昆虫学者!(その1)
昆虫学者!(その1)

<以後の写真画像の内、出典の断りが無いものは全て、NHK・BSTVの画面をカメラで撮影したものである>

画像ー297 面白昆虫と山岳地帯料理 085-2

こんな昆虫見たこと無い!
魚か何か小動物の‘骨’みたいに見えるのだが、実際に生きていて、‘葉っぱの上’にいる‘昆虫’なのだそうだ!

このブログで今から紹介する昆虫学者には、昆虫学者の前に‘探検’という‘冠’がつく!

画像ー297 面白昆虫と山岳地帯料理 099-2

http://www.nhk.or.jp/nature/feature/miracle/column01.html
探検昆虫学者
西田賢司さん
経歴
1972年、大阪府生まれ。幼い頃から、生き物を相手にわが道を行く。15歳で単身アメリカへ渡り、大学で生物学を専攻。その後、中米のコスタリカ大学で昆虫学を専門に学び、蝶や蛾の生態を研究する。昆虫を見つける目の良さに定評があり、東南アジアやオーストラリア、中南米でも調査を依頼される。現在、コスタリカ大学の調査員として、米国政府のハワイ州の外来侵入植物対策プロジェクトに参画している。
番組では、カブトムシゆかりさんと一緒にコスタリカで新種の昆虫探しをした。


https://bh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/
Show.do?pkey=608-20150125-11-24631

新種発見!生きものたちの小宇宙~コスタリカ・昆虫~

【番組内容】
年間1万8千種もの新種生物が発見される地球。中米コスタリカ在住の探検昆虫学者・西田賢司さんと熱帯雲霧林で新種昆虫を徹底探査。小さな昆虫世界に広がる小宇宙に迫る。

【詳細】
多種多様な生命で満ちあふれる地球。今、奇妙な形をした新種生物の発見が相次ぎ、その数は年間1万8千種に及ぶ。中米コスタリカで新種の昆虫を探すのは探検昆虫学者の西田賢司さん。熱帯雲霧林での調査活動に密着すると、世にも奇妙な昆虫に次々と遭遇!枯れ葉に擬態する昆虫。虫こぶに隠れる昆虫。脱皮した殻をつなげて盾にする昆虫。新種を発見する秘けつに迫りながら、小さな昆虫の世界に果てしなく広がる小宇宙に迫る。

【出演】
探険昆虫学者…西田賢司,出田奈々


NHK・BSの深夜に‘再(?)放映'された番組を見た!
見始めたのが、20015年4月19日01:17からだったから、番組の途中からということになる。(調べていないが、多分、01:00から??)
始めから見たい場合は、‘NHK/オンデマンド’で見ればいいのだが・・・。

もう数十年も前から、というより何百年もの昔から、‘地球外宇宙’について人類は興味を示していた!
近年宇宙開発技術等の進歩・発展のお陰で、宇宙への関心は益々深まりつつある。
これはこれで大いに素晴らしいことではあるが、我々が実際に住んでいる‘地球’のことを人類はどれだけ知っているのだろうか?

人類の起源を含めて、地球に存在するあらゆるものの起源についての学問は、今始まったばかりといっても過言ではないに違いない!

ここに一人の昆虫学者がいる!

恐らく昆虫の種類が万というオーダーに達していることは、小学生でも知っているが、それらの‘生態や起源’についてはまだまだほとんど知られていない!そして、まだまだ存在さえ知られていない昆虫が沢山いるに違いない!

この昆虫学者・西田賢司さんは、‘昆虫の新種の発見’に命を掛けておられる一人である!

前述の通り、NHKの深夜番組を最初から終わりまで全部を見たわけではないが、その面白さは十分に受け止める事が出来た!

その‘感動’を少しでも記録に留めておきたいために‘シリーズもの’で、弊ブログに掲載させて頂く積りである!

次の画像は一体何?

画像ー297 面白昆虫と山岳地帯料理 021-2
画像ー297 面白昆虫と山岳地帯料理 022-2

これも昆虫だそうだ!

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/04/20 11:07] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<昆虫学者!(その2) | ホーム | 風薫る!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1185-edaf3db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2