FC2ブログ
近くの紅葉を求めて(その4):ふる里村の紅葉(4)
近くの紅葉を求めて(その4):ふる里村の紅葉(4)


我が家からこんな近いところに京都にも勝る紅葉の名所がある!

千葉県長生郡長柄町にある「長柄ふる里村」である。

201502022002062d3_20181129172937d8d.jpg
出典:https://kotobank.jp/word/%E9%95%B7%E6%9F%84(%E7%94%BA)-1572095

DSC_1699-2.jpg
DSC_1700-2.jpg
DSC_1701-2.jpg
DSC_1701-3.jpg
DSC_1707-2.jpg
DSC_1709-2.jpg
DSC_1710-2.jpg
DSC_1713-2_20181129175105dc5.jpg
DSC_1715-2_2018112917510777f.jpg
DSC_1715-3_20181129175645d9e.jpg
DSC_1716-2.jpg
DSC_1716-3.jpg
DSC_1716-4.jpg
DSC_1718-2_2018112917590140b.jpg
DSC_1718-3.jpg
DSC_1720-2.jpg
DSC_1720-3.jpg
DSC_1721-2_20181129175906dc1.jpg
DSC_1721-3.jpg
DSC_1722-2_20181129175909e8d.jpg
DSC_1722-3_20181129175911b21.jpg
DSC_1724-2_20181129175913a24.jpg
DSC_1724-3_20181129175915ffc.jpg

この「長柄ふる里村」には、まだまだ沢山紅葉の場面がある!

(つづく)
スポンサーサイト



[2018/11/30 06:39] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その3):ふる里村の紅葉(3)
近くの紅葉を求めて(その3):ふる里村の紅葉(3)

Screenshot_20181128-094433.png
出典:Google Map

房総半島は千葉県・長生郡・長柄町の「長柄ふる里村」には、‘鄙には稀な’素晴らしい設備と景勝地がある!

特に運動施設としては、あの有名な「カールルイス」も合宿して走ったというグラウンドやエアロビクスセンター、それに「真名カントリークラブ」やロッジまで揃っている!

20150202220500389_2018112812084963b.jpg

map-1.jpg
出典:https://www.seimei-no-mori.com/area

さて、この静かなリゾートの紅葉は・・・

DSC_1689-2_20181128144655c52.jpg
DSC_1689-3_20181128144656bc2.jpg
DSC_1690-2_201811281446581dd.jpg
DSC_1690-3.jpg
DSC_1690-4.jpg
DSC_1690-5.jpg
DSC_1692-2_201811281447042b3.jpg
DSC_1692-3.jpg
DSC_1692-4.jpg
DSC_1693-2_20181128144708684.jpg
DSC_1695-2_20181128144710d13.jpg
DSC_1695-3_20181128144711bfb.jpg
DSC_1696-2.jpg
DSC_1696-3.jpg
DSC_1697-2.jpg
DSC_1697-3.jpg
DSC_1698-2.jpg
DSC_1698-3.jpg

(つづく)
[2018/11/29 08:57] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その2):ふるさと村の紅葉(2)
近くの紅葉を求めて(その2):ふる里村の紅葉(2)

千葉県の紅葉もそんなに捨てたものでもない、と実感しました!

我が家から車で25~30分のところです!

Screenshot_20181128-094433.png
出典:Google Map

一番よろしいのは、宣伝が行き届いていないので、「人の混雑が全くない」ということでしょう!

2018年11月の下旬の「千葉県・長生郡・長柄町」の「長柄ふる里村」の紅葉の様子を何回かに分けて・・。

DSC_1687-2.jpg
DSC_1687-3.jpg
DSC_1687-4.jpg
DSC_1687-5.jpg
DSC_1682-2_20181128092651ecd.jpg
DSC_1682-3.jpg
DSC_1683-2_20181128092653667.jpg
DSC_1683-3.jpg
DSC_1684-2.jpg
DSC_1686-2_201811280927046cd.jpg
DSC_1686-3.jpg
DSC_1684-3.jpg
DSC_1684-4.jpg
DSC_1685-2_20181128092701696.jpg
DSC_1685-3.jpg

(つづく)
[2018/11/28 11:01] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
近くの紅葉を求めて(その1):ふる里村の紅葉(1)
近くの紅葉を求めて(その1):ふる里村の紅葉(1)

ふるさと村に久し振りに行った!

https://iko-yo.net/facilities/42440
長柄ふる里村
千葉県長生郡長柄町上野471-5
長柄ふる里村の施設紹介
自然の中、リゾートや居住するのに適した最高の場所!
千葉県の長生郡長柄町に「長柄ふる里村」はあります。房総半島の中央に開発された複合リゾート施設です。「生命の森リゾート」施設を併設しています。人間と自然が共生できるユートピアを目指した理想郷です。自然豊かな敷地内には「日本メディカルトレーニングセンター」や、「プール」、「大浴場」の施設などと、スポーツ施設も完備しています。敷地面積は約330平方メートル、500名が収容できる宿泊施設も建設されています。環境を重視した住居としても利用されています。


cont_access01.png
出典:https://www.seimei-no-mori.com/location

紅葉が素晴らしいことは解ってはいたが、本当の紅葉は今回初めて・・・

その中で‘素晴らしいもの’をいくつか‘予告編’の格好で・・。

DSC_1713-2.jpg
DSC_1748-2_20181127130826ecc.jpg
DSC_1756-2_201811271308270de.jpg
DSC_1834-2.jpg
DSC_1835-2_20181127130830afc.jpg
DSC_1838-2.jpg

紅葉狩りは、別に京都や鎌倉に行かなくても、静かな「千葉県長生郡長柄町のふるさと村」で、如何でしょうか?

今後素晴らしい画像をこの弊ブログで・・・。

(つづく)
[2018/11/27 13:13] | 紅葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
晩秋に活発な昆虫(その1):アブの活動<1>と蜂との区別
晩秋に活発な昆虫(その1):アブの活動<1>と蜂との区別

晩秋は、つわぶき(石蕗)の花が真っ盛りである!

この黄色い花を目指して、「アブ」が寄って来る!

「アブと蜂って区別がつく?」
「はっきりは、解らないが、黄色黒の縞模様が蜂?」

「まあ、半分正解かナ!」
「どういうこと?」

「蜂にはその縞模様がほとんどあるらしいが、アブの仲間にもその縞模様があるのがいるので、一概には言えない」
「昆虫の分類方法は、とにかく難しいらしいってこと?」

「そ、そういうこと」
「で、今日の話題は?」

つわぶき(石蕗)に群がる「アブ?」の様子がこちら・・・。

<2018年11月>
DSCN2164-2.jpg
DSCN2164-3.jpg
DSCN2158-2.jpg
DSCN2158-3.jpg
DSCN2160-2.jpg
DSCN2160-3.jpg
DSCN2160-4.jpg
DSCN2160-5.jpg

DSCN2162-2.jpg
DSCN2162-3.jpg
DSCN2162-4.jpg
DSCN2162-5.jpg

「蜂とアブの見分け方」は色々あるらしいが、研究者や学者さんの判別方法はさて置くとして、簡便な見分け方法は・・・。

https://richlife100.com/4126.html
蜂とアブ 姿の違い

蜂は、頭・胸・腹の間が細くくびれています(アリと同じ)
触角は長めでハッキリ見えており、眼が顔の中で占める割合が少ないです。
毒針を持っているのはメスだけでお尻に小さな針があります。
これは元々産卵管だったものが変化したためです。
花の蜜を吸いにくる働き蜂は全て毒針を持ったメスなのです。

蜂の色は黄色(オレンジ色)と黒色が多いのですが、これは自分が危険な生物だと
周囲の動物に警告するためです。

アブは、頭・胸・腹の差が無く、殆どくびれがありません(ハエと同じ)
触角は短い種類が多く、よく見ないと気づかないほどで、
眼が異常なくらい大きく、顔の半分以上を占める種類が多いです。
アブには毒針はありませんが、口で血を吸ったり噛んだりする種類もあります。
蜂に姿が似ているのは天敵から身を守るための擬態です。



「ところで、上の写真の‘アブ’は何という名前のアブなの?」
「只今検討中!どうやら、‘ナミハナアブ’という名前の昆虫だが、アブでも蜂でもない昆虫らしい?http://shizensanpo.seesaa.net/article/376707757.html

「えっ?そんな~」
「???」

(つづく)
[2018/11/26 10:15] | 昆虫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今朝(20181123)の富士山!
一昨日(2118年11月23日)の関東地方は、天気予報の通り、「快晴」となった!

富士山と我が家との直線距離は、「約150km 」もあるから、写真を撮ると言ったって、そう簡単ではない!
先ず、春から秋の入り口までの間では、「水蒸気」が邪魔をして富士山が拝めない!

Screenshot_20181124-103817.png
出典:Google Map

今朝の空気は「低温」と「快晴」のために、撮影の条件が整った!
こんな場合でも、午前10時を過ぎると「水蒸気」が増えて来て、ぼんやりとしか見えない・・・。

朝、ぎりぎりの「10:06 」赤目川の土手からの、晩秋朝の富士山が・・・

DSCN2108-2.jpg
DSCN2109-2.jpg
DSCN2120-2.jpg
DSCN2111-3.jpg
DSCN2120-3.jpg

さて、この快晴が夕方まで続けば、夕焼けの中の富士山が拝めるのだが・・・。

この所の夕方の天候では富士山は見えなかった!

2018年10月21日の夕暮れの富士山・・。

DSCN0995-2_20181125100749ba2.jpg
DSCN0995-3_20181125100749dbd.jpg

(つづく)
[2018/11/25 10:09] | 富士山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
季節外れの植物!:アカツメクサ( red clover )
季節外れの植物!:アカツメクサ( red clover )

今年(2018年)は、正に「異常気象」の年である!

この弊ブログでも紹介したが、全国的には「ソメイヨシノ」が、台風24号による「葉っぱ落とし」の影響で、秋に開花する例があったし、我が家の庭に11月に「雪柳」が咲いたりした!

この所目につくのは、散歩の途中に、自棄に元気よく「アカツメクサ(赤詰草)」が咲いていて、葉っぱが瑞々しいのである!

<2018年11月20日午後>

場所:千葉県茂原市の「赤目川土手」

① 季節外れ(通常は5月~8月)の「アカツメクサ」が勢いよく咲いている!
② このクローバーの緑も鮮やかである!
③ 秋の象徴の「ススキ」などとと同居している!

DSC_1361-2_20181122112820f12.jpg
DSC_1361-3_2018112211282333f.jpg
DSC_1358 (1)-2
DSC_1359-2_201811221128185e6.jpg
DSC_1360-2_2018112211281906b.jpg
DSC_1362-2_201811221128243ed.jpg
DSC_1362-3.jpg
DSC_1363-2_20181122112827b6c.jpg
DSC_1363-3_20181122112829f7b.jpg
DSC_1367-2_20181122112830204.jpg
DSC_1370-2_20181122112831c03.jpg

<豆知識>

(1) クローバーの中に「シロツメクサ」と「アカツメクサ」がある.。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%B
8%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%A6%E5%B1%9E

シャジクソウ属(車軸草属、トリフォリウム属、Trifolium)はマメ亜科の属の一つ。英語ではクローバー(Clover)と総称される[1]。約260種が全世界に分布する。シャジクソウ属の多様性は北半球において最も高いが、南アメリカやアフリカにも多くの種が分布している。<中略>
和名の「ツメクサ」の由来は、江戸時代にオランダから輸入されたガラス器の梱包の際に本草が詰め物として使われていたことから「詰草」と呼ばれるようになった。<中略>
日本に分布する在来種はシャジクソウのみであるが、シロツメクサをはじめとする多くの種が牧草、園芸、緑肥などの目的で導入され、帰化植物となった種類も多い。
約260種が属し、次の亜属・節に分類されている[2][3]。



(2) 「シロツメクサ」と「アカツメクサ」の違い

https://frytiger.com/archives/7429.html
アカツメクサでは冠が作れない
よく似た種類でアカツメクサがありますが、アカツメクサでは冠がきれいにできません。
何故なら、花のすぐ下に葉っぱがくっついているので、邪魔になるのです。

作れないわけではありませんが、美しくないのです。
下の模式図を見れば、その違いは一目瞭然でしょう。

20160528a.jpg

白いアカツメクサがある。
赤いシロツメクサもある。


私が撮影した「アカツメクサ」には、花の下に直ぐ「葉っぱ」がある!

DSCN2131-2.jpg
DSCN2133-2.jpg

(つづく)
[2018/11/24 11:14] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
狂い咲き!:雪柳
狂い咲き!:雪柳

一昨日(2018年11月21日)になってやっと気づいたが、「狂い咲き」が桜だけではなく「雪柳」にも・・・。勿論、ほんの「チラホラ」ではあるが・・・。

DSC_1384 (1)-2
DSC_1384 (1)-3
DSC_1384 (1)-4
DSC_1379-2_20181122082627ac6.jpg
DSC_1379-3_201811220826287c4.jpg
DSC_1379-4_20181122082629387.jpg
DSC_1380-2_20181122082631cfc.jpg
DSC_1380-3_20181122082632d88.jpg
DSC_1382-2_20181122082634395.jpg
DSC_1382-3_2018112208263552c.jpg
DSC_1383-2_20181122082637cf2.jpg
DSC_1383-3.jpg

その他にも、いろいろ「狂い咲き」や、「季節外れの新芽」などなど・・・。

やはり今年・2018年は異常気象である・・。原因は?

それにしても、植物がこんなに気象異常に敏感とは・・・。

(つづく)
[2018/11/23 08:52] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
最近の茂原公園とその周辺(その2)
最近の茂原公園とその周辺(その2)

<茂原公園の銀杏黄葉>

2018年11月10日午後、茂原公園を訪れた!
既に銀杏は黄葉しているではないか!

DSC_0883-2.jpg
DSC_0883-3.jpg
DSC_0883-4.jpg
DSC_0886-2.jpg
DSC_0887-2.jpg
DSC_0888-2.jpg
DSC_0889-2.jpg
DSC_0891-2.jpg
DSC_0891-3.jpg
DSC_0891-4.jpg
DSC_0892-2.jpg
DSC_0892-3.jpg
DSC_0911-2_20181120130717193.jpg
DSC_0913-2_20181120130719cd5.jpg
DSC_0913-3.jpg
DSC_0915-2.jpg
DSC_0917-2.jpg
DSC_0920-2_2018112013072494b.jpg
DSC_0920-3.jpg

黄葉のメカニズムについては、別途・・・。

(つづく)
[2018/11/22 07:44] | 秋深し | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
最近の茂原公園とその周辺(その1)
最近の茂原公園とその周辺(その1)

秋深し」と言えば、「隣は何をする人ぞ」というくらいこの句は有名である!

これがなぜ有名なのだろうか?
何故、優れた句なのだろうか?

実は、この「秋深」は、「秋深」だったのだそうだ!

はせをの亡くなる2週間ほど前の句である!<http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/basho/haikusyu/aki2.htm

この

「秋深き 隣は何を する人ぞ」

の松尾芭蕉の句についてのことは後日この弊ブログでご紹介する予定!

さて、我が町、千葉県茂原市にも立派な公園がある。その名も単純に「茂原公園」

茂原公園
出典:http://www.city.mobara.chiba.jp/0000001554.html
mobaraimage1.jpg
mobarakanban.jpg
DSC04347.jpg
SANY0063.jpg

面積:160,829平方メートル
この公園は茂原市のほぼ中央に位置し、山や湖水などの自然の地形を利用し、展望広場や散策道、多目的広場、美術館、郷土資料館(別ウインドウで開く)などを取り込んで造られております。

 公園内には春の桜をはじめ梅、ツツジ、アジサイ、もみじ等の四季を通じて楽しめるさまざまな樹木が植えられており、憩いの場、自然との触れ合いの場として市民に親しまれております。
皆さんのご来園をお待ちしております。<後略>


今年(2018年)11月10日午後、「秋深し」を見つけるために、この茂原公園へ行ってみた・・・。

① 予想以上の人出で、銀杏の黄葉が素晴らしかった!

② その人出を見ていると、何とほとんどの「老若男女」がスマホを弄っている!

先ずは、「弁天池」 から・・・。

DSC_0856-2.jpg
DSC_0857-2.jpg
DSC_0857-3.jpg
DSC_0858-2.jpg
DSC_0858-3.jpg
DSC_0858-4.jpg
DSC_0859-2.jpg
DSC_0859-3.jpg
DSC_0859-4.jpg
DSC_0860-2.jpg
DSC_0860-3.jpg
DSC_0861-2.jpg
DSC_0861-3.jpg
DSC_0862-2.jpg
DSC_0862-3.jpg
DSC_0863-2.jpg
DSC_0863-3.jpg
DSC_0867-2.jpg
DSC_0867-3.jpg
DSC_0868-2.jpg
DSC_0868-3.jpg

(つづく)
[2018/11/21 07:31] | 秋深し | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
晩秋の夕焼け
晩秋の夕焼け

秋に日は「つるべ落とし」という!

今日(2018年11月20日)の夕焼けを撮ってみた・・。

<16:57>
場所:千葉県茂原市千沢

DSCN2062-2.jpg
DSCN2064-2.jpg
DSCN2063-2.jpg
DSCN2060-2.jpg
DSCN2066-2.jpg

こんな夕日も都会では、なかなか・・・。

(つづく)
[2018/11/20 18:39] | その瞬間! | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
異様な風景?(その3)
異様な風景?(その3)

「まだあるって?」
「そ、そう嫌がらずに・・・」

先ずは、「まともな画像」から・・・

DSC_1248-2_20181118122740d3d.jpg

これを逆さまにすると・・・

DSC_1248-3.jpg

異様な風景に早変わり・・・

DSC_1248-4.jpg
DSC_1248-5.jpg
DSC_1248-6.jpg

次に一寸工夫(?)をして、90°回転してみると、頭が可笑しくなるような・・・

DSC_1248-7.jpg
DSC_1248-8.jpg

「まだあるの?」
「あるけど、美しいまともな‘丑ケ池’の晩秋の風景を・・」

(つづく)
[2018/11/20 08:43] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
異様な風景?(その2)
異様な風景?(その2)

逆さまの画像に騙されないように、というより、騙されてみると案外嬉しい発見があるかも??

「或る池」というのは、「丑ケ池」のことである!

DSC_1268-2.jpg
DSC_1269-2_20181118120906c68.jpg
DSC_1270-2_20181118120908bba.jpg
DSC_1270-3.jpg
DSC_1270-4.jpg

DSC_1223-2.jpg

この上の画像が「まともな」フツーの画像!

これを逆さにすると・・・

DSC_1223-3.jpg

こうなって、少々見にくいので、下方部分をカットすれば、「騙し絵」になってしまうという訳!

DSC_1223-4.jpg
DSC_1223-5.jpg
DSC_1223-6.jpg
DSC_1223-7.jpg

「どうですか?素晴らしいでしょ!」
「何だか、脳の方が可笑しくなって来て・・・」

「常識が潜在意識で出来ていることが解りますか?」
「余り解らないっ?!」

「まだまだあるんですよっ!」
「もういいよっ!」

(つづく)
[2018/11/19 07:01] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
異様な風景?(その1)
異様な風景?(その1)

秋の風景は、やはり美しい!

先日も暇に任せて、自宅から約16~17km程の郷里にある「或る池」へ行った・・・。

そこで見た風景とは?

DSC_1263-3-2.jpg

この空に浮かんでいる「異様な物質」は,一体何?

拡大して見ると・・・

DSC_1263-4_20181118105625044.jpg
DSC_1263-5.jpg

「ナニコレ?」
「ここまで拡大すると解るでしょ!」

「解らないっ!」
「えっ?」

実は、この池の水面が無風状態と重なって「鏡」状態になっていて、以上の画像は「虚像」なのであ~る・・・。
実像部分共々の「フツーの画像は、以下の通り!

DSC_1263-2_20181118104426d18.jpg

上の画像を部分拡大した画像がこの下の画像!

DSC_1263-3-1.jpg

この上の画像を「逆さま」にしたのが下の画像って訳!

DSC_1263-3_20181118104427735.jpg

この画像の下の部分をカットしたのが、最初の画像!

DSC_1263-3-2.jpg

「こんなに澄み切っている池の水面も凄~い、ねえ!」
「そ、ま~だ沢山あるよ、この池・・」

「見せて、見せて!」
「つづく・・・」

(つづく)
[2018/11/18 11:20] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長柄ダム(市津湖)の近況(その4):観光
長柄ダム(市津湖)の近況(その4):観光
『‘観光’とは、何か?』という題名の記事をおよそ30年くたい前の「文芸春秋」で読んだことがある!

「観光とは何か?」「文芸春秋」で検索して見たが、ヒットしない!作者も覚えていないし、題名そのものも怪しい!

その記事で「話題」にされたのが、「観光」の‘光’で、何故‘観行’ではないのか?ということとは違ったように思う。この記事は、きっと段ボール箱の中にしまい込まれている文芸春秋の中に・・・。

「観光」とは何か?

https://kotobank.jp/word/%E8%A6%B3%E5%85%89-469729#
E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
観光
かんこう
一般的には「日常の生活では見ることのできない風景や風俗、習慣などを見て回る旅行」を意味したが、旅行の安全性や快適性が進むにつれて、遊覧や保養のための旅行など「楽しみのための旅」全般をさすことばとして広く使用されるようになった。[小谷達男]
語源と概念目次を見る

日本で観光という語が使用されたのは、1855年(安政2)にオランダより徳川幕府に寄贈された木造蒸気船を幕府が軍艦として「観光丸」と名づけたのが最初である。

その意図は、国の威光を海外に示す意味が込められていたといわれる。ちなみに「観光」の語源は中国の『易経』の「観」の卦(か)(観察についての項)に由来している。「観国之光 利用賓于王」(国の光を観(み)るは、もって王の賓たるによろし)から生まれた語で、その本来の語義は「他国の制度や文物を視察する」から転じて「他国を旅して見聞を広める」の意味となる。また同時に「観」には「示す」意味もあり、外国の要人に国の光を誇らかに示す意味も含まれているという説もある。(井上萬壽藏(ますぞう)著『観光と観光事業』1967)

 日本で観光の語が現代的な意味で使用されるようになったのは、英語のツーリズムtourismの訳語としてあてられるようになった明治なかば以降である。とくに一般化したのは大正に入ってからで、とりわけ1923~1924年(大正12~13)ごろ、アメリカ移住団の祖国訪問に際して新聞紙上で「母国観光団」として華々しく報道されたためだといわれる。しかし、日常的な語として広く使用されるようになったのは昭和初期以降であり、世界的な観光黄金時代を背景にして鉄道省に国際観光局が設置(1930)されたのを契機に民間機関も設立され、国内観光の気運が高まりをみせ始めたころからである。ただ、現代用語としての観光の概念は、英語のツアーとは語源、語義を異にするため、かならずしも概念的に合致しているわけではない。すなわち、ツアーはラテン語のターナスtornus(ろくろの意)を語源としており、巡回旅行を意味する用語として生まれた語である。したがって、語意的には旅行の内容や目的には関係なく、旅行の態様に意味づけられた用語といえる。これに対して観光は、その語源から旅行の内容や目的によって意味づけられている面が強い。観光の状況に対して、そのあり方やあるべき姿について絶えず強い関心がもたれるのはそのためでもある。そこで観光とはごく一般的には「人々が気晴らしや休息ならびに見聞を広めるために、日常生活では体験不可能な文化や自然に接する余暇行動である」と規定することができる。なお、これは観光行動についての規定であるが、このような観光行動によって生起する社会現象としての観光を対象にする視点もある。この場合、前者を狭義の概念とし、後者を広義の概念としている。観光問題とか観光対策という場合の観光は広義の立場からの使用である。
 世界の各国が国策として観光振興に乗り出したのは20世紀に入ってからであり、ヨーロッパ諸国では第一次世界大戦後の経済復興に国際観光を積極的に振興した。同時に西欧諸国では国内観光政策にも努め、とくに北欧諸国やスイスで推進された、観光旅行に出かけにくい国民層を対象とした施策(ソシアル・ツーリズムsocial tourism)は注目に値する。[小谷達男]


さて、さて、また前置きが長くなったが、関東・房総半島に「水」を供給する目的で作られた「房総導水路」の一つである長柄ダム(市津湖)の散歩コースの風景を見て歩く、正に「観光」である。

s0200tt_2018111511251777a.gif
s0200t01_20181115112707e46.gif

房総半島の九十九里地域や南房総地域では、その昔、多くの家々が不安定な井戸水をくんで暮らしていました。人口の増加や都市化が進み、水道水の要望が高まってきました。一方、千葉市から君津市にいたる京葉臨海工業地帯では、安定した工業用水が必要とされていました。

ところが房総半島には、これらの水への要求を充分に満たすだけの大きな水源はありませんでした。そこで、これらの地域に利根川の水を運ぶ「房総導水路」がつくられたのです。 今では、利根川の水を南房総にある大多喜町まで、約100キロメートルもの長い距離を運び、必要な地域での水不足の心配をなくし、人々の暮らしを支えているのです。

<長柄ダム>

s02081_20181113115717822.jpg

房総導水路にある2つのダムのうちの1つです。

長柄ダムは、昭和60年(1985年)に完成しました。このダムはコンクリートではなく土を盛り上げて作られたアースダムです。

房総導水路を流れてきた水はこの長柄ダムで貯えられるのです。

ダムの高さは52m、長さは250mで、満水になった時には、水面は海抜75.1mに達します。  
総貯水量は1,000万m3で、このタイプでは国内最大級のダムとなります。


DSC_9814-3.jpg
DSC_9815-2.jpg
DSC_9815-3.jpg
DSC_9817-2.jpg
DSC_9817-3.jpg
DSC_9817-4.jpg

下の数枚の画像が、房総導水路を通ってきた「利根川」の水が市津湖に流れ込んでいる様子!

DSC_9818-2_20181115113622787.jpg
DSC_9818-3_20181115113624ae6.jpg
DSC_9818-4_20181115113626c68.jpg

何という亀かは知らないが、亀も沢山生息しているらしい!

DSC_9820-2.jpg
DSC_9821-2.jpg
DSC_9821-3.jpg

「今はもう秋、誰もいない湖(うみ)!?」

DSC_9823-2.jpg
DSC_9823-3.jpg
DSC_9823-4.jpg
DSC_9833-2.jpg
DSC_9835-2.jpg
DSC_9835-3.jpg

正に「観光」に値する見事な風景である!

(つづく)
[2018/11/17 07:35] | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2018年11月15日深夜の夜空から16日の朝までの気温変化など・・。
2018年11月15日深夜の夜空から16日の朝までの気温変化など・・。

場所:房総半島、千葉県は茂原市・千沢地区

今年(2018年)も今日(11月16日)でとうとう後残すところ「40日」となった!

急に冷え込んで来て、この千葉県の中央部付近でも、最低気温が「10℃」を切るようになった!
その代わり、「夜空」は綺麗である・・・。

冬の星座の王様である「オリオン座」が綺麗に見え始めた!
月は昨夜(11月15日)で「上弦」である・・。

<1> 気温(場所:千葉県茂原市・千沢) <画像は、docomo スマホアプリ(Weather)から>

昨夜(2018年11月15日)の22:56の時点で「7℃」が、今朝(2018年11月16日)は、「5℃」まで下がって、10:40には、「16℃」まで11℃も上昇した!

Screenshot_20181115-225651.png
Screenshot_20181116-065542.png
Screenshot_20181116-070736.png
Screenshot_20181116-095038.png
Screenshot_20181116-104048.png

<2> 夜空

上述の通り、2018年11月15日は、「上弦」である。

<2018年11月15日17:05>
1811mooncal.png
出典:http://turupura.com/new/2018/cal_moon/18_mooncal.html

DSCN1818-2.jpg
DSCN1825-4.jpg
DSCN1818-3.jpg

<2018年11月15日22:24> 外灯の右横が上弦の月
DSC_1300-2_20181116111145d16.jpg
DSC_1300-3.jpg

<2018年11月15日22:23> オリオン座が我が家の上空に!スマホで撮影。
DSC_1294-2_2018111611114062d.jpg
DSC_1294-3.jpg
DSC_1294-4.jpg

オリオン座の「ベテルギウス」は、もう超新星爆発を起こしているのだろうか?

「ベテルギウス」については別途この弊ブログで・・・。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82
%AE%E3%82%A6%E3%82%B9

距離
2008年になり、定説となっていた約427光年という推定距離が大幅に改められ約642光年となった[6]。


ということは、

2018-642=1376

「1376年」と言えば、日本では、南北朝時代、だそうである。
この時に「超新星爆発」を起こしていれば、今年何らかの兆候が見られるかも???

(つづく)
[2018/11/16 12:07] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長柄ダム(市津湖)の近況(その4):アオコの発生!
長柄ダム(市津湖)の近況(その4):アオコの発生!

q03.jpg

http://www.nies.go.jp/nieskids/qa/project2/kosyou/q03.html#
湖や沼で、水面が緑色のペンキを流したようになっているのを、見たことがありませんか? これがアオコです。アオコの正体(しょうたい)は、大量に発生(はっせい)した植物プランクトンです。アオコが発生すると、やがてほとんどが死んでくさり、とてもいやなにおいを出します。ダムなどに発生すると、そのダムの水を利用した水道の水がくさくなるほどです。
 また、アオコの死がいがくさるときには、水中の酸素(さんそ)をたくさん使うので、魚などの生き物が、酸素不足で死んでしまうことがあります。

 じつは、アオコの発生は、人間のくらしが原因(げんいん)だといわれています。生活排水(せいかつはいすい)・肥料(ひりょう)などにふくまれる、チッ素やリンという物質(ぶっしつ)が、川から湖や沼に流れこみ、水中の植物プランクトンたちのよい栄養(えいよう)になって、アオコが大発生するのです。
 このように栄養となるものが増(ふ)えすぎてしまった状態(じょうたい)を「富栄養化(ふえいようか)」といいます。



2018年10月25日、千葉県長生郡・長柄町の長柄ダム(市津湖)を訪れた・・・。
「アオコ」の発生の現場である!

DSC_9798-2.jpg
DSC_9798-3.jpg
DSC_9800-2.jpg
DSC_9800-3.jpg
DSC_9800-4.jpg
DSC_9801-2_201811140647507c0.jpg
DSC_9801-3_201811140647527af.jpg
DSC_9801-4.jpg
DSC_9803-2.jpg
DSC_9803-3.jpg
DSC_9804-2.jpg
DSC_9804-3.jpg
DSC_9804-4.jpg
DSC_9804-5.jpg
DSC_9805-2.jpg
DSC_9805-3.jpg
DSC_9807-2.jpg
DSC_9807-3.jpg
DSC_9809-2.jpg
DSC_9809-3.jpg
DSC_9810-2.jpg
DSC_9810-3.jpg
DSC_9822-2.jpg
DSC_9822-3.jpg
DSC_9822-4.jpg

我々が住んでいる千葉県・茂原市の水道の水源の一部が、この長柄ダム(市津湖)というから、正に他人ごとではない!

有効な対策は無いのだろうか?

(つづく)
[2018/11/16 09:32] | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長柄ダム(市津湖)の近況(その3)
長柄ダム(市津湖)の近況(その3)

2018年10月25日の長柄ダム(市津子湖)の遊歩道で・・・。

DSC_9788-2.jpg
DSC_9789-2.jpg
DSC_9789-3.jpg
DSC_9791-2.jpg
DSC_9791-3.jpg
DSC_9792-2.jpg
DSC_9792-3.jpg
DSC_9794-2.jpg
DSC_9794-3.jpg

こんな場所で、「イノシシ様」が・・・

DSC_9794-4.jpg

「ご用心、ご用心!」

DSC_9795-2.jpg
DSC_9796-2.jpg
DSC_9796-3.jpg
DSC_9796-4.jpg
DSC_9797-2.jpg
DSC_9797-3.jpg

この後、まだまだ続く・・・。

(つづく)
[2018/11/15 10:45] | 散歩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長柄ダム(市津湖)の近況(その2)
長柄ダム(市津湖)の近況(その2)

DSC_9771-2.jpg
DSC_9772-2.jpg

長柄ダム(市津湖)のデータは以下の通り・・・。

Screenshot_20181026-071842.png
出展:グーグルマップ

0679ZM01A.jpg
出典:http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=0679

s02081_20181113115717822.jpg
出典:https://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s0208.htm

nagagaramap_20181113115716547.gif
出典:https://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s0208.htm


https://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s0208.htm
長柄ダム:房総導水路にある2つのダムのうちの1つです。

長柄ダムは、昭和60年(1985年)に完成しました。このダムはコンクリートではなく土を盛り上げて作られたアースダムです。

房総導水路を流れてきた水はこの長柄ダムで貯えられるのです。

ダムの高さは52m、長さは250mで、満水になった時には、水面は海抜75.1mに達します。  
  総貯水量は1,000万m3で、このタイプでは国内最大級のダムとなります。  
         
  ● ダム周辺案内 ●  
     
  長柄ダムによって生まれた湖は「市津湖(しづこ)」と名付けられ、周りに4.4キロメートルの周遊道や、「杉の子」「竹の子」「どんぐり子」という3つの遊びのステーションがあります。

139676544960617060227_nagae2_20181113121348933.jpg
出典:https://hakuzou.at.webry.info/201404/article_3.html

また、湖のほとりには長柄自然休養村があり、観光農園、キャンプ場、小動物園、プール、テニスコートなどがあります。緑いっぱいの自然の中で、気分をリフレッシュできます。




さて、最も大事な「インフラ」としての長柄ダムに関して、

その「房総導水路」の外観とその断面が以下の通り!

dousuimap_20181114061502f29.gif
出典:http://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s02.htm

dousuiani2_20181113121349af5.gif
出典:https://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s0208.htm

さて、これから「4.4キロメートルの周遊道」を歩いて・・・。

果たして「狂い咲きの桜」は?

DSC_9773-2.jpg

「あった、あった!」

DSC_9775-2.jpg
DSC_9775-3.jpg
DSC_9776-2.jpg
DSC_9777-2.jpg
DSC_9779-2.jpg
DSC_9779-3.jpg
DSC_9779-4.jpg
DSC_9782-2.jpg
DSC_9783-2.jpg
DSC_9784-2.jpg
DSC_9785-2.jpg
DSC_9785-3.jpg
DSC_9785-4.jpg

ちらほらであるが、「狂い咲きの桜」が、あった!

(つづく)
[2018/11/14 06:01] | 国土改造 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長柄ダム(市津湖)の近況(その1)
長柄ダム(市津湖)の近況(その1)

我々が住んでいる、房総半島は千葉県の茂原市では、わが家族が引越しをしてきた20数年前から現在に至るまで「断水」の経験は一度も無い、と記憶している!

「水を制する者は天下を制す」とまで言われること、即ち有効な水源確保が天下を制した事実は、古くは中国の何千年の歴史が証明している事実であり、日本においても然りであるに違いない・・。

自分の住んでいるところの「水源」について、知る必要もないほど日本国中ではこのインフラ整備が進んでいるが、20数年前に、茂原市の水源の一部は「表題」にある長柄ダム(市津湖)という人工的な設備で賄われていることに気付かされた!

その後、年に2~3度は訪れているから、そう、もう40~50回はこの長柄ダム(市津湖)を訪れていることになる!
人工湖だけあって、その周りには、定番通り「桜」が植えられている・・。
しかし、不思議なことに、桜満開の時期に訪れたことは一度もない!

今年(2018年)10月25日、久々の晴天だったことから、お昼過ぎに「手作り弁当」持参でここ志津湖へ行ってみた!

途中で「車のナンバー」が末広がりの「56-78」番に出会った!

DSC_9760-2.jpg
DSC_9760-3.jpg

「それがどうした?」という野暮な質問があるかも知れないが、思わずスマホで・・・。

長柄ダム(市津湖)の場所は、以下の通り。我が家との距離は、約19km・・・。

Screenshot_20181029-103734.png
出典:グーグルマップ

Screenshot_20181029-104036.png
出典:グーグルマップ

家を出発したのが、12:10で、志津湖の駐車場に到着したのが12:48だから、約38分間のドライブで・・・。

正に「快晴」である!

DSC_9761-2.jpg
DSC_9762-2.jpg
DSC_9763-2.jpg
DSC_9764-2.jpg
DSC_9767-2.jpg
DSC_9768-2.jpg
DSC_9768-3.jpg
DSC_9769-2.jpg
DSC_9769-3.jpg
DSC_9770-2.jpg
DSC_9771-2.jpg

このところの異常気象で「台風24号」の影響により、桜の木の「葉っぱ」が落ちたために、「桜がほころび始めた!」という。
この桜の名所で、「狂い咲きの桜」があるのかどうか、これも確かめたかった・・。

(つづく)
[2018/11/13 11:50] | 国土改造 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
本ブログ・サブジャンル(創作日記)での順位に異変?
本ブログ・サブジャンル(創作日記)での順位に異変?

昨日(2018年11月11日)のランキングで、久々に10位以内にランキングされた!
近頃では‘異変’である!

Screenshot_20181111-075325.png
Screenshot_20181111-075420.png
ランキング2018年11月12日まで

(創作日記)ジャンルの母数については、およそ1年前までは、1万くらいだったが、最近は約40%増しの1.4万くらいに伸びて来ている!

2018年11月11日付けランキング: 4位/14,332人

2018年11月になってからの、今日(11/12)現在の月平均ランキング : 14位

(つづく)
[2018/11/12 09:52] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今年(2018年)の‘ひこばえ’と‘たばこ畑’と‘コスモス’と・・
今年(2018年)の‘ひこばえ’と‘たばこ畑’と‘コスモス’と・・

毎年、秋を表すものとしては、この3っつ!

‘ひこばえ’と‘たばこ畑’と‘コスモス’

2018年10月27日の午後、いつもの散歩道での風景・・・・。

先ずは、‘ひこばえ’から・・・。
毎年思うのだが、何かに利用出来ないか??

DSC_0047-2_201811101000283f6.jpg
DSC_0047-3_201811101000300c5.jpg
DSC_0048-2_20181110100031e15.jpg
DSC_0048-3.jpg
DSC_0051-2_2018111010003483b.jpg
DSC_0051-3.jpg
DSC_0052-2_20181110100037da5.jpg
DSC_0052-3.jpg
DSC_0054-2_201811101000406c7.jpg
DSC_0055-2_20181110100042641.jpg
DSC_0055-3.jpg


次に‘たばこ畑’:来年の準備が・・・

DSC_0056-2_20181110100045fc8.jpg
DSC_0056-3.jpg


そして、そして‘コスモス’が・・・。毛虫もコスモス好きなのかも??

DSC_0057-2_201811101000488ed.jpg
DSC_0058-2.jpg
DSC_0058-3.jpg
DSC_0060-2_2018111010005319d.jpg
DSC_0060-3_201811101000546ad.jpg
DSC_0060-4.jpg
DSC_0060-5.jpg
DSC_0061-2_20181110100239690.jpg
DSC_0061-3_201811101002419bb.jpg
DSC_0061-4.jpg
DSC_0061-5.jpg

こうやって、毎年毎年、秋は過ぎ去って行く・・・・。

「すべて世は事も無し!」

おっと、これは「春の詩」だった!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC
%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%8
2%A6%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0

ロバート・ブラウニング(Robert Browning, 1812年5月7日 - 1889年12月12日)は、イギリスの詩人。エリザベス・バレット・ブラウニングの夫であり、彫刻家ロバート・バレット・ブラウニングの父。

ロンドン郊外の裕福な家庭に生まれ、蔵書家の父と音楽家の母の薫陶を受け、当時の上流階級の慣習から正規の学校教育を受ける機会はわずかであった。12歳で詩集を作り、14歳でギリシア語・ラテン語をマスターし、古典を耽読した。21歳から詩や戯曲を発表したが、あまりにも難解だった。1846年、34歳のとき6歳年上の女性詩人エリザベス・バレットと結婚するも、岳父の反対によってフィレンツェに移住する。愛妻の死後にロンドンに戻る。55歳のとき、17世紀ローマで起きた現実の殺人事件をめぐって、10人の異なる証言で構成した壮大な物語詩『指輪と本』を発表、ようやく当代一流の詩人と認められるに至った。晩年にヨーロッパを渡り歩いた末にイタリアに戻り、最後の詩集が刊行された日にヴェネツィアで客死。ウェストミンスター寺院南翼廊の、アルフレッド・テニスンの隣に埋葬されている。

代表作としては劇詩「ピッパが通る Pippa Passes」(1841年)が挙げられ、特にその一節「"God's in his heaven. All's right with the world.(神、そらに知ろしめす。すべて世は事も無し)」が広く知られる[1]。

日本での評価

上田敏の訳詩集『海潮音』(1905年)の中で愛誦される詩の一つに、ブラウニング「春の朝」(はるのあした)がある。

時は春、
日は朝(あした)、
朝は七時(ななとき)、
片岡に露みちて、
揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
蝸牛(かたつむり)枝に這ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し


8行の平易な詩句とのびやかで肯定的な主題は、上田敏の心地よい韻律の名訳とあいまって、広く親しまれてきた。しかしこれは独立した短詩ではなく、『ピッパが通る』という長編劇詩の一節である。1年1度の休日にピッパが「アソロで最も幸せな4人」と思っている家の前を通る。そのうちの一人オッティマはピッパの工場のオーナー夫人で情夫と結託して夫を殺したところで2人は口論中だった。ピッパの屈託のない歌声と詩の内容に情夫は心を動かされ、犯した罪の重さを悔やむ。その傍を通る少女ピッパのうたう歌詞である。

作家 夏目漱石も愛した詩人で、『三四郎』(1908年)には与次郎がさかんに連発する「ダーターファブラ」という謎めいた言葉は初出はホラティウスのラテン語句〈de te fabula〉(与次郎はギリシャ語と主張)で、「君の話だ、他人事ではない」というほどの意味で、漱石はブラウニングの「騎馬像と胸像」"The Statue and the Bust"という詩から引用した。互いにひかれ合いながら一歩をふみだす勇気がなく、秘めた想いを銅像に封じ込めた貴族と人妻の恋を諷刺的に描いた物語詩で、三四郎と美禰子にとってはまさに「他人事ではない」。

上田敏は、『三四郎』の約1年後に発表した小説『うづまき』において、この詩を重要なモチーフとして用い、詳しく内容を紹介した。

漱石の弟子芥川龍之介は自ら「ブラウニング信者」と称し、ブラウニングの『指輪と本』を意識的に下敷きにして『藪の中』(1922年)を書いたとされる。


いい時代だったのだろうか?

(つづく)
[2018/11/11 08:30] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
カマキリの正体?(その1)
カマキリの正体?

「ところで、‘カマキリ’って知ってる?」
「それぐらいは、小学生でも・・・」

「じゃあサ、カマキリの種類は、どの位あるの?」
「さ~?」

「いい加減で良いから、言ってみて・・」
「100位? ちょっと多いかな?じゃあ、50~100位?」

「おっと、やはり、かなりいい加減!」
「どの位?」

「アッと驚く‘2,400種類’もだそうだ!」
「え、えっ!そんなに?」

「ただし、日本には‘15種類’位!」
「へ~!」

<この数値は、直ぐ下の文献から>

「世界中には、美しいカマキリちゃんも居るとか!」
「見せて!見せて!」

‘美しいカマキリの画像’は、以下の文献から転載しました!

カマキリの種類世界一覧!生態や体の特徴を写真と共に紹介!
出展:https://keitai-tiebukuro.com/2017/12/17/mantis-type-world/

4d1220b0b0fa172d67a12f18d5d44956.jpg
Chlidonoptera-drohend-2.jpg
51-768x370.jpg
Gottesanbeterin-Asiatische-Bltenmantis-Creobroter-20170914035651.jpg
unnamed.jpg

「世界中には、こんな美しい‘カマちゃん’も居るのに、日本では見かけないらしい!」
「でも、でも、ちょっと気味が悪いねえ!」

秋の季節になるとカマキリさんも、冬支度もあって、のこのこ日差しの中にお出ましになることがある!

<2018年10月18日場所:千葉県茂原市の我が家の玄関先>

DSC_9702-2.jpg
DSC_9702-3.jpg
DSC_9702-4.jpg
DSC_9702-5.jpg
DSC_9703-2.jpg
DSC_9703-3.jpg
DSC_9703-4.jpg

「どうも、この‘目’が気になるねえ!」
「一寸、不気味っ!」

「カマキリのことで知っておかなばならないのは、‘偽瞳孔’のことと‘共喰い’のこと?」
「そ、じゃあ‘偽瞳孔’のことから・・・」

先ずは、「カマキリの頭部の「SEM(走査型電子顕微鏡)像」から・・・。

085d964d.jpg
出展:http://karapaia.com/archives/51971057.html

明らかに「偽瞳孔」が窺える!

「偽瞳孔」とは?

ひょうごのかまきり
出展:http://www.konchukan.net/pdf/kamakiri/hyogo_no_kamakiri_intro.pdf
hyogo_no_kamakiri_intro-page7-2.jpg
hyogo_no_kamakiri_intro-page7-4.jpg
hyogo_no_kamakiri_intro-page7-3.jpg



この「偽瞳孔」のことが良~く解る、見事な 「YOU TUBE」 がある!


出展:https://www.youtube.com/watch?v=_awCp8W5i1Y

(つづく)
[2018/11/10 09:43] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
シラサギ観察日記(その5):川の中のシラサギ<その2>
シラサギ観察日記(その5):川の中のシラサギ<その2>

川の中では、周りを警戒し過ぎて、ゆっくり餌を探しているようには見えない!

ただし、彼(彼女?)は、既に「朝食」をもう済ませてしまっているのかも知れない?

DSCN0965-2.jpg
DSCN0965-3.jpg
DSCN0966-2.jpg
DSCN0964-2_20181107143754404.jpg
DSCN0964-3_201811071437552ad.jpg
DSCN0964-4_20181107143757d75.jpg
DSCN0964-5_20181107143758024.jpg
DSCN0965-3_20181107143801137.jpg
DSCN0966-2_20181107143803515.jpg
DSCN0971-2.jpg
DSCN0972-2.jpg
DSCN0973-2.jpg
DSCN0973-3.jpg
DSCN0973-4.jpg
DSCN0973-5.jpg

どうやら、このサギは「単独行動」をしているようだが、サギは集団で、とばかりは行かないのかも知れない!

サギの「生態」について

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%AE
生態

採餌
川や水田などを餌場とし、魚や両生類、爬虫類、更には哺乳類や鳥類までも捕食する。稲刈り時には剥き出しになった稲田のカエルなどを狙ってコンバインの後ろを付いてくる姿も珍しくない。

コロニー
巣は見晴らしの良い高木性の樹の上に設け、コロニーを形成する。コロニーにおいては、特定の種が固まる性質はなく、同じ木にダイサギとコサギが巣をかけることも珍しくはない。コロニーは、天敵からの攻撃を防ぐために、河川敷などが選ばれることが多いが、近年は個体数の増加から、寺社林に形成する例も増え、糞害などが問題とされることがある。


(つづく)
[2018/11/09 08:15] | その瞬間! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
シラサギ観察日記(その4):川の中のシラサギ<その1>
シラサギ観察日記(その4):川の中のシラサギ<その1>

シラサギは、川の中で主に餌を確保するのだろうと、ど素人には思われる!

ただし、少し前にこのブログでご紹介した通り、木の上でも昆虫を確保することがあるし、空中を寄稿しながらでも昆虫を確保することだってあるに違いない(と思われる)。

<2018年7月31日の朝>
201808021534104cf_20181107142138e00.jpg
2018080215341372b_20181107142139555.jpg


さて、10月21日早朝の千葉県茂原市の「赤目川」でのシラサギが、以下の画像・・・。

DSCN0953-2.jpg
DSCN0953-3.jpg
DSCN0958-2.jpg
DSCN0958-3.jpg
DSCN0958-4.jpg
DSCN0958-5.jpg
DSCN0963-2.jpg
DSCN0963-3.jpg
DSCN0964-2.jpg
DSCN0964-3.jpg
DSCN0964-4.jpg
DSCN0964-5.jpg
DSCN0965-2.jpg
DSCN0965-3.jpg
DSCN0966-2.jpg

この「赤目川」で、このシラサギが「餌をゲットした」かどうかは、この画像だけでは判然としないが・・・。

やはり、「餌を黙々と探す」 というより周辺を警戒している、というような気がする!

(つづく)
[2018/11/08 08:06] | その瞬間! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
シラサギ観察日記(その3)
シラサギ観察日記(その3)

この5羽の「シラサギ」は、家族なのだろうか?

木を離れる時も一緒に、そして大空を一緒に舞っている・・・・。

DSCN1515-3.jpg
DSCN1515-4.jpg

そして、そして、我が家の極々近くへやって来た!

DSCN1516-2.jpg
DSCN1516-3.jpg

DSCN1517-2.jpg
DSCN1517-3.jpg
DSCN1523-2.jpg
DSCN1523-3.jpg
DSCN1523-4.jpg
DSCN1523-5.jpg
DSCN1524-2.jpg
DSCN1526-2.jpg
DSCN1533-2.jpg
DSCN1534-2.jpg
DSCN1535-2.jpg
DSCN1535-3.jpg
DSCN1535-4.jpg
DSCN1540-2.jpg
DSCN1590-2.jpg
DSCN1591-2.jpg
DSCN1593-2.jpg
DSCN1596-2.jpg
DSCN1596-3.jpg

この鳥の寿命は、どの位なのだろうか?

サギの寿命

https://amaru.me/natureearth/egretta-garzetta/
ヒナは1~2か月の子育てを経て巣立ちます。 1~2年で成熟し、寿命は4~5年ほどです。


(つづく)
[2018/11/07 07:44] | その瞬間! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
シラサギ観察日記(その2)
シラサギ観察日記(その2)

我が家の在る房総半島・千葉県茂原市の郊外には、いわゆる「シラサギ」が多く生息している。

我が家の周辺でも数十mの近くにもいつでも見られるし、場合によっては、数メートルの近くまで、平気で舞い降りて来ることは過去何度もあった!

さて、<2018年11月03日15:53~15:58)>のシラサギの振る舞いは?

特に「5羽のシラサギ」に注目して・・・

DSCN1491-2.jpg
DSCN1491-3.jpg
DSCN1495-2.jpg
DSCN1495-3.jpg
DSCN1495-4.jpg
DSCN1500-2.jpg
DSCN1502-2.jpg
DSCN1505-2.jpg
DSCN1507-2.jpg
DSCN1514-2.jpg
DSCN1514-3.jpg
DSCN1514-4.jpg
DSCN1515-2.jpg
DSCN1515-3.jpg
DSCN1515-4.jpg
DSCN1516-2.jpg
DSCN1516-3.jpg

この「5羽のシラサギ」は一体何処へ行くのだろうか?

(つづく)
[2018/11/06 08:51] | その瞬間! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
シラサギ観察日記(その1)
シラサギ観察日記(その1)

我が家付近(房総半島は千葉県・茂原市郊外)には、「シラサギ」が多く生息している。
案外近く、そう2~30m近くまで近づいても、案外人慣れしていて、そんなに驚くことは無い・・・。

2018年11月の初旬、今が「シラサギの繁殖期」かどうかは知らないが、近所の川や稲刈り後の田んぼに活発に飛び回っている!

<2018年11月03日15:44~15:52 撮影>

我が家の2階から撮影したものであるが、「シラサギ」が群がる杉の樹までの距離は、およそ約120m 位・・・。

この時間帯になってくると「ねぐら」へ帰る準備をするのだろうか?
見晴らしの利く高い木のてっぺん目指して、仲間のサギが集まってくるようだ!

DSCN1443-2.jpg
DSCN1443-3.jpg
DSCN1443-4.jpg
DSCN1444-2.jpg
DSCN1445-2.jpg
DSCN1446-2.jpg
DSCN1454-2.jpg
DSCN1457-2.jpg
DSCN1469-2.jpg
DSCN1471-2.jpg
DSCN1477-2.jpg
DSCN1477-3.jpg
DSCN1482-2.jpg
DSCN1484-2.jpg

ところで、我々ど素人は、平気で「シラサギ」と言ってしまうが、「シラサギ」と言う「サギはいない」らしい!

https://www.pref.saitama.lg.jp/cess/
torikumi/911-20091224-1424/documents/14822.pdf

シラサギ?
日本で記録されたサギ類は19種類ですが、そのうち、体全体の羽が白いダイサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギの4種を通称「シラサギ」と呼んでいます。これは「白いサギ」の総称です。ですから正確にはシラサギという名前のサギはいません


(つづく)
[2018/11/05 11:46] | その瞬間! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
生木(いきき)地蔵尊?
生木(いきき)地蔵尊という地蔵尊がある。

生きた木に地蔵尊を「彫り込む」という手法である。

先日(2018年11月01日)の午後、いつもの散歩道から少々外れてみるといつもとは違った「新しい発見」があった!

ここで出会ったのは、いわゆる「生き木地蔵尊」ではなかったのであるが、中々の 「珍物」 である!

何となく「地蔵」ではなくて「キリストを抱いたマリア様」かも?とさえ思われる「珍品」である!

DSC_0524-2.jpg
DSC_0522-2.jpg
DSC_0522-3.jpg
DSC_0522-4.jpg

「え?、えっ?本当にマリア様とキリストかも?」
「ね、ネッ!そうでしょう!」

「こりゃあ、国宝クラスかも?」
「え?またそんな大袈裟なっ・・・」

「いわゆる‘生き木地蔵尊’ってサ、どんなものなの?」
「以下の通り!」

生木地蔵尊
出展:https://blogs.yahoo.co.jp/takamaturocky/GALLERY/show_image.html?id=36702169&no=4

img_0_201811021152266ac.jpg
img_1_2018110211522726c.jpg
img_2_201811021152288ab.jpg
img_5_2018110211523042d.jpg
img_6.jpg

「な~るほど、こちらの‘生き木地蔵尊’、こりゃあ素晴らしい!」
「・・・でしょ!」

「あんたが撮影した‘生木マリア様&キリスト像’も凄いねえ!」
「数十m離れたところに‘猫’が居て・・・」

「それがどうかしたの?」
「え、この生木‘マリア様&キリスト像’を守っているみたい?」

「へっ~!」
「・・・・」

DSC_0525-2.jpg
DSC_0526-2_20181102120317657.jpg
DSC_0526-3.jpg
DSC_0527-2.jpg
DSC_0527-3.jpg

「ず~と、あんた達を見てるねえ!」
「そうでしょ!」

「やはり‘墓守’かもねっ?」
「そうかもねっ?」

(つづく)
[2018/11/04 10:18] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ボラの大群が小川に現れた!(その2)
ボラの大群が小川に現れた!(その2)

2018年10月9日~11日の3日間だけ、我が家の駐車場の下にある小川に「ボラの大群」が現れた!

<2018年10月11日>

DSCN0728-2.jpg
DSCN0728-3.jpg
DSCN0728-4.jpg
DSCN0729-2.jpg
DSCN0729-3.jpg
DSCN0729-4.jpg
DSCN0730-2.jpg
DSCN0737-2.jpg
DSCN0737-3.jpg
DSCN0738-2.jpg
DSCN0739-2.jpg
DSCN0746-2.jpg
DSCN0747-2.jpg
DSCN0747-3.jpg
DSCN0754-2.jpg
DSCN0760-2.jpg
DSCN0772-2.jpg

この小川には、わずか3日間だけ姿を見せたのだが、さて、このボラ達はその後一体何処へ行ったのだろうか?

(つづく)
[2018/11/03 11:02] | 小川の生き物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
designated by FC2