大多喜お城まつり(その5):大多喜駅から大多喜城へ
千葉県夷隅郡‘大多喜町’は、人口およそ一万人強の小さな町である。

それが、近頃大人気になって観光客も増え始めているというから、それなりの秘密があるに違いない!

昨日の弊ブログは、千葉県外房線の大原駅から‘いすみ鉄道’に乗って、ここ大多喜駅へ着いたところまでのレポート。

本日は、その大多喜駅から、お城まつりの本拠地・大多喜城への道順のレポート。

通常の道順とは違って、‘近道’があるのである!
勿論、徒歩でも車でも行ける!ただし、通常の道でも近道でも大多喜城の本丸までは行けないのだが。
さて、その道順とは?

千葉県中央博物館大多喜分館への道順-2
‘Googleマップ’より。大多喜駅から大多喜城への行き方の地図!

:この緑の矢印が、通常の普通の大多喜城への行き方
:この赤の矢印が、近道!

この近道を我々が‘発見した’のは、何度も大多喜城へ足を運んだ経験、そして大多喜高校の大井戸・薬医門の調査をした時に発見したのである。

元々、この大多喜高校は、大多喜城の二の丸跡なのである。
そんな訳だから、前述の通り、この大多喜高校には、大井戸と薬医門がある!

さあ、大多喜駅から近道を通って大多喜城へ出発である!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 050-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 052-2

そして、これがいわゆる大多喜城の‘大手門’!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 053-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 053-3
画像ー255 大多喜町 お城まつり 053-4
ここにもちゃんと‘大河ドラマ’誘致の横幕が・・・・

画像ー255 大多喜町 お城まつり 054-2
大手門から振り返った大多喜駅前!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 055-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 055-3
大手門の反対側には、‘房総の小江戸’の扁額が・・・。

画像ー255 大多喜町 お城まつり 056-2
そして、大手門といすみ鉄道の車両のコラボ! この二つが大多喜町を支えているのである!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 057-2
この家は、踏切を渡って直ぐの家。新築なのに、昔風の家になっている!
これこそが、‘大多喜町住民の真骨頂’である!
大多喜町を町住民皆の物という発想である!
自分の家だけ良けりゃァ、それで良いと言う発想ではないのである!

そうこうしている間にいすみ鉄道の‘急行’が踏み切りを渡った!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 058-2

さ~て、さて、ここが、ここが近道への入り口である!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 059-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 059-3
画像ー255 大多喜町 お城まつり 059-4

どうです?!自宅から‘30km’も離れているところの土地で‘近道’を知っているなんて!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 060-2

大多喜高校への道の曲がり角に、‘萩’が・・・

画像ー255 大多喜町 お城まつり 060-4

そして、大多喜高校への坂道を・・・

画像ー255 大多喜町 お城まつり 061-2
画像ー255 大多喜町 お城まつり 062-2

校門を入ると、そう、‘薬医門’が左手に見える!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 063-2

そして、遂に‘大多喜城’が見えてきた!

画像ー255 大多喜町 お城まつり 064-2

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/10/05 22:40] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<台風18号の被害! | ホーム | 大多喜お城まつり(その4):いよいよ大原駅から‘いすみ鉄道’で大多喜駅へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1015-c41e1312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2