FC2ブログ
今季(2017年12月)の霜(その2)
今季(2017年12月)の霜(その2)である。
今朝、12月10日の朝、はっきりと霜が庭に降りていて、8時過ぎでも消えていなかった!

ここ、房総半島千葉県・茂原市にも、いよいよ本格的な冬の到来である!
霜の結晶も、また美しい!

①DSC_4356-2
②DSC_4356-3
③DSC_4363-2
④DSC_4363-3
⑤DSC_4363-4
⑥DSC_4357-2
⑦DSC_4359-1
⑧DSC_4359-2
⑨DSC_4359-3

ここまでの霜の結晶が出来るには、目には見えない世界では、‘徹夜で’盛んに氷の成長が行われている!

例えば、‘10時間で1mm’の氷が出来るとすると、1秒間では、

1mm÷3,600sec=(1mm=1,000μm)÷3,600sec=1μm÷3.6sec=0.28μm/sec

つまり、‘1秒間に0.28μm’成長していることになる!<注:水の一分子の大きさは、どこをどんな測り方をするかによって違いがあるらしいが、およそ3オングストローム(Å=10‐10 m)=0.0003μm>

水の、あるいは氷の構造については、未だに研究が進んでおり、水の種類やその環境状況や測定時の温度との関係もあったりして、そう簡単には大きさも決められない(?)状態らしいから、1秒間に氷がどれ位出来たかは、なかなか判らない!

しかし、しかし、そこらの草っ原では、温度さえ下がれば、人間様の研究とは無関係に、さっさと氷を形成している!
やっぱり不思議である!

(つづく)
スポンサーサイト



[2017/12/10 12:48] | 田舎暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2