FC2ブログ
‘レンタゴート’の施策(案)
昨日(2013年06月12日)の本ブログで、‘レンタカウ’(rent a cow)が、実際には、<「レンタカウ」制度が行われているのは、大分県、山口県と京都府の一部。県の畜産試験場が、「農作業地を作るために整地したい」「山の景観を良くしたい」人などに向けて牛を貸与。>ということでもう数年も前から実施されていることを書かせて貰った。

昨日も書かせて貰ったが、我々の一つの自治会・班では、敷地面積約3,500坪(11,550m2 =100m×115.5m)に住宅が17軒。

千葉県茂原市千沢マップA0001
‘Google’マップ、航空写真

さて、牛の場合、一日に50kgも食べてくれるそうだから、速いこと夥しいが、牛の場合は、我々のようなど素人には扱えない!

ヤギくらいだったら、体重も同じくらいだろうし、70歳過ぎたと言ってもまだまだヤギには負けない‘戦術(?)’だって持ち合わせている!<ホント?>

上の航空写真は、雑草が皆刈られてしまった後に撮影されてと見えて‘サッパリした’風貌を呈しているが、なんとなんと、夏の真っ盛りでは、草茫々の辺地・陸の弧島に変身するのである。

18年以上前にこの地区に越して来た時の様子は、今思ってもぞっとする位大変だった!この敷地一帯の半分が‘竹やぶ’で、その高さは4m近く。十核の軒数も今より6軒少ない、11軒だった。何故11軒と覚えているかと言うと当時ニュース番組を賑わせていた「サリン事件」の本拠地・旧上九一色村の建物の呼び名が‘サティアン’(サティアン(Satyam)とは、オウム真理教の宗教施設の名称である。本来はサンスクリット語で「真理」の意)ということだったので、引っ越した案内をする時に「実は、第11サティアンでして・・・」といっていたからである。

本物の‘第11サティアン’は、実は「自動小銃密造工場」だったらしいが、それも当時は冗談で済んでいた。

しかし、皆が真面目に物事を言っている場合には‘物議を醸す’元になったりする。

http://www.j-cast.com/2012/09/13146358.html?p=all
石原幹事長、失言「再犯」 福島原発を「福島第1サティアン」
2012/9/13 17:40

自民党総裁選挙に出馬を表明している石原伸晃幹事長が2012年9月13日朝、生出演していた「朝ズバ!」(TBS系)でとんでもない言い間違いをした。福島第1原発のことを、「福島第1サティアン」と発言したのだ。
サティアンといえば、オウム真理教の施設名だ。事故収束に向け、震災から1年半が経った今も懸命の努力が続く原発をよりにもよってサティアンと言い間違えるとは――しかも、石原幹事長は以前にもまったく同じ言い間違いを番組でしており、「再犯」だった。
言い間違いに気づく様子もなくドヤ顔
石原幹事長はこの日、次期総裁有力候補として同番組に登場し、自らのビジョンについて語っていた。「東日本の被災地を歩いて、(総裁選出馬への)使命感を感じた」などと話し、出演者からも「真っ先に被災地に入ってくださり、信頼感は大きい」などと持ち上げられていたが、問題発言はその直後、放射線で汚染された表土などの処理方法をめぐる話題の中で飛び出した。
福島県内で小学校で汚染表土が処理のあてもなく放置されている現状を、悲憤に満ちた表情で語っていた石原幹事長は、力強くこう言い切った。
「それ(表土)をどっかに運ぶ、運ぶところは私は、『福島原発の第1サティアン』というところしかないと思います」
言い間違えたことに気づく様子も一切なく、石原幹事長はいわゆる「ドヤ顔」で、なおも政府対応の拙さを批判し続ける。スタジオもそれには触れず、そのまま話題は次に移った。
しかも、この間違いはこれが初めてではない。2011年6月6日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)に出演した際にも、石原幹事長はまったく同じ議論をする中で、
「福島第一原発の『サティアン』のあるところにしか持っていけませんよ!」
とはっきり言い放っているのだ。当時はほとんど騒ぎになっていなかったが、日ごろから言っているのでもない限りこんな間違いはできないのではないか。
他党議員も「私なら絶対投票しない」
この発言に、同じ自民党の佐藤正久・参議院議員がツイッターで、
「石原幹事長、ちょっと言葉に気をつけた方がよい。福島第1原発は『サティアン』ではない。サティアンとはオウム真理教で使われた言葉でもあるが、サンスクリット語で聖地の意味だと思う。第一原発で安全化のために酷暑の中で働いている方々はどう思うだろうか?」
と指摘して早期の釈明を呼びかけたほか、みんなの党の柿沢未途・衆議院議員も「デリカシーの欠片もない軽口」「私だったら絶対こんな方には投票しない」と指弾。11日にテレビ出演時の「尊厳死発言」で物議をかもしたばかりとあり、
「またかよこの馬鹿息子w」
「どう間違えたらそんなひどい言葉が出てくるんだ」
「普段から人を小馬鹿にしてるような態度をとってるんじゃないのか?」
などと、ネットユーザーからも批判的な発言が相次ぐ騒ぎとなった。


全く正反対なご意見の方もおられる。

http://kasakoblog.exblog.jp/18855303/
福島原発サティアン発言は正しい

自民党・石原伸晃氏が福島原発をサティアンだと、
テレビ番組で発言したのを失言だとか、
被災者に配慮がないとかマスコミはこぞって批判しているが、
石原伸晃氏の発言は正しい。見事な現状認識だと思う。

「福島県郡山市の校庭では、放射能を浴びた土の表面が取り除かれ山のように隅に置いてある。
一カ所に集めたら放射線濃度は高まる。間抜けな政策だ」
「運ぶところは福島原発第1サティアンしかない」

その通り。
この発言は二重の意味で非常に正しい。

私は自民党は次の選挙で絶対にあり得ない政党だと思っているし、
尖閣諸島に対する石原氏の無知な発言からも、
石原氏はあり得ない政治家だと思っている。

ただし、このサティアン発言は非常に意義深い発言だ。
二重の意味で非常に正しいという1つ目。
それは福島原発事故で放射性物質に汚染された土などを捨てる、
最終処分場問題について極めて適切な提案をしていること。

ようは汚染土の最終処分場は、
福島原発周辺しかあり得ないといっている。
これは非常に重要な発言だ。


このブログの特徴(いい面と悪い面)は、話が‘横道にそれる’ところである。

され、そんな訳で、空き地面積約3,000坪の60%位だろうから、約1,800坪の草刈りをやってみることにしたのである。

100坪草刈りするのに休憩時間も入れて凡そ1時間。ということは、18時間かけて草刈りを実行してきた。ただし、サティアン、おっと失礼!建物が段々に増えて来て無闇によそ様のお庭に這入り込むことも躊躇される事と‘こちとらも歳ですけん!’ということとお手伝いをして戴く有難い新住人の方ガお見えになったことで、現在は、約300坪止まりである。 草刈り機は、現在第3台目である。

この我々の自治体にもどなたかのご提案で‘草刈り機’を購入して誰でも使ってよいという‘制度(?)’を設けたのであるが、ほとんど誰もこの‘ボランティア’には参加されない。

とうとう、この‘制度(?)’が先日‘廃止’になったのである。

新千沢自治会回覧板様式0001-2
新千沢自治会回覧板様式0001-3
                        (後略)

となってしまったのである!

そんな訳で、今後のこの地区の‘美しく快適な維持’に心痛める一人として、どうしても新しい‘手’を打ちたいのである。

検討事項は、以下の通り。

(1)効果

昨日の弊ブログにも文献紹介した通り、十分にその効果はありそうである!

http://www.mikunikensetsu.co.jp/yagi02.html
ヤギの舌刈り除草の特徴

1.係留装置を適宜地面に固定し、リードと係留装置との距離、ヤギ同士との距離を調整して固定する方法を採用しています。
2.ヤギの管理は除草が終了時に係留装置を移動することで、ヤギの移動の必要性がなくなります。
3.点検管理は、ヤギの健康管理と除草の進行状態を観察することで済みます。
4.廃棄物が激減し、刈草の処理が回避されます。

ヤギ舌刈り除草の能力(標準体重60㎏として)

ヤギの舌刈り除草の能力は (1日当り体重の2.5~3.0% 乾物で2㎏、生で6㎏を目安)

シバ型草地 25~30㎡/日/頭
シバ共生雑草 17~20㎡/日/頭
牧草(自然高さ1m以下) 8~12㎡/日/頭
野草(自然高さ1m以上) 3~5㎡/日/頭

本格的にレンタル事業を開始したのは2010年5月のこと。1頭につき、一月1万5000円で貸し出すことに決めた。料金設定の背景には、ヤギを1頭3万円で購入したので、2カ月貸し出せば元が取れるという考えがあった。


上記文献から、一日一頭で、我々の住宅地での雑草なら、凡そ5坪とすれば、雑草の生える期間、3月~10月の8ヶ月間、約250日で、1,250坪という計算になる。

しかし、この量的なものついては、実際に‘ヤギ’を使ってやってみない限り、確実な答えは無理であるが、当たらずとも遠からず、と言うところだろう。

効果の答え:一年間にヤギ一頭で十分に効果が発揮できる!

(2)費用

悩ましいのは、費用である。現在、草刈り機を自己負担で購入し、燃料費も自己負担そして勿論ボランティアだから労働力費はゼロであるが、この費用を大雑把に計算すると次のようになる。

1)草刈り機の場合

ak-6000_100616-21 (1)
http://item.rakuten.co.jp/minatodenk/bk-2300/

① 草刈り機の減価償却費:年間2,000円/年・台、2台で4.000円/年0.4。

② 燃料代:500円/300坪・回とすれば、1,250坪を年4回刈ると仮定すれば、

    1,250坪×4回=5,000坪 を一年に刈ることと仮定すると、

    燃料費=(500円/300坪)×5,000坪/年 =8,333円/年

③ 労働力費:仮に、他人にやって貰うと仮定すれば、1,000円/時間。
  処理能力は、100坪/時間と仮定すれば、

    労働力費=(1,000円/時間)×5,000坪×(1時間/100坪)=5万円

④ 年間費用:①+②+③=0.4万円/年+0.8万円/年+5万円/年=6.2万円/年


2)ヤギの場合

DSCN4787-thumb.jpg


① ‘レンタゴースト’の場合:上記資料の通り:ヤギ1頭1ケ月の貸出料を1.5万円/月とすれば、8ヶ月で

   (1.5万円/月)×8ヶ月/年 = 12万円/年

  ということになる。

② 一方、ヤギを1頭購入するとなると、3万円と言う事のようだ。

山羊の市場価格0001-2
http://www.nlbc.go.jp/nagano/gyomu/g_yagi_sijou.html

 そこで、ヤギが5年間働いて呉れると、購入費を年間にすれば、3万円/5年間=6,000円/年 となる。
 当然のことに、レンタルよりも直接費は安くなる。

③ 一方、レンタルにしろ購入にしろ、ヤギの場合には、‘ヤギの小屋’が必要である。それに世話責任者を決めなければならない。世話責任者の主な仕事は、小屋の掃除とヤギの糞尿の処理である。これは、多分ヤギ好きの人でないと出来ない相談である。まあ、ヤギ小屋の創作 or 購入費用は、それでも3万円位(5年もつ)はみておく必要がある。

そんな訳で、ヤギの場合の年間経費の結論:2.2万円

 a)ヤギは購入した方が安い。  3万円/頭  (年間):0.6万円

 b)ヤギ小屋 3万円(5年持つもの)     (年間):0.6万円

 c)その他雑費 (掃除用具代 etc.)      (年間):1万円


年間費用の結論:(草刈り機)-(ヤギ購入)=6.2万円/年ー2.2万円/年 =4万円/年 ヤギ購入の方がこれだけ安くなる!

この過程で費用の計算をしてみたところ、ヤギを購入した方が遥かに安いということが判ったが、さ~て、問題は我々の自治会班の中に‘ヤギ世話責任者’を名乗り出てくれる御仁はおられるであろうか?

(つづく)
スポンサーサイト



[2013/06/13 18:23] | 地域活性化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2