千葉県・大網白里市の小中池の風景(その2)
千葉県・大網白里市の小中池の風景(その2)

千葉県・大網白里市の小中池公園のこの池の目玉は、やはりマガモの泳ぎが示す航路跡の美しさである!
この小中池にはたくさんのマガモが棲息している。

DSC_0474(1)-2.jpg
DSC_0474(1)-3.jpg
DSC_0474(1)-4.jpg
DSC_0474(1)-5.jpg
DSC_0474(1)-6.jpg
DSC_0476(2)-2.jpg
DSC_0478(1)-2.jpg
DSC_0482(1)-2.jpg
DSC_0483(1)-2.jpg
DSC_0484(1)-2.jpg
DSC_0486(1)-2.jpg
DSC_0486(1)-3.jpg
DSC_0487(1)-2.jpg
DSC_0489(1)-2.jpg
DSC_0489(1)-3.jpg
DSC_0490(1)-2.jpg
DSC_0490(1)-3.jpg
DSC_0491(1)-2.jpg
DSC_0492(1)-2.jpg
DSC_0492(1)-3.jpg
DSC_0494(1)-2.jpg
DSC_0494(1)-3.jpg
DSC_0494(1)-4.jpg
DSC_0494(1)-5.jpg
DSC_0516(1)-2.jpg
DSC_0517(1)-2.jpg
DSC_0519(1)-2.jpg
DSC_0528(1)-2.jpg
DSC_0528(1)-3.jpg
DSC_0529(1)-2.jpg
DSC_0510(1)-2.jpg
これで、錦鯉の数が減ったのだろうか?

DSC_0513(1)-2.jpg
DSC_0531(1)-2.jpg
DSC_0532(1)-3.jpg
DSC_0538(1)-3.jpg
DSC_0540(1)-2.jpg
DSC_0541(1)-2.jpg

小中池の目玉のもう一つは、‘錦鯉’だったのだが、前出の通り病気の蔓延で数が激減したようだ!
以前は、以下の写真のようだったのだが、残念!

b0114798_81620100.jpg
出典/http://shiichany.exblog.jp/20357588/

b0114798_8164476.jpg
出典/http://shiichany.exblog.jp/20357588/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E4%B8%AD%E6%B1%A0
小中池(こなかいけ)は、千葉県大網白里市字小中にあるため池である[1] 。房総の魅力500選に選ばれているほか、2010年(平成22年)3月25日に農林水産省のため池百選に選定された[2]。

概要[編集]
着工は1933年(昭和8年)で、第二次世界大戦の影響等で工事が遅延し1947年(昭和22年)に完成した農業用ため池である。現在も634haの水田の灌漑用水として利用されている。

自然[編集]
周囲は「小中池公園」として整備され、全長90mローラー滑り台があるほか、遊歩道沿いにはサクラ、アジサイ、モミジが植樹されていて住民の憩いの場となっている。

湖畔はウグイス、ホオジロ、シジュウカラ等、池には錦鯉が放流されている。

保護運動[編集]
10年ほど前「小中川をきれいにする会」が組織され、メダカやゲンジボタルを呼び戻す活動を行っている。


(つづく)
スポンサーサイト
[2015/03/12 00:08] | 田舎暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<サンライズ九十九里のひな壇2015(その1) | ホーム | 千葉県・大網白里市の小中池の風景(その1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1146-051aec06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2