FC2ブログ
ディサローノ アマレット
ディサローノ・アマレットというリキュールがある。これを知ったのは、長男夫婦がお土産に持って来てくれたからである。

このリキュールは、クリーム系のお菓子に‘ほんの少し’振り掛けるだけで、その価値が2倍にも3倍にもなるような気がする程素晴しい‘ちから’を持っている。

リキュールだからと言って、これをストレートで飲むものではない。イタリア人は、ストレート派もいるかもしれないが・・・。



アマレットとは: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88 によると次のように解説してある。

アマレット(Amaretto)とは、アーモンドのような香りを持つリキュール。香りがアーモンドに似ているため、原料の中に必ずアーモンドが入っているものと思われがちだが、実際は杏仁豆腐等にも使われるアンズの核を使用しているものが主流。Amarettoとはイタリア語で「すこし苦いもの」という意味。


今家にあるのは残り少なくなったが、‘外見’等はこんなものである。

 画像ー11 032-2
画像ー11 032-2 posted by (C)mobaradesu

画像ー11 033
画像ー11 033 posted by (C)mobaradesu

画像ー11 033-2
画像ー11 033-2 posted by (C)mobaradesu

また、ディサローノ・アマレットとは:
 

ディサローノ・アマレット [編集]

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%
E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88


アマレットの元祖であり、アマレットの中で最も有名なブランドである、アマレット・ディ・サロンノ(Amaretto Di Saronno) は、アンズの種を原料とし、赤みを帯びた琥珀色と、特徴的な甘くほろ苦いアーモンド風味をもつリキュールである。アルコール度数は28%。エキス分は26%。ミラノ地方の菓子のアマレッティに香りが似ていたことから、このリキュールは「アマレット」と命名されたとも言われる [1] 。

したがって、元々は「アマレット」として売られていたが、このリキュールの成功を見た他社が「アマレット」の名で類似品を発売し出したため、1992年に現在の名称に改名した [2] 。

1525年に、イタリアの画家ベルナルディーノ・ルイーニが、イタリア・サロンノにあるサンタ・マリア・デレ・グラツィエ教会に、聖母マリアのフレスコ画を描くよう任じられた。このときに絵のモデルとして雇った宿屋の若い女主人と恋におち、この女性がルイーニへの贈り物としてつくったのが、アマレット・ディ・サロンノの原形である。このときから現在まで製造法は変わっていないとされるが、瓶の形状は何度か変更されており、現在のよく知られた四角い瓶はムラーノ出身のガラス職人がデザインしたものである。なお、日本の輸入業者であるサントリーでは「ディサローノ」の表記を用いている。




上記の如く‘お菓子’の風味を増すのに極めて優れたリキュールであるが、これを焼酎に入れる と、これが実にいい!

焼酎が上品でないとは言わないが、‘上品さ’が出て来る。

当然のことだが、これを使ったカクテルがある。


アマレットを使ったカクテル [編集]

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%
E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88


イタリアン・スクリュー・ドライバー
オーガズム
ゴッドファーザー
ゴッドマザー
ゴールデン・フレンド
シシリアン・キッス
フレンチ・コネクション
ボッチ・ボール
ロード・ランナー



値段?

それがまた、驚くほど安いのである!


アマレット ディサローノ

http://www.winedar.jp/shopdetail/011007000054/

【種類】
リキュール
【容量】
700ml
【アルコール度数】
28%
【生産者】
アマレット
【産地】
イタリア
【コメント】
1525年、イタリア・ミラノ市郊外サローノ村で誕生したディサローノ・アマレットは世界で500種類以上あるアマレット・リキュールの元祖。あんずの核から浸出したエキスに、ハーブをブレンドしたイタリアを代表するリキュール。
【備考】

アマレットの値段用広告

拡大画像
商品コード : 16606
製造元 : アマレット
価格 : 1,610 円(税込)
ポイント : 16




アマレットの使用ー1
『ディサローノ アマレットを使ったホットポリンパルフェ』
http://wakuwaku17.blog95.fc2.com/blog-entry-92.html

アマレット使用ー2
アマレットで作る大人の杏仁プリン
http://ameblo.jp/heart-n-heart-n/entry-11000553829.html

アマレット使用ー3
今日はとっても簡単に出来ておしゃれなデザート “チェリートースト ”レシピのご紹介です♪ サントリーさんからモニターで頂戴した“ ディサローノ アマレット ”を使って香り高く仕上げた大人のデザートです。
http://www.recipe-blog.jp/profile/21832/blog/10393476

アマレット使用ー4
リッチミルクアイスクリーム、アマレット風味の冷たいオレンジジュレスープを選択
http://anko.tv/20091223_817.html

アマレット使用ー5
イタリアンアイスティ。サントリー烏龍茶+ティサローノアマレット。こちらは普通に美味しい爽やかな感じ。
http://blog.livedoor.jp/log_taka/tag/%E7%83%8F%E9%BE%8D%E8%8C%B6

アマレット使用ー6
クレム・ド・カルテット 25ml、ココナッツ・リキュール 20ml、アマレット 10ml、レモンジュース 5mlを使ったカクテル。
http://maruta.be/cocktail/tag/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%88

アマレット使用
こちらは六調子 + アマレット・ディサローノ。まぁ、焼酎版ゴッドファーザーですね。
色はきれいな琥珀で、焼酎の香りにあま~いアマレットの香り。味は、甘さがしっかり。そこに焼酎の香り。少しある渋味は…アマレット由来かな?微妙ですが、意外に飲めます…※ たくさん飲もうとは思いませんが。
http://blog.hangame.co.jp/vencejo/archive/2012/02/

アマレット使用ー8
抹茶カクテル 徳川初代 完成!抹茶、日本酒、家にあったアマレットを!やばい。パンチ効き過ぎ。要改良!笑
http://www.mobypicture.com/user/avant_garde_cha/view/9443858

どうやら‘なんでもあり’の状態だが、流石に‘ビール’とのカクテルは無いようだ!

この夏何でも試してみよう!

 Let's go !

 Andiamo!































スポンサーサイト



[2012/06/10 11:26] | 趣味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2