FC2ブログ
太陽の正体(その4):太陽は‘超新星爆発’を起こすか?
太陽は‘超新星爆発’を起こすか?


太陽系
太陽系 http://www.ne.jp/asahi/tk/7777/universe/earthsunandmoon.htm#2.日本語ページ


超新星爆発のしゅみれーしょん

超新星1987Aの三つの輪がどうして出来たのかをスーパーコンピュータで解明した。lyは1光年の距離、yrは年を表す。星は超新星爆発の前に赤色巨星から青色巨星に進化する。このとき赤色巨星のガス(低温低速高密度)と、青色巨星のガス(高温高速低密度)が衝突し、三つの輪ができる。

http://www.geo.kyushu-u.ac.jp/intro/taiyou.html



答えは‘No!'である。

では、何故?

鉄(Fe)よりも質量が大きい元素は、超新星爆発が起こらないと生成不可能と言う。

つまり、‘元素の生成’という観点から、我が‘太陽系’を考えてみると、‘太陽’では、‘超新星爆発’が起こらないから、太陽が死滅しても我々地球が保持している‘高度な(?)或いは重要な(??)’元素は、太陽には存在することはない。

元素の数が多い程‘高級’という判断基準を設けたとすれば、太陽より地球の方が‘高級’と言うことになる。
金銀やダイアモンドは地球にはあっても太陽がいくら頑張ってもその元素を太陽には自ら作り出せる‘能力’は無い。

勿論、太陽が死滅する場合は、‘膨張して’地球をも飲み込むことになるらしいから、地球と言う概念は無くなってしまうらしい。

それに、太陽の寿命は後50数億年在ると言うから、別の恒星の超新星爆発が起こって、その‘破片(?)’を太陽が吸収したら、地球よりも金銀を沢山保有することになる可能性は十分に在り得る。

目前に迫ったと噂される近々の‘ベテルギウスの超新星爆発’の結果はどうなるのであろうか?

ベテルギウスの大きさ

オリオン座の1等星「ベテルギウス」が超新星爆発へ向かうと見られる兆候が観測されたとNASAが発表した(そうだ)。

ベテルギウスは、地球からの推定距離は640光年。全天で9番目に明るい恒星で、肉眼で観測できる数少ない変光星の一つである。大きさは太陽の1000倍というとてつもないサイズで、この惑星が2012年前後超新星爆発し、地球にとって2つ目の太陽となる可能性があるというのだからただ事ではないと話題になっているという。

http://hokys.tumblr.com/post/2940623128/peperon999



070329_two_suns_021.jpg

Earth To Have 2 Suns In 2012?

With all the 2012 rubbish we read about on the internet, this sounds like one of those stories, but not quite, read on...

The infamous red super-giant star in Orion’s nebula - Betelgeuse - is predicted to go gangbusters and the impending super-nova may reach Earth before 2012.

The second biggest star in the Orion constellation is losing mass, a typical indication that a gravitation collapse is occurring.

When that happens, we'll get our second sun, according to Dr Brad Carter, Senior Lecturer of Physics at the University of Southern Queensland.

Read about it here... and the oppersite is claimed here (which I tend to believe).

http://www.combom.co.uk/2011/01/earth-to-have-2-suns-in-2012.html


地球は2012年2サンズを持つ? 翻訳:http://translate.google.co.jp/?hl=ja&tab=wT

すべての2012ごみと私たちは、インターネット上で約それらの物語のようなこの音を読んではなく、非常に、読み...

ベテルギウス - - オリオンの星雲で悪名高い赤の超巨星はgangbustersに行くと切迫したスーパーノヴァは、2012年前に地球に達する可能性が予測されています。

オリオン座で2番目に大きな星が、重力崩壊が発生している典型的な指示を質量を失っている。

それが起こるとき、私たちは博士ブラッドカーター、南クイーンズランド大学で物理学上級講師によると、我々の第2太陽を得るでしょう。

ここでそれについての記事を読む...とoppersiteは(私は信じている傾向がある)ここで主張されている。



(つづく)























スポンサーサイト



[2012/04/19 10:38] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<伊能忠敬 | ホーム | 我が家にもやっと春が来ました。4月18日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/117-8afee588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2