FC2ブログ
タンポポについて
昔から‘タンポポ’について疑問があった

タンポポの花と綿毛
タンポポの花と綿毛 http://plaza.rakuten.co.jp/mari24/diary/200704240000/


それは、「‘綿毛’はどうやって出来るのだろうか?」という単純なものであったが、知っておかないと困るという問題でもないので、今日まで約70年間そのままに放っておいた。

最近は、本も買わずに色々な情報が取れる。広く浅くであるが、まあ大体それで事が済む。

 タンポポの名前の由来

 タンポポの種類

 タンポポの‘綿毛’の出来方(これが本命!

 綿毛の活用

 綿毛の軽さに関する情報


について調べてみた。

① タンポポの名前の由来


属     名 Taraxacum hondoense
属名のタラクサクム(Taraxacum)は、ペルシャ語のタルフ・チャコーク(talkhchakok)
が中世ラテン語になった言葉で「苦い野菜」という意味からきている。
この関連からタンポポの根から作られた苦味剤または緩下剤を"タラクサクム剤"
と呼んでいる。

種     目 キク科多年生草本

名     前 日本名 「たんぽぽ」または「タンポポ」
漢字では「蒲公英」 と書く。
英語名 「ダンデライオン」(dandelion)
dandelionはフランス語の「ダン・ド・リオン」(dent-de-lion)"ライオンの歯"からでて
いて、タンポポの葉の縁の欠刻(ぎざぎざ)がそれに似ているところからこのように
呼ばれることになった。
仏語名 正式の仏語名は「ピッサリン」(pissenlit)。
pissenlitと言うのはフランス語で"寝台に寝小便をする"と言う意味で、葉をゆでた
湯が利尿剤になるところからこのような名前になった。

日本名の由来 タンポポの名前の由来については諸説がある。
有力なのは、頭花を鼓に見立て「タン・ポンポン」と音を真似たというもの。
また、茎の両端を細く裂き水に浸けると鼓の形になるため、と言う説もある
他に、タンポポの冠毛の形が昔日本にあった「たんぽ槍」に形が似ているところか
ら名づけられたとする説もある。
さらに、日本名のタンポポは、現在中国で「婆婆丁」(ポポチン)と呼ばれているが、
そう呼ばれる以前香気を意味する"丁"が上に置かれて「丁婆婆」と呼ばれていた
頃日本に伝わった名前ではないか、とする説もある。
「和名抄」には"蒲公草"の名で記され、フジナとタナの和名が挙げられている。
タンポポの方言については柳田国男著の「野草雑記」に所載されている。

花  言  葉 ヨーロッパでは、子供がタンポポの白色の冠毛のついた実を吹いて占いをしたとこ
ろから、花言葉として「いなかの神託」あるいは「幸福を知らせる花」となっている。
また、冠毛を一息で吹き飛ばせたら恋が成就するとも言われている。
白い乳液を手につけると乳の出が悪くなるとの伝承もある。



② タンポポの種類



  科 ・ 属     節      種    亜  種   変  種
| - モウコタンポポ節 - | - カンサイタンポポ
| | (本州、四国、九州)
| | - カントウタンポポ - | - カントウタンポポ - | - カントウタンポポ
| | | | (関東、中部)
| | | | - トウカイタンポポ
| | | (静岡)
| | | - シナノタンポポ
| | | (新潟、長野、山梨、 群 馬 、 栃木)
| | | - オキタンポポ
| | (隠岐諸島)
| | - モウコタンポポ
在 | | (対馬、島原半島)
| | - オクウスギタンポポ
| | (宮城、福島)
| | - シロバナタンポポ
| | (本州、四国、九州)
来 キク科タンポポ属 - | | - キビシロタンポポ
| | (岡山、北九州)
| | - クシバタンポポ
| | (近畿、山陰、山陽、 四 国 )
| | - ケンサキタンポポ
種 | | (日本海側、近畿、中 国 )
| | - ツクシタンポポ
| (西四国、北・中央九 州 )

| - ミヤマタンポポ節 - | - エゾタンポポ
| (日本全体)
| - ミヤマタンポポ
| (本州の高山・亜高山 )
| - シコタンタンポポ
| (東北海道・千島)
| - クモマタンポポ
| (北海道の高山、千島 )
| - ユウバリタンポポ
| (北海道夕張岳)
| - オーヒラタンポポ
(北海道太平山)
外 セイヨウタンポポ

種 アカミタンポポ



③ タンポポの‘綿毛’の出来方


綿毛ー1 蕾
http://blog.goo.ne.jp/mori15donguri0402/e/f659518e0e38e187cc4f71ca049f1549

これがタンポポの蕾だ。中を見るために、少し周りの部分を取ってみると‘綿毛’の種の部分が準備されている事が判る。

タンポポの花 咲いた
http://aiaicamera.seesaa.net/article/95343727.html

ミツバチのお陰で受粉に成功!

綿毛ー3 そろそろ萎む準備
http://blog.goo.ne.jp/mori15donguri0402/e/f659518e0e38e187cc4f71ca049f1549

花の最盛期をそろそろ卒業。

綿毛ー4 萎む準備中の綿毛の一本
http://blog.goo.ne.jp/mori15donguri0402/e/f659518e0e38e187cc4f71ca049f1549

一つの花びらに一つの‘綿毛’が‘保護’されているように見える。

綿毛ー5 萎んだ
http://blog.goo.ne.jp/mori15donguri0402/e/f659518e0e38e187cc4f71ca049f1549

萎んだ!

画像-2 993
画像-2 993 posted by (C)mobaradesu
http://cgi2.nhk.or.jp/school/movie/clipbox.cgi?das_id=D0005300131_00000&
keepThis=true&TB_iframe=true&width=920&height=480


完全に萎んでしまった様子。

画像-2 995
画像-2 995 posted by (C)mobaradesu
http://cgi2.nhk.or.jp/school/movie/clipbox.cgi?das_id=D0005300131_00000&
keepThis=true&TB_iframe=true&width=920&height=480


萎んでしまった後、周りをはずして内部を見ると種が‘成熟(?)’している様子が判る。

画像-2 984
画像-2 984 posted by (C)mobaradesu
http://cgi2.nhk.or.jp/school/movie/clipbox.cgi?das_id=D0005300131_00000&
keepThis=true&TB_iframe=true&width=920&height=480


‘綿毛’の‘満開’に向けて活動が始まる!

画像-2 996
画像-2 996 posted by (C)mobaradesu
http://cgi2.nhk.or.jp/school/movie/clipbox.cgi?das_id=D0005300131_00000&
keepThis=true&TB_iframe=true&width=920&height=480


少しずつ綿毛が開き始めた。

画像-2 988
画像-2 988 posted by (C)mobaradesu
http://cgi2.nhk.or.jp/school/movie/clipbox.cgi?das_id=D0005300131_00000&
keepThis=true&TB_iframe=true&width=920&height=480


だんだん・・・・。

画像-2 989
画像-2 989 posted by (C)mobaradesu
http://cgi2.nhk.or.jp/school/movie/clipbox.cgi?das_id=D0005300131_00000&
keepThis=true&TB_iframe=true&width=920&height=480


遂に‘綿毛’の‘満開’だ! ‘綿毛’の完成で~す!

タンポポの綿毛
http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2010-05-14-18

綺麗な‘綿毛’

画像-2 997
画像-2 997 posted by (C)mobaradesu
http://cgi2.nhk.or.jp/school/movie/clipbox.cgi?das_id=D0005300131_00000&
keepThis=true&TB_iframe=true&width=920&height=480


根元にはしっかり‘種’が・・・。


④ 綿毛の活用


タンポポの綿毛どらいフラワー2
タンポポのドライフラワー。こんな大きなものどうやって? 
http://www.donguri-korokoro.com/

このタンポポのドライフラワーは、スプレーで固めない方法らしく、‘ふあふあ’という。リースもあるというから必要な方は問い合わせて見られたら如何?  
http://www.donguri-korokoro.com/

タンポポの奴隷フラワー1
タンポポのドライフラワー http://www.donguri-korokoro.com/tannpopo-watage.htm

タンポポの‘綿毛’をドライフラワーにする‘特許’(正確には特許出願申請)があるという。

【発明の名称】 ドライフラワーの製造方法
【発明者】 【氏名】百瀬 良子
【課題】タンポポなどの綿毛を持った植物をドライフラワーにする方法を提供する。

【構成】タンポポ1のように花茎11の先端部に多数の小花が頭状についた後、種子31が形成され、その種子31に繋がった綿毛32が外部に広がった状態の植物の茎11の先端部12の床の部分33に液状の接着剤50を注入して床の部分33を固めることにより、床の部分33と種子31とを固定する。これにより、綿毛32が床の部分33から離脱することを防止した状態の、綿帽子35を含むドライフラワーを製造できる。



JPA_2008007423  タンポポドライフラワー出願特許0009
JPA_2008007423  タンポポドライフラワー出願特許0009 posted by (C)mobaradesu

この写真は、上記出願特許(この出願は、審査請求が未請求であるので、未だ特許にはなっていないのかもしれない)の図面として使われている写真である。

どちらの写真にも右側に‘本物の大きさ’のタンポポの綿毛が置かれているので、その大きさが判る。これだけ大きな物が作れるらしい。詳細は、以下の情報から、公開特許情報をご覧あれ。

【出願人】 【識別番号】506221778
【氏名又は名称】百瀬 良子
【出願日】 平成18年6月27日(2006.6.27)
【代理人】 【識別番号】100102934
【弁理士】
【氏名又は名称】今井 彰
【公開番号】 特開2008-7423(P2008-7423A)
【公開日】 平成20年1月17日(2008.1.17)
【出願番号】 特願2006-176999(P2006-176999)



ヘアスプレーを使って、ドライフラワーを‘長持ち’させる方法もあるというからまた驚きである。

タンポポドライフラワー  スプレーー1
http://blog.goo.ne.jp/showtousagitokuma/e/ba8e28fec6d3aa6695f7f01265f32e60

タンポポの綿毛どらいフラワーすぷれー2
http://blog.goo.ne.jp/showtousagitokuma/e/ba8e28fec6d3aa6695f7f01265f32e60

スプレーをかけ過ぎると一寸拙いことにもなるらしい? この写真でもちょっと?



⑤ タンポポの綿毛に関する情報

タンポポの‘綿毛’は軽いことから、軽さを視覚的に強調しようとする場合、その対比素材として使われる事がある。次の例もそうで、‘金属構造物’が、綿毛に乗ると言う。


タンポポの綿毛に乗った金属構造物_convert_20120404154959
http://www.dailytech.com/New+Metal
+Nanomesh+is+Nearly+100+Times+%20Lighter+Than+Styrofoam/art
icle23318.htm




Mesh can rest on dandelion without disturbing the seeds, is lighter than a feather

Mankind has long been trailing nature in quality of materials. A feather's intricate structural design lends it a density of 0.0025 g/cm3 [source]. By contrast, man has been forced to rely on much denser materials like Styrofoam, which has a density of ~0.02 g/cm3 [source].

But mankind has at last one-upped nature, producing a metal thin-film mesh, which has a density of 0.0009 g/cm3 -- about a third the density of feathers. It can rest gently atop a bed of dandelion fluff without damaging the bloom.

(日本語訳 by グーグル翻訳ソフト)

メッシュは、羽毛よりも軽いですが、種子を乱すことなくタンポポに休むことができる

人類は長い材料の品質で自然末尾にされています。羽の複雑な構造設計はそれを0.0025 g/cm3で[ソース]の密度を貸す。対照的に、男は〜0.02 g/cm3で[ソース]の密度を持っている発泡スチロールのような非常に密度の高い物質に頼らざるを余儀なくされています。

しかし、人類は0.0009 g/cm3で密度を有する金属薄膜メッシュを生成する、最後の1引き上げた自然を持つ - 羽毛の第三密度について。それは花を損なうことなく、タンポポの綿毛のベッドの上に静かに休むことができる。




タンポポに乗ったMETAL_Mesh_Process
<a href="http://www.dailytech.com/New+Metal+Nanomesh+is+Nearly+100+Times+%20
Lighter+Than+Styrofoam/article23318.htm" target="_blank">
http://www.dailytech.com/New+Metal+Nanomesh+is+Nearly+100+
Times+%20Lighter+Than+Styrofoam/article23318.htm


The material was invented by researchers at the University of California, Irvine; HRL Laboratories (a commercial partner); and the California Institute of Technology.

William Carter, manager of the architected materials group at HRL and the senior author of the paper on the work, says the material draws inspiration from human macroscopic structural engineering triumphs, stating, "Modern buildings, exemplified by the Eiffel Tower or the Golden Gate Bridge, are incredibly light and weight-efficient by virtue of their architecture. We are revolutionizing lightweight materials by bringing this concept to the nano and micro scales."

To build the incredible nanomesh, the researchers first made a polymer mesh using a self-propagating photopolymer waveguide technique. Thiol-ene was the selected class of photopolymers (thiol-enes are four-branched hyrocarbon molecules with a central junction of silicon and a sulfur connector midway on each branch).

An electroless nickel plating technique was then applied. When you want to coat a solid object in metal, one common way is to use electricity to force metal atoms to stick to the surface. Another method relies on a chemical reaction to plate. In this case the reaction is between hydrated phosphates and nickel, which is auto-catalyzing.

The end result is a 100 nm thick layer of NiP, that's 7% phosphorous and 93% nickel by weight. The layer is solid, and is a (supersaturated) solution of phosphorous.

The photoplastic is then eaten away using etching techniques. What is left behind is essential tubes made out of smaller tube "beams". This tubes out of tubes approach yields a substance that's surprisingly strong, but is also 99.99 percent air.

(日本語訳 by グーグル翻訳ソフト)

材料は、カリフォルニア大学アーバイン校の研究者によって考案されました。HRL研究所(商業パートナー)、およびカリフォルニア工科大学。

ウィリアム·カーター、HRLで、設計上の材料グループと仕事上の紙の年長の著者のマネージャーは、材料は "と述べ、人間の肉眼的構造工学の勝利からエッフェル塔やゴールデンゲートブリッジに代表される近代的な建物を、インスピレーションを得てと言う、そのアーキテクチャのおかげで信じられないほど軽く、重量効率的です。我々は、ナノ·マイクロスケールにこの概念をもたらすことによって軽量素材に革命をもたらしています。 "

信じられないほどのナノメッシュを構築するために、研究チームはまず自己増殖フォトポリマー導波路技術を用いてポリマーメッシュを作りました。チオール - エンは、フォトポリマーの選択したクラス(チオール - エン類は、シリコンの中央ジャンクションと各ブランチの硫黄コネクタの中間の4つの分岐hyrocarbon分子である)であった。

無電解ニッケルめっき技術は、その後適用されました。あなたがコート金属で固体のオブジェクトをしたい場合、1つの一般的な方法は、金属原子が表面に付着するように強制するために電気を使用することです。もう一つの方法は、プレートに化学反応に依存しています。この場合の反応は、水和リン酸塩および自動触媒であるニッケル、間にある。

最終結果は7%のリンおよび93重量%のニッケルだNiPめっきの膜厚100nmの層である。層は固体であり、リン(過飽和)ソリューションです。

光塑性その後、エッチング技術を使用して離れて食べられます。何が残されることは小さいチューブ"ビーム"で作られた本質的なチューブです。チューブアプローチのこのチューブ外は驚くほど強いです物質を生成するだけでなく、99.99%の空気である。




上記説明によると、素材は、無電解メッキされた‘NiP’で、そのメッキ厚は、100nm という。

nano =10↑-9 であるから、1nm は、1/1000 μm ということになる。

従って、厚さ100nm は、1/10 μm =0.1ミクロン(メーター) である。

0.1ミクロンは、1万倍の倍率で、何と 1mm にしか見えない。写真では、厚さが、1cm 程度に見えているから、この写真の倍率は、恐らく10万倍程度の‘走査型電子顕微鏡’(SEM)で撮影されたものと思われる。


























スポンサーサイト



[2012/04/04 17:06] | 学習と文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<眉毛が長くなってくると・・・。 | ホーム | ‘義務教育’の意義>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/106-cadc2e91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2