千葉県・大網白里市の小中池の風景(その1)
千葉県・大網白里市の小中池の風景(その1)

千葉県は房総半島の中央部に大網白里市が誕生したのはつい最近のこと。平成25年1月1日のことである。

この大網白里市に‘小中池’という古~い池がある!
ただし、古いとはいいながら、行ってみると‘古さ’は何処にも感じない。

そして、この小中池は公園になっており、お隣さんに、これこそ誰が見ても行ってみてもすばらしい‘昭和の森公園’がある!

小中池空中写真
出典/http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E4%B8%AD%E6%B1%A0
画面の中央部分が小中池であり、画面の左部分が昭和の森公園のホンの一部分である。

この二つには、高低差があって、小中池から昭和の森公園へ直接徒歩で行くには少なくとも‘10分間’は少々必死で‘山登り’の覚悟が必要になる。多分、30~40m近くあると思われる。

まあ、その関係を明らかにしようとしたら、昭和の森公園の規模が大きいだけに‘小中池公園’が翳んでしまうので、今回は‘小中池公園’だけに特化して・・・。

2015年2月27日(金)午後、その小中池に行った!
久し振りの小中池である。

昭和の森公園も高台にあると言うのは前述の通りだが、この小中池だってかなりの高さのところにあるから、駐車場から登らないと池に到達出来ない!

昔から「学校の先生と鶏は高いところに上がりたがる」等という揶揄もあるが、高いところからの眺めは気分を爽快にさせる!
これは本当の話のようだが、世界の長寿命民族は、かなりの高所に住んでいるという因果関係があるらしい!?

さて、その話は別途として、2015年2月終わりの小中池の現状を!

DSC_0485(1)-2.jpg
この看板は、平成25年以前のもので、大網白里町が‘市’に昇格していない!

DSC_0539(1)-2.jpg
DSC_0539(1)-3.jpg
DSC_0534(1)-2.jpg
この高低差(約10m)をこの‘装置’(?)で克服した!
75歳では、何とかの冷や水と誰かに言われながら・・・。

DSC_0534(1)-3.jpg

登りついたところに、素晴らしいご褒美が待っていた!

DSC_0469 (1)-2
DSC_0470 (1)-2
DSC_0470 (1)-3
DSC_0472-2.jpg
DSC_0472-3.jpg
寒い今年の2月末にこの咲き具合はいつもより少々早い!この桜が、しらこ桜の親(?)の河津桜である。

さて、前述の通り、高いところに上がると人間気持ちが良くなるのだが、ここから眺める景色は写真からはあまり伝わってはこないが、実際には本当にいい気分になる!

DSC_0480(1)-2.jpg
DSC_0480(1)-3.jpg
DSC_0480(1)-4.jpg
DSC_0477(1)-3.jpg

ここまでの様子の一部が下の動画に良く現れている!


出典/https://www.youtube.com/watch?v=I43JYHLBvMM

そしていよいよ小中池公園の目玉、小中池!

DSC_0473 (5)-2
DSC_0473 (5)-3

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/03/11 00:18] | 田舎暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<千葉県・大網白里市の小中池の風景(その2) | ホーム | 2015年のしらこ桜>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1144-3db47667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2