FC2ブログ
一年に二度咲く桜!(その5)
一年に二度咲く桜!(その5)

このシリーズも、引っ張って、引っ張って‘第5回’!
少々うんざりかも?

でも今回で、‘お・わ・り’!

2015年10月12日(火)は、体育の日で快晴だった!

二期桜は、勿論、春の豪華絢爛で散り際の見事な桜の王者・‘ソメイヨシノ’様に比べられると一溜まりも無い!
「二番では駄目ですか!?」と言って物議を醸した近視眼議員さんもおられたが、桜を見て御覧なさい!

二期桜の前で誰が‘宴会’をしてます?

まあ、それはそれで良いのだが、二期桜がソメイヨシノを引き立てるための仕事をしていると考えれば、二期桜も考えようによっては十二分の働きがあるのだ!

俳優さんでは、‘脇役’さんの力があってこその‘主役’であるから・・・。

ただし、コンピュータの場合はそんな訳には行かない!
結局は、彼女の‘アホな発言’で政権が潰れたと言っても過言では決してない!

さて、千葉県茂原市の西のはずれにある‘鞘戸池’の周りに、秋になっても花をつける‘二期桜・十月桜’がある。

この鞘戸池周辺の二期桜+普通の桜(多分、ソメイヨシノ)は、合計で約100本近くの数だと思われる!
北の方面場所には、二期桜は、せいぜい10本程度しかない。
そして、東側には、それこそ、1,2本!と言うことは、鞘戸池周辺の二期桜は全部で、‘10本’程度しか無いのである!(多分)

201501012 秋さくら 090-2
201501012 秋さくら 091-2
201501012 秋さくら 092-2
201501012 秋さくら 093-2
201501012 秋さくら 094-2
201501012 秋さくら 095-2
201501012 秋さくら 095-3
201501012 秋さくら 095-4
201501012 秋さくら 096-2
201501012 秋さくら 096-3
201501012 秋さくら 096-4

で、この東側を歩くと見事な‘竹林’が目に付いた!

201501012 秋さくら 085-2
201501012 秋さくら 084-2
201501012 秋さくら 084-3
201501012 秋さくら 069-2
201501012 秋さくら 069-3
201501012 秋さくら 069-4

そしてこの池の東側から北の方を眺めると、北側の十月桜がよく見える!

201501012 秋さくら 097-2
201501012 秋さくら 098-3
201501012 秋さくら 099-2

これで、今年の鞘戸池の十月桜は見納めということで・・・・。

帰りに、来た道と違う道を通ってみたら、今までに見たこともない奇妙な樹にも出会った!

(つづく)
スポンサーサイト



[2015/10/21 18:01] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
紫陽花の‘花’について(その3):まだ枯れていない状態
紫陽花の‘花’について(その3):まだ枯れていない状態

紫陽花は、‘水との関係’が重要であり、梅雨の時期にこそ生気があると思っていた!

ところが、ところがである!
これは後日このブログで紹介したいのだが、10月に入っても、何と真っ盛りとは言えないまでも‘溌剌と’咲き誇っている紫陽花が我が家にもある!

<2015年10月11日の我が家の紫陽花(墨田の花火)>

201501010 2階からの秋景色 059-2
201501010 2階からの秋景色 059-3

ところで、肝心の‘鞘戸池’の紫陽花、2015年10月12日(月)・体育の日の様子。
これは、正確には、鞘戸池の‘南の位置’にあたる場所!

201501012 秋さくら 064-2
201501012 秋さくら 065-2
201501012 秋さくら 066-2
201501012 秋さくら 066-3

これじゃあ、紫陽花さんに申し訳ないが、‘冷蔵庫にしまっておいて少し痛み出した’状態にしか見えない!

そこで、東側まで移動してみると、葉っぱはまだまだ青々としているではないか!

201501012 秋さくら 073-2
201501012 秋さくら 074-2
201501012 秋さくら 074-3

ついつい最近になって‘芽’を出したのではないかとさえ思える新鮮な‘葉っぱ’!
そして、そして、肝心の花は?

201501012 秋さくら 078-2
201501012 秋さくら 078-3
201501012 秋さくら 078-4
201501012 秋さくら 077-2
201501012 秋さくら 077-3
201501012 秋さくら 077-4

「さあ~、これからだ!」と言わんばかりの新鮮さである!
これから‘二期紫陽花’?としてうまく‘花’になってくれるのだろうか?

もう一度、西側の‘ドライフラワー紫陽花’や‘葉脈紫陽花’と比べてみよう!

<ドライフラワー紫陽花?>

201501012 秋さくら 057-2
201501012 秋さくら 057-3


<葉脈紫陽花?>

201501012 秋さくら 050-3
201501012 秋さくら 050-4

鞘戸池の西と東で、一体何が違うと言うのだろうか?

勿論、ご覧の通り、西側の紫陽花は額紫陽花ではないので両者には多少の時季のズレはあるのだろうが。
それにしても、こんなに違うとは?
疑問である!

(つづく)
[2015/10/21 00:20] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2