大多喜町の名所:‘江戸時代の建物’と大河ドラマ誘致活動!
千葉県夷隅郡大多喜町は、千葉県の中では一番といって良いかもしれないユニークな町である。

それぞれの行政、つまり‘市’や‘町’、そして‘村’は、近代化へ向けての努力をその行政の基本方針としているのが一般的である。

しかし、ここ大多喜町は、それとは真逆の町全体を‘江戸時代’にタイムスリップさせようとしているように見える!
その証拠と言えば、

① 昔の町並み復活・保存のために、行政と民間が協力して江戸時代風の建物を長く保存するための改装予算を確保し、実行に移し始めているという。

例えば、下の写真にある通り、‘呉服屋さん’の店舗を改装しているし、‘酒造屋さん’の店舗も健在である!
ただ、‘呉服屋さん’という一般的な概念では、今の世の中で商売は可能なのか?そんな疑問も当然湧いては来が・・・。
でも、そんなど素人の心配はご無用!

お取り扱いの商品も、どうしてどうして・・・

大多喜町・三河屋呉服店
http://blog.goo.ne.jp/blaue_flugel/e/c038778eb3d4b8c0314e76ffcef96ca0
‘三河屋呉服店’さんも立派に改装され、商品も現代風にアレンジされていて支店?も沢山あるらしい!

大多喜町・みかわやサロン
http://www.mikawaya.biz/lines.html

大多喜町・みかわやサロンー振袖レンタル大多喜町・みかわやサロンー小物

大多喜町・みかわやサロンー還暦大多喜町・みかわやサロンー撥水加工
建物の概観からは想像もつかない内容である!

大多喜町・豊乃鶴酒造
http://blog.goo.ne.jp/blaue_flugel/e/c038778eb3d4b8c0314e76ffcef96ca0
これは、‘大多喜城’という銘柄のお酒を製造している‘豊乃鶴酒造’さん。
「国道沿いの母屋は、平成11年に国の有形文化財に登録されました。また、赤レンガの煙突、酒蔵、元精米所等も平成23年に追加で、 国の有形文化財に登録されました。」。

商品一~1
http://toyonotsuru.jimdo.com/商品一覧/

酒蔵全~1
http://toyonotsuru.jimdo.com/

この他にも江戸時代を想わせる建物が沢山あるが、これは後日纏めて紹介したい!

更に、

② 大多喜城・初代城主・本多忠勝、2代目城主・本多忠朝を主人公に仕立てた‘NHK大河ドラマ’実現のための一大キャンペーンが盛り上がっている!

大多喜町・大河ドラマキャンペーン旗
http://ameblo.jp/hiibon33/theme-10032426827.html

大多喜町・大河ドラマ誘致活動新聞記事
http://www.honda-tadakatsu.com/news.asp?id=7
「2013年6月28日 NHKへ大多喜町大河ドラマ誘致要望を申し込みました」と言う記事

大多喜町・大河ドラマキャンペーン看板
http://www.honda-tadakatsu.com/

ここ大多喜町での地域活性化活動は、この地の古い歴史を想い起こさせる文化を目玉にしているところが素晴らしい!

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/09/16 23:42] | 地域活性化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<大多喜町の名所:‘夷隅川フィッシングパーク’と‘桜通り’へ!(1) | ホーム | ‘行徳橋’!(その2):橋からの眺め>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1001-889e6071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2