ベルテルギウスの爆発について
ベルテルギウスの爆発について

このところ余り話題にはならないが、オリオン座のベテルギウスが巨大新星爆発を起こすことは、それなりに知られている!

2011年12月の初旬にあるセミ学会でこのことについて紹介をさせて頂いたことがある。

オリオン座ベテルギウスの爆発と元素の誕生0001
オリオン座ベテルギウスの爆発と元素の誕生0002
オリオン座ベテルギウスの爆発と元素の誕生0003
オリオン座ベテルギウスの爆発と元素の誕生0004

それに、それに、記念すべき本弊ブログの第1回目にこのことを書かせて貰っている!

オリオン座ベテルギウスは本当にもう爆発しているのだろうか?
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-date-201111.html

昨日、‘YOU TUBE’を見ていたら、27分もの大作(?)だが、このことをNHKの‘サイエンスゼロ’が取り上げている動画が目に留まった!


出典/https://www.youtube.com/watch?v=FK8QOJt8QYE

地球からオリオン座のベテルギウスまでの距離は、‘640光年’というから、爆発が今年地球で観測されたとしても、640年前、つまり、2015年ー640年=1375年 に爆発したことになる!

1375年ということは、日本では、室町時代の頃である!(室町時代:1338年~1466年)

この‘YOU TUBE’を見ると、ベテルギウスが如何に大きいか(直径が太陽の1,000倍←上記学会原稿にも記述)が解る!

ベテルギウスは、これだけ大きいから‘超新星爆発’を起こすのだが、太陽は小さ過ぎてエネルギーが少ないから‘超新星爆発’を起こす能力がない! ただそのまま消えていくだけである!

さあ、ここ数年の間に爆発の現象を見ることが出来るだろうか?

(つづく)

スポンサーサイト
[2015/07/31 00:03] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
金柑が、今!(その2)
金柑が、今!(その2)

我が家の金柑が花を付けたのに気づいたのは、2015年07月25日。
それも、‘花びら’が落ち始めてだったから、少なくとも7月20日前には開花していたに違いない!

<2015年07月25日10:36>

20150725 キンカンの花 028-2
20150725 キンカンの花 026-2


<2015年07月25日16:13>

DSC_1822-2_20150730120203983.jpg
DSC_1822-3_20150730120201aa0.jpg


さて、25日から毎日、この金柑の花が気になってしまい、どうやって‘受粉’が行われるのか?などと、ど素人の域を出ないで観察している!

DSC_1814-1.jpg
DSC_1814-3_2015073011372466c.jpg

これは、‘カナブン’?それとも‘ミツバチ’?

20060709_213057.jpg
出典/http://sss.jugem.cc/?eid=306 ‘カナブン’

e0083155_18494216.jpg
出典/http://hinomarufi.exblog.jp/8442259/ ‘ミツバチ’

これらとも違う‘昆虫’が、やはり金柑の香りに誘われてやって来ていた!

20150726 キンカンの花 018-2
20150726 キンカンの花 018-3
20150726 キンカンの花 018-4

さて、この昆虫の名前は?

これは、どうやら‘シオヤアブ’らしい!

c0116915_2230670雌
出典/http://marouje.exblog.jp/i56/ ‘シオヤアブの雌♀’

以下は、 ‘シオヤアブの雄♂’

出典/http://wolffia.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_deb2.html

_080710_009雄
_080710_012雄
_080710_0_106雄
_080710_003雄

これらの画像から判断すると、 ‘シオヤアブの雌♀’と思われる!

さて、さて、数日経った‘金柑の花’はどうなったのだろうか?

<2015年07月28日>

201507278 月to 026-2
201507278 月to 026-3

下に落ちた花ビラが、色が変わっているのは解るのだが・・・・
樹についている花びらまで、変色し始めている!
まだ、花が咲いて‘10日間’も経たないというのに、である!

201507278 月to 067-2
201507278 月to 067-3

もっと細かく‘接写’で見てみると、色々その過程が観察出来る!
<「‘接写’したのは、どなた?」  「‘拙者’でござる!」>

DSC_1831-2.jpg
DSC_1831-4.jpg
DSC_1835-2.jpg
DSC_1835-4.jpg
DSC_1837-2.jpg
DSC_1837-3.jpg
DSC_1837-4.jpg
DSC_1839-2.jpg
DSC_1839-4.jpg
DSC_1840-2_20150730130408b10.jpg
DSC_1840-3.jpg
DSC_1840-4.jpg

さて、この後どんな変化があるのだろうか?

(つづく)
[2015/07/30 11:23] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
金柑が、今!(その1)
金柑が、今!(その1)

2015年07月25日の朝、庭に出て驚いた!

我が家にとっては、‘大ニュース’である!

何故って?

毎年毎年実をつけていた‘金柑の樹’がこのところ‘不調’のような気がしていたからである!
まあ、そんなに気にしていた訳でもないが、毎年鈴なりになっていた。
花が咲くのがいつの季節かも余り覚えていることも無かったのだが・・・・。

<2015年07月25日>

朝10時半過ぎにお隣との境界のブロックを超えた時に気づいたのが、下の写真にある‘白い小さな花びら?’だった!

20150725 キンカンの花 019-2
20150725 キンカンの花 020-2

見上げてみると、ナントこのところすっかり衰えていた金柑の樹が、生気を取り戻して‘白い花’を付けているではないか!
前日にもこの辺の草刈をやったのに気付かなかった!

20150725 キンカンの花 026-2

見事に柑橘類特有(?)の‘白い花’を付けている!

20150725 キンカンの花 028-2

そんなに大きな樹ではないが、瑞々しくって活き活きとして‘キラキラ’と輝いて見える!

20150725 キンカンの花 028-3

全く気付かなかったが、いつ花が咲いたのだろうか?
そして、そして、金柑が花を付けるのが今頃なのだろうか?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%B3
マルミキンカン[編集]

特徴[編集]
樹高は2mほどになる。枝は分岐が多く、若い枝には短い刺があることがある。
葉は互生する。長さは5-7cm、長楕円形で厚みがあり周囲には浅い鋸状歯がある。葉が上側に反っていることが多い。葉柄には小さな翼があるがないものもある。
夏から秋にかけて3-4回、2-3cmほどの白い五弁の花をつける。雌しべは1本、雄しべは20本。花の後には直径2cmほどの緑色の実をつける(初夏につけた花は実がならないことが多い)。晩秋から冬にかけて実は黄色く熟する。


我が家の金柑がこの‘マルミキンカン’かどうかは知らないが、花を付けるのは今頃らしい!

20150725 キンカンの花 032-2
20150725 キンカンの花 037-2
20150725 キンカンの花 044-2

膝から下丸出しでカメラに夢中になっていたら・・・

20150725 キンカンの花 139-2

日本での金柑の産地が気になって‘WEB’で調べてみると・・・

data-kinkan2.png
出典/http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/kinkan.htm

http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/kinkan.htm

■キンカンの主な産地とブランド

●きんかんの主な産地
政府がまとめた平成22年産のきんかん生産量データを見ると、宮崎県がダントツで全国の70%を出荷しています。次いで鹿児島県を初め、熊本など。主に暖かいところが作られていると言うことがわかります。

●「たまたま」
たまたまは宮崎のブランドで、かつて東国原知事が宣伝されて一躍有名になりましたね。

基準は宮崎県内の温室栽培で、開花結実から210日以上を経過、糖度16度以上、サイズL以上の大きさのものとなっています。2010年に基準が変わり、以前よりもレベルを下げています。

●「たまたまエクセレント」
宮崎県内の温室栽培で、開花結実から210日以上を経過、糖度18度以上、サイズ直径3.3cm以上のものとなっています。2010年に変更されるまでは、この基準が「たまたま」の基準でしたが、「完熟きんかん」の基準が全て「たまたま」となった為に、新たに新設されました。

●鹿児島ブランド産地と「春姫」や「いりき」
鹿児島県認定のブランド産地で、川薩地区(薩摩川内市)と南さつま地区(南さつま市,南九州市,枕崎市)のハウスキンカンが認定されています。

この中で、JA南さつまでは同地区内のハウスまたは温室栽培のキンカンで、糖度が16度以上の物を「春姫」というブランドで基準を設けています。また、鹿児島県薩摩川内市入来町の「温室きんかん」で生成りで完熟させ、糖度が16度以上のものが「いりき」というブランドで出荷されています。


大粒の立派な金柑はどうやって育てるのだろうか?

(つづく)
[2015/07/29 13:02] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
憲法は法律ではない!(第三回)
憲法は法律ではない!(第三回)


A:「お陰様で、憲法論議が出来る一歩手前まで来ましたね!」

B:「Aさんご指摘の通り、日本国民の95%以上の人達は、憲法があること第九条があることなどは知っていても、‘誰のための憲法か?&何のための憲法か?’について、はっきりと理解してないねェ~!」

C:「それで‘憲法改正賛成’も‘憲法改悪反対’も無いのでしょうね!」

A:「あのNHKTV放映中の‘ちゃんぽん食べたか’(さだまさし作)のドラマで、安保デモに行く時の‘動機’が、‘パンが貰える’という、正にあの状態が日本の一般人の動機で、『これが憲法問題を議論である!』と言われても無責任であるよなぁ~」

B:「ところで、憲法違反云々での正式な論争・裁判は、‘憲法裁判所’なるものが必要なのに、日本には‘憲法裁判所’が無いって本当?」

A:「本当!」

C:「なんでェ~?」

A:「実は、変に思われるかもしれないが、‘憲法’に‘憲法裁判所を作らない’とう意味のことが書かれてあるらしい!」

C&B:「第何章、第何条なの?」

A:「第6章、これは‘司法’に関しての章で、その第81条に・・・」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%
BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC81%E6%9D%A1

日本国憲法
第八十一条  最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。


A:「つまり、最高裁にその権限がある、ということだそうだ!」

600px-Politics_Under_Constitution_of_Japan_02.png
出典/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%
E6%86%B2%E6%B3%95?sa=X&ved=0CBwQ9QEw
A2oVChMI8trvucv9xgIV5mGmCh3gWAHm


B&C:「あ~ぁ、段々ややこしくなってきたぞ!」

A:「まあ、この辺にしておきますか?」

B&C:「憲法とは、平たく言うと、『国家を‘操縦する’憲、つまりお役人が暴走することに規制を設けるための‘法’である』と思っておけばよい、ってこと?」

A:「よ~く出来ました!」

B&C:「そして、その憲法についての合憲・違憲を判断するのが‘憲’、つまりお役人である最高裁、ってこと?」

A:「そう、そう、一寸納得行かないよね?!ただし、世界各国の憲法に関して日本と同様なやり方は‘アメリカ式’で、憲法裁判所を持つやり方は、‘ドイツ式’だそうだ!」

(つづく)
[2015/07/28 19:04] | 国家と憲法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
憲法は法律ではない!(第二回)
憲法は法律ではない!(第二回)

A:「改めて、もう一度ゆっくり、じっくり日本国憲法の前文をお読み下さい!」

<日本国憲法・前文>

zenbun.gif
zenbun2.gif
出典/http://www.geocities.jp/chap_9seto_t/zenbun_for_keiji.htm?sa=X&ve
d=0CDoQ9QEwEjgoahUKEwi1-ZzosPrGAhULm5QKHb9WCMw


a0132906_9254912.jpg
出典/http://jindaiji1.exblog.jp/?sa=X&ved=0CDYQ9QEw
EDiYAmoVChMIh4iE6bT6xgIVwpGUCh0DzgrD

‘ぼんくら三人(A,B&C)’の鼎談!

B:「Aさんよ、普段冗談しか言わないあんたが、またなんで、こんな小難しいことを?」

C:「そう、そう、この暑さでどこかおかしくなったの?」

A:「暑さのせいもあるかもね!でも普段から俺ってさ、少しどころか相当おかしいよね?」

B&C:「そう、そう!でも、今日は大真面目ジャン!それで何故今?」

C:「あんたサ、‘憲法は法律ではない!’ってこと、前から知ってたってこと?」

A:「うんにゃ~」

B:「じゃあ、何で急に?」

A:「NHKのラジオ・‘深夜便を早朝に’聞いていたらサ、出演者の誰かが、‘憲法は法律ではない!’って言ってるジャン!」

C:「へ~っ!」

B:「Cさん、Aさんがまた‘深夜と早朝の違い’って知ってる?って言い出しそうだね!」

A:「あっ、そうか!でも、今日は大真面目に、‘憲法と法律の違い’について、お得意のWEB調査の結果をご披露という・・・」

B&C:「判った!分かった!解ったよ!」

http://www.kenpow.jp/%E3%80%90%E6%86%B2%E6%B3%95%E3%83%88%E3%83%
AA%E3%83%93%E3%82%A2%E2%91%A9%E3%80%91%E3%80%8C%E6%86
%B2%E6%B3%95%E3%81%A8%E6%B3%95%E5%BE%8B%E3%80%8D%E3%8
1%AE%E9%81%95%E3%81%84%EF%BC%9F/

「憲法と法律」の違い?

日本のうんちく「憲法と法律の違いは国家と国民の違い」
憲法と法律の違いなんて、普段の生活の中では深く考えませんよね。
しかし、訊ねられると「どう違うのだろう」と考え込んでしまいます。
単純に言うなら

「憲法は国家権力に対して制限を行い、国民の人権を保障する」ものであり、

「法律は国家権力が国民に対して制限を掛ける」ものです。

もっと簡単に言うなら、憲法は国のルールで、法律は国民のルールでしょうね。

ただし、法律は憲法に定められた範囲内で作られるため、国家にとって都合の良い法律は作れません(基本的には)。

また、日本では憲法、法律の他にも「政令」「条例」があります。
法律は国会で作りますが、政令は内閣で作り、条例は地方公共団体が作るように、制定する組織が違います。


A:「どうですか?違いはご理解いただけましたか?」

B&C:「な~るほど!」

C:「じゃあ、もう少し、憲法の‘憲’ってどんな意味?それが解れば、‘憲法’が‘憲を裁く法’という意味になるだろうから・・・!」

A:「Cさん、見上げたもんですナ!普段、Cさんは‘バカ’か?、‘馬鹿’か?と思っていたけど、少しはましなところも・・・?」

B:「Aさん、それって‘褒め言葉’になってないよ!ねえ、Cさん?」

C:「いや、いや、こんなに褒められたこと今まで無い!」

A:「えっへん!‘憲’の字の意味を突き詰めるには、‘憲の字’の成り立ち・由来を知らなくては・・・」

k-959.gif
出典/http://okjiten.jp/kanji959.html
形声文字です(目+害の省略形)。「屋根」の象形と「切りつける」象形と「目」の象形から、目を削り取る刑を意味し、そこから、「おきて」・「法律」を意味する「憲」という漢字が成り立ちました。(「心」はのちに付される事となりました。)

B:「それで、それで、‘憲’の意味は?」

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/69070/m0u/
けん【憲】 [音]ケン(漢) [訓]のり
[学習漢字]6年
1 基本となるおきて。「憲章・憲法/家憲・国憲」
2 憲法。「違憲・改憲・護憲・合憲・制憲・立憲」
3 取り締まる。役人。「憲兵/官憲」


A:「憲の意味で、大事なのは‘役人’という意味!」

C:「そうか、そうか!‘憲法は役人を取り締まる法’ってこと?」

A:「大正解(だと思う)!」

B:「じゃあ、‘違憲’かどうかの判断は、‘役人である裁判官’がやってはいけない、ってこと?そして、‘憲法改正’は?」

A:「Bさんのご指摘が本シリーズの核心!お見事!」

(つづく)
[2015/07/27 13:03] | 国家と憲法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
憲法は法律ではない!(第一回)
憲法は法律ではない!(第一回)

017.jpg
出典/http://wooden-free.com/01-figurines/017-figurines.html?sa=
X&ved=0CBoQ9QEwAjgUahUKEwi3rJ_MhPnGAhVKnZQKHbatAhU


A(赤):「Bさん、Cさん、知ってました?‘憲法が法律ではない’ってこと?」

B(黄):「えっ?憲法はその国家にとって、最重要の‘法律’って物じゃあないの?」

C(緑):「私も、Bさんと同じ意見だけど・・・」

A:「‘憲法’を知らずして‘憲法’を語る無かれ!」

Aさんの意見はこうである!

近世における日本国民の夏の最大義務は、‘終戦’という日本国始まって以来の‘敗戦’という大惨事を思い起こし、「‘国家’とは何か?」、「‘憲法’とは何か?」の‘正体議論’をすべきである!
その中でも‘憲法論議’こそ、延いては‘国家論議’に繋がる。

まず、‘憲法論議’の前に、「‘憲法’を知らずして‘憲法’を語る無かれ!」というのが、Aさんの意見らしい!

c0025115_22455241.jpg
c0025115_22454980.jpg
出典/http://shinka3.exblog.jp/20002882/?sa=X&ved=0CC
AQ9QEwBWoVChMIsL6Il_b4xgIVRh2UCh0kqwHP

1947年5月3日から施行された日本国憲法の原文です。本文の前に天皇並びに内閣の署名入りの公布書がついています。

A:「Bさんも、Cさんも日本国憲法の‘前文’なんて一度も読んだことも無いでしょう?‘読んだ’なんて威張ったって、‘見た’程度でしょう?」

B&C:「まあ、そんなとこ!」

A:「じゃあ、この際60年ぶり(?)に、一寸我慢して‘前文’だけでも、ゆっくり‘読んでみて下さい!」

B&C:「ま、仕方ないね!国民の義務を果たしますか!」

出典/http://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM
前 文
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


A:「どうです?憲法論議の準備は出来ましたか?」

B&C:「いんやぁ~、何にも判んねェ~!」

A:「そうでしょう!日本国憲法前文には、‘憲法とは何か?’が明確に書いてないのです!」

B&C:「それじゃあ、何処に書いてあるのよ?」

A:「それは、・・・」

(つづく)
[2015/07/26 23:06] | 国家と憲法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ペットボトルキャップの不思議!
ペットボトルキャップの不思議!

ペットボトルに関する情報は沢山ある。
飲料、調味料、酒類の容器として使用されるし、空き容器の再利用として便利だからである。

しかし、これだけ利用されるのに‘牛乳用容器’として使用されないの何故だろうか?

最近、食中・食後の飲料として注目を集めているのが、 ‘脂っこい食事に’と銘打った飲料である!

こんな類の商品を購入したことは今まで無いのだが、先日いつものスーパーへ行った時に、新発売キャンペーン(?)だったのか、2L入りが6本でナント‘600円’だという!

その名も、 「食事の脂にこの一杯。」という商品名。
‘。’が商品名に入っている商品も珍しい!

と言う訳で、600円で2L6本入り一箱(1本100円!)購入してきた。
通常の売値が、2L1本で‘330円’だというから、大サービスである!

そこで、記念に(?)と言うわけで写真撮影!

20150720 お茶ボトルと蓋 001-2
20150720 お茶ボトルと蓋 006-2
20150720 お茶ボトルと蓋 008-2
20150720 お茶ボトルと蓋 010-2
20150720 お茶ボトルと蓋 038-2

このキャップの端っこにある‘小さい穴’は何のため?
そして、この‘穴’の側面のぎざぎざの様子を見ると、同じ長さの溝・山が整然と並んでいる!

20150720 お茶ボトルと蓋 039-2

ところが、ところが、一緒に撮影した‘お~いお茶’では、同じようにキャップの天面には同じように‘小さい穴’もあるが、側面のぎざぎざ山が、穴の箇所だけが‘短い’!

20150720 お茶ボトルと蓋 034-2
20150720 お茶ボトルと蓋 014-2

これは一体何?

調べてみると・・・

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/570753.html
キャップの横のギザギザで1本短いものは
ボトリングという中味を詰める製造工程で
キャップの締め具合を管理するためにあるものです


ペットボトルのキャップには、その他にも、‘ベントホール’などというものもあるらしい!
これについては次回!

また、ペットボトルそのものについての‘風説’について・・

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%
88%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB

ペットボトルに関する事件・事故[編集]
民家の軒先に置かれた猫避け用の水入りペットボトルペットボトルに水を入れ、玄関先などに置いておくと野良猫避けになるとの情報が流布した時期がある。その後、各地でそのような光景がみられるが、これを行ったことにより、ペットボトル中の水が太陽光を収束させ火事になった事故(収れん火災)がある。なお、今日ではこれら水入りペットボトルの風説については、消費者団体やテレビ番組上での実地テストにより、効果が全く無い事が知られている[10]。


(つづく)
[2015/07/25 22:29] | 技術の進歩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今日のガソリン価格
今日のガソリン価格

今日とは、2015年07月24日(金)のことである!

世界情勢の変化に敏感に反応するのが、‘ガソリンの価格’である!

我が家の車に入れる場合、いつも30L前後であるから、5円/L違っても150円の違いだから、往復20kmも離れたところへ安いからといって出かけてもそんなに得にはならない!

それでも、‘1円/L’でも安いスタンドへ出かけるのが人情というものなのだろう!

さて、今日は午前中に大網白里市(千葉県)に出かける用事があった。
その途中のガソリンスタンドでは、ナント、‘129円/L’というではないか!

DSC_1789-2_20150724225637e11.jpg
2015年07月24日10:56

DSC_1789-3_201507242256368a4.jpg

車の残余表示では、10本の内‘3本’しか立っていない!
これはもう入れなきゃ~、と言う訳で、カード引き‘1円/L’と合わせて、‘128円/L’でゲットという次第!

車のガソリンは、千葉県が最も安価であるとは聞いてはいたが・・・。

そこでWEBで調べてみた。
2015年07月24日22時集計のデータが以下。

最近7日間の平均価格の都道府県ランキングだそうだ!
出典/http://gogo.gs/rank/ave.html

ガソリン価格-1

細か過ぎて見えにくいので、トリミングすると・・・
‘20位’まで・・。

ガソリン価格-2

ガソリン価格-4

ガソリン価格-3

噂通り、千葉県が一番安価である!
それって、何故?

(つづく)
[2015/07/24 23:21] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
夏の早朝の散歩は?(その2)
夏の早朝の散歩は?(その2)

一昨日(2015年07月21日)は、06:00丁度に散歩に出発したのだが、予想に反して暑かったのである!
道理で‘早朝散歩名人’といわれる人達が、日の出とともに散歩に出るということが多少理解出来た!

と言う訳で、昨日は05:22に出発!
一昨日よりも‘38分’も早い・・・。

一昨日よりも涼しいことが判ったが、それでも予想以上に涼し過ぎることは無かった!
やはり少し暑い・・・。

DSC_1799-2.jpg

途中で、‘ビキタン’に出会った!

DSC_1791-2.jpg
DSC_1791-3.jpg

影は、私のズボン。したがって、影の直径は‘20cm’以下だから、‘ビキタンの身長’は、わずか1円玉の直径の1.5倍くらい、つまり約3cm程度。
ぴょん、ぴょん跳ねるのだが、自分の直径の10倍位も跳び上がることが出来るのを改めて認識した!

さて、大分前にこのブログでも紹介したが、栗の実がそれなりに大きくなっていた!

DSC_1792-2.jpg
DSC_1792-3.jpg

およそ、一ヶ月前(6月24日)の同じ栗の樹の実の様子は・・・。
こんなに小さかった!

DSC_1660-2_20150723013000c09.jpg

そして、一昨日は、朝露でびしょ濡れだった草は、昨日は以下の写真のように濡れている事も無かった!

DSC_1798-2.jpg
DSC_1798-3.jpg

これは一体何故?
多分湿度の加減なのだろう!

久し振りの朝散歩で、‘川鵜’が相変わらずの電線に止まっているのが見て取れた!

DSC_1801-2.jpg
DSC_1801-3.jpg

そして、そして感激したのは、富士山である!
湿度との関係で、7月の朝に富士山が見えるのは‘稀’である!

DSC_1800-2.jpg
画面の中央に・・・
拡大すると・・・

DSC_1800-3.jpg
DSC_1800-4.jpg
この画面の中央に、うっすらと・・・

富士山ー2-2
赤い看板が立っている訳ではない!
千葉県茂原市と富士山とは、直線距離で、約150kmもあるのだが、うっすらと見える!
これは‘感激’!

(つづく)
[2015/07/23 02:11] | 富士山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
夏の早朝散歩は?(その1)
夏の早朝散歩は?(その1)

<7月21日の場合>

関東地方・千葉県の昨日(2015年07月21日)の日の出の時刻は、場所によって変わるのは当然だが、およそ04:38~39頃らしい。

そして、最低気温は、24~25℃位で、最高気温は、33~35℃位だそうだ。

ご存知の通り、気温は日本の場合、地上から、‘1.5m’の高さの百葉箱の中の大気温度と定められている。
地上すれすれの大気温度は、2~4℃低いというのも常識のようだから、今頃は足元は、‘20℃前後ということになる。

そうであれば、早朝の散歩は、最高気温からおよそ約15℃も低いのだから、さぞ気持ちがいいのだろうと思って06:00に出発した!

ところが、ところがである!

DSC_1779-2.jpg
DSC_1756-2.jpg
DSC_1757-2.jpg
DSC_1758-2.jpg

ご覧の通り、日陰から出ると、朝06:10というのに太陽からの熱は真昼とそんなに変わりがない?程度で、それはもう暑かった!

この時の感想:

① 朝6時の出発では遅過ぎる。4時半には、日は既に出ているのだから・・・。
② 散歩の達人の‘Mさんご夫婦’が、6時には散歩から帰られる意味が理解出来た!

この日は、湿度の高さと日の出前の少々の冷え込み(?)のお陰で、草の葉っぱには‘朝露’が降りていた!
その水玉がキラキラと反射して、昼間には見られない光景だけが朝の暑さを忘れさせてくれた!

DSC_1751-2_201507220926470c3.jpg
DSC_1751-3.jpg
DSC_1751-4.jpg
DSC_1753-3_20150722092652b5d.jpg
DSC_1753-4.jpg

また、場所によっては、こんな朝露も・・・。

DSC_1783-2.jpg
DSC_1783-3.jpg
DSC_1783-4.jpg

‘乾田’での稲穂が実をつけ始めて‘中干し’が終わり、田圃にも水が戻ってきた!

DSC_1777-2.jpg
DSC_1778-2.jpg

そして、夏休みが始まって、小学生たちが広場に集まって来た!
ラジオ体操かな?とも思ったが・・・。

DSC_1771-2.jpg
DSC_1768-2_20150722093808fa4.jpg
DSC_1770-2.jpg
DSC_1770-3.jpg
2015年07月21日06:20

この田圃周辺で、子供達に会えるチャンスはそんなにない!
これも、一寸遅く家を出た‘怪我の功名’?とでも言うものかも?

帰り着いた時には、‘手’まで汗びっしょり!

DSC_1789-2.jpg
DSC_1789-3.jpg

水シャワー、結構気持ちがいい!

明日は早起きで、早朝散歩に挑戦! 目標:05:30に出発!

(つづく)
[2015/07/22 09:51] | 猛暑 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
千葉県・茂原市での早朝火事
千葉県・茂原市での早朝火事

2015年07月21日。
この日は、関東地方梅雨明け宣言の翌朝である!

ここのところの暑さと‘大相撲名古屋場所’の放映と草刈りが重なり合って、散歩に行くチャンスがなくなっていた。

「明日は‘早起き’をして涼しい内に散歩に行こう」という訳で、5時半過ぎに起き出したのだが、結局家を出たのは6時になってからだった。

毎朝夕の散歩を一年365日(多分?)欠かされたことの無い‘Mさんご夫婦’に家を出た途端にお会いした!
‘Mさんご夫婦’は、恐らく5時半よりずっと前には散歩に出られていたに違いない。散歩から帰られた時だったのである。

「火事はもうおさまったようだ!」

との情報を寝ぼけ眼・頭で聞きながら、いつも通りの田圃の道を歩き始めた!

歩き始めて約30分経過した頃、田舎では珍しく、‘ヘリコプター’が西の空に大きな音を立てて‘ホバリング(hovering:空中に留まること)’しているではないか!

「・・かもしれない!」

生憎望遠の利かないスマホしか持っていない!

<2015年07月21日06:27>

DSC_1784-2.jpg
DSC_1784-3.jpg
DSC_1785-2.jpg
ここにも写っているのでございます!
拡大すると・・・

DSC_1785-3.jpg

DSC_1785-4.jpg
この靄っているのは火事の煙??

さて、07:00頃に家に帰って、WEBで検索したが、まだ何処のニュースにも登場していない!
やっと、NHKが・・・。(以下の画像は、NHK・TVの画面をカメラで撮影したのものである)

DSC_1784-1-2.jpg
DSC_1785-1-2.jpg
DSC_1786-1-2.jpg
DSC_1787-1-2.jpg
DSC_1788-1-2.jpg
DSC_1789-1-2.jpg
DSC_1791-1-2.jpg
DSC_1792-1-2.jpg
DSC_1793-1-2.jpg
DSC_1794-1-2.jpg
DSC_1795-2.jpg

10時過ぎになって、WEBにも登場!

出典/http://www.news24.jp/nnn/news890107113.html
花火店倉庫が全焼 2人死傷 茂原市(千葉県)

NEWS24_1071131.jpg

千葉県茂原市で21日早朝、花火店の倉庫を全焼する火事があり、1人が死亡、1人が全身にやけどを負った。 21日午前4時半すぎ、茂原市千町で「花火の倉庫が燃えている」と消防に通報があった。火は倉庫1棟を全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかったほか、60代の男性が全身にやけどを負い、病院に搬送された。警察によると、倉庫には廃業した花火店の火薬が保管されていて、近所の住民は「バン、バンという音がした」と話しているという。 やけどを負った男性の妻で60代の女性と連絡がとれておらず、警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに出火原因を調べている。
[ 7/21 10:20 NEWS24


原因は、一体何だったのだろうか?
我が家から、ほんの数kmのところである!
ご用心!ご要慎!

(つづく)
[2015/07/21 12:29] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
羽蟻の正体!
羽蟻の正体!

「羽蟻って知ってる?」
「も・ち・ろ~ん!」
「でっ?」
「シロアリの、っでしょ!?」
「それもあるけど、それだけじゃあないんだって!」
「えっ?他にもあるの?」
「そ~、こちらも知らなかった!」
「へ~~~っ?」

2015年07月19日の朝、ナント‘網戸’に‘羽蟻’が止まっているではないか!

20150717 蜘蛛と鯉19日羽蟻 009-2

20150717 蜘蛛と鯉19日羽蟻 009-3
20150717 蜘蛛と鯉19日羽蟻 012-2
20150717 蜘蛛と鯉19日羽蟻 012-3

網戸の‘一目’は、約1.25mm だから、‘4目で約1cm’!
それから判断すると、この羽蟻の身長は、約1cm であることが判る・・・。


羽蟻を発見したら・・・
出典/http://blog.livedoor.jp/akiyamakensetsusyain/archives/51337341.html

これから7月の梅雨くらいにかけて、羽蟻の発生時期です。
この羽蟻が普通のアリなのか?それとも住宅に被害を及ぼすシロアリなのか?? 素人目ではなかなか区別がつきません。

そこで、簡単な見分け方法を紹介します。


ee6cb45c羽蟻
出典/http://blog.livedoor.jp/akiyamakensetsusyain/archives/51337341.html

日本に生息するシロアリの種類は17種類。その中で住宅に被害を及ぼすのは、ヤマトシロアリ、イエシロアリ、アメリカカンザイシロアリの3種類だけです。
分布では、静岡に多いのはヤマトシロアリとイエシロアリです。

実は、建築時に必ずやる防蟻処理(5年保証)は、その保証対象がヤマトシロアリによる被害に限られていて、イエシロアリの被害は免責となっているケースが大半です。本当はヤマトよりイエシロアリの方が、大きなコロニーを作って、木造家屋に甚大な被害を及ぼすんですけど、とにかく家屋に侵入させないことが大事なので、専門業者による定期的な点検だけでも実施することをお薦めします。

ちなみに、分類で違うのは、普通のアリは<ハチ目:スズメバチ上目:アリ科>。シロアリは<ゴキブリ目(またはシロアリ目:シロアリ科>なんだそうです。
シロアリは蟻ではなくゴキブリなのでしょうか? よくわかりませんが、いずれにしろ「嫌われ者」には代わりありません。


20150717 蜘蛛と鯉19日羽蟻 017-2
20150717 蜘蛛と鯉19日羽蟻 017-3
上記引用文献の判定基準の内、残念ながら上下羽の長さの違いは画像からは判らないが、‘触覚’及び‘胴体のくびれ’具合からみて、網戸にとまった羽蟻の正体は、 ‘クロアリ’の羽蟻だと断定出来る!

世の中知らないことだらけ、‘クロアリ’の羽蟻とは一体何??
‘クロアリ’とは、普通の蟻でと思っているのに、‘羽’があるなんて!?
何のための‘羽’なのだろうか?

蜘蛛同様、蟻の世界も複雑怪奇!
世界中にはどのくらいの種類の蟻がいるのだろうか?

(つづく)
[2015/07/21 06:50] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
衝撃!一滴の血液でがん検診が・・
衝撃!一滴の血液でがん検診が・・

この話題は、TV・ラジオで取り上げられたから、わざわざこのブログ如きで取り上げる必要は無いのだが、やはり‘衝撃的な’ニュースだけに私見も残したくて・・・。

http://www.j-cast.com/tv/2015/06/18238051.html
1滴の血液で「がん発見」診断たった3分!すい臓がん、胃がん、大腸がん・・・年内にも実用化

1滴の血液をたった3分検査するだけで身体にがんがあるかどうかがわかる画期的な方法を昭和大学の研究者が開発した。「ある」とわかったら、「どこか」を突き止めるのは容易で、早期発見・治療につながると期待される。年内にも実用化を目指すという。

さらに詳しい検査で部位特定

昭和大学江東豊洲病院の伊藤寛晃医師(48)らと神戸市の医療機器会社がこの診断法を開発し、伊藤医師がきのう17日(2015年6月)に実際の診断手順を披露した。遠心分離機で分離させた血液成分を特殊な金属チップに乗せ、紫外線などを当て部屋を暗くすると、モニターに光る点が見えてくる。がん細胞が免疫細胞に攻撃された時に血液中に溶け出す「ヌクレオソーム」という物質だ。血液中にこれがあればがんがあるということになる。



出典/https://www.youtube.com/watch?v=VBRR1ijuoa0

http://blog.goo.ne.jp/nobutoshi3/e/dd0
f4a744496d20c35ece829c70e8df2

血1滴でがん判定f2adaad13fbd57f3e5be6faa85756ae9.jpg紫外線を当てると発光

 佐谷秀行・慶応大教授(主要生物学)の話「実用化には数多くの症例で正確にがんを判別できるか検証する必要があるが、判別の仕組みは素晴らしく、今後に期待が持てる研究だ」

昭和大が新技術
紫外線を当てると発光 がん患者の血液に含まれる物質が放つ光をとらえ、がんの有無を判定する新技術の実用化に向けた研究を始めたと、昭和大江東豊洲病院の伊藤寛晃講師(消化器外科)らの研究グループが21日、発表した。1滴の血液で判定が可能といい、「がんの早期発見技術として確立したい」としている。

 がんの血液検査は現在、がんになると血液中に増えやすいたんぱく質などの「腫瘍マーカー」を調べる方法があるが、初期のがんでは検出されにくく、がん以外でも陽性となる可能性があるなどの課題がある。

発表によると、伊藤講師らは、医療機器会社「マイテック」(神戸市)が開発した特殊な金属チップに血清を付着させると、がん患者の場合だけチップ表面に「ヌクレオソーム」という物質が結合することを発見した。この物質は、がん細胞が免疫に攻撃された際に血液中に溶け出すとみられる。これまでの研究成果は、同日付の英電子版科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

 さらに、チップに紫外線などを当てる蛍光顕微鏡で観察すると、がん患者では発光したが、良性腫瘍の患者では、ほとんど光らないこともわかった。がん患者の場合、紫外線などを当てると光るヌクレオソームが、チップに多量に結合するためらしい。

 今年4月以降、良性腫瘍とがん患者計20人の血液をこの手法で解析したところ、がんを100%判別できたという。血液によるがんの判定については、国立がん研究センターなども昨年度から、別の物質を使った研究を進めている。伊藤講師は「ヌクレオソームを使えば早期発見が期待できる。健康診断に使えるようにしたい」と話す。


b_08128906.jpg
出典/http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201506/p1_0008128905.shtml
膵臓がん患者の血液中のがん関連物質ヌクレオソームが緑色に発光している画像(マイテック提供)

現時点での結果は、極めて素晴らしい!

今後は、

① ‘信頼性’の研究
② これら以外の癌に関する応用研究

に焦点を合わせた実用化研究が必要である!

新国立競技場建設の経費を含めた事業を白紙に戻した場合の‘浮いた1,000億円’をこの実用化研究に当てるべきである!

(つづく)
[2015/07/20 00:21] | 健康と医療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
稲の生長は、今!
稲の生長は、今!

関東地方・千葉県茂原市での今年(2015年)の田植えは、4月の下旬だった。

この様子は、本弊ブログ(今年の田植えはもう済んだ!<http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-1195.html>)にも書かせて貰っている。

<2015年04月29日>
DSC_0671-2_201507181309144a9.jpg
DSC_0669-4_20150718130913531.jpg
DSC_0676-3_20150718130909f52.jpg
DSC_0676-4_20150718130911c6b.jpg
DSC_0714-2_20150718155107b36.jpg
DSC_0731-2_20150718155106431.jpg

田植えから約40日が経過した。

<2015年06月08日>
20150608 散歩 029-2
20150608 散歩 031-2
20150608 散歩 030-2
何ら障害も無く順調に生長しているように思われる・・・。


さて、6月24日にいつも通り、田圃の中の道を歩く散歩に出た。
この時に気づいのが、 ‘田圃に水が無い’ということだった!
不思議に思って、散歩の途中に出会った地元のご老人に質問して、お教え戴いたことが「‘乾田’における‘中干し’」という現象である!
このことは、次の弊ブログに書かせて貰っている・・・。

<2015年06月24日>
水田の‘水の役割’と‘乾田’について(その1)<6月24日のブログ>(http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-1267.html
水田の‘水の役割’と‘乾田’について(その2)<6月25日のブログ>(http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-1268.html

20150624234743042_2015071816471820e.jpg
20150625101937a54_20150718164719f84.jpg

このことをお教え戴いた方・・・

20150625101940333_201507181649403c1.jpg
このご老人(87歳!)


さて、田植えから約2ヵ月半が経った!

<2015年07月15日>
DSC_1669-2_20150718155546d57.jpg
DSC_1670-2_20150718155547d29.jpg
DSC_1670-3.jpg

もうすっかり‘穂’を付けている!

6月24日に「‘乾田’における‘中干し’」という現象をお教え戴いたご老人は、

「稲が穂を付けた後、‘中干し’を終わりにして再び田圃に水を入れる」

と仰せだった!

DSC_1672-2_20150718155550a5b.jpg
DSC_1673-2.jpg
この田圃はまだ‘中干し’を終えていないが・・・

次の田圃は、もう水を入れ始めていた!

DSC_1676-2_20150718155940da3.jpg
DSC_1681-2_20150718155942f9d.jpg
DSC_1695-2_20150718155945dcd.jpg
DSC_1695-3.jpg

多分、その日(7月15日)になって水を入れ始めたのだろう!
久し振りの水に‘田圃が喜んでいる’ようにも見えた!

DSC_1683-2_201507181559436ea.jpg

さて、今年の稲は豊作なのだろうか?
台風11号の影響はほとんど無かった!

(つづく)
[2015/07/19 07:24] | 農業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コガネグモの背中!
コガネグモの背中!

2015年07月16日の本弊ブログ(http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-1293.html)で、‘造網性’の代表:コガネグモについて書かせて貰ったが、その時の引用文献の写真と私が撮影した写真とを掲載したが、その時の文献の写真は、‘背中’で、私の撮った写真は‘腹側’だった!

コガネグモ
出典/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AC%E3
%83%8D%E3%82%B0%E3%83%A2
 アブラゼミを捕獲したコガネグモ(背中側)

20150714 蜘蛛と 006-2
こちらが‘腹側’!

これでは、プロならいざ知らず素人では同じ‘コガネグモ’といわれても納得が行かない!
‘決め手’は、「隠れ帯」(or「白帯」)にあるのだが・・・。

「残念ながら、背中の部分は背後に回ることが出来ないために撮影不能!」

と書いている!

ところが、ところがである!
ここのところの台風11号の影響で、台風の目から遠く遠く離れた我が家のある千葉県茂原市でも、風速10~25m/s(?) のお陰(?)で、我が家の外壁に網を張っていたコガネグモの網が吹き飛ばされてしまって、またほぼ同じ場所に新しく網を張ったのである!

蜘蛛にしてみれば、同じ失敗を繰り返したくないと考えたのか、少し角度を変えて造網したと言う訳!
そのお陰で、今度は背中が見える状態になったのであ~る!
「やった~!」

20150717 蜘蛛と鯉 001-2
20150717 蜘蛛と鯉 002-2
20150717 蜘蛛と鯉 002-3
20150717 蜘蛛と鯉 244-2

一寸角度を変えてみると・・・。余り意味がある訳ではないのだが・・。

20150717 蜘蛛と鯉 245-2

そこで、先般撮影した‘腹側’の画像を再度・・。

DSC_1669-2_20150717182503dbd.jpg
DSC_1670-2.jpg
20150714 蜘蛛と 039-2

背中側も腹側の画像にも、コガネグモの最大の特徴の一つ、‘決め手’の「隠れ帯」(or「白帯」)がちゃんと写し出されている!

(つづく)
[2015/07/18 00:01] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
葉タバコの生長は?
葉タバコの生長は?

日本人の喫煙者数が激減していると同時に喫煙者でも喫煙量を減らしているという!
常識的にはそうであることもよく判る。
統計的にもそれが事実であることを示している。(以下の統計値)

ha_taba.jpg
出典/http://ao-akaki.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/jt42-d07d.html

葉タバコとしての輸入の他に、完成品の輸入もある。1990年以降、葉タバコは輸入、国内生産とみに減少傾向にあるが、完成品の輸入量は増加している。つまり、タバコの販売量は全体として減っているものの、輸入品は増えている。国内生産のタバコはとても減っているということである。タバコの販売不振は、健康志向とそれを推し進める策としての値上げが要因である。
葉タバコの栽培には、JTと売買契約する必要がある。契約は、たばこ耕作組合が農家の委任を受けて一括して行う。組合が無い場合には組合をつくってということになるが、現実的ではないだろう。葉タバコの種子は契約面積に応じてJTから無償で配布される。農家の収入は10a当りの販売代金が平均45~55万円で、所得率は65%という。葉タバコ代金に消費税も支払われるし、良質の葉を得る為に奨励金も用意されているという。


しかし、しかしである!
我々が住んでいる千葉県茂原市では、20年前に越してきた時には、葉タバコ畑は一つも見当たらなかった(と思う)のに、ここ数年かなり畑が増えてきているように思われる。

気になっていたのは、

① タバコ農家の収入がそれほどいいのだろうか?<上記資料で納得!>
② ‘連作’は可能なのか?
③ 取り残しの残渣が土壌に悪影響を与えないか?
④ 空気汚染や田圃や畑への悪影響は無いのか?

等々である。

その畑を見てみると・・・

<2015年04月29日>
DSC_0708-2_20150716211929c74.jpg
DSC_0709-2_201507162119319f9.jpg
DSC_0710-2_20150716211928257.jpg

<2015年05月18日>
DSC_1193-2_20150716212203a1e.jpg
DSC_1194-2_2015071621220510e.jpg
DSC_1195-2_20150716212202a07.jpg

<2015年07月15日>
DSC_1690-2.jpg
DSC_1688-2_20150716212638162.jpg
DSC_1694-2_20150716212641950.jpg
DSC_1694-3_20150716212636ddf.jpg

タバコ農家では、JTから無料で配布された‘種子’を約一ヶ月掛けて苗に育て畑に移す。
上記の<4月29日>の写真は、畑に移されて約10日経過したものと思われる。
そして、<7月15日>の写真から約1週間以内に収穫されるものと思われる。

となると、種子を撒いたのが、4月19日の1カ月前、つまり、3月20日頃から始まって、7月20日頃収穫となると、収穫までに約4ヶ月ということになる。

しかし、収穫したら直ぐにJTが引き取る訳ではないらしい。
乾燥という工程約1ヶ月間を経てやっとJTへの納入・・。

つまり、約5ヶ月でやっと収入が得られるという訳である。
上掲の文献データから推察すると、

1ha(ヘクタール=10,000㎡≒3,000坪)の農地を持つタバコ農家では、5ヶ月間での収入が、約500万円ということになる。
これが平均的には、65%の収入ということだから、タバコ農家の年間の収入は、約770万円也ということなのだろうか?

ただし、3,000坪の農地が必要である!(1万円/坪の場合、3,000万円の資金が必要となる!)

<参考データ>(出典/http://www.tochikatsuyou.net/farmland/baibai/

・標準的な営農水準における農地価格平均(10アール:約1反≒300坪)

  地域
純農業地域    (田) 130.1万円  (畑) 95万円
都市的農業地域 (田) 387.8万円  (畑) 362.8万円

② ‘連作’は可能なのか?
③ 取り残しの残渣が土壌に悪影響を与えないか?
④ 空気汚染や田圃や畑への悪影響は無いのか?

については次回以降に・・・。

(つづく)
[2015/07/17 00:21] | 農業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
入道雲と巨大虹!
入道雲と巨大虹!

2015年07月の日本列島は、これまでにない‘異常気象’である!

気温の最高と最低の温度差が15℃近く(?)もあったり、梅雨明け前というのに群馬県では40℃近くまで気温が上昇することがあったり、梅雨明け後の夏台風と違ってのろのろゆっくりの台風が北海道を除く全国に大量の豪雨を齎したりしている!

さらに、更に、日本各地での身体に感じる地震の数は、7月だけでも数百回にも及ぶという!

まあ、地球の歴史上の天変地異や異常気象に比べれば、‘極めて穏やか’だということも言えるのだが・・・。

<入道雲!>

さて、梅雨明け後の真夏にしか見られない‘入道雲’に昨日(2015年07月15日)に千葉県茂原市で遭遇した!
いつものスーパーへ買い物に出かけた時のことである!

<14:01>
DSC_1663-2.jpg

<14:03>
DSC_1665-2.jpg
DSC_1664-2.jpg
DSC_1664-3_20150716071326684.jpg

最近では、 ‘入道雲’という言葉は死語になったのだろうか?‘積乱雲’という言葉では、何となく‘凄さ’が感じられない!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%8D%E4%B9%B1%E9%9B%B2
積乱雲(せきらんうん)とは、何らかの原因で発生した強い上昇気流によって積雲から成長して塔あるいは山のように立ち上り、雲頂が時には成層圏下部にも達することがあるような、巨大な雲のことである[1][2]。積乱雲の鉛直方向の大きさは雲の種類の中でも最大であり、最高部から最低部までの高さは1万メートルを超えることもある。また、他に雷雲(らいうん)、入道雲(にゅうどうぐも)などの言い方がある。

概要[編集]
発達し、下部が真っ黒になった積乱雲積乱雲の発生原因は様々であるが、多くの場合は地上付近と上空の温度差がもたらす大気の不安定によって生じる(すなわち不安定を解消しようとして生じる)対流性の上昇気流によるものであるが、地形の影響を受けることもある。よって、積乱雲は多くの場合、地上と上空の温度差が大きくなる夏場に見られるが・・・<後略>


<巨大虹!>

暑さを避けるために午後の散歩に出かけたのは、相撲名古屋場所の放映が終わった18時過ぎ・・・。

19時近くになって、太陽が山陰に入ったと思しき頃、突然東の空に現われた‘巨大虹!’

<東の空>18:49
DSC_1721-2.jpg
DSC_1724-2.jpg

虹が巨大過ぎて、ワイドなスマホの画面でも入り切れない!
二つを繋いで見たが、それでも虹が‘円’にならない!

DSC_1721-2.jpgDSC_1724-2.jpg

正に巨大である!

DSC_1724-3.jpg

<西の空>18:54
DSC_1738-2_201507160740085b0.jpg

正に異様な‘茜雲(あかねぐも)’である!
おっと、この写真で見逃してはならないものが写っている!
画面の左端から、1/4(25%)くらい、右よりのところに・・・

それは富士山!
トリミングしてみると・・・・

DSC_1738-3.jpg
小さく小さく画面の中央に!
拡大してみると・・・

DSC_1738-4.jpg

お判り戴けただろうか?

富士山

散歩に出かける時には、望遠の利くカメラはこのところ持参していなかった!
望遠が利く‘スマホ’が欲しいところだが、これは今我々の会社で開発中(?)なので、乞う、ご期待!(おっと、これは極秘だった!)

(つづく)
[2015/07/16 08:15] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
蜘蛛の不思議(その3)<② 蜘蛛の‘種類の数’は?-2>
蜘蛛の不思議(その3)<② 蜘蛛の‘種類の数’は?-2>

前回は、次の様な終わり方をしている・・・。

それで、それで、世界では、日本では、何種類の蜘蛛がいるのだろうか?
そして、何故そんなに沢山の種類がいるのか?
そして、そして、種類は増え続けているのか?それとも??

(つづく)


<1> 世界中で、日本では、何種類の蜘蛛がいるのか?
WEBで調べてみると・・・

http://mushinavi.com/navi_kumo.htm
クモ目の仲間は世界に101科‘約35,000種’、国内には57科‘約1,200種’が知られています。

主にコガネグモを始めとする‘造網性’,コモリグモのような‘徘徊性’,ジグモのような‘地中性’に分けられます
すべて肉食性で、主に虫を捕らえるものが大半で、ヤマシログモの仲間のようなクモを食べる種類もいます。
昆虫のような翅はありませんが、バルーニングと呼ばれる糸を使って風に乗り空を飛んで分布域を広げる習性があります。


以上の文献の説明で、大まかな蜘蛛の生態が把握出来るような気がするのだが・・・・。
少なくとも蜘蛛を知るための基本的情報なのだろう!

(a)‘造網性’の代表:コガネグモ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AC%E3
%83%8D%E3%82%B0%E3%83%A2

コガネグモ

形態[編集]
体長は、メスで20mm弱、クモとしては大型の部類である。初夏に成熟し、メスの腹部には幅広い黄色と黒の横縞模様があるのが特徴である。オスのサイズはメスの1/5程度とはるかに小型であり、体色は茶色一色である。

生態[編集]
コガネグモ
アブラゼミを捕獲したコガネグモ

造網性のクモで、ほぼ円形に近いきれいな円網(えんもう)を作る。クモは常に網の中心におり、頭を下に向けて止まる。この時、前2対と後ろ2対の足をそれぞれそろえて真っすぐに伸ばし、その配置はX字状になる。コガネグモは、この足の配置に合わせるように、網の上に糸の帯でできた白いジグザグの模様をつける。これを、クモの姿を隠すものという意味で「隠れ帯」と呼んだが、実際にその効果があるかどうかは分からない。単純に「白帯」 (はくたい)と呼ぶ場合もある。なお、白帯の形は、特に幼虫の場合には円形であったり、縦一直線であったりと、様々である。

餌の昆虫が網にかかると、その振動に反応して接近し噛みつく。さらに、獲物の体を独楽のように回しながら糸の帯を巻き付け、糸で包んでから網の中央に運び、そこで食べる。人為的に餌となりうるもの以外を網にかけたり挑発すると、網を網の平面に対して垂直に振動させて威嚇する。

オスは成熟すると網を張らず、メスのところにやって来る。メスの網の端で枠糸に足をかけ、糸に振動をあたえ、メスの機嫌をうかがい、それから網に入って交接を行う。メスは卵を糸でくるみ、卵嚢にして網の片隅にぶら下げる。卵嚢は細長い八角形くらいの形で、偏平で、2枚の幕に卵塊を挟んだような仕組みになっている。

幼体は秋に孵化し、糸を使って飛んで行くバルーニングを行う。年1化であり、成体は秋までに死亡する。


この情報から、私が撮った蜘蛛は、‘コガネグモ’であることがはっきりと判明した!
「隠れ帯」or「白帯」がはっきりと撮影出来ている!
そして、‘X字状’に構えている!
そして、大きさから判断すると‘メス’である!

20150714 蜘蛛と 039-2
20150714 蜘蛛と 006-2

残念ながら、背中の部分は背後に回ることが出来ないために撮影不能!

(b)‘徘徊性’の代表:コモリグモ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A2%E3%8
3%AA%E3%82%B0%E3%83%A2

コモリグモ

コモリグモ(子守蜘蛛)は、クモ綱クモ目コモリグモ科 Lycosidae に属するクモの総称である。雌親が卵と幼虫を腹部で保護する習性があることから、この名がある。

特徴[編集]
コモリグモは、活発な徘徊性のクモであり、やや小型の種が多い。体色は灰色か褐色を中心とした、地味なものが多い。

686px-Wolf_spider_attack_positionコモリグモ
巣穴で卵を守るコモリグモ科の1種

頭胸部、腹部はいずれも楕円形で、目だった特徴は少ない。目の配列は特殊で、3列をなす。前列眼は小型で、ほぼ真っすぐに並んでいるが、後列の眼がよく発達する。後中眼が特によく発達し、前方を向く。後側眼は後中眼よりずっと後ろに位置するので、全体としては3列をなすように見える。

足は比較的たくましい。後ろ足が長いものが多い。足の爪は3本で、造網性のクモの系列であることを示している。

習性[編集]
徘徊性で、地上を歩き回って虫を捕らえるものが多いが、網や巣を造るものもある。

名前に関して[編集]
コモリグモ科は、1973年8月まではドクグモ科と呼ばれていた。これは、ヨーロッパの伝説の毒グモであるタランチュラコモリグモの仲間だったからである。しかし、実際にはそれほど強い毒があるわけではなく、ただでさえクモといえば毒と言われるなか、この名前は誤解を招き過ぎるとの判断から、改名することとなった。保育習性があることに基づいて、現在の名が使われるようになった。それに伴い、個々の属や種の和名も変更になった(カイゾクドクグモ属 → カイゾクコモリグモ属、ウヅキドクグモ→ ウヅキコモリグモ)。英語圏では Wolf spider と呼ばれる。


<ウヅキコモリグモ>が、以下画像の通り卵嚢を抱えている。

uzukikomorigumo_01コモリグモ
出典/http://www.hegurinosato.sakura.ne.jp/2bangura/vi_kumo/
uzukikomorigumo.htm

ウヅキコモリグモ 卵嚢をかかえたメス

(c)‘地中性’の代表:ジグモ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%B0%E3%83%A2
ジグモ

ジグモ(地蜘蛛、学名:Atypus karschi)は、節足動物門クモ綱クモ目ジグモ科ジグモ属に属する地上性のクモである。地下に穴を掘って、袋状の巣を作る。日本各地で、人家の庭先にも普通に生息している。近縁のトタテグモ類と同様地下に穴を掘って住んでいるが、地上部が目立ちやすいためか、本種は一般にも比較的よく知られている。

250px-Atypus_karschi地蜘蛛
ジグモ(神戸市西区にて)

形態[編集]
トタテグモ科と同じトタテグモ下目に属するため、形態的にはそれらとやや似る。日本のこの類では大型で、メスは体長が20mmに達する。頭胸部は正中線の隆起が弱く扁平である。また、触肢はやや小型化しており、歩脚との区別が明瞭である。歩脚は太いがトタテグモ科ほど太くはなく、その色彩は頭胸部と同じで暗黄褐色化しない。腹部は無紋。

鋏角が非常に大きく発達し、ほとんど頭胸部と同じくらいの長さがある。ただし、ワスレナグモのように、途中が大きく盛り上がることはなく、すんなりと伸びる。触肢は小さく、四対の歩脚は中程度。全身は黒褐色で、模様はない。腹部は楕円形で柔らかい。なお、雄は基本的な特徴は同じだが、腹部が小さく歩脚が細長いため、かなり異なった印象を与える。

生態[編集]
ジグモの巣は、糸でできた細長い袋である。壁際、木の根元などの地面に10cm ばかりの縦穴を掘り、その中を糸で裏打ちして糸でできた膜の円筒を作り、それをそのまま地上部に延長して、先細りの袋として、そばの壁や木の幹に沿って伸ばし、先端をそこに付着させる。外から見ると、地面から柔らかい紐か何かが伸びているように見える。その表面は土やゴミ、苔などが付いて、目につきにくくなっている。この地上部分をつまんでそっと引っ張ると、地下部分を引き抜くことができるので、中に住んでいるクモを捕まえることができる。

この袋の地上に出た部分は、捕虫装置としての性格をもっている。餌は小型甲虫、ダンゴムシ、ワラジムシといった地表性の小動物などで、これらがこの袋の表面を歩いた時に、ジグモは袋越しに長大な鋏角で咬みつき、袋を破れるままに巣内に引きずり込む。食べかすは袋の先端から捨てられる。このクモは比較的飢餓には強いことが知られている。

卵はふわふわの糸で包まれた卵のうとして巣の中に産み付けられる。孵化した幼虫は、巣の先端から這い出し、そのまま近くの草や低木に登ってバルーニングする。
孵化から性成熟までに3〜4年を要する。幼体は脱皮を繰り返して成長し、およそ7齢で成体となる。成体の寿命はオスの場合1年足らずであるが、メスは性成熟後も脱皮を行い数年生き続ける。

分布[編集]
日本では本州・四国・九州に普通で、北海道にも希ながら分布する。台湾と中国からも記録があるものの、自然分布であるかどうかは不明[1]。

人間との関係[編集]
鋏角が長大なため、鋏角を腹部の方に曲げてやると自分の腹を切り裂いてしまう事から、かつては子供が「ハラキリグモ」「サムライグモ」などと呼んで遊んでいた。
本種の属名Atypus(アティプス)は日本蜘蛛学会(旧東亜蜘蛛学会)の会誌の名にも用いられている


<ジグモ>の様子
DSC02935-T-thumbnail2じぐも
出典/http://matigaidarake.seesaa.net/article/104788413.html

現時点では、次の疑問の答えは‘不明’!

そして、何故そんなに沢山の種類がいるのか?
そして、そして、種類は増え続けているのか?それとも??

(つづく)
[2015/07/16 00:05] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ミミズの集団自殺!
ミミズの集団自殺!

現在、日本列島では梅雨明け前だというのに‘猛暑’が続いている!
昨日(2015年07月14日)など、沖縄と北海道の気温がほぼ同じで、新潟県が意外に暑く、38℃に近づいたらしい!
また、群馬県では40℃にも??

我が家の千葉県茂原市でも、35℃だったから、これはもう真夏もいいところである!

20150714 蜘蛛と 018-2
20150714 蜘蛛と 019-2
20150714 蜘蛛と 022-2
20150714 蜘蛛と 023-2
20150714 蜘蛛と 023-3

この猛暑のお陰で、ミミズに異変が起きている!

20150714 蜘蛛と 009-2
20150714 蜘蛛と 010-2
20150714 蜘蛛と 011-2
20150714 蜘蛛と 013-2
20150714 蜘蛛と 015-2

これらを一寸集めてみたところ・・・

20150714 蜘蛛と 025-2
20150714 蜘蛛と 026-2
20150714 蜘蛛と 029-2
20150714 蜘蛛と 030-2

こりゃあ、集団自殺だ!

ミミズも何でこんな行為をするのだろうか?

一夜干し状態のものもあれば、もうすっかりカリカリに干上がっているものもある!
もしも、ミミズが美味しかったら、こりゃあ‘ビールのおつまみ’に最高!?

20150714 蜘蛛と 031-2

わが団地内のカラフルな家と車!
どうです!お洒落でしょう!

20150714 蜘蛛と 032-2

本格的な夏はこれから!
ことしの夏は一体どんな夏になるのだろうか?
小川の魚も気になるのだが・・・・

(つづく)
[2015/07/15 00:01] | 猛暑 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
蜘蛛の不思議(その2)<② 蜘蛛の‘種類の数’は?>
蜘蛛の不思議(その2)<② 蜘蛛の‘種類の数’は?>

‘くもはてんさいである’

「雲は天才である」という短編小説を書いたのは、石川啄木である。

30000074_01_1_2L_20150713222330b1d.jpg
出典/http://booklive.jp/product/index/title_id/30000074/vol_no/001

しかし、現代では、

「雲は天災である!」といってもいい!?

何故かって?

そう、雲が多ければ大雨となって大洪水の源となるし、雲が無ければ、カンカン照りになって熱中症の人が増える!
昨日(2015年07月13日)、日本列島では、300人以上の人が熱中症で病院に運ばれ、お一人が亡くなられたそうだ!

そして、もう一つ!

「蜘蛛は天才である!」 と言えるのでは?

蜘蛛について調べれば調べるほど、「蜘蛛は天才である!」 と言いたくなる。
先ず、‘蜘蛛の糸’、その強さは現代人を驚かせる!

弊ブログで、2015年07月10日に‘蜘蛛は昆虫ではない!’(http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-1287.html)として掲載させて頂いて、蜘蛛に関する疑問を示した!

蜘蛛は、

① 何故網の中央に‘逆さまになって’餌を待っているのか?
② 蜘蛛の‘種類の数’は?
③ 蜘蛛は全て‘網’を張るのか?
④ 蜘蛛の‘網’は、‘円形’か?
⑤ 蜘蛛の‘餌’は?
⑥ 蜘蛛の‘天敵’は?
⑦ 蜘蛛の‘寿命’は?
⑧ 蜘蛛を‘食用にする民族’は?
⑨ 蜘蛛の‘糸の強さ’は?
⑩ 蜘蛛の糸に、何故蜘蛛自身が‘捕まらない’のか?
⑪ 蜘蛛の‘雌雄’は、どんな形?
⑫ 蜘蛛は、‘糸をどうやって創っている’のか?

①については、7月11日に掲載済み。

本日は、
② 蜘蛛の‘種類の数’は?

「知っている蜘蛛の名前は?」
「そうねェ~、え~と?」
「何にも知らないの?」
「まあ、そ~!そっちは?」
「セアカゴケグモでしょ、ジョロウグモでしょ、ハエトリグモでしょ、コガネグモでしょ、え~とそれに・・」
「わかった!判った!解った!」

<セアカゴケグモ>
spd2topセアカゴケグモ
出典/http://www.city.yame.fukuoka.jp/sec/k14/spd2.html


<ジョロウグモ>

db1cb3be0f61644febff6b5ad810d993ジョロウグモ
出典/http://blog.goo.ne.jp/goofukurou/e/23c20783be2fc688c149fa6b665c716a


<ハエトリグモ>

f0161823_19554361ハエトリグモ
出典/http://memobird.exblog.jp/i114/


<コガネグモ>

koganegumo_02コガネグモ
出典/http://www.hegurinosato.sakura.ne.jp/2bangura/vi_kumo/koganegumo.htm

それで、それで、世界では、日本では、何種類の蜘蛛がいるのだろうか?
そして、何故そんなに沢山の種類がいるのか?
そして、そして、種類は増え続けているのか?それとも??

(つづく)
[2015/07/14 00:00] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
‘ニイニイゼミ’について
‘ニイニイゼミ’について

昨日、或る友人から以下のようなメールが来た。

<前略>
先日、ワンちゃんの散歩で、「ニイニイゼミ?」を拾いました。
道路に落ちていました。触ったら生きていたので持ち帰り、
【大発見】と喜んで、鑑定してもらおうとPCで検索しました。
姿も鳴き声も聴かないので絶滅したのでは?と思っていた
のですが、最近は都会でも増えているようです。緑が多い
地域とはいえ、拾ったのですから以前より増えているのでしょう。
写真を添付します。


CIMG2847-2.jpg
<後略>

で、以下のような返事をしました・・・。

<前略>
 ‘セミ’の件、弊ブログでも書き留めておきたいと思いますのでご了解を!
 そう言えば、我々が子供の頃に沢山いた生き物で最近見なくなったのは、‘ツバメ’です!
 多分今年まだ一回も見ていないような気がしますが・・・・。

<後略>

こんな風に、ここ数十年でも生き物の様子が変わってきているという実感がある!

‘地球温暖化’という課題を筆頭に環境の変化が取り沙汰されているのだが、人類は果たして今後環境問題をどう解決しようと言うのだろうか?

「進歩するものは、その進歩した‘機能・能力’で自滅する!」という意味のことが言われているらしい・・。

平たく言えば、
人類が極端な進歩を続けているのだが、その‘機能・能力’とは‘頭脳’である!
ということは、人類は、この‘頭脳’のために滅びることになる!

核兵器、原発、麻薬等々に限らず、地球資源の極端な使い過ぎは、この‘頭脳’がもたらす不安材料である!

人類が現われてからまだまだそんなに時間は経っていないのにこれだけの‘環境破壊’が行われて来た!

http://www.s-yamaga.jp/nanimono/seimei/jinrui-01.htm
ヒト(人類)の祖先が、チンパンジー・ボノボの祖先と別れたのは600万年前~700万年前くらいらしい。では、ヒトとは何か。これも生命とは何かと同じく難しい問いである。脳が発達して道具を使うことができる(チンパンジーやオランウータンも道具を使う)、複雑な言語体系がある、火を使用するなどのほか、他の類人猿にはみられない大きな特徴は、直立二本足歩行をすることであろう。犬歯が発達していないという特徴もある。


http://karapaia.livedoor.biz/archives/52015455.html
5c0d23c1-shi-rakannsu
シーラカンス

「生きる化石」として古代魚ファンの心をわしづかみにしている「シーラカンス」は未だに多くの謎を持つ魚。1938年にアフリカ沖で1匹のシーラカンスが発見されるまで、専門家の間ではこの魚は6500万年前に絶滅したものと考えられていた。 
<中略>
長寿であるにも関わらず、シーラカンスには年月による衰えがほとんど見られない。そのため、個体の年齢を特定するのはきわめて困難だ。しかも、魚の年齢測定に通常使われる、ウロコの年輪を測定するなどの方法は、シーラカンスには適用できない。というのも、シーラカンスのウロコはほかの魚と違って経年変化しないようだ、とフリッケ氏は言う。「1989年にコロニーに到達した何匹かの成体の写真を撮影したが、まったく成長しなかった。シーラカンスは一目見て年齢を当てるというわけにいかない」。ということで謎多き古代魚、シーラカンスの全貌が明らかになるのは、まだまだ時間がかかりそうだね。


つまり、シーラカンスは、生まれて以降、ある程度の進歩発達はしたのだろうが、その後‘進歩を止めた(?)’のである!
そうすれば、余り環境には‘迷惑を掛けず’数千万年以上生きながらえているのだ!
<註>6,500万年前というのは、恐竜の絶滅と同時期→恐竜絶滅の謎は6500万年前に恐竜が突如絶滅したことに始まる。(出典/http://www.crc-japan.com/research/z-dino/

人類も、そろそろ‘進歩・発展’をいい加減にして、地球の存続に目を向けた方がいい時代に来たのかも知れない!
‘この点に頭脳を使う’という‘頭脳の使い方’はないのだろうか?

例えば、乗り物なんて、飛行機や超新幹線や車など止めてしまって、‘自転車’止まりにすれば、エネルギー問題など一気に解決である!

昔、「そんなに急いで何処へ行く?」という‘標語’があったが・・・。

ところで、‘ニイニイゼミ’の件、皮肉にも‘温暖化’の影響(お陰?)で復活の兆しが見られるという!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%A4%E
3%83%8B%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%9F

ニイニイゼミの復活[編集]
ニイニイゼミに関しては、2008年以降、東京都心部でこのセミの生息数が再び増加に転じているという特筆すべき傾向が見られる。また全国的にも、市街地において復活傾向にあり、大阪市の中心部でも2011年は様々な地点で鳴き声が聞かれた。

上述のようにニイニイゼミは乾燥した環境に弱いセミとされてきたが、近年の増加傾向を見る限り、乾燥への耐性を徐々に身につけつつある可能性が高い。かつて、このセミは東京ではアブラゼミと並ぶ最普通種であったが、一時(90年代~2000年代前半)は極端に数を減らしていた。ちなみに、田園地帯では昔も今もごく普通のセミである。

東北地方での増加傾向[編集]
東北地方(特に秋田市)では、地球温暖化等を背景に、近年はニイニイゼミの数が増加している。


さて、‘つばめ’の方は?

(つづく)
[2015/07/13 08:32] | 温暖化問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
‘7’が5つ揃った!そして・・・
‘7’が5つ揃った!そして・・・

昨日(2015年07月11日)、弊ブログのへの訪問者のカウンター数が、‘異常’な数値を示した!

‘7’が5つ揃ったのである!

20150711 ラッキーNO 001-2
20150711 ラッキーNO 004-2

このカウンターは、弊ブログを開設させていただいた最初(2011年11月29日<http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-date-201111.html>)から設置していた訳ではない。
いつ設置したかは、もう記憶に無いが、多分2012年になってからだろうと思われる。

これまでに、‘7が5つ揃った’のは、当然2度目である・・・。
‘7’が揃うと何だか縁起がいいとつい思ってしまう!

これまで、およそ1,300日だとすれば、

177,777÷1,300≒136.75

つまり、平均すると、一日におよそ137人の方が、弊ブログを訪問して戴いている計算になる。
最近では、毎日約200人以上のご訪問者であるが、有難い話である!

こんな機会でもなければ、自分のブログの客観的な位置づけを見ることはない!

しかし、実は直ぐ上の拡大画像を見て‘おや?’と思った!

②年齢:満75歳(うさぎ歳) 

となっているではないか!

誕生日は、‘7月3日’なので、昨日時点では、既に‘満76歳’になっているのである!

直ぐに訂正した!

20150711 ラッキーNO 008-2
20150711 ラッキーNO 008-3

誕生日が、7月3日の有名人を‘今日は何の日・7月3日’(http://www.nnh.to/07/03.html)で探してみると

1986年7月3日生 稀勢の里寛[きせのさと・ゆたか] (相撲)だそうである!

68a328bb5feaaafb9deda279001480a7.jpg
出典/http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/08/bf/68a328bb5
feaaafb9deda279001480a7.jpg


そう言えば、本日から2015年七月場所が始まる!
何だか急に大ファンになったような気がしてきた。

頑張れ!‘稀勢の里’、私がついている!(と言っても何のご利益も無いのだが・・・)

(つづく)
[2015/07/12 02:18] | 仰天! | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
蜘蛛の不思議(その1)
蜘蛛の不思議(その1)

昨日(2015年07月10日)の本ブログで、 ‘蜘蛛は昆虫ではない!’と書かせてもらったが、

「蜘蛛は蜘蛛、‘昆虫でない’ことにこだわる必要は無い!」

と仰せの方も多いと思われる。

「物事を‘或る理論’に基づいて体系化すること」が学問だそうだから、蜘蛛やカマキリを‘深く’知ろうとするなら、全生物の中での彼らの‘位置づけ’を知れば理解が一層進むだろうし、その理解をもっともっと深めるためには、それらの類似現象からの手法を使って実験・検証が有効な手段となり得る。

そんなことのために、現象等々を‘体系付ける’必要がある!
それが、‘蜘蛛は昆虫ではない!’ということに繋がるのである!

まあ、まあ、そんな余り面白くも無い議論(?)は、別として、今回は、蜘蛛に関する第1の疑問

蜘蛛は、

① 何故網の中央に‘逆さまになって’餌を待っているのか?

DSC_1664-3.jpg
DSC_1669-2_20150711103821f82.jpg

余りこんなことを考えたことのある人もいないとは思われるが、そうだとすれば、蜘蛛にとっては極めて大事な習性という事になる!

画面で見る限り、はっきりと‘頭が下’である!

この‘姿勢’を採る‘蜘蛛の作戦’とは、一体どんなことだろうか?

疑問が起こった場合、直ぐに人に聞いたり、文献を探索する人がいる。
それはそれで、大変結構なことだが、疑問を抱いた場合「何故だろう?」と、先ずは人に聞いたり文献を探さずに、自分自身で考えて見ることである!

そうすれば、疑問点をはっきりと認識出来るし、答えが自分の考えと違った場合、「な~るほど!」の深さが違ってくる!

それでは、

① 何故網の中央に‘逆さまになって’餌を待っているのか?

に関しての‘自分自身の答え’

(a) 蜘蛛自身の‘脳’に血液が十分に行くようにしておけば、網に掛かった獲物へ瞬時に移動出来る!
(b) 獲物は、網の中央より下の範囲にひかっかる確率が多いことを経験上(本能的に)知っていて、重力を利用して速く獲物へ!
(c) (b)の前半のことが正しいなら、網の下半分が良く見えるように!

これじゃあ、網の中央にいることの意味が十分に説明出来ないのだが・・・。

まあ、この辺の答えしか今のところ考え付かない!

それでは、本当の理由は?

WEBで少しだけ調べてみても、‘池田博明’さんの名前が沢山出てくる!
この‘池田博明(Hiroyoshi Ikeda)’さんは、蜘蛛の研究では第一人者の一人だろうと思われる。

 『 クモ生理生態事典  』   (池田博明・桑田隆生・新海明編.
              1998年初版,2010年7月改訂版)

を出版しておられるからだ。
彼の説は以下の通りである!

http://homepage3.nifty.com/~hispider/spiderwebbook
/ikedah/preycatching.html

なぜクモは頭を下に向けているのですか  池田 博明

 垂直円網の中央でクモは頭を下に向けています。四角い枠にクモの網を張らせた後で、枠を回転させて上下を逆にしてやると、クモはやはり頭を下に向けます。いったいなぜクモは下を向いているのでしょうか。

 網に虫がかかったとき、重力に逆らわずにできるだけ早く移動するためだというのが、説明のひとつです。そうだとすると、下半分の方が網面積が大きくなりそうです。ジョロウグモの網を注意深く観察しますと、確かに下半分の方の網面積が大きくなっています。

 ところが、例外的に常に頭を上に向けるクモがいます。ギンメッキゴミグモがそうです。また、九州や沖縄県に生息するミナミノシマゴミグモは下を向いたり、横を向いたり、上を向いたりといろいろです。これらのクモの網の大きさはどうなっているのでしょうか。

 長崎総合科学大学の中田兼介さんとバーゼル大学のサムエル・ジョッケさんは、網を上下に分割して半径を比較してみました。すると上を向くギンメッキゴミグモの網は上半分の半径の方が大きかったのです。普段は頭を下に向けているゴミグモは下方の網半径が大きいのに。 

頭をいろんな方向に向けているミナミノシマゴミグモの場合はどうでしょうか。下向きの個体の網の下半分は大きいのに、上向きの個体では上半分が大きく、横向きの個体では顕著な差はみられませんでした。

 これはいったいどういうことでしょうか。網の半径が大きいだけ捕獲面積も大きくなるとすると、ゴミグモの仲間は餌がかかる確率の大きい方を向いていることになります。網にかかった虫を早く取りにいくための適応なのでしょうか。
 ウズグモの網のかくれ帯の研究(渡部,2002)から、クモは小さな餌に、す早く反応できるように網の張力を加減することが知られてきました。クモの頭の向きもひょっとすると,振動の感度調節と関連している可能性があります


いやぁ~、驚きである!

蜘蛛についての研究がこれほど進んでいる!
この文献から以下のことが判ったが、まだ蜘蛛の生態については、ほんの序の口なのだろう!

(1) 網に虫がかかったとき、重力に逆らわずにできるだけ早く移動するためだというのが説明のひとつ
(2) 全ての網を張る蜘蛛が、下を向いている訳ではない
(3) 一般論としては、頭の方向の網の面積が少し広い
(4) 蜘蛛は、獲物が掛かった事を‘目で見ているのではない!’
(5) 目は、ほとんど見えていなくて、獲物の掛かりを‘振動’で感じ取っている 

>http://homepage3.nifty.com/~hispider/spiderwebbook
/ikedah/preycatching.html


BOX 振動を感ずる器官  池田博明

 クモの眼は8個もありますが、ハエトリグモのような大きな眼をもつ種類を別として、ほとんどのクモの眼はよく見えません。明暗や眼の前の虫の動きを感ずることはできても、形は見えないのが普通です。 眼が見えないのに、どうしてクモは虫を取ったり、正確な網を張ったりすることができるのでしょうか。

 クモの感覚のなかで重要な役割をしているのが触覚や振動覚で、これらの感覚器官の研究はドイツのバース教授が中心になって行われてきました。最近、その研究をまとめた本、『ブラジルドクシボグモの感覚世界:感覚と行動』(2002年)も出版されました。

 枝や葉の振動、空気の流れや風の音、虫の羽音や動きなどはクモの触毛や聴毛、細隙器官、琴状器官などで感じられます。感覚器の基部には神経が来ていて、毛のわずかな変動はすぐに脳に伝えられます。

mechanoreceptor.jpg
「触毛」は全身に分布する可動性の毛です。

 「聴毛」は脚の背面にあり、分類にも使われる、直立した毛です。徘徊性の種類に多く(例えばブラジルドクシボグモの各脚には100本)、造網性の種類に少ない(10本程度)のが特徴です。聴毛は虫の羽音が起こす空気の振動など、体から離れた刺激を感ずる器官です。

 「細隙器官」は小さな孔(スリット)で、体表全体にありますが、特に脚に多く分布しています。体表に起こる歪みを感知して脳に伝えます。

 「琴状(きんじょう)器官」は細隙を複数個集めたような構造物です。単一の振動ではなく、複数の振動を感受する器官のようです。

 虫が300~700Hzの振動を出すとき、クモは餌として反応します。吹奏楽やオーケストラの音合わせに使われるA音の音さの周波数は440Hzですからこの範囲に入っています。音さを網糸に触れると、クモを導き出すことができますが、どうやらこの振動を感知しているのは細隙器官であり、次の琴状器官でもあるようです。


<自分自身が想像した答えとの比較>
‘自分自身の答え’

(a) 蜘蛛自身の‘脳’に血液が十分に行くようにしておけば、網に掛かった獲物へ瞬時に移動出来る!
(b) 獲物は、網の中央より下の範囲にひかっかる確率が多いことを経験上(本能的に)知っていて、重力を利用して速く獲物へ!
(c) (b)の前半のことが正しいなら、網の下半分が良く見えるように!

(a)については、脳に伝わるのは‘視覚’からの情報ではなく、‘振動’だった!
(b)については、当たらずとも遠からず、で、まあまあの答え!
(c)については、‘視覚’ではなかったことから答えになっていない!

と言う訳で、次の写真とコメント

DSC_1669-5.jpg
蜘蛛の目つきが恐ろしい!

は全く的外れであることが判った!

‘「聴毛」は脚の背面にあり’、つまり、脚で振動を感じ取っていて、その情報がすぐさま脳に伝わっているという訳!
網が‘獲物を引っ掛けて捕らえるため’だけの役目だけでなく‘引っ掛かったこと’を脳に伝えるための‘伝送路’の役目もしているとは!
いやぁ~、勉強になった!

「‘蜘蛛の研究’の研究 」、ますます面白くなりそう!かも?

(つづく)
[2015/07/11 13:27] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
蜘蛛は昆虫ではない!
蜘蛛は昆虫ではない!

DSC_1668-3.jpg
DSC_1669-2.jpg

蜘蛛は昆虫ではないのだが、昆虫と思っている人が多い!

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312884703
蜘蛛って昆虫ですか?
yoshymuttyさん
2007/9/2517:42:46
Q:.蜘蛛って昆虫ですか?

昆虫の定義ってなんですか?
どこを見れば昆虫と見分けれますか?

ベストアンサーに選ばれた回答
function_syさん
編集あり2007/9/2518:39:07
A:蜘蛛は昆虫ではありません。蜘蛛類です。

・どこを見れば昆虫と見分けれますか?

→見分け方(昆虫の定義とほぼ同じこと)は3つから成っています。

1. 足の数。昆虫6本、蜘蛛8本
2. 体が頭、胸、腹の3カ所に分かれています。(アリなどが分かりやすいかも)
3. 足の生えている位置が胸だけ
(頭から生えてたら怖いですよね。よく考えると、お尻の部分である腹からも生えていませんよね。よって胸から生えているというのは妥当かと)

・以下補足ですが。
蜘蛛、昆虫ともに節足動物(足に節がある動物)という意味では仲間になります。
蜘蛛が昆虫に間違えられる原因は、この辺りにあるのかもしれません。


DSC_1664-4.jpg
DSC_1666-2-2.jpg

足が‘8本’であることがはっきり判る!
したがって、昆虫ではない!

DSC_1669-3.jpg

頭はどっち?

上下逆さまにしてみると・・・

DSC_1669-4.jpg

上下逆にしてみると、何となく‘お尻’が重たくて動きにくそう!

蜘蛛については、色々な疑問がある!

蜘蛛は、
① 何故網の中央に‘逆さまになって’餌を待っているのか

という上記の疑問の他に

② 蜘蛛の‘種類の数’は?
③ 蜘蛛は全て‘網’を張るのか?
④ 蜘蛛の‘網’は、‘円形’か?
⑤ 蜘蛛の‘餌’は?
⑥ 蜘蛛の‘天敵’は?
⑦ 蜘蛛の‘寿命’は?
⑧ 蜘蛛を‘食用にする民族’は?
⑨ 蜘蛛の‘糸の強さ’は?
⑩ 蜘蛛の糸に、何故蜘蛛自身が‘捕まらない’のか?
⑪ 蜘蛛の‘雌雄’は、どんな形?
⑫ 蜘蛛は、‘糸をどうやって創っている’のか?

等々、知らないことだらけ!

DSC_1669-5.jpg
蜘蛛の目つきが恐ろしい!

20150627 夕焼け 004-3
夕日に映える蜘蛛!

上の数々の疑問は、徐々に解明して行きたい!

(つづく)
[2015/07/10 21:48] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
‘91’が出ました!
‘91’が出ました!

ソリティア(solitaire)は、一人で遊ぶゲームのことである。

ゲームが数人でしか出来ない場合、例えばマージャンでは、面子が揃わないと始められないし、終了も全員の意見が無理矢理でも一致しないとOKにならない!

そんなことから、‘始めるのも自由、終わるのも勝手’というゲーム形式が、‘ソリティア’である!

「自分一人で‘勝手気まま’が一番いい!」

このことも非常に大事だが、それしか出来ないとなると、一旦家から出ると社会が待っている!

社会生活は、‘協調性’が最も重要な資質の一つだから、‘自分勝手’だけでは済まされないことが多い!
先程のマージャンは、‘協調性’を学んだり会得するためには結構効果があると教えられたことがある。これも事実なのだろう。何事も苦労や我慢の上にしか成果は上げられないのだから・・・。

という訳で、‘協調性と独自性’のバランスが、社会生活上必要なのだろう!

‘スパイダーソリティェ’での結果を報告しようとするのに、これだけの前置き!

昨日(2015年07月09日)の深夜の23:34前にこれまでで一番の結果(タイ記録)が出た!
勿論、‘初級での移動回数’である。

20150709 91点が出た! 004-2
20150709 91点が出た! 002-2
20150709 91点が出た! 001-2
20150709 91点が出た! 001-3

他人様は、もっと素晴らしい結果を出されたのだろうが、我が家にとってはこれが最高値である!

但し、上記の通り、これは2回目!
1回目は、次の弊ブログ(2012年06月16日付け)

「出た!91」
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-173.html

(つづく)

[2015/07/10 10:21] | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ハカラメ(その2)
ハカラメ(その2)

ハカラメの花について

20150706 植物 032-2

「このハカラメの葉に付いた芽から、どうやって花が咲くのよ?」
「ど~ぞ、お得意の‘WEBさま’にご相談を!」
「ガッテン、承知!」

という和気清麻呂で、探してみると・・・
「な~んだ!どうやら有名な話らしい!」
「へ~っ、そうなんだ!」

20061123153425花
ハカラメの花<出典/http://f.hatena.ne.jp/fujitam3/20061123153425

「でも、これが‘ハカラメの花’でございますって言われても想像が付かないわよネ!?」
「そりゃあ、そうだけど、‘芽だけ見て花が想像出来る’植物って知ってる?」
「し~らない!」

ってな訳で、‘芽から花までの過程’を調べる気持ちになった!

「‘芽から花’へ抜けるって言うから、直ぐに判明すると思うよ!」
「それって、そういうなら‘目から鼻へ’抜けるってことでしょう?抜けてるんだから・・・!」

a0277730_1647552.jpg
出典/http://strada117.exblog.jp/15450058

img_0.jpg
出典/http://blogs.yahoo.co.jp/sugarmoon1182/59290477.html

m_leaf03.jpg
出典/http://happamisaki.jp-o.net/green/others/m_leaf.htm

でも、まあこれじゃあ、‘花と茎’を支えることは出来ないだろうから・・・。

その前に、この植物、多数の名前を持っているらしい!

① セイロンべンケイ(この葉:幸運の葉)
② ハカラメ
③ 落地生根
④ トウロウソウ(灯籠草) 

http://www.nippon-shinyaku.co.jp/herb/db/arekore
/41_50/bryophyllum_pinnatum.html

幸運を招く植物「セイロンベンケイ」

この植物の葉は、英語で、"Good-luck leaf"(幸運の葉)と呼ばれている
葉を切り取り、表向きにして土の上に置いておくと、葉脈の末端から新しい芽(不定芽)が発生する。努力はするが、なかなか芽の出ない人も、「幸運の芽」が出てくるということで、このように呼ばれているのだと思う。

切り取られた葉から芽が出るのは、葉で生成された植物ホルモンの "IAA"(Indoleacetic acid)が移動できなくなり、葉脈の末端にある細胞の分化を促すことによるといわれている。

この植物の学名(属名)"Bryophyllum"は、ギリシャ語の"bryo"(芽が出る)と、"phyllon"(葉)に由来する。葉に不定芽が生じることにちなんで名付けられたものと思う。

ドイツ語名でも、 "Brutblatt"(芽の出る葉)と呼ばれている。

沖縄などでは、「ハカラメ」と呼ばれている。「葉から芽」が出ることから、そのように呼ばれているのであろう。葉を土の上でなく、机の上に湿った布を敷き、その上に置いておいても、たくさん芽が出てくる。葉をピンで壁に吊っておいてもよい。発生した芽が生長してくると、親の葉は枯れ、容易に芽(苗)が外れる。

この芽を植えて育てると、高さ1.5m程になり、長さ30~70cmの花序に、緑白~橙色の釣鐘状の花を多数着ける。その様子が、灯籠を思わせることから、この植物は、別名で「トウロウソウ(灯籠草)」とも呼ばれている。

「セイロンベンケイ」は南アフリカ原産の多肉植物であるが、現在では、熱帯各地で野生化し、広く分布している。

日本でも、奄美大島や沖縄で、この植物が野生化しているのを見ることができる。

この植物は、中国名で、「落地生根」と呼ばれている。
この名は、落ちた葉がなお生きて根を出し生長するというこの植物のしたたかな性質を表している。この植物が熱帯各地に広範に分布していったのは、このような性質によるものと思われる。この植物の全草や根には、消炎作用や、止血作用、解毒効果のあることが知られている。このことから、中国では、吐血、胃痛、関節痛、刀傷出血、のどの腫れや痛み、乳腺炎、潰瘍、やけどなどに用いる。沖縄でも、葉を止血、はれもの、虫さされになどに使われる。

これらの薬効を実証する基礎的な研究も進められている。インドのS.Pal博士ら(Jadavpur大学, Calcutta)は、この植物の葉のエキスが9種の動物モデルで、有意な抗潰瘍作用を示したと報告している。また、潰瘍に対する防御効果もあることを明らかにしている。アフリカのObaseiki-Ebor博士は、この植物の葉のエキスが、広範な抗菌スペクトラムを持つことを明らかにしている。感染症に対しても薬効が予測される。ナイジェリアのOrajide博士ら(Ibadan大学)は、各種動物モデルを用いて、この植物の葉のエキスが、鎮痛作用や、抗炎症作用を示すことを実証している。

オーストラリアで、この植物を、大量に食べた牛2頭が、48時間以内に死亡した。シドニー大学のReppas博士が、その死因について調べたところ、前胃に激しい急性の炎症が発症していた。また、気管の狭窄、および肺気腫なども発症していた。この植物には、かなり強い毒性成分が含まれているように思われる。 アメリカの Yamagishi 博士ら(ノースカロライナ大学)は、この植物中に強力な細胞毒性を示す"Bryophyllin-A" および"Bryophyllin-B"と呼ばれる成分が含まれていることを報告している。これらの成分が上述の家畜の中毒症状と深い関連があるのかもしれない。

ブラジルやその他の国では、種々の炎症性疾患の治療に、この植物の葉が、よく使われる。最近ブラジルのS.S.Costa博士らリオデジャネイロ自由大学(Universidade Federal do Rio de janeiro)の研究グループは、この植物の葉のエタノールエキスに、ヒトのリンパ球の増殖を抑制する効果のあることを見出した。その有効成分は、89%のパルミチン酸(Palmitic acid)、11%のステアリン酸(Stearic acid)、微量のアラキドン酸(Arachidic acid)およびベヘニン酸(Behenic acid)の4種の飽和脂肪酸からなることが明らかにされた。

「セイロンベンケイ」の葉の抗炎症効果は、上述のようにリンパ球の増殖抑制による免疫抑制作用によると考えられている。

(「プランタ」研成社発行より)


色々な情報満載の植物!

「もっと育って花が咲くまでの過程は?」
「へい、へい!ご・じ・つ・ってことで・・・」

20150706 植物 077-2

20150706 植物 083-3

(つづく)
[2015/07/09 13:34] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
‘ビキタン’の来訪!
‘ビキタン’の来訪!

私が育った九州・福岡県の筑豊地方では、 ‘小さなカエル’のことを‘‘ビキタン’という!

もしも、‘ビキタン’のことを‘カエル’と言ったりすると

「このばっか~、気取っちょんしゃ~と?」

という‘非難言葉’が返ってくる時代だった!(きっと、今でも?)

でも久し振りにこの言葉を思い出したのは、昨夜(2015年07月07日)我が家に一つしかない畳の間で、‘小さなカエル’を見つけた時である!

20150707 室内のかえる 001-2
20150707 室内のかえる 001-3
20150707 室内のかえる 003-2
20150707 室内のかえる 006-2

2015年07月07日21:59、畳に部屋の電気を点けた時に、襖(ふすま)に掴まっているのを見た!

「お~、‘ビキタン’君!」

私は思わず叫んでしまった!
この言葉を使ったのは、何十年振りだろうか?
身長は、約3~4cm!

思わず、この小さな来訪者にカメラを向けていた!
でも、フラッシュはたかなかった・・。この小さな来訪者が驚き過ぎてはいけないと思ったからである!
だから、ピントが少々甘いのだが・・。

なんでもないことだが、この‘ビキタン’も含めて、彼らはこの襖にどうやってしがみつく事が出来るのだろうか?

20150707 室内のかえる 008-2
20150707 室内のかえる 008-3
20150707 室内のかえる 008-4
20150707 室内のかえる 010-2
20150707 室内のかえる 010-3

カエルの手(前足)と足(後足)の指の数っていくつ?

多分、前足が4本で、後足が5本?

なのに上に掲載の私が撮った写真では、どちらも‘3本’にしか見えないのだが・・・。
やっと、下から二番目の写真の左前足のみが、‘4本’に見える!

よく襖にくっついておれるなぁ~、と思っていたら、次の瞬間、‘落下’!

20150707 室内のかえる 011-2
20150707 室内のかえる 011-3
20150707 室内のかえる 012-2

又這い上がろうとしている!

20150707 室内のかえる-2

ご覧の通り、畳の縁の幅は丁度‘3cm’だから、やはり‘ビキタン’の身長は、‘3cm強!’

実は、かみさんに内緒で、‘ビキタン’はこのままにしておいたのだが、今朝(2015年07月08日)洗濯をするのに浴室に近づいた時に、そのドアに‘ビキタン’を発見したのである!

「 きゃっ!」

ドアを開けた瞬間に‘彼( or 彼女)’は、浴室に飛び込んだのである!

DSC_1666-2.jpg
DSC_1666-3.jpg

可哀想に、昨夜からきっと何にも食べていないに違いない!

そんな訳で、下の‘小道具’を使って、捕まえろ、という指示が出た!

20150707 室内のかえる 013-2

カレンダーの紙とアイスクリームの空きパックで確保して、小川に帰すことになったのであ~る!

20150707 室内のかえる 014-2
20150707 室内のかえる 016-2

帰した途端にどこかへ行ってしまった!わずか3cmの身体は、後期高齢者の目からは、一瞬のうちに消え去ったのである!
代わりに、‘親戚筋の’ウシガエルがこちらを睨んでいる!いつもは、川の水を見つめているのだが・・・。

20150707 室内のかえる 015-2
20150707 室内のかえる 026-2
20150707 室内のかえる 026-3

「よう御返し下さった!39、39!」 と言っている様にも見える!

頑張れ、‘ビキタン君’!

(つづく)
[2015/07/08 23:08] | 方言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ハカラメ
ハカラメ

テーブルの上に‘奇妙な葉’をした植物の鉢が置いてある!

DSC_1662-2_20150707175645c5f.jpg

「 なに、これっ?!」
「 ハカラメ !」
「 えっ?」
「 だから、ハ・カ・ラ・メ!」
「 え、え、え?!」
「 葉から芽が出てるでしょ!だから‘ハカラメ’って言うらしいそうよ!」
「え、え、えのえっ?」

20150706 植物 032-2

「 はじめて見たな~!
「 もう4年も前から家にはあるのョ!一寸移動しただけ!」
「 気づかなかった!」

と言う訳で、そんなに珍しいものでもないらしいのだが・・・。
何とも奇妙な格好をしている!

20150706 植物 035-2
20150706 植物 030-2
20150706 植物 039-2
20150706 植物 007-2

葉っぱを‘裏返し’してみると・・・

20150706 植物 083-2
20150706 植物 077-3
20150706 植物 083-3

‘芽’から‘根’が出ていることが、はっきり判る!

この‘芽’が落ちると、直ぐに‘土の中に根を埋めて’一人前の‘ハカラメ’さんになるというのである!
というから、この根っこの方を見てみると、もう‘根付き’始めている!

20150706 植物 062-2
20150706 植物 063-2

何とも不思議な植物である!

「 これって、葉から芽が出るのは判ったけど、その後‘花’は?」
「 さぁ~?」
「 さぁ~って?」
「 お得意の‘WEB’で、どう~ぞ!」

と言う訳で、‘ハカラメ’の花について調べてみることになった次第!

その前に、WEBで他人様の画像を見てみた!

25310813_624_v1436127029ハカラメ
出典/http://photozou.jp/photo/show/79564/25310813

お見事である!

(つづく)
[2015/07/07 18:42] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
白い小さな虫は?(その2)
白い小さな虫は?(その2)

DSC_1668-5-2.jpg
DSC_1668-5-3.jpg
DSC_1614 (2)-3
DSC_1651-2.jpg

この画像から判断すると、網戸の1目は、約1.25mmであるから、白い虫が残していった‘白い物’の大きさは、約3~4mm程度であることが判る。

そこで、WEBで調べてみたら・・・。

‘アオバハゴロモ’の幼虫らしいことが判った!

aobahagoromo_07112.jpg
出典/http://serigaya.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-9b4a.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%83
%90%E3%83%8F%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%83%A2

アオバハゴロモ(青羽羽衣、学名:Geisha distinctissima)は、カメムシ目ヨコバイ亜目アオバハゴロモ科(Flatidae)に属する昆虫である。薄緑色の美しい昆虫だが、一部植物の害虫としても知られる。

693px-Geisha_distinctissima_aobahagoromo.jpg
アオバハゴロモの成虫

習性[編集]
成虫は宿主植物の細い茎に止まっており、往々にして複数個体が集まっている。幼虫もその近くにいることが多い。ゆっくりと歩き、驚くと跳躍し、そのまま飛び去る。卵は枯れ枝などの皮下に産み付けられる。

幼虫は成虫に近い姿で翅がないだけではあるが、何しろ成虫が特に翅の大きい虫なので、全く違って見える。どちらかと言えば、肩幅の広い平らな虫である。尾の端から蝋物質を分泌し、それを束のように尻尾につけると同時に、その粉末を全身にまとう。その止まっている植物の茎にもこの粉末が付着して白くなるのもよく見かける。幼虫は少数個体の集団を作ることが多く、宿主植物の茎がその付近一帯に真っ白の粉まみれになる。このため、「しらこばば」とも呼ばれる。

Geisha_distinctissima_aobahagoromo_j.jpg
ビナンカズラにとまる幼虫

食性は幅広く、多くの野生植物の他、栽培植物につくこともある。

年一化性で、越冬は卵、五月頃に孵化した幼虫は夏後半に羽化、成虫は秋まで見られる。


blog_import_4cc191081e33c.jpg
出典/http://potablog2010.blog77.fc2.com/blog-date-200808.html
この変な虫はアオバハゴロモの幼虫。もう1枚写真を撮ろうとすると、ピョンと跳んで逃げてしまった。
 ちなみに、学名を見たらGeisha(芸者)とあった。誰が、どんな意味でつけたのだろう。私は子供の頃、ハトムシと呼んでいた。これもどうしてついたのか不明だ。
(註):学名ーGeisha distinctissima(Walker, 1858)
 アオバハゴロモの成虫は水色の綺麗な虫だが、幼虫も成虫も害虫だ。幼虫のこの白い分泌物が園芸植物を汚すため商品価値を落とす。また、樹液などを吸汁するので、新梢などに大量に発生すると樹勢が衰えてしまう。昨年はpotakeで栽培しているバジルの茎に発生した。樹木やハーブなどを加害するが、アブラムシなどの害虫と違って薬剤散布するほどの被害が出ることは少ない。


img_1.jpg
出典/http://blogs.yahoo.co.jp/fujimatu23/32970916.html

成虫は、上記引用文献にもあったが・・・。

img_2_20150706162032a6e.jpg
出典/http://blogs.yahoo.co.jp/fujimatu23/32970916.html

「 ああ、これなら見たことがある!」 と仰せの方が多いと思われるが、何で又幼虫が‘蝋物質を分泌’したりするのだろうか?
そして、学名の‘Geisha distinctissima’の‘Geisha’は、‘芸者’なのだろうか?

この‘謎多い’アオバハゴロモ!

最後に動画を !


綿?じゃないよ、動くよ「アオバハゴロモ」の幼虫
出典/https://www.youtube.com/watch?v=H0nuA2Yzlwo

(つづく)
[2015/07/06 17:15] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
白い小さな虫は?(その1)
白い小さな虫は?(その1)

毎年7月、この季節になると庭の周りに何だか不思議な‘白い小さな虫’が出現する!

そして、その虫が、玄関の‘網戸’に絡みつくのである!
でも、網戸には‘生き物そのもの’はいないから、最初は虫の仕業かどうかは不明であったのだが・・・。

DSC_1614 (2)-2
DSC_1614 (2)-3
DSC_1621 (2)-2
DSC_1621 (2)-3
DSC_1615 (2)-2

網戸も少々汚れはしているのだが、この汚れのほとんどは、この虫の影響だと思われる!

しかし、しかし、とうとう今日になって、この虫の写真をゲット出来た!

DSC_1637 (1)-2
DSC_1637 (1)-3

そして、そして、少し時間を置いて別の場所で、‘活発に動く’問題の虫を見つけた!
兎に角‘小さい’ので、ピントが中々合わない!
網戸の写真だって、ほとんどピンボケになってしまっている!

DSC_1641-5-2.jpg
DSC_1641-5-3.jpg
DSC_1642-5-2.jpg
DSC_1643-5-2.jpg
DSC_1656-5-3.jpg
DSC_1661-5-2.jpg
DSC_1668-5-2.jpg
DSC_1668-5-3.jpg
DSC_1674-5-2.jpg
DSC_1678-5-2.jpg

さて、さて、一体この‘白い虫’の正体は?

(つづく)
[2015/07/05 23:25] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
designated by FC2