鳥は止まっている際に、太陽の方向を見るか?
これまでの少ない経験から‘鳥の生態’について意見を述べるなどおこがまし過ぎるが、一寸不思議な場面に出くわしたので認めてみた・・・。

これまでの経験では、鳥が電線などに止まる場合、朝なら朝日の方角とは反対の方向を見るように止まっている。
夕方なら鳥は東を向いて止まっている。これが何の根拠もないが、私の経験則である。

しかし、しかし、2017年9月9日の朝の鳩は、顔を東に向けていた!
「これは、事件です!」

ただし、止まっていた電線は、東西に向けて張られているので、鳩も‘ハット’したのかも知れないのだが・・・。
多分、一瞬の出来事なのかも知れない・・。

①2017年9月年~9日の月 004-2
②2017年9月8~9日の月 004-3
③2017年9月8~9日の月 004-4
④2017年9月8~9日の月 005-2
⑤2017年9月8~9日の月 005-3
⑥2017年9月8~9日の月 005-4

① この鳩は、東西に張られている電線に止まるなど、案外変わり者かも知れない。

② この鳩は、‘目の病’に罹っているのかも知れない。

③ この鳩は、解っていながら、わざと東に顔を向けているのかも知れない。

④ この鳩は、東の方に‘食べ物’を見つけたのかも知れない。

⑤ この鳩は、・・・・・・・。

まあ、仮説も怪しいし、偶然もあるし、どっちを向こうと‘鳩の勝手’かも知れないし、さてさて、ご当人のこの鳩様の心境は?

(つづく)
スポンサーサイト
[2017/09/12 11:22] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2017年9月9日の朝の月
少々前に、夜中の月は見た目には誠に美しいのだが、これを‘バカチョンカメラ方式’で、つまりカメラを月撮影用にセットしなくても‘美しい月’が撮影出来る方法を発見した!

夜中で空が真っ暗な時に見上げる月は、誠に素晴らしいのだが、‘ふつ~’に、これを撮影しようとしたら、いわゆる‘餅搗きしているウサギさん’を撮影するは不可能に近い!(私の場合、100%不可能)

2017年9月8~9日の月 002-2

昨日2017年9月8日20:57に撮影した月・・。


不可能な、その理由は割に簡単で、人間の目は簡単にコントラストを‘脳みそ’が調整してくれるのだが、カメラも私が持っているような安物のカメラでは、自動調整にしていたのでは、コントラストが強過ぎてウサギは撮れない!

では、では、どうすればお月様のウサギさんを簡単に撮影出来るのか?
答は既にこのブログでも出しているのだが、

「昼間の明るい時間帯に出ている月を」

バカチョン方式で撮影すれば事足りる!

ただし、好きな‘月齢’の月を撮影しようと思っても、それが昼間に見えるかどうかは、きちんと調査する必要がある、のである!

さて、さて、また前置きが長くなったが、今日、2017年9月9日の月齢は、以下の通り、‘18.4’であるから、満月を過ぎている!

Screenshot_20170909-102553.png
出典:http://www.benri.com/calendar/geturei_mini/201709.htm

今日2017年9月9日の朝方6:35に撮影した月齢18.4(時刻によって当然変化するが)の月のバカチョン方式写真が以下。

①12017年9月8~9日の月 009-3-2
②2017年9月8~9日の月 009-3-2
③2017年9月8~9日の月 009-3-6
④2017年9月8~9日の月 009-3-5
⑤2017年9月8~9日の月 009-3-3

と言う訳で、月写真撮影のプロではない私にとっては、極めて満足な画像なのだが、プロの方達にとっては、何の価値もない‘技術(疑術 or 偽術)’に違いない!

プロの写真とは、こんなものである!

moon_stl_l.jpg
出典:http://ryutao.main.jp/moon_stl_l.html

やはり、プロの腕( or カメラ?or カメラを操る技術)は違う!お見事!

私の撮った上から2枚目の写真と5枚目の写真を黒色にしてみたのが、次の画像!

②2017年9月8~9日の月 009-3-2-2
⑤2017年9月8~9日の月 009-3-3-2

「こっちの方が、見栄えが・・・」
「まあ、まあ、まあ!」

(つづく)
[2017/09/09 11:34] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
茂原七夕まつり、前々々夜!
´第63回茂原七夕まつり´は、2017年07月28,29,30日に開催された❗

この茂原市は、千葉県のほぼ中央部に位置しており、東は直ぐに太平洋である。

そして、この茂原七夕まつりは、今年2017年で63回というから、第1回は、1955年(昭和30年)である。

関東地方の夏祭りとしては、その来場者数で、80万人を越えて、90万人にも及ぶらしいから、有名な松戸市の桜まつりよりも多くの人が集まるらしく、千葉県の祭りでは、堂々の首位という❗

また、七夕祭りとしては、有名な平塚と肩を並べるらしく、狭山と共に関東三大七夕祭りの一つというから、茂原市民としては見逃す訳には行かない❗

しかし、しかし、このところの異常な暑さでは、四捨五入すると80歳になる我が身にとっては、夜の見物も思うようにはならないようだと感じたので、今回は7月25日、つまり、開催日の前々々夜、といっても夕方、車で飾り付けの真っ最中にお邪魔した❗

でも、こんな飾り付けの途中にその様子を拝見したのは初めてである❗

人っ子一人いないような七夕まつり、これも貴重な映像に違い無い❗

2017080318292471d.jpg
20170803182925bd1.jpg
201708031829273e0.jpg
2017080318292826f.jpg
20170803182929851.jpg
2017080318315619f.jpg
20170803183158139.jpg
2017080318320092f.jpg
20170803183201086.jpg
201708031832034c7.jpg
20170803183652269.jpg
20170803183700771.jpg
2017080318371456a.jpg
201708031837102c7.jpg
20170803183708691.jpg
20170803183702bb2.jpg
20170803183712a32.jpg

上の写真の通り、豪華な飾り付けもあるし、そんなに目立たない飾り付けだってある❗

まあ、それはそれなりに´価値´があるに違い無い❗

さてさて、それで本番の祭りの賑わいはどうだったのだろうか?

今年は、上述の通り七夕祭りに行かなかったので、2013年に私が撮った写真を❗

201708031949385da.jpg
20170803194936047.jpg
201708032025368f3.jpg
20170803202537187.jpg
20170803202539fbf.jpg
20170803202540530.jpg

今年の場合は、もっと素晴らしいものだったに違い無いが…。

(つづく)
[2017/08/03 19:57] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
真昼の月
今日、2017年07月28日の真っ昼間、時刻は15:48の事である❗

昨日の弊ブログに´雷魚´について書かせて戴いたが、「その後、この雷魚は姿を見せない❗」と締め括っている。

昨日の記事に出てくる雷魚は、7月22日に撮影したものである❗その日から今日まで5~6日間も姿を見せなかったので気になっていたのであるが、今日発見した❗

20170729001908087.jpg
201707290019104d5.jpg
20170729001913d5d.jpg

何だか少し大きくなったような気がするが、一寸気になるのは、前回は´2匹´だったのに、今日は´1匹´である❗

私が心配する事でもない事は解ってはいるのだが、もう1匹は、何処へ行ったのだろうか?

そんな事を心配しながら、ふと空を見上げた❗
な、な、何と三日月様が…。

2017072900321695f.jpg
20170729003217bca.jpg
201707290032182a5.jpg
20170729003220d96.jpg
2017072900322110f.jpg
201707290032233c7.jpg
20170729003225d79.jpg
20170729003226845.jpg
20170729003227f56.jpg

夜の月を撮影するのは案外難しい。
月以外の空は、星が出ていたとしても、ほとんど真っ暗であるから、コントラストが強過ぎて、月の輪郭は上手く撮れたとしても月の´クレーター´までは中々撮れない❗

しかし、しかし、パソコンで処理すれば案外上手くいくから不思議?

´新発見´である❗

(つづく)
[2017/07/28 23:55] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2017年のエイプリルフール
2017年のエイプリルフール

最近は、エイプリルフールについて、余り人気がない!嘘が毎日のように横行しているからとも言われている❗

新発見であるが、今年2017年は、以下のような事で、4月3日がその日らしい❗

20170403002116642.jpg

果たして本当だろうか?

ひょっとして、この情報が "嘘" だったりして…。

(つづく)
[2017/04/02 23:48] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
桔梗の花の不思議(その1)
桔梗の花の不思議(その1)

DSC_7566-2.jpg
DSC_7566-3.jpg

‘桔梗’という言葉を聴いて、直ぐに感じることは、その漢字から原産地は中国だな!と言うことと、その花の色が紫ということで、少々‘高貴さ’があると思われることである!

一寸調べてみると、原産地は中国ではなくて日本にも昔からあったというから少し驚いた・・・。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3
%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6

キキョウ(桔梗、Platycodon grandiflorus)はキキョウ科の多年性草本植物。山野の日当たりの良い所に育つ。日本全土、朝鮮半島、中国、東シベリアに分布する。

万葉集のなかで秋の七草と歌われている「朝貌の花」は本種であると言われている。絶滅危惧種である。

形態[編集]
根は太く、黄白色。高さは40-100cm程度。葉は互生で長卵形、ふちには鋸歯がある。下面はやや白みがかっている。

秋の花のイメージが強いが、実際の開花時期は六月中旬の梅雨頃から始まり、夏を通じて初秋の九月頃までである。つぼみの状態では花びら同士が風船のようにぴたりとつながっている。そのため "balloon flower" という英名を持つ。つぼみが徐々に緑から青紫にかわり裂けて星型の花を咲かせる。雌雄同花だが雄性先熟で、雄しべから花粉が出ているが雌しべの柱頭が閉じた雄花期、花粉が失活して柱頭が開き他の花の花粉を待ち受ける雌花期がある。花冠は広鐘形で五裂、径4-5cm、雄しべ・雌しべ・花びらはそれぞれ5本である。

なお、園芸品種には白色や桃色の花をつけるものや、鉢植え向きの草丈が低いもの、二重咲きになる品種やつぼみの状態のままほとんど開かないものなどがある。

生薬[編集]
キキョウの根キキョウの根はサポニンを多く含むことから生薬(桔梗根という)として利用されている。生薬としては、根が太く、内部が充実し、えぐ味の強いものが良品とされている。去痰、鎮咳、鎮痛、鎮静、解熱作用があるとされ、消炎排膿薬、鎮咳去痰薬などに使われる。主な産地は韓国、北朝鮮、中国である。桔梗湯(キキョウ+カンゾウ)や銀翹散、十味敗毒湯、防風通聖散、排膿散などの漢方方剤に使われる。


http://www.asahi-net.or.jp/~mh9n-kk/saijiki09.html
この桔梗も、名前の由来は「桔梗」の読み、「きちこう」が転じたもので、「桔梗」の由来は、根が「結実(ひきしまっている)」かつ「梗直(まっすぐ)」であることからきたといいます。名の由来になった根の干したものを、漢方治療では、去痰、排膿、消炎などの目的で使います。


植物はその子孫をたくさん増やすために‘花’を咲かせていることは、小学生でも知っていることなのだが、植物の花の受粉の仕方には、大まかに言えば、‘自家受粉と他家受粉’とがあること及びその意義については、その道でない大学教授だって知らない人が多い(に違いない)!

‘自家受粉と他家受粉’については、後日詳しく情報を掲載したいと思っているが、先ずは‘桔梗’の美しい花の様子から・・・。

DSC_7568-2.jpg
DSC_7568-3.jpg
DSC_7568-4.jpg
DSC_7568-6.jpg
DSC_7568-7.jpg

この花の雌雄をよ~くご覧戴きたい!
雄しべが‘先に’枯れてしまっていることが判る!

これが、上記引用文献にある、

「雌雄同花だが雄性先熟で、雄しべから花粉が出ているが雌しべの柱頭が閉じた雄花期、花粉が失活して柱頭が開き他の花の花粉を待ち受ける雌花期がある」

事の過程一部分の証拠写真である!

では、何故この‘桔梗’はそんな‘まどろっこしい’ことをするのだろうか?
この答えは、勿論解明されている!

(つづく)
[2016/12/11 23:53] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
この木、何の木?(その2)
この木、何の木?(その2)

201607010 西洋ニンジンの木 004-3
201607010 西洋ニンジンの木 007-2
201607010 西洋ニンジンの木 008-3
DSC_7534-4.jpg

この木の名前は、一体何?

そんな訳で、名前が判らないまま、現場へ行ってカメラで撮影している最中に、一寸離れた場所で、かみさんが誰かと話をしている!
しかも、私に‘来い!’と手招きをしているではないか!

そこで、行ってみると、この木の持ち主の家の奥様が、簡単に

「あれ、 ‘西洋ニンジンボク’で~す!」

と仰っているではないか!

「どこがニンジンじゃっ!」

http://www.yasashi.info/se_00017.htm
涼しげな青い花穂
セイヨウニンジンボク
科名:シソ科(クマツヅラ科)
学名:Vitex agnus-castus
原産地:南ヨーロッパ 西アジア
樹高:2m-8m
開花期:7月-9月

0000-0411.jpg

セイヨウニンジンボクとはセイヨウニンジンボクは南ヨーロッパ、西アジア原産の落葉性樹木です。

樹高は2m~8mに達する低木~小高木で葉は細長く光沢があり、5~7枚がくっついて一枚の手のひら状の葉になります。夏から秋にかけて枝の先端にやや紫がかった青い小花を穂状に咲かせます。

木が若い(小さい)内からよく花を付けるので、鉢花としても利用されます。日本には明治時代に渡来しました。セイヨウニンジンボクを含むビテックス(ハマゴウ)属は以前、クマツヅラ科に分類されていましたが、現在ではシソ科に移されています。

用途・由来
花後にできる果実は香りがあり、風味はコショウに似ており香辛料として使われました。果実だけではなく、枝葉にも香りがあります。利用目的で分けると花木とも言えますしハーブとも言えます。
中国原産のニンジンボクの近縁でヨーロッパ原産なのでセイヨウ(西洋)の名を冠しています。ニンジンボクの名前はこの植物の葉が手のひらを広げたような姿をしており、それがチョウセンニンジンの葉に似ており、更に草ではなく木なので「ボク(木)」が付きこの名前になりました。ですから、漢字で書くと「西洋人参木」となります。ちなみに、チョウセンニンジンはウコギ科の多年草で本種とは植物的に縁遠いです。

属名のビテックスはラテン語のビエオ(結ぶ)から来ており、枝が曲げやすいことに由来します。


そこで、そこで、そこで、その場所で、この‘西洋ニンジンボク’の苗木より一寸育った鉢植えが売られていたのである!

もちろん、勿論購入することにした!

そして、そして、そして、実は、PCで‘青い花の木’を検索した際に、

「これかなっ?!」

と思っていたのは、 ‘ジャカランダ’だった!

800px-Jacarandatree.jpg
出典/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A
3%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80

  ジャカランダ(Jacaranda)
  キリモドキ属 Jacaranda - ノウゼンカズラ科の低高木。中南米原産だが各地で栽培される。花が有名。
  キリモドキ Jacaranda mimosifolia - キリモドキ属の1種。
  ブラジリアン・ローズウッド Dalbergia nigra - マメ科の高木。ブラジルにのみ産する。木材に使われる。


jakaranda-kajo-ll.jpg
出典/http://g-kamu.com/htm/jakarannda.htm

上述の通り、‘セイヨウニンジンボク’の小さな木は購入したが、この場所のお店に、その奥様が

「‘ジャカランダ’も売っています!」
と言われるではないか!

もちろん、勿論、購入することにした!

(つづく)
[2016/07/11 13:40] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
この木、何の木?(その1)
この木、何の木?(その1)

201607010 西洋ニンジンの木 004-3

ご存知の通り、有名なCMで、『この木、何の木?』と言えば、日立グループの‘あれ’である!

o0540035911667609075.jpg
出典/http://ameblo.jp/kimie1111/entry-11104979696.html
o0540035811667607683.jpg
出典/http://ameblo.jp/kimie1111/entry-11104979696.html
o0540035711667607682.jpg
出典/http://ameblo.jp/kimie1111/entry-11104979696.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%89
モンキーポッド(学名:Albizia saman、シノニムSamanea saman)は、熱帯アメリカ原産のマメ科ネムノキ亜科[1]ネムノキ属の常緑高木。別名、レインツリー、アメリカネムノキ(亜米利加合歓木)。サマネア属 (Samanea) に分類されることもあるが、サマネア属全体をネムノキ属に含める学説もある。

概要[編集]
マメ科の植物。本来の分布はメキシコからペルー、ブラジルにかけてであるが、広く熱帯と亜熱帯の各地に移植されて帰化している。米国ハワイ州では侵略的外来種に指定されている。高さは25mほど、枝張りは40mほど。樹冠は枝を左右対称に大きく広げた形をしている。2回羽状複葉でシダに似た形をしている葉は、日の出とともに開き、午後になると閉じる(就眠運動)。降雨前にも葉が閉じることから、レインツリー (rain tree) という呼称の由来となっている(この木の樹液を吸いに集まるセミの分泌物が雨のように下に落ちるからという説もある)。年に2回、5月と11月の頃、開花する。花の色は赤みがかったピンク色からクリーム色がかった黄色まで様々である。

アレクサンダー・フォン・フンボルトは著作『新大陸赤道地方紀行』の中で、ベネズエラのマラカイを訪れた時に見た、枝張りが58mにもなるモンキーポッドの巨木を「Zamang del Guayre」と呼んでいる。この木は現在も生きており、ベネズエラでは「サマン・デ・グエレ(スペイン語版)」と呼ばれ、国宝に指定されている。

日本国内では、ハワイ・オアフ島のモアナルア・ガーデンにある大樹が日立グループのTVCMの題材に永く取り上げられており、別名「日立の樹」として知られる。


日本では,「この木、何の木?」と言えば、 ‘日立の樹・モンキーポッド’と言う具合で、TV・CMの偉大さ、怖さを知らしめる代表的シンボルとなっている!

さて、‘樹木の名前’についても‘極めて疎い’我々だが、昨日(2016年7月10日)、ガソリン入れのため近所の格安のスタンドへ車で行く途中に、この辺では見慣れない、‘気品に満ちた青い花’をつけた‘木’を発見した!

201607010 西洋ニンジンの木 017-2
201607010 西洋ニンジンの木 014-2

どうです! 滅多にお目にかかれない、不思議な気品?が漂ってはいませんか?

という訳で、タイトル通りのブログになった次第!

さて、ガソリンを給油して、そのまま、この‘この木、何の木’の横を素通りして、帰宅したのだが、二人とも気になってまたその場所へ行ってみたという訳!今度は、スマホではなく、ちゃんとした‘ぼろカメラ’持参で・・・!

201607010 西洋ニンジンの木 009-2
201607010 西洋ニンジンの木 015-2
201607010 西洋ニンジンの木 010-2
201607010 西洋ニンジンの木 019-2

場所は、房総半島・千葉県は、茂原市の北のはずれ‘粟生野(あおの)’地区。
上の写真にある通り、道路の片面は、田圃で、コンビニの直ぐお隣で信号機のある交差点に面している!

近づいてみると、その美しさに圧倒された!

201607010 西洋ニンジンの木 004-3
201607010 西洋ニンジンの木 005-2
201607010 西洋ニンジンの木 007-2
201607010 西洋ニンジンの木 008-2
201607010 西洋ニンジンの木 008-3
201607010 西洋ニンジンの木 008-4
DSC_7534-4.jpg
DSC_7536-5.jpg

全体を、もう一度!

DSC_7537-2.jpg

実は、再度出かける前に、PCで、「紫の花の木」で検索をしてみた!
名前を知りたいと思ったからである!

ところが、車から眺めただけ、スマホで撮影しただけでは、花の細部が判らない!
従って、名前が判らないまま、現場へ向かった!

さて、この木の名前は?

ところが、現場で私が撮影している時に、かみさんが誰かと話をしている!
そして、‘来い’と手招きをしているではないか!

(つづく)
[2016/07/11 11:25] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
東京国際フォーラム(その2)
東京国際フォーラム(その2)

2016年6月13日、この日は関東地方には既に‘入梅宣言’がなされているにも拘らず、それまで雨らしい雨は降らなかったのだが、この日は朝から‘土砂降り’といっても良いくらいに強い雨が降った!

私は、千葉県・茂原市から外房線・京葉線直通の快速電車で東京駅に着いたのだが、風雨に弱い京葉線の電車が遅れることを想定して、一時間以上も予定よりも早く東京駅に着いたのである・・・。

したがって、いつもは通り過ぎる‘東京国際フォーラム’の‘探検’?を試みを、と思った次第!
‘(その1)’では、太田道灌公の銅像までの記事を前回書かせて貰った・・・。

今回の(その2)は、今迄経験した事がなかった、‘東京国際フォーラム’の‘ガラス館’の‘空中散歩’を試みたレポートである!

その前に、この‘東京国際フォーラム’の‘ガラス館’の仕掛けについて・・・。

DSC_7078-2.jpg

今迄、このガラス館についての詳細は見る余裕さえなかったが、太田道灌公の銅像を眺めていて、周りを見渡すと、以外にもこのガラス館を動かす‘仕掛け’が、建物の表面に出ていることを‘発見’した!
素人には、どうやって動かすのかは、正確には解らないが、「おや、おや、こんな仕掛けなの?」と思われる装置?が見て取れた!

DSC_7079-2.jpg
DSC_7080-2.jpg

この巨大な、直径約10cmもある‘ストランド’が建物中に張り巡らされている!
注)‘ストランド’:‘鋼より線’のこと。

DSC_7081-2.jpg
DSC_7082-2.jpg

この仕掛けで、テントや窓の開閉を行おうというのだろうか?

この仕掛けにも改めて驚いたのだが、もっと驚いたのは、‘空中に架かる遊歩道’?である!
これって一体何のために?

DSC_7083-2.jpg

この遊歩道?を歩いている人を発見!

DSC_7084-2.jpg
DSC_7084-3.jpg
DSC_7084-4.jpg

工事やメンテナンスをやっている様な人には見えない!

という訳で、早速行って見る事に!

この摩天楼の歩道橋からの眺めは、たった40~50mの上からなのだが、室内での‘眺め経験’は恐らくここだけしか出来ない経験に違いない!

DSC_7085-2.jpg
DSC_7085-3.jpg
DSC_7086-2.jpg
DSC_7086-3.jpg
DSC_7087-2.jpg
DSC_7087-3.jpg

実際に行って見て、その謎が解けた!

DSC_7088-2.jpg

この空中に架かっている歩道橋は、お隣のビルの同じ階と繋がっているのである!
写真を撮り忘れたのであるが、この同じ階には、貸し会議室がずらりと並んでおり、その日も半分くらいの部屋で色々な企業の説明会や、研修会が開かれていた!

さて、約30分の‘空中散歩’を楽しんで降りて来て見ると地下のホールではほとんど女性ばかりの‘バーゲンセール’が行われていた!

流石に東京である!

DSC_7089-3_20160626113002c78.jpg
DSC_7089-5.jpg
DSC_7089-4_20160626113004a10.jpg
DSC_7089-5_20160626113005a79.jpg
DSC_7089-6.jpg
DSC_7089-7.jpg

外はまだ、土砂降りが続いていた!

DSC_7075-2.jpg
DSC_7075-3.jpg
DSC_7075-4.jpg

(つづく)
[2016/06/26 11:40] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
梅の種類について(その1)
梅の種類について(その1)

3月の中旬に入ると、もう梅の大半は散り始めていたり、早咲きの梅の花は、既に散ってしまっている!

前々から疑問に思っていたのが、花の‘おしべ’と‘めしべ’についてである。

① なぜ、めしべは1本なのに、おしべは沢山あるのか?

② なぜ、めしべは長いのに、おしべは短いのか?

③ なぜ、おしべの数は、花によって違うのか?


等々。

それぞれ調べる気になって調べれば、こんなことは誰かがちゃんと解明しているから、それさえ見れば・・・、と思っていた!

でも、やっぱり自分で少しは見たり探したりしてみようと思った次第!

先ずは、我が家のトイメンの‘Kさん’のお家の梅について!

2016021 加藤さんちの梅 001-2
2016021 加藤さんちの梅 002-2
2016021 加藤さんちの梅 003-2
2016021 加藤さんちの梅 007-3
DSC_4361-2.jpg
DSC_4360-2.jpg
DSC_4367-2.jpg
DSC_4361-3.jpg
DSC_4367-3.jpg

こんなに拡大してみても、おしべの数を数えるのは、気が重い!ざっと数えてみて、‘40本’位!?
おしべの数、おしべの数と騒いでみても、梅の種類によってその数は違うに違いない!
それじゃあ、先ず‘梅の種類は、一体どれくらいあるのだろうか?

http://www.umeya-farm.co.jp/info/syurui.html
梅の種類
梅には、果樹として栽培される“実梅(ミウメ)”と観賞用の“花梅”があります。
梅は変異性の強い植物で、実の大小、花弁の形、雌しべ、雄しべなど各種器官が多彩な変化をくり返しその品種は、登録品種だけでも400種。地方品種などを加えると一説には、1600種ともいわれています。


うっひゃ~!こりゃあ、もう駄目だ!

誰か、一種類でもいいから、数えた人いないの?

という訳で調べてみると、おられた!おられた!


logo_umenohana.gif
出典/http://minabe.net/gaku/hana/kaibou.html

011_201603142309147ab.jpg
これが、南高梅(なんこううめ)の花だよ。

051_20160314230915582.jpg
これが花びらを取っちゃった後。なんだか、とっても神秘的!海の底の生き物みたい。

061.jpg
さらにおしべを取りました。先っぽの黄色いのが花粉だよ!数えてみると48本あったよ。

071.jpg
このめしべが、言わずと知れた「梅の実」になるんだよ!

南高梅のおしべの数は、上記参考資料により、‘48本’だそうだ!
でも、何で‘48本’という大量のおしべが必要なのだろうか?

そう思い始めると、疑問は尽きない!

‘君子蘭’についてもいつか取り上げてみたいが、下の写真で解る通り、なぜ君子蘭のめしべは、おしべよりもこんなに長いのだろうか?

どうやら‘花の受粉’の本質がここにありそうである!

DSC_4822-2.jpg
DSC_4822-4.jpg

(つづく)
[2016/03/14 23:52] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
三度目のフィリピン(その4):ホテルの窓から(その1)
三度目のフィリピン(その4):ホテルの窓から(その1)

2016年2月23~25日のほんの短い滞在だったが、フィリピン・マニラ市のホテルに宿泊した!

マニラ首都圏の人口は2,000万人を超える大都市である。
人口の集中が起こっているために、ビルの建設・道路の建設でどこへ行っても工事中の状態で、ある意味では‘活気’に溢れている!

そんな風景をホテルの窓から見た!

マニラー2 008-2
マニラー2 020-2
マニラー2 020-3
マニラー2 035-2
マニラー2 021-2
マニラー2 021-3
マニラー2 009-2
マニラー2 022-2
マニラー2 022-3
マニラー2 018-2
マニラー2 010-2
マニラー2 041-2
マニラー2 032-2
マニラー2 033-2
マニラー2 033-3
マニラー2 033-4
マニラー2 037-2

この写真の中の一番下の付近、つまり、このホテルの直ぐ下の付近に珍しい光景を見た!

(つづく)
[2016/02/29 23:56] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
シクラメンの不思議!
シクラメンの不思議!

毎年、毎年、年末になると‘シクラメン’の鉢植えをお送り戴く方がおられる・・・。

DSC_3290-2.jpg

シクラメンに関しては、あの歌・‘シクラメンのかほり(かおりではない!)’という小椋佳さんの作品で、布施明が歌い、ご本人もカバーされている歌を思い出すだけで、‘かほり’があるのだろうと思っていた!


出典/https://www.youtube.com/watch?v=7ENChwV7Wic

しかし、そんなに‘しげしげと’見つめたことも無かったし、‘Wikipedia’でその概略を知ろうともしなかったので、この度少々の‘観察’と文献調査をした結果、思っても見なかった情報が得られた!

「知っている人は知っている!知らない人は知らない!」

とは、言い得て妙である!

「なんだ、そんなことみんな知っているよ!」と言われそうだが、まあ我慢して・・・。

① 沢山種類はあるが、‘香り’のあるものは、ほとんど無い!

② おしべ・めしべの存在場所と花びらとの関係が、チューリップとは‘真逆’である!

という、知らなかったことが恥かしいほどの事実を知ることが出来た!

ここまで書いて、「いや、いや、この疑問の記事、‘香り’のことは別として、‘花の逆立ち’についてはだいぶ前に書いたことがある!」と思い出した!

その記事が以下である・・・。

「シクラメンは何故?」http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-1192.html

己の疑問を自分自身が調査して、自分で書いた己のブログを見て‘納得’するというこの光景!
‘認知症’が相当進んでいる!

まあ、それは少し大目に見て頂いて、折角今回写真も撮ったことだから・・・

<2015年12月14日>
DSC_3294-2.jpg
DSC_3294-3.jpg
DSC_3294-4.jpg
DSC_3295-2.jpg
DSC_3294-4.jpg
DSC_3296-2.jpg
DSC_3296-3.jpg
DSC_3674-2.jpg
DSC_3674-3.jpg

<2016年01月26日>
になっても、ちっとも衰えていない!

20160127 SHIKURASMENN 004-2
20160127 SHIKURASMENN 001-3
20160127 SHIKURASMENN 011-2
20160127 SHIKURASMENN 011-3

下から見たシクラメンの花

20160127 SHIKURASMENN 007-2
20160127 SHIKURASMENN 007-3

下から見た‘おしべ’と‘めしべ’を、あたかも‘上から見たように’撮影してそれを書き加えた!

おしべとめしべ

これが、花の下にある!

では、何故、シクラメンは、チューリップと違うのか?
それは、次回!

(つづく)
[2016/01/28 12:02] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
高滝湖(その1)
高滝湖(その1)

千葉県・房総半島のど真ん中に、‘高滝湖’というダム建設のために出来た‘人工湖’がある!

‘Google’で見てみると以下のようにその様子がはっきり判る!

2016年01月10日、快晴だった!
我が家から、車で約50分のところである・・。
この高滝湖には、多分4,5回は行った記憶があるが、暫く訪れていなかったので、‘歩き’で気分転換もと思ったからである!

日本千葉県市原市養老 高滝湖 - Google マップ0001-2
日本千葉県市原市養老 高滝湖 - Google マップ-20001
日本千葉県市原市養老 高滝湖 - Google マップ-30001-2
日本千葉県市原市養老 高滝湖 - Google マップ-40001-2
日本千葉県市原市養老468 高滝ダム管理事務所 - Google マップ-50001-2
日本千葉県市原市養老468 高滝ダム管理事務所 - Google マップ-70001-2
日本千葉県市原市養老468 高滝ダム管理事務所 - Google マップ-80001-2
日本千葉県市原市養老468 高滝ダム管理事務所 - Google マップ-90001-2
<以上のマップと画像は、‘Google’マップから引用>

前述の通り、この日は快晴で最高温度は15℃!

20160110 高滝湖2016 001-2
20160110 高滝湖2016 002-2
20160110 高滝湖2016 003-2
20160110 高滝湖2016 004-2
20160110 高滝湖2016 004-3
20160110 高滝湖2016 005-2
20160110 高滝湖2016 007-2

この場所は、前掲の‘Googleマップ’の画像にも見受けられる!
さぁ~て、上の画像のベンチは、下の画像のどのベンチ?

日本千葉県市原市養老468 高滝ダム管理事務所 - Google マップ-90001-2

(つづく)
[2016/01/15 23:49] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
マーレイン
マーレイン

我が家の庭にあるこの植物は、一体何なのだろうか?

「随分前からあるのよ」とかみさんが言うからそうなのだろうが、私にとっては始めてである。
かみさんは、名前は覚えていないという!

20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 012-2
20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 020-2
20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 020-3
20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 023-7

苦労していつものようにNETで調べてみたが、なかなか正解に辿り着かなかった!

辿り着いた‘マーレイン’という言葉は、初めて聞く言葉だった!

これも、‘紫ささげ’と同じように、前述の通り、名前を探すのに苦労したのであるが・・・。

探し方が悪いと、時間ばかり掛かって、遂に探し当てられないことになってしまう!

「のっぽの植物 黄色い花」で検索すると、ヒットしたのは以下の文献。

http://blogs.yahoo.co.jp/happy04020728/36462540.html
鎌倉野草園の花
<前略>

img_24.jpg

背の高いノッポの植物は何かなぁ~。

img_25.jpg

黄色い花がたくさん咲きそうです。

フラワーハンターさん♪

ビロード毛蕋花(ビロードモウズイカ)でしたか。
初めて見ました。
ありがとうございます。
(*^^)v

<後略>


「ビロード毛蕋花(ビロードモウズイカ)」で検索すると・・・

http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/
hana-villodo-mouzuika_large.html


ビロードモウズイカ<モウズイカ属<ゴマノハグサ科
ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花)

ビロードモウズイカは、ゴマノハグサ科モウズイカ属の二年草です。
別名:ホザキモウズイカ、マレイン、グレート・マレイン、バーバスカム・タンプサス、アダムズ・フランネ、ニワタバコ

ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花)は、ロゼット状をした基部から、翌年の夏、長い茎先に総状花序を伸ばし多数の黄色い小花を咲かせるゴマノハグサ科モウズイカ属の二年草です。
ビロード状の綿毛で覆われた柔らかい灰緑色の葉は大きく30cmにもなります。葉の大きさは上葉と下葉で大きさが極端に異なります。葉に綿毛があるため葉は柔らかく灰緑色に見えます。花は優しい薄黄色をしており花は閉じた感じで咲きます。
観賞用とされる他、花茎はドライフラワーとして用いられます。また、薬効のあるハーブとして知られ、鎮静・鎮痛・去痰剤として、また腎臓病・高血圧等の治療薬として用いられました。別名でマレイン(mullein)と藻呼ばれますが、マインとはラテン語で柔らかいという意味です。
似ている花に、 アレチモウズイカ(荒地モウズイカ) があります。

一般名:ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花)
学名:Verbascum thapsus L.(ヴェルバスクム・タンプサス)
別名:ホザキモウズイカ (穂咲毛蕊花)、マレイン(mullein)、グレート・マレイン(great mullein)、バーバスカム・タンプサス(Verbascum thapsus)、アダムズ・フランネル(Adam's flannel)、ニワタバコ
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ゴマノハグサ目ゴマノハグサ科モウズイカ属
原産地:ヨーロッパの地中海沿岸
日本各地 環境:野原や道端で野生化
草丈:100~200cm 全草:灰白色の毛が密生 根生葉長:30cm 茎上の葉:無柄、翼あり 葉色:灰緑色総状花序高:50cm 短い花柄 花色:黄 花径:2cm 開花期:6~8月 果実形:球形 果実状態:毛に覆われ萼に包まれる  

■関連ページ
ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花)  モウズイカ属(毛蕊花の花)  7月の花#1(2004年)  7月の花#5(2001年)  ハ行の花図鑑

flowwr6748large.jpg

<後略>


とうとう同じと思われる画像が出てきた!

ということは、「一般名:ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花)」で、通称「マーレイン」ということらしい!

直ぐに思い出ださないと余り意味が無いから、何とか工夫を!

「マー君が雨男!」

どうやら、昔から、あのヤンキースの‘マー君’は雨男という話は有名だ!
これで決まり!

「マーレイン」

(上記文献には、‘マレイン’となっているが、‘マーレイン’という呼び名の方が多いみたい??)

我が家の‘マーレイン’は、‘トンボの椅子’の様態を見せている!

20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 014-2
20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 014-3
20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 023-2
20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 023-3
20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 023-4

20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 023-5
20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 023-6
20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 023-7
20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 029-2
20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 034-3
20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 020-2
20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 020-4
20150825 サルスベリとモドキと紫御殿 031-2

名前は‘マーレイン’もいいのだが、 ‘トンボの座’ってのも如何だろうか?

(つづく)
[2015/09/18 00:05] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ゴシキドクダミ(カメレオン)
ゴシキドクダミ(カメレオン)

普通、‘どくだみ’というと何となく‘陰湿な’感じがする。
それは、どくだみが生えている場所が、日陰であることや‘臭い’がきついからである。

ところが、ところがである!

花は普通のどくだみなのだが、葉っぱが誠に色鮮やかで、何色にも分かれていたりして‘サイケデリック’とでも表現出来る!
こんなどくだみは、初めて見た!我が家の玄関前である。

20150607 錦織と小川 080-2
20150607 錦織と小川 081-2
20150607 錦織と小川 082-2
20150607 錦織と小川 082-3
20150607 錦織と小川 084-3
20150607 錦織と小川 084-4

何故こんな葉っぱが出来たのだろうか?
これじゃあ、いわゆる‘炭酸同化作用’が、まともに出来ないではないか!

わざわざ植物自身が、こんな‘不都合な’ことをどうしてするのだろうか?

調べてみると、‘斑(ふ)入り’の植物があるという。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%91%E5%85%A5%E3%82%8A
斑入り
斑入り(ふいり)とは、植物においてもともと単色で構成される組織が、本来持っているべき色、つまり緑色の葉の一部が白や黄色あるいは赤の模様になることを指すことが多い。外的または遺伝的要因によって多色になってしまう場合を言う。多くは葉に見られる。一般に病気や害虫、あるいは気温や土壌の影響などの一時的な現象とは区別される。ウイルス病により生じることも多いが、シマイネなど品種として重宝されるものもある。

その植物種の特徴としてすべての枝葉に現れる場合や、突然変異として出現する場合もある。狭い意味では後者のみを斑入りという。


この‘突然変異’で、‘どくだみさん’もいい観賞用の植物に変身したのだろうが、でもその経緯は?

そして、‘カメレオン’って名前、一体誰がつけた?

(つづく)
[2015/06/09 22:34] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
東京にある‘マロニエ’通り!(その2)
東京にある‘マロニエ’通り!(その2)

いつもの早合点が、また出てしまったようで、「‘元浅草から神田まで’歩く間に‘マロニエ通り’を発見した!」と言うのは‘早とちり’で、正確には「マロニエ‘の’通りを発見した!」と‘の’をいれるべきなのでしょう!

つまり、‘マロニエ通り’という名称の通りがあるのではなさそうである!
下の記事を見ていただければ、その辺のニュアンスが・・・。

http://marronnier-matsuri.com/#stage
第八回 平成27年 浅草橋紅白マロニエまつり
平成27年(2015年) 5月9日(土)、10日(日)
モノづくりのまち「浅草橋、柳橋、蔵前、鳥越」など浅草南部地域の活性化を図ろうと、マロニエまつり実行委員会が主催する「浅草橋紅白マロニエまつり」が今年も行われます。「マロニエまつり」の名称は、周辺の道路に植えられた、上に伸びていく花であるマロニエの並木、その紅白の花の見頃にあわせて行われるところからきています。


昨日(2015年5月15日)の弊ブログに書かせてもらったとおり、‘マロニエ’などという‘モダンな’言い回しは、大正・昭和初期のロマン派的な言い回しだと漠然と思っていたので、「浅草橋紅白マロニエまつり」の幟を見たときにそう思ったのである!

‘マロニエ’については後述する。

DSC_0904 (1)-2
DSC_0906 (1)-2

その日は5月6日、連休の最後の日であった!
現時点(5月16日)では、残念ながら‘マロニエ祭り’は既に終わっている!

‘マロニエ’の花と樹を見るのは初めてである!
何となく、この通りまでもが、大正・昭和初期の佇まいのような気がしてならなかったのだが、前述の通り、ここでの‘お祭り’は、‘第八回’と言うことだから、お祭りとしての歴史は浅い!しかし、樹の年齢はそんなに若いと言うわけではなのだろう!

この‘マロニエの花’が、また素晴らしかった!

DSC_0895 (1)-2
DSC_0896-2.jpg
DSC_0899 (1)-2
DSC_0899 (1)-3
DSC_0901 (2)-2
DSC_0902 (1)-2
DSC_0903 (1)-2
DSC_0903 (1)-3
DSC_0908 (1)-2
ここが、‘マロニエ通り’と書いたのだが、‘マロニエの通り’と訂正すべき?
連休最後の日の夕刻近くだったが、人通りも車の通りもなく、閑散としていた!

DSC_0907 (1)-2
DSC_0909 (1)-2
DSC_0909 (1)-3
DSC_0909 (1)-5
何とも言えない静かな雰囲気の花!
まるでキャンバスに描かれたような・・・

DSC_0909 (1)-4
葉っぱだって、おにぎりを包んだらよさそうで・・・

セイヨウトチノキ(Horse-chestnut, Conker tree)は、大型の落葉樹である。マロニエ(仏、marronnier)とも言う。

生育[編集]
セイヨウトチノキの花成長すると36mの高さになり、ドーム状の樹冠が形成される。葉は、各々13cmから30cmの小葉が5から7枚向かい合って付き、7cmから20cmの葉柄を持つ60cm程度の手のひら型となる。葉が落ちた後に枝に残る葉痕は、7つの「爪」を備えた特徴的な馬蹄形になる。花は通常白色で赤い斑点があり、春に咲く。20個から50個の小花からなる円錐花序で、高さは10cmから30cmになる。それぞれの円錐花序からは、通常1個から5個の果実だけができる。果実は緑色で柔らかいとげのあるカプセル状で、1つの(稀に2つか3つの)トチの実と呼ばれるナッツのような種子を持つ。トチの実は直径2cmから4cm、光沢のある茶色であり、底に白色の跡がある[2]。

語源[編集]
英名をhorse-chestnutというのは、この木はクリの仲間であるという誤解と、馬の胸部疾患の治療に用いられたことに由来する[3]。

また、フランス語のマロン=marronは元来このマロニエの実に由来するが、食用においてはヨーロッパグリの方が適していたことから後者を指すのが一般的になった。現在の食材における厳密な区分けではヨーロッパグリでも特に殻の中に実を一つだけ実らせたものがmarronとされるが、これは同じように殻の中に一つの実をつけるこの木の実の名残であるとも言える。

利用[編集]
セイヨウトチノキの葉と幹春に咲く美しい花のための栽培は、夏が暑すぎない気候の領域で成功している。その北限は、カナダのエドモントン、アルバータや[4]、ノルウェーのフェロー諸島[5]、ハーシュタ等である。南方では、冷涼な山地が生育に適している。

イギリスやアイルランドでは、種子が子供の遊びに使われている。2つの大戦の間、トチの実はデンプンの原料として使われ、このデンプンはハイム・ヴァイツマンの考案したClostridium acetobutylicum発酵法を用いてアセトンの合成に用いられた。アセトンはバリスタイトからのコルダイトの成形の溶剤として用いられた。

若くて新鮮な実はアルカロイドのサポニンやグルコシダーゼを含み、弱毒である。触れるだけでは危険ではないが、食べると病気になる恐れがある。シカ等のある種の哺乳類は、毒を分解し、安全に食べることができる。馬にとっては健康に良いと言われるが、証明はされておらず、馬に与えることは賢明ではない。しかしサポニンアエスシンは、静脈瘤、浮腫、捻挫等に対して健康目的で用いられ、食品添加物としても入手できる[6]。

セイヨウトチノキの種子かつて、トチの実はフランスやスイスで麻や亜麻、絹、羊毛等の脱色に用いられていた。石鹸分を含むため、6リットルの水当たり20個の実の皮をむいてやすりをかけるか乾燥させ、石臼で挽いてリンネルや毛織物等の洗濯に利用されていた。

800px-Aesculus_hippocastanum_fruit.jpg
セイヨウトチノキの種子

フランスの代表的な栗菓子であるマロングラッセは元はこの実を用いていたともいわれるが、現在ではクリを用いるのが殆どである。

セイヨウトチノキはギリシアの山地に自生していたものの、ヨーロッパの他地方では知られていなかった。オーストリア大使としてオスマン帝国に駐在していたブスベックはヨーロッパにチューリップを伝えたことで知られているが、1557年、そのブスベックがコンスタンティノープル(現在のイスタンブル)でセイヨウトチノキについた書いた文章が最古の文献となる。1576年にウィーンで植樹されたのち、次々とヨーロッパの並木として、また公園樹木として利用されるという流行を見た。現在も並木として、また公園やレストランの中庭などで夏の木陰を提供していて、例えばフランス・パリのシャンゼリゼ通りの並木がよく知られている。
セイヨウトチノキはバッチフラワーにも用いられている。つぼみが用いられると"Chestnut Bud"、花が用いられると"White Chestnut"と呼ばれる。


そうか、行った事はないけど、パリのシャンゼリゼ通りの並木は、このマロニエだったのか!


出典/https://www.youtube.com/watch?v=MD0ZTT2jYOc
[2015/05/16 17:54] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
やってみました!‘納豆300回掻き混ぜ’
やってみました!‘納豆300回掻き混ぜ’

昨日(2015年4月24日)の弊ブログで納豆の掻き混ぜは、

<A> 何か身体にいいことが積極的にはない!
<B> 単に‘美味さ’が増すだけである!
<C> 掻き混ぜる回数は、‘300回’が最適である!

ということを、日本経済新聞の記事を引用して紹介した!

fc2blog_201504231129071c6.jpg

昨日の朝、‘300回掻き混ぜ’我が家でもやってみました!

① これが、我が家の今の納豆。‘たれ’付である。

画像ー299 納豆と草刈り機 012-2

② 蓋を開ければ・・・

画像ー299 納豆と草刈り機 013-2

③ ‘たれ’を入れずに、先ずは掻き混ぜる。これが‘20回’掻き混ぜた時

画像ー299 納豆と草刈り機 015-2

④ これが‘200回’掻き混ぜた時

画像ー299 納豆と草刈り機 016-2

⑤ ‘200回’かき混ぜてから、‘たれ’を入れた!

画像ー299 納豆と草刈り機 019-2

⑥ その後、‘100回’掻き混ぜて、掻き混ぜ回数が合計‘300回’となった時

画像ー299 納豆と草刈り機 020-2

⑦ これが食べ始める寸前の画像!

画像ー299 納豆と草刈り機 023-2
実に美味かった!

⑧ 何の意味もないが、これが食べ終わった後の容器!

画像ー299 納豆と草刈り機 025-2

⑨ 私ではないが、こんな食べ方をする人も我が家にもいる!

画像ー299 納豆と草刈り機 026-2

⑩ ⑨の一部分の拡大

画像ー299 納豆と草刈り機 026-3
(一部分、もう食べられている!)

勿論、‘300回’以上の掻き混ぜはやっていないし、今後もやる積りはない!
‘300回’で十分である!

(つづく)
[2015/04/25 02:46] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
世界一シリーズ:(第一弾)世界で最も高所にある都市・エルアルト(その3)
世界一シリーズ:(第一弾)世界で最も高所にある都市・エルアルト(その3)

俳優の大高洋夫さんが、NHKの企画の

「世界一番紀行・世界で一番標高の高い街~ボリビア・エルアルト~」

という番組に出演された。この番組を見た時、かなり昔のTBS系で放映された「世界ウルルン滞在記」を思い出した!
この‘ウルルン企画’は、世界中の国や民族の現状を知る最も素晴らしい番組だったのに、何故TV局は製作しないのだろうか?

それは、また別途議論することにして、富士山の頂上よりももっと高い 4,150mの標高の場所に約100万人の人々が暮らしているというから驚きである!

その都市エル・アルトでの一般市民の生活を観察するために、大高洋夫さんが或る‘技術者?’の自宅に泊めてもらう、という企画である!

その生活は、素朴で人懐っこく、日本でいえば、どこか江戸時代や明治時代を髣髴とさせるような気がした!
何だかこの都市に住んでいる人達全員が、‘一つの家族’っていった感じ・・・。

技術者って人は、婦人服の仕立て屋さん!勿論、女性・・・。

ご主人は、車の運転手さんだそうである。
家族一緒の夕食には、主食のジャガイモを使ったカレーが出て、「美味い!」と大大高さんが言う!
そんなにお世辞でもなさそうだった!

その後は、家族全員で‘踊り狂う?’といった様子!
この団欒がまた楽しそうだった!
当の大高さんは、酸素が薄いのでついて行けない様子!

( 特に注釈がついていない画像は、NHKTVの画面をカメラで撮影したもの )

画像ー268 エルアルト 028-2
画像ー268 エルアルト 027-2
画像ー268 エルアルト 026-2
画像ー268 エルアルト 029-2
画像ー268 エルアルト 030-2
画像ー268 エルアルト 031-2
画像ー268 エルアルト 032-2
画像ー268 エルアルト 035-2
画像ー268 エルアルト 036-2
画像ー268 エルアルト 036-3
画像ー268 エルアルト 037-2
画像ー268 エルアルト 038-2
画像ー268 エルアルト 038-3
画像ー268 エルアルト 039-2
画像ー268 エルアルト 040-2
画像ー268 エルアルト 041-2
画像ー268 エルアルト 042-2
画像ー268 エルアルト 044-2
画像ー268 エルアルト 045-2
画像ー268 エルアルト 045-3
画像ー268 エルアルト 046-2
画像ー268 エルアルト 047-2
画像ー268 エルアルト 048-2
画像ー268 エルアルト 049-2
画像ー268 エルアルト 050-2
画像ー268 エルアルト 050-3

そして、一夜が明ける!

画像ー268 エルアルト 051-2
画像ー268 エルアルト 052-2

(つづく)
[2014/12/22 00:20] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
世界一シリーズ:(第一弾)世界で最も高所にある都市・エルアルト(その2)
富士山(3,776m)よりも標高が高いところに約100万人もの人が住んでいるというから驚きである!

勿論、緯度が富士山のある日本とは違って、この‘大都市’エル・アルトのあるボリビアは赤道からの距離が近いから寒さの点では有利であることは確かであるのだが・・・。

因みに

富士山:北緯35度21分38秒
ラパス :南緯16度30分08秒 (エル・アルトもほぼ同じ)

エル・アルトとボリビアの事実上の首都(憲法上の首都はスクレ)ラパスとはお隣同士だから、緯度がほぼ同じだろう。

ベトナムが北緯17度辺りだから、それくらいの‘暑さ’が、エル・アルトでの標高0mでの気温と言うことになる。
従って、真昼のエル・アルトでは、4,000mの高さでも、‘20℃’にもなるのである!

高さに対しての気温の低下は、‘100m毎に0.6℃低下’というのが常識である。
従って、4,000mでは、0.6℃×40=24℃の低下となる。4,000mの高地で20℃と言うことは、0mの場合は、44℃ということになって、およその一致が見られてそんなに不思議ではない。

さて、さて、「ここエル・アルトでの市民の生活は?」これが、今回の主題である!
NHKの企画で、極限地専門リポーター宣言!?をした俳優の大高洋夫さんを現地へ派遣したという訳!

昔、TBS系で放映された「世界ウルルン滞在記」と同じ企画のようで、‘企画パクリ’?のような気もしたが、別にこの企画が特許になっている訳でもないだろうから、けちをつける必要もない!

とにかく、内容が濃くて面白い番組だったことは保証する!

(断り書きのない画像は、NHK・BSTVの画面をカメラで撮影したもの)

この番組を見て判ったことは、何故 3,650mの高地にある実質的首都ラパスに比べると500mも高くて空気も薄いのにエル・アルトという大都市が出来たのかといことである。

① 人口が増えすぎて、ラパスには、もう住宅地が造れない。
② ということは、当然ラパスの土地の高騰化が起こり、
③ その結果、収入の少ない人達が空き地の沢山ある上の土地へ住宅を造り始めた!
④ 都合の良い事に、この高地でも‘水が潤沢’だった!
⑤ 主食のジャガイモが高地でも収穫できる!
⑥ そして、エル・アルトが一杯になれば、標高はほとんど同じ場所、アルティプラノという広大な土地がある!

というのが、エル・アルトが出来た真相だそうだ!

これだけのことを知っていれば、もうあなたは、ボリビア通、ラパス通、エル・アルト通で通る! 

そんなに人口が多くなかった大昔でも別の意味で、この高地にも住んでいた人達が居て、その証拠に遺跡が残っている!

画像ー268 エルアルト 006-2
画像ー268 エルアルト 008-2
画像ー268 エルアルト 011-2
画像ー268 エルアルト 012-2
この方が、何故世界一高い場所に都市が出来たかを語ってくれた!

画像ー268 エルアルト 013-2
画像ー268 エルアルト 014-2
画像ー268 エルアルト 016-2
画像ー268 エルアルト 017-2
画像ー268 エルアルト 018-2
画像ー268 エルアルト 020-2
画像ー268 エルアルト 022-2
画像ー268 エルアルト 023-2
画像ー268 エルアルト 025-2
画像ー268 エルアルト 025-3画像ー268 エルアルト 025-4

このジャガイモが、何とみんな人間の顔のように見えるところが面白い!

(つづく)
[2014/12/21 10:36] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
世界一シリーズ:(第一弾)世界で最も高所にある都市・エルアルト(その1)
どんなに博学の人でもその能力が無限ということはないはずであるから、知識にも当然限界があると思われる。

ましてや、一夜漬けの勉強しかして来なかったし、本も新聞もほとんど読まない私には

‘世の中知らないことだらけ’!

そんな訳で、色々な分野での‘世界一シリーズ’のコーナーを設けてみようと思い立った次第!

その第一回目が、 「世界で最も高所にある都市・エルアルト」

富士山よりも高い場所に、およそ100万人が住んでいるというから驚きである!

どうにも理解し難いのは、

① そんな高いところで、人間の生活に最も必要な‘水’は確保出来るのか?
② 同じく‘食料’の確保が出来るのか?
③ 何故、低地へ降りてこないのか?

であるが、森林限界を越してしまっている場所が何故そんなに住み良いのだろうか?
その他にも、

④ 酸素濃度が低いため、運動すれば‘呼吸困難’になるのではないか?
⑤ 酸素濃度が低ければ、当然‘紫外線濃度’が高いため体に悪影響葉ないのか?
⑥ 気圧が低いから、水の沸騰温度が100℃より低い(多分90℃くらい)ためご飯(その他の食べ物)が美味くないのでは?

などの疑問も出てくるのだが・・・・。
(断り書きのない画像は、NHK・BSTVの画面をカメラで撮影したもの)

画像ー268 エルアルト 215-2
画像ー268 エルアルト 001-2
画像ー268 エルアルト 002-2
画像ー268 エルアルト 003-2
画像ー268 エルアルト 005-2
画像ー268 エルアルト 004-2

富士山はご存知の通り、標高 3,776m であるから、この高さではもう富士山の高さを超えている!

ここでご紹介をしておきたいのは、ここエルアルトへ行って取材・体験をされた俳優・大高洋夫さん。
‘極限値専門リポーター宣言!? ’で有名なユニークな俳優さんである!
身体でぶち当たって本音で心を顕わにするから、彼とはみんなが直ぐに打ち解ける、そんなユニークな俳優さんなのである!
‘イケメン’でないのがこれまたいい!(失礼!)
7_2014121901584798b.jpg
出展/http://hido703.cocolog-nifty.com/blog/

果たしてここでの生活とは?

(つづく)
[2014/12/19 23:25] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アメリカ発見者はコロンブスではない!?
アメリカ発見者はコロンブスではない!?

Q:「アメリカを‘発見’した人は?」
A:「勿論、‘コロンブス’!」

columbus_1.jpg
http://www.cosmos.zaq.jp/t_rex/works/works_7_m.html

6137dcff-s.jpg
http://mankanshoku.blog.jp/archives/1002903234.html

この会話って、日本ではフツーのやり取りである。
まあ、簡単に言えば、日本人は、「アメリカを誰が発見しようと我々には関係ない!」という問題意識の低さから来るやり取りなのかも知れない!

そりゃあ、誰がアメリカを発見しようと現在日本・日本人に無関係だと言われれば、それはそうかもしれない!

しかし、「誰がアメリカを発見したか?」という問題を少し時間を掛けて掘り下げてみると意外な‘副産物’を確保出来る!

‘コロンブス’ってどんな人か?を調査すると、少なくとも以下の項目に出くわすことになる。

① ご本人の生い立ちと家族との関係におけるその時代背景と関わりは?
② 何故、コロンブスが、‘西回りの航海’に命を懸けたのか?
③ 何故コロンブスに大金を出して航海をさせたのか?
④ 一体何故、コロンブスが‘インディアン’に対して略奪と殺戮を繰り返し、奴隷商人になったのか?
⑤ ヨーロッパ人の‘奴隷制度’に関する‘感覚’とは?
⑥ 現在に至るまで、何故コロンブスの‘評価’が大きく分かれているのか?
⑦ 一体コロンブス自身は‘幸福な人生’を送ったのだろうか?

等々のことが‘じんわりと’判ってくると‘人間社会のあり方’とは一体何なのだろうか?をもう一度改めて考え直すきっかけになるに違いない!

そんなこんなで、‘偉人伝’を追求すると、‘コロンブス’だけでなく、‘エジソン’だって、‘ノーベル’だって、‘ソクラテス’だって、その時代背景とともに必死に生きた人間の本質が見えてくる!

さて、コロンブスとはどんな人だったのだろうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%8
2%B9%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%
83%BB%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%96%E3%82%B9

一般的にコロンブスの「功績」はアメリカ大陸を“発見したこと”と語られることが多いが、アメリカ大陸にはこれ以前からインディアンやインディオなどのモンゴロイド系先住民族が一万年以上前から居住し独自の文明を築いていたことを考えると、“発見”という言葉自体がヨーロッパ中心で世界を見る視点に立脚した発言と言わざるを得ない。

従って、中立的な視点では「大西洋航路の発見」、つまりヨーロッパとアメリカ大陸を結ぶ「航海路を発見した」というのが、その真の功績であると言える。

コロンブスのアメリカ大陸到着以前はユーラシア大陸と北米大陸の住人や国家、文明の間には相互の文化や経済、政治などに影響を与え合うほどの交流がほとんど無かったことから、「世界の一体化を促進した」とする評価もできる。そしてその評価の中には聖書には地球が平面だと言う考えに基づいて描写された記述があるが、コロンブスの行動によりそれは誤りなのだと立証されてしまった一面もある事も考えなくてはならない。

なおコロンブス自身はアメリカ大陸を最後までアジアだと誤認しており、「新大陸」と気づく事は無かった。その事を考えれば、1492年にコロンブスが「新大陸を発見した」ようにいわれることもおかしいともいえる。

コロンブスは「アメリカを発見した」のか?[編集]

「コロンブスがアメリカを発見した」という「功績」については、現代の多文化主義論者たちは、「“発見”などしていない」との見解で一致している。

歴史家のフランシス・ジェニングスは、「ヨーロッパ白人は処女地に植民したのではない。彼らは先住民族を侵略して、入れ替わったのだ」と述べ[30]、インディアン活動家のマイク・アンダーソンは「コロンブスの上陸の前に、そこには文化があった。そして人々がいた。そしてそこには政府があった」としている。カークパトリック・セールは「我々は“発見”などというイベントは無かったと断言することが出来る」と主張、小説家のホメロ・アジリスはインディアンと白人が「互いに相手を“発見した”のだ」としている。また、ゲイリー・ウィルズやゲイリー・ナッシュ、ロナルド・タカキといった歴史家たちは、「“発見”ではなく、“遭遇”である」との主張で一致している。またレシェク・コワコフスキはこの「遭遇」という言葉に対して、 「探検への衝動は、世界の文明の中で決して均一に割り当てられたものではなかった」として、コロンブスがアメリカに到達し、インディアンがヨーロッパに到達しなかったことは、インディアンと白人が「同一水準で文明的な接触をする」という条件面での違いを隠すものだとしている[31]。

しかし、ヨーロッパ白人もアメリカ大陸のインディアンも、双方が互いを知らなかった状況において、ヨーロッパ白人がアメリカ大陸に来訪したのを、「アメリカ大陸を発見」と呼んでも、必ずしも不公平ではないという意見も白人の中にはある。

しかしながら、ヘルゲ・イングスタッドとアン・スタイン・イングスタッドの夫妻が、ニューファンドランド島のランス・オ・メドーでコロンブスが北米に上陸する以前の年代にヴァイキングが持ち込んだとされる鉄釘を発見した。これによりコロンブスが「西洋人としてはじめて」「新大陸を発見した」という説は覆った。

現在ではヴァイキングがアメリカ大陸に到達し、その地をヴィンランドと呼んでいた事実は、定説となっている。

また、古代ポリネシア人もおそらく南米に到達し、コロンブス交換以前に南米の作物を旧世界に持ち込んでいた。後世のコロンブスの発見に比べれば、交流は限定的であるが、少なくともアメリカ大陸以外の住人が、アメリカ大陸に来訪したのは、コロンブスが最初ではないのは事実である。さらに言えば、エスキモーと呼ばれる北極圏の先住民族グループの分布は、ベーリング海峡や北極海を越えて、ユーラシア大陸・アメリカ大陸にまたがっており、アメリカ大陸が他とは隔絶した地域だという認識そのものが疑問視される。


‘Wikipedia’にも‘コロンブス’の紹介には、‘アメリカ大陸発見者’という表現はない!

クリストファー・コロンブス(英: Christopher Columbus[注 1][注 2]、伊: Cristoforo Colombo[注 3]、羅: Christophorus Columbus[注 4]、1451年頃 - 1506年5月20日)は探検家・航海者・コンキスタドール、奴隷商人。定説ではイタリアのジェノヴァ出身。大航海時代においてキリスト教世界の白人としては最初にアメリカ海域へ到達したひとりである。


コロンブスの航海
http://blogs.yahoo.co.jp/futoritaimon/63148247.html

1492年、イタリアジュノヴァ出身のクリストファ・コロンブスはスペイン王室の援助を受け、絹、香辛料、宝石、染料など極東との貿易のための航路発見の航海を開始した。コロンブスは西回りで航海しても極東に到着できるだろうと考え、航海を続け、10月12日、遂に、到達した。コロンブスはこの地域は極東のインド大陸に所属する島であり、インド大陸への新航路を発見したと信じていた。

1504年までの12年間、4回の航海によって、この地をインド大陸と思ったまま、島々を探検して、遭遇した先住民をインディアンと間違った名前を付けしまった。

しかし、これらの島々はまったく新しい大陸の一部であり、後にアメリカ大陸と呼ばれるようになる新世界の大発見だった。コロンブスが1492年10月12日に到着した島は後にインド諸島と区別するため付けられた西インド諸島に並ぶバハマ諸島の一つでキューバに近い、サン・サルヴァドル島だった。そして、計4回の航海によって、後にキューバやハイチやドミニカやホンジュラスやパナマと呼ばれるようになる島や地域を発見した。

コロンブスの新航路発見の情報がヨーロッパに伝えられると冒険家や探検家は冨と栄光を求め、競って新航路発見の航海に乗り出した。


(つづく)
[2014/10/14 00:04] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ホンビノス貝
聞きなれない貝だが、 ‘ホンビノス’という貝がある!

ホンビノス貝
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1
%E3%82%A4%E3%83%AB:Mercenaria_mercenaria2.jpg


‘ホンビノス貝がある’と言ったって、どこにあるのか、そして、‘簡単に買えるのか’が判らないと‘重要な’情報にはならない!

ひつっこくて申し訳ないが、「簡単に買える」という意味は、①簡単に‘手に入る’という意味と ②価格が安いから‘躊躇しなくて’買える ということである!

我々のように‘後期(高貴!)高齢者’になると、‘美味いから買おう’と言う訳には行かない!

ところが、ところがである!

この‘ホンビノス貝’は、我々千葉県人にとっては「簡単に買える」のである。
安くて豊富にあって、これが何と‘美味い・旨い’から申し分ない!
ただし、一寸だけ車で行かなければならない! しかし、よく行く場所の中間にあるからこれは好都合である。

画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 176-2
画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 204-2
画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 204-3
画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 204-4

この料理については、また後日。一番は酒蒸し!

やっぱり気になるのが、お値段

画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 204-2
この上のパックが、下の値段で購入出来る!

画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 206-2
画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 206-3

100g当り38円とある!
・正味 810gであるから、38円×8.1=307.8円で、一円以下切捨てで、本体価格が、307円となる。
・これを、1kg 購入すると、38円の10倍、380円 である!

それでは、勿論このホンビノス貝とは、味も上品さも格段上には違いない‘本場の国産の地ハマグリ’のお値段は?

img59174012.jpg
国産地はまぐり
http://kaisen-takumi.com/item/20130216-453/
【たっぷり食べる1キロ分】千葉県産 「国産はまぐり」 地はまぐり 約1kg ※冷蔵
.型番・品番
: 20130216-453
.販売価格
2,580円(税込)
.築地の匠ポイントプログラム還元1%
.

1kgのお値段比較

・ホンビノス貝:    380円
・国産ハマグリ: 2,580円


2,580/380 ≒ 6.789

ホンビノス貝は、国産ハマグリの‘約6.8分の一’で購入出来るという訳である!

(つづく)
[2014/09/27 13:34] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
人間の体温は、なぜ‘37℃’なのか?
動物にも昆虫にもそれぞれの体温があることは判っているが、

人間の体温がなぜ‘37℃’(付近?)なのか?

最近、こんなことが話題になった!

bc430799-s.jpg
http://blog.livedoor.jp/prestoo/archives/31828040.html

そう言えば、小学生の時、鶏の体温は人間のそれより高いと言うことを教わった記憶があるが、なぜ?というその答え・説明は教わったかどうか記憶がない!

鶏
http://www.pref.mie.lg.jp/TIKUSAN/HP/chikusan/jidori/kisyuu.htm

先ずは、動物の体温から・・・。
動物の平均体温
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%93%E6%B8%A9

ご覧の通り、鳥の代表(?)の鶏の体温は、人間なら脳に障害を来たすかも知れないほどの高温‘41.5℃’だそうである!

動物の体温がそれぞれ違うのには、それぞれ理由があるに違いない!
だが、この調査検索は別途今後行うこととして、一番の関心事、人間の体温が平均で、‘37℃’近辺なのは一体どんな理由からなのだろうか?


http://www.terumo-taion.jp/health/temperature/02.html 
体温37℃が、ちょうどいい理由。

では、体温はなぜ37℃なのか?じつは、その理由はハッキリとは分かっていません。しかし、理由を推測することはできます。先ほど、「代謝」は体内で起こる化学反応で、食べ物からの栄養をエネルギーに変えるなど、生命を維持するのに重要な役割をはたすと書きました。
代謝は化学反応の一種ですから、一般的な化学反応の法則にあてはまります。化学反応は一般に、温度が高いほど活発になります。つまり、体温が高いほど代謝は活発になり、効率的に行われるはずです。
しかし体温は高いほどいいかというと、そうではありません。細胞の温度が42℃を超えると、体内の酵素系の障害が起こり始めるので、これを超える高い温度は好ましくないのです。つまり最適な体温は、できるだけ高いほうがいいのですが、一方では生命がおびやかされる42℃のレベルからは充分に離れていることが求められます。

約37℃という体温は、少々の発熱では42℃に届かないという条件で、充分に高い、つまり、ちょうどいい温度といえるのです。
temperature_img05.gif

では体温がどれくらい下がるまで生命が持ちこたえられるかというと、その限界は37℃からは大きく離れていて、大体20℃近くで心臓の動きが阻害され、生命がおびやかされると考えられています。


人間の体温が、37℃付近であることの理由は、上記文献によれば、42℃以上では‘酵素系障害’のため、それより‘5℃’という意味のある温度間隔をおいて‘設定’(?)されている!

これは、驚くべき‘調整の結果’と言うべきである!
これを一般的には‘天の配剤’というが、ここでいう‘天’と言うのは‘自然’、‘環境’或いは ‘大宇宙’と言ってもよい!

人間にも、そしてその他の全ての生き物にもこの‘天の配剤’があって生き永らえているのである!

そして、この体温を維持するためには、また驚くべき‘温度調整機能’をそれぞれが、それぞれ特徴のある方法で機能発揮
をするのである!

(つづく)
[2014/09/26 03:52] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
‘行徳橋’!
‘行徳橋’!

徳川家康の側近、四天王の一人と言われた本多忠勝は、房総半島をがっちりと治めるために家康の命令で、千葉県夷隅郡大多喜町にお城を築いて初代の大多喜城主となった。関が原の合戦以降は、これまた家康の命令で三重県は‘桑名城’へ移され、大多喜城の城主は、忠勝の次男、本多忠朝と代わることとなった。

ご存知の通り、本多忠勝は、生涯57戦全勝という輝かしい戦績を誇るだけあって、その人望も厚く、現在に至るまでここ大多喜町では、‘房総の小江戸’の復活を目論む一つとして‘本多忠勝・忠朝をNHKの大河ドラマに’というキャンペーンを行っている真っ最中である!

そんな訳で、今後大多喜町の発展を目論む人達にとっては、この‘本多忠勝’の存在は、その発展の中心になることであるから、彼の足跡・遺品・銅像・画像・逸話等々を改めて集大成し、更に計画的に‘復活’させる必要がある!

そんな意向を受けて、また個人的な興味もあって、今回忠勝の銅像を見極めるために‘行徳橋’を訪れることにしたのである。

画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 014-2
画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 016-2
画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 017-2
画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 018-2
画像ー243大多喜城と薬医門 029-2
大多喜城の体験コーナーにある‘兜’とは、形が少し違う! 勿論、兜は一つではなかったとも思われるが、どうしてこう違うのであろうか? これも今後の探求テーマの一つである。

画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 017-3
この凛々しい顔は、すばらしい!

この銅像は、腰掛けている状態だが、この行徳橋の向こう側には、‘立像’がある!

画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 020-2

この川は、‘夷隅川’である。

画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 021-2
この画面の右手奥には、土手に沿って桜並木がある!

画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 022-2
画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 022-3
画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 023-2
画像ー253 大多喜町・忠勝の像と柳原地区といすみ鉄道 025-2
15:36 こ時刻では、逆光のため顔が明るく撮れない!

そこで、「武将の銅像と墓参り」というブログをお書きの‘あも’さんのブログ
http://amoyoroshi.blog.fc2.com/blog-entry-89.html
から、写真をお借りして・・・。

行徳橋の忠勝像-1
http://amoyoroshi.blog.fc2.com/blog-entry-89.html

行徳橋の忠勝像ー2
http://amoyoroshi.blog.fc2.com/blog-entry-89.html

行徳橋の忠勝像ー3
http://amoyoroshi.blog.fc2.com/blog-entry-89.html

どちらも、1m 前後と言う小ささ、もう一寸大きくても?と言いたい気分になる。
この行徳橋から、大多喜城が見えると言うのだが、何処に??

(つづく)
[2014/09/14 23:04] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
こんにゃくジャーキーの魅力!
‘こんにゃく’が身体に良いことは、誰でも知っている!

食べ方も色々豊富で、こんにゃく自身には、‘味がない’から、どんな味付けも出来るという‘メリット’もある。
ただし、味をつけようと思っても‘なかなか滲み込まない’から、出来るだけ‘表面積’を大きくして、味を絡める方法がとられる!
つまり、細くしたり、薄くしたりすればいい!

そこまでは気づくのだが、それを‘乾燥’させることには気づかなかった!

御見事である!

こんにゃくジャーキー!

こんにゃくジャーキーDSCN0405_400
http://www.konnyaku-museum-shop.com/SHOP/museum-32.html

また、‘ホタテ味’が良いではないか!

 ビールのつまみとしては、最高!

こんにゃくジャーキー(ホタテ) <20g>
価格: 380円 (税込)
栄養成分(1食<20g>当たり)
 エネルギー 63kcal
 タンパク質 1.1g
 脂   質 0.0g
 炭水化物 14.6g
 ナトリウム 680mg
 食塩相当量 1.7g

‘こんにゃくにホタテの味をしっかりしみ込ませた新感覚の噛むこんにゃくのおやつです。’

というキャッチフレーズもまたいい!

こんにゃくpark
http://www.yokoo-net.co.jp/museum

http://www.yokoo-net.co.jp/museum
こんにゃくパークとは

こんにゃく生産日本一の群馬県。
ありそうでなかった「こんにゃくパーク」。

”日本に古くから伝わる、こんにゃくの文化とおいしさを多くの人に伝えたい”
そんな想いから「こんにゃくパーク」は生まれました。
お子様もお母さんもお父さんも、おじいちゃんもおばあちゃんも、みんなが楽しんで頂けるよう工夫しました。
群馬のおいしいこんにゃく、日本の最高のこんにゃくを、見て、触れて、味わって、ご家族で楽しんでください。


こんにゃくheader_l
http://konnyaku-park.com/

77日間で、‘10万人突破!’だそうだから、一日に約1,300人が訪れている計算になる1!

凄~い!

「場所は、どこなの?」

(つづく)
[2014/09/11 23:13] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
木製のガードレール(その1)
木製のガードレール(その1)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%BC%E
3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

・景観への配慮や間伐材の有効活用を目的とした木製のガードレールもある。長野県では自治体としては全国で初めて、木製ガードレールの開発に着手した[1]。


http://www.pref.nagano.lg.jp/michikanri/infra/doro
/hashi/guardrail/index.html

信州型木製ガードレールのご紹介

長野県は平成15年度、自治体としては全国で初めて、木製ガードレールの開発に着手しました。公募により開発に携わった各企業は、材料試験やシミュレーションを行って開発を進めるとともに、平成16年度には茨城県つくば市の国土技術政策総合研究所で衝突試験を行い、国の安全基準をクリアして合格。3タイプを「信州型木製ガードレール」として認定し、さっそく県内各地で使用を開始しています。

gr1.jpg
1号型(松本市上高地)
gr2.jpg
2号型(諏訪市霧ヶ峰)
gr3.jpg
3号型(軽井沢町千ヶ滝)

県が管理する道路に設置されているガードレールの総延長は1934.3km。耐用年数は短いもので20年~40年(鋼製の場合:木製は10年~15年)とされているため、耐用年数を20年とすれば年間約100kmの更新が必要です。

同じ鋼製に取り替えるだけの維持補修には国庫補助金は使えませんが、景観向上や間伐材利用を促す木製ガードレールには、国土交通省も林野庁も補助金や交付金を充当するようになったため、県費の支出は2分の1になりました。
地域の間伐材を用い地域の企業の手で、観光地へ通じる国県道を中心にこれまでの4年間には年平均5km木製ガードレールを設置しました。

信州型木製ガードレールとは信州型木製ガードレールとは、構成する主たる部材にカラマツ等の県産間伐材を使用することを主な要件として掲げ、「防護柵設置基準」に定める性能を満足する防護柵とした、次のような特徴や工夫を有するものとしています。

(ア)地球温暖化防止対策に寄与するもの

(イ)県産間伐材を使用するもの

(ウ)廃棄後のリサイクル等循環型社会構築に寄与するもの

(エ)環境保全や景観改善に寄与するもの

(オ)新たな県内産業の育成による雇用創出に寄与するもの


今回開発した構造は、支柱を土中に埋め込むタイプの車両用防護柵で路側用C種です。


実際の設置写真
http://www.pref.nagano.lg.jp/michikanri/infra/doro/hashi/guardrail/setti.html

image004_1.jpg
1号型:ログガードLG-C-4E型・<安曇野市国営公園入口>

image008_1.jpg
2号型:ST型・<下諏訪町八島高原駐車場>

image012_1.jpg
3号型:ウッドGr-P型・<飯田市千代>

上記の通り、耐用年数は、

鋼製:20年~40年
木製:10年~15年


だそうだ。補助金の有効活用で、地域の活性化が進むのなら、これも一つの施策とは考えられる。

さて、さて、肝心の‘価格比較’は?そして、他の県・地域の状況は?

(つづく)
[2014/09/09 23:53] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
真夏の日比谷公園(その3):‘触知図’の発見!
真夏の日比谷公園(その3):‘触知図’の発見!

A:「その他に日比谷公園での発見は何かあった?」

B:「ありましぞ!」

A:「なに?何?」

B:「それでは、ここで問題で~す!Q:日比谷公園にお店(販売店)は何軒でしょうか?」

A:「そうね~、小音楽堂のところに1軒と公会堂のそばに1軒と~、だからサ、え~と、合計4件!」

B:「ピンポ~ン!と言いたいところですが、残念ながら‘ブ~’!」

A:「えっ!えっ?」

B:「昔は全部で‘6軒’だったそうですが、只今は、わずか‘2軒’だそうですヨ。日比谷公会堂のそばと第一花壇のそばに」

A:「日比谷公園の‘第一花壇’って、どこ、何処よ?」

B:「内堀通りと日比谷通り角の日比谷交差点にある有楽門から日比谷公園に入ると左手に広がる花壇と言えば判ります?下の図の‘赤い線’の場所!」

日比谷公園第一花壇00hibiyamap
http://blogs.yahoo.co.jp/yawaraka_ya/folder/715859.html?m=lc&p=2

A:「OK、おーけー!判った!」

B:「その第一花壇のそばのお店のご主人に聞いた話だから、間違いなさそう!」

DSC_2414-2.jpg

DSC_2414-3.jpg

A:「あ~、この店、ここで‘あのジュース’を買ったという訳?」

B:「そ、そ!‘165円’ね」

A:「それで、第一花壇での‘発見’ってのは?」

B:「‘蝕知図’って、知ってました?」

A:「いいや・・・」

B:「これっ!」

DSC_2408-2.jpg

DSC_2408-3.jpg

DSC_2408-4.jpg

DSC_2408-5.jpg

A:「なるほど、ね!目の悪い方が、‘触って知る図’で、‘蝕知図’ってこと?」

B:「そ、有難い配慮には頭が下がります!でも、でも不思議ですよね!目の悪い方が、どうやって、この‘蝕知図’の存在を知るのでしょうか、ねえ?」

A:「???!」

(つづく)
[2014/08/11 00:04] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
‘シャーロックホームズの冒険’と‘相棒’
TVの楽しみ方は数々あるに違いないが、「視聴者の推理が及ばない物語の展開」を主人公が見事に解決してみせる事件簿が面白い!

そして、その主人公を取り巻く環境条件において、東西の2大事件簿の共通点を見出した。

その事件簿とは、

<1> 東:‘相棒’

相棒
http://www.tv-asahi.co.jp/aibou_07/contents/special/

<2> 西:‘シャーロック・ホームズの冒険’

画像ー231シャーロックホームズ 032-2
NHKのTV画面をカメラで撮影・トリミングした画像

である。
その、主人公を取り巻く環境条件とは、

① 主人公が超人的な推理力・洞察力の頭脳の持ち主
② この主人公を尊敬し補佐する、これまた優れた実力者の存在
③ 事件解決の本流の責任者では無いこと

という条件の一致が見られることに気付いた!

そうなってくると、それぞれの原作者が気になる。

<作者について>

‘相棒’ : 「相棒season1~7」輿水泰弘 碇 卯人ほか
輿水 泰弘(こしみず やすひろ、1960年2月1日[1] - )は、日本の脚本家。埼玉県出身[1]。大阪芸術大学[1]芸術学部文芸学科卒業。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%BF%E6%B0%B4%E6%B3%B0%E5%BC%98
碇 卯人氏の正体は不明と言うが・・・?

‘シャーロック・ホームズの冒険’:言わずと知れたアーサー・コナン・ドイルである!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83
%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%8
A%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%AB

サー・アーサー・イグナチウス・コナン・ドイル[1][注釈 1](英語: Sir Arthur Ignatius Conan Doyle, KStJ, DL, [ˈɑːrθər ɪgˈneɪʃ(i)əs ˈkoʊnən / ˈkɑnən ˈdɔɪl][9] 発音例1 発音例2, 1859年5月22日 – 1930年7月7日)は、イギリスの作家、医師、政治活動家。

推理小説・歴史小説・SF小説などを多数著した。とりわけ『シャーロック・ホームズ』シリーズの著者として知られ、現代のミステリ作品の基礎を築いた。SF分野では『失われた世界』、『毒ガス帯(英語版)』などチャレンジャー教授が活躍する作品群を、また歴史小説でも『ホワイト・カンパニー(英語版)』やジェラール准将(英語版)シリーズなどを著している。

1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得た[注釈 2]。


アーサー・コナン・ドイルの作風は、ちゃんと‘相棒’に引き継がれている! 決して‘パクリ’などでは断じてない!

(つづく):なお、たった今,(12:02)ブラジルでのWCサッカー、「日本初戦に敗北!」というニュースが流れた!
[2014/06/15 12:06] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
帝国ホテルの石庭!
東京の帝国ホテルの1階の入り口、向かって左側に‘石庭’があった。

新発見である!

何度も行ったことがあるのだが、気付かなかった!

DSC_1409-2_201401231104088a1.jpg
2014年01月15日 場所は、この日比谷通りを走っている‘コンクリート・ミキサー車’の向う側辺り・・・。

DSC_1432-2.jpg
残念ながら、誰か(?)or 犬か猫が歩いたような跡が・・・・。

DSC_1433-2.jpg

DSC_1434-2.jpg
でもでも流石である!

帝国ホテルの石庭
http://hotel.jp/hotel/12708/review/80964/
勿論、京都・龍安寺の石庭には、規模も気品も及ばないが・・・。

龍安寺石庭
http://hotel.jp/hotel/12708/review/80964/
龍安寺の石庭

さて、東京・帝国ホテルは、正式名称は、株式会社帝国ホテル直営の‘帝国ホテル東京’と言うらしい。
株式会社帝国ホテルの資本金は、‘14億8,500万円’!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E5%9B%B
D%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB

帝国ホテル(ていこくホテル、英称:Imperial Hotel)は、東京都千代田区内幸町にあるホテルである。運営者は、株式会社帝国ホテル。東京の他に大阪、上高地にある。

沿革[編集]

帝国ホテルは1890年(明治23年)11月3日に落成、同7日に開業した。隣接する鹿鳴館と密接な関連を持ったホテルとして井上馨が渋沢栄一と大倉喜八郎の2人を説いて、1888年(明治21年)有限責任帝国ホテル会社(設立当初は有限責任東京ホテル会社)を設立させ建設したものである。
経営権は渋沢から大倉、そしてその死後は長男の大倉喜七郎へと引き継がれた。しかし戦後に、喜七郎が公職追放に遭った上に財閥解体によって大倉家の持ち株は放出[1]。代わって東京殖産の長田庄一から巨額の資金援助を受けた「北支の煙草王」こと金井寛人が1953年(昭和28年)に株式の多くを獲得して会長となる[2]。
1977年(昭和52年)の金井の死後は、その全持ち株が小佐野賢治の国際興業に譲渡。2004年(平成16年)にはその国際興業がサーベラス ファンドに買収されるが、2007年(平成19年)10月に国際興業保有帝国ホテル株式の大半が三井不動産に売却され、現在は三井不動産が約33%を保有する筆頭株主となった[3]。


帝国ホテル東京のロビーの‘活け花’は流石に凄~い!

DSC_1435-2.jpg

DSC_1385-3.jpg

DSC_1386-3.jpg

‘活け花’と言うからやはり‘活’なのだろう! ‘活’とは、勢いのいいことだろうと思う。

それに比べて、‘石庭’は、‘静寂’! この対照がいい!

フロントの‘活け花’は、定期的(2ヶ月に1度くらい?)に変わるのだが、‘石庭’の方は変わらないのだろうか?

(つづく)
[2014/01/23 12:57] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2