第103回日本水彩展(その3)
第103回日本水彩展(その3)

2015年06月02日から09日まで、東京上野公園内にある東京都美術館で開催された第103回日本水彩展に行った。
私の尊敬する水彩画家・佐々木亮介画伯から、例年通り招待状が送られてきたからである。

20150605 佐々木亮介画伯の 047-2

1,222点もの作品が展示されていた。こんなに盛大な絵画展はそんなにはないだろうと思う。
東京都美術館の展示場の最大の欠点は、毎度指摘させてもらっているが、照明が間接照明になっていないために、折角の作品に蛍光灯の影が映ってしまい、作品の質を落とすになってしまうことである!

そんなことで自分の作品を見て頂きたくないと思われる作品出品者の中には、額縁の防護ガラスをはずして応募される方もおられると聞いて情けない気持ちにもなった!

さて、前回も好みの絵を掲載させて頂いたが、勝手に‘ここがいい’などとPC処理してしまったことをお詫びして、今回もそのやり方でご紹介したい!

① 雨の表情が素晴らしい!
その中にいるような気分になるのは、作者の技量なのだろう!

20150605 佐々木亮介画伯の 022-2
20150605 佐々木亮介画伯の 022-3


② 歌声さえ聞こえるようだ!

20150605 佐々木亮介画伯の 023-2
20150605 佐々木亮介画伯の 023-3


③ 建築の音が聞こえる!

20150605 佐々木亮介画伯の 026-2


④ 次の作品は、‘内閣総理大臣賞’だそうだが、油絵とのコラボ?のようで、これ‘水彩’?と言いたくなる!しかしその技量には感心させられる!でも、総理はこの絵をご覧になったのだろうか?

20150605 佐々木亮介画伯の 027-2
20150605 佐々木亮介画伯の 027-3
20150605 佐々木亮介画伯の 027-4


⑤ ご自分(或いは他人様)の一生を‘回想’の意味で一枚の絵に‘閉じ込める’という手法はこれまでにもあったが、実に巧く配置がなされ感心した!

20150605 佐々木亮介画伯の 031-2
20150605 佐々木亮介画伯の 031-3
20150605 佐々木亮介画伯の 031-4
20150605 佐々木亮介画伯の 031-5


⑥ ‘自転車とその影’という素材は、成功の確率が高い!しかしこの絵は、それに加えて、ガラス窓に明るく反射している風景との組み合わせで、自転車だけではなくその環境をも思わせる素晴らしい作品であると思う!

20150605 佐々木亮介画伯の 033-2
20150605 佐々木亮介画伯の 033-3

まだまだ素晴らしい作品が一杯!

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/06/13 19:21] | 芸術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<第103回日本水彩展(その4) | ホーム | 第103回日本水彩展(その2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1253-9ab9951d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2