2016新春の茂原公園(その2):高みからの眺望
2016新春の茂原公園(その2):高みからの眺望

2016年1月15日、我が家から車で約25分の茂原市の中心部近くにある茂原公園に行ってみた!

このところの散歩不足の解消のためにもということで、梅林でちらほら咲きの紅梅・白梅を見た(前回のブログ参照)あと、公園内の‘高み’へ登ってみた!

因みに、散歩の歩数は、以下の通り!毎日の目標歩数は、‘5,000歩’!

1月10日(日): 7,161歩
1月11日(月): 6,116歩
1月12日(火):   489歩
1月13日(水): 1,425歩
1月14日(木): 4,624歩
1月15日(金): 6,316歩 ← この日でやや解消!
1月16日(土):10,244歩
1月17日(日): 6,572歩

DSC_3844-2.jpg
DSC_3845-2.jpg
DSC_3845-3.jpg
DSC_3846-2.jpg
DSC_3846-3.jpg
DSC_3847-2.jpg
DSC_3847-3.jpg
DSC_3848-2.jpg
DSC_3848-3.jpg
DSC_3849-2.jpg
DSC_3849-3.jpg
DSC_3850-2.jpg
DSC_3851-2.jpg
DSC_3851-3.jpg
DSC_3852-2.jpg
DSC_3852-3.jpg
DSC_3853-2.jpg
DSC_3853-3.jpg
DSC_3854-2.jpg
DSC_3854-3.jpg
DSC_3854-4.jpg
DSC_3855-2.jpg
DSC_3855-3.jpg

高みからも、何度も見えていたこのビル!
茂原市では、高層ビルがないから、このビルが最も高いかも???

このビルこそ、‘茂原市役所’である!

‘らーめん’の看板が見えるが、茂原市役所の中に‘らーめん屋さん’がある訳でもなく、‘らーめん屋さん’の中に、茂原市役所がある訳でもない! 念のため・・・。

(つづく)
スポンサーサイト
[2016/01/26 21:34] | 散歩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2016新春の茂原公園(その1):梅園
2016新春の茂原公園(その1):梅園

房総半島は千葉県の茂原市にその名も‘茂原公園’という公園がある。

この公園は、

(1) 桜の名所
(2) ‘王子江’画伯の水墨画の大作「雄原大地」の所蔵をしている茂原市立美術館がある

ことで有名である!

この公園の一番奥に茂原市立美術館がある。

この美術館の‘売り物’は、上記の通り、‘王子江’さん描く水墨画の所蔵で有名である!

http://www.city.mobara.chiba.jp/0000000252.html
水墨画では、昭和63年に来日し、100メートルの水墨画作品を描く等、世界的にも活躍する王子江(おう すこう)の水墨画「雄原大地(ゆうげんだいち)」の収蔵があります。
「雄原大地」は、100メートルの水墨画の第1作目で、その制作の模様は平成8年に、NHKドキュメンタリーで放映され、注目を集めました。
なお、「雄原大地」全部の展示は、隔年で展示を行なっており、次回は平成27年11月半ばから12月半ばを予定しております。


王子江氏のプロフィール

top_ptoto.jpgdsc_0947.jpg

1988年に来日。東京、千葉、山梨を拠点に芸術活動を始め、その4年後に早くもNHKテレビ・ドキュメンタリー番組「中国画家―王子江」で全国放映されるなど一躍注目された。引き続き氏の『100m水墨画』の創作活動は、国内外でテレビに放映され美術界の話題となった。
2004年、北京の国立中国美術館『世界是個大家庭』個展開催。
2007年、上野の森美術館『祈念世界平和』個展開催

出典/http://wangzijiang.com/resume.html

1988年、王さんは30歳で来日した。東洋と西洋の文化が合流する日本に魅せられたからだ。最初は千葉県茂原市で日本語を学びながら、水墨画を描き、地元の人々と交流していった。
出典/http://www.infochina.jp/jp/index.php?a=show&catid=16&id=936
とあるように王子江さんは、茂原市に住んでいたことがある!

さて、桜の名所に関する詳細は、またその時期に掲載することにして、茂原公園での‘梅’はどうなっているのか?
もう10日間も前だったが、公園の近所に買い物に来たついでに立ち寄ってみた!

「茂原公園に、‘梅林’があるの?」

と思われるくらいに、紅白合わせて、10数本かも知れないが、小規模の‘梅林’が存在する!

<2016年1月15日の千葉県・茂原市・茂原公園の梅林>

DSC_3843-2.jpg
DSC_3843-3.jpg
DSC_3843-4.jpg

まだ、ほんの‘ちらほら’といった感じである!
これは、上記の通り、今日から10日ばかり前の様子である・・・。
しかし、多分、日本中を寒気が包んでいる状態が一週間も続いているので、この‘ちらほら’も冷蔵庫に入れられている状態だろうからそんなに見頃になるまで咲いているとは思われない・・・。

<白梅>

DSC_3831-2.jpg
DSC_3831-3.jpg
DSC_3834-2.jpg
DSC_3832-2.jpg
DSC_3832-3.jpg
DSC_3837-2.jpg
DSC_3837-3.jpg
DSC_3836-2.jpg
DSC_3835-2.jpg
DSC_3835-3.jpg
DSC_3840-2.jpg
DSC_3840-3.jpg

<紅梅>

DSC_3841-2.jpg
DSC_3841-3.jpg
DSC_3841-4.jpg
DSC_3842-2.jpg
DSC_3842-3.jpg

今年こそ、満開の時に訪れてみたい!

(つづく)
[2016/01/26 02:05] | 散歩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長柄ダム・市津湖(その2)
長柄ダム・市津湖(その2)

長柄ダム・市津湖

dousuimap.gif
出典/http://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s02.htm

nagagaramap.gif
出典/http://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s0208.htm

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%BF%E7%B7
%8F%E5%B0%8E%E6%B0%B4%E8%B7%AF

長柄ダム

京葉工業地帯(工業用水)
千葉県営水道・千葉市営水道
(松戸市、鎌ケ谷市、市川市、浦安市、船橋市、習志野市、千葉市)
長生郡市広域市町村圏組合水道部
(長柄町、茂原市、白子町、長生村、一宮町、睦沢町、長南町)


上記の引用資料にある通り、茂原市の水道水は、全てかどうかは知らないが、この長柄ダム・市津湖から給水を受けていることが判る!

と言うことは、茂原市の水道水を毎日飲んでいる私達茂原市民の身体の一部は、このダムの湖の水から出来ている、ということになる!

そうとなれば、この長柄ダム・市津湖は、我々茂原市民にとっては、‘母なる水’を湛えているということになる!

と言う訳で、私は以前からこの長柄ダム・市津湖の周りを散歩する場合、‘水の質’が気になっていた!

今回(2015年11月20日)の散歩の場合も、何となくそんな気がしていて、‘水質は?’の懸念がどこかにあった・・・。

2015121 長柄ダム 012-2
2015121 長柄ダム 013-2
2015121 長柄ダム 013-3
2015121 長柄ダム 014-2
2015121 長柄ダム 016-2
2015121 長柄ダム 016-3
2015121 長柄ダム 016-4
2015121 長柄ダム 017-2
2015121 長柄ダム 018-2
2015121 長柄ダム 019-2
2015121 長柄ダム 020-2
2015121 長柄ダム 021-3
2015121 長柄ダム 021-4
2015121 長柄ダム 022-2
2015121 長柄ダム 023-2
2015121 長柄ダム 023-3

ここまでは、良かった!

水鳥の浮かぶ美しい湖!
見上げれば、初冬の美しい‘うろこ雲’!
少しずつ色づき始めた木の葉っぱ!

関東地方では、最も遅い紅葉の場所でもある房総半島の中央部に存在するこの長柄ダム・市津湖の周辺の深まり行く秋!

だが、だが、懸念していたことが、目の前に現れた!

この‘緑’の物質の正体は?????

2015121 長柄ダム 024-2
2015121 長柄ダム 025-2
2015121 長柄ダム 025-3

(つづく)
[2015/11/30 00:28] | 散歩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長柄ダム・市津湖(その1)
長柄ダム・市津湖(その1)

千葉県は、高い山が無いから、地下水も少ないし、川の水量が乏しい!

山の高さの順は以下の通り!(http://gapt.jp/yama12_tiba.html

1 愛宕山 (あたごやま)   408m ○房総・三浦
2 鹿野山 (かのうざん )   379m ○房総・三浦
3 清澄山 ( きよすみやま)  377m ○房総・三浦
4 富山 (とみさん)       349m ○房総・三浦
5 伊予ヶ岳 (いよがたけ)   336m ○房総・三浦
6 鋸山 (のこぎりやま)    329m ○房総・三浦
7 大山 (おおやま)      193m ○房総・三浦

だそうである。

そんな訳で、大昔から房総半島は、‘房総導水路’づくりという大事業があった!

s0200tt.gif
dousuimap.gif
s0200t01.gif

http://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s02.htm
房総半島の九十九里地域や南房総地域では、その昔、多くの家々が不安定な井戸水をくんで暮らしていました。人口の増加や都市化が進み、水道水の要望が高まってきました。一方、千葉市から君津市にいたる京葉臨海工業地帯では、安定した工業用水が必要とされていました。
ところが房総半島には、これらの水への要求を充分に満たすだけの大きな水源はありませんでした。そこで、これらの地域に利根川の水を運ぶ「房総導水路」がつくられたのです。 今では、利根川の水を南房総にある大多喜町まで、約100キロメートルもの長い距離を運び、必要な地域での水不足の心配をなくし、人々の暮らしを支えているのです。


と言う訳で、利根川の水を利用することになったと言う。

長柄ダム・市津湖 もその一つ!

http://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s0208.htm)

s06map.png
s02081.jpg

長柄ダム   房総導水路にある2つのダムのうちの1つです。
長柄ダムは、昭和60年(1985年)に完成しました。このダムはコンクリートではなく土を盛り上げて作られたアースダムです。
房総導水路を流れてきた水はこの長柄ダムで貯えられるのです。

ダムの高さは52m、長さは250mで、満水になった時には、水面は海抜75.1mに達します。
 
総貯水量は1,000万m3で、このタイプでは国内最大級のダムとなります。    
       
  ● ダム周辺案内 ●

nagagaramap.gif
 
長柄ダムによって生まれた湖は「市津湖(しづこ)」と名付けられ、周りに4.4キロメートルの周遊道や、「杉の子」「竹の子」「どんぐり子」という3つの遊びのステーションがあります。

また、湖のほとりには長柄自然休養村があり、観光農園、キャンプ場、小動物園、プール、テニスコートなどがあります。緑いっぱいの自然の中で、気分をリフレッシュできます。


上記の通り、市津湖の周辺の散歩道は、約4.4km。丁度良い散歩道である!

2015年11月20日(金)に、この長柄ダム・市津湖へ行った!

2015121 長柄ダム 005-2
2015121 長柄ダム 006-2
2015121 長柄ダム 007-2
2015121 長柄ダム 007-4
2015121 長柄ダム 009-2
2015121 長柄ダム 009-3
2015121 長柄ダム 009-4
2015121 長柄ダム 010-2
2015121 長柄ダム 011-2
2015121 長柄ダム 011-3

水のある風景は、何となく人間の心を和ませる!
故郷へ帰った気さえする。
それは、人間の構成物質の内、‘水分’が最も多いからだろうか?

人体の構成成分
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q108385000

水分:60~70%
タンパク質:15~20%
脂肪:13~20%
ミネラル:5~6%
糖質:1%

(つづく)
[2015/11/29 18:43] | 散歩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2