‘ぼら’の大群は?
‘ぼら’の大群は?


① 2015年04月28日
② 2015年04月29日
③ 2015年05月01日

の弊ブログで、特に、③の

春の小川の、‘春’の意味!
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-1196.html

に‘鯉’の大群のことを書き、

④ 2015年05月08日

のブログ

ご指摘に感謝!(その1)
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-1201.html

で、‘鯉’→‘ぼら’であることを‘宣言’して、訂正し、お詫びした!

それで、この問題はすっきりした気分になっていて、その後の‘ぼら’の成長振りを観察を続けている!

ところが、ところがである!

本日(2015年05月17日)、いつものように小川で観察をと思ってカメラを持ち出してみたが、小川は‘濁って’おり、鮮明な画像は無理だと思ったが、一応カメラに収めておいた。

その時、‘奇跡の一瞬’(2015年05月17日の弊ブログ<http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-1217.html>)
の出来事が起こったのである!

‘約2mの真近’を‘かわせみ君’が滑空して行ったのである!
偶然にもその状態がカメラに収まったのである!!

20150517 shokanoniwa 261-2
20150517 shokanoniwa 261-3

こんな偶然があるだろうか?
勿論、かわせみの映像は当然、形を成していないし不鮮明であるが、私にとってはこの画像は長年の夢が実現した第一歩であるだけに、極めて貴重なものとなった!

まあ、それはそれとして、もうひとつの大事件!

20150517 shokanoniwa 231-2
20150517 shokanoniwa 231-3
20150517 shokanoniwa 233-2
20150517 shokanoniwa 233-3
20150517 shokanoniwa 233-4
20150517 shokanoniwa 233-7

これは、どう見ても‘ひげ’である!

それじゃあ、この大群は、‘ぼら’ではなく‘鯉’?!

ところが、ところが、‘ひげ’のあるこの魚は、この群れの中では、これ一匹(一尾?)だけしか確認出来なかったのである!

20150517 shokanoniwa 233-5
20150517 shokanoniwa 233-6
20150517 shokanoniwa 234-4
20150517 shokanoniwa 234-5
20150517 shokanoniwa 236-3

さあ、面白くなってきた!

「果たして、この魚の大群は‘ぼら’なのか?‘鯉’なのか?」

そのためには、

(1) 鯉のひげは、いつから生えるのか?この調査は、後日!
(2) この小川にいる、上の一匹(一尾?)以外のこの大群の魚に今後‘ひげ’が生えてくるのか?
(3) ‘ひげ’以外にぼらと鯉の体形の違いは?この調査も後日!
(4) 今後、この大群の魚の鮮明な写真はゲット出来るのか?水面から顔を出してくれればいいのだが!

が今後の課題である!

本当の専門家に聞けば、答えは簡単なのだろうが、ど素人が己の実力だけで取り組むところに面白さがある!

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/05/17 23:47] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<桑の実! | ホーム | 奇跡の一瞬!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1218-b3746563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2