南白亀川(なばきがわ)の水鳥
南白亀川(なばきがわ)の水鳥

南白亀川(なばきがわ)は、房総半島、千葉県は大網白里市、東金市、茂原市、白子町を流れる川である。

画像ー262 310-3

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E7%99%BD%E4%BA%80%E5%B7%9D
南白亀川(なばきがわ)は、千葉県の房総半島東部九十九里平野を流れる二級河川。南白亀川水系の本流である。

地理・環境[編集]
大網白里市餅木付近の丘陵面に源を発し東流する。間もなく両総用水を越えて、東金市との境界を南下する。東金線を越えると川幅が広がり、多くの支流を集めながら東へ進む。周囲は水田と畑が混ざって分布しており、複数の頭首工によ取水されている。東金市との境界で再び南へ折れ、小中川を合わせると茂原市に入る。赤目川を合わせると今度は長生郡白子町に入り、観音堂橋・白子町役場付近で東へ折れる。古所の九十九里浜で太平洋に注ぐ。流路延長21.7kmのうち、東金線橋梁より下流17.5kmが二級河川に指定されている。中下流部には遊歩道が両岸に整備され、桜が植えられている。

河川名の由来は、白子町内流路上にある白子神社の白亀・白蛇伝承による。平安時代、白子の海岸に白い亀が南方から白蛇を背にして渡来し、これを見た潮汲みの翁が柄杓を差し出すと白蛇がそこに昇った。その白蛇を翁が自宅近くの小社に祀ったという伝承であり、白蛇は白子神社の御神体となっている。

茂原市内、河口から7.7kmの地点に清水堰があり、そこを境に上流が堰湛水区間、下流が感潮区間である。前者は季節により水量・景観が異なる。川面にはアズマネザサやススキが繁茂し、コイやギンブナが生息する。それに対し後者はヨシが繁茂し、シマイサキ、ボラ、マハゼなどが見られる。潮の流れを利用し、毎年7月には「南白亀川イカダのぼり大会」が開催されている[1]。かつてはハゼ漁などが盛んに行われたが、現在は南白亀川漁業協同組合が漁業権を持ち、捕獲量はわずか。水位の観測は2箇所で行われているが、流量観測は行われていない。


この川には、水鳥が多くいるのだが、特に‘サギ’と‘カモ’が多い。

2014年11月も半ばの晴天の日、私は自転車で白子町の海岸、九十九里へ行ってみた。
そこで、久し振りに太平洋の荒波を見た後、その帰りに南白亀川(なばきがわ)の川沿いの土手を心地良い風を受けながら自転車を漕いだ。

川には、鯉や鮒もいいが、やはり水鳥がいい!
特に、サギは上品さや気品を、カモは清々しさを我々に与えてくれる。
本当は、彼等だって生きるのに必死なのに・・・。

画像ー262 310-2
画像ー262 311-2
画像ー262 313-2
画像ー262 313-3
画像ー262 314-2
画像ー262 314-3
画像ー262 315-2
画像ー262 316-2
画像ー262 316-3
画像ー262 317-2
画像ー262 318-2
画像ー262 319-2
画像ー262 320-2
画像ー262 320-3
画像ー262 320-4
画像ー262 321-2
画像ー262 322-2
画像ー262 322-3
画像ー262 322-4
画像ー262 322-5
画像ー262 323-2
画像ー262 323-3
画像ー262 324-2
画像ー262 324-3
画像ー262 324-4
画像ー262 324-5
画像ー262 324-6
画像ー262 325-2
画像ー262 325-3
画像ー262 325-4
画像ー262 325-5
画像ー262 326-2
画像ー262 327-3
画像ー262 327-4
画像ー262 327-5
太陽が真面目な顔をして、こちらをじっと見つめている!
セイタカアワダチソウと太陽との打ち合わせなしの作画である!

(つづく)

スポンサーサイト
[2014/11/24 00:55] | 田舎暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<千葉県・茂原市千沢から見た今期初の富士山 | ホーム | 皇帝ダリア>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1062-2a0d1310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2