FC2ブログ
千葉県・茂原市・千沢からの‘夕日ダイアモンド富士’
千葉県・茂原市千沢の我が家の付近から富士山が見えることは、この弊ブログで何度も紹介した。そして、その富士山の夕暮れの写真を、自分の‘プロフィール’写真としても使っている。

また、2013年01月10日の弊ブログ(http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-394.html)において、ここ千葉県・茂原市千沢の地から‘夕日ダイアモンド富士’が見れるのは、今日、2013年03月09日の17:38頃である、とも書かせて貰っている。以下の通りである。

http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-394.html
富士山・東京スカイツリー‘レイライン’の検証

<前略>

因みに、我が家と富士山が‘レイライン’で結ばれるのは、3月9日の日没時(17:38)である。

2013年03月09日の場合: 


20130109175157c41_20130310011117.jpg

さて、茂原市での日没は、17:38(±2)である。

ころ合いを見計らって、‘検証’に出かけた。数日前から何度も足を運んだのであるが、どうも‘予測’とは違うのではないかと思い始めていた。

日没時には、太陽が富士山の真上から、かなり‘南寄り’なのである。

計算は、勿論同じ‘ソフト’を使って何度も繰り返したが、出てくる答えは、毎回同じである。3月9日17:38に丁度‘ダイアモンド富士’になるという結果である。

日没には一寸だけ余裕があったので、先般‘核融合エネルギーロケット’で紹介した通り、送電線鉄塔の真下に太陽が沈んでいく写真を先ず撮りに行った。

画像ー101 010-2-2
2013年03月09日17:25

これは太陽が中心に来ているのだが、ロケットの発射のようには見えない! 今日の話題は‘ダイアモンド富士’である。急いで‘富士山観測点’へ向かった。

そこには、既にここ千葉県茂原市千沢から‘富士山が見える!’と大声を上げて(?)発見されたMさん親子がご到着で、プロ級のカメラを三脚で地面に固定してあった。

富士山は見えないが、夕日は、中国からの‘PM2.5’のお蔭で、‘キラキラ’せずに丁度良く見える状態であった。

画像ー101 021-3
2013年03月09日 17:32

画像ー101 033-2
2013年03月09日 17:34

画像ー101 042-2
2013年03月09日 17:35

画像ー101 046-2
2013年03月09日 17:35

画像ー101 052-2
2013年03月09日 17:36

残念ながら、直ぐ下の昨年の12月12日の写真から見てお判りの通り、富士山の位置は、背景にある‘双子の山’の向う側であるので、本日は‘ダイアモンド富士’にはならなかった! 富士山自身も見えなかったが、ダイアモンド富士であったなら、きっと富士山も‘影絵’として見えたに違いない!

結果としては、「3月9日にこの地点から見ると‘ダイアモンド富士になる」という私の見解は間違っていた!
赤面の至りである。申し訳ない!

この原因は何か?

については、近々解明して行きたい。ソフトの不備なのか、この場所からの‘日の出・日の入り方位’を計算しただけでは、結果が得られないのか、今日の時点では不明である。

画像ー69 030-3
2012年12月12日 16:58

「近々ダイアモンド富士になる日は近い! 通り過ぎた訳ではないのだから・・・」といって、発見者のMさんが慰めてくれた。多分、1週間以内には‘ダイアモンド富士’が見られるはずである。

この‘ご恩(?)’に報いるためにも、きちんとした原因究明を行いたい。

(つづく)

スポンサーサイト



[2013/03/09 23:42] | 気象 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2