FC2ブログ
今日(2017/7/31)の月!
月という星が、ハードウェアとしても如何に地球を救い、ソフトウェアとしても如何に人間の心を慰めて来たかは、説明する必要も無い❗

この事は、地球上の人間も、はたまた動物や魚や蟹までも知っている!

そんな月をカメラに収めたいとみんな思っているに違い無いが、人間の目に美しく見える真っ暗な夜空に映える月を普通のカメラで昼間の景色を撮る場合と同じと思って撮ろうとして皆失敗する❗

勿論、月の写真をモノにするテクニックは当然ある❗でもバカチョンカメラで撮影する手軽さではない❗

ところが、ところが、偶然にも今年2017年7月28日15時過ぎに見上げた空に三日月様がお出ましになっておられるではないか!

まあ、コントラストも悪いし、期待しないでバカチョン気分で撮って見たのである❗

その写真を先日(2017/07/28)、弊ブログに掲載させて貰ったのが、次の写真である❗

20170729003225d79.jpg

そして、今日(2017/07/31)17:40に、少し大きくなったお月様がお出ましになっておられるのに気付いて、早速パチャリと…。

201707312034053eb.jpg
201707312034075dc.jpg
2017073120340871a.jpg
2017073120341428c.jpg
20170731203416262.jpg
2017073120341829c.jpg
20170731203418e50.jpg

さてさて、このやり方だと満月の撮影は、きっと朝方???

(つづく)
スポンサーサイト



[2017/07/31 20:41] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
小川の生き物(その2):トンボ(その1)
千葉県茂原市千沢にある我が家の東南に、といってもそんな遠いところではない。駐車場から´0m´の場所であるが、そこに幅約3mの小川がある。

季節季節によって、そこ及びその周辺に色々な生き物、つまり´動物´や´植物´がやって来たり生えたりするので、それら生き物を見て季節を感じ取る事が出来る❗

という訳で、本日の主役は、´トンボ´様…。

20170731112831741.jpg
20170731112839922.jpg

この上の写真のほぼど真ん中に止まっているこのトンボが主役…。

特に、別段変わったトンボでも無いので、話題性には欠けるが、トンボは、その場所にじっとしているのは少ないような気がする❗

トンボを撮影した事のある人にしか判らない苦労がある❗

20170731112844225.jpg
201707311128448e5.jpg
20170731112843bfc.jpg
2017073111284101a.jpg
20170731112843198.jpg

このトンボの羽根の構造は、何故こんなに複雑になっているのだろうか?

こんな構造になったのも何万年もの歴史があるに違い無いが、何故かを追求する事は中々難しいのだろう❗

だって、この構造の意味が解ったとしても、それが、人間社会にとってどんな価値があるのか?等と問われると答えに窮する。従って、研究資金集めには苦労が伴うから、趣味の領域を出ない事になってしまうのである❗

「第二位ではいけないのでしょうか?」と得意げに仰せられて、二位以下を自ら選択された方もおられるようで…。

足の構造も、一寸怖い…。

201707311128444c0.jpg

「このトンボの名前は?」
「知りません❗」

頼りないねえ!

(つづく)
[2017/07/31 12:00] | その瞬間! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2