FC2ブログ
シラサギとアオサギのツーショット
昨日(2014年10月30日)のこの弊ブログに

何故‘シラサギ’と‘アオサギ’に拘っているかというと、先日この2種類のサギのツーショットを見てしまったからである!
「おやっ?」とその時思った!
「これじゃあ、ひょっとして、この2種類の‘合いの子’、つまり‘混血’が生まれはしないか?」と感じたからである!


と書かせて貰ったのだが、そんなことが起こり得るのだろうか?
因みに、場所は、千葉県茂原市の赤目川の直ぐそば・・・。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1169838761
i320.jpg
:シラサギとアオサギ
この写真の左上の鳥がシラサギで右下の鳥がアオサギですよね。
私の家の近所では、このようにシラサギとアオサギをよくセットで見かけます。
オスとメスで色が違う同じ種類の鳥かと思っていたのですが、調べてみると違う種類の鳥なのですね。

ですが、ここでまた疑問が
こんな近くにいて、シラサギとアオサギで子どもを産んだりしないのでしょうか?同じサギの仲間だし、色以外は姿形が良く似ているので、どうなんでしょう?

:シラサギという鳥はいません。
正式にはダイサギとコサギという色の白いサギをシラサギとまとめて呼んでいるだけです。
これはダイサギの方ですね。

混血するかという質問ですが、おそらくしないか、してもF1(雑種第1代目)に繁殖能力が無いということになるでしょう。
でなければ生息地が重なり合っている両種はとっくの昔に混血して解らなくているはずです


という明快な回答がある!

とろで、私が撮った写真は、スマホだったから‘望遠が利かない!’
従って、なんとも情けない画像しか得られなかったのだが、お互いが気にしていることが、‘部外者の私’にもはっきりと感じられた!

DSC_0121-2.jpg
この画面の中央少し左上に‘豆粒’ほどに写っているのが、それ!
それをPCで拡大してみると・・・

DSC_0121-3.jpg
DSC_0121-4.jpg
DSC_0122-2.jpg
DSC_0123-2.jpg
DSC_0124-2_2014103117173229b.jpg
DSC_0125-2_20141031171733370.jpg
上の写真は、およそ16:11頃の時刻。
一方、下の写真は、16:58頃だから47分位後の写真であるから、同じ‘カップル’が移動してきたとも考えられる。
上下の写真の位置関係は、およそ200~300m程度だから、そう思った方がいい!別のカップルとは考えにくい。

DSC_0160-2.jpg
DSC_0160-3.jpg
向かって左のサギは、写真では‘シラサギ’のようにも見えるが、実際は確かに‘アオサギ’だった!

こんな‘ツーショット’と言うべきか‘カップル’と言うべきか、は判らないが、こんな経験は初めてだったが、上記引用の写真にもあるように、そんなに珍しいことでもないらしい!

他人様のかっちりとした上質の写真をど~ぞ!

アオサギとシラサギ
出典/http://photozou.jp/photo/show/124201/195843421

img_2.jpg
出典/http://blogs.yahoo.co.jp/hanachainahanachan/33116564.html

(つづく)
スポンサーサイト



[2014/10/31 22:36] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<小さな柿を見つけた! | ホーム | ところで、‘アオサギ’は?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1038-48081bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2