FC2ブログ
晩秋の瀬戸大橋
晩秋の瀬戸大橋

2015年11月の初旬、四国・愛媛県・新居浜市での打合せに参加した!

翌日、岡山での打合せがあったので、兵庫県から来た友人の車に乗せてもらって瀬戸大橋を渡る事になった!

数年前、岡山に勤務したこともあったし、その前には新居浜市で2年ばかり勤務したことがったので、瀬戸大橋は何十回も通ったことがったので懐かしかった!

晩秋といっても、瀬戸内海付近は、まだまだそんなに寒くは無かった!

愛媛県・新居浜市から瀬戸大橋に向けて高速道路を走ると、讃岐富士が良く見える!

DSC_2752-2.jpg
DSC_2753-2.jpg
DSC_2754-2.jpg
DSC_2755-2.jpg
DSC_2756-2.jpg

通称、‘讃岐富士’と呼ばれるのは、讃岐七富士の一つである‘飯野山’である!

① 讃岐富士
② 三木富士
③ 御厩富士
④ 羽床富士
⑤ 綾上富士
⑥ 高瀬富士
⑦ 有明富士

それぞれについては、別途解説の予定・・。

さあ、見えてきました、瀬戸大橋!

DSC_2759-2.jpg

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%80%AC%E6%88%B8%E5%A4%A7%E6%A9%8B
瀬戸大橋(せとおおはし)は、瀬戸内海をまたいで本州(岡山県倉敷市)と四国(香川県坂出市)を結ぶ10の橋の総称であり、本州四国連絡橋のひとつ。

なお、「瀬戸内海大橋」という誤記が見られることもあるが、これは本来西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)のことである。かつて2橋の混同を避けるため、瀬戸大橋のことを「備讃瀬戸大橋」と呼称することもあった。

所在地 日本
岡山県倉敷市 - 香川県坂出市
瀬戸内海(備讃瀬戸)
北緯34度23分54秒 東経133度48分36秒 / 北緯34.39833度 東経133.81000度 / 34.39833; 133.81000座標: 北緯34度23分54秒 東経133度48分36秒 / 北緯34.39833度 東経133.81000度 / 34.39833; 133.81000
長さ 9,367m(海峡部)
12,300m(全長)
最大支間長 1,100m(南備讃瀬戸大橋)
幅 35m(海峡部)
高さ 194m(南備讃瀬戸大橋北側主塔)
建設 1978年10月10日-1988年4月10日


DSC_2760-2.jpg
DSC_2761-2.jpg
DSC_2762-2.jpg
DSC_2763-2.jpg
DSC_2764-2.jpg
DSC_2765-2.jpg
DSC_2766-2.jpg

そして、一夜明けて、JR岡山駅前の桃太郎像と噴水!

岡山県の象徴、桃太郎像!
もう一寸綺麗にならないだろうか?

DSC_2769-2.jpg
DSC_2769-3.jpg
DSC_2769-4.jpg
DSC_2769-5.jpg
DSC_2769-6.jpg
DSC_2769-7.jpg
DSC_2770-2.jpg
DSC_2770-3.jpg
DSC_2770-4.jpg

(つづく)
スポンサーサイト



[2015/12/17 22:45] | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「‘トリミング’拡大画像コーナー」(第10回)問題の回答編(その5)
「‘トリミング’拡大画像コーナー」(第10回)問題の回答編(その5)

「‘トリミング’拡大画像コーナー」(第10回)問題編

問題:次の画像は、一体何の一部でしょうか?

(5)
DSC_3135-4.jpg

回答:何だか判らない!

「そんな無責任な!」といわれても仕方が無い!
出題した方にも‘何の一部’なのか判らないのだから・・・。

全体の画像は以下の通りである!

DSC_3120-2.jpg
DSC_3123-2.jpg
DSC_3123-3.jpg
DSC_3123-4.jpg
DSC_3123-5.jpg
DSC_3136-3.jpg
DSC_3136-4.jpg
DSC_3135-2.jpg
DSC_3135-3.jpg
DSC_3135-4_20151217152740e02.jpg

と、言う訳で、この怪しげな、長さが約3~4cmの物体は、何なのでしょうか?

誰か、教えてっ!

(つづく)


[2015/12/17 15:32] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「‘トリミング’拡大画像コーナー」(第10回)回答編(その4)
「‘トリミング’拡大画像コーナー」(第10回)回答編(その4)

「‘トリミング’拡大画像コーナー」(第10回)問題編

問題:次の画像は、一体何の一部でしょうか?

(4)
DSC_2929-3_20151202002053824.jpg

回答:‘カマキリの羽’でした!

DSC_2929-2_20151217150435db1.jpg

直ぐ上のカマキリは、相当弱っているらしい!
別のカマキリは、まだまだお元気のようで・・・。

DSC_2928-2.jpg
DSC_2931-2.jpg

(つづく)
[2015/12/17 15:09] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
マニラ国際空港
マニラ国際空港

マニラ国際空港、正式には、‘ニノイ・アキノ国際空港’という。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%8E%E3%82%A4%E
3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83
%8E%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF

ニノイ・アキノ国際空港(ニノイ・アキノこくさいくうこう、英語: Ninoy Aquino International Airport、略称: NAIA・ナイア)とは、フィリピンのマニラ首都圏内のパサイ市とパラニャーケ市の市境上にある国際空港である。フィリピン航空およびセブ・パシフィック航空のハブ空港になっている。

概要[編集]
かつては「マニラ国際空港」 (MIA) と呼ばれていたが、亡命先のアメリカ合衆国から帰国した1983年8月21日に、空港内で射殺されたベニグノ・アキノ・ジュニア上院議員(愛称 ニノイ:コラソン・アキノ元大統領の夫、2015年現在フィリピン大統領のベニグノ・アキノ3世の父親)を記念して改称された。


商談相手のフィリピン在住の日本人の方達から、 ‘嫌な噂’をお聞きしていた!

それは、以下のような‘事件’が、最近この空港で起きているので注意されたし!というものだった・・。

http://labaq.com/archives/51859298.html
2015年11月03日 18:50
フィリピンに行く人は要注意「かばんはラップで巻いたほうがいい」と推奨…海外の反応

(2)0001-2

フィリピンのマニラ空港(ニノイ・アキノ国際空港)で、渡航者のかばんの中に銃弾が相次いで見つかる事件が発生しています。

空港職員によって手荷物に銃弾を紛れ込まされる手口で、乗客は口止め料を恐喝されており、邦人も被害にあっています。

そのため「フィリピンに旅行する人はかばんをビニールラップで巻くように」と海外掲示板でアドバイスされていました。

(1)0001-1

こんな風にラップでぐるぐる巻き、ファスナーには南京錠をつけ、さらに南京錠にもテープを貼るようにとアドバイスが出回っています。最近多発しているこの事件は、タクシーの運転手、空港のポーター、空港の係り員、X線検査官、そして空港の警察や警備員までもが黙認していると言われています。

空港のどこかの段階で荷物に銃弾を忍び込まされ、それを見つけた職員が通報しないかわりに800ドル(約10万円)の請求をするといった詐欺・恐喝が横行しているのです。

口止め料を拒否をすると逮捕・留置場で拘束され、弁護士を探したり釈放金を払うなど、とても面倒なことになります。

すでに日本人2人も逮捕されているこの事件。海外掲示板ではフィリピンへ旅行する際の注意事項として、荷物のサランラップ巻き が推奨されていました。


と言う訳で、恐る恐る空港に到着したのだが、第一関門の‘① 空港内へ入るための手荷物検査’は、ごった返しての検査だったから、空港職員の数も少なく、検査装置には、自分でベルトへ置きそれを一人の職員が見守っているだけで、自分自身で荷物をベルトから取る、という方式だったから、誰かが‘銃弾’を入れる時間的余裕は無かった!

さて、そこは無事通過した。
でも空港に入る場合に検査があるなんて今までどの国でも聞いたことがなかったが、テロが横行する昨今であるから、これも東南アジアの国際空港では、‘フツー’のことだろうと思っていた!

ところが、ところがである!

空港の中で、まだチェックインをする前に、サランラップのぐるぐる巻き装置があって、これが結構商売になっているようだった!

DSC_3282-2.jpg
DSC_3282-3.jpg
DSC_3282-4.jpg
DSC_3282-5.jpg
DSC_3281-2.jpg
DSC_3281-3.jpg

ご覧の通り、沢山の人が、この装置を利用している!
‘160ペソ(≒416円)’という料金が‘高いのか?安いのか?’は、個人の判断であるが、こんな商売をすること事態、大きな矛盾を感じた次第!

空港にこの商売があるということは、この空港は危ないことを当局が認めたことになるではないか!
まあ、‘なんでもあり’のフィリピンかも知れないが、これには少々どころか、度肝を抜かれた!

我々は、ショルダーバッグだったため、航空会社にも預けず、 ‘② チェックイン後の検査’ではどんなことが起こるだろうとひやひやだったが、ここにも前後に職員はおらず、X線検査の画像を見ている職員がたった一人いるだけで、難なく通過出来た!

しかし、今後は、この‘体制・仕組み’を十分理解した上での安全確保が必要だと感じた次第だった!

DSC_3279-2.jpg
DSC_3279-3.jpg
DSC_3279-4.jpg
DSC_3283-2.jpg
DSC_3284-2.jpg
DSC_3284-3.jpg

と、言う訳で、ANAの飛行機に乗り込んだ時には、本当に‘ホッと’した!

(つづく)
[2015/12/17 12:54] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
マニラ市内の風景(その2)
マニラ市内の風景(その2)

或る都市へ行ったからといって、その風景を単に紹介しても余り意味が無い!
しかし、このブログは、基本的には‘自分自身の記録’のためであるから、ご容赦をお願いしたい!

さて、初冬のマニラ市内は、日本の真夏と同じで‘暑い’!
歳を取った所為か、やけに暑く感じる・・・。
そして、マニラ市内が空港周辺を中心に‘開発’の真っ只中!

交通渋滞における、日本では余りこの頃耳にしたことの無い車のクラクションのうるさい音、そして工事現場の喧騒!

DSC_3272-2.jpg
DSC_3272-3.jpg
DSC_3272-4.jpg
DSC_3273-2.jpg
DSC_3273-3.jpg
DSC_3273-4.jpg
DSC_3274-2.jpg
DSC_3274-3.jpg
DSC_3275-2.jpg
DSC_3275-4.jpg
DSC_3276-2.jpg
DSC_3276-4.jpg
DSC_3277-2.jpg
DSC_3277-4.jpg

やっと空港に着いた!

DSC_3278-2.jpg

日本からマニラ国際空港に着いて、タクシーでホテルまで行ったのだが、その時の運賃は、確か‘750ペソ(≒1,950円)’だったのだが、そのホテルから空港までのタクシー代は、‘300ペソ(≒780円)’!

何と、半分以下である!勿論、いずれも‘真昼間’!

そして、打合せ仲間から聞き及んだマニラ空港での、‘嫌な噂’!

(つづく)
[2015/12/17 11:02] | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2