FC2ブログ
動く‘静止画’!
今朝(2013年11月09日)或る頭脳集団の人達から凄い情報を聞いた!

ITの世界で‘右肩上がり’は、勿論‘コンテンツソフト’の分野である。

今や‘動画’最盛期で、観ていても動画から来る感動は、静止画の何倍もある。
それは、静止画に比べて‘情報量’が格段に大きいからである。

今現在普及していて、誰でも気軽に手に入れられるコンテンツの作成原理は、

① 自然の画像そのものの編集(映画、ビデオ etc.)

② 静止画を何枚も描いて組み合わせて編集(‘ガッチャマン’や‘もののけ姫’等の通常のアニメ)

③ 自然画像を一部取り込んだ‘静止画’と‘自然の動画’のコラボレーション画像編集

まあ、将来もこんな仕組みの高度化だろうと思っていた。

ところが、ところがである!

人間の頭脳は優れたもので、第4の方法を‘実用化’されたという! それは、

④ 静止画を‘動画に変換させる’技術を駆使した画像の編集!

だそうだ。

その走り(?)の画像を‘Youtube’で探してみた!


http://www.youtube.com/watch?list=UUo-Z2r9KeM1uv11uLdnsBMg&v=kdtnCSEi_mM
ここでは、‘動く漫画!’という表現になっている。

この第4の方法の特徴は、② の方法を極めて簡略化した方法だそうで、そのために‘製作コスト’の大幅な低減が可能だと言う。

そして、さらに更に、静止画から動画への転換が極めて簡単に出来る‘手法’だから、例えば、自分の静止画写真を動画アニメに変換も可能という!

私は昔からソフト屋さんに相談していたことがある。

それは、カラオケ屋さんに行った時、歌手、例えば‘裕次郎’が歌っている画像が出ていたとしよう。
自分が裕次郎の歌を歌う時に、その画面の顔が‘自分の顔’に変換されたなら、そしてその変換された自分の顔のDVDが帰りに貰えたらどんなにいいだろうな、と思ったことがあった。


https://www.youtube.com/watch?v=BDw4EZQNW-0
この裕次郎の顔が、自分の顔に変換出来たら!と思うだけでワクワクする!

それを10年も前に‘優秀なソフト屋’さんに相談したことがあったが、彼は「まだ無理だよ!」と言っていた。

だが、この第4のテクニック、この方法を使えば、いとも簡単に出来るのではないか!?

いやいや、技術の進歩を甘く見てはいけない!何処かで‘ひっそりと’高度な技術開発は行なわれているのだ!

もっと凄~い、外国語学習のためのソフトについてもお聞きしたのだが、これは‘ひ・み・つ’!

恐らく、この第4の手法が、今後の膨大なコンテンツ作りの中心になるに違いない、という予感がした!

(つづく)
スポンサーサイト



[2013/11/09 23:43] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2