アケビ
アケビ

我家の西壁には夏の夕方の日差し対策として、アケビを植えている。
台風の時期には、風に煽られて‘がさごそ’とうるさいし、支柱まで倒してしまうほどであるが、夏にはちゃんと遮光の役割を十分に果たしてくれている。

さて、その役割を果たすには、春の内に葉っぱを十分に成長させておく必要がある!
その副産物として有難いにのは、‘アケビの実’である。
真剣にこのアケビの花を観察したことは無かったが、調べてみると‘雌花’と‘雄花’の形がはっきりしており、これらの間での花粉が重要な役目を果たす!

この‘雌花’と‘雄花’、どちらがどっち??

先ずは、スマホで撮った写真から・・・。

画像ー293 2015へびの出現 054-2
画像ー293 2015へびの出現 055-2


DSC_0640-2_20150414153618f0f.jpg
DSC_0641-2_2015041415362043e.jpg
DSC_0641-3.jpg
DSC_0641-4.jpg
DSC_0641-5.jpg
DSC_0641-6.jpg
DSC_0642-2.jpg
DSC_0642-3.jpg
DSC_0642-5.jpg
DSC_0642-4.jpg
DSC_0642-6.jpg
DSC_0643-2.jpg
DSC_0643-3.jpg
DSC_0643-4.jpg
DSC_0643-5.jpg
DSC_0643-6.jpg
DSC_0643-7.jpg
色々な角度から撮影して、それをPCで拡大したから、実物よりも大きくなったものもあるが、一番判り易く説明するには、前出の以下の写真画像が一番いい!

DSC_0641-5.jpg
左上の花が‘雌花’で、右下が‘雄花’の集団だという!

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/1586/akebi.htm
アケビの仲間には、アケビ、ミツバアケビ、ゴヨウアケビの3種類があり、葉で見分けられます。アケビは小葉5枚からなる掌状複葉で、小葉は楕円形で縁に鋸歯がありません。ミツバアケビは小葉が3枚で、縁に波状の大きな鋸歯があります。ゴヨウアケビは小葉は5枚ですが縁に鋸歯があり、アケビとミツバアケビの雑種と考えられています。3種類とも落葉性の蔓植物で、秋においしい実をつけます。


花ばかりに気を取られていて、葉っぱははっきりとは撮られてはいないが、我家のアケビは、‘アケビ’であって、ミツバやゴヨウではない!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B1%E3%83%93
アケビ(木通、通草)は、アケビ科の蔓性落葉低木の一種(学名: Akebia quinata)、あるいはアケビ属(学名: Akebia)に属する植物の総称である。

形態・生態[編集]
茎は蔓になって他物に巻き付き、古くなると木質化する。
葉は5つの楕円形の小葉が掌状につく複葉で、互生する。

花は4 - 5月に咲き、木は雌雄同株であるが雌雄異花で淡紫色。花被は3枚で、雄花の中央部には6本の雄しべがミカンの房状に、雌花の中央部にはバナナの果実のような6 – 9本の雌しべが放射状につく。雌花の柱頭(先端部)には、甘みを持った粘着性の液体が付いており、花粉がここに付着することで受粉が成立する。雌雄異花で蜜も出さないので、受粉生態にはよくわかっていない点が多いが、雌花が雄花に擬態して、雄花の花粉を目当てに飛来する小型のハナバチ類を騙して受粉を成功させているのではないか、とする仮説がある。ハエ類が甘みを持った粘着質を舐めに来る際に受粉していると考えられる。

受粉に成功した個々の雌しべは、成長して果実となり、10cm前後まで成長する。9 - 10月に熟して淡紫色に色づく。成熟した果実の果皮は心皮の合着線で裂開し、甘い胎座とそこに埋もれた多数の黒い種子を裸出する。この胎座の部分は様々な鳥類や哺乳類に食べられて、種子散布に寄与する。

<中略>

生薬[編集]
アケビまたはミツバアケビの蔓、葉、根、果実には薬草としての効能があると言われている。中でもつる性の茎は木通(もくつう)という生薬である(日本薬局方に記載の定義による)。木通は、利尿作用、抗炎症作用、通乳作用などがあり、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)などの漢方方剤に使われる[3]。

また、木通とまぎらわしいものに関木通(かんもくつう)というものがある。これはアケビ類とは別の植物(ウマノスズクサ属)であり、腎臓障害を起こすおそれのある成分アリストロキア酸が含まれている。名前が似ている上、中国などでは関木通を「木通」としていることもあるので十分な注意が必要である。「木通」を利用する場合は日本薬局方のものが無難である。


秋の‘アケビの実’の収穫が楽しみであるが、一体どの位の数の実の収穫があるのだろうか?

アケビの実
出典/http://blogs.yahoo.co.jp/lovens0225/10779792.html

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/04/18 01:26] | 観察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<風薫る! | ホーム | チューリップの受粉(その3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1182-768b04f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2