FC2ブログ
‘自殺’の現状 (その1)
昨年の春に、中国からの留学生約50人に‘日本の文化’について講義するよう頼まれた。その際、彼等に「日本をどう思っているか?」と尋ねてみた。

およそ70%以上の中国からの留学生が「日本は自殺者の多い国」と答えた。

それまでに日本国での自殺者が年間3万人程度であることはニュースなどで知ってはいたが、世界各国との相対的データについては知識がなかったので、彼らと一緒に調査することにした。

その結果について、やはり驚かされた。

日本人の‘自殺率’が国際的に極めて多かったからである。

① 世界各国の自殺率と日本の自殺率

‘自殺率’は、国民10万人当たり何人という表現の方法をとる。次の図表を見て戴きたい。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html
自殺率の国際比較2770-6

ご覧の通り、世界で、日本は‘堂々の’第8位 に君臨している!  24.4人/10万人という数字である。

予測としては、多分‘50位’程度だろうと思っていただけに、その時のショックは大きかった。

一方、中国は第27位で、13.9人/10万人 であるから、日本とは10人以上も差がある。
どうやら、中国人の留学生の70%が‘日本は自殺者の多い国’と思っているのは、中国では‘日本’に関してそんな教育がされているのだろう。

そして面白いことに彼等は自分の国の自殺者率については誰一人知らなかった。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html
自殺率の国際比較2770-4
白抜きの国は、統計数字がない国

<傾向ー1> :旧ソ連圏・旧共産圏諸国が自殺率が高い。
<傾向ー2> :イラン、エジプト、ジャマイカ、ヨルダン、そして内戦の続くシリア等の国には自殺者がほとんどいない。

この傾向の理由は一体何なのだろうか?


さて、日本の場合、10万人当たり24.4人という事は、年間約3万人近い値である。

自殺者数の推移0001-2-2
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2012/pdf/index.html

自殺者数の推移0001-3-2
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2012/pdf/index.html
青線:男性  赤線:女性 緑線:合計

ここ10年間以上、年間3万人~3.5万人の間にある。年間3.5万人だとすれば、1日当たり約100人言う計算になる。これはまさしく異常である。平成9年を境に急速に増加した原因は一体何故?


日本の自殺率の高さについては次のような解説がされている。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html
日本

 日本の自殺率の高さについては、WHO精神保健部ホ
セ・ベルトロテ博士はこう言っている。「日本では、自殺
が文化の一部になっているように見える。直接の原因
は過労や失業、倒産、いじめなどだが、自殺によって
自身の名誉を守る、責任を取る、といった倫理規範とし
て自殺がとらえられている。これは他のアジア諸国やキ
ューバでもみられる傾向だ。」
こうした点は当の国の人
間では気づきにくい見方かと思われる。(自殺許容度と
実際の自殺率との相関を図録2784に掲げた。)
 英エコノミスト誌(2008.5.3)は女子生徒の硫化水素ガ
ス自殺(4月23日)の紹介からはじまる「日本人の自殺
-死は誇らしいか」という記事で日本の自殺率の高さ
について論評している。経済的な要因についてもふれ
ているが、記事の主眼は日本人の文化的な要因、ある
いは社会的特性であり、上記の見方と共通している。
「日本社会は失敗や破産の恥をさらすことから立ち直
ることをめったに許容しない。自殺は運命に直面して逃
げない行為として承認されることさえある。サムライは
自殺を気高いものと見なす(たとえ、それが捕虜となっ
てとんでもない扱いを受けないための利己心からだと
はいえ)。仏教や神道といった日本の中心宗教は明確
に自殺を禁じていたアブラハム系信仰と異なって、自殺
に対して中立的である。」日本政府は9年間に自殺率
20%減を目標にカウンセリングなどの自殺対策に昨年
乗り出したが、同誌は、重要なのは社会の態度である
と結論づけている。「一生の恥と思わせずにセカンドチ
ャンスを許すよう社会が変われば、自殺は普通のこと
ではなくなるであろう。」




② 世界各国の男女別自殺率

次に、男女別ではどんな傾向があるのだろうか?

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html
世界各国の男女別自殺率2772


図には、x軸方向に男性、Y軸方向に女性の値をプロ
ットした。男女同一線より左では女性が男性を上回り、
右では男性が女性を上回っていることを示している。
 ほとんどの国で男性が女性を上回っているが、特に、
自殺率の高い旧ソ連・旧共産圏諸国では大幅に男性
の自殺率が女性を上回っていることが目立っている。
同じように自殺率が高い国の中でも、日本、韓国、スリ
ランカとは男の自殺者の高さで別のグループに分けら
れるといえよう。

 世界の中で女性の自殺率が男性より高い唯一ともい
える国は中国である(特に農村部)。理由を外婚制に求
める説については図録2424参照。この他、女性が男性
と比べてそう低くない国としては、インド、及び香港、シ
ンガポールといった中国人の多い国が挙げられる。



それにしても日本政府の現職大臣の自殺報道には少なからず驚かされた。私と同い年である。

大臣自殺20120910194239c3a
http​://www3.nh​k.or.jp/ne​ws/index.h​tml

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/news/post_26755
松下忠洋金融担当大臣が10日午後、東京・江東区内の自宅で首を吊っている状態で見つかり、病院に運ばれましたが搬送先の病院で死亡が確認されました。警視庁などによりますと家族がカギを開けて部屋に入ったところ、松下大臣を発見したということです。警視庁は室内の状態から自殺を図ったとみて、死因や詳しい状況を調べています。



以降何回かに分けて‘自殺の問題’を考えてみたい。


(つづく)




















スポンサーサイト



[2012/09/12 23:59] | 政治と社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2