血圧について(その1)
血圧について(その1)

b11.gif
出典/http://www.aurora-net.or.jp/life/heart/freeillust/b11.html

このところ、毎日遅くまでの打ち合わせ続きで緊張していたこともあって、何だか体調が優れなかった。症状としては、首の周りに今まで経験したことのない‘違和感’があった。多分‘寝違え’が原因なのだろう、と気楽に考えていた!

ところが、ところが、昨日(2015年2月14日)朝、血圧を測定してみて驚いた!
我が家の血圧測定器は、‘安物’だから余り信用出来ないのかもしれないが、最高が170を越している!しかも、最低が90以上もあるでなないか!

08_il02_2015021517001601e.gif
出典/http://www.ketsuatsu.com/basic/08.html

血圧降下剤は、もう20年以上も服用しているので、普段の血圧は、最高:140、最低:75 程度である。
お薬は一度に2か月分を出して頂いているのだが、ここ4~5日薬が切れていて服用していなかった!

早速、行きつけの病院へ行って血圧を測ってみたが、次の通り、これまでに‘経験したことのない(?)数値’である!
血圧測定値0001
こんな数値になったことはなかったために、数日前からの‘首の周りの違和感’が、この血圧のせいだとは気づかなかったのである。

先生のご判断では、やはりこの高血圧のせいだろうということで、この気温の低い時期には、絶対に薬を切らしてはいけないときついお叱り(?)とご指導を頂戴した!

その際、‘緊急事態’とのご判断があったのだろう、‘ある錠剤’を服用するよう指示があって、「最高が‘145’以下になるまで病院に居なさい!」とのことだった。

この‘ある錠剤’が何かは聞き漏らしたが、20分後の測定結果では、最高が、ぎりぎりの‘145mmHg’になって、無事放免となった次第!

しかし、危ない状態だった!
今後は絶対に薬を切らしてはならないと思ったことだったが、残念ながら、私が服用している‘ニフェスロー’という血圧降下剤が、‘どんなメカニズムで血圧を下げているのか?’について余り考えたことはなかった!

NFS_SRT_10_pack_014125.jpg
出典/http://www.amel-di.com/medical/product_detail?ID=93

血圧降下のためには、いくつかの考え方・方法があるらしいのだが・・・。

因みに、今朝 8:00での我が家での血圧測定の結果は、

最高血圧:134mmHg
最低血圧: 74mmHg
脈拍数  : 72bpm

ということで、一先ずは安心という訳だが、今後は真面目に血圧のことを考えたい!
今のところ首の周りの違和感はなくなった。やはり、高血圧のせいだったのだろうか!

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/02/15 10:15] | 健康と医療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<血圧について(その2) | ホーム | 香港の朝(その4)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1121-15d21fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2