柿の葉は、今!
柿の葉は、今!

今年(2015年)は、本当に‘異常気象’だ!

暑かった思うと直ぐに少々冷え込んだり、台風の数が多過ぎる!

動物だって植物だって昆虫だって「おや?」と思っているに違いない!

特に、‘蚊’の様子がおかしい!
彼らこそ、温度依存性が高いと思われるから、温度の‘乱高下’は堪えるに違いない!
と言うことは、蚊こそ子孫を残そうとする本能から、人間様に‘必死で’喰らいついてくる。

人間も何億倍もの体重を持ちながら、「まあ、血でも吸って子孫を残しなはれ!どうぞ・・」と言う訳には行かないから、‘パチリ’とやってしまう!

DSC_2138-7-2.jpg
DSC_2138-7-3.jpg

ところで、9月に入ったばかりなのに、柿の葉は敏感である!

全部の葉っぱがそうと言う訳ではないが、特に気温に敏感な葉っぱがあるらしい!
平年なら10月に入ってから、の様子である・・・。

DSC_2136-7-2.jpg
DSC_2136-7-3.jpg
DSC_2137-7-2.jpg
DSC_2137-7-3.jpg

これで終わっては、「それがどうした?」と言われるだけで、面白くもおかしくもないし、ためにもならないから記事の価値が無い!

紅葉、つまり葉っぱが緑から赤く変化するのは一体何故か?

「秋になったら、赤くなると決まっているから、赤くなるんでしょ!」

という言い方を英語圏では、 ‘woman's reson’ と言うらしい!
‘女の理屈’とは良く言ったものだ!

‘嫌いだから嫌い!’

これじゃあ、進歩も無ければ面白さを追求することも不可能である!
だから、‘女性の方が長生きする’と言い切る御仁まで出てきてしまうから面白い!

さて、何故紅葉する葉っぱと紅葉しない葉っぱがあるのか?

その理由は、紅葉するメカニズムを理解すると‘成る程’と理解出来る!

そのメカニズムは次回!

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/09/09 00:02] | 学習と文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<紅葉のメカニズム | ホーム | ブーゲンビリアについて>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1353-29f98b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2