FC2ブログ
橘樹神社への初詣(その1)
橘樹神社への初詣(その1)

習慣とは‘恐ろし’!(?)

‘皆が行くから俺も行く’で何が悪い!?
というのが、大体初詣に行く人の理由である・・・。

我々も、‘初詣’の意義や、いつ頃から習慣になったかなど知る由も無いが、まあ、近所の或いは有名な神社などへ出かけて‘おみくじ’を引いて、‘甘酒’でも・・・、という情けない理由である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E8%A9%A3
初詣・初詣で(はつもうで)とは、年が明けてから初めて神社や寺院などに参拝する行事。一年の感謝を捧げたり、新年の無事と平安を祈願したりする。初参・初参り(はつまいり)ともいう。

歴史[編集]
明治神宮の初詣に大勢の人が並ぶ様子
住吉神社の初詣の様子元々は「年籠り」(としこもり、としごもり)と言い、家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社に籠る習慣であった。やがて年籠りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」との2つに分かれ、元日詣が今日の初詣の原形となった。

江戸時代末期までの元日の社寺参拝としては、氏神に参詣したり、居住地から見て恵方にあたる社寺に参詣(恵方詣り)したりといったことが行われた[1]。

「年籠り」形式を踏まず、単に寺社に「元日詣」を行うだけの初詣が習慣化したのはそれほど古い時代ではなく、明治中期のこととされている。また、氏神や恵方とは関係なく、有名な寺社に参詣することが一般的になった。俳句で「初詣」が季語として歳時記に採用されたのは明治末期であり、実際に「初詣」を詠んだ俳句が登場するのは大正時代以降であるという[2]。

また現在でも、除夜に一度氏神に参拝して一旦家に帰り、元旦になって再び参拝するという地方がある。これを二年参りという。

近代以後の変容:恵方詣りから初詣へ[編集]
江戸時代までは元日の恵方詣りのほか、正月月末にかけて信仰対象の初縁日(初卯・初巳・初大師など)に参詣することも盛んであった[1]。研究者の平山昇は、恵方・縁日にこだわらない新しい正月参詣の形である「初詣」が、鉄道の発展と関わりながら明治時代中期に成立したとしている[3]。

関東では、明治5年(1872年)の東海道線開通により、従来から信仰のあった川崎大師などへのアクセスが容易になった[4]。それまでの東京(江戸)市民の正月参詣は市内に限られていたが、郊外の有名社寺が正月の恵方詣りの対象とみなされるようになった[5]。また、郊外への正月参詣は行楽も兼ねて行われた[6]。平山によれば「初詣」という言葉は、それまでの恵方詣りとも縁日(21日の初大師)とも関係のない川崎大師への正月参詣を指すのに登場したといい、1885年(明治18年)の『万朝報』記事を管見の初出と紹介している[7]。鉄道網の発達に伴い、成田山新勝寺など郊外・遠方の社寺にもアクセスは容易となり、また京成電鉄や京浜急行電鉄、成田鉄道(現・JR成田線)など、参拝客輸送を目的として開業された鉄道会社も登場した。競合する鉄道会社間(国鉄を含む)では正月の参詣客を誘引するために宣伝合戦とサービス競争が行われた。当初は鉄道による有名社寺への「恵方詣り」の利便性が押し出されたが[8]、年ごとに変わる恵方に対して「初詣」という言葉がよく使われるようになり、大正時代以後は「初詣」が主に使用されるようになった[9]。

関西では、もともと恵方詣りは元日よりも節分に盛んに行われていた[10]。鉄道会社の集客競争の中で正月参詣にも恵方が持ち込まれるようになり、関西の人々は節分のほかに元日にも恵方詣りを行うようになった[11]。しかしながら、鉄道会社が熾烈な競争の中で自社沿線の神社仏閣をめいめいに恵方であると宣伝し始めたため、やがて恵方の意味は埋没した[12]。大正末期以降、関西では方角にこだわらない「初詣」が正月行事の代表として定着した[13]。


まあ、‘初詣’には、こんな歴史があったのかを意識して、早速、‘橘樹神社への初詣’!

20160101 正月の朝-2 013-2
20160101 正月の朝-2 014-2
20160101 正月の朝-2 015-2
20160101 正月の朝-2 016-2
20160101 正月の朝-2 016-3
20160101 正月の朝-2 017-2
20160101 正月の朝-2 018-2
20160101 正月の朝-2 019-2
20160101 正月の朝-2 019-3
20160101 正月の朝-2 020-2
20160101 正月の朝-2 023-2
20160101 正月の朝-2 024-2
20160101 正月の朝-2 025-2
20160101 正月の朝-2 026-2
20160101 正月の朝-2 021-2

何だかこの神社には、縁がありそう!

(つづく)
スポンサーサイト



[2016/01/02 19:51] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新年の芽吹き!
新年の芽吹き!

新年に因んだ事と言えば、新芽を捜して、その新鮮さとこれからの‘発展’を祈願しようとすることって良いじゃない?

と言う訳で、初詣に神社に行く前に、庭に出てみた!

借景の杉も、新年となれば、何となく新鮮に感じられるから、不思議である!

20160101 正月の朝-2 002-2

どうです?
受け入れる方が、「その気になれば、対象物まで変わってしまう」という一席!

これ以降は、本物の新芽!
真冬はこれからと言うのに、‘こぶし’は既に‘花芽’を付け始めている!
元旦の朝である!

20160101 正月の朝-2 003-2
20160101 正月の朝-2 003-3
20160101 正月の朝-2 008-2
20160101 正月の朝-2 010-2
20160101 正月の朝-2 009-2
20160101 正月の朝-2 005-2
20160101 正月の朝-2 004-2
20160101 正月の朝-2 006-2
20160101 正月の朝-2 006-3
DSC_3501-2.jpg
DSC_3501-3.jpg
DSC_3503-2.jpg

‘こぶし’ってどんな木?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%96%E3%82%B7
コブシ(辛夷、学名:Magnolia kobus)はモクレン科モクレン属の落葉広葉樹の高木。早春に他の木々に先駆けて白い花を梢いっぱいに咲かせる。別名「田打ち桜」。

特徴[編集]
果実は集合果であり、にぎりこぶし状のデコボコがある。この果実の形状がコブシの名前の由来である。

高さは18m、幹の直径は概ね60cmに達する。

3月から5月にかけて、枝先に直径6-10cmの花を咲かせる。花は純白で、基部は桃色を帯びる。花弁は6枚。枝は太いが折れやすい。枝を折ると、 芳香が湧出する。アイヌ地方では「オマウクシニ」「オプケニ」と呼ばれる。それぞれ、アイヌの言葉で、「良い匂いを出す木」「放屁する木」という意味を持つ。樹皮は煎じて茶の代わりや風邪薬として飲まれる。

果実は5-10cmで、袋菓が結合して出来ており、所々に瘤が隆起した長楕円形の形状を成している。

北海道のコブシは「キタコブシ」と呼ばれることもある[1]。

遠くより見ると桜に似ていること、花を咲かせる季節が桜より早いことから、ヒキザクラ、ヤチザクラ、シキザクラなどと呼ばれる。これらの呼称は北海道、松前地方を中心に使われる[1]。

産地[編集]
九州、本州、北海道および済州島に分布。「コブシ」がそのまま英名・学名になっている。 日本では「辛夷」という漢字を当てて「コブシ」と読むが、中国ではこの言葉は木蓮を指す。

用途[編集]
庭木
街路樹
建材として、樹皮を付けたまま茶室の柱に用いられることがある。
花蕾は鼻炎、鼻づまりなどに効果がある。生薬名は「辛夷(しんい)」といい漢方薬に配合される。
花は香水の原料にもなる。
コブシの咲き具合に応じて種子を撒くなど、農作業の指標として用いられることもある。
栃木県ではコブシが花を咲かせるのを目安に、サトイモの植えつけに着手する。それゆえ芋植え花と呼ばれる。
文化[編集]春の季語
演歌「北国の春」


こぶしの花!

413f72a75eca1ad35f45c9c9ba031ee2.jpg
出典/http://blog.goo.ne.jp/mizukawa-tomo/e/e4d7b3a1
8b3dc78a297098a235417948


この真っ白なこぶしの花に繋がる、正に新年に相応しい、こぶしの新芽である!

(つづく)
[2016/01/02 18:20] | 観察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2