FC2ブログ
大多喜城と初代城主・本多忠勝の面影
千葉県夷隅郡大多喜町については、この弊ブログで何度もご紹介したが、この城下町の発展の礎を築いたとされる大多喜城初代城主・本多忠勝については、名前を出したり、57戦全勝と紹介したりはしたが、一体どんな人物だったのかについては、家康との‘合意’に基づいて、家紋である‘三つ葉葵’と‘立ち葵’との交換劇を紹介したに留まっている。

画像ー243大多喜城と薬医門 025-2

画像ー243大多喜城と薬医門 024-2

それにしても、「なぜ、そんなに‘本多忠勝’にこだわるの?」については、まだその理由をご紹介もしていない!

Honda_Tadakatu.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%
A4%9A%E5%BF%A0%E5%8B%9D

本多忠勝の肖像画

画像ー243大多喜城と薬医門 028-2

画像ー243大多喜城と薬医門 088-2

それについては、実は‘極秘情報’も含めて、深い、深~い理由がある!

ご承知の通り、今、世界中が大きく揺れている。
政治的思惑に基づいた、或いは宗教的覇権争い(?)に基づいた‘矛盾した’或いは‘独りよがりな’主導権争いが今や世界のニュースの大半を占めてしまっている。

日本人にはなかなか解らない‘民族意識’や‘宗教的感覚’によると思われる‘露骨な自己主張’が、‘言論の自由’と‘自己保全’の名目の基に大きな主張の流れになってしまっている。

しかも、それをいい意味でも悪い意味でも‘煽り続けている’のが、高度に発達し過ぎた技術を基にした‘マスコミ’である!
朝日新聞の‘事実の誤報と判断の誤り’がこの期に及んでもまだすっきりしないのは、マスコミの奢りであり、或る集団に所属してしまえば、事実よりその集団の維持存続に重点が置かれるという、大昔からの大原則が未だに踏襲されている社会現象・長いものには巻かれろ方式が未だに存在する証でもある!

さてさて、前置きはそのくらいにして、大多喜町に関する‘極秘情報’とは?

① 大多喜町キャンペーン、大河ドラマ「本多忠勝・忠朝」の実現に乗っかって、大多喜町に‘武家屋敷’を創る!

② 現在存在する城西国際大学・薬草園の10倍以上の規模の薬草園を建設する!

③ 大多喜町の周辺に、‘桃源郷’を建設する!

④ 大多喜町周辺に‘新エネルギー研究所’を建設する!

⑤ いすみ鉄道大多喜駅から別の鉄道を建設する!

⑥ 現在の大多喜町の人口は、一万人強であるが、近々+3万人の合計4万人の‘大都市?’へ成長するかも知れない!

等々、大多喜町がこんなに話題なされるのは何故だろうか?
そして、この情報は、果たしで‘本物’だろうか?

(つづく)
スポンサーサイト



[2014/08/29 23:24] | 歴史 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2