定点観測:稲作の場合(その2)
昨日(2013年8月30日)のこのブログでは、5月21日まで、田植えから凡そ一ヶ月経過した稲の成長具合を写真で紹介した。

<3> 6月10日:田植えから約50日経過の田圃の様子

画像ー144 041-2
2013年06月10日17:12

画像ー144 043-2
2013年06月10日17:12

画像ー144 044-2
2013年06月10日17:12

画像ー144 045-2
2013年06月10日17:12

画像ー144 042-2
2013年06月10日17:12

田植えから、‘50日’では、成長速度はかなり遅いようにも見受けられる。これは、‘蘗・孫生え’の成長速度と比較しての話である。

この事は、今年の‘蘗・孫生え’の成長を観察して、じっくりと検討して見たい。

何故なら、私は‘蘗・孫生え’収穫を推奨する一人であり、その有効性を主張する一人であるから、成長速度は、主張の‘根拠’の証拠となるからである!


<4> 7月29日:田植えから約100日経過した稲の様子

画像ー163 008-2
2013年07月29日17:13

画像ー163 010-2
2013年07月29日17:13

画像ー163 011-2
2013年07月29日17:13

画像ー163 012-2
2013年07月29日17:13

画像ー163 009-2
2013年07月29日17:13

‘実’がキチンと付く為には、田植えから‘約100日’も経たないといけない!

これも‘蘗・孫生え’と比較すると遅~い!


<5> 8月17日:田植えから約4ヶ月が経過した田圃の様子

画像ー170 011-2
2013年08月17日18:01

画像ー170 012-2
2013年08月17日18:01

画像ー170 017-2
2013年08月17日18:01

画像ー170 013-2
2013年08月17日18:01

田植えから‘4ヶ月’が経過して、やっと稲刈りの寸前にまで‘熟して’きた!

この分なら、この田圃は、8月中に稲刈りがなされるに違いない!

今年は、この地方には‘台風被害’も‘水不足被害’もなかった。きっと‘美味いコメ’になったに違いない!


<6> 8月26日:田植えから約130日経過した田圃の様子 (カミサンの携帯で撮影)

久し振りの散歩に出て驚いた! 

肝心の‘定点観測地’で、ナント‘稲刈りが、今始まっていた!’のである!

生憎その日は、残念ながら、カメラを家に置いてきていたのである! この日の写真は、カミサンの携帯の写真。従って‘画質’がいまいちで、画像が大きく出来ない! 大きくすると、画素数が足りなくて‘ピンボケ’状態となるので、ご容赦を!

20130826162113_201309011058455d9.jpg
2013年08月26日16:21

20130826162209-2.jpg
2013年08月26日16:21

20130826162155-3.jpg
2013年08月26日16:21


<7> 8月27日:次の日、カメラで撮影! (田植えから約130日経過)

次の日の8月27日には、‘蘗・孫生え’第2日目をカメラに収めるべく‘定点観測地’へ向かった!

画像ー173 119-2
2013年08月27日17:16

画像ー173 120-2
2013年08月27日17:16

画像ー173 121-2
2013年08月27日17:16

画像ー173 122-2
2013年08月27日17:16

画像ー173 123-2
2013年08月27日17:18

鉄塔の影に‘潜んでいる’のは、我が‘雄姿の影’!

ここで、‘定点観測地’とは違うが、お隣の田圃での‘稲の稔り具合’をど~ぞ!

画像ー173 126-2
2013年08月27日17:19

画像ー173 130-2
2013年08月27日17:25

画像ー173 131-2
2013年08月27日17:25

画像ー173 178-2
2013年08月27日17:44

画像ー173 178-4
2013年08月27日17:44

画像ー173 178-3
2013年08月27日17:44

今年の‘稔り’具合は、‘大いに結構’というところなのだろう!

改めて、‘定点観測’の様子が判る写真を!

● 4月9日~8月27日の定点観測:稲作の場合(総集編)

画像ー121 030-2
2013年04月09日05:36
水は張ってあるが、田植えはまだである。

画像ー126 029-2
2013年04月26日17:08(田植えからの日数:4月23日から‘3日目’)

画像ー133 117-2
2013年05月21日18:13(28日目

画像ー144 041-2
2013年06月10日17:12(48日目

画像ー163 008-2
2013年07月29日17:13(97日目

画像ー170 011-2
2013年08月17日18:01(116日目

20130826162155-3.jpg
2013年08月26日16:21(125日目)(定点からずれている!)

何としても残念なのは‘刈り取り寸前・刈り取り中’の定点観測地でのキチンとした写真がないことである!

画像ー173 119-2
2013年08月27日17:16(126日目

この画像が、「蘗・孫生え・第日目」である!

<結論>

目的とした画像については、まあまあの結果は得られたので、次の目標である‘蘗・孫生え’の定点観測を続けたい!

そして、蘗・孫生えの‘品質検査’は出来ないにしても、‘130日’間も掛かる通常稲作と蘗・孫生えの成長速度の‘差’を出してみたい!

蘗・孫生えは、普通の収穫量に比べれば、恐らく重量で‘80%’は、確実に行けると思われるので、後は、‘蘗・孫生え’米の‘美味さ’を何とかして試してみたいものである!

昔から稲作に携わって来られた農家のご老人に聞くと、

「そんなにうまいとは言えなかったが、まあまあだった!」

という‘証言’も得ている!

(つづく)
スポンサーサイト
[2013/08/31 23:49] | 農業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
定点観測:稲作の場合(その1)
ここ千葉県・茂原市・千沢地区では、4月に田植えをして8月中に刈り取る、というのが‘稲作’の場合の一般的収穫方法のようである。

現時点(2013年8月30日)では、凡そ65%位の稲刈り率のようだ。

稲の発育状況を定点観測 してみようと思い立ったのは、稲作の‘糵’(ひこばえ・孫生え)が、昨年目立ったため今年もその傾向が強いのかも知れないと思ったからである。

昨年のその様子は、弊ブログ

ひこばえ(蘖/孫生え)<2012年09月20日>
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-276.html

9月19日の夕刻、8月の下旬に稲刈りが終わった田圃を見てみた。

予測通り、ひこばえ(蘖/孫生え)現象で、何だか田植えをして3ヶ月以上たった状態のようで、稲穂までちゃんとついていて、中身も、いわゆる‘乳状’ではなく、きちんとした‘実’になりそうな雰囲気である。

画像ー53 026-2

2012年09月19日16:39 の田圃である。ここら一帯は、8月の下旬には稲刈りが終わっていた。

画像ー53 028-2

角度を変えてみていると、ちゃんと田植えをして、3か月が経った頃の様子に似ている。

画像ー53 060-2

更に近づいてみると、稲穂が付いていることが確認出来る。

画像ー53 061-2

稲穂はまだ付いたばかりで、中身が軽いと見えて、垂れ下がるまでには至っていない。上手い具合にここ数日強い夕立が毎日やって来るので‘水田’となっている。

画像ー53 047-2

この付近では、中身が重くなり始めているようだ。

画像ー53 050-2

ここのところまだ例年と違って、日中は30℃を越す日が続いている。それも異常であるが、これなら案外‘立派な米’の収穫が期待出来そうである。

今後どんなに成長するかをカメラで追ってみたい。


とある。

こんなことから、今年、この地点での‘稲作の定点観測’を始めたのである。

<0> 4月8日:まだ空気が澄んでいて、‘富士山’が見えていた!

画像ー120 056-2
2013年04月08日08:54

画像ー120 057-2
2013年04月08日08:54

画像ー120 058-2
2013年04月08日08:54


まず、田植え前の様子から・・。

<0> 4月9日&10日

画像ー121 030-2
2013年04月09日05:36
水は張ってあるが、田植えはまだである。

画像ー121 031-2
2013年04月09日05:36
同上

画像ー121 139-2
2013年04月10日16:46
まだ、耕運機で耕している区画もある。

画像ー121 140-2
2013年04月10日16:48
さあ、これから水の導入・・。

画像ー121 145-2
2013年04月10日16:49
歩いている人の服装から見て、まだ気温はそんなに高くはない。


多分、3日前に田植えが済んだ4月26日が、観測の第一日目である。

<1> 4月26日:田植えから3日後の様子

画像ー126 029-2
2013年04月26日17:08

画像ー126 031-2-2
2013年04月26日17:08

画像ー126 030-2-2
2013年04月26日17:08


<2> 5月21日:田植えから約1ヶ月後

画像ー133 117-2
2013年05月21日18:13

画像ー133 119-2
2013年05月21日18:13

画像ー133 120-2
2013年05月21日18:14

画像ー133 121-2
2013年05月21日18:14

画像ー133 118-2
2013年05月21日18:13

田植えから約一ヶ月で、もうこんなに成長している!

(つづく)

[2013/08/30 23:54] | 農業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
もうすぐ秋!
秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる(古今169)

という‘歌’がある。藤原敏行が、立秋の日に詠んだという。

今年の立秋の日は、8月7日である。

http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/tosiyuki.html
【通釈】秋が来たと目にははっきりと見えないけれども、風の音にはっと気づいた。

【補記】古今集秋歌劈頭。立秋の日に詠んだという歌。「立秋の日から風は吹き増さる」という当時の常識――生活実感に基づく常識と言うよりも文学的な常識――を前提とし、「目に見る」「音に聞く」という対比のもとに季節の推移への気づきを詠んだのは、古今集の典型的な理知的作風と言える。もとより「風の音にぞおどろかれぬる」という秋の発見は平生の実感に基づこうが、その《実感》を生かしたのは、視覚・聴覚の対比という知的な構想なのである。一陣の涼風のようにさわやかな調べ・姿は比類がなく、「さやかに」の句が下句にも効いて響き、秋の訪れを告げる風の音が、鮮やかに聞き取れる。

藤原敏行(ふじわらのとしゆき) 生年未詳~延喜元(?-901)

陸奥出羽按察使であった南家富士麿の長男。母は紀名虎の娘。紀有常の娘(在原業平室の姉妹)を妻とする。子には歌人で参議に到った伊衡などがいる。系図
貞観八年(866)、少内記。地方官や右近少将を経て、寛平七年(895)、蔵人頭。同九年、従四位上右兵衛督。『古今集和歌目録』に「延喜七年卒。家伝云、昌泰四年卒」とある(昌泰四年は昌泰三年=延喜元年の誤りか)。
三十六歌仙の一人。能書家としても名高い。古今集に十九首、後撰集に四首採られ、勅撰集入集は計二十九首。三十六人集の一巻として家集『敏行集』が伝存する。一世代前の六歌仙歌人たちにくらべ、技巧性を増しながら繊細流麗、かつ清新な感覚がある。和歌史的には、まさに業平から貫之への橋渡しをしたような歌人である。


立秋の日について

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E7%A7%8B
立秋(りっしゅう)は、二十四節気の第13。七月節(旧暦6月後半 - 7月前半)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が135度のときで8月7日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から5/8年(約228.28日)後で8月7日ごろ。

天気予報などでアナウンサーが「今日は立秋、暦の上では秋に入りましたが、相変わらず暑いですね」など語ることがあるが、暦の上では立秋こそ暑さの頂点であり、徐々に暑さが緩むのはその翌日からなので、立秋をそのように捉えることは誤りである。
一方、手紙等の時候の挨拶などで用いる「立秋とは名ばかりのこの暑さ」の場合は、立秋翌日から処暑までを意味しているのでおかしくはない。
同様の誤解は立春についてもみられる。



日の出・日の入りは、一日ごとに遅く・早くなっていくが、‘目安’としては、一日当たり‘約1.5分’と覚えておくとそんなに間違いが無い!

ということは、一ヶ月に

  (1.5分/日)×30日=45分

凡そ45分違って来る。

<8月4日>

DSC_0028-2.jpg
2013年8月4日18:28
DSC_0028-3.jpg
部分拡大

<8月29日>

DSC_0050-2.jpg
2013年8月29日17:52

DSC_0050-3.jpg
部分拡大 この写真も‘ロケット発射の瞬間’と言える!

上の双組の写真は、被写体は、随分違うが、肝心の‘太陽’は、どちらも‘沈む寸前’である。

‘日にち’の違いは、25日。時刻の違いは、36分で、36分/25日= 1.44 分/日 である!


一方、田圃の横の畑?には、コスモスが、こんなに綺麗に咲いていた!

<8月29日>

DSC_0047-2.jpg
2013年8月29日17:39

DSC_0047-3.jpg
部分拡大

上に掲載の写真は、全て‘スマホ’で撮ったものである。もう秋の気配は少~しは、するのだが、まだ‘猛暑日’の終了宣言はない!

そこで一首!

秋きぬと目にもさやかに見えずして熱中症にぞおどろかれぬる ( kissy 和歌集?)

(つづく)
[2013/08/29 23:12] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ランキング
画像ー172 034-2
やっと咲きだした我が家の‘サルスベリ’!

本日(2013年08月28日)も‘mobaradesu’さん(私)のランキングを見た!

この歳(74歳)になっても‘ランキング’が気になるのである。

‘悟り’きっていない!

でも、‘fc2’さんは、巧い!お上手!

人間の心理を突いた見事な作戦である!

ピンからキリまで - FC2 BLOG 管理ページ8月28日0001-1
これが、毎日発表される‘ランキング’のシート。以下は、部分拡大。
ikah

ピンからキリまで - FC2 BLOG 管理ページ8月28日0001-2
私が登録しているのは、‘日記’というジャンル。そのサブジャンルが‘創作日記’。

本日の、‘日記’ジャンル‘母数’:398900。その中で、第667位!
 
  (667/398900)×100= 0.17% <1,000人中に換算すると 1.7位>

サブジャンル‘創作日記’の‘母数’: 11339。その中で、第 14位!

  (14/11339)×100=   0.12% <1,000人中に換算すると 1.2位>

ピンからキリまで - FC2 BLOG 管理ページ8月28日0001-3

画像ー173 096-2
これって何という花? 最近玄関先で咲き出した!

画像ー164 293-2
小川のカニだって暑つそう!

(つづく)
[2013/08/28 23:34] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
イプシロンの‘打ち上げ’失敗!
イプシロンの‘打ち上げ’失敗 は、日本国中をがっかりさせた!

担当者が、開き直っている‘光景’は、北朝鮮以上の‘大バカ者!’のような気がする!

こんな時こそ‘謙虚に’頭を下げるべきである!そして、数日後に成功させたとしても‘威張る’ことなく、お騒がせしたことを謝るのが、本来の日本人の‘道徳・礼儀’というものなのであろう!

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130827-OYT1T01102.htm
イプシロン打ち上げ中止…「向きにずれ」誤検知

20130827-398144-1-L.jpg

新型ロケット「イプシロン」打ち上げ中止で記者会見する文科省の柳孝・宇宙開発利用課長(右)ら(27日午後、文科省で)=清水健司撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)が27日午後に鹿児島県肝付町(きもつきちょう)の内之浦宇宙空間観測所で予定していた新型ロケット「イプシロン」1号機の打ち上げは、カウントダウン中の発射19秒前に異常が検知され、中止された。

 ロケットを管理するコンピューターや回線にトラブルが起きた可能性がある。JAXAは原因究明を急ぎ、早期の打ち上げ再挑戦を目指す。

 イプシロンは、同日午後1時45分に打ち上げの予定だった。ロケットが正しい向きからわずかに横にずれていると地上側のコンピューターが誤検知し、点火前に自動停止した。JAXAは別の方法で確かめたが、ロケットに異常はなく、機体のコンピューターから地上のコンピューターにデータが送られる際に異常があった可能性があるとみて調べている。イプシロン開発責任者の森田泰弘・JAXA教授は、原因究明と対策、検証で最低2日はかかるとの見通しを示した。

(2013年8月27日23時55分 読売新聞)


画像ー173 001-2
こちらも、興奮の余りピンボケになってしまった!後からのニュースなのに・・・・。

画像ー173 002-2

画像ー173 003-2

画像ー173 004-2

画像ー173 009-2

画像ー173 010-2

画像ー173 011-2

画像ー173 012-2

画像ー173 013-2

画像ー173 015-2

画像ー173 019-2

画像ー173 021-2

画像ー173 022-2

画像ー173 026-2

画像ー173 028-2

画像ー173 029-2

画像ー173 031-2

画像ー173 032-2

画像ー173 036-2

画像ー173 037-2

画像ー173 041-2

画像ー173 043-2

画像ー173 047-2

画像ー173 051-2

イプシロンの打ち上げの場所は、‘鹿児島県肝付町(きもつきちょう)の内之浦’なのだが、実は、我々が住んでいる千葉県・茂原市・千沢の‘うちの裏’の田圃に建っている送電線を支える鉄塔が、夕日をエネルギーにしたロケットとなっているように見えるから不思議である!(この発想は、私ではない。私の知り合いの或る優れた‘薬剤師’さんである)

画像ー173 151-2

画像ー173 196-2

これこそ、秒読みが‘10’以下になって、正に‘点火された’状態と言える!

イプシロンは、幸いなことにロケット自身に異常はないという。

リカバリーショットに失敗したら、‘日本経済に大打撃’を与えかねない!

開発者もそんな意識を持って欲しい! 

どうか‘開発バカ’とだけは言われないように!

(つづく)
[2013/08/27 23:58] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
‘変態’について(その1):金属の変態
NHK/TVで、生物の‘変態’についての番組を見た!

「オタマジャクシ → カエル」 「芋虫 → 蝶」などの‘変態’である。

img_902098_7810848_2.jpg

‘変態’について、‘Wikipedia’を見てみると

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%89%E6%85%8B
1 概略
2 昆虫の変態
2.1 完全変態
2.2 不完全変態
2.3 過変態
2.4 無変態
3 昆虫以外の節足動物の変態
4 棘皮動物の変態
5 尾索動物の変態
6 魚類の変態
7 両生類の変態


今回のテーマには、この範疇で事足りるのであるが・・・。
一方、goo辞書では、

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/200474/m0u/
へん‐たい【変態】ツイートする Facebook にシェア
[名](スル)
1 形や状態を変えること。また、その形や状態。
2 普通の状態と違うこと。異常な、または病的な状態。
「お品は身体に―を来したことを」〈長塚・土〉
3 性的倒錯があって、性行動が普通とは変わっている状態。変態性欲。
4 動物で、幼生から成体になる過程で形態を変えること。おたまじゃくしがカエルに、蛹(さなぎ)がチョウになるなど。
5 植物で、根・茎・葉などが本来の形から変化し、著しく異なる形態をとること。葉がとげとなるなど。
6 同じ化学組成で物理的性質の異なる物質の状態。温度変化などによって生じることが多い。単体の場合には同素体という。転位。


材料屋として、50年以上前に、「金属の変態」について学んだことがある。

上記引用文にある通り、‘金属の変態’とは、同じ組成なのに‘物理的性質’が変化することを‘変態’と呼ぶ。

Fe-Co合金が研究の対象だったが、もっと簡単な‘純鉄という鉄原子のみで出来ている素材のモデル’で説明すると判り易い!

純粋な‘鉄’の場合、ナント温度によって、その結晶構造が‘変化’するのである。何故変化するのかの理由も‘キチンと’解っている。温度の変化に伴う原子の動き(振動)が、周りの鉄原子との‘調和’を保つために‘結晶構造’を変化させるのである! 

http://ms-laboratory.jp/strength/ms2/ms_2/2.htm
[純鉄Feの場合の結晶構造の変化]
 
 室温 体心立方構造 BCC  1unit 9個の原子
     収縮 ↓↑ 膨張   910℃
 高温 面心立方構造 FCC   1unit 14個の原子
●単位胞の大きさはBCCもFCCもほぼ同じ,
●FCCは1unit当たり, BCCより5個の原子が余計に必要なため、
温度上昇の変態では収縮する

●BCC14unit→ FCC9unitができる

●BCC14unit×9=126 個の原子→ FCC9unit×14=126個の原子 

image2.gif

図3 加熱時,試験片は変態すると収縮する。冷却時,試験片は膨張する


面白いことに、純鉄は、温度上昇をさせると、或る温度(910℃)までは膨張するが、その温度に達すると収縮するのである!
但し、収縮し続けるのではなく、結晶構造を変えた後は、その結晶構造で又膨張を続ける。(下の図参照!)

image2.jpg

図2 加熱冷却による試験片長さの変化、純鉄FeのA3変態

金属の変態は、製品の機能を向上させるために‘利用’される!

例えば、‘焼き入れ’は、日本刀の製作には無くてはならない‘工程’であるが、実はこれは‘変態’を利用した知恵であることが近代になって科学的に判明・証明されたが、それまでは、謂わば‘生活の知恵’だったのである!

この‘焼き入れ’の現象については、別途後日詳細を説明したいが、この現象を‘よ~く’理解するには、金属が持っている基本的な‘知識’が必要であるので少々難しくなる!

さて、‘生物の変態’は、何故起こるのか? これについては番組の中でも明確な答えはなかった!

(つづく)
[2013/08/26 23:55] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
欽ちゃんの‘特製ドリンク’
昨日(2013年08月24日)のことである。

日テレで、「24時間テレビ」が、昨夕から始まるということで‘テーマ’が‘マラソン選手の飲み物’つまり、欽ちゃんが、約70kmを完走する時に造った、秘中の秘の‘特製ドリンク’に話が及んだ!

その時の様子が、以下の情報である。

563050_186539824851359_574820143_n.jpg
https://www.facebook.com/meringue.ntv

http://www.kuunel.jp/content.html?t=7670333
特製ドリンク - メレンゲの気持ち

番組名
メレンゲの気持ち
放送日時
2013年8月24日 12:00 ~ 13:30
放送局
日本テレビ
出演者
【声の出演】新谷保志,清水ミチコ
【レギュラー】石塚英彦,百田夏菜子,川畑一志,いとうあさこ,はるな愛,久本雅美
【ゲスト】大島美幸,萩本欽一,坂本雄次,北斗晶,佐々木健介

放送内容

特製ドリンク
北斗晶と萩本欽一の24時間マラソンを支えたという特製ドリンクがスタジオに登場。北斗が紹介したのはお手製の「梅ジュース」、このジュースを大島美幸は日ごろ飲ませてもらっているという。萩本欽一が紹介したのは「めんつゆ」、引いてしまうスタジオに対し萩本欽一は塩分と糖分がとれると主張した。



更に、こんな‘証言’もある!

http://www.ntv.co.jp/announcer/mujina/s_furuichi/20070803.html
title-common_h1.png
古市幸子
2007年08月03日

スペシャルドリンクは

最近、走っています。
24時間テレビのマラソンランナー・欽ちゃんこと
萩本欽一さんのマラソン練習に参加、
ご一緒させていただいているのです。


暑い中での運動。大量に汗をかきます。
そんな状況では水分補給が非常に大事。
走る合間に飲む水のおいしいこと!

長時間走るので、栄養補給も必要です。
欽ちゃんは麺好き、ということで、途中の食事休憩には
冷やしそばや素麺が用意されます。

欽ちゃんは素麺をすすりながら、突然言いました。
「そうだ、練習の合間の水分補給、これにしてよ!」

そんなわけで、走っている最中に差し入れる水分補給用の水筒の中には
麺つゆが用意されることになったのです。

もちろん、実際に麺を食べる時よりも薄められていますが・・・。

私もお蕎麦を食べ終わった後は、麺つゆに蕎麦湯をさして
ちびちびいくのは大好きですけど、まさかこれがスペシャルドリンクになろうとは!
さすが欽ちゃん、すべてが自己流、まさにスペシャルです。

私にとっての夏のスペシャルドリンクは、といいますと、
ハチミツりんご酢+ぶどう酢+ナチュラルスパークリングウォーターです。
シュワシュワ感が爽快!ハチミツりんご酢の甘みがカラダを元気にしてくれ、
ぶどう酢の酸味が疲れを取ってくれるような・・・最近のお気に入りです。

気がつけば、24時間テレビ本番まで3週間をきりました。
スペシャルドリンクで水分、栄養補給をしつつ、
準備に、調整に励みますよっ!


819kintyan70kmjpeg.jpg
http://iron.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/
2007年8月の24時間テレビで、欽ちゃんがマラソンに挑戦!

このときに、欽ちゃんが飲んでいた‘特製ドリンク’が、‘麺つゆ’を薄めた飲み物!

「ハッとしました!」

先般このブログで、私めが、ご紹介申し上げた「私の‘熱中症対策’ドリンク」と同じもんだったから!

次の‘ブログ’のURLをクリックしてみて下さい!

‘熱中症’予防特製ドリンクの開発!
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-592.html

そこには次のような記事が見える!

私の舌感覚に合格!

これが実際の写真!

画像ー157 547-2
‘追いがつおつゆ’と‘あごつゆ’。

第1位:‘追いがつおつゆ’

第2位:‘あごつゆ’


これが、第1位に輝いた‘熱中症防止用ドリンク’であ~る! ボトルは‘麦茶’のボトルだが、中身は特製ドリンク!

画像ー157 549-2

毎日、この500ml の特別熱中症防止用ドリンクを2本、合計1,000ml を飲んでいる!

あれから、一ヶ月以上飲み続けているので、もう40~50リットルは飲んだ計算になる。

今日現在のボトルの様子! ‘ラベル’は、剥がしてある!

画像ー172-2

こんなものは、‘特許’にはならないが、‘実用新案’になる可能性はないことはない!

欽ちゃんは実用新案の申請はされていないだろうし、私もする気はないが、‘麺つゆ’製造メーカさんで、新製品として‘熱中症予防特製ドリンク’として申請される分には、一向に構わない!

勿論、‘効果がある!’というしっかりとした‘データ’を確認されてからの話であるが・・・。

(つづく)
[2013/08/25 23:53] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
鳥羽水族館:へんな生きもの研究所
今日(2013年08月24日)は、土曜日だから、朝09:30が愉しみである。

日テレの「ぶらり・途中下車の旅」を見逃すことは滅多にない!

今日も観た!

今日の旅人は、小倉久寛さんである。この人は、気取らないところがいい!

鳥羽水族館の社長さんが、小倉さんの高校の時の一年先輩なのだそうだ!

ここに「へんな生きもの研究所」があるという!

早速、‘WEB’で調べてみた!(言い訳:カメラの電池充電中で、TV画面の撮影が出来なかったため!)

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20130514-OYT8T00453.htm
「へんな生きもの研究所」オープン
 三重・鳥羽水族館



20130514-247459-1-L.jpg
http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20130514-OYT9I00437.htm
へんな生きもの研究所に数を増やして展示されるダイオウグソクムシ=鳥羽水族館提供

20130514-247451-1-L.jpg
http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20130514-OYT9I00438.htm
イセエビの赤ちゃん「フィロゾーマ」の展示も=鳥羽水族館提供
 

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20130514-OYT8T00453.htm
三重県鳥羽市の鳥羽水族館は13日(今年:2013年05月)、飼育する生き物の種類が約1200種(計約3万点)となり、日本動物園水族館協会に入っている国内65の水族館の中でトップになったことを明らかにした。

 鳥羽水族館が15日の開館58周年を前に、同協会に確認した。

 同館によると、1955年の開館時、飼育する種類は50種(約300点)だったが、徐々に増えて2011年には1000種類の大台を突破。今年4月末現在1188種で、東京都江戸川区の葛西臨海水族園(今年3月末現在・935種)や、沖縄県の沖縄美ら海水族館(同928種)を上回り、全国一になった。

 また、鳥羽水族館では一部を改築して、7月に新コーナー「へんな生きもの研究所」もオープンする。2009年1月以降、絶食していることで話題になった深海生物「ダイオウグソクムシ」を現在の2匹から倍に増やすほか、イソギンチャクやサンゴの仲間の「ウミサボテン」など、50種約300点を展示し、生態が詳しく分からない生き物の研究にも力を入れる。

(2013年5月14日 読売新聞)


という記事が見つかった!

ということは、

「へんな生きもの研究所」

は、今年の7月にオープンした出来たてのほやほやであるらしい!

その中から、珍しいものを!

その前に、

4d0624b1.jpg
http://blog.livedoor.jp/vandy/archives/2013-06.html

1373742627_photo.jpg
http://iseshima.keizai.biz/headline/1790/

info_head_image_1373709049.jpg
http://www.aquarium.co.jp/topics/index.php?id=194

それでは、「へんな生きもの」を!

005.jpg
http://mainichi.jp/graph/2013/07/12/20130712k0000e040192000c/005.html
ナヌカザメの卵。人魚の財布と呼ばれる。

004.jpg
http://mainichi.jp/graph/2013/07/12/20130712k0000e040192000c/005.html
トラフカラッパ

002 (1)
http://mainichi.jp/graph/2013/07/12/20130712k0000e040192000c/005.html
フウセンウオ

1373742914_b.jpg
http://iseshima.keizai.biz/photoflash/3753/
カエルアンコウ

uid000002_20130722113210f867c8f4.jpg
http://tobakanko.jp/modules/tobablog/details.php?bid=437
ウコンハネガイ

また、‘ワン!’と鳴く台湾産のカエルもいるというから、驚きと同時にここの社長のユニークさに感心する!


https://www.youtube.com/watch?v=4lJl4oZepl4
【ワン!】と鳴くイヌガエル 全国初公開!

公開日: 2013/08/11
三重県鳥羽市の鳥羽水族館は、今夏開設した「へんな生きもの研究所」で、犬のように「­ワン」と鳴くカエルを展示している。全国初の公開で和名もないことから「イヌガエル」­と表示したようです。実際映像の中でたしかに「ワン」と聞こえます。


「一度は行ってみたい!」そんな気にさせる鳥羽水族館の凄さは、格別である!

(つづく)
[2013/08/24 23:16] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
速報!:イチローの4,001本目のヒット!
日本時刻2013年08月23日06:32、イチローが、4,001本目のヒットを打った瞬間である!

画像ー172 002-2
NHK/BSTV 生中継映像をカメラで撮影(以下も同様)

サードベースの手前の‘白球’が、イチローが打った‘4,001本目’のヒット球である!

画像ー172 004-2
上手い具合に、ボールは‘サードベース’に当たってイレギュラーして、‘2塁打’となった!

画像ー172 003-2
恨めしそうに見るブルージェイズのサード!

画像ー172 005-2
2塁ベース上のイチロー選手!

次の画像は、打った瞬間のVTR!

画像ー172 006-2

画像ー172 007-2

イチローに憧れてプロになって、尚且つ大リーグ入りを果たした‘川崎選手’が、今日の対戦相手‘ブルージェイズ’のセカンドを守っている!

画像ー172 013-2
日本の両雄が、同一画面で!

多分、イチローがヒット数世界一になるのは間違いないが、次のような統計数値があるという!

http://papillon81.exblog.jp/15018284

MLB史上三大打者~タイ・カッブ、ベーブ・ルース、イチロー
●年間打率●
年間打率・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・.440(ヒュー・ダフィー)20世紀以降では.427(ナップ・ラジョイ)
年間最高打率通算回数(単独リーグ)・・・・・・11回(タイ・カッブ)
年間最高打率通算回数(全リーグ)・・・・・・・・・9回(タイ・カッブ)
年間最高打率連続年数(単独リーグ)・・・・・・・6年(ロジャース・ホーンスビー)
年間最高打率連続年数(全リーグ)・・・・・・・・・3年(タイ・カッブ、ロッド・カルー)
打率.350以上通算回数・・・・・・・・・・・・・・・・16回(タイ・カッブ)
打率.350以上連続年数・・・・・・・・・・・・・・・・11年(タイ・カッブ)
162試合出場平均打率・・・・・・・・・・・・・・・・・.366(タイ・カッブ)


●年間本塁打●
年間本塁打数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・73本(バリー・ボンズ)
年間最多本塁打通算回数(単独リーグ)・・・・・12回(ベーブ・ルース)
年間最多本塁打通算回数(全リーグ)・・・・・・・11回(ベーブ・ルース)
年間最多本塁打連続年数(単独リーグ)・・・・・・7年(ラルフ・カイナー)
年間最多本塁打連続年数(全リーグ)・・・・・・・・6年(ラルフ・カイナー)
40本塁打以上通算回数・・・・・・・・・・・・・・・・・11回(ベーブ・ルース)
40本塁打以上連続年数・・・・・・・・・・・・・・・・・・7年(ベーブ・ルース)
162試合出場平均本塁打・・・・・・・・・・・・・・・・50本(マーク・マグワイア)


●年間安打●
年間安打数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・262本(イチロー
年間最多安打通算回数(単独リーグ)・・・・・・・・8回(タイ・カッブ)
年間最多安打通算回数(全リーグ)・・・・・・・・・・7回(タイ・カッブ、ピート・ローズ、イチロー
年間最多安打連続年数(単独リーグ)・・・・・・・・5年(イチロー
年間最多安打連続年数(全リーグ)・・・・・・・・・・5年(イチロー
200安打以上通算回数・・・・・・・・・・・・・・・・・・10回(ピート・ローズ、イチロー
200安打以上連続年数・・・・・・・・・・・・・・・・・・10年(イチロー
162試合出場平均安打・・・・・・・・・・・・・・・・・230本(デーブ・オーア)20世紀以降では229本(イチロー


(注1)アリーグ、ナリーグ以外にもフェデラルリーグなどが昔にはあったため、「両リーグ」ではなく「全リーグ」と表記した。
(注2)162試合平均は3000打数以上の比較。
162試合出場平均安打に関しては、 イチローの最も知られていない最も偉大な記録(決定版)を参照されたい。
イチローは2010年終了時点で、19世紀も含む全史上でエド・デラハンティーと並ぶ歴代2位の229本。


年間打率関連の記録でタイ・カッブは六部門で1位。
年間本塁打関連の記録でベーブ・ルースは四部門で1位。
年間安打関連の記録でイチローは六部門(20世紀以降では七部門)で1位。

来年最多安打を達成したら、イチローは年間安打関連七部門(20世紀以降では八部門)で1位。

打率のタイ・カッブ
本塁打のベーブ・ルース
安打のイチロー

上記の記録比較で明らかなように、
タイ・カッブ、ベーブ・ルース、イチローの三人がメジャーリーグ史上の三大打者である。
この事実は、もはや常識中の常識として、全野球ファンの間で共有される必要がある。


一方、ピートローズの記録は、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%
BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA

ピート・ローズ

記録[編集]

通算安打:4,256(歴代1位)
通算試合:3,562(歴代1位)
通算打数:14,053(歴代1位)
通算打席数:15,861(歴代1位)
通算出塁数:5,929(歴代1位)
通算単打:3,215(歴代1位)
通算二塁打:746(歴代2位)
通算アウト回数:10,328(歴代1位)
連続試合安打:44(歴代2位)
1試合5安打以上:10(歴代1位)
シーズン200安打:10(歴代1位タイ)



他の人はともかく、イチロー選手の‘人間としての評判’がすこぶるいい!

これが、日本人としてのもう一つの誇りである!

(つづく)
[2013/08/23 08:53] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
外房線・大網駅での27分!(その2)
2013年08月21日の弊ブログ

外房線・大網駅での27分!(その1)
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-632.html

は、以下のように終わっている!

画像ー171 046-2

15:54発の下り快速が出ていた!

(つづく)

この後の普通列車は、16:07の茂原行きである。

それまでの13分間の外房線・大網駅の風景である! 因みに、大網駅の一日の乗降客の数は、‘1万人強’だそうだ。

画像ー171 050-2
この窓越しに見えるホームは、大網駅から東金駅までの‘東金線’の大網駅のそれである。

画像ー171 052-2
列車が終点の大網駅へ入って来た。

画像ー171 053-2
後方部。

さて、肝心の外房線の方は?

画像ー171 061-2
私が乗る16:07の茂原行きの電光掲示が見える!

画像ー171 062-2
上りのホームに人が出て来た!

画像ー171 063-2
上りホームの東京寄りにも人が・・・。これだけでも乗客が多いのである。勿論、品川駅とは大違いである!

何故こんなに乗客がホームに?それは、外房線なのに、外房線から京葉線に蘇我で路線変更をする外房線から東京直通、乗り換えなしの快速列車が、凡そ1時間に一本つい最近走り始めたのである!

画像ー171 048-2
この時刻表で、上り(左側)の部分に「京☆東」とある表示は、「(京)葉線経由快速(東)京行き」という意味である。

この‘直通電車’のお蔭で、東京行きが大変楽になった!

大網駅から東京駅まで、ジャスト‘1時間’であり、この京葉線経由東京行きは、蘇我駅までの外房線の‘全駅に停車する’仕組みだから、我が‘本納駅’にも停車してくれるので、本納駅から東京駅までの所要時間は、‘1時間6分’である。

ただし、どの時間帯にも‘1時間1本’ある訳ではない! 「10時~16時」という時間帯だけで、所謂通勤時間帯には走らない!これは下りも運転されているから、大いに助かっており、東京が近くなった!

画像ー171 064-2
という訳で、大網駅発京葉線経由東京行きのこの日最後の列車である。それで皆が知っており、こんなに沢山の乗客がいるというカラクリ?である!

画像ー171 066-2
列車にもその直通表示が見える!

画像ー171 067-2
望遠拡大。 「Next Toke」の表示が見えるが、これは「次の停車駅は、‘とけ’」という意味である。この‘とけ’は、‘土気駅’である。‘土気’を‘とけ’とは知らなければそう読めない!‘土気駅’については、後日別途解説の予定。

画像ー171 070-2
この列車が出て行くと、上りのホームには誰一人いなくなった! 当然のことながら・・・。

画像ー171 071-2
上下線ともこの写真によれば、左隅の一人を除いて誰もホームにいないことが判る! 見事にいない!

画像ー171 072-2
このホームの向うに見える‘マンション’は、我々が越してきた‘18年前’には、既に存在した!

当時としては、大網駅付近の‘象徴的な’存在だった。

画像ー171 073-2

画像ー171 075-2
上りのホームも、正に‘大網駅休業’?とも思わせるほど誰もいない!

画像ー171 077-2
走行している間に、16:07発普通列車が入って来て(その画像はない!)、やっと電車に乗り込んだ!

下りの場合、大網駅の次は‘永田駅’である。‘永田町駅’ではない!(念のため!)その表示が見える。

画像ー171 078-2
外房線の場合、所謂‘窓上の広告’が無い場合が多い!この車両も見事にない!

画像ー171 080-2
これが列車から見た‘永田駅’の改札口である。夜遅くなると‘無人駅’になる。

画像ー171 082-2
これ以降の3枚の画像は、‘永田駅’~‘本納駅’間の列車・車窓からの風景である!

画像ー171 085-2

画像ー171 087-2
この辺りが、先日来ニュースになった‘行方不明高校生・中川さん’の家の近くである!あの‘事件’は、その後どうなったのだろうか?

画像ー171 088-2
我が最寄駅・本納駅に到着した。大網駅~本納駅間の所要時間は、わずか‘6分間’!この6分間のために‘27分間’大網駅で待たされたという訳である!

画像ー171 089-2

画像ー171 091-2

画像ー171 090-2

画像ー171 093-2

画像ー171 092-2

画像ー171 094-2
茂原北稜高校のインフォメーションが・・・。


さて、ここからは、本納駅を出てから、我が家まで約7kmの間にある‘3つの信号’の画像をど~ぞ!

画像ー171 098-2
これが最初の信号で、国道128号線に面している!

画像ー171 096-2
この信号の四つ角の歯科医は、元‘セブンイレブン’だったところである。セブンイレブンの駐車場が、国道に面しているのに狭過ぎたという理由らしい。今このコンビニは、約2km南へ下ったこの国道沿いに引っ越したのである。そして、駐車場の広さは、ざっと5倍以上! 大型輸送車が何台も止まっている。この引っ越しは大成功なのだろう!

画像ー171 099-2
これが、二つ目の信号。一つ目の信号から約300mしか離れていない!

画像ー171 101-2
これが3つ目の信号。我が家から約700mの位置。右手が‘豊岡小学校’。この交差点も名前がいい!「弓渡(し)」という。那須与一との関係でも?と思わせるが、果たして??

(つづく)
[2013/08/22 23:17] | 地域活性化 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
外房線・大網駅での27分!(その1)
千葉県・房総半島のJR線には、‘内房線’と‘外房線’がある。

東京湾に面している路線が、‘内房線’で、太平洋に面している路線が、‘外房線’である。

その外房線に‘大網駅’という、如何にも‘漁師町’を思わせる名前の駅がある。

http://www.nihonjiten.com/data/114770.html
地引網によるいわし漁が盛んな地。旧・大網町は大きい網の打てる海があったことを示す地名。



今日(2013年08月21日)、東京で朝9:30から仕事があって、午後にも一つ打ち合わせがあった。

しかし、午後からの打ち合わせは、簡単に終わったので、有楽町線で有楽町まで来て東京駅から‘京葉線’に乗った。

京葉線の終点駅・蘇我駅までは順調に来たのだが、蘇我駅からの外房線の各駅停車が暫らくはないという。

JR-TokyoRailway.jpg
http://vagabond.air-nifty.com/kp2/2009/08/jr-tokyo_s05.html

蘇我駅15:22発~東金駅行の大網着は、15:40である。

この時刻以降の大網駅からの外房線の下りは、

画像ー171 047-2
大網駅の時刻表によると、

画像ー171 048-2

15:46発;特急(安房鴨川行き)
15:54発;快速(総武線・上総一宮行き)
16:07発;普通(茂原行き)

となっているから、残念ながら、特急も快速も止まらない‘本納駅’に行くには、27分間大網駅で待たねばならない!

通常、大網駅まで来て、次の普通電車までに時間がある場合、大網駅まで、我が家の‘アッシー様’に来て戴くことになっているが、本日は‘アッシー様’が、お友達との重要な打ち合わせのため、この時間帯にはここ大網駅へは来れない状況下にあった。

そんな訳で、大網駅で‘27分間’足止めを喰らったという訳である!

でも、考えようによっては、

「大網駅で、‘27分間’もの自由時間がある!」

ということになる。

本日は、偶々打ち合わせに必要だったから‘カメラ’を持参していたのである。

大網駅の構内をカメラ撮影出来るなんて、きっと‘空前絶後’の大事件である。そう考えると嬉しくなって‘人の少ないのをいいことに’撮影しまくったのである。その数、何と‘101枚’!

多分、今後こんな機会は二度とないに違いない。

大網駅と何の関係もない人にとっては‘退屈な’画像に違いないが、本日ここで写真を撮っている人を見かけなかったから、大網駅にとっても‘100年後’には‘貴重な’資料になるに違いない!

何かのイベントの写真はいくらかはあっても、何の変哲もない‘普通の写真’は、いくら探してもないものである!

そんな訳で‘退屈ではあるが貴重な’写真集をという気持ちで、2回に分けて掲載しておきたい!

「ああ、つまんない!」

と言わずに・・・・。

15:46大網駅発の特急列車が来た!

画像ー171 001-2
15:46発;特急(安房鴨川行き)

画像ー171 002-2
こんな時間帯には、誰も乗っていない! それでも走らせなければ、折り返しのお客が待っている!まるで、タクシーの帰り車のようでもある。

画像ー171 003-2
ご覧の通り、客はいない!

画像ー171 004-2
さあ、動き出した!(当然これには乗らない!)

画像ー171 005-2
下り特急列車の最後尾。

画像ー171 006-2
あちら側は、上りのホーム。

画像ー171 007-2
拡大。‘白里海岸’のCMが・・・。言わずと知れた‘白里海岸’とは‘九十九里海岸’のこと。だって、‘白’は、‘百’から‘一’を引いた‘九十九’なんだから・・・。

画像ー171 009-2
東金線の案内看板! 東金線については後述。

画像ー171 012-2
只今、15:48

画像ー171 013-2
そして、誰もいないプラットホーム!

画像ー171 014-2
下り方面もほとんど誰もいない!

画像ー171 017-2
オアシス!

画像ー171 018-2
15:48発の東京行き特急が、1分遅れで上りホームに入って来た!

画像ー171 019-2
停止直前!

画像ー171 020-2
‘for TOKYO’の文字が見える。

画像ー171 021-2
こちらは、下りホーム。

画像ー171 022-2
下りホームにもエレベータがある!

画像ー171 023-2


画像ー171 024-2
特急が出発した!

画像ー171 025-2

画像ー171 026-2

画像ー171 027-2

画像ー171 028-2

画像ー171 029-2

画像ー171 030-2

画像ー171 032-2

画像ー171 033-2

画像ー171 034-2

画像ー171 035-2

画像ー171 036-2

画像ー171 037-2

画像ー171 038-2

画像ー171 039-2

画像ー171 040-2

画像ー171 041-2

画像ー171 042-2

画像ー171 043-2

画像ー171 044-2

画像ー171 045-2

画像ー171 046-2

15:54発の下り快速が出ていた!

(つづく)
[2013/08/21 23:14] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
太陽光発電の課題(その2)
最近、次のCMを何回も見せられている!

http://taiyoko-hikaku5.com/contents/page/10
images (12)

太陽電池のエネルギー変換効率

太陽電池とは光のエネルギーを電気のエネルギーに変える働きを持っています。電池という言葉からは、乾電池のように電気を溜めておく機能(蓄電)を持っているように考えがちですが、一般住宅用の太陽電池には蓄電の機能はありません。

太陽電池は太陽光発電システムの中でも一番重要な部分です。太陽電池の品質が低いと思うような電気出力は得られません。光のエネルギーを効率的に電気のエネルギーに変えることができれば、1枚の太陽光パネルから得られる電気エネルギーは当然ながら大きくなります。

この意味では、太陽電池の電気エネルギー変換効率を高めることが最大の課題ということになります。太陽電池の性能を示す算式は次のような「光電変換効率の算式」としてあらわされます。

モジュールの変換効率=(モジュール公称最大出力W/モジュール面積㎡)/(1000W/㎡)
ただし、どんなに性能の良い太陽電池を作ったとしても変換効率は100%にはなりません。
現在市販されている太陽電池の変換効率は、10~20%程度です。

これにはいろいろな理由がありますが、太陽電池のセルの表面で入ってきた光の一部が反射したり、太陽電池の材料の内部抵抗(電気的抵抗)が働いて、その抵抗が一部は熱エネルギーに変わってしまうなどの理由が代表的なものです。

このような理由で、現在主流になっている代表的な太陽電池である単結晶シリコンの場合は、その変換効率の理論限界値は30%程度と考えられています。

しかしながら今後、あらたな電池の材料が開発され品質を向上させられれば、50%の変換効率も可能になると考えられています。まだ研究レベルではありますが、50%という数値が今後の太陽光発電システムの目指すところと言えるでしょう。


2011年12月07日号に「太陽光発電の課題(その1)(http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-13.html)」について、弊ブログで書かせて貰って1年8カ月近くも経ってしまった。

その間の技術の進歩は、多分速く、当時の技術(今実用化されている技術)を‘第1世代’と呼ぶなら、今や‘第4世代’だという!

第4世代の太陽電池
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20111014/199315/
日経エレクトロニクス2011年10月17日号太陽電池サバイバル

このグラフには、約2年前に‘第4世代’の太陽電池として紹介されている。しかし、上のグラフをよ~く見ると、‘第4世代太陽電池’の領域は‘破線’で囲ってあり、「実用化にはまだ課題が多い技術」という注意書きがついている!

ところが、ところがである!

ついつい最近今月(8月)に入ってから、私にも打ち合わせ参加の要請があり、何と

‘第4世代太陽電池’の実用化は、もう直ぐ!

という情報が飛び込んできた!

上図の‘第4世代太陽電池’の領域の‘破線’が‘実線’に変えられるというのである!

実は、この‘第4世代’の太陽電池の技術範疇は、相当広いらしく、幾通りもの方法があるらしい!?

兎に角、素晴らしい進歩である!

私が今までこの分野に約2年前から携わって来たのだが、それは、‘第1世代’の‘Si’を如何に安価に製造するか?というのが‘命題’だったのである!

2011年9月8日に、或る‘セミ学会’で私が発表させて戴いた資料の‘第1ページ’を以下に示す。

太陽光発電用シリコンの新製造技術と資源の確保について0001-2

<第2ページ以下には‘ノウハウ’が書かれているので、ここでは割愛>

という訳で、少なからず近々、その‘第4世代’の技術の全貌が明らかにされそうである。

こうなれば、一日も早く実用化が急がれる!

聞くところによると、‘変換効率’は、約30%で、第1世代の約10%に比べて、効率は、‘3倍’!

そして、何と‘製造コスト’が、大量生産すれば、第1世代の約1/3 になる可能性がある、というから、大雑把に言って

およそ‘10倍’の効果

が見込まれるという!

さて、その実態は???

(つづく)
[2013/08/20 12:20] | 技術の進歩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今の時期の田圃の風景と夕焼け
一昨日(2013年08月17日)、久し振りにいつもの‘田圃コース’の散歩に出かけた。

このところ暑さが続いていて、それに湿度も高かったから、一寸散歩は控えていた。

その2,3日前の散歩の時には、もう田圃の稲が、頭(こうべ)を低く垂れて、そろそろ稲刈りの時期になったと感じていたから、17日には、カメラを持って散歩に出かけた。

この辺りの稲刈りは、相当早くて8月中には終わってしまう。

勿論、我々が子供の頃とは、周辺技術の進歩と稲そのものの改良が進んでいるせいか、早く田植えをして早く刈り取るのが常識になって来てはいるのだが・・・。

もう50年も昔なのだが、その頃の九州・福岡県では、田植えは6月に入ってから、稲刈りは10月の半ば過ぎと決まっていたもんである。

8月中に刈り取ってしまえば、まだ‘熱気’は‘むんむん’だから、稲の方だって、「これで一生終わりたくない!」と思うかどうかは定かではないが、‘孫生え(ひこばえ)(蘖)’現象が起こって、もう一度稲穂を付けようとする!

昨年、この弊ブログでも何度も取り上げさせて戴いたからご存じの方も多いと思うが、今年もきっと‘孫生え’の当たり年に違いない!

ひこばえ(蘖/孫生え)
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-276.html

今から予測しておいても決して間違わないと思う!

ひこばえ(蘖/孫生え)問題は別として、田圃の稲を見るたびに想うのは、‘TPP問題におけるコメ’の位置付けのことである。

TPPでコメが例外とされずに関税撤廃になったとしても驚くことはないのではないか?!

だって、‘安かろう、悪かろう’では今の平均的な日本人は許さないから、結局は日本ではその商品は売れない!

したがって、農家は不安がることはない!

しかし、‘安かろう、良かろう(?)’というコメが、その対象となった場合を考えると、それは日本の農家が今迄‘過保護’にのうのうとしていた事の証で、それを国民全体が救う対象にしてはならない!

どの企業だって、どの商品だって海外企業・商品に打ち勝つための努力をしているのである!

農家だって、高値で良い商品を海外へ売りつける努力と共に、良い商品を安く生産する方法について努力すべきである!

農学専門の本間先生も‘いいチャンス’だとして、次のように指摘しておられる。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/2996?page=2
TPP コメも聖域にするな 「特区」で農政改革を
2013年07月22日(Mon)  本間正義 (東京大学大学院農学生命科学研究科教授)

――日本の農業にとって、交渉で聖域を認められないのは、やはり不利益となるのでしょうか。

 このような政治的、外交交渉的落としどころを、国内の農業団体などは批判するだろう。しかし、いまのあり方を維持し、構造改革を忌避し続けて、日本の農業に未来があるだろうか。

TPPは、関税の撤廃といった市場アクセスの分野だけでなく、様々な分野において経済活動の共通ルールを作ることができ、モノ・サービスの貿易自由化を超えてグローバル化を次のステージに進められる好機だ。この交渉参加によって日本はグローバル化の効果を最大限に手にする機会を得たと言える。

 それなのに交渉でコメなどの例外化を求め、その代償として自動車など日本が本来強い工業品目で他の参加国に譲歩する誘因を招くのは本末転倒だ。また、たとえ今回のTPP交渉参加で例外が認められたとしても、世界的な自由貿易協定の拡大・深化の動きは今後も変わらない。

 コメも例外措置とせず交渉テーブルに載せて、今回の交渉を、農地法を含めた抜本的な農業の構造改革に踏み出す契機とすべきである。



そんなことも考えながら、散歩に出たのであるが、今年は収穫までに、ここ関東地方は台風が来るでもなく、冷害にも会わずに済んだ!

大豊作である!

① 田圃までの道に蔓延る‘葛’

画像ー170 002-2
17:57出発!赤目川の土手。ここにも‘葛’の‘手先(?)’が・・・。

画像ー170 003-2
こんな風に・・・。

画像ー170 004-2
川岸の草の上に‘かぶさる’のが‘葛’の特徴!

画像ー170 005-2
対岸はもう葛しか見えない!

画像ー170 006-2
勿論、両岸とも・・

画像ー170 007-2
こちらの土手は、人通りが少ないため、この通り、葛をふんづけないと通れない!

② 田圃の稲の成長振り

画像ー170 008-2
いつもの散歩道、田圃が見えて来た。

画像ー170 009-2
もう刈り取ることが出来る程度に‘熟して’来ている!

画像ー170 011-2
ここが、‘定点観測’の位置。 田植え以降の成長振りは、別途。

画像ー170 012-2
望遠で拡大。

画像ー170 013-2
こちらも定点観測の‘方向’。

画像ー170 014-2
もうすっかり重くなっている。

画像ー170 017-2
拡大。今月中には刈り取られるだろうと思われる。

画像ー170 021-2
正に‘穀倉地帯’と言ってもいい!

画像ー170 028-2
ロケット発射の時刻!??

画像ー170 036-2
この一角は、もう刈り取られている!‘ひこばえ’第一号箇所になるのだろう。

画像ー170 039-2
ここは、一部だけ刈り取られている。

画像ー170 040-2
きっと明日刈り取られるに違いない。

画像ー170 043-2
この一角は、外のところよりも‘色づき’がいい。

画像ー170 044-2
散歩の人がいる。

画像ー170 045-2
この付近だけが、何故かなぎ倒されている! 昔、イギリスでは、‘UFO'騒ぎになったのもこんなことだった! でもあれは、きっと‘意図的’!

画像ー170 046-2
こちらは、犬連れの散歩。

画像ー170 047-2
トイメン側も! どうやら‘風’のいたずら・・・。

画像ー170 048-2
稲穂が、規則正しく‘頭(こうべ)’を垂れている。きっとこのお米は美味いに違いない!この辺の作柄は何というのだろうか?

③ ピーナッツ畑と月とたばこ畑

画像ー170 059-2
田圃の行き詰まったところにある‘ピーナツ畑’。これも青々としている!

画像ー170 060-2
上弦を2,3日過ぎた月が出ている!

画像ー170 063-2
望遠で拡大!

画像ー170 064-2
たばこ畑も収穫が進んでいる。

画像ー170 065-2
これだけが、何のために残されたのだろうか?

画像ー170 067-2
こちら側半分は、まだ収穫されていない。

画像ー170 070-2
これはまた‘ユニークな’木であるが、何と言う木かは知らないが、随分背丈の高い木である。

④ 夕焼け

画像ー170 071-2

画像ー170 076-2

画像ー170 077-2

画像ー170 080-2
東を振り返れば、‘月’が・・・。

画像ー170 081-2

画像ー170 086-2

画像ー170 087-2
散歩道も暗くなってきた!

画像ー170 088-2
これは、‘傑作’の一つである!  まるで‘オーロラ’見たい!・・・

画像ー170 090-2
雑木林と夕焼け!  この写真の‘右上’に注目すると・・・

画像ー170 090-3
実は、左右に‘黒い物体’が、一つずつ写っている!

画像ー170 090-4
更に、左の物体を拡大すると‘飛行機’であることが判る! 羽田空港への飛行機である。

画像ー170 090-5
右の物体は、カラスであることが判った。

画像ー170 099-2
このショットは、富士山観測(?)の定位置から。富士山は、今の季節は空気が澄んでないから見えない!

画像ー170 103-2
富士山が見える方角の望遠拡大。やはり富士山は見えない。

画像ー170 106-2
この正面も富士山観測の2つ目の定位置。やはり富士山は見えない!

18:41。出発が、17:57だったから、約45分間の田舎の田圃の散歩は、こうして終了!

(つづく)
[2013/08/19 23:29] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
世界陸上モスクワ:男子マラソン!
世界陸上モスクワ:男子マラソン!

女子マラソンでは、福士選手が見事‘銅’メダルに輝いた! この様子は、弊ブログでも書かせて貰った。

猛暑の世界陸上モスクワ!福士選手の‘銅’!そして、猛暑の茂原市!
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-621.html

‘銅’は、‘金’と‘同’じ、と書くから、金と同じである!



さて、今回の‘世界陸上・モスクワ’の男子マラソンには、日本から5名の選手が参加しているという。世界中からの参加者の数が‘70名’というのに・・・。

それだけに、日本は‘マラソン’に対する思いが強い。

マラソンだけに限らず、陸上競技には‘体重制’がない! 勿論、‘身長制’もない!

‘砲丸投げ’や‘ハンマー投げ’や‘槍投げ’に‘体重制’を用いたら、という意見はないのだろうか?

‘走る’という競技で、必ずしも‘身長’の高い選手が上位を占めることが無いというのも面白い現象である!

マラソンは、昔から日本の‘お家芸’だったと言ってもいい!

そんな訳で、初日の女子マラソで‘福士選手’が‘銅メダル’に輝いたことは素晴らしかったし、東京オリンピック招聘に大いに貢献できた筈である。

多分、そのこともあって、男子マラソンに、日本は5名もの選手を送り込んだのであろう!

そして、もう一つの関心事は‘市民マラソン’の代表者が、‘どれだけ健闘するか’にあった。

日本時間午後7時から‘マラソン’!

そんなTBSの‘CM’を見ていたので、午後7時には、TVの前に陣取った!

でも、なかなかマラソンは始まらない!

キャスターの織田君だって、「このあと直ぐ!」というだけ。

段々イライラが募って来た!

何時にマラソンが開始されるのか、TV画面にも出て来ないし、アナウンサーも言わなければ、キャスターも言わない!

なんて奴等だ! 観ている人の気持ちにもなれないのか? そんなに気付かない‘無神経な奴’ばかりなのだろうか?

TBSの幹部だって、TVを見ている人の気持ちが判らないのだろうか?

と、そう思い始めていたが、「なぁ~んだ!」とやっと気付いた!

TBS独占だから、それぞれの競技が凡そ何時頃から始まるかを‘意図的に隠して’いるのだ!

アナやキャスターにも‘緘口令’が敷かれていたのだろう!だって、誰一人何時頃から、とは言わずに「この後直ぐ!」だとか「今夜は見逃せない!」などとしか言わないし、テロップも出ない!

そうすれば、TV観戦者は、チャンネルを変えない!チャンネルを変えなければ‘視聴率’が上がる!視聴率が上がれば、CM代の値上げが出来る!

そんなTBS会社幹部の‘ケチな’発想に基づいた‘一般大衆’を馬鹿にした‘作戦’なのである、ということに気付いたのである!

もう随分大昔に、「或る調味料の会社が、‘振りかけるための穴’を大きくしたら、売り上げが2倍になった!」という、一般大衆を小馬鹿にした‘戦略’を堂々と自慢げに発表したことがあった。これこそ正に「一般大衆なんてどうなってもいい!我が社さえ儲かればそれでいい!これこそ資本主義だ!」という、本当の‘資本主義’を履き違えてしまった例であった。

これを今、50年も遅れて何処かの国が真似している!

そんな訳で、今後こんなケチなTV局は出来るだけ観ないことにした!

とうとう昨夜は、インターネットでマラソンの開始時刻を調べて、それが日本時刻で、20:30からと判ったためにそれまでは、TBSを別のチャンネルに切り替えた!

そんな訳で、TBSのTV画面をカメラで撮った写真を一枚だけ!

結果はもうみんな知っているから・・・。

画像ー170 292-3

(つづく)
[2013/08/18 23:48] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
‘ジャンボタニシ’の卵
‘ジャンボタニシ’の卵と孵化、そして‘エスカルゴ’と‘ジャンボタニシ’の違いは?

もう15年も前のことになるが、沖縄で‘うなぎの養殖’PJに参加したことがある!

当時も既に日本人の口に合う‘うなぎの稚魚’である‘ジャポニカシラス’の捕獲量が減っていて、今ほどではなかったが、一匹約100~150円程もした。

うなぎの生産コストを下げるには、徹底した生産管理が必要である。工程の無駄を省くことが必要であることは勿論、燃料費の節減が大きな目標の一つだった!

うなぎの稚魚を育てる適切な水温は、~26℃であると言われている。

ご承知の通り、水の比熱は、そん所そこらの物質の中では最も大きい。そんな訳で、水の比熱を基準にして‘比熱’が決められている。比熱とは、その物質1gの温度を1℃上げるのに必要な熱量を水のそれと比較した値である。

水の比熱が最も大きいということは、水の温度を上げるのに一番大きな熱量が必要であることを意味している。

うなぎの養殖のために水の温度を上昇させる熱量は、沖縄であると燃料費が安くなり、その浮いた分で本土にうなぎを運ぶ運賃が賄えて余りある。

また、うなぎの養殖には水にカルシウム(Ca)の量が多い程良い。沖縄はサンゴ礁の島が多い。沖縄本島も南半分は川の水にCaが多い。

そんな訳で、沖縄本島を北から南まで、川という川のCa分を測定して回った。

その時、見つけたのが‘エスカルゴの卵’と現地の人が言っていたピンク色した‘卵’だった。

それとそっくりな‘卵’を、ここ千葉県・茂原市・千沢の田圃で見つけた!

画像ー163 053-2

画像ー163 053-3

画像ー163 054-2

画像ー163 056-2

画像ー163 095-2

WEBで調査した結果、これは、ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)である!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A
F%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%82%AC%E3%82%A4

和名:スクミリンゴガイ、ジャンボタニシ

スクミリンゴガイ(学名 Pomacea canaliculata)は、リンゴガイ科(リンゴガイ、アップルスネイル)の1種の淡水棲大型巻貝である。
東アジア・東南アジア各地でイネの害虫となっている外来種である。世界の侵略的外来種ワースト100リスト選定種の1種である。
日本では「ジャンボタニシ」と呼ばれ、かつてはタニシと同じタニシ上科 Viviparoidea に分類されていた。しかし現在の分類では別上科で、暫定的に同目とされているが新生腹足類内で近縁な関係にはなく[1]、非常に疎遠である。

概要[編集]

南アメリカ ラプラタ川流域原産だが、食用として1981年に台湾から長崎県と和歌山県に持ち込まれたのが日本への最初の流入であり、83年には養殖場が35都道府県の500カ所にものぼった[2]。しかし、需要が上がらず、採算が取れないため廃棄された。84年に有害動物に指定されたが、廃棄されたり養殖場から逸出したものが野生化し、分布を広げている。この経過は、アフリカマイマイの場合と共通している。
水田に生息しイネを食害することがあり、問題視される。生息地では、用水路やイネなどに産みつけられる卵の非常に鮮やかなピンク色がよく目だつのですぐ分かる。水路の壁一面に卵が張り付く事もあり、美観上の問題となっている場所もある。

除草の利用[編集]

水田の除草手段としてスクミリンゴガイを利用しようという動きもある。これには均平な代かきと微妙な水管理が必要である。方法は、稲苗が標的となる田植え直後に、水張りをゼロにしてスクミリンゴガイを眠らせる。その後、1日1mmで水深を上げ、雑草の芽を食べさせる。10日後にいっきに5cmの深さにする。こうすれば、株元が固くなった稲よりも、生えてくる雑草を好んで食べてくれるので、除草剤なしで栽培が可能であるという。

食用[編集]

スクミリンゴガイは体内に、広東住血線虫等の寄生虫を宿していることがある。 十分に加熱せず食した場合、寄生虫が人体に感染し、死に至ることもあるので注意が必要である。

駆除方法[編集]

天敵として、カルガモやスッポン、コイなどが知られている。大量に発生した地域では、スッポンの大量放流による駆除が行われている[3]。しかしこれらの駆除の為に放流した天敵を食用に捕らえる人間もおり、問題となっている[4]。
鮮烈なピンク色の卵には苦味があり、原産地の南アメリカですら捕食する天敵がほとんどいない。よってそのほとんどが幼貝へと無事に孵化し、それゆえ本種が爆発的に個体数を増やしているという指摘もある。だがこの卵は水中では孵化できない(卵がイネの株や水路の壁のような濡れない場所に産み付けられるのはそれゆえである)。よって、卵塊を見つけ次第水の中へ掻き落すのは個体数を減らすのに有効な駆除方法である。

飼育[編集]

アクアリウム市場でスクミリンゴガイの黄変種は、ゴールデンアップルスネールの商品名で流通している。水槽内のコケ取りタンクメイトとして飼育されるが、本来イネを食害する草食性の害虫であるように、水草水槽で飼育すると水草が食害にあう。淡水で繁殖するため、水槽内で数が増えすぎる被害も発生する。

種同定[編集]

日本にはリンゴガイ属 Pomacea のうちスクミリンゴガイとラプラタリンゴガイ Pomacea insularum が生息するが、これらは形態では区別が困難である。
アジアに移入された種はかつてラプラタリンゴガイとされてきたが、1986年、日本産の種はスクミリンゴガイと同定された。しかし遺伝子を調べると、いくつかの県でラプラタリンゴガイも発見された[5]。
アジアに主に生息するのはスクミリンゴガイであるが、ラプラタリンゴガイ、Pomacea diffusa、Pomacea scalaris も発見されている。


スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)の孵化

ジャンボタニシの孵化
http://matabola.blog63.fc2.com/blog-entry-653.html

ジャンボ谷氏の孵化ー2
http://matabola.blog63.fc2.com/blog-entry-653.html

なんと、当然のことながら、この卵から直接‘ジャンボタニシ’の赤ちゃんが誕生する証拠写真を見つけることが出来た!

長年の疑問が、インターネットのお蔭で、また一つ払拭出来た!

<エスカルゴについて>

この件については、次回!

(つづく)
[2013/08/17 23:56] | 学習と文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
猿滑り・百日紅・紫薇花
猿滑り・百日紅・紫薇花、いずれも‘さるすべり’と読む。最初に‘猿滑り’とあるから、他も‘さるすべり’と読むのだろうと何となく思われるが、‘紫薇花’の文字だけ出されると‘さるすべり’とはとても思えない!

今年は、我が家の‘さるすべり’は、どうやら遅咲きのようで、二本のさるすべりがあるが今日になって、やっと一本のさるすべりに花が咲いているのに気付いた!

画像ー169 098-2
この木なのであるが、こちらの角度からでは花は見えない! だから気付くのが遅れたのだが・・・

画像ー169-2
家の中から見ると、確かに咲いている!

画像ー169 089-2
ただし、この箇所と、

画像ー169 090-2
この箇所だけ!

画像ー169 092-2
空に近い(?)箇所は、まだ蕾ばかり!

画像ー169 092-5
でも、後の文献にあるように、100日間咲き換え咲き換え咲いて呉れるというから、11月の中頃まで楽しめるというもんだ!

画像ー169 095-2
流石に‘猿滑り’!幹に皮が無い!

http://www.shorinzenji.com/%E5%B0%91%E6%9E%97%E5%A
F%BA%E3%81%AE%E5%9B%9B%E5%AD%A3/

<サルスベリ>
開花時期 6月~9月頃
長い間(100日間)紅色の花が咲いていることから百日紅(さるすべり)というのが由来。
すべすべした触感の樹皮が表面に現れている。
猿が登ろうとしても滑ってしまうことから猿滑と表記されることもある。
実際には、一度咲いた枝先から再度芽が出てきて花をつけるため、咲き続けているように見える。


sarusuberi.jpg
百日紅の花 http://pcweb.hobby-web.net/7107/77091.html

‘紫薇花’については?


『紫薇』(北宋)陶弼(七言絶句)

img_1410682_68379233_3.jpg

●書き下し文:

 題:「紫薇(しび)」

人は言う清禁(しんきん)紫微(しび)の郎(ろう)

草は詔(つ)ぐ紫薇(しび)の花影(かえい)の傍(かたわら)

山木(さんぼく)は官況(かんきょう)の別(べつ)を知らず

也(また)紅日(こうじつ)に随いて東廊(とうろう)を上(のぼ)る

●現代語訳:

題:「紫薇(しび)の花を漢詩に詠みました」

人々は静かで厳粛な帝王の宮殿の
紫微(しび: 百日紅(サルスベリ)のこと)の花の咲く
中書省(ちゅうしょしょう)で宿直の任に当たっていて、

詔勅の草案は宮中に咲く紫薇(しび)の花の影のそばで作られています。

山の木々は官僚の遠い任地に向かう厳しい日々を知ることはありません。
それなのに、

この良き日に従って、山の木々が東の廊下で生長していくのがわかります。

●語注:

※紫薇(しび): 百日紅(さるすべり)のことです。
 昔は紫薇は中書省(ちゅうしょしょう)という詔勅をつかさどる
 役所に咲いていた花ですので、官僚達を指す言葉でもあります。
 ちなみに「紫薇郞(しびろう)」はこの場合、宮中で宿直の任に当たる
 役人を指します。

※清禁(しんきん): 帝王の宮殿の、静かで厳粛な様子を示します。

※郎(ろう): 男、官僚を指して言います。

※草詔(そうしょう、くさはつぐ): 詔勅の草案を作ることです。
 これをもとに皇帝が最終的な判断を下すことを、
 視草(しそう)と言います。訓読は対句のためにそうしています。

※花影(かえい):花の影のことです・

※官況(かんきょう): 官僚としての日々の暮らしを指します。
  「官況の別」とありますから、遠くの任地までの別れを指しています。

※也(また): 「また」という意味です。

※紅日(こうじつ): 「好日(こうじつ)」良い日のことです。

※東廊(とうろう): 東の廊下のことです。

●解説:

北宋の詩人の陶弼(とうひつ)の、「紫薇(しび)」という漢詩です。
紫薇は百日紅(サルスベリ)のことで、

昔は詔勅をつかさどる中書省(ちゅうしょしょう)の庭に咲いていましたので、
官僚達を指す花でもあります。

この漢詩では詔勅で遠い任地に向かう同僚達との別れを惜しむ詩になっています。

後の時代には何人もの筆写や模倣がされていますので、その中では、
「官況(かんきょう)の味」となっているものがありました。

この場合、任地で美味しい思いをしたり、
任地で苦い思いをしていることを指します。


‘紫薇’は、紫薇垣(しびえん)の略で、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB%E5%BE%AE%E5%9E%A3
紫微垣(しびえん)とは、古代中国天文学において天球上を3区画に分けた三垣の中垣。天の北極を中心とした広い天区。あるいはその主体となった星官(星座)のことを指す場合もある。「紫微」「紫微宮(しびきゅう)」「紫宮(しきゅう)」「紫垣(しえん)」ともいい、天帝の在所とされたため、転じて皇宮、朝廷の異称ともなった。「紫禁城」の「紫」もこれに基づく。


では、これで終わりと思ったが、‘紫’が気になりだした!

紫式部もそうだし、高貴な色としてこの‘紫’という印象がある!

昔、小学生の時、‘この木’は、‘しば(柴)’。‘この糸’は、‘むらさき(紫)’と覚えたもんである!

では何故、‘紫’が高貴な色なのか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB
紫(むらさき)[編集]

「紫」はもともとムラサキ(紫草)という植物の名前であり、この植物の根(紫根)を染料にしたことから、これにより染色された色も「紫」と呼ぶようになった。この名称自体は、ムラサキが群生する植物であるため、『群(むら)』+『咲き』と呼ばれるようになったとされる[1]。古来この色は気品の高く神秘的な色と見られた。また紫草の栽培が当時の技術では困難だったために珍重され、古代中国(漢代以降 - 時代が下ると黄色に変った)、律令時代の日本などでは、紫は高位を表す色とされ、主に皇族やそれに連なる者にしか使用を許されなかった。
『枕草子』の冒頭、「少し明りてむらさきだちたる雲の細くたなびきたる」という箇所は『紫色の雲』という意味と、『群がって咲く(ムラサキの)花のような』という両方の意味があるともされる。なお、ムラサキの花は白色である。

パープル (purple)[編集]

「紫色」の英語に相当する語句が"purple"である。もともとこの単語は、巻貝の一種"purpura"(ラテン語、プールプラ)に由来する。この巻貝の出す分泌液が染色の原料とされ、結果としてできた色もpurpuraと呼ばれた。この染色法を発明したのは現代のイスラエルやレバノンの地域に住んでいた古代のカナーン人であるといわれる。巻貝1個から出る分泌液はわずかであったため、この染色布が貴重なものであり、ローマ帝国の頃より西洋では高貴な身分の者が身に着けていた。この染色によって彩られた紫は若干赤みがかっていたようである。詳しくは貝紫色を参照。
また、英語の"purple"は、紅みがかった紫を指す語で、日本で言う所の京紫である。また、"purple"は、紫と紅の両義を含める場合がある。例えば、怒って顔を紅くする様相を、英語では"turn purple with rage"と表現する。細菌学においても、 "purple" は「紫」ではなく "red"(紅)を指す。紅色細菌 (purple bacteria) などの例がある。

バイオレット (violet)[編集]

「紫色」を指すことがあり、しばしばパープル (purple) に代わって、基本色としての紫を指す単語として使われる。なお、アイザック・ニュートンの定義による虹の7色のうち、最も短波長側の色である紫は英語では"violet"であり、"purple"ではない。この"violet"は本来スミレを意味する単語であり、菫色(すみれいろ)と訳すのが正確である。パープルは赤味の強い紫(マゼンタ)なのに対し、バイオレットは青味の強い紫であり、日本語の江戸紫に似ている。



‘さるすべり’にこんな深い訳があろうとは!

(つづく)
[2013/08/16 23:36] | 学習と文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
8月15日は、・・・
8月15日は、戦前生まれの我々にとっては、やはり特別の日である!

‘終戦’と言う言い方を今こそするが、当時は日本が初めて戦争に負けた‘大事件’だったために、‘敗戦’としか言わなかったように思う。

私は、昭和14年(1939年)7月3日生まれだから、終戦の時昭和20年(1945年)8月15日には、満6歳になっていた。

勿論、戦争の思い出は、普通の人並みに沢山ある!

 B29が、夜上空を北九州市八幡区(当時は、八幡市)方面へ向かう(機首は、北に向いていた)途中に高射砲に撃たれて煙を吐きながら墜落するところを庭に造ってあった防空壕の上に上がって見た記憶がある!(近年になって調査し直してみると、高射砲ではなく日本軍の戦闘機が撃墜した、という記録が残っている)

b-29 (1)
B-29 http://www.worldwartwo.estranky.cz/clanky/lietadla/b-29-superfortess.html

http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-109.html
B29‐#42-24864
http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/B29-42-24864.html
墜落日時
1945年3月27日

墜落位置 福岡県鞍手郡植木町中島橋(現・直方市植木町)
所属 第20空軍第313爆撃団第504爆撃群第398爆撃隊
攻撃目標 関門海峡
墜落原因            戦闘機(陸軍飛行第四戦隊西尾半之進准尉?)?
機体ニックネーム   

搭乗員

機内配置 氏名 階級 認識番号 生死
機長 BROWEN, John A. 中尉 0-825755   X
副操縦士
ANDREW, Albert H.

少尉 0-539656    
航法士 FINTEL, Harlund R. 少尉 0-2058448   X   
爆撃手 LOVE, Baxter A. Jr. 少尉 0-929701   X
機関士 HENLEY, Fiske 少尉 0-8170016    
中央火器管制 ANDERSON, Charles A. 軍曹 11981991   X
左銃手 GRIFFITH, James E. 軍曹 13158310   X
右銃手 DENLAVOY, Richard E. 軍曹 13180907   X
尾部銃手 FRANCESLON, Albert L. 軍曹 12207049   X

  初めての対日機雷作戦として、関門海峡に102機が出撃、3機未帰還となった。42-24864は、機雷敷設後八幡上空を南下、直方上空で急旋回、中島橋下流200メートルの遠賀川に墜落した。(陸軍飛行第四戦隊西尾半之進准尉操縦の堵竜によるものか)

Andrew少尉とHenley少尉は飯塚憲兵分隊経由西部軍管区司令部に送致。ついで東京防衛総司令部に送られ、東京俘虜収容所本所に転収された。


この3月27日の翌日、私は祖父の自転車に乗せられて、遠賀川の墜落現場を見に行った。遠賀川の河川敷と川の境目に機内が見えるくらいにぱっくりと口を開けた状態でB29が横たわっていた。遠賀川の堤防には大勢の人が現場を見に来ていて、大人達の会話の中で「釣り道具が積んであって、不時着した時の食糧確保のために違いない」という話を聞いた記憶が残っている。


② 配給制度と食料の買い出し

haikyuuseido.jpg
http://blog.goo.ne.jp/hkanda_1933/e/facb8df71c0f0aaed9844fbc15fabf7c

07 (1)
http://www.com-support.co.jp/war_and_peace/
after_johoku-daikusyu/index3.html

私は、まだ小学校に上がる前だったから、よくお袋に連れられて買い出しに行った!

③ 灯火管制

灯火管制
http://hanamaru-toyohashi.seesaa.net/article/22143315.html
「あなたのところ、まだ灯りが洩れてますよ!」という言葉が今でも耳に残っている!戦後は、‘ローソク送電’といって100Vではなく多分20~30Vでの送電が行なわれていた。電化製品などはなかったから、ただ、電燈が‘ローソク’の明かり位に暗くなるだけである。こんな上手い節電のやり方、誰が考え出したのだろうか?勿論、今では電化製品が多いから、この方法は使えないのだが・・・。

④ 防空壕

boukuugou
http://blogs.yahoo.co.jp/bncfm880/25687973.html
我が家にあった‘防空壕’は、これに似ていた。ただし、入口は‘木枠’であったが・・・。こんな防空壕の上から、B-29の撃墜を見たのである!

⑤ 防火訓練と鳶口

boukakunnrenn
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1101070007/

23.jpg
http://homepage2.nifty.com/hiroshimaaozora/oono2.htm
上図の真ん中にある、正に‘鳶の嘴’の格好をしたのが‘鳶口’である。火災の時に‘延焼’を防ぐために燃えている個所を‘崩し落とす’道具である!

⑥ 竹槍

takeyarikunren.jpg
http://www.daitouryu.net/1148867075367/
本当にこんな訓練が全国津津裏裏で行なわれていたのである!

まだまだ沢山の思い出があるが、もう想い出すのも嫌である!

近年、北朝鮮の近況が報じられるが、一言で言えば「当時の日本は、今の北朝鮮よりも‘酷かった’!」

こんな思いは、まだ6歳の少年でも未だに消えずに持っている。さぞかし、当時大人だった人達には、我々以上に‘辛い想い出’として残っているに相違ない!

‘戦争’は何も産み出さない! 戦争で‘技術が進む!’などとその行く末が‘原発’だったりすることも弁えない人がいる!そんな知ったかぶりは、止めて頂きたい!

そんなことでしか‘技術の進歩’がないのなら、技術なんて進歩しない方がいい!

今年の8月15日は、どうやら無事に終わった!

(つづく)
[2013/08/15 23:09] | 戦争の記憶 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
お盆とお墓の清掃
お盆については、昨日(2013年08月13日)の弊ブログで‘触り’とその意義について述べた。

今日は、‘お墓の清掃’についてである。

私は、次男であるため‘自分のお墓は自分で創る’という事を何となく思っていた。

偶然が重なって、もう20年も前に‘自分のお墓’を持つようになった。その経緯は別の機会に譲るとして、千葉県・松戸市にある‘八柱霊園’にある。

image21.jpg
http://www2.ocn.ne.jp/~tsutaya/sub2-2.htm

上図の‘27’区画の一番右の区画が、我が家のお墓がある場所である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9
%83%BD%E7%AB%8B%E5%85%AB%E6%9F%B1%E9%9C%8A%E5%9C%92

東京都立八柱霊園(とうきょうとりつやはしられいえん)は、千葉県松戸市田中新田にある東京都立の霊園。

概要[編集]

本霊園は1935年(昭和10年)に東京市が東方墓地として開設した。都市計画法に基づく都市施設名称は、東京都市計画墓園第5号八柱墓園として、東京都市計画区域外ながらも1944年に都市計画決定されている。面積は105ヘクタール(約1平方キロメートル)東京ドーム約20個分の面積に相当する。
周辺一帯は起伏に富んだ地形となっており、霊園も小高い丘とその谷間に造られている。なだらかな丘は芝生でおおわれ、谷間にはフランス風の幾何学模様の庭園がある。 700mの参道の両側にはケヤキ並木を有し、長方形の敷地の半分が墓所、残りは園路、植え込み地、広場などになっている。ほかに宝塔形の給水塔や噴水などがあり美しい景観を誇る。
近隣住民の遠足やウォーキングコースとして人気があり、都内近郊の公園としても親しまれている。
都立霊園は通常、申込時に一定要件を満たした東京都在住者に利用が限られるが、この霊園については立地に対する配慮として松戸市民に対しても利用枠が割り当てられている。園内には西條八十、嘉納治五郎、松山恵子などといった著名人の墓もある。

歴史[編集]

1935年(昭和10年)7月 - 東京市営の霊園として当時の千葉県東葛飾郡八柱村に設立。
1943年(昭和18年)7月 - 都制施行により東京市営霊園が東京都に引き継がれる。

埋葬されている主な著名人[編集]

嘉納治五郎(柔道家)
千葉さな子(千葉定吉の二女)[1]
レオニード・クロイツァー(ピアニスト・指揮者)
大村能章(作曲家)
山之口貘(詩人)
西條八十(詩人)
土門拳(写真家)
松山恵子(演歌歌手)


お墓の清掃のため、2013年08月14日、12:30頃、女性3名、男性4名合計7名の清掃班が到着した!

ohaka-2.jpg

この木の成長は早く、半年来ないと凄くデッカクなっている!

枝葉が、お隣さんの‘空間’に食み出してしまっている。これじゃあ、お隣さんは、不愉快に違いない!

ohaka-3_201308151636271e8.jpg

早速、枝葉の刈り取りから・・・。

ohaka-4.jpg
花立て洗って水を汲んで来る人、枝葉を刈る人、記録を残す人(この人が一番楽?)皆が一斉に動き始めた!

ohaka-5.jpg

画像ー168 060-2

画像ー168 062-2

画像ー168 063-2

ここでよそ様の様子を一寸覗いてみると・・・

まだ掃除にお出でになっていないところは、雑草が伸びている!

画像ー168 070-2

画像ー168 080-2

画像ー168 073-2

一方、綺麗に掃除がされているお墓もある!

画像ー168 071-2

画像ー168 079-2

うちも負けてはおれない!

画像ー168 074-2
スマホで温度を聞くと「‘37℃’です」と言う! 暑い暑い!

画像ー168 076-2
それでも段々綺麗になってきた!

ohaka-6.jpg
お隣様との境界線が重要!

画像ー168 078-2
何回も‘ハサミ’で繰り返し切って行くと、手の感覚が無くなって来る!

画像ー168 081-2
これは最後に、お墓の前に敷く‘石板材’!

画像ー168 083-2
この‘のこぎり’は、休憩中!

画像ー168 084-2

画像ー168 086-2

画像ー168 087-2

画像ー168 088-2

画像ー168 089-2
こんなゴミの集積場所を今年やっと創って呉れた!

画像ー168 090-2

画像ー168 091-2

この八柱霊園のお墓の創り方は色々あって、この一帯は我々のお墓とは違う創りとなっている。

画像ー168 093-2

画像ー168 092-2

さあ、段々終盤に差し掛かって来た・・・・

画像ー168 097-2

画像ー168 098-2
この‘魂’の宣言がいい!

画像ー168 099-2
境界線のところも上手く行きそうで・・・

画像ー168 100-2

画像ー168 102-2

画像ー168 103-2

中2の孫の腕は‘汗だく’!

画像ー168 103-3

画像ー168 105-2
高1の孫の背中も‘汗だく’!

こちらはすっかり涼しくなったようで・・・

画像ー168 107-2

画像ー168 110-2

画像ー168 111-2

画像ー168 113-2

画像ー168 114-2
凍っていた飲み物も、50℃以上の御影石の上では、直ぐに解凍!

115.jpg
境界線も完成!

画像ー168 118-2
お墓の前に石の板材を敷いて・・・

画像ー168 120-2

画像ー168 121-2
この水子地蔵さんの前もすっかり涼しくなった!

画像ー168 126-2

画像ー168 127-2

画像ー168 128-2

画像ー168 132-2

お花を生けて、線香を焚けば、これで清掃の終わり!

ohaka-10.jpg

ohaka-9.jpg

今度は暮れに参上します!

(つづく)
[2013/08/14 23:47] | 先祖供養 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
8月13日
一般的には、8月13日を‘お盆の入り’という。

例に漏れず、我が家でも子供達が家族を連れて帰って来てくれるから、大いに楽しい!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E7%9B%86
お盆(おぼん)は、太陰太陽暦である和暦(天保暦など旧暦という)の7月15日を中心に日本で行なわれる、祖先の霊を祀る一連の行事。
一般に仏教の行事と認識されているが、仏教の教義で説明できない部分も多い。古神道における先祖供養の儀式や神事を、江戸幕府が庶民に強いた檀家制度により仏教式で行う事も強制し、仏教行事の「盂蘭盆」(うらぼん)が習合して現在の形が出来たとされる[1]。

由来[編集]

仏教用語の「盂蘭盆」の省略形として「盆」(一般に「お盆」)と呼ばれる。盆とは文字どおり、本来は霊に対する供物を置く容器を意味するため、供物を供え祀られる精霊の呼称となり、盂蘭盆と混同されて習合したともいう説もある。現在でも精霊をボンサマと呼ぶ地域がある。

盆の明確な起源は分かっていないが、1年に2度、初春と初秋の満月の日に祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流する行事があった(1年が前半年と後半年の2年になっていた名残との説がある)が、初春のものが祖霊の年神として神格を強調されて正月の祭となり、初秋のものが盂蘭盆と習合して、仏教の行事として行なわれるようになったといわれている。日本では8世紀ごろには、夏に祖先供養を行うという風習が確立されたと考えられている。地方や、佛教の宗派により行事の形態は異なる。
また、お盆時期の地蔵菩薩の法会は「地蔵盆」と呼ばれ、(天道)大日如来のお盆は大日盆といわれる。
お盆は成句(イディオム)して使われることもある。「盆暮れ(ぼんくれ)」などと時季を指す言葉としての使用や、「盆と正月が一緒に来たよう」という"とても忙しいこと"または"喜ばしいことが重なること"のたとえ(慣用句)としての使用がそれである。



画像ー168 016-2
久し振りに玄関の靴脱ぎが一杯になった! 孫たちの靴が一番大きい!

画像ー168 013-2
駐車場も満杯!

画像ー168 005-3
やはり田舎! 命尽きた昆虫にはもう蟻がたかっている!

画像ー168 006-2
駐車場の奥には、小川がある。その‘岸壁’には・・・

画像ー168 007-2
‘カニ’がいる!

画像ー168 007-3
拡大!

画像ー168 010-2
対岸にも・・・

画像ー168 010-3
今年産まれたばかりのカニも・・・。

画像ー168 018-2
二人の孫(高1と中2)が寝ている!

画像ー168 026-2
高1の足は、28cm!

画像ー168 025-2
中2は、26cm!

画像ー168 023-2
玄関先に来た‘メスのカブト虫’!

画像ー168 017-2
明日のお墓参りの‘花’も既に買ってある!

久し振りの‘大勢での乾杯’の味は、また格別だった!

(つづく)
[2013/08/13 22:17] | 先祖供養 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
世界陸上モスクワでの期待!:‘男子100m’
世界陸上モスクワでの期待!:‘男子100m’

今年(2013年)の‘世界陸上モスクワ’で、日本人が最も関心を寄せたのは、‘100m’の桐生君が、U・ボルトと共に決勝へ出て、10秒を切るかどうか?!であったに違いない!

残念ながら、その夢は、予選で潰え去った!

もう一人の‘100m’走者の山縣選手も予選で桐生選手と同様第4位となって、残りの3人のタイム順位にも入らず準決勝行きを逃してしまった!

でもこの二人は、‘面構え’も‘度胸’もこれまでの‘100m’選手にはなかった‘自信’を漲らせている!

特に、桐生君のの場合、‘17歳’という若さとは思えないほどの‘クソ度胸’の持ち主であり、あっけらかんとした性格も‘才能の内’とでも言いたさそうな雰囲気があって、今後の短距離界のホープといえよう!

では、彼らの映像を!

(以後の全ての画像は、TBS・TVの放映映像をカメラで撮影したものである)

<1> 桐生祥秀選手

画像ー167 195-2
彼は、真ん中を走る! 水泳の場合はご承知の通り、真ん中は、最も良い結果を出した選手なのだが・・。

画像ー167 196-2
これまでの世界記録は、9”58というからやはりもの凄~い!彼は、10”01だから、43の違いがある。1”で約10m走るとしたら、43は4.3mである。世界新を持つ‘ボルト’と走っても、4mくらいしか離されない計算である!やはり凄い!

画像ー167 197-2

画像ー167 200-2

画像ー167 203-2

画像ー167 204-2
いやいや、とても17歳とは思えない落ち着いた表情である!

画像ー167 210-2

画像ー167 215-2

画像ー167 221-2

画像ー167 226-2

画像ー167 227-2
さあ、スタート!

画像ー167 228-2

画像ー167 229-2

画像ー167 230-2

画像ー167 231-2

画像ー167 232-2
スタートから、1.4秒の時点では‘第1位’かも? 転んだ選手もいる!

画像ー167 233-2

画像ー167 234-2
スタートから、7秒の時点では、‘第3位’!??

画像ー167 235-2
この‘計測値’、つまりスタートからの期間が、間違っている!このままのタイムだとすると、全員が9”9以上のいいタイムを出したことになる!

もう一度、再現して見ると・・・

画像ー167 241-2

画像ー167 242-2

画像ー167 243-2

画像ー167 244-2

画像ー167 245-2

画像ー167 246-2

画像ー167 247-2

画像ー167 248-2

画像ー167 248-3
この映像からは、やはり‘第4位’?? でもタイム的には1/100差!

画像ー167 249-2

画像ー167 250-2
為末さんも残念そう!

画像ー167 253-2
でもご本人は、清々しい顔をしている。 やはり、これは‘大物’だ!

画像ー167 262-2
残念ながら、第4位で、準決勝進出ならず!




<2> 山縣亮太選手

こちらは、U・ボルト選手と一緒に走るという‘幸運’に恵まれた!

画像ー167 317-2

画像ー167 318-2

画像ー167 319-2

画像ー167 320-2

画像ー167 323-2
山縣選手自身も素晴らしい性格で、イケメン俳優も顔負けのクールな顔立ちの早稲田大学の現役学生だという。

画像ー167 325-2
ボルトも前回の世界陸上では決勝戦で‘フライング’を起こし、失格となっているだけに‘慎重’のようである!

さて、いよいよスタート! 今回はフライング失格は認められない!

画像ー167 326-2

画像ー167 327-2

画像ー167 328-2

画像ー167 329-2

画像ー167 332-2

画像ー167 335-2

画像ー167 337-2

画像ー167 338-2

画像ー167 339-2

画像ー167 340-2

画像ー167 344-2

画像ー167 347-2

もう一度確認のための画像を!

画像ー167 349-2

画像ー167 350-2

画像ー167 351-2

画像ー167 351-3
これではっきりした!捲土重来を期して!

画像ー167 359-2

画像ー167 363-2

山縣選手は、10”21で、わずか1/100秒差で予選落ちとなった!

しかし、この二人の実力は、きっと今後或る場所でのメモリアルレースに結び付くものと大いに期待出来る!

(つづく)
[2013/08/12 23:33] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
猛暑の世界陸上モスクワ!福士選手の‘銅’!そして、猛暑の茂原市!
世界陸上モスクワが開幕した!

2826.jpg
http://www.bs-tbs.co.jp/sports/SPT1301600/
今年も、‘世界陸上’の中継は、‘TBS’が独占放送権を獲得したという。

どうやら、モスクワも猛暑らしい!
モスクワの今頃の平均気温は、最高でも25℃前後(?)だそうだが、ナント今年は5℃以上も高いらしい!?

日本も異常気象が続いている!

やっぱり平年より5℃前後高いように思われる。

我々が住んでいる、千葉県茂原市が今日(8月11日)、‘39.9℃’を示したという!

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/201308
11-OYT1T00341.htm?from=ylist

また大台…甲府40・6度、四万十40・4度

日本列島は11日も、太平洋高気圧が張り出した影響で各地で気温が上昇している。


 気象庁によると、前日に40・7度を観測した甲府市では、午後2時37分に40・6度を記録。高知県四万十市も午後1時35分に40・4度まで気温が上がるなど、両市は2日連続で40度以上を観測した。

 このほか、午後5時までの最高気温は、千葉県茂原市が39・9度、浜松市で39・8度などとなっている。

 午後4時現在、全国927ある観測地点のうち、295地点で35度以上の「猛暑日」となっている。

 同庁では宮城県から沖縄県までのほとんどの都府県に高温注意情報を発表し、熱中症対策を取るよう呼びかけている。

(2013年8月11日17時40分 読売新聞)


私のスマホも私の問いかけ「今日の最高気温何度ですか?」に次のように答えてくれた!

画像ー167 367-2

画像ー167 367-3

最高気温は‘40℃’だという!

これはもう尋常ではない!


さてさて、今日(2013年08月11日・日本時間)が初日めのモスクワの世界陸上は?

① 大会初日に‘女子マラソン’

② 大会初日に‘男子100m予選’

③ 大会初日に‘男子ハンマー投げ予選’

という日本期待の‘話題性の多い’種目が目白押しである!

モスクワと日本の時差は、5時間

従って、マラソンの開始時刻は、モスクワ現地時刻14:00は、日本時刻では、19:00である。

‘時間’と‘時刻’を使い分けしない人が居るが、どうも戴けない!‘時間’とは正に‘時と時の間’で‘時の長さ’を表しているのだから、

「午前7時という時間には、人通りが少ない!」

などというレポーターがよくいるが‘失格!’である。それを言うなら、

「午前7時という時刻には、・・・・」

か、又は

「午前7時頃という‘時間帯’には、・・・」

というべきである!

また、話は横道にそれたが、モスクワの女子マラソンの出発‘時刻’の気温は30℃を越しているという!

マラソンに30℃はないだろう! そうは思っても、これはもう何か月も前から決まっていたことだから致し方が無い! アフリカ勢には‘俄然’有利に働くに違いない!

マラソン選手は、‘高地’の大会の場合には、それに備えて‘高地でのトレーニング’が欠かせないという。更に‘高温場所’でのトレーニングも必要となれば、選手は大会の前に消耗してしまって、大会どころでは無くなってくるに違いない!

そんなことを想いながら、女子マラソンを拝見させて貰った。

前評判では、‘野口みずき’選手が‘金’かも?ということだったので大いに期待していたのである。

ところが、結果は?

画像ー167 171-2

ということになってしまったのである!

それでは、3位・4位獲得の彼女たちの健闘ぶりを‘電子紙芝居’でど~ぞ!

(以下の画像は、全てTBS・TVの放映画面をカメラで撮影したものである)

画像ー167 014-2
トップ争い!

画像ー167 016-2
モスクワ市街地のこんなところを走っている! これじゃあ東京都心並みで、‘蒸し風呂’状態!

画像ー167 017-2
凡そ37kmの付近では、日本の二人が、3位・4位を!

画像ー167 018-2

日本人のこれまでの‘メダリスト’は、こちら!

画像ー167 018-3

画像ー167 033-2
ケニアの‘ギブラガト’が、ずっとトップを走り続けていたイタリアの‘ストラネオ’を最終段階で抜いて一位でゴール!連覇という!お見事!

画像ー167 034-2
それにしても、この競技場の‘入り’は? 女子の花形競技であり、しかも初日の‘決勝戦(?)’なのに、競技場がこんな入りであることにモスクワ市民・ロシア国民は気付かないのだろうか?

今後、こんなにも無神経なロシアでの開催は、この写真一枚で‘拒絶’すべきである!アスリートに対して無礼である!

画像ー167 046-2
福士選手が、第3位で競技場に帰って来た! 日本からの応援団が暖かく迎えてくれている!

画像ー167 050-2
堂々のゴールである!

画像ー167 051-2
もう責任を果たしたことで大満足の様子!

画像ー167 093-2
続いて木崎選手のゴール!

画像ー167 096-2
ご本人以上に喜んでいるのが‘お父さん’! そっくり! まるで‘親娘’のよう!???

画像ー167 098-2
3位の福士選手と・・・。

画像ー167 111-2
この二人の笑顔がいい!

画像ー167 113-2
日の丸に‘差’が・・。 福士選手の日の丸には、何も書かれていない! 二人の性格の差なのだろうか?
それとも、木崎選手は‘メダル’を意識していた? 反対に福士選手は‘メダル’には関係ないと思って準備はしていなかった?

画像ー167 134-2
インタビューで、大先輩の‘高橋尚子’からの祝福に、二人が感激!

画像ー167 135-2
キャスターのイケメン織田裕二に‘メロメロ’!???

画像ー167 143-2
彼女の笑顔は、‘福祉’に向いている!

画像ー167 148-2
アスリートでで喰っていけなくなったら、是非‘癒しの福祉士に’!

画像ー167 150-2
織田君の方がメロメロに!

画像ー167 152-2
勝てばこんな顔にもなれるという見本!

画像ー167 155-2
脂肪率を落としているせいか、もう一寸ふっくらした方がいいかも・・・。

画像ー167 160-2
インタビューする方もされる方も‘いい気分!’といったところ・・・。

画像ー167 163-2
‘嬉しさ満面’とは、この二人の事!

画像ー167 168-2
メダリスト一覧!

それではもう一度、嬉しい画面を!

画像ー167 185-2
福士選手が第3位に上がった瞬間!

画像ー167 188-2
第3位でゴール!

画像ー167 191-2
第4位でゴール!

表に出ない‘最大の功労者’は、野口みずき選手! 彼女の存在が無かったら、3位の福士選手、4位の木崎選手もなかっただろうというのが、解説者の一致した意見! 彼女に頑張りがあったからこそ、福士選手も木崎選手も育ったのだという!

画像ー167 182-2

画像ー167 183-2
そんな訳で、野口選手に‘あっぱれ!’を二つ!!!

画像ー167 171-2
見事な成績だった!

実は、この成績が、‘東京オリンピック’招致に大きな役割を果たすと思うのだが、果たして???

(つづく)
[2013/08/11 23:41] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長崎原爆投下から68年!
長崎原爆投下から68年!

昭和20年08月09日11:02、世界で二発目の原子爆弾が広島の一発目に続いて長崎に投下された!

これまで‘ノーモアヒロシマ’ばかりが喧伝されて、‘ノーモアナガサキ’の声が薄くなっていたように思われる。これは正にマスコミの責任で、長崎を最後に絶対に今後‘原爆禁止’を世界に向けて今こそ発信すべきなのだろう!

広島原爆の日の弊ブログの記事の中でも、今後の‘原爆禁止’のために日本が今こそやらねばならない‘キャンペーン’について書かせて貰った。

新たな提案も含めて以下のような日本国主導型の‘核廃絶・ノーモアウォ―’運動を展開すべきだろうろ思う!

<1> 「8月6日~8月9日」を‘ノーモア核兵器・ノーモアウォ―・4デ―ズ’にして、世界中からツアー客に認識させる大キャンペーンを実行する。そのルートは、‘広島―長崎ー沖縄’である。日本は、これらの4日間を年末年始やお盆の期間と同様に休日扱いとすべし。続けてお盆休みもということになれば、ヨーロッパ並みのバケーションが実現する。しかも、欧米のような‘避暑’が目的ではなく、過去の死者を弔い且つ世界平和を希求し、そのことを一年に一回くらいは日本国民が総勢でキャンペーンを張る期間とする。

<2> 広島、長崎そして沖縄を訪れて見れば判る通り、何処にも「悲惨ではあるが、貴重な戦争遺品」が沢山ある。これらのレプリカを作って、世界各国へ派遣されている‘大使’は、その国の国民に‘ノーモア核兵器・ノーモアウォ―’のアッピールをする‘義務’を負わせること。そのために、各国の大使館の中庭に必ず‘資料館’を建設して、一年間にどれだけその国の国民にアピール出来たかを報告させること。

そんな意識のもとで、田上長崎市長の今年の‘長崎平和宣言’を聞き、安倍内閣総理大臣の挨拶を聞いた。

広島での平和記念式典における松井広島市長の指摘事項でもあった「‘NPT’での署名拒否」についての追求は、田上長崎市長は、広島以上に時間をかけ「日本は、被爆国の原点戻れ!」と日本政府に強く求めた。その時の安倍首相の表情は硬く、自分の挨拶には残念がら広島の時と同様この‘NPT’問題には触れなかった!



さて、素晴らしい歌「もう二度と」が始まった!

画像ー166 164-2

画像ー166 173-2

http://blogs.yahoo.co.jp/alfmom29/36866648.html
「もう二度と」  寺井一通作詞・作曲

聞こえていますか 被爆者の声が
あなたの耳に 聞こえていますか
もう二度とつくらないで わたしたち被爆者を
あの青い空さえ 悲しみの色

覚えていますか  ヒロシマ・ナガサキ
いのちも愛も 燃え尽きたこと
もう二度とつくらないで わたしたち被爆者を
あの忌まわしい日を 繰り返さないで



画像ー166 185-2

画像ー166 204-2
焼け残った‘浦上天主堂’のマリア様。頭部のみが焼け残った!

画像ー166 215-2

画像ー166 219-2

丁度、投下時刻の11:02!

画像ー166 227-2
‘長崎の鐘’が、鳴り響いた!

画像ー166 233-2

画像ー166 234-2

画像ー166 235-2

画像ー166 236-2

さて、いよいよ田上長崎市長の‘長崎平和宣言’である。

画像ー166 237-2
11:04

画像ー166 241-2

画像ー166 242-2

画像ー166 245-2

画像ー166 247-2

画像ー166 248-2

画像ー166 249-2

画像ー166 250-2

画像ー166 251-2

画像ー166 252-2

画像ー166 254-2

画像ー166 255-2

画像ー166 256-2

画像ー166 257-2

画像ー166 258-2

画像ー166 259-2

画像ー166 260-2

画像ー166 261-2

画像ー166 262-2

画像ー166 263-2

画像ー166 264-2

画像ー166 265-2

画像ー166 266-2

画像ー166 267-2

画像ー166 268-2

画像ー166 269-2

画像ー166 270-2

画像ー166 271-2

画像ー166 272-2

画像ー166 273-2

画像ー166 274-2

画像ー166 275-2

画像ー166 276-2

画像ー166 277-2

画像ー166 278-2

画像ー166 280-2

画像ー166 281-2

画像ー166 282-2

画像ー166 283-2

画像ー166 284-2

画像ー166 285-2

画像ー166 286-2

画像ー166 287-2

画像ー166 288-2

画像ー166 289-2

画像ー166 290-2

画像ー166 291-2

画像ー166 292-2

画像ー166 293-2

画像ー166 294-2

画像ー166 295-2

画像ー166 296-2

画像ー166 297-2

画像ー166 298-2

画像ー166 299-2

画像ー166 300-2

画像ー166 301-2

画像ー166 302-2

画像ー166 303-2

画像ー166 304-2

画像ー166 305-2

画像ー166 306-2

画像ー166 307-2

画像ー166 308-2

画像ー166 309-2

画像ー166 310-2

画像ー166 311-2

画像ー166 312-2

画像ー166 313-2

画像ー166 314-2

画像ー166 315-2

画像ー166 316-2

画像ー166 317-2

画像ー166 318-2
11:13 約9分間の‘長崎平和宣言’が終わった。

画像ー166 320-2
平和のハトが放たれる!

画像ー166 321-2

続いて、被爆者代表、築城昭平さん(86)の‘平和への誓い’!

画像ー166 325-2

画像ー166 326-2

続いて、安倍内閣総理大臣の挨拶!

画像ー166 360-2

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013080900346
本日、被爆68周年、長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に臨み、原子爆弾の犠牲となった方々の御霊(みたま)に対し、謹んで哀悼の誠をささげます。今なお被爆の後遺症に苦しんでおられる皆さまに、心からお見舞いを申し上げます。
 68年前の本日、1発の爆弾が7万を上回る貴い命を奪いました。12万人が暮らしていた家屋を全焼、全壊し、生き永らえた方々に、病と障害の、さらには生活上の言葉に尽くせぬ苦難を強いました。
 一度ならず、二度までも被爆の辛酸をなめた私たちは、にもかかわらず、苦しみ、悲しみに耐え立ち上がり、祖国を再建し、長崎を美しい街としてよみがえらせました。きょうは、犠牲になった方々の御霊を慰めるとともに、先人たちの奮闘と達成に感謝をささげる日でもあります。
 私たち日本人は、唯一の戦争被爆国民であります。そのような者として、われわれには確実に「核兵器のない世界」を実現していく責務があります。その非道を後の世に、また世界に伝え続ける務めがあります。
 昨年、わが国が国連総会に提出した核軍縮決議は、米国ならびに英国を含む史上最多の99カ国を共同提案国として巻き込み、圧倒的な賛成多数で採択されました。
 本年、若い世代の方々を核廃絶の特使とする制度を始めました。来年は、わが国が一貫して主導する非核兵器国の集まり「軍縮・不拡散イニシアチブ(NPDI)」の外相会合を広島で開きます。
 今なお苦痛を忍びつつ、原爆症の認定を待つ方々に、一日でも早くその認定が下りるよう最善を尽くします。被爆された方々の声に耳を傾け、より良い援護策を進めていくため、有識者や被爆者代表を含む関係者の皆さまに議論を急いでいただいています。
 長崎の御霊を悼む朝、私はこれら責務に、旧に倍する努力を傾けていくことをお誓いします。
 結びに、いま一度、犠牲になった方々のご冥福を心よりお祈りします。ご遺族とご存命の被爆者の皆さまには、幸多からんことを祈念します。核兵器の惨禍が再現されることのないよう、非核三原則を堅持しつつ、核兵器廃絶に、また、世界恒久平和の実現に力を惜しまぬことをお誓いし、私のごあいさつとします。(2013/08/09-11:39)


‘NPT’については、一言も触れなかった!

(つづく)
[2013/08/10 23:55] | 国際政治問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
広島原爆投下から68年!(その3)
広島原爆投下から68年!(その2)では、松井一実広島市長の‘平和宣言’の全文を画像と文書で掲載して、

(つづく) 次回は、小学生男女二人による「子供代表・平和への誓い」の画像による全文!

と締め括っていたが、昨日の大阪出張で、緊急地震速報の誤報騒ぎに実際に巻き込まれたため、その記事を昨日は掲載した。

本日は、長崎原爆の日であるが、これは8月10日のブログに掲載する。したがって、本日の掲載記事は、

広島原爆投下から68年!(その3)


小学生男女二人による「子供代表・平和への誓い」の画像による全文!

(以下の写真は全て、NHK・TVの放映画像をカメラで撮影したものである)

画像ー165 354-2

画像ー165 355-2

画像ー165 356-2

画像ー165 358-2

画像ー165 360-2

画像ー165 361-2

画像ー165 362-2

画像ー165 363-2

画像ー165 364-2

画像ー165 366-2

画像ー165 368-2

画像ー165 369-2

画像ー165 370-2

画像ー165 371-2

画像ー165 372-2

画像ー165 373-2

画像ー165 374-2

画像ー165 375-2

画像ー165 376-2

画像ー165 377-2

画像ー165 378-2

画像ー165 379-2

画像ー165 380-2

画像ー165 381-2

画像ー165 382-2

画像ー165 383-2

画像ー165 387-2

画像ー165 390-2

画像ー165 392-2

たった短い5分足らずの「平和への誓い」だったが、どうしてどうして‘素晴らしい’「子供達の決意表明」だった!

誠にお見事! これなら世界中の若い人に賛同して戴ける!

130点!

それに比べて、安倍内閣総理大臣の‘演説’は、誠に迫力に欠けるものだった!‘NPT’の「‘核不使用声明’署名拒否」に全く触れていなかったからである! 非核3原則は、我が国独自のものであり、インドとアメリカとの狭間における日本の行動についての‘理論武装’が出来ていない!

http://www.zds.cc/ordersuit-lp1/?utm_source=ARA
TA&utm_medium=arata&utm_campaign=ARATAPC

NPTの核不使用声明、日本は賛同せず 安全保障考えたと政府説明
2013/4/26 14:36

核の不使用をうたった核拡散防止条約再検討会議(NPT)の共同声明について、日本は、賛同しなかったことが分かった。NPTの準備委員会が2013年4月24日にジュネーブで開かれ、その中で声明が発表されていた。
声明では、「いかなる状況下でも核兵器が再び使用されないことが人類の共存のためになる」とうたわれ、70か国以上が賛同した。日本が賛同しなかったことについて、菅義偉官房長官は、安全保障を考えるとふさわしい表現か疑問があったと説明した。一方で、被爆者団体や広島市などからは、唯一の被爆国が賛同しないのは納得できないとの声も上がっている。


「政府及び与党は何をしているのか!」と誰かさんが言っていました! その通り!

(つづく)
[2013/08/09 23:45] | 国際政治問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
誤報もたまには緊張感の訓練に良い!
‘緊急地震速報’

00-top.png
http://gigazine.net/news/20130808-quake-nara/
今日(2013年08月08日)、16:56というより、午後4:56といった方が、4,5,6と続くので覚え易い。この時刻に私は、大阪でJRの電車に乗っていた。大阪駅から京都行きの鈍行に乗ったのである。

それは、今朝東京から新幹線に乗って大阪での打ち合わせに参加するためにあの‘有名に’なったJR外房線・本納駅を08:09発の千葉行き鈍行に乗って出発した、事に繋がっている!

この数日、JR本納駅前には、取材のための各TV局の車が何台も来ていた。

本納駅
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-558.html
JR外房線・本納駅。

‘有名に’になったのには訳がある!

本納駅の直ぐ近くに住む女子高校生が凡そ一月前から行方不明になっている。このJR本納駅の防犯カメラに最後の映像を残したまま・・・。

画像ー166 104-2
本納駅の防犯カメラ。(以下の画像は、TBS・TVの放映映像をカメラで撮影したものである)

画像ー166 105-2

画像ー166 107-2

画像ー166 108-2

画像ー166 109-2

画像ー166 110-2

画像ー166 113-2

画像ー166 114-2

画像ー166 116-2

画像ー166 118-2

画像ー166 120-2

画像ー166 123-2

画像ー166 127-2

画像ー166 128-2

画像ー166 132-2

画像ー166 137-2

画像ー166 148-2

画像ー166 159-2

さて、ここまでは、我が家の最寄りの駅・JR外房線・本納駅でのTV取材の様子である。

早くこの中川沙弥香さんが無事で見つかることを我々茂原市の住民皆が願っている!



もう一つの今日の問題は、上記の通り、私が大阪のJR線に乗車しているその時に、自分のというかみんなのというか、電車の中で何十台もの携帯電話やスマホが一斉に‘緊急地震速報アラーム音’を鳴らし始めた時である。

その時刻は、上述の通り、2013年08月08日、PM4:56である!

勿論、驚いたのは私だけではない!電車の中は一瞬静まり返ったが、その音が‘緊急地震速報’のアラーム音だと判った瞬間、そこは大阪だなと思った。誰彼となく皆が「今、地震速報が出たようでナ、電車が止まってるネン。一寸遅うなるかもしれへん!そいでナ・・・・」と電話で大声でしゃべり出したのである!

506c012f.jpg
http://pazudora-matome.com/archives/30170742.html

私は、17:27の新幹線で東京へ戻る予定であるから、ここで15分以上停車したままだと新幹線の座席指定券はどうなるのだろうか? このまま新幹線が動かなくなった場合どうしようか?などと不安になって来た!

キップJPG-3

車内放送では、「奈良県で地震が発生した模様です!安全の確認を行なっていますので、今しばらくお持ち下さい!」としか言わない。

大阪での打ち合わせは、御堂筋線・淀屋橋駅の直ぐそばのビルで行なわれて、終了したのが16:35。淀屋橋駅から梅田駅でJR線に乗り換えて、大阪駅を出発したのが、16:53である。大阪・新大阪間は‘4分’しかかからない。緊急地震速報が出たのは、大阪駅を出発して‘3分’後のことである!

‘もう後1分’で新大阪駅だというのに、その電車に閉じ込められてしまったのである!

その時は、まだ‘震度7’の予報だとか、‘誤報’だったということは知らなかった!

15分間の停車で動き出した時には、電車の中に‘ホッとした雰囲気’が流れた。

20130808192943.jpg
http://geitsuboo.blog.fc2.com/blog-entry-5170.html


https://www.youtube.com/watch?v=i96ArFi5JMQ
公開日: 2013/08/08
気象庁は、8日午後5時前の緊急地震速報を誤報と認め、謝罪しました。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

という訳で、事なきを得たが、一時は本当にどうなるかと思った!

‘訓練’という意味では、これ位緊張感のある訓練はなかった。そんな意味では、‘誤報’も悪いことばかりではない!

しかし、何度も同じ誤報が繰り返されるとなると「‘オオカミ少年’となってしまい‘良くない!’」と誰かが言っておりました!

その通り!

(つづく)
[2013/08/08 23:49] | 地震と津波 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
広島原爆投下から68年!(その2)
広島原爆投下から68年!(その2)

このセレモニーで最も注目を集め、且つ世界へ発信出来る価値のあるものは、広島市長の‘平和宣言’である!

今年の平和宣言も極めて感動的であった!

それを一言一句残らず画像で再現して見たい。

(以後の画像は全てNHK・TVの放映画面をカメラで撮影したものである)

画像ー165 269-2

画像ー165 271-2

画像ー165 272-2

画像ー165 274-2

画像ー165 275-2

画像ー165 276-2

画像ー165 277-2

画像ー165 279-2

画像ー165 280-2

画像ー165 281-2

画像ー165 282-2

画像ー165 283-2

画像ー165 284-2

画像ー165 285-2

画像ー165 286-2

画像ー165 287-2

画像ー165 289-2

画像ー165 290-2

画像ー165 291-2

画像ー165 292-2

画像ー165 294-2

画像ー165 296-2

画像ー165 297-2

画像ー165 299-2

画像ー165 301-2

画像ー165 302-2

画像ー165 303-2

画像ー165 304-2

画像ー165 305-2

画像ー165 306-2

画像ー165 307-2

画像ー165 308-2

画像ー165 310-2

画像ー165 311-2

画像ー165 312-2

画像ー165 313-2

画像ー165 314-2

画像ー165 316-2

画像ー165 317-2

画像ー165 319-2

画像ー165 322-2

画像ー165 323-2

画像ー165 324-2

画像ー165 326-2

画像ー165 327-2

画像ー165 329-2

画像ー165 330-2

画像ー165 331-2

画像ー165 332-2

画像ー165 334-2

画像ー165 335-2

画像ー165 336-2

画像ー165 337-2

画像ー165 338-2

画像ー165 340-2

画像ー165 341-2

画像ー165 342-2

画像ー165 343-2

画像ー165 344-2

画像ー165 345-2

画像ー165 346-2

画像ー165 347-2

画像ー165 348-2

画像ー165 349-2

画像ー165 350-2

画像ー165 351-2

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130806/trd13080615220009-n1.htm

「平和宣言」の全文

 「あの日」から68年目の朝が巡ってきました。1945年8月6日午前8時15分、一発の原子爆弾によりそのすべてを消し去られた家族がいます。「無事、男の子を出産して、家族みんなで祝っているちょうどその時、原爆が炸裂(さくれつ)。無情にも喜びと希望が、新しい『生命』とともに一瞬にして消え去ってしまいました」

 幼くして家族を奪われ、辛うじて生き延びた原爆孤児がいます。苦難と孤独、病に耐えながら生き、生涯を通じ家族を持てず、孤老となった被爆者。「生きていてよかったと思うことは一度もなかった」と長年にわたる塗炭の苦しみを振り返り、深い傷跡は今も消えることはありません。

 生後8カ月で被爆し、差別や偏見に苦しめられた女性もいます。その女性は結婚はしたものの1カ月後、被爆者健康手帳を持っていることを知った途端、優しかった義母に「『あんたー、被爆しとるんねー、被爆した嫁はいらん、すぐ出て行けー』と離婚させられました」。放射線の恐怖は、時に、人間の醜さや残忍さを引き出し、謂れのない風評によって、結婚や就職、出産という人生の節目節目で、多くの被爆者を苦しめてきました。

 無差別に罪もない多くの市民の命を奪い、人々の人生をも一変させ、また、終生にわたり心身を苛(さいな)み続ける原爆は、非人道兵器の極みであり「絶対悪」です。原爆の地獄を知る被爆者は、その「絶対悪」に挑んできています。

辛く厳しい環境の中で、被爆者は、怒りや憎しみ、悲しみなどさまざまな感情と葛藤し続けてきました。後障害に苦しみ、「健康が欲しい。人並みの健康を下さい」と何度も涙する中で、自らが悲惨な体験をしたからこそ、ほかの誰も「私のような残酷な目にあわせてはならない」と考えるようになってきました。被爆当時14歳の男性は訴えます。「地球を愛し、人々を愛する気持ちを世界の人々が共有するならば戦争を避けることは決して夢ではない」

 被爆者は平均年齢が78歳を超えた今も、平和への思いを訴え続け、世界の人々が、その思いを共有し、進むべき道を正しく選択するよう願っています。私たちは苦しみや悲しみを乗り越えてきた多くの被爆者の願いに応え、核兵器廃絶に取り組むための原動力とならねばなりません。

 そのために、広島市は、平和市長会議を構成する5700を超える加盟都市とともに、国連や志を同じくするNGOなどと連携して、2020年までの核兵器廃絶をめざし、核兵器禁止条約の早期実現に全力を尽くします。

 世界の為政者の皆さん、いつまで、疑心暗鬼に陥っているのですか。威嚇によって国の安全を守り続けることができると思っているのですか。広島を訪れ、被爆者の思いに接し、過去にとらわれず人類の未来を見据えて、信頼と対話に基づく安全保障体制への転換を決断すべきではないですか。広島は、日本国憲法が掲げる崇高な平和主義を体現する地であると同時に、人類の進むべき道を示す地でもあります。また、北東アジアの平和と安定を考えるとき、北朝鮮の非核化と北東アジアにおける非核兵器地帯の創設に向けた関係国の更なる努力が不可欠です。

今、核兵器の非人道性を踏まえ、その廃絶を訴える国が着実に増加してきています。また、米国のオバマ大統領は核兵器の追加削減交渉をロシアに呼び掛け、核軍縮の決意を表明しました。そうした中、日本政府が進めているインドとの原子力協定交渉は、良好な経済関係の構築に役立つとしても、核兵器を廃絶する上では障害となりかねません。広島は、日本政府が核兵器廃絶をめざす国々との連携を強化することを求めます。そして、来年春に広島で開催される「軍縮・不拡散イニシアティブ」外相会合においては、NPT体制の堅持・強化を先導する役割を果たしていただきたい。また、国内外の被爆者の高齢化は着実に進んでいます。被爆者や黒い雨体験者の実態に応じた支援策の充実や「黒い雨降雨地域」の拡大を引き続き要請します。

 この夏も、東日本では大震災や原発事故の影響に苦しみながら故郷の再生に向けた懸命な努力が続いています。復興の困難を知る広島市民は被災者の皆さんの思いに寄り添い、応援し続けます。そして、日本政府が国民の暮らしと安全を最優先にした責任あるエネルギー政策を早期に構築し、実行することを強く求めます。

 私たちは、あらためてここに68年間の先人の努力に思いを致し、「絶対悪」である核兵器の廃絶と平和な世界の実現に向け力を尽くすことを誓い、原爆犠牲者の御霊に心から哀悼の誠を捧げます。

 平成25年8月6日

 広島市長 松井一実


約8分間の「平和宣言」は、こうして終わった!

(つづく) 次回は、小学生男女二人による「子供代表・平和への誓い」の画像による全文!
[2013/08/07 23:22] | 国際政治問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
広島原爆投下から68年!(その1)
今日(2013年08月06日)は、日本の歴史上最大の大事件の一つである、人類歴史上最初の‘戦争原爆投下’事件が起こった記念すべき日である!

後述もするが、日本国は、この日を国民の休日にして‘反戦’を世界に訴えるべきである!

この大事な日に‘経済が優先’などという不埒な考えは捨てるべきである!

このアッピールは、日本人がやってこそ意義があり、世界中の注目を引くのは当然であり、これこそが日本が世界に訴えて価値のある‘日’なのである!

この日を‘世界反戦デー’として、世界中が休日(時差は考慮して!)を実行して、世界中只一つの人類総参加の‘反戦記念日’とすべきである!

この提案は‘日本国’にしか出来ない!

今の安倍内閣がこれを提案実行すれば、きっとオリンピックよりも盛り上がって、日本の尊敬は一層強まるに違いない!

広島の8月6日から長崎の記念日(8月9日)まで、4日間は、世界中が「‘反戦’について考える‘4days’」にしてはどうか?

「広島―長崎―沖縄」、この‘戦争で悲惨な目にあった場所’こそ、世界の指導者が訪問行脚する反戦コースとして設定すべきである!

我々日本人も、まだ現地を訪れていない人達は、世界の観光地に行く前に、この‘鎮魂の場所’を訪問すべき義務がある!

さて、今日午前8:15の黙祷から始まった‘広島原爆の日’。これは是非、記録に残しておきたい!

(以下の画像は、NHK/TVの映像をカメラで撮影したものである)

2013年08月06日のNHK・TV

<1> 7:00~7:10 広島原爆の日の中継予告

画像ー165 030-2

画像ー165 032-2

画像ー165 033-2

画像ー165 037-2

画像ー165 038-2

画像ー165 039-2

画像ー165 040-2

画像ー165 042-2

画像ー165 043-2

画像ー165 045-2

画像ー165 046-2

画像ー165 047-2

画像ー165 048-2

画像ー165 051-2

画像ー165 050-2

画像ー165 056-2

画像ー165 061-2

画像ー165 063-2

<2> 8:00~8:10 黙祷前の平和記念公園の様子

画像ー165 149-2

画像ー165 151-2

画像ー165 153-2

画像ー165 155-2

画像ー165 157-2

画像ー165 158-2

画像ー165 160-2

画像ー165 162-2

画像ー165 165-2

画像ー165 167-2

画像ー165 169-2

画像ー165 171-2

画像ー165 174-2

画像ー165 175-2

画像ー165 179-2

画像ー165 181-2

画像ー165 212-2

画像ー165 214-2

画像ー165 216-2

画像ー165 221-2

<3> 8:15~8:16 黙祷

画像ー165 253-2

画像ー165 255-2

画像ー165 257-2

画像ー165 258-2

画像ー165 259-2

画像ー165 262-2

画像ー165 265-2

画像ー165 268-2

<4> 8:16~8:24  松井一実・広島市長の平和宣言

画像ー165 269-2

画像ー165 271-2

画像ー165 272-2

(つづく) 次回は、松井広島市長の平和宣言の全文を画像で掲載予定。
[2013/08/06 23:40] | 戦争の記憶 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
沖縄で米軍ヘリ墜落!
2013年08月05日、沖縄で米軍ヘリ墜落!

TV各局では、最初、‘米軍ヘリ不時着’という見出しでニュースを流していたが、実際には‘墜落’だったのである!

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE97406D20130805
沖縄のキャンプ・ハンセンで米軍ヘリ墜落
2013年 08月 5日 18:28
トップニュース

[東京 5日 ロイター] - 日本政府関係者によると、沖縄県にある米海兵隊基地キャンプ・ハンセンの施設内で5日、米軍ヘリコプターが墜落した。

この事故で地元住民に負傷者はいない模様。米軍に負傷者がいるかは分かっていない。

墜落したのはCH-46型ヘリコプターだとの報道があるものの、在日米軍の広報官は報道の内容について、現時点でコメントできないとしている。




https://www.youtube.com/watch?v=4FlHeX3oXTA

公開日: 2013/08/05
アメリカ軍のヘリコプターが、沖縄県宜野座村のキャンプハンセンの山中に墜落した模様­です。現場からは煙が上がっていて、墜落した可能性があるとみられています。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/


このニュースの‘見出し’でも、「緊急着陸」という言葉が使われている!

新聞記事-2
朝日新聞・8月6日・朝刊一面。(ただし、この新聞記事は、翌日になっての記事を後から挿入したもの)

広島への‘原爆投下・68年’を迎えるその前日に、米軍はこんな‘大事件’を惹き起こしてしまった!

軍人を長くやっていると‘感覚はマヒ’してしまうものなのだろうか?

明日、安倍内閣総理大臣は、広島でどんな挨拶をするのだろうか?

(つづく)
[2013/08/05 23:24] | 国際政治問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2013年07月期の弊ブログの位置づけ
2013年07月期の弊ブログの位置づけ

一ヶ月が経つのが速い!

画像ー163 157-2
今年の夏、夕刻のため遊泳禁止時間帯に入った九十九里海岸。

2,3週間前に、この統計処理をしたと思っていたが、もう7月は終わっている。

7月のトピックスは、ご紹介した通り、FC2・日記ジャンル・創作日記サブジャンル部門のランキングで、堂々の(?一寸言い過ぎヤ!ベスト10に入ってから言うテンカ!)第18位に輝いたことである。

2013年07月期のサブタイトルでの順位と月平均順位0001-2

26日の18位は、まあまあだが、13日の58位はイタダケナイ!

2013年07月期の日毎アクセス数と平均アクセス数0001-2

アクセス数もこのところ伸び悩み! 70しかないのは情けない! ただし、この日記は、多く読んで貰う為にだけやっているのではないので・・・。

でも、多くの人がアクセスして呉れると‘元気’が出る! 強がりは‘元気の元’ではない!

<7月29日の田圃の様子>:千葉県茂原市千沢地区

画像ー163 022-2

画像ー163 023-2

画像ー163 025-2

画像ー163 044-2
悠々と散歩される人達!

8月も頑張りますバイ!

(つづく)
[2013/08/04 23:11] | 統計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
花火大会
夏を盛り上げる大きなイベントの一つは、何といっても‘花火大会’である!

01_sumida_20130804165800d81.jpg
http://www.gotokyo.org/jp/tourists/topics_event/topics/110722/topics.html
第34回 隅田川花火大会

今年(2013年)の‘第36回隅田川の花火大会’は、ご承知の通り、‘ゲリラ豪雨’のため中止となってしまった!

top_img_130729_20130804163802a44.jpg

http://sumidagawa-hanabi.com/
花火大会実施要項

1.趣  旨
 伝統の両国川開き花火大会を継承する行事として、広く庶民に親しまれている隅田川花火大会を昨年に
 引き続き開催し、都区民に潤いと憩いの場を提供しようとするものである。

2.日  時
 平成25年7月27日(土) 午後7時5分~午後8時30分
 荒天のため実施できないときは翌7月28日(日)に順延し、両日とも実施できないときは中止する。
 なお、雨天など実施の可否が確定できない天候の場合は当日の午前10時に、荒天などの場合には
 当日の午前8時に、それぞれ実施の可否を決定する。

3.実施区域(打ち上げ場所)及び打ち上げ業者
  第一会場 桜橋下流 ~ 言問橋上流 (株)ホソヤエンタープライズ
  第二会場 駒形橋下流 ~ 厩橋上流 (株)丸玉屋小勝煙火店

4.打ち上げ玉数
  第一会場 約10,715発 (コンクール玉200発を含む)
  第二会場 約12,050発

                合計 約22,765発
  ※東京オリンピック・パラリンピック招致祈願花火を含む。


とある以上、‘残りの花火’を今年の夏にもう一度やることはないと言う事である!残念!

それにしても、約2万3千発の内どれだけが打ち上がったかは知らないが、保管はどうするのだろうか?

‘ゲリラ豪雨’も罪なものである!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%83
%A9%E8%B1%AA%E9%9B%A8

ゲリラ豪雨(ゲリラごうう Guerrilla Rainstorm)は、予測が困難な、積乱雲の発生による突発的で局地的な豪雨を指す俗語である。ゲリラ雨、ゲリラ雷雨などの呼び方もある。ほぼ日本国内でのみ用いられ、国際的にこれに直接相当する言葉はない。気象学的に明確な定義付けはなく、気象庁は予報用語として「ゲリラ豪雨」を用いていない。


さて、地元、千葉県・房総半島の外房地区での花火大会の日程を見ると、2013年08月3日(土)は、近い所で2カ所同時開催である!

hanabitaikai-3.jpg
九十九里町と一宮町である。

千葉県白子町 - Google マップ0001-2
‘Google’マップ

私の住んでいる茂原市は、上図に大きな文字での表示が無いが、この二つの町と隣り合わせに近い位置にあり、隣り合わせの海岸線に出れば白子町(ピンクで囲まれた領域)が二つの町に丁度挟まれている。ということは、白子町の海岸に出れば、同時に二つの花火大会の様子が見れると言う寸法である!

という訳で、弁当を作って白子町の海岸へ出かけたのである!

同じ考えをする人達が大勢いれば駐車場が一杯になる!これは一大事である、とうことで19:10から始まるので約20前には到着するように出かけた!

画像ー163 114-2
到着したのは、予定通りの18:50、開演の20分前である。辺りはまだ明るい。

画像ー163 116-2
東側が海岸である。まだ波打ち際で遊んでいる家族がいる!

画像ー163 118-2
どうやら、子供さんが3人。今時珍しいかも?

画像ー163 120-2
遊泳禁止の旗と船と老夫婦、一寸した‘絵’?

画像ー163 119-2
その老夫婦

画像ー163 123-2
そして、遊泳禁止の旗

画像ー163 124-2
こちらの南方面が‘一宮’の方角。この方向に花火が見えるはず。

画像ー163 133-2
椅子を持ち出したり、敷物を敷いて一宮海岸の方を見守っている。只今、18:54、後少し!

画像ー163 136-2
車もぼちぼち集まり始めている。

画像ー163 137-2
こちら北側が、九十九里の方向。手前の四角い建物が、海水浴の監視棟で、その向こうが‘海の家’。

画像ー163 141-2
おや?何か‘囲い’がある。

画像ー163 138-2
表に廻ってみると・・・、

画像ー163 142-2
アカウミガメが‘産卵’したらしい! こんなところで?

画像ー163 149-2
18:57 まだ沢山の人が波打ち際付近にいるし、花火はまだのようだ。

画像ー163 157-2
南南東の風が、思いの外強く「これじゃあ、長袖を着てくれば良かった」と言った程涼しい!

画像ー163 157-3
流石に太平洋!波が荒い!

画像ー163 160-2
こちらが、来たの方向で、九十九里町の花火が見えるはず。

画像ー163 164-2
向うに灯りがチラチラ見える。

19:19、予定より少々遅れはしたが、さあ、始まった! 一宮方向。

画像ー163 198-2
遠くで打ち上がっている!

画像ー163 198-3
拡大!

画像ー163 199-2
望遠で・・・。

画像ー163 200-2

画像ー163 207-2
どうやら‘風向き’が良くない!

画像ー163 207-3
拡大。花火をよぎっている‘黒い影’は、花火の煙である!丁度‘風下’で見ているため致し方ない!

画像ー163 211-2
これも煙が邪魔をしている!

画像ー163 212-2
これも・・・

画像ー163 213-2
これは、上手く・・

画像ー163 214-2
2か所から打ち上げられているようで、これはその左手の方から・・・。

画像ー163 226-2
これは、双方から同時に・・・

画像ー163 227-2
これは、向かって右の‘基地’から。これは上手く煙を避けられた。

画像ー163 228-2
19:43 これで終わりのようである。約25分間の花火大会! 約5,000発だというから、1分間に200発!

画像ー163 247-2
「おや、もう終わったの?」と或る集団。

風向きが良くなかったために、余り‘感動’する花火はなかった! 来年は、やはり一宮町まで出かけた方がいいかも知れない!2時間前に現地入りすれば、駐車場も‘OK’かも・・・。

画像ー163 125-3
これは明るい時に撮った‘船’の写真。この船の向うで‘ミニミニ花火大会’(?)が始まった!

画像ー163 249-2
火事になっているのではない!

画像ー163 250-2
おお、何人もの若者たちが居る!

画像ー163 251-2
大分沢山の花火が持ち込まれたようだ!

画像ー163 253-2
踊り狂っているようにもみえるが・・・。大丈夫だろうか?

画像ー163 266-2
こうなって来ると‘後片付け’をしっかりとやって行ってくれないと困る!

画像ー163 216-2
こちらの方角が‘九十九里町’。一向に花火は打ち上げられない! どうしたのだろうか???

画像ー163 269-2
そんな訳で、そろそろ引き上げる人が目立ち始めた!我々も・・・。

画像ー163 270-2
帰りの車からの‘風景’。まだ、海岸へ向かう人達が大勢いるようだ。 フロントグラスが曇っているのは、海岸の方向に向けて駐車していたために‘塩水の噴霧(?)’が着いたからである。

海岸でも波打ち際付近に駐車した車は早急に水で洗い流しておくことが必要である! 防食のために・・・。

(つづく)
[2013/08/03 23:29] | 地域活性化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
茂原市(千葉県)の七夕祭り(その6)
昨日(2013年08月01日)に引き続き、

茂原市の七夕祭り

茂原七夕-2

‘YOSAKOI 夏の陣2013’&‘七夕おどりパレード’編

茂原市(千葉県)の七夕祭り(その6)<最終回>

⑩ 東京メトロ シーブルー<東京・上野>

最後は、東京から・・・。

画像ー162 413-2
最後を飾る東京からのチームってどんなチームなの?

画像ー162 414-2

画像ー162 417-2

画像ー162 421-2

画像ー162 423-2

画像ー162 424-2
この眼隠しが、最後のポーズ!(地下鉄だから、目隠し???)



さて、10組(予定では12組)の披露が終わっていよいよ‘フィナーレ’!

この‘フィナーレ’がまたいい! 10組出場者全員の大集合が‘フィナーレ踊り’をやるのである!

<フィナーレ!>

フィナーレは、全員のフィナーレ踊りと全チームの‘フラッグ操り’の競演である!

① フィナーレ踊り

これはもう‘審査の対象外’なためみんなリラックスムードである! この方が踊りもいい!

画像ー162 428-2

画像ー162 425-2

画像ー162 429-2

画像ー162 431-2

画像ー162 433-2

画像ー162 434-2

画像ー162 436-2

画像ー162 440-2

画像ー162 463-2

画像ー162 468-2
田中市長さんも審査委員長さんもホッとした顔つきである。


最後の盛り上がり! これは凄かった!

② フラッグ操りの競演

画像ー162 469-2

画像ー162 485-2

画像ー162 486-2

画像ー162 487-2

画像ー162 490-2

画像ー162 491-2

画像ー162 492-2

画像ー162 494-2

画像ー162 498-2

画像ー162 500-2
この写真を撮っている人の‘手甲(てっこう)’の猫がいい!

こうして、2013年の茂原市・七夕祭りの‘YOSAKOI’は終わった!

見る方も、この炎天下では疲れたが、案外‘連の踊り手’の皆さんの方が疲れていなかったりして・・・。

このパワーこそが茂原市発展のバロメータである!

踊り手さんの背後には、企画を立て、実行手配をし、進行管理をする大勢の人達がおられるのである!みなさんご苦労様でした!有難う、39、39!

続いては、最後に‘七夕おどり’を見て帰ることにした!


<七夕おどりパレード>

‘YOSAKOI’が‘動’なら、こちら‘七夕おどり’は、伝統の強みが滲み出ている‘静’の極致である!

‘YOSAKOI’が1kgの‘ステーキ’なら、‘七夕おどり’は、‘一杯の冷たい渋茶’なのかもしれない!

画像ー162 502-2

画像ー162 503-2

画像ー162 508-2

画像ー162 509-2

画像ー162 510-2

画像ー162 511-2

画像ー162 514-2

画像ー162 515-2

画像ー162 516-2

画像ー162 517-2

画像ー162 518-2

画像ー162 519-2
七夕おどりの‘昔の’お嬢様達、ご苦労様!

画像ー162 523-2
三々五々帰り始めた! 自由に歩き始めると、どうして日本人(?)は‘右側通行’にならないのだろうか?‘左側通行’の原因としては‘心臓が左にあるから’という理由を小学生の時に教わって納得(?)していたが、どうやら心臓が‘中央’にあるらしいから、‘この説’は怪しい! これはまた別途!(少しは以前にこのブログで・・)

画像ー162 526-2
茂原市役所も少々お疲れの様子!

画像ー162 527-2
今年の‘天の川’の様子。‘静かに’静まり返っている!

8月はどんな月になるのだろうか?

(つづく)
[2013/08/02 23:16] | 地域活性化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
designated by FC2