FC2ブログ
芽吹く葉っぱの新緑が芽に沁みる!(その3)
芽吹く葉っぱの新緑が芽に沁みる!(その3)

④ コメツガ

我が家のコメツガ。まだ、小さいから建材になるまでには・・・。
これまで、この樹の葉っぱをこんなにしみじみ(?)観察したことはなかった!

植物の分類についてもほとんど勉強をしたことがない!
植物の‘品種’(こんな言い方で良いかも知らない!)はどのくらいあるのだろうか?
昆虫の数との比較は?

知らないことばかり・・・。

さて、この‘コメツガ’の葉っぱは?

主として、葉っぱの‘表側’からの画像

2015 春の小川 045-2
2015 春の小川 046-2
2015 春の小川 047-2
2015 春の小川 047-3
2015 春の小川 047-4
この実は、‘球果’といわれるもので、‘松の場合の松ぼっくり’に当たるものだそうだ!
時間が経てば、どう変化するものなのだろうか?
これらの画像は、2015年05月01日のもの・・・。経過を追ってみたい!

2015 春の小川 048-2
2015 春の小川 048-3

以下は、主として‘葉っぱの裏側’からの画像!

2015 春の小川 056-2
2015 春の小川 056-3
2015 春の小川 057-2
2015 春の小川 058-2
2015 春の小川 058-3
2015 春の小川 058-4

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%84%E3%82%AC
コメツガ(米栂、学名:Tsuga diversifolia)は、マツ科ツガ属の常緑針葉樹。日本の固有種[1]。

和名は「葉が小さいツガ」の意味。「アメリカ産のツガ」を意味するベイツガ(米栂、アメリカツガやカナダツガなどの総称)とは別種である。

特徴[編集]本州の青森(八甲田山)から紀伊半島(大峰・大台ヶ原)、 四国(石鎚山・剣山)、九州(祖母山)までの、冷温帯上部から亜高山帯にかけての山岳地帯に分布する。特に亜高山帯の下部では純林状に密生することが多い。ツガと酷似するが、自生する高度の違いと葉がやや小さい点で識別できる(ツガははるかに温暖地を好み、照葉樹林から落葉広葉樹林の間の中間温帯林に分布の中心があるため、コメツガと混生することはない)。

高さは20mから、大きいものでは30mにも達する場合がある。樹皮は灰褐色で亀甲状にはがれ、トウヒ属とやや似ている。一方、葉はモミ属と似ている(ただし葉の付き方がモミ属とは異なる)。球果は長さ1.5-2.5cmほどと小型で、枝先にやや下を向いてぶら下がる。


(つづく)
スポンサーサイト



[2015/05/14 23:43] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
再びの‘ベスト10’入り!
再びの‘ベスト10’入り!

ブログを書く楽しみは3つある。

① 自分の考えをいつでも自分で見れる状態にしておくとブログが防備録になる
② 書くために、敢えて知識を積んで考察をして見ると思わぬ発見がある
③ ブログにアクセスして頂く方々がどれくらいおられるかが毎日把握出来るため、書く活力が生まれる

③についての‘副作用’?として、自分が参加しているジャンルでの全体順位が判る!

‘再びの’としたのは、過去一度だけ‘ベスト10’入りしたことがあったからである。

2014年02月13日付け弊ブログ(‘弊ブログのランキングが・・・’<http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-date-20140213.html>)では、サブジャンル・創作日記で、‘10位’なのである。

と言うことは、1年間以上‘ベスト10’入りはなかったことになる!

2015年05月14日、第7位!
(創作日記ジャンル)

20150514-2_20150514212501dd1.jpg

さて、明日の順位は?
三度目の‘ベスト10’入りか?!

(つづく)
[2015/05/14 21:31] | 統計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
友人の上京!
友人の上京!

2015年5月12日夕刻、親友中の親友からメールが来た!

「・・・突然で申し訳ないが、明日13日の夕方時間を空けてくれないか?・・・」

と言う内容だった!

そう、彼とは10代の最終段階からのお付き合いだから、もう‘56年’以上にもなる。

その内容の詳細など必要ない!
九州からわざわざ東京へ出てきたのだから、きっと‘重大事件’に決まっている!

彼は、某有名大学の教授を‘卒業’して、名誉教授になり、その足で(?)、某県の工業専門学校の‘校長’さんに転職し、それも定年(?)になって、今は福岡で悠々自適を絵で描いたような生活をしている。

その彼が、何のために上京してくると言うのだろうか?
‘学会’?‘講演会’?‘陳情’?

5月13日に夕刻、彼の指定するホテルへ着いたら、「・・部屋まで上がって来て!・・」
という。

「何事が起こったのか?!」

勿論、‘不吉な予感(失礼!)はしなかったのだが・・・

「どうしたのよ?」
「天皇陛下に御会いしてきた!」

その一言で謎は解けたのである!

‘瑞宝中綬章’!

いや、いや、考えてみれば、彼らにとってはそんな時期であり、その季節である!
気づかなかったこちらが情けない!

「先ずは、おめでとぉ~!かんぱ~いっ!」

その前に彼に会ったのは、1年前?or 2年前?

ブログで調べてみると、「‘同窓会とスカイツリー’というタイトルでの2013年11月17日の記事として‘2013年10月30日に同窓会’と言う記述があるから、そろそろ2年前!

我々にとって、‘勲章’などというものには縁がないから、余り関心もなかったが、‘触れる’環境下では考えも変ってくるというものだ!

DSC_1070 (1)-2

少し興奮していて、収まる箱の定位置から少しずれているが・・・
また、箱そのものの‘表書き’も撮らなかった!
申し訳ない!

DSC_1071-2_201505141552185a4.jpg
DSC_1071-3_20150514155219f1a.jpg
DSC_1071-4_20150514155220aba.jpg
DSC_1071-6.jpg
DSC_1071-7.jpg

デザインされている‘三種の神器(鏡・玉・剣)’についての解説は後日!

DSC_1071-5.jpg

取り出してみると・・・、

DSC_1074-2.jpg
DSC_1074-3.jpg
DSC_1074-4.jpg
DSC_1075-2.jpg
DSC_1075-3.jpg
DSC_1075-4.jpg
DSC_1075-6.jpg
DSC_1075-5.jpg

と言うことで、スマホで撮影したのだが、‘ピンボケ’もあって大変失礼なことをした・・・。ご勘弁を!
プロに依頼して、ばっちり取り直しを!

‘勲記’もあったのだが、これは勿体無いので、開かないで、とお願いした!

さてそんな訳で、ネットで検索してみると以下の画像が検索出来た!

プレゼンテーション1勲章0001-2
出典/http://www8.cao.go.jp/shokun/shurui-juyotaisho-kunsho/zuihosho.html
瑞宝中綬章・略綬(左)
The Order of the Sacred Treasure, Gold Rays with Neck Ribbon

勿論、この上の画像は、内閣府のHPに掲載されているものであるから、正式なものである!

私が撮った画像では、‘略綬’が裏返しになっているではないか!
‘知らないこと’って恐ろしい!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%A5%E7%B6%AC
略綬(りゃくじゅ)は、勲章・記章の受章者がそれらを佩用しないときに受章歴を示すために着用する綬(リボン)である。日本の政令で定められている”略綬”は円形で、欧米ではローゼット (Rosette) と呼ばれるものに相当する。しかし、日常多く見られるのは軍人等が制服に着けている長方形のものであり、一般的にも”略綬”と呼ばれているものはこのタイプを指すことが多い。これは、欧米では”Ribbon bar”、”Breast Ribbon”、”service ribbons”(英)、Service ruban(仏)、”Bandschnalle”(独)等と呼ばれているものであり、日本では内閣告示によって個人での作成と制服への着用が可とされているものである。


‘瑞宝中綬章’の価値(?)や、デザインの謂われ等々については、後日!

「おめでとうございました!長年のご努力ご苦労様でした!‘勲章と勲記’を飛行機の中に忘れないようにご注意を!」

(つづく)
[2015/05/14 16:49] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2