FC2ブログ
博多の印象(その9):大濠公園・日本庭園<2>
大濠公園・日本庭園の<2>である。

日本庭園には、何百年もの日本人の知恵と技術が凝集しているから、派手派手では決してないが、力強い職人の上品な意識が見え隠れする!

芸術作品には、度々ど素人には理解出来ない独善的なものがあったりする。
ご自分では、何の感動もしないが、他人様が「素晴らしい!」と仰るので自分もその気になったりすることがあるのである。

本当の芸術とは、その道の玄人にも、またまたど素人にも‘感銘’を与え得るものでなければならない!

世の中には、そんなものはそう沢山あるものではないが、ここ大濠公園・日本庭園には、その‘本物の芸術’が存在する!

DSC_3883-3.jpg
DSC_3884-2_201712121024453e2.jpg
DSC_3884-3.jpg
DSC_3886-2_201712121024480d4.jpg
DSC_3886-3.jpg
DSC_3886-4.jpg
DSC_3886-5.jpg
DSC_3887-2.jpg
DSC_3888-2.jpg
DSC_3891-2.jpg
DSC_3892-2.jpg
DSC_3892-3.jpg
DSC_3894-2.jpg
DSC_3895-2_20171212102638e42.jpg
DSC_3895-3_20171212102639dfa.jpg
DSC_3895-4.jpg
DSC_3895-5.jpg
DSC_3896-2.jpg
DSC_3896-3.jpg

御覧の通り、水にも‘動’と‘静’がちゃんと準備されているのである!

この水は、一体何処から来ているのだろうか?
一寸気になった・・・。

(つづく)
スポンサーサイト



[2017/12/12 10:36] | 芸術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2