FC2ブログ
南白亀川(なばきがわ)の秋
南白亀川(なばきがわ)の秋

画像ー262 154-3

南白亀川(なばきがわ)とは、千葉県長生郡白子町を流れ太平洋に注ぐ川なのだが、何でこんな‘読み辛い’名前が付いているのだろうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97
%E7%99%BD%E4%BA%80%E5%B7%9D

南白亀川(なばきがわ)は、千葉県の房総半島東部九十九里平野を流れる二級河川。南白亀川水系の本流である。

地理・環境[編集]大網白里市餅木付近の丘陵面に源を発し東流する。間もなく両総用水を越えて、東金市との境界を南下する。東金線を越えると川幅が広がり、多くの支流を集めながら東へ進む。周囲は水田と畑が混ざって分布しており、複数の頭首工によ取水されている。東金市との境界で再び南へ折れ、小中川を合わせると茂原市に入る。赤目川を合わせると今度は長生郡白子町に入り、観音堂橋・白子町役場付近で東へ折れる。古所の九十九里浜で太平洋に注ぐ。流路延長21.7kmのうち、東金線橋梁より下流17.5kmが二級河川に指定されている。中下流部には遊歩道が両岸に整備され、桜が植えられている。

河川名の由来は、白子町内流路上にある白子神社の白亀・白蛇伝承による。平安時代、白子の海岸に白い亀が南方から白蛇を背にして渡来し、これを見た潮汲みの翁が柄杓を差し出すと白蛇がそこに昇った。その白蛇を翁が自宅近くの小社に祀ったという伝承であり、白蛇は白子神社の御神体となっている。

茂原市内、河口から7.7kmの地点に清水堰があり、そこを境に上流が堰湛水区間、下流が感潮区間である。前者は季節により水量・景観が異なる。川面にはアズマネザサやススキが繁茂し、コイやギンブナが生息する。それに対し後者はヨシが繁茂し、シマイサキ、ボラ、マハゼなどが見られる。潮の流れを利用し、毎年7月には「南白亀川イカダのぼり大会」が開催されている[1]。かつてはハゼ漁などが盛んに行われたが、現在は南白亀川漁業協同組合が漁業権を持ち、捕獲量はわずか。水位の観測は2箇所で行われているが、流量観測は行われていない。


こののんびりとした‘南白亀川(なばきがわ)’の秋は、ゆっくり、ゆっくりと過ぎて行く!

長年の釣りの技を楽しんでいる人が沢山いる!
海釣りではなくて‘川釣り’には、それはそれでの面白みがあるに違いない!

久し振りに自転車を漕いで見るといつものコカコーラがビールよりも美味い!
川辺の桜はもう芽を準備している!

白子町には、海岸のあちこちにマンションが建っている。

川の砂は、丸で‘水羊羹’波に、美味そうである・・・。

こうやって、静かな静かな田舎の海岸町の秋は深まっていくのである!

画像ー262 155-2
画像ー262 155-3
画像ー262 156-2
画像ー262 156-3
画像ー262 156-4
画像ー262 157-2
画像ー262 158-2
画像ー262 158-3
画像ー262 158-4
画像ー262 159-2
画像ー262 159-3
画像ー262 160-2
画像ー262 167-2
画像ー262 167-3
画像ー262 171-2
画像ー262 173-2
画像ー262 174-2
画像ー262 175-2
画像ー262 176-2
画像ー262 176-3
画像ー262 181-2
画像ー262 182-3
画像ー262 177-2
画像ー262 166-2
画像ー262 180-2
画像ー262 180-3

(つづく)
スポンサーサイト



[2014/11/18 00:32] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<緊急無責任井戸端会議(怪議?)<速報>! | ホーム | 少し早いが、房総半島の春はそこまで来ている!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1057-92e9fe57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2