憲法は法律ではない!(第三回)
憲法は法律ではない!(第三回)


A:「お陰様で、憲法論議が出来る一歩手前まで来ましたね!」

B:「Aさんご指摘の通り、日本国民の95%以上の人達は、憲法があること第九条があることなどは知っていても、‘誰のための憲法か?&何のための憲法か?’について、はっきりと理解してないねェ~!」

C:「それで‘憲法改正賛成’も‘憲法改悪反対’も無いのでしょうね!」

A:「あのNHKTV放映中の‘ちゃんぽん食べたか’(さだまさし作)のドラマで、安保デモに行く時の‘動機’が、‘パンが貰える’という、正にあの状態が日本の一般人の動機で、『これが憲法問題を議論である!』と言われても無責任であるよなぁ~」

B:「ところで、憲法違反云々での正式な論争・裁判は、‘憲法裁判所’なるものが必要なのに、日本には‘憲法裁判所’が無いって本当?」

A:「本当!」

C:「なんでェ~?」

A:「実は、変に思われるかもしれないが、‘憲法’に‘憲法裁判所を作らない’とう意味のことが書かれてあるらしい!」

C&B:「第何章、第何条なの?」

A:「第6章、これは‘司法’に関しての章で、その第81条に・・・」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%
BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC81%E6%9D%A1

日本国憲法
第八十一条  最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。


A:「つまり、最高裁にその権限がある、ということだそうだ!」

600px-Politics_Under_Constitution_of_Japan_02.png
出典/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%
E6%86%B2%E6%B3%95?sa=X&ved=0CBwQ9QEw
A2oVChMI8trvucv9xgIV5mGmCh3gWAHm


B&C:「あ~ぁ、段々ややこしくなってきたぞ!」

A:「まあ、この辺にしておきますか?」

B&C:「憲法とは、平たく言うと、『国家を‘操縦する’憲、つまりお役人が暴走することに規制を設けるための‘法’である』と思っておけばよい、ってこと?」

A:「よ~く出来ました!」

B&C:「そして、その憲法についての合憲・違憲を判断するのが‘憲’、つまりお役人である最高裁、ってこと?」

A:「そう、そう、一寸納得行かないよね?!ただし、世界各国の憲法に関して日本と同様なやり方は‘アメリカ式’で、憲法裁判所を持つやり方は、‘ドイツ式’だそうだ!」

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/07/28 19:04] | 国家と憲法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<金柑が、今!(その1) | ホーム | 憲法は法律ではない!(第二回)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1308-d5a8f80c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2