FC2ブログ
竹の子と竹の秋
竹の子と竹の秋

‘竹の秋’とは、俳句の場合、‘春の季語’である!

http://kigosai.sub.jp/kigo500a/205.html
竹の秋と竹の春:ふつうの樹木は秋に紅葉(黄葉)するが、竹は春に黄変する。これを、竹の秋という。筍に栄養分を費やすためである。逆に、秋には、筍が一人前の竹となり、若葉を茂らせる。これを竹の春という。


俳句は、17文字でかなり多くの内容を表現しなくてはならないから、‘季語’を設けてわざわざ四季を言葉で表現せずに聞き手にその雰囲気を思い起こさせると言う決まりになっていることはご承知の通りである!

わざわざ‘竹の秋’と‘秋’という言葉を使って‘春’を表現しているところに面白み・諧謔性を持たせている。したがって、この‘取り決め’を知らないと何のことか理解出来ない。

さて、上記の引用文にある通り、竹の葉に‘栄養が行かないのは‘竹の子(筍)’に栄養分をとられるからだそうだ。

普通は、春になると、竹の子(筍)ばかりに気がとられて竹そのものには関心が行かないものである!
改めて、竹やぶと竹の子とその育ち具合を見て回った!

2015年5月のことである!

DSC_0957-2.jpg
DSC_0957-3.jpg
DSC_0958-2.jpg
DSC_0959-2.jpg
DSC_0960-2_201505181753502e2.jpg
DSC_0961-2.jpg
DSC_0963-2_20150518175353e53.jpg
DSC_0963-3.jpg
DSC_0963-4.jpg
DSC_0966-2.jpg
DSC_0966-3.jpg
DSC_0970-3.jpg
DSC_0975-2.jpg
DSC_0704-5.jpg
DSC_0706-3.jpg
DSC_0706-5.jpg
DSC_0707-2_201505181800290ce.jpg
DSC_0707-6.jpg

竹の笹が黄色くなっていることが確認出来た!

‘竹の秋’とは良く言ったものだ!

(つづく)
スポンサーサイト



[2015/05/18 19:01] | 季節のど真ん中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
桑の実!
桑の実!

桑の実は、昔懐かしい果実で、我々が幼い頃の食べ物としては‘最高級品’だった!
今、スパーへ行っても多分売っていないから、その場に行って樹から直接食べるしかない・・・。

若い人達は、車で移動するから桑の実が‘収穫?’出来る場所へは行かない!
専らお年寄りの散歩の途中の楽しみになっている!

「この写真、どこで撮ったのよ?」
「教えない!」
「けち!」
「だって、教えると俺の分がなくなってしまうから・・」
「やっぱり、けち!」

DSC_1111-2_20150518134039a0e.jpg
DSC_1112-2.jpg
DSC_1113-2.jpg
DSC_1114-2.jpg
DSC_1114-3.jpg
DSC_1114-4.jpg
DSC_1115-2.jpg
DSC_1116-2.jpg
DSC_1116-3.jpg
DSC_1116-4.jpg
DSC_1117-2_2015051813433026a.jpg
DSC_1117-3_201505181343294d2.jpg

「今日辺り、最高かも?」
「ねえ~え、何処さ?」
「教えない!」
「この、どけち!」
「最初の写真が、ヒ・ン・ト !」
「えっ?」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AF
クワ(桑)はクワ科クワ属の総称。カイコの餌として古来重要な作物であり、また果樹としても利用される。

特徴[編集]
落葉性の高木で、大きいものは15mに達するが、普段見かけるのは数m程度のものが多い。樹皮は灰色を帯びる。葉は薄く、つやのある黄緑色で、縁にはあらい鋸歯がある。大きい木では、葉の形はハート形に近い楕円形だが、若い木では、葉にあらい切れ込みが入る場合がある。

雌雄異株だが、同株のものがある。春に開花する。雄花は茎の先端から房状に垂れ下がり、雌花は枝の基部の方につく。果実は初夏に熟す。キイチゴのような、柔らかい粒が集まった形で、やや長くなる。熟すと赤黒くなり、甘くて美味しい。果実には子嚢菌門チャワンタケ亜門ビョウタケ目キンカクキン科に属するキツネノヤリタケ(Scleromitrula shiraiana)、キツネノワン(Ciboria shiraiana)が寄生することがあり(クワ菌核病)、感染して落下した果実から子実体が生える。

果実[編集]
果実は桑の実、どどめ、マルベリー (Mulberry) と呼ばれ、地方によっては桑酒として果実酒の原料となる。その果実は甘酸っぱく、美味であり、高い抗酸化作用で知られる色素・アントシアニンをはじめとする、ポリフェノールを多く含有する。旬は4月~5月である。キイチゴの実を細長くしたような姿で、赤黒くなる。蛾の幼虫が好み、その体毛が抜け落ちて付着するので食する際には十分な水洗いを行う必要がある。 また、非常食として桑の実を乾燥させた粉末を食べたり、水に晒した成熟前の実をご飯に炊き込む事も行われてきた。 なお、クワの果実は、キイチゴのような粒の集まった形を表す語としても用いられる。発生学では動物の初期胚に桑実胚、藻類にクワノミモ(パンドリナ)などの例がある。


(つづく)
[2015/05/18 13:59] | 季節のど真ん中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2