FC2ブログ
皇居のお濠(その1)
2014年10月31日10:00からの東京駅付近での打ち合わせが、のっぴきならない理由で延期になった!
ということは、午前中の時間が空いたことになったのである!

それじゃあ、と言う訳で久し振りに‘皇居’の周辺を歩いてみることにした。
お濠に近づいてみて「おやっ?」と思った!

DSC_0062-110-3.jpg
DSC_0062-110-2.jpg

白い‘座布団’が浮いているかのようだった!

しかし、それは直ぐに判った!
勿論皇居のお濠であるから、白鳥に決まっている!

やっぱり皇居のお濠には、白鳥がよく似合う!
白鳥も慣れたもので、‘観光客’を恐れたりはしないから、極く近くから‘観察’することが出来る!

DSC_0058-110-2.jpg
DSC_0058-110-3.jpg
DSC_0058-110-4.jpg
DSC_0058-110-5.jpg
一寸PCで加工すると・・・
DSC_0058-110-6.jpg

さて、皇居のお濠に来て白鳥を見ていつも思うことは、

‘このお濠の白鳥は飛ばない!’

ということなのだが、何か理由があるのだろうか?
調べて見ると・・・

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1489881834
まず、皇居にいるハクチョウは、野生個体でなく、飼育されている個体です。
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13148873926565

ですので、飛べないように片方の羽(翼)を翼角から先を外科的に切断していると思われます

また、この個体は、コブハクチョウといいまして、本来日本に生息していない鳥です(極々まれに、迷鳥として日本でも記録があります)。
http://www.yachoo.org/book/view/kobuhakutyou
なので、別の場所に飛んでいってしまっては困るのです。

ご参考になれば幸いです。


DSC_0059-110-2.jpg
DSC_0059-110-3.jpg
DSC_0059-110-4.jpg
DSC_0059-110-6.jpg
DSC_0060-110-2.jpg
DSC_0060-110-3.jpg
DSC_0060-110-4.jpg
DSC_0060-110-5.jpg
DSC_0061-110-2.jpg
DSC_0064-110-2.jpg
DSC_0064-110-3.jpg
この外人さんは、実は二人連れ!
お二人とも実は白鳥の姿をカメラに収めていたのだが、私の方も白鳥に夢中で、カメラ姿をカメラに捉えることが出来なかった!

彼女達の奥には黄色くなりつつあるイチョウの木が・・・。

(つづく)
スポンサーサイト



[2014/11/07 01:33] | 歴史 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<皇居のお濠(その2):鏡水面 | ホーム | スーパー・アース(その1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1045-00d33090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2