水田の‘水の役割’と‘乾田’について(その1)
水田の‘水の役割’と‘乾田’について(その1)

6月も下旬になると、関東地方では、田植えが始まって3ヶ月が経とうとしている。

DSC_1572 (5)-2
2015年06月24日PM:千葉県茂原市千沢

稲作に関してそれほど関心があった訳でもなかったから、田圃をそんなに注目して観察していなかったこともあって、残念ながら田圃の水の役目についての常識がない!

そんな訳で、最近田圃のど真ん中を散歩する機会が多くなって‘おや?と気づいたこと’がある。

稲作についてそこそこの常識をお持ちの方達からは笑われそうだが、事実だから仕方がない!
‘気づいたこと’とは、以下のことである!

満々と水を湛えていた‘田圃に水が無い!’のである。

DSC_1568 (3)-2
DSC_1568 (3)-3
2015年06月24日の田圃:千葉県茂原市千沢

では、では、
水田における‘水の役割’とは一体何なのか?

この疑問に関しては、私は小学校の時に学校で教わっていた。
それは、「水田の水は、稲に水分を与えることが‘主目的’ではない!水を張っておくことによって、‘病原菌’が極めて少なくなり根からの病原菌の進入を防ぐことにある」ということだった(と記憶している!)。

さて、それで今回改めてWEBで‘水田での水の役割’について調べてみた!

http://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005402291_00000&p=box
稲を育てるためには、たくさんの水が必要です。1ヘクタールの田んぼで、毎日200トンの水がいります。1年間で学校のプール50杯分にもなります。水は稲を育てるためにとても役立っています。水をはった田んぼの土の中では、酸素が少ないので、栄養分がゆっくりと分解されていきます。栄養分は長い時間、土の中に残るため、何度も肥料やらなくても、稲は充分な栄養分を得ることができます。また水は雑草を生えにくくする役割もしています。水をはってないと雑草がどんどんと生えていきます。ところが水がはってあると、多くの雑草は育ちません。その上、雑草が生えても土がやわらかいので、取りやすいのです。

..
私が教わったと思っていた‘病原菌’のことなど全く出て来ないではないか!
まあ、記憶ってものはそんなものかも知れない!
先生がどう説明されたのかは記憶に無いのだが・・・。

ただ調査して驚いたのは、水田の役割は、もっと広い意味で重要な役割をしているというのである。
ここで問題にしようと思った趣旨唐は一寸横道に逸れるのだが・・・。

http://www.htochiren.jp/tkyujin/yousui.htm
農業が水を守る日本の水使用量(平成10年)は約900億トン。そのうちの約3分の2の600億トンが農業用水として使われています。この日本の農業が、貴重な水を循環させる大きな役割を果たしており、特に水田は、「水のリサイクルセンター」と言われています。環境問題の総合的な研究を行っている立正大学の富山和子教授は、次のように述べています。

「農業が水を使うということは、実は水を作り出すことなのである。日本のように滝のような急流の川では、放っておけば水は海に捨てられてしまうところを、農業用水が川を堰き止め、水を引いて、広大な面積、大地に水を張り付けてくれる。大地に張り付けてこそ、それは地下水になり川の水になる。それが私たちの使う水資源なのである。都市が水を「消費」するのとは正反対である。もしも農業が水を使わなくなったら、日本列島はその分、水資源を失うのだ」。


田圃に水が無くなったのは、水不足で供給出来ないためだけではなさそうである!

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/06/24 22:25] | 農業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<水田の`水の役割’と‘乾田’について(その2) | ホーム | カワセミ(その4)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1267-7cf0bbba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2