大多喜お城まつり(その4):いよいよ大原駅から‘いすみ鉄道’で大多喜駅へ
‘いすみ鉄道’は、第三セクター方式の鉄道である!
勿論、経営は苦しい!
従って、‘Suica’を使えるようにしたいのだが、その設備を設置する余裕はない!

それで良いではないか!
何となく味気のない‘Suica’での自動改札よりも、こうやって‘切符’を買っての乗車は、何となく‘のんびり’とした雰囲気があって‘ホッとする’一瞬である!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 025-2

画像ー255 大多喜町 お城まつり 025-3
この券売機を、よ~く見ると、大原から大多喜往復の場合、‘1日フリー乗車券’の方がお得であることが判る!
30円×2=60円が安くなる、という訳である。

画像ー255 大多喜町 お城まつり 028-2
という訳で購入したのが、この‘1日フリー乗車券’、1000円也である。

さて、そんな訳でホームに入ると、やっと‘ムーミン列車’のご到着である!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%
E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3#.E3.82.AD.E3.83.A3.E3
.83.A9.E3.82.AF.E3.82.BF.E3.83.BC.E5.B1.95.E9.96.8B

いすみ鉄道 - 2009年(平成21年)10月1日より日本初の「ムーミン列車」の本格運行を開始した。全6車両のヘッドマークや車体にムーミン一家、フローレン、スナフキン、ミイなどが使用されている。また、10月10日には国吉駅構内に国内唯一の駅中ムーミンショップ「VALLEY WINDS」を開業した。


画像ー255 大多喜町 お城まつり 026-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 029-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 030-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 032-2
え~と、このキャラクターは、え~っと、そうそう‘スナフキン’

画像ー255 大多喜町 お城まつり 034-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 035-2
1両列車で、この乗客!
大多喜のお城まつりの日で、しかも一番の時間帯というのに、これじゃあ何とかしなければ、第三セクターの経営は難しくなるばかり・・・。

画像ー255 大多喜町 お城まつり 036-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 037-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 037-3
このキャラクターは、‘フローレンとムーミン’!

中吊り広告がいい!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 038-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 038-3
画像ー255 大多喜町 お城まつり 038-4
画像ー255 大多喜町 お城まつり 039-2

列車は、田園の中を‘ゆっくり、ゆっくり’と走る!都会の喧騒はどこへ行ったやら!という風景・・・。これだけでも乗った甲斐がある!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 040-2

少しずつ乗客も増えてきた!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 041-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 042-2
やっと、やっと‘大多喜城’が見えてきた!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 043-2
もう直ぐ大多喜駅である。

画像ー255 大多喜町 お城まつり 044-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 046-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 047-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 048-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 045-2
大多喜駅のホームで出迎えてくれたのは、何と‘本多忠勝公’である!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 050-2
これが、大多喜駅である!

さあ、これから大多喜城へ・・・!

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/10/04 23:03] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<大多喜お城まつり(その5):大多喜駅から大多喜城へ | ホーム | 号外!:‘123456’って何?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1014-ee3d4ecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2