第103回日本水彩展(その4)
第103回日本水彩展(その4)

20150605 佐々木亮介画伯の 048-2

これまで3回に亘って今年(2015年)の日本水彩展の絵画について、勝手な選択をしてきた!

ど素人が、何の正当な?判断基準も持たずに、好き嫌いだけで、しかも絵画にとっては大事な大事な‘構図’を厚かましくも勝手にトリミングで変えてしまうという暴挙は作品を創られた作者の皆様には改めてお詫びを申し上げたい!

しかし、それでもまだ‘会場での写真撮影は許可された’ことだけを理由に、トリミング鑑賞をしたいと思っている。お許しを!

① この光と影の調和は、ただものではない!
 
20150605 佐々木亮介画伯の 030-2
20150605 佐々木亮介画伯の 038-2


② 女性の素直さがこれだけ描ききっておられる作品は、そう多くはない!

20150605 佐々木亮介画伯の 035-2
20150605 佐々木亮介画伯の 036-2


③ こんな素晴らしい絵に、何とお粗末な管理体制で、折角の作品の価値が半減している悪しき(良き)例である! 

20150605 佐々木亮介画伯の 037-2
20150605 佐々木亮介画伯の 037-3
拡大してみると、こんなに!!
これって、本当に誰か問題にしてっ~!
だからこそ、トリミングの意味がある(と思っている)!

20150605 佐々木亮介画伯の 037-4
20150605 佐々木亮介画伯の 037-5


④ 題材・素材は、そんなに新味はないにしても、画面から伝わってくる迫力は凄~い!水平線に浮かぶ船がアクセントになっていて、雲が活きている! 

20150605 佐々木亮介画伯の 039-2
20150605 佐々木亮介画伯の 039-3
20150605 佐々木亮介画伯の 039-4
20150605 佐々木亮介画伯の 039-5


⑤ この老人の雰囲気がいい!これだけの‘静かなる迫力’は、作者の力量を物語っている!

20150605 佐々木亮介画伯の 032-2
20150605 佐々木亮介画伯の 043-2
20150605 佐々木亮介画伯の 043-3
20150605 佐々木亮介画伯の 043-4
20150605 佐々木亮介画伯の 043-5

これだけ拡大すると、‘作者の筆使い・タッチ’までが、よ~く判る!
会場では、他のお客様もおられるので、これほど‘じっくり’とは、見ることが出来ない!
今回も、私なりには、大いに収穫があった!

最高の水彩画家・佐々木亮介画伯に敬意を表して、彼の作品をもう一度!

A14-155HPギャラリー-2
これは、佐々木亮介画伯のギャラリーから転載!

20150605 佐々木亮介画伯の 007-2
このように、会場では蛍光灯を避けようとしても、この通り!残念!

来年の新作に期待して!

20150605 佐々木亮介画伯の 046-2
20150605 佐々木亮介画伯の 046-3

こんな状態では、作品が泣く!

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/06/14 11:50] | 芸術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<トンボの一生 | ホーム | 第103回日本水彩展(その3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1255-87a35940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2