろ目的の「湯本駅」である。

yumotost011.jpg
出典:http://www.machi-ga.com/07_fukushima/iwaki-yumotost.html

yumotost005.jpg
出典:http://www.machi-ga.com/07_fukushima/iwaki-yumotost.html

yumotost016.jpg
出典:http://www.machi-ga.com/07_fukushima/iwaki-yumotost.html

打ち合わせの後、宿泊したホテルは、温泉地のど真ん中。

DSC_6033-2.jpg
DSC_6035-2.jpg

ヒノキ造りの温泉も素晴らしかった!

DSC_6037-2.jpg

翌朝の窓からの景色!

(つづく)
[2018/04/17 23:22] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
久々の常磐線(その1)
昭和47年(1972年)から約10年間、茨城県・水戸市に住んでいた事がある。
勤務地が東海村にあったからである。東海村の場所は、原子力研究所の真ん前であった。
水戸市のJR赤塚駅からJR東海駅まで電車で行って、その後は約30分歩き、という通勤を約10年間・・・。

そんな訳で、この度常磐線で福島県・いわき市の或る会社へ打ち合わせで行くことになったのだが、3~40年ぶりでの常磐線での出張は、何となく故郷へ帰省するような‘懐かしさ’があった!

赤塚駅を通過して水戸駅に近づくに従って、やはり昔の懐かしさが段々・・・。

DSC_5913-2.jpg
DSC_5914-2.jpg
DSC_5914-3.jpg
DSC_5915-2.jpg

子規の句に

「崖急に 梅ことごとく 斜めなり」

という有名な句がある。

hi_shikinokuhi1_new.jpg

http://www.kairakuen.u-888.com/map/hi_shiki.html
子規は、現在の東京大学の予備門在学中の明治22年の4月、春休みで帰省しているはずの学友・菊池謙二郎の水戸の実家を訪ねた際、友人と二人でこの地を訪れました。あいにく菊池とは行き違いで会えなかったのですが、子規が好文亭に上り崖に懸命に咲く梅を見た際の句、「崖(がけ)急に 梅ことごとく 斜めなり」 が刻まれています。


この句の碑があるところを厚かましくも特急電車から、しかも‘スマホ’で撮ろうとしたのだが・・・。勿論撮れなかった!

DSC_5919-2.jpg
DSC_5921-2.jpg
DSC_5922-2.jpg
DSC_5922-3.jpg
DSC_5928-2.jpg
DSC_5928-3.jpg
DSC_5924-2.jpg
DSC_5925-2.jpg
DSC_5927-2.jpg
DSC_5927-3.jpg

懐かしの「JR東海駅」も随分様変わりした!

(つづく)
[2018/04/16 23:49] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
借景の梅は、実をつけたの?
「ところで、‘Kさんちの借景の梅’は今年実を着けたの?」
「よ~く見ると、数は少ないが着実に実を着けているようだね!」

「今年(2018年)は、例年になく風が強かったから・・・」
「そ、そうなんだよ!肝心な時期に風が強くて・・」

今年、2018年の4月5日に撮った写真がこれ・・・。

DSC_5736-2.jpg
DSC_5736-3.jpg
DSC_5738-2.jpg
DSC_5738-3.jpg
DSC_5738-4.jpg
DSC_5738-5.jpg
DSC_5742 (1)-2
DSC_5742 (1)-3

お役に立てなかった‘雄蕊’が無残にも残っている・・・。

さて、どんな大きさに育つのだろうか?

(つづく)
[2018/04/14 20:05] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
桜田門の桜だもん!(その2)
桜田門の桜だもん!

「またまた駄洒落?」
「そっ、お判りに?」

「ダジャレは、低級な方が高級っ!」
「それもっ?」

DSC_5614-2_20180406085007891.jpg
DSC_5614-4_20180406085009f5e.jpg
DSC_5614-3_20180406085009a3a.jpg
DSC_5615-2_20180406085011977.jpg
DSC_5615-3_20180406085012d17.jpg

これが、いわゆる桜田門なのでしょうか?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E7%94%B0%E9%96%80
桜田門(さくらだもん)は、

江戸城[1](現在の皇居)の内堀に造られた門の一つ。桜田堀と凱旋堀の間にある。昭和36年(1961年)に「旧江戸城外桜田門」として国の重要文化財(建造物)に指定された[2]。特別史跡「江戸城跡」の一画を占める。なお江戸城には内桜田門と外桜田門の2つが存在するが、前者は桔梗門とも呼ばれ、単に「桜田門」という場合には後者を指すことが多い。

概要
当初は小田原街道の始点として小田原口と呼ばれていた。寛永13年(1636年)にそれまでの柵戸仕立の門を現在のような桝形門に改築、桜田門とよぶようになる。外側の高麗門(こうらいもん)と内側の渡櫓門(わたりやぐらもん)の二重構造になっており、間に桝形がある。大正12年(1923年)の関東大震災で一部が破損、鋼鉄土蔵造りに改修される。

安政7年(1860年)にこの門の近くで水戸藩浪士らによる大老井伊直弼の暗殺事件(桜田門外の変)が起きた。井伊邸は現在憲政記念館の建っている辺りにあり、桜田門から西に500メートルほどの所にあった。

昭和7年(1932年)には昭和天皇の暗殺未遂事件(桜田門事件)が起きた。

桜田門の正面(豊後杵築藩松平家屋敷跡)には現在、警視庁の庁舎がある。この事から警視庁は隠語で「桜田門」と呼ばれることもある。国道1号を挟んで法務省の赤レンガ棟が建っている。


一歩出ると「警視庁」と「国会議事堂」が・・・

DSC_5617-2_20180406085015cf2.jpg
DSC_5617-3_20180406085016835.jpg
DSC_5617-4.jpg
DSC_5618-2.jpg
DSC_5618-4.jpg
DSC_5618-5.jpg
DSC_5618-6.jpg

振り返ってみると、桜田門が、こっちを見ている?

DSC_5619-2_2018040609060499d.jpg
DSC_5619-3.jpg

さて、「国会議事堂」の方へ・・・

DSC_5620-3.jpg
DSC_5621-2_2018040609060910a.jpg
DSC_5621-3.jpg
DSC_5623-2.jpg

国会議事堂も春めいて来たように思われるが、中では「無理・無駄」の審議が繰り返されているようだ!

(つづく)
[2018/04/06 22:48] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
志賀直哉の旧居跡発見!
志賀直哉という大作家がいた。

昔、「小僧の神様」という小説を読んで甚く感激した事がある。この作家が、志賀直である。

 
出典:https://www.youtube.com/watch?v=8J6S1Xe7jo8&feature=youtu.be

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%97%E8%B3%80%E7%9B%B4%E5%93%89
志賀 直哉(しが なおや、1883年(明治16年)2月20日 - 1971年(昭和46年)10月21日)は、明治から昭和にかけて活躍した日本の小説家。白樺派を代表する小説家のひとり。「小説の神様」と称せられ、多くの日本人作家に影響を与えた。代表作に「暗夜行路」「和解」「小僧の神様」「城の崎にて」など。宮城県石巻生まれ、東京府育ち。


その志賀直哉の旧居跡を見つけた!
JR高田馬場駅の直ぐ傍である!
最近或る都合で、JR高田馬場駅付近で打合せをすることが多くなったからである!

DSC_5286-2_20180306230504456.jpg
DSC_5288-2.jpg
DSC_5288-3.jpg

私が生まれたのは、昭和14年であるから、この時ここに住んでいたと言う事になるから、何だか身近な感じがした!

DSC_5289-2.jpg
DSC_5289-3.jpg
DSC_5290-2.jpg

この先、約100mがJR高田馬場駅である!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%97%E8%B3%80%E7%9B%B4%E5%93%89
志賀直哉
誕生 1883年2月20日
日本の旗 日本・宮城県牡鹿郡石巻町
(現・石巻市住吉町)
死没 1971年10月21日(88歳没)
日本の旗 日本・東京都世田谷区上用賀
関東中央病院
墓地 日本の旗 日本・東京都港区南青山
青山霊園
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 学習院高等科卒業
東京帝国大学国文科中退
活動期間 1908年 - 1971年
ジャンル 小説
主題 父との不和と和解
自我の形成
文学活動 白樺派
私小説
心境小説
代表作 「網走まで」(1910年)
「大津順吉」(1912年)
「清兵衛と瓢箪」(1913年)
「城の崎にて」(1917年)
「赤西蠣太」(1917年)
「和解」(1917年)
「小僧の神様」(1920年)
「暗夜行路」(1921–37年)
「灰色の月」(1946年)
主な受賞歴 文化勲章(1949年)
デビュー作 「網走まで」(1910年)
「或る朝」(1918年)
「菜の花と小娘」(1920年)
配偶者 志賀康子
子供 志賀慧子、土川留女子、志賀直康、中江寿々子、柳万亀子、志賀直吉、山田田鶴子、安場貴美子


最近文学作品を読むことが無くなった・・・。
これを機会にもう一度、と思っている。

(つづく)
[2018/03/06 23:40] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
季節の珍味:土筆の卵とじ!
今日(2018年2月28日)は、今月2月の最終日である!

例年なら、春の季節のシンボルとなっている‘土筆(つくし)’は、2月の半ばには顔を出しているのだが、ここ房総半島の千葉県でも感覚的には温暖化が叫ばれるのにもかかわらず、今年は「まだだろう!」と思っていた。

しかし、しかし、「一寸行ってみるか!」と言う訳で、土筆の出ていそうな場所へ行ってみることにした・・・。

上述の通り、そんなに期待していなかったのだが、「あった!あった!」

DSC_5223-2_2018030100014902d.jpg
DSC_5221-2_20180301000146527.jpg
DSC_5222-2_20180301000147437.jpg
DSC_5229-2_2018030100015344b.jpg
DSC_5230-2_20180301000153acf.jpg
DSC_5230-3_20180301000155db0.jpg
DSC_5234-2_2018030100200266a.jpg
DSC_5239 (1)-2
DSC_5239 (1)-3
DSC_5239 (1)-4
DSC_5239-3.jpg

「こりゃあ、やっぱりビールでしょう!」

DSC_5239-2.jpg

と言う訳で、「かんぱ~いっ!」

(つづく)
[2018/02/28 23:40] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
初雪の翌朝(その4):〖2階からの景色<その2>〗
ここ房総半島・千葉県の茂原市へ越して来て23年余りだが、こんな素晴らしい景色に接したのは初めてである!

DSCN6189-2.jpg
DSCN6190-2.jpg

〖2階からの景色<その2>〗

DSCN6173-2_2018012611084687b.jpg
DSCN6174-2_2018012611084723f.jpg
DSCN6174-3_20180126110849e07.jpg
DSCN6175-2.jpg
DSCN6175-3.jpg
DSCN6176-2.jpg
DSCN6176-3.jpg
DSCN6177-2.jpg
DSCN6177-3.jpg
DSCN6178-2.jpg
DSCN6179-2.jpg
DSCN6179-3.jpg
DSCN6180-2.jpg
DSCN6180-3.jpg
DSCN6181-2.jpg
DSCN6182-2.jpg
DSCN6192-2.jpg
DSCN6193-2.jpg
DSCN6194-2.jpg
DSCN6194-3.jpg
DSCN6194-4.jpg
DSCN6195-2.jpg
DSCN6196-2.jpg
DSCN6197-2.jpg
DSCN6198-2.jpg
DSCN6199-2.jpg
DSCN6200-2.jpg
DSCN6200-3.jpg
DSCN6200-4.jpg
DSCN6201-2.jpg
DSCN6202-2.jpg
DSCN6202-3.jpg
DSCN6212-2.jpg

このメジャーから推し量ると、降雪量は約6cm位と思われる!

DSCN6204-2.jpg
DSCN6206-2.jpg
DSCN6207-2.jpg
DSCN6208-2.jpg
DSCN6210-2.jpg
DSCN6210-3.jpg
DSCN6210-4.jpg
DSCN6210-5.jpg

この小鳥も初めての景色に驚いているのだろうか?
それとも‘凍りついて’いるのだろうか?
じっとしていて動かない!

(つづく)
[2018/01/26 21:40] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
借景梅の2輪目が・・!
この弊ブログで何度も紹介したことのある我が家の玄関前にある‘Kさん家’の梅。
これは、我が家にとっては素晴らし‘借景’で、春の訪れを思わせてくれる貴重な存在である・・。

②DSCN5714-2
③DSCN5715-2

今年、2018年もどうやら異常気象の様で、それはこの借景の梅の反応で判る!
この梅の花咲き第1輪は、1月6日だった!

⑪DSCN5724-1
⑫DSCN5724-2

ところが、ところが、第2輪目が、なかなか咲かない!
やっと第2輪を見つけたのは、12日も後の昨日18日になってからである・・。

「やっぱり、今年も異常気象なの?」と言いたくなる・・・。

<第2輪目>

無題

第1輪目が、‘緑の←1’
第2輪目が、‘赤い↑2’である。

無題-2

待ち遠しかった第2輪目である!

①DSCN6026-2
②DSCN6028-2
③DSCN6028-3
④DSCN6030-2
⑤DSCN6030-3
⑥DSCN6030-4
⑦DSCN6030-5
⑧DSC_4825-2
⑨DSC_4825-3
⑩DSC_4825-4

こちらとしては、二人目の孫が生まれたような気分になって、何度も撮影したが、第1輪目も、第2輪目も迷惑千万に思っているに違いない!

この異常気象の中での借景梅の満開はいつ頃なのだろうか?

(つづく)
[2018/01/19 19:47] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
珍しくカワセミの画像!
我が家の車庫は小川の崖っぷちにある!

数年以上も前から、毎日、毎日カワセミがこの小川の上を飛行しているが、目にも留まらぬ速さで通過するから、画像に納めることはなかなか難しい!

ところが、小川の小枝に留まって、何分間も我々の前で、それも‘つがい’で‘演技’をしてくれたことが一回だけある!
その時は、餌まで捕ってくれるパホーマンスまでやってのけてくれたのである!
その時の感動を‘奇跡が起こった’として、この弊ブログで報告をした経験がある・・・。それは、2015年5月21日のことだった!(後で掲載)

昨日は、たまたま、私が2階のベランダに居る時に、一羽のカワセミが小川の小枝に留まっているのが見えた!
カメラは1階に置いてある。スマホは身に着けていたので、先ずはスマホで撮影した!スマホのカメラは‘望遠’が利かない!

そこで、多分駄目だろうとは思ったが、1階にカメラを取りに行った!
その間数分間!
驚いたことに、その数分間の間、カワセミは小川の小枝にずっと留まっていてくれたのである!

<2018年1月14日14:46 スマホの画像>

何れの画面も中央部にカワセミが・・・!

①DSC_4818-2

中央部を拡大すると、

②DSC_4818-3

またこの中央部を拡大すると・・・。

③DSC_4818-4

スマホでは、約10mくらい先の小さなものの画像は、PCで処理しても、せいぜいこの程度である!

<2018年1月14日15:06> カメラで撮影(<カメラの時計が少々(15分ばかり)進んでいるらしい?>

④DSCN5984-2
⑥DSCN5986-3
⑦DSCN5981-2
⑧DSCN5981-3



<2015年5月21日10:50~11:28> カメラで2~3mの距離から撮影

⑨20150524075127105
⑩20150524074729245
⑮20150523165714eca
⑪201505241205291cf
⑫20150524120757006
⑬20150524121001444
⑭20150524121003130

カワセミの巣は、どうやら数十mのところにあるらしい!?
昨日お出ましのカワセミが2015年のカワセミかどうかは判らないが、カワセミの平均寿命は、何年ぐらいだろうか?

http://animaldiversity.org/accounts/Alcedo_atthis/#lifespan_longevity
寿命/長寿
一般的なキングフィッシャーは、15年間も生き続けることができます。平均寿命は7年です。しかし、発達の最初の数カ月は、成人に生存している若者のわずか50%で最も危険です。(Bannerman、1955 ; Waterscape、2005)


(つづく)
[2018/01/15 16:32] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2017年吊るし柿第2弾!:清さんの柿
2017年、今年も親友・清さんが、お忙しいのに大量60個もの渋柿を贈ってくれた!

12月9日から干して今日18日に取り入れたから、10日も経っていないが見事に美味い吊るし柿になった!

<2017年12月09日>

DSC_4329-2.jpg
DSC_4325-2.jpg
DSC_4331-2.jpg

吊るし柿に‘カビ’をつけないコツは、渋柿を剥いた後直ぐに‘熱湯’に数秒間(5~10秒)浸けて殺菌をすることである!

DSC_4335-2_20171219011606b44.jpg
DSC_4338-2.jpg
DSC_4349-2.jpg


<2017年12月18日>

②DSC_4458 (1)-2
①DSC_4457 (1)-2
③DSC_4465-2
④DSC_4462-2
⑤DSC_4459-2
⑥DSC_4461-2
⑦DSC_4460-2
⑧DSC_4464-2
⑨DSC_4463-2
⑩DSC_4496-2
⑪DSC_4503-2

清さ~ん、来年もお願いしま~す!

(つづく)
[2017/12/18 23:56] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
designated by FC2