FC2ブログ
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の生態(その1)
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の生態(その1)

昨日(2019年6月11日)の9:40に、庭のあじさいを撮影していた時に偶然、「アゲハチョウ」が目の前に現れたのであ~る!

ネットで調べてみると、「アゲハチョウ」にも沢山種類があり、どうやら「ナミアゲハ」という種類らしい!?

https://www.insects.jp/kon-tyoageha.htm
アゲハチョウ(アゲハ、ナミアゲハ)
チョウ目 アゲハチョウ科 アゲハチョウ亜科
Papilio xuthus
大きさ (前翅長)35-60mm
時 期 3-11月
分 布 北海道・本州・四国・九州・沖縄
もっともなじみ深いチョウのひとつ。都会の真ん中から山地まで、様々な環境で見ることができる。
あまりに普通種すぎて見過ごしがちだが、はねのデザインはとても美しい。
幼虫は、ミカンやカラタチの葉を食べる。緑の少ない街なかでも、ミカンの鉢植えさえあれば、このチョウがどこからか飛んできて卵を産んでいく。


namiageha071024282.jpg
040429ageha1.jpg

では、私が撮ったナミアゲハは・・・

DSCN0211-2.jpg
DSCN0211-3.jpg
DSCN0211-4.jpg
DSCN0211-5.jpg
DSCN0211-6.jpg

次は、このチョウの別の角度からの画像を・・・。

(つづく)
スポンサーサイト



[2019/06/12 09:32] | 学習と文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
designated by FC2