ところで、‘アオサギ’は?
ところで、‘アオサギ’は?

58821570_20141030015052923.jpg
http://plaza.rakuten.co.jp/cooloo/diary/201011300000/
58821532_20141030015054c13.jpg
http://plaza.rakuten.co.jp/cooloo/diary/201011300000/

‘シラサギ(白鷺)’という名前の鳥はいない!の解説は、昨日のこの弊ブログで・・・。

それじゃあ、‘アオサギ’もそう?

これは、‘アオサギ’という名前の鳥がいる、ということで・・・。
何故‘シラサギ’と‘アオサギ’に拘っているかというと、先日この2種類のサギのツーショットを見てしまったからである!
「おやっ?」とその時思った!

「これじゃあ、ひょっとして、この2種類の‘合いの子’、つまり‘混血’が生まれはしないか?」と感じたからである!

従って、先ずは‘シラサギ’を調べてみたって言う訳!
そうしたら、 「‘シラサギ’という鳥はいない!」という普通の人なら誰でも知っていそうな‘話題?’に直面した!

‘シラサギ’と‘アオサギ’の‘ツーショット’の記事は、後日このブログで・・・。

さて、そんな訳で‘アオサギ’の戸籍調べへ・・・。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%B5%E3%82%AE
アオサギ(蒼鷺、Ardea cinerea) は、コウノトリ目サギ科アオサギ属に分類される鳥類。
科 : サギ科 Ardeidae
亜科 : サギ亜科 Ardeinae
属 : アオサギ属 Ardea
種 : アオサギ A. cinerea

アオサギ
形態[編集]
全長88-98cm。翼開張150-170cm。体重1.2-1.8kg。上面は青みがかった灰色の羽毛で被われ、和名の由来(漢字表記のはくすんだ青色のことも指し、中国語名と同一)になっている。種小名cinereaは「灰色の」の意で、英名(grey)と同義。また淡灰色の長い羽毛(飾羽)が混じる。下面は白い羽毛で被われ、胸部の羽毛は伸長(飾羽)する。頸部から胸部にかけて黒い縦縞が入る。頭部は白い羽毛で覆われ、眼上部から後頭にかけて眉状の黒い筋模様(眉斑)が入る。後頭は眉斑と繋がるように黒い羽毛が伸長(冠羽)する。雨覆の色彩は灰色で、初列雨覆や風切羽上面の色彩は黒い。人間でいう手首(翼角)の周辺には2つの白い斑紋が入る。雌は雄に比べるとやや小型で、冠羽と飾羽が短い。

虹彩は黄色。

分布[編集]
Ardea_cinerea_map.png

分布
繁殖地:黄緑、青:越冬地、緑:周年生息地

アオサギは、アフリカ大陸、ユーラシア大陸、イギリス、インドネシア西部、日本、フィリピン北部、マダガスカルに分布している。
夏季にユーラシア大陸中緯度地方で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸中部、東南アジアなどへ南下し越冬する。アフリカ大陸南部やユーラシア大陸南部などでは周年生息する。日本では亜種アオサギが夏季に北海道で繁殖し(夏鳥)、冬季に九州以南に越冬のため飛来する冬鳥。本州、四国では周年生息する留鳥である


という訳で、‘アオサギ’という名前の鳥が存在する!

注目点は以下の二つ!

① 全長88-98cm、翼開張150-170cmもあるのに、何と体重1.2-1.8kg !

② 漢字表記は、‘青鷺’ではなくて、 ‘蒼鷺’!

http://chourui.digi2.jp/Program/Aosagi.html
§和名:アオサギ/蒼鷺 

背中が灰色がかった青なのでアオサギ。アオという言葉に疑問を感じる人は多いと思うけど、蒼には次のような意味があります。③ではなく、①②の意味で使っているのでしょう。

【蒼】
①干したあお草のような色。生気のないあお色。また、くすんだあお色をしている。蒼海
②元気がなくて あおざめたさま。色つやがうせたさま。蒼顔、蒼髪
③草木が あおあおと おい茂るさま。

(藤堂明保・加納喜光編,学研新漢和大字典より)

 管理者がアオサギを撮影していたら、通りすがりのオバチャンが「あの黒いのは、いつもこの樹に留まってますよ。」と教えてくれた。それ以来、管理者は東京下町オバチャンの色彩感覚を信用していません。まあ黒よりも蒼の方が、ましってことで。^^;

 サギの語源は、下記のとおり諸説ありすぎて不明。

「ざわめく」の古語「さやぐ」から。                   (新井白石,東雅)
「(羽の色が白くて)はっきりしている」の古語「さやけし」から。(大槻文彦,大言海)
「細毛/さけ」から。                    (松岡静男,日本古語大辞典)
満州語の「白」の発音から。               (山中襄太,鳥獣名語源物語)

(菅原浩・柿澤亮三,図説鳥名の由来辞典より)
§学名:Ardea cinerea
 ardea / アオサギ
 cinerea / 灰色

(田中秀央,羅和辞典より)
§英名:Grey heron
 灰色のサギ


(つづく)
スポンサーサイト
[2014/10/30 02:00] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<シラサギとアオサギのツーショット | ホーム | ‘白鷺’という名前の鳥はいない?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1037-44bde8e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2