蘖(ひこばえ)の季節!(その1)
蘖(ひこばえ)の季節!(その1)

房総半島は、千葉県・茂原市の田圃です・・・。
ここで問題で~す!

Q1:「次の3枚の写真は、一体いつ頃の季節の写真でしょうか?」

DSC_2163-3.jpg
DSC_2165-7-3.jpg
DSC_2174-7-3.jpg

A1:「は~い!田植えが4月の終わり頃ですから、5月の連休明けの頃だと思いま~す!」

「ブッ、ブッー!」
「えっ? 違うの?」
「そっ!残念ながら・・・。2015年09月12日の写真で~す!」
「へ~っ!もしかして、これが‘噂のひこばえ(蘖)’?」
「その通り!」

蘖(ひこばえ)については、このブログで何度も取上げさせて頂いた。

稲の場合、稲刈り後に、切り株から直ぐに稲の葉が出始め、その後数週間で‘稲穂’が出て花が咲いて、お米となる!

蘖(ひこばえ)、それ自身の一般的は意味は、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%96
蘖(ひこばえ)とは、樹木の切り株や根元から生えてくる若芽のこと。
太い幹に対して、孫(ひこ)に見立てて「ひこばえ(孫生え)」という。春から夏にかけて多く見られるが、俳句では春の季語となっている。


である。

雑草の草刈を自分自身で行っておられる方には直ぐにお判りと思われるが、切られた草は、切断部分から普段の成長速度よりも速く茎や葉が成長することをご存知だろう!

この原因は、詳しく調べるとしても、ど素人の判断では、‘切られた草’としては、‘子孫を残すための防衛策’として、早く切られる前の状態にするような反応方程式が‘DNA’の中に含まれている(?)のだろう!<極めて怪しい推測!>

もう少し、この田圃の状態を見てみると・・・

DSC_2140-3.jpg
DSC_2090-2.jpg
DSC_2113-3.jpg
DSC_2112-4.jpg

我々が子供の頃の田圃では、蘖(ひこばえ)が出て稲穂も出てくるなどという‘現象’は見たことはなかった!

さて、いつ頃になったら穂が出て、花が咲くのだろうか?

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/09/13 17:45] | 農業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<大横綱・白鵬! | ホーム | 長崎の平和祈念像が、房総半島に・・・!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1356-13e5a95e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2