百花繚乱!(その4)
百花繚乱!(その4)

今の時期、日本国中の‘百花繚乱’を話題にすれば切りがない!
この弊ブログでは、極く極く身近な、我家の回りだけの‘百花繚乱’を取上げている。
こんな狭い、狭~い空間にも咲き乱れている?花は沢山あり、季節のど真ん中に自分が存在していることが実感出来るのである!

実感しているのは、人間の自分だけではなく、‘春’だと気づいて動き出す動物や昆虫も、そして花や木々や草などの植物もみんな春を謳歌している!

さて、今日の話題は、‘蜘蛛’!と友人が送ってくれた四国の新果物‘美生柑(みしょうかん)’!

<蜘蛛>

蜘蛛だって、「俺はどうして蜘蛛なんかに生まれてきたのだろう?」なんて疑問には思っていまい!
ただ、ただ、一生懸命に生きているだけである!
それなのに、やっぱり人間様には一般的には嫌われているのは一体‘どういうこと’?

蜘蛛も、よ~く観察すると、案外可愛いものかもしれないのに!?

蜘蛛は、冬眠しないから、冬の寒さの場合でもどこかに隠れて寒さを凌いでいるのだろう!蜘蛛の餌となる昆虫やその他の小動物?も冬の間には、数が少ないから食料集めには苦労するに違いない!それに蜘蛛は‘家族単位’で生活することも無い(?)ようだから、子供の蜘蛛はどうやって生きていくのだろうか?それとも生まれて直ぐに大人になるのだろうか?

これまで、蜘蛛について観察したり成長の過程を考えたりしたことが無いから、改めて「蜘蛛の一生は?」と考えてみても上述したとおり、小学生以下の知識しかない!悲しいものである!機会があったら研究してみてもいい!<今でしょう!(林修先生)>

画像ー294 2015くもの出現 031-2
画像ー294 2015くもの出現 033-2
画像ー294 2015くもの出現 016-2
画像ー294 2015くもの出現 023-2
画像ー294 2015くもの出現 023-3

何だか‘熊の人形の顔’みたいで、可愛いのかも??

画像ー294 2015くもの出現 024-3

純毛の敷物みたいで・・・!

<美生柑(ミショウカン)>

昨日(2015年4月5日)、四国の友人から‘美生柑(ミショウカン)’なるものが送られてきた!
この友人は、私が平成元年から平成3年の春まで四国・松山市に勤務した際に知り合った仲間である!
それ以来毎年季節毎に、四国の新鮮な果物を送り続けてくれるのである。有難い!

画像ー294 2015くもの出現&廻りの花 154-2
画像ー294 2015くもの出現&廻りの花 156-2

‘美生柑(ミショウカン)’なんて聞いたことも無かったが、食べてびっくり!
この上品な美味さに驚いた!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%86%85%E6%99%A9%E6%9F%91
河内晩柑(かわちばんかん)とは、柑橘類の一種で、ザボンの一品種。美生柑(みしょうかん)、愛南ゴールド(あいなんゴールド)、宇和ゴールド、ハーブ柑、天草晩柑、ジューシーフルーツ、ジューシーオレンジ、灘オレンジ、夏文旦などとも呼ばれる。

概要[編集]
名称は、品種が発見された熊本県熊本市河内町から「河内」とイヨカンなど晩生の柑橘類の総称である「晩柑」からつけられた。

外観から和製グレープフルーツと称される。名称にもあるように晩生であるが、5月に開花してから翌年の8月や9月まで実がついているという特徴がある。また晩生で越冬する必要があるために、ハウス栽培や冬期も一定以上の気温でほとんど降霜することのない地域での栽培が必要である。そのため、生産地は愛媛県愛南町や熊本県天草市などの少数しかない。なお、愛南町は生産量の約半数を占めており、日本一の産地である。そのため、別名である「美生柑」は愛南町の前身の一つである御荘町(みしょうちょう)に由来する。また、愛南町では2007年から「愛南ゴールド」という呼称を総称として用いている[1]。

日本における収穫量は、2005年が7,078 トン、2010年が8,822 トンであり、その内訳は愛媛県63%、熊本県35%である[2]。



mishoukann
出典/http://blog.goo.ne.jp/mischievous-rin/
e/4fd3cd5d0e8a6cbb7ab7d3bd89fa0847


misyoukan-018.jpg
出典/http://dandanbatake.jp/misyoukan.html

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/04/06 19:50] | 季節のど真ん中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<百花繚乱!(その5) | ホーム | 百花繚乱!(その3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1171-fdaf9ed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2