FC2ブログ
‘ぼら’の大群は?
‘ぼら’の大群は?


① 2015年04月28日
② 2015年04月29日
③ 2015年05月01日

の弊ブログで、特に、③の

春の小川の、‘春’の意味!
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-1196.html

に‘鯉’の大群のことを書き、

④ 2015年05月08日

のブログ

ご指摘に感謝!(その1)
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-1201.html

で、‘鯉’→‘ぼら’であることを‘宣言’して、訂正し、お詫びした!

それで、この問題はすっきりした気分になっていて、その後の‘ぼら’の成長振りを観察を続けている!

ところが、ところがである!

本日(2015年05月17日)、いつものように小川で観察をと思ってカメラを持ち出してみたが、小川は‘濁って’おり、鮮明な画像は無理だと思ったが、一応カメラに収めておいた。

その時、‘奇跡の一瞬’(2015年05月17日の弊ブログ<http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-1217.html>)
の出来事が起こったのである!

‘約2mの真近’を‘かわせみ君’が滑空して行ったのである!
偶然にもその状態がカメラに収まったのである!!

20150517 shokanoniwa 261-2
20150517 shokanoniwa 261-3

こんな偶然があるだろうか?
勿論、かわせみの映像は当然、形を成していないし不鮮明であるが、私にとってはこの画像は長年の夢が実現した第一歩であるだけに、極めて貴重なものとなった!

まあ、それはそれとして、もうひとつの大事件!

20150517 shokanoniwa 231-2
20150517 shokanoniwa 231-3
20150517 shokanoniwa 233-2
20150517 shokanoniwa 233-3
20150517 shokanoniwa 233-4
20150517 shokanoniwa 233-7

これは、どう見ても‘ひげ’である!

それじゃあ、この大群は、‘ぼら’ではなく‘鯉’?!

ところが、ところが、‘ひげ’のあるこの魚は、この群れの中では、これ一匹(一尾?)だけしか確認出来なかったのである!

20150517 shokanoniwa 233-5
20150517 shokanoniwa 233-6
20150517 shokanoniwa 234-4
20150517 shokanoniwa 234-5
20150517 shokanoniwa 236-3

さあ、面白くなってきた!

「果たして、この魚の大群は‘ぼら’なのか?‘鯉’なのか?」

そのためには、

(1) 鯉のひげは、いつから生えるのか?この調査は、後日!
(2) この小川にいる、上の一匹(一尾?)以外のこの大群の魚に今後‘ひげ’が生えてくるのか?
(3) ‘ひげ’以外にぼらと鯉の体形の違いは?この調査も後日!
(4) 今後、この大群の魚の鮮明な写真はゲット出来るのか?水面から顔を出してくれればいいのだが!

が今後の課題である!

本当の専門家に聞けば、答えは簡単なのだろうが、ど素人が己の実力だけで取り組むところに面白さがある!

(つづく)
スポンサーサイト



[2015/05/17 23:47] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
奇跡の一瞬!
奇跡の一瞬!

今朝(2015年5月17日)、いつものように我が家の車庫裏の‘小さい’小川を覗いてみた!

先日来の①‘ぼらの大群’の様子も見たかったし、②かにがこのところ姿を見せないので気になっていたし、また③おたまじゃくしの成長の具合も見たかった!

① ぼらの大群は、相変わらず小川の川底でじっとしている。まあ、それほど大きくなっているようには思えなかった。ただ、何枚も写真を撮って、PCで処理をしてみて、実は大変驚いた!肉眼では見えなかったのだが、PCで拡大等の処理してみると一匹の‘ぼら’に‘ひげ’があるではないか!

この処理画像は次回掲載する!今のところ、一匹にしか‘ひげ’は見つからないが、これが本当に‘ひげ’であると、一度‘鯉’の大群と掲載して、‘ぼら’の大群と訂正したことがひっくり返る恐れが出てきた!

② かにが数匹見つかった! これも後日掲載予定。
③ おたまじゃくしも相変わらずいたが、これも後日・・・。

さて、さて、また前置きが長くなったが、何が‘奇跡の一瞬’なのか?

実は、この小川には、もう何年も昔から‘かわせみ’が姿を現しており、一日に2回ぐらいは水面を滑空する姿を見る。この滑空の一瞬をぜひぜひカメラに収めたいと思っているが、まだ一度も滑空の状態を撮影したことがない!

ところが、ところがである!

ぼらの大群を狙っている時に、一羽の‘かわせみ’が川面を滑空して行ったのである!
「いやあ、残念!」
勿論、小川を覗く場合、いつもカメラを持っている訳ではないから、毎度撮影のチャンスがある訳ではない!

しかし、その一分後、もう‘かわせみ’のことは忘れていたのだが、‘ぼらの大群’の撮影のためにシャッターボタンを押した瞬間に二羽目の‘かわせみ’がカメラの前を横切って滑空して行ったのである!

「こっりゃあ、ひょっとしたら、ひょっとするかも?」

大急ぎでPC処理をしてみると・・・

20150517 shokanoniwa 261-1
20150517 shokanoniwa 261-2
20150517 shokanoniwa 261-3
20150517 shokanoniwa 261-4
20150517 shokanoniwa 261-5

画面を見ると、左から右へ滑空したように見られるが、実はその反対で、実際には、‘右から左へ’滑空して行ったのである!カメラとかわせみの距離は、わずかに‘約2m’!

以下のような素晴らしい写真は,いつになったら撮れるだろうか?

img_3.jpg
出典/http://blogs.yahoo.co.jp/gzmarea/34135967.html

4acdc8df7b1204da7fa272e8615c0847.jpg
出典/http://blog.goo.ne.jp/osamu7184/m/201308

05IMGP0105cb.jpg
出典/http://taka0524.blog111.fc2.com/blog-entry-735.html

(つづく)
[2015/05/17 18:33] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2