皮蛋瘦肉粥 (Pídàn shòu ròu zhōu )
皮蛋瘦肉粥 (Pídàn shòu ròu zhōu )

‘ピータンショーローゾー’と聞こえるから、そう言って注文すると、ちゃんと持って来てくれる!

香港での朝食メニューはこれに決めていた!

DSC_0366-2.jpg
DSC_0366-3.jpg
DSC_0366-4.jpg
日本での場合、こんな風に‘椀の外側’に粥が垂れていることなど無いのだが、ここは流石に香港である!

DSC_0367-2.jpg
これに、写真画面の左上に写っている‘梅酢?’みたいなソースをこんな風にくるくるとかけて、掻き混ぜると下の写真のように‘見栄え’も良くなる!

DSC_0368-2.jpg
まあ、これがなんとも美味い!
お値段は、30HKドル。16円/HKドル×30HKドル=480円也!まあ、まあのお値段である。

http://www.geocities.jp/asa_kichi/cai/pidanzhou.html
「皮蛋痩肉粥」

皆様ご存じの通り、「皮蛋」は、中華料理の前菜などでお馴染みのピータン。
『広辞苑』を見てみると「アヒルの卵の泥漬。中国料理に使用。黄身は濃緑褐色、
白身は褐色半透明。」って出できますね。「痩肉」の「痩」は、「(人が)痩せている」
という意味の他に、「(肉類の)脂肪が少ない」という意味でも使え、つまり「痩肉」は
脂肪の少ない肉=赤身の肉を指すのです(逆に脂身のことは「肥肉」っていいます)。
「皮蛋痩肉粥」とはピータンと(豚)の赤身肉が入ったお粥ということなんですね。


そして、野菜ものとして、青菜(チンサイ)を一緒に食べるといいという。

DSC_0369-2.jpg
これも左にあるソースをかける!

この二つで朝食は大丈夫!

青菜の値段は? 覚えていない!

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/01/18 00:00] | 旅行・散策 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<シースノーの製造方法は? | ホーム | 一月十七日 1・17>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1095-11b31ac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2