FC2ブログ
松の内
松の内

kagamibiraki.jpg
出典/http://www.tebiki.jp/entertainment/culture/3804/

‘松の内’は、何時までか?

この頃世間では、こんなことは問題にもならなくなった!

‘松の内’がいつから始まろうといつ終わろうと‘関係ない!’
こんな世の中になってしまっている。
そして、そして、それを嘆く人もいなくなった!

大昔、そう、5~60年も昔は、商店街だけでなく普通のうちでもそんなに大きくなくても‘門松’を飾ったものである!
近頃の子供さん達は、デパートや大きなビル等に行かない限り、映像でない‘門松’を見る機会など無いに違いない!

そんな訳で、門松の意味を!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%80%E6%9D%BE
門松(かどまつ)とは
正月に家の門の前などに立てられる松や竹の正月飾りのこと。松飾り、飾り松、立て松とも言う。新年の季語[1]。古くは、木のこずえに神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがある。

神様が宿ると思われてきた常盤木の中でも、松は「祀る」につながる樹木であることや、古来の中国でも生命力、不老長寿、繁栄の象徴とされてきたことなどもあり、日本でも松をおめでたい樹として、正月の門松に飾る習慣となって根付いていった。能舞台には背景として必ず描かれており(松羽目・まつばめ)、日本の文化を象徴する樹木ともなっている。

また、地域の言い伝えにより松を使わない所もある[2]。

新年に松を家に持ち帰る習慣は平安時代に始まり、室町時代に現在のように玄関の飾りとする様式が決まったと言われる[3]。

設置期間[編集]
12月の13日(もしくはその後)に、山から松の木(枝)を取ってくる「松迎え」をおこなう[9]。上り松、花迎、花伐、松ばやし、などともいう[1]。この「松」により、山から歳神様(歳徳神)を迎え入れる事となる。

門松の設置は「松の内」に入る12月13日以降ならばいつでも良い。ただし、クリスマスは避けて設置される傾向にあり、他に12月29日に飾るのは「二重苦」、さらに9の末日でもあるので「苦待つ」に通じるとされ、「苦松」といって忌む[10]。また12月31日に飾るのは「一夜飾り」「一日飾り」といって神をおろそかにするということから、それぞれ避けることとされている。

松の内の1月15日まで飾るのが伝統であるが、関東の一部などでは松の内を1月7日までに短縮しており、その場合は6日の夕方や翌7日に片づける場合が多い。(左義長が行われる地域は、左義長で門松を焼くので、それに合わせて仕舞う。左義長は1月15日の小正月が多いが、地域や神社によって異なる)。

門松を片付けることを、松下ろし、松あがり、松払い、松引き、松送り、松納め、などという[1]。鳥総松(とぶさまつ)や留守居松といい、門松を飾ったあとの穴にその松の梢を立てる風習もある[1]。

門松を片付けた後の正月は、松過ぎとよぶ[1]。


と言う訳で、今日が1月7日だから、正月飾りは仕舞われてしまう運命にあるらしい!

だから、まあ、我が家の正月飾り+αを画像で残しておきたい!

① 先ずは、玄関前の花から・・・。

DSC_3648-2.jpg
DSC_3648-3.jpg

② 玄関扉の飾り

DSC_3646-2.jpg

③ 玄関に入ると・・・

DSC_3656-2.jpg
DSC_3654-2.jpg
DSC_3655-2.jpg
DSC_3655-3.jpg
DSC_3654-3.jpg
DSC_3644-2.jpg
DSC_3644-3.jpg
DSC_3657-2.jpg
DSC_3657-3.jpg
DSC_3658-2.jpg
DSC_3658-3.jpg
DSC_3660-2.jpg
DSC_3660-3.jpg
DSC_3660-4.jpg
DSC_3661-2.jpg
DSC_3662-2.jpg
DSC_3662-3.jpg
DSC_3663-2.jpg
DSC_3664-2.jpg
DSC_3664-3.jpg

と言う訳で、今日7日が‘松の内の最後の日’らしいから、これらの内どれが明日から居残るのだろうか?

(つづく)
スポンサーサイト



[2016/01/07 23:43] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新年最初の‘一万歩’散歩(その3)
新年最初の‘一万歩’散歩(その3)

散歩の効果について

http://news.livedoor.com/article/detail/7678766/

「楽しい!」が増えるウォーキング

京都大学大学院森谷敏夫教授は、心の健康と運動にはとても密接な関係がある といいます。ある実験では、早足で20分のウォーキングを週に3回程度継続している女性は、これより少ない女性よりもうつ病の発症率が30%も低く、精神健康度が40%も高かった、という結果が出ているそう。(WACOL BODY BOOKより)

これはウォーキングによって脳の視床下部が刺激され「楽しい!」と感じる快感を起こすドーパミンがたくさん出るから だとか。さらにドーパミンを元に、気分の高揚感や幸せ感が得られるβドーパミンがたくさん出る、これはがん細胞を抑制するNK細胞の活性を30%以上も上げると言われています。身体だけじゃなく脳にも心にも効果があるなんて驚き! これなら、モヤモヤしてしまったときでも、すぐに解消できそうです。


何だか難しい言葉が沢山出てきて一挙には納得がいかないかも?

私は、‘単純に’、「血液の循環がよくなるから」と考えている!

つまり、「血液の循環がよくなる」と、

① 脳の視床下部が刺激され
② βドーパミンがたくさん出る
③ NK細胞の活性を上げる
④ 身体だけじゃなく脳にも心にも効果がある

と思えばいいじゃあないか!と何ともそれぞれの段階的な解釈なんてどっちでも良いという‘がさつな’考え方である!

ところが、現実には、考えが‘がさつ’であろうと無かろうと、効果は同じだから、‘散歩が身体にいい’と信じてしまえばそれでよいことになる!

じゃあ、じゃあ、散歩の報告の続きを・・・・!

以前にもこのブログで取り上げた二期桜の名所の‘鞘戸池’の周りへやって来た!

<2015年10月12日の画像>
201501012 秋さくら 095-3
201501012 秋さくら 100-2
201501012 秋さくら 101-2

<2016年1月2日の画像>
DSC_3528-2.jpg
DSC_3532-2.jpg
DSC_3532-3.jpg
DSC_3535-2.jpg
DSC_3535-3.jpg
DSC_3535-5.jpg
DSC_3536-2.jpg
DSC_3536-3.jpg
DSC_3537-2.jpg
DSC_3538-2.jpg
DSC_3539-2.jpg
DSC_3543-2.jpg
DSC_3540-2.jpg
DSC_3543-4.jpg
DSC_3541-2.jpg
DSC_3542-2.jpg
DSC_3542-3.jpg
DSC_3542-4.jpg
DSC_3544-2.jpg
DSC_3544-4_2016010716264934a.jpg
DSC_3550-2.jpg
DSC_3550-3.jpg
DSC_3552-2.jpg
DSC_3552-3.jpg

この鞘戸池の周りの水仙は、今が見ごろだし、桜の蕾も膨らんでいる!
どうやら今年の新春は、やはり‘異常気象’というべきなのだろう!

そこで、予言を一つ!

「今年の(春前の)冬には、茂原市には雪は絶対に降らない!」

さ~、どうなることだろうか?

(つづく)  
[2016/01/07 14:09] | 田舎暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新年最初の‘一万歩’散歩(その2)
新年最初の‘一万歩’散歩(その2)

一挙に一万歩の散歩は、なかなか難しいから、一年間でも2,3度と言うことかもしれない!
今年に入って、2日には里帰りしていた次男夫婦もお昼には引き上げていったので、それじゃあと言うわけで‘一万歩’散歩に挑戦して、見事達成出来た!

そのことは、昨日(2016年1月6日)の本ブログに掲載した。

20160102 散歩記録 002-2

このスマホの記録を見ると、‘6.1km’しか歩いていないように思えるが、実は実感としては、‘7~8km’は歩いたなぁ!と思っているのだが・・・。

これらの歩数計の感知の仕方については、別途調べてみる積り!

さて、昨日の散歩の報告の続き・・・。

① 相変わらず、鉄塔も清々しい風景の一つ。大空の雲とのコラボが素晴らしい!
② 梅もどき(多分!)の真っ赤な実の美しさが、この澄んだ空気のもとで冴え渡っていた!
③ みかんがたわわに!
④ さざんか(山茶花)も美しく・・・!
⑤ キンカンも!
⑥ 茂原北陵高校は、誰もいなくて静か!
⑦ 水仙が、もう!

DSC_3516-2.jpg
DSC_3516-3.jpg
DSC_3516-4.jpg
DSC_3517-2.jpg
DSC_3518-2.jpg
DSC_3518-3.jpg
DSC_3519-2.jpg
DSC_3520-2.jpg
DSC_3520-3.jpg
DSC_3520-4.jpg
DSC_3521-2.jpg
DSC_3521-3.jpg
DSC_3522-2.jpg
DSC_3523-2.jpg
DSC_3526-2.jpg
DSC_3526-3.jpg
DSC_3526-4.jpg

いやいや、盛り沢山の景色と木々や花が・・・!
こんな清々しい散歩も珍しい!

まだまだ続きま~すゾ!

(つづく)
[2016/01/07 13:02] | 田舎暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2016年初打合せ!
2016年初打合せ!

昭和14年(西暦1939年)の生まれだから、今年(西暦2016年昭和91年)は、満77歳となる年である!

約20年前に、房総半島は千葉県・茂原市に引っ越してきて、この後の約10年間は毎日東京の会社への通勤だった!
その時には、JR外房線本納駅を毎日6:33発の電車だったのである・・・。

最近の10年は、週に3,4回の9時過ぎの電車だから気楽なものだったが、昨日(2016年1月6日)は、東京で9時からの打合せだったため、例の6:33発に乗車することになった!

<2016年1月6日6:31のJR外房線本納駅の様子>
この時間帯にもうこんなに沢山の人達が・・・

DSC_3641-2.jpg
DSC_3641-3.jpg

この日の工程は、以下の通り!

① 6:15 我が家出発
② 6:33 JR外房線・本納駅出発
③ 7:06 JR千葉駅到着
④ 7:11 JR千葉駅出発
⑤ 7:43 JR総武線・本八幡駅到着
⑥ 7:53 都営新宿線・本八幡駅出発
⑦ 8:23 都営新宿線・小川町駅到着
⑧ 8:45 東京都千代田区神田・某会社ビル到着
⑨ 9:00 打合せ開始

我が家を出発して、打合せ会社に到着するまで、何と(8:45-6:15=)2時間30分!

当時は、毎日がこんな日程!そして毎日の帰宅は、22時頃!20年前は、毎日こんな繰り返しだった!
喜寿になる今年では、到底考えられないが、当時はやはり若かったから・・・。

最近は、週に3回程度で9時過ぎの電車だから、そんなに苦痛は感じないのだが・・・。

午前9時半過ぎの本納駅は、それはそれは‘誰もいない’駅!

<2015年11月19日11:45のJR外房線・本納駅の様子>
DSC_2868-2.jpg
DSC_2868-3.jpg
DSC_2867-3.jpg

本納駅の外観は、

<2016年1月2日15:50頃の本納駅>
DSC_3553-2.jpg
DSC_3553-3.jpg

と言う訳で、JR外房線・本納駅には20年以上もお世話になっている!

50年以上前九州に住んでいた時には、房総半島の茂原市など全く知らなかったし、まさかこの地に住むなんて考えてもいなかったが、生まれ育った九州福岡県や、勤務地になった東京や茨城県の何処よりも住んだ期間が長くなってしまった!

通勤には一寸無理はあるが、最初の写真にある通り、皆さんは6:33の電車で頑張っておられる!
勿論、この前の電車、6:04やその前の5:44、5:13で出かけられる人達もいる。

我々年寄りは、田舎暮らしの素晴らしさを今年も存分に味わいたい!

(つづく)
[2016/01/07 10:10] | 田舎暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2